イオン ときめき ポイント 10 倍。 イオンクレジットカードの【ときめきポイント】って何?ポイント10倍はいつつく?イオンの買い物だけつくの?

【1分で分かる】ときめきポイントとWAONポイントとの違いとお得に貯める方法

イオン ときめき ポイント 10 倍

この記事の目次• お客さまわくわくデーの仕組みと特徴 まずはお客さまわくわくデーの仕組みや特徴を解説します。 このサービスはとても単純なポイントアップサービスなので、複雑な説明は不要ですから簡単に一覧で紹介します。 割引額 ポイントが2倍 (200円で2ポイント)• 参照 イオンのお客さまわくわくデーはテレビCMでも紹介されていますので、有名ですよね。 イオングループのカード(クレジットカード・電子マネーWAONカード・WAONPOINTカード)を持っていれば、付与されるポイントが2倍になるわかりやすいサービスです。 ではそんなポイント2倍のサービスがあるお客さまわくわくデーを一番お得に利用する方法を紹介します。 お客さまわくわくデーを一番お得に利用するポイント2重取りの裏ワザ全手順 この裏ワザのポイントは、 「イオンカードセレクト」と「オートチャージ」にあります。 概要を解説すると、• イオンカードセレクトで電子マネーWAONへのオートチャージ設定を行う• お客さまわくわくデー(5日・15日・25日)にオートチャージが行われるようにWAONを利用する たった2つだけです。 この2つを行うとポイントが二重取り&お得に貯まります。 では具体的に解説します。 イオンカードセレクトを用意し、オートチャージの設定を行う 電子マネーWAONをチャージするには、• イオンやミニストップなどのレジで現金チャージする方法• イオン店頭にある専用機(WAONチャージャー)から現金またはイオンカードでチャージする方法• イオン銀行ATMから現金またはイオンカードでチャージする方法• WAONステーションからイオンカードでチャージする方法• WAONネットステーションやモバイルWAONからイオンカードでチャージする方法• イオンカードセレクトからオートチャージする方法 などがありますが、このうち「イオンカードセレクトからオートチャージする方法」を行います。 通常、現金などで電子マネーWAONのチャージを行っても、WAONポイントが付与されません。 しかし、イオン銀行から引き落としされる仕組みの「オートチャージ」の方法だけはWAONポイントの対象となるのです。 (200円につき1ポイント、0. JMB WAONカード・JALカードはマイルが貯まります。 ) そのオートチャージができるイオンカードは、• イオン銀行キャッシュ+デビット• JMB WAONカード• JALカード この4枚だけです。 上記のカードは、上2つが「イオン銀行」と一体となっており、下の2つはJALと一体となっており、その結果「マイル」が貯まるのです。 イオン銀行キャッシュカードと一体となっているイオンカードであるイオンカードセレクトは、銀行口座と繋がっていることから、「普通預金口座から自動的に、直接チャージできる」ため、ポイント還元の対象となっているようです。 さて、上記の表を見ても分かる通り、• 電子マネーWAONでの支払いで1ポイント• オートチャージの利用で1ポイント これを足すと2ポイントとなります。 つまりポイント二重取りですね。 ただ、これだけだと「超お得」とは言えません。 200円で2ポイントなら還元率は1%なので、楽天カードとかと同じなのでお得さは少ないでしょう。 お得ポイントはこれからです! 5日・15日・25日にWAONで買い物する WAONポイントは、電子マネーWAONを利用すると200円につき1ポイント貯まります。 その還元率は0. ただ、5日・15日・25日の5が付く日のお客さまわくわくデーにWAONで支払いするとポイントが2倍となります。 この時点でかなりお得ですね。 ただ、さらにお得に利用するなら、「 オートチャージによるポイント還元」を手れる必要があります。 そのためには、オートチャージの設定金額を下回るようにWAONの残高を下回る必要があります。 例えば、オートチャージの設定金額を5,000円としていた場合、電子マネーWAONの残高が5,000円を下回らなければいけません。 残高が下回った段階で、オートチャージが実行されます。 オートチャージされWAONポイント付与(ポイント2重取り) イオンカードセレクトを含む4つのカードだけが利用できる「電子マネーWAONへのオートチャージ」 このオートチャージを行うと200円につき1ポイントが付与されます。 (還元率0. この1. 数年前まで実施されていたイオン銀行のポイントプログラムによって、以前はオートチャージによるポイント還元が最大3倍となっていました。 現在は一律0. 復活を期待したいです。 ポイント2重取りの注意点 ポイント二重取りはイオンをお得に利用するオススメ活用法ですが、一方で注意点もあります。 実は「ありが10デー」の方がお得 ここまで紹介してきた「お客さまわくわくデーとオートチャージ」を活用した二重取りの方法ですが、実はお客さまわくわくデー以外にもポイント二重取りができる日があります。 それは「ありが10デー」という毎月10日のタイミングです。 ありが10デーはポイントが5倍付与される超お得日です。 5倍というと還元率は2. なお、ポイント二重取りの方法は「お客さまわくわくデー」も「ありが10デー」も同じ方法です。 オートチャージの設定金額に注意 一番注意しなければいけないのは「オートチャージの設定」です。 オートチャージには「1日1回だけ」「普通預金口座に残高がなければ実行されない」などのルールがあります。 これらの条件に該当しないといけないので、ご自身である程度把握しておく必要があります。 なお、WAONにチャージできる金額の上限は、50,000円なのでそれ以上はチャージできません。 ご注意ください。 詳細は「」のページがわかりやすいのでご覧ください。 まとめ お客さまわくわくデーは、ありが10デーより還元率は劣るものの、毎月3回開催されているため、利用するチャンスが多いお得日です。 そのお得なタイミングで買い物するなら、少しでもお得に利用したいところですよね。 イオンカードセレクトを持っていれば、誰でも簡単にオートチャージ設定ができますので、個人的にはオススメのお得活用法です。

次の

ダイエー「日曜日ポイント10倍」が変わった→コロナで終了…

イオン ときめき ポイント 10 倍

この記事の目次• お客さまわくわくデーの仕組みと特徴 まずはお客さまわくわくデーの仕組みや特徴を解説します。 このサービスはとても単純なポイントアップサービスなので、複雑な説明は不要ですから簡単に一覧で紹介します。 割引額 ポイントが2倍 (200円で2ポイント)• 参照 イオンのお客さまわくわくデーはテレビCMでも紹介されていますので、有名ですよね。 イオングループのカード(クレジットカード・電子マネーWAONカード・WAONPOINTカード)を持っていれば、付与されるポイントが2倍になるわかりやすいサービスです。 ではそんなポイント2倍のサービスがあるお客さまわくわくデーを一番お得に利用する方法を紹介します。 お客さまわくわくデーを一番お得に利用するポイント2重取りの裏ワザ全手順 この裏ワザのポイントは、 「イオンカードセレクト」と「オートチャージ」にあります。 概要を解説すると、• イオンカードセレクトで電子マネーWAONへのオートチャージ設定を行う• お客さまわくわくデー(5日・15日・25日)にオートチャージが行われるようにWAONを利用する たった2つだけです。 この2つを行うとポイントが二重取り&お得に貯まります。 では具体的に解説します。 イオンカードセレクトを用意し、オートチャージの設定を行う 電子マネーWAONをチャージするには、• イオンやミニストップなどのレジで現金チャージする方法• イオン店頭にある専用機(WAONチャージャー)から現金またはイオンカードでチャージする方法• イオン銀行ATMから現金またはイオンカードでチャージする方法• WAONステーションからイオンカードでチャージする方法• WAONネットステーションやモバイルWAONからイオンカードでチャージする方法• イオンカードセレクトからオートチャージする方法 などがありますが、このうち「イオンカードセレクトからオートチャージする方法」を行います。 通常、現金などで電子マネーWAONのチャージを行っても、WAONポイントが付与されません。 しかし、イオン銀行から引き落としされる仕組みの「オートチャージ」の方法だけはWAONポイントの対象となるのです。 (200円につき1ポイント、0. JMB WAONカード・JALカードはマイルが貯まります。 ) そのオートチャージができるイオンカードは、• イオン銀行キャッシュ+デビット• JMB WAONカード• JALカード この4枚だけです。 上記のカードは、上2つが「イオン銀行」と一体となっており、下の2つはJALと一体となっており、その結果「マイル」が貯まるのです。 イオン銀行キャッシュカードと一体となっているイオンカードであるイオンカードセレクトは、銀行口座と繋がっていることから、「普通預金口座から自動的に、直接チャージできる」ため、ポイント還元の対象となっているようです。 さて、上記の表を見ても分かる通り、• 電子マネーWAONでの支払いで1ポイント• オートチャージの利用で1ポイント これを足すと2ポイントとなります。 つまりポイント二重取りですね。 ただ、これだけだと「超お得」とは言えません。 200円で2ポイントなら還元率は1%なので、楽天カードとかと同じなのでお得さは少ないでしょう。 お得ポイントはこれからです! 5日・15日・25日にWAONで買い物する WAONポイントは、電子マネーWAONを利用すると200円につき1ポイント貯まります。 その還元率は0. ただ、5日・15日・25日の5が付く日のお客さまわくわくデーにWAONで支払いするとポイントが2倍となります。 この時点でかなりお得ですね。 ただ、さらにお得に利用するなら、「 オートチャージによるポイント還元」を手れる必要があります。 そのためには、オートチャージの設定金額を下回るようにWAONの残高を下回る必要があります。 例えば、オートチャージの設定金額を5,000円としていた場合、電子マネーWAONの残高が5,000円を下回らなければいけません。 残高が下回った段階で、オートチャージが実行されます。 オートチャージされWAONポイント付与(ポイント2重取り) イオンカードセレクトを含む4つのカードだけが利用できる「電子マネーWAONへのオートチャージ」 このオートチャージを行うと200円につき1ポイントが付与されます。 (還元率0. この1. 数年前まで実施されていたイオン銀行のポイントプログラムによって、以前はオートチャージによるポイント還元が最大3倍となっていました。 現在は一律0. 復活を期待したいです。 ポイント2重取りの注意点 ポイント二重取りはイオンをお得に利用するオススメ活用法ですが、一方で注意点もあります。 実は「ありが10デー」の方がお得 ここまで紹介してきた「お客さまわくわくデーとオートチャージ」を活用した二重取りの方法ですが、実はお客さまわくわくデー以外にもポイント二重取りができる日があります。 それは「ありが10デー」という毎月10日のタイミングです。 ありが10デーはポイントが5倍付与される超お得日です。 5倍というと還元率は2. なお、ポイント二重取りの方法は「お客さまわくわくデー」も「ありが10デー」も同じ方法です。 オートチャージの設定金額に注意 一番注意しなければいけないのは「オートチャージの設定」です。 オートチャージには「1日1回だけ」「普通預金口座に残高がなければ実行されない」などのルールがあります。 これらの条件に該当しないといけないので、ご自身である程度把握しておく必要があります。 なお、WAONにチャージできる金額の上限は、50,000円なのでそれ以上はチャージできません。 ご注意ください。 詳細は「」のページがわかりやすいのでご覧ください。 まとめ お客さまわくわくデーは、ありが10デーより還元率は劣るものの、毎月3回開催されているため、利用するチャンスが多いお得日です。 そのお得なタイミングで買い物するなら、少しでもお得に利用したいところですよね。 イオンカードセレクトを持っていれば、誰でも簡単にオートチャージ設定ができますので、個人的にはオススメのお得活用法です。

次の

イオンカード「いつでもときめきポイント2倍」と毎月10日の「ときめきWポイントデー」の違いは?対象店舗は?

イオン ときめき ポイント 10 倍

この記事の目次• お客さまわくわくデーの仕組みと特徴 まずはお客さまわくわくデーの仕組みや特徴を解説します。 このサービスはとても単純なポイントアップサービスなので、複雑な説明は不要ですから簡単に一覧で紹介します。 割引額 ポイントが2倍 (200円で2ポイント)• 参照 イオンのお客さまわくわくデーはテレビCMでも紹介されていますので、有名ですよね。 イオングループのカード(クレジットカード・電子マネーWAONカード・WAONPOINTカード)を持っていれば、付与されるポイントが2倍になるわかりやすいサービスです。 ではそんなポイント2倍のサービスがあるお客さまわくわくデーを一番お得に利用する方法を紹介します。 お客さまわくわくデーを一番お得に利用するポイント2重取りの裏ワザ全手順 この裏ワザのポイントは、 「イオンカードセレクト」と「オートチャージ」にあります。 概要を解説すると、• イオンカードセレクトで電子マネーWAONへのオートチャージ設定を行う• お客さまわくわくデー(5日・15日・25日)にオートチャージが行われるようにWAONを利用する たった2つだけです。 この2つを行うとポイントが二重取り&お得に貯まります。 では具体的に解説します。 イオンカードセレクトを用意し、オートチャージの設定を行う 電子マネーWAONをチャージするには、• イオンやミニストップなどのレジで現金チャージする方法• イオン店頭にある専用機(WAONチャージャー)から現金またはイオンカードでチャージする方法• イオン銀行ATMから現金またはイオンカードでチャージする方法• WAONステーションからイオンカードでチャージする方法• WAONネットステーションやモバイルWAONからイオンカードでチャージする方法• イオンカードセレクトからオートチャージする方法 などがありますが、このうち「イオンカードセレクトからオートチャージする方法」を行います。 通常、現金などで電子マネーWAONのチャージを行っても、WAONポイントが付与されません。 しかし、イオン銀行から引き落としされる仕組みの「オートチャージ」の方法だけはWAONポイントの対象となるのです。 (200円につき1ポイント、0. JMB WAONカード・JALカードはマイルが貯まります。 ) そのオートチャージができるイオンカードは、• イオン銀行キャッシュ+デビット• JMB WAONカード• JALカード この4枚だけです。 上記のカードは、上2つが「イオン銀行」と一体となっており、下の2つはJALと一体となっており、その結果「マイル」が貯まるのです。 イオン銀行キャッシュカードと一体となっているイオンカードであるイオンカードセレクトは、銀行口座と繋がっていることから、「普通預金口座から自動的に、直接チャージできる」ため、ポイント還元の対象となっているようです。 さて、上記の表を見ても分かる通り、• 電子マネーWAONでの支払いで1ポイント• オートチャージの利用で1ポイント これを足すと2ポイントとなります。 つまりポイント二重取りですね。 ただ、これだけだと「超お得」とは言えません。 200円で2ポイントなら還元率は1%なので、楽天カードとかと同じなのでお得さは少ないでしょう。 お得ポイントはこれからです! 5日・15日・25日にWAONで買い物する WAONポイントは、電子マネーWAONを利用すると200円につき1ポイント貯まります。 その還元率は0. ただ、5日・15日・25日の5が付く日のお客さまわくわくデーにWAONで支払いするとポイントが2倍となります。 この時点でかなりお得ですね。 ただ、さらにお得に利用するなら、「 オートチャージによるポイント還元」を手れる必要があります。 そのためには、オートチャージの設定金額を下回るようにWAONの残高を下回る必要があります。 例えば、オートチャージの設定金額を5,000円としていた場合、電子マネーWAONの残高が5,000円を下回らなければいけません。 残高が下回った段階で、オートチャージが実行されます。 オートチャージされWAONポイント付与(ポイント2重取り) イオンカードセレクトを含む4つのカードだけが利用できる「電子マネーWAONへのオートチャージ」 このオートチャージを行うと200円につき1ポイントが付与されます。 (還元率0. この1. 数年前まで実施されていたイオン銀行のポイントプログラムによって、以前はオートチャージによるポイント還元が最大3倍となっていました。 現在は一律0. 復活を期待したいです。 ポイント2重取りの注意点 ポイント二重取りはイオンをお得に利用するオススメ活用法ですが、一方で注意点もあります。 実は「ありが10デー」の方がお得 ここまで紹介してきた「お客さまわくわくデーとオートチャージ」を活用した二重取りの方法ですが、実はお客さまわくわくデー以外にもポイント二重取りができる日があります。 それは「ありが10デー」という毎月10日のタイミングです。 ありが10デーはポイントが5倍付与される超お得日です。 5倍というと還元率は2. なお、ポイント二重取りの方法は「お客さまわくわくデー」も「ありが10デー」も同じ方法です。 オートチャージの設定金額に注意 一番注意しなければいけないのは「オートチャージの設定」です。 オートチャージには「1日1回だけ」「普通預金口座に残高がなければ実行されない」などのルールがあります。 これらの条件に該当しないといけないので、ご自身である程度把握しておく必要があります。 なお、WAONにチャージできる金額の上限は、50,000円なのでそれ以上はチャージできません。 ご注意ください。 詳細は「」のページがわかりやすいのでご覧ください。 まとめ お客さまわくわくデーは、ありが10デーより還元率は劣るものの、毎月3回開催されているため、利用するチャンスが多いお得日です。 そのお得なタイミングで買い物するなら、少しでもお得に利用したいところですよね。 イオンカードセレクトを持っていれば、誰でも簡単にオートチャージ設定ができますので、個人的にはオススメのお得活用法です。

次の