ユニフレーム ユニセラ。 熱燗専用!?ユニフレーム(UNIFLAME)のユニセラ熱燗あぶり台が優秀

超便利!初心者〜ファミリー・グループまで。キャンプでの卓上BBQはユニセラで!

ユニフレーム ユニセラ

ユニセラTGで焼く焼き鳥の魅力 このところのochanは、キャンプに行けばかならずといっていいほどユニフレームのユニセラTGで焼き鳥をつくっています。 なんと言っても炭火でつくる焼き鳥はやはり最高の味なのです。 これは炭の煙でいぶされて燻製の様に焼き鳥の香りが良くなるのでしょうね。 これはCB缶を燃料とするイワタニの炉端大将なんかでは出せない味です。 ところで、ochanの持っているユンセラTGは旧型です。 ユニフレーム ユニセラTGの構成 下の写真はユニセラのケースです。 つかい終わった後のユニセラは油でベトベトになることもあるので、このケースはやはり必要だと思います。 分解したところです。 これだけのパーツを組み立てていきます。 ユニセラを組み立てたらこんな感じになります。 焼き網は裏表を使い分けることによって炭からの距離を変えることが出来ます。 2段階に火加減を選ぶことができるというわけです。 単純ですが、よく考えられていますね。 ユニセラで火をおこす手順 さて、火おこしの手順ですが、まず炭をロストルの網の上に置いていきます。 このときにユニセラの容量を考えながら投入する炭の量を調節してください。 着火剤は、よくホームセンターや100均などで売られているブロック型のこのタイプが一番使いやすいし経済的だと思います。 炭の種類にもよりますが、普通は2ブロックほど使えば十分着火出来ると思いますよ。 炭の下に着火剤をおきライターで火をつけます。 できればライターはチャッカマンタイプが安全だし使いやすいですね。 また着火剤は安全のため、かならず網の上においてから火をつけましょうね。 着火剤の上に炭をかぶせる様につみ重ねていきます。 風のとおり道を残すように、炭の上には少し空間をつくっておくのがコツですよ。 完全にふたをしてしまうと、風が通らず火が消えてしまいます。 炭おこしが終わるのタイミングはいつ? さて下の写真では日が沈んであたりが暗くなりましたが、この方が火の状態を見やすいです。 下の写真の様に、炭のまわりから炎が出なくなれば炭おこしは完了です。 一方、昼は炎が見にくいですので、炭のまわりがすべて白くなっていればOKと判断するといいと思います。 炎がまだ出ているうちにBBQを始めると、網の上まで火が上がることもあるので材料が黒こげになったりします。 ですので、炭の火おこしが完了するまでタイミングをまちましょう。 もし待っている間の火を有効に使いたければ、お湯をわかしたりご飯を炊いたりすることもできますよ。 ユニセラは、空気の通り道がうまくできているので少し時間はかかりますが、この様な火おこし器を使わなくても大丈夫です。 実際にパパーマンはユニセラを使う時には火おこし器を使っていませんよ。 ただ、どうしても時間を短縮したいのであれば、火おこし器は有効な道具だと思います。 炭おこしが終わったら、あとはユニセラで材料を焼くだけですね。 もしBBQをやったことがなければ、はじめは焼き鳥がおすすめです。 余談ですが、ユニフレームのHPに紹介されているように灰受けの上に着火剤をおいて、炭をおこす方法を僕も試したことがあります。 結果は、うまく炭に火がつきませんでした。 これは灰受けの上に着火剤を置くと、炭と着火剤が離れてしまうことと、屋外は風があるので風によって着火剤の火が真上には上がらず、ますます炭に着火剤の火が炭にとどきにくくなることが原因だと思います。 ですので、この方法で炭に火をつけるのは、条件がそろわなければ難しいと思います。 -2016. 30追記- これについては、続編があります。 ユニフレーム「森の着火剤」を使ってユニセラで炭をおこしてみるの記事をどうぞ.

次の

【BBQコンロ】笑’s A4君からユニセラTGⅢに乗り換えた結果

ユニフレーム ユニセラ

冬キャンプの醍醐味「熱燗」 熱燗が好きかそうでないか、という問題はありますが、しかしもし熱燗が好きなのであれば、冬キャンプでの熱燗も間違いなく好きでしょう。 寒ければ寒いほど、 体の芯から温まるあの感覚は最高です。 熱燗が好きな方であれば、あの瞬間はまさに冬キャンプの「醍醐味」とも言えるのではないでしょうか。 冬キャンプで熱燗をしない日がないくらい、私にとっては必須なものになっています。 ユニフレーム UNIFLAME から熱燗専用ギアが登場! そんな 熱燗好きのためのギアが、ユニフレームから登場しました。 画像出典 : 売れるかどうか分かりませんが、おそらく「キャンプ好きが、自分が欲しいと思ったギアを作った」という類の製品な気がします。 熱燗をしない人には一切必要ないマニアックなギアです。 簡単に言うと、 お湯を入れて徳利を温めながら、乾き物を炙ることができる、そんなギアです。 もちろん熱燗あぶり台でなくても同じことはできますが、これほど効率よく熱燗ができるギアもそうないでしょう。 スポンサーリンク ユニセラの熱燗あぶり台のスペック まずは熱燗あぶり台のスペックを簡単にご紹介します。 ユニフレーム製だけあって、 丈夫で精密に加工された金属製です。 1kg セット内容 鍋、仕切り、フタ、枠、焼網 収納袋は付属していませんので、自分で用意する必要があります。 また、このギアはユニフレームのグリル「 ユニセラ」とあわせて使用することを想定して作られています。 ユニセラとのセット利用を推奨 熱燗あぶり台は、 基本的にはユニフレームのグリル、ユニセラの上に設置して使用します。 ただ、自分が見た感じだと、必ずしもユニセラがなければ使えない、というものではなさそうな印象を受けました。 火種が必要なので何かしらグリルは必要ですが、その上にこの熱燗あぶり台を置けば使えると思います。 この辺りは 工夫次第です。 ただしグリルによっては上に乗っても「炙る部分」が一部使えなかったり、火力不足に陥ったりする可能性があります。 そのため、心配な方はユニセラと一緒に使用することをお勧めします。 ユニセラは勿論良いギアですし、 「シンデレラフィット」させたいのであれば、ユニセラでの使用一択です。 ユニセラは機能性も高い人気なギアなので、既に持っている人も多いかもしれません。 徳利がピッタリ嵌るサイズ 熱燗あぶり台には、 徳利を湯煎するための場所が用意されています。 湯煎する場所は4つに区切られており、それぞれに徳利がぴったり入るサイズになっています。 ソロ用であれば4つも必要ないですが、正方形状に温める場所があるので、 向かい合って飲んだり、横に並んで飲んだりと臨機応変に対応できます。 一人一本の徳利を温めるのはなかなかに酒豪の集まりですが、熱燗あぶり台を買うほど好きなのであれば、それくらい軽く飲んでしまうかもしれません。 湯煎の部分はおそらく、熱燗をする以外に使い道はないと思います。 しかし そんな「不器用さ」が、男心をくすぐるのではないでしょうか。 熱燗好きには堪らないギア 熱燗あぶり台は、私のように「冬キャンプに行ったら熱燗を絶対する」という人には、 ある意味使用頻度の高いギアだと思います。 もちろん冬キャンプの間だけですが、ストーブと同じくらいの使用頻度ではないかと思います。 画像出典 : 冬キャンプであれば必ずストーブを使用しますが、それと同じで、冬キャンプであれば必ず熱燗をします。 それくらいの頻度で使うギアであれば、キャンプ道具としては買う価値があるのではないかと思います。 まぁ値段的には高級な日本酒が買えてしまうのですが、趣味の世界ですから、そう言う話ではないのです。 笑 なお、レビューではキャンパーだけでなく 釣り人の方も愛用しているようです。 どこの世界もお酒が大好きな人はたくさんいますからね。 スポンサーリンク 感想、まとめ。 ピンポイントだが酒好きなら一考の余地あり! 熱燗あぶり台という、 およそキャンプ道具とは思えない名前のキャンプ道具をご紹介しました。 最近はキャンプやアウトドアをコンセプトにした居酒屋も多いですが、そういった居酒屋にはぜひ置いて欲しいギアです。 アウトドアチェアを置いて、アウトドアテーブルを置いて・・・まではよくありますが、おそらくこの熱燗あぶり台を置いている居酒屋は少ないと思います。 居酒屋でこれが出てきたら、 キャンパーなら思わず唸ってしまうのではないでしょうか。 こういうギアを触れる居酒屋なら、ぜひ行ってみたいと思います。 ただ逆にキャンパーではない人が来た場合は、想像していたものと違うかもしれませんね。 笑 きっと「熱燗あぶり台なんてキャンプ道具があるのか!?」と驚くかもしれませんが、 そういうピンポイントなギアほど、キャンパー心をくすぐるというものです。 カテゴリー• 人気記事ランキング 30日• 1,710件のビュー• 1,410件のビュー• 1,080件のビュー• 840件のビュー• 750件のビュー• 720件のビュー• 720件のビュー• 660件のビュー• 600件のビュー• 570件のビュー• 540件のビュー• 540件のビュー• 480件のビュー• 450件のビュー• 420件のビュー• 420件のビュー• 420件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 360件のビュー• 360件のビュー• 360件のビュー• 360件のビュー• 360件のビュー• 360件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 300件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 240件のビュー• 240件のビュー• 240件のビュー• 240件のビュー• 210件のビュー• 180件のビュー• 180件のビュー 新着記事.

次の

【BBQコンロ】笑’s A4君からユニセラTGⅢに乗り換えた結果

ユニフレーム ユニセラ

そんななか、たまたまいつもお世話になっているショップがセールをした勢いで購入しちゃいました。 1kg 1. 9kg 別売グリルプレート 1. その売りポイントでもある両側のセラミックパネルによる遠赤外線効果で少ない量の炭で網全体に熱を行き渡らせることができてます。 そのため、BBQコンロとして使ったあとは場所を移動させて薪をガンガンくべて 焚き火台として使っても変形ひとつしませんでした。 構成部品 標準で付属の構成部品は以下です。 組立方法 最初は説明書を読まないと分かりにくかったですが、一度組み立ててしまえば簡単でした。 本体を開いた状態から側面パーツをVの字にするように組付けます。 側面パーツを本体に引っ掛けます。 そしてその状態で脚を開くと側面パーツにロックがかかり外れなくなります。 灰受けとロストルを挿入します。 最後に網を乗せて完成です。 この網は上記写真とは 反対に乗せることで炭との距離を調整することができます。

次の