ヒヒダルマ ガラル 育成。 【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!

ヒヒダルマ(ガラル)育成論 : 【サイクル破壊神】超絶火力鉢巻Gダルマ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヒヒダルマ ガラル 育成

【全てのポケモンを吹き飛ばす、強すぎる鉢巻ヒヒダルマの育成論!】 今作で登場したガラルヒヒダルマは105-140-55-30-55-95いう恵まれた種族値、そして特性による高すぎる火力で現環境で大暴れしているポケモンです。 ごりむちゅう• だるまモード の二つがありますが、特性によって運用方法がかなり変わってきます。 今回は今最もメジャーな「ごりむちゅう」の特性のヒヒダルマの育成論です。 特性「ごりむちゅう」は 同じ技しか出せなくなるが、物理技の威力が1. 5倍になる。 わかりやすく言えば こだわり鉢巻を常備した火力ということです。 A140のポケモンが鉢巻を持った火力は正真正銘、頭のおかしい火力が出てきます。 この火力を活かす方法は2つ。 スカーフを巻きつけて上から火力を押し付ける• 鉢巻を巻いて意味不明な火力で相手を屈服させる うーん、なんて脳筋なポケモンなんだ…. 採用率や扱いやすさで言えばスカーフが圧倒的に上ですが、鉢巻型も使ってみるとめちゃくちゃ面白いです! 今回は鉢巻型を紹介していきます!A140のポケモンがこだわり鉢巻を二重巻きするとどうなってしまうのかをダメージ計算を交えつつ紹介していきます。 メジャーなスカーフ型の記事はこちら スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】鉢巻ヒヒダルマの育成論 というわけで鉢巻ヒヒダルマの育成論を紹介していきます。 私が最近やみつきになってる鉢巻 ゴリラヒヒダルマがこちら! — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ドン!! の記事を見てくださった方は気がつくかもしれませんが、いくつか技構成が変わっています。 (あと個体はスカーフの流用です。 持ち物と技変えただけでっす) その理由は技構成の紹介のところで詳しく話していきます。 氷柱落とし(攻撃外すなぁ当てろぉ)• 馬鹿力• フレアドライブ• 地震 鉢巻ヒヒダルマの持ち物と性格 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 鉢巻ゴリラダルマなので持ち物はこだわり鉢巻です。 特性 :ごりむちゅうの効果でこだわり系を持っているのと同じ状態なのでこだわり系以外のアイテムを持たせるのはもったいないです、その中でもこだわりスカーフの強みは元々高めのSに磨きがかかり、上から沈めていくことができる点が優秀ですが、、、 そう!今回は鉢巻を持つのです!! 「特性:ごりむちゅう」で常時拘り鉢巻を巻いた状態のヒヒダルマが、拘り鉢巻を重ね巻きすると次のようなことが起こります。 H252バンギが蜻蛉返りで乱数1発(56. 性格は意地っ張りです。 陽気だとドヒドイデは地震確定耐えしますし、バンギは蜻蛉返り確定耐えしますし火力低くなるので意地っ張り推奨です。 S95族のヒヒダルマは陽気にしたところで最速ドリュウズを抜けるくらいしかメリットがなく、そのドリュウズはスカーフかタスキが8割異常なので抜いても意味がありません。 最速ロトムを抜くこともできますが、ヒート以外のロトムの攻撃は1度耐えますしこちらもスカーフ率が高いのでそこまで効果的じゃないと考えました。 準速ヒヒダルマでも最速ギャラドスや最速トゲキッスより先に動けるので、どうしても素早さを上げたいという人以外はいじっぱりでOKです。 鉢巻ヒヒダルマの努力値振りと調整先 H4 余り、2n+1になります。 A252 ぶっぱ S252 ぶっぱ 最早何もいうことはあるまい、、、、、 繰り返しになりますが、 最速ギャラドスと最速トゲキッスを抜くことができます! スポンサーリンク 鉢巻ヒヒダルマの技構成 それでは技構成の解説をしていきます。 氷柱落とし• 馬鹿力• フレアドライブ• 地震 こちらが私が使っている鉢巻ヒヒダルマの技構成ですが、なぜこの技構成にしたかというと 硬いポケモンをできるだけ吹き飛ばせるから です。 他の技候補としては• 蜻蛉返り• ストーンエッジ• アイアンヘッド がありますが採用をするか迷うのは対面操作ができ、相手にかなり負担をかけられる 蜻蛉返りぐらいです。 しかし、いかんせん素早さがそこまでないのでスカーフヒヒダルマほど撃つ機会がなく採用を見送りました。 (バンギが蜻蛉で落ちるのはめちゃくちゃ面白いですが) 鉢巻を巻いているので ストーンエッジを打ちたいギャラドスは 氷柱落としで確定で落とせますし、ヒートロトムはスカーフが怖いので対面したくありません(一応H252ヒートロトムは馬鹿力で確定とれます) アイアンヘッド はニンフィア、オーロンゲに刺さりますが、範囲と火力がイマイチなので採用を見送りました。 鉢巻ヒヒダルマのダメージ計算 ヒヒダルマ新環境でもウッキウキじゃん — かっと pocketermm 氷柱落とし ・HB特化カバルドン 114. 5% フレアドライブ ・HB特化アーマーガア 120. 【ポケモン剣盾】鉢巻ヒヒダルマの使い方と使ってみた感想 このゲーム読み合いなければ パルシェンとヒヒダルマとドラパルトがいれば勝てる — 日高あおは dakahi1009 鉢巻ヒヒダルマの主な使い方は先発に投げ相手の場を荒らしまくることです。 初手でよく出てくるドリュウズは厳しいので交代推奨ですが、カバルドンみたいなのがでてきた場合は吹き飛ばしてあげましょう。 それだけでかなり相手のパーティを崩すことができます。 また、ほとんどの人が初手のヒヒダルマを見ると 「あ。 こいつどうせスカーフで蜻蛉してくるんだろうな」 という考えの元行動してきます。 なので 相手の方が有利な対面でもスカーフとバレるまでは勝手に交換してくれることが多いです。 相手がヒヒダルマを見たときどういう行動を安定と考えているかを読むとかなり活躍することができます。 問題点としては 対面性能が低いことです。 上から殴ることさえできれば大半のポケモンを倒すことができますが、『相手の方が早いor気合のタスキを持っている』場合は勝ち目がありません。 明らかにスカーフを持ってそうなドリュウズやロトム、そして明らかに気合のタスキ構えてそうなドラパルトやエースバーンなんかは注意したほうがいいでしょう。 (初手ドラパ対面は引いてくれることが割と多いですが) 【ポケモン剣盾】鉢巻ヒヒダルマの育成論のまとめ 今回の記事の内容をまとめると• ヒヒダルマは 種族値、特性、技範囲が優秀!• 特性とこだわり系アイテムの相性がいい!• 技は自分のパーティと 相談しながら決めよう!• 鉢巻を巻いた鬼火力で 受けポケモンを吹き飛ばそう!• スカーフヒヒダルマという 相手の勘違いを利用しよう! と、こんな感じです。 メジャーなスカーフヒヒダルマよりもすこし使いにくいですが、その分圧倒的な火力で相手の受けを片っ端から潰すことができます。 相手の受けポケモンをこいつで潰した後、や弱点保険バンギラス、といったエースポケモンを暴れさせるのも強力です。 特性と持ち物を生かすためあまりダイマックスを使わないのもヒヒダルマの評価のポイントですね。 何より火力高すぎて気持ちいいです。 いつも突破できずに苦しめられるアーマーガア、カバルドン、ドヒドイデといったポケモンを一方的に吹き飛ばすのは 気持ちいいです(強調) ぜひぜひこの子を使って受けポケモン達を吹っ飛ばしてやって下さい! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!

ヒヒダルマ ガラル 育成

スカーフ型(ごりむちゅう) 性格:ようき 特性;ごりむちゅう 持ち物:こだわりスカーフ、こだわりハチマキ 努力値振り:A252 S252 残り自由 技構成:採用技 つららおとし フレアドライブ とんぼがえり じしんorいわなだれ 採用候補 ばかぢから 特性ごりむちゅうにより最初に選んだ技以外出せなくなるがその代わり、攻撃力が大幅に上昇します。 同じデメリットを持つこだわりスカーフとの噛み合いが良く、圧倒的な火力と素早さで相手をねじ伏せることが出来ます。 不利な対面でも技が固定化される前ならばとんぼがえりで逃げることが可能。 またダイマックスでこだわりのデメリットを打ち消すことが出来ます。 技範囲はこおりタイプにしてはほのお技が打て、範囲も優秀ですが、水タイプには手が出ないので素直に引きましょう。 ダルマモード型 性格:ようき 持ち物:カムラのみ、チイラのみ 努力値振り:S252 残りでHとAを調整 技構成:採用技 はらだいこorみがわり フレアドライブorほのおのパンチ つららおとし しねんのずつきorかわらわり ごりむちゅうよりも火力では劣るがそれでも通常時でA140もあるので火力は十分にあります。 ただ基本的にはごりむちゅうの方が扱いやすいので、ダルマモードを選択するならば、ダルマモードを発動させて戦いたいです。 ダルマモードが発動すればSが135に上昇するため、大半の相手に先制できます。 ダルマモードはHPが半分以下になったターンの終わりに発動します。 ガラルヒヒダルマは耐久が低いので、弱点を突かれなくても、一撃で落ちることは珍しくありません。 先制技には要注意です。 なので壁を張るなどして味方にサポートしてもらい、はらだいこやみがわりなどで能動的にダルマモードを発動させていきたいです。 ガラルヒヒダルマ対策 一度どハマると止まらないヒヒダルマですが、守りの面は貧弱です。 なので対策としては物理耐久の優れたポケモンで受け止めてから弱点を突くなどで倒しきりましょう。 おすすめはメインウェポンを全て半減できるみずタイプです。

次の

【ポケモン剣盾】鉢巻ヒヒダルマの育成論で優勝【真の鬼火力】

ヒヒダルマ ガラル 育成

修正しました。 かなり幅広く対面で有利を取れているので是非使いたいと感じました。 サブウェポンは対ドヒドイデ目的で地震一択とのことでしたが、思念の頭突きは考慮外でしょうか? 相性の観点で言えばこちらも抜群を取れますし、ダイサイコの追加効果によって火力も累計では地震より出せそうです。 更に言えばダイマックス終了後、残り体力と耐久の関係上先制技に縛られやすくなる点をサイコフィールドでカバーできる点も見逃せません。 是非意見をお聞きしたいです。 H188振るとHP実数値が204、よって身代わりのHPがちょうど51となります。 こうすることにより、身代わりがサニーゴ等のナイトヘッドを確定耐え、更にDに20振ることによって、無振りドヒドイデの熱湯を最高乱数以外確定耐え ゴリラモード時のみ となるため、身代わりを採用するこの型においては、Hに振るのは理にかなっていると言えると思います。 非常に良い育成論だと思いました。 心内評価ではありますが、星5をつけさせて頂きたく思います。 紛らわしければ削除致します。 申し訳ございません。 トーチカ持ってるドヒドイデがまだ少し見られること、ドヒドナットでグルグルされると鉄の棘が痛いこと、サイコフィールドが無いと火力が足りないことから個人的には無しです。 コメントありがとうございます。 にある通り、効率が悪いのを承知でHに振っています。 誰かあのサンゴからナイトヘッド没収してください。 代弁ありがとうございました。 前作からゴリラゴリラと言われてたのでゴリラでいいかなと。 ゴリランダーをバナナにするのでこっちがより本物のゴリラですよ。 対バンギラス用にきあいパンチを考察しているのですがドヒドイデを見るためにやはり地震の方が良いのでしょうか? 投稿主様のご意見を伺いたいです。 大体の通りです。 こちらがダイマックスを切らないと何もできずに炎技でワンパンされ、ダイマックスを切ったとしてもフレドラの反動が無いと倒せません。 その反動も相手がダイマックスを切ったら無くなってしまいます。 地震を抜くとコンセプト2を完全に捨てることになってしまうので、型もタイプも違いますが弱保バンギとの差別化が大変厳しくなります。 ナットや羽休めアーマーガアに刺さるのでどちらかというと抜くのはフレドラになりそうです。 この論ではミミッキュに安定して勝てたり、ダルマモードの際に一致で打てるフレドラを外すことは厳しいので採用できませんが、バンギに勝てるのは面白いと思います。 実際使って使用感が良かったら別の論にしてくれてもいいんですよ?開拓期待してます。 代弁ありがとうございます。 簡潔に纏まっていてわかりやすく、助かりました。 心内評価で申し訳ないですが5で。

次の