スマホベーシックプランl。 ワイモバイルの旧料金プラン「スマホプラン」の解説。新プラン「スマホベーシックプラン」との違いやプラン変更条件をまとめてみた。

ワイモバイルの料金プランの変更方法|新プランを旧プランと比較

スマホベーシックプランl

ベーシックパック・ウルトラデータパック 「ベーシックパック・ウルトラデータパック」は、 2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」をご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック・ベーシックパック・ウルトラデータパック・ケータイパック間の変更およびお申込みが可能です。 ひとりでご利用の方、パケットを多くご利用になる方向けの、パケット通信が定額でご利用いただけるサービスです。 基本プランのカケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプランまたはデータプランと組み合わせてご利用になれます。 お申込み: 必要• ご注意事項• 当該月において、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5〜30、ウルトラデータL/LLパック、データM/Lパック、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100、ビジネスシェアパック5〜3000の利用可能データ量に到達しなかった場合、その通常速度で利用可能な残データ量について、1GB単位で翌月にくりこしできます。 そのとき、1GB未満の端数については、くりこしの対象外となります。 (各種キャンペーンなどで適用されるボーナスパケットは「パケットくりこし」の対象外です。 「ずっとドコモ割プラス」はご契約されているパケットパックとdポイントクラブのステージに応じて、料金割引かdポイント進呈のどちらかを適用するサービスです。 dポイント進呈は、「ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)選択オプション」のお申込みが必要です。 dポイントクラブ非会員のお客さまは、ご契約されているパケットパックと継続利用期間に応じて、料金割引を適用します。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 国際ローミング中のデータ通信、「SMS」、デジタル通信(テレビ電話・64Kデータ通信)などはベーシックシェアパック料金の対象外です。 パケットパック契約者およびシェアグループ加入者が「海外1dayパケ」および「海外パケ・ホーダイ」適用対象国・地域の通信事業者を利用した場合はそれぞれの料金が利用した回線に課金されます。 新規契約と同時にパケットパックを申込んだ場合、定額料は日割りされます。 新規契約と同時の申込み以外は日割りされません。 新規契約と同月内に月途中でパケットパックを変更した場合は、日割りされず、二重課金となります。 現状のFOMA/Xiパケット定額サービス契約回線が基本プランへの変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、またはFOMAパケット定額サービス契約回線がXiへの契約変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、「お申込み後からの適用」となります。 この場合、初回変更時に限りパケットパックでの利用データ量のみ当月の利用データ量として計算され、当月のFOMA/Xiパケット定額サービスの定額料はかかりません。 初回変更時以外は二重課金となります。 パケットパック間の変更は、原則「翌月からの適用」となります。 その場合利用可能データ量および利用データ量は引き継がれます。 当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さま(FOMA:約300万パケット以上)は、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。 (Xi契約でFOMA端末をご利用された通信も対象となります。 )なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。 一部のFOMA機種は128kbps通信に対応していないため、利用可能データ量を超過後、当月末までパケット通信ができなくなります。 (送受信最大128kbps通信となりません。 対象機種は提供条件書をご確認ください。 ) 詳細情報• ベーシックパック・ウルトラデータパック• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ベーシックパック・ウルトラデータパック

スマホベーシックプランl

2019年10月1日からの電気通信事業法の改正に伴って新たにスタートする、Y! mobileの「スマホベーシックプラン」と、現行の「スマホプラン」の料金プランおよび割引サービス、違約金などなどの諸条件をまとめてみた。 「データ増量無料オプション」は2年間適用される。 「データ増量無料オプション」は1年間適用される。 ただし、2019年10月1日にスタートする「スマホベーシックプラン」への料金プラン変更については、既にY! mobileの契約から二年間が経過していれば違約金が免除される。 現在ご契約中のお客さまがベーシックプランへプラン変更される場合、 以下のいずれかを満たす場合は、契約解除料9,500円を免除いたします。 ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること 機種変更と同時に変更後対象プランにプラン変更すること 前掲の通り、契約から二年間経過後の月額料金は、スマホベーシックプランの方が割安な上、対象機種の購入で月額料金を割引する「月額割引」も新プランでは廃止されるため、Y! mobileの契約から二年間が経過している場合、料金的には新プラン(ベーシックプラン)の方が有利になる。 ただし、現行プランの「プランL」に相当するプランが廃止されるため、プランMや新たに提供されるプランRでは容量が足りない方は、現行プランを継続するのもあり。 ワイモバイルオンラインストアは以下にて。

次の

ベーシックパック・ウルトラデータパック

スマホベーシックプランl

ベーシックプラン 「ベーシックプラン」は、2019年9月30日(月曜)をもって、新規受付を終了いたします。 ただし、現在、ベーシックプランをご契約中のお客さまは、2019年10月1日(火曜)以降もベーシックプラン間内の変更は可能です。 基本使用料に含まれる無料通信分は、海外パケ・ホーダイの通信料、iモードなどの情報料、d払い/ドコモ払い、電報(115)、電話番号案内(104)の案内料、他事業者提供の国際電話、(0570)(0180)から始まる電話番号などには適用されません。 通話よりメールのあなたにオススメのプラン 「メール使いホーダイ」対応の料金プランです。 通話が少なめで、iモードメールをはじめとするパケット通信がメインの方におススメのプランです。 タイプシンプル• 「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」へのご加入で、月額基本使用料1,543円でご利用になれます。 タイプシンプルのご利用にはパケ・ホーダイ シンプルまたはパケ・ホーダイ ダブル2またはパケ・ホーダイ フラットのご契約が必要です。 使いすぎ防止プラン タイプリミット 上限額を超えたら発信をストップする、使いすぎ防止のがついたあんしんプランです。 中学生以下と60歳以上の方が対象のプラン ファミリーワイド ベーシックプランの中で、最も基本使用料が安いプランです。 着信がメイン中学生以下・60歳以上の方で、「待受がほとんど」という方であればおトク。 ファミリーワイドリミット 「ファミリーワイド」に、上限額の設定機能が付いた料金プランです。 iモードをご利用になる際の料金 iモードをご利用になる際の料金の表 iモード月額使用料 iモード使用時のパケット通信料 300円 1パケットあたり0. 2円 詳細情報•

次の