ニキビ の 跡 消す 方法。 ニキビ跡の茶色いシミを消す方法を徹底解説!原因と対策を知って色白美肌をGET

ニキビ跡のシミを消す方法|茶色い色素沈着に良いスキンケア&医薬品

ニキビ の 跡 消す 方法

炎症を抑えるで、それ以上ニキビ跡の範囲が広がったり、悪化することを防ぐことができます。 炎症を抑えるには、 「グリチルリチン酸」「ビタミンC誘導体」といった抗炎症作用のある成分を含む化粧品を利用して外部からケアするのが効果的。 「抗炎症成分+ターンオーバーを助ける高保湿成分」のスキンケアで治していきましょう。 クレーター型のニキビ跡になるのが嫌な方はビタミンC誘導体を利用してください。 茶色く色素沈着したニキビ跡の原因と治す方法 茶色の色素沈着を起こしたニキビ跡の原因は メラニンの発生によるものです。 メラニンとは紫外線や肌への摩擦で増える色素のことで、シミや黒ずみの原因でもあります。 まずは、これ以上メラニンを増やさないために、日焼け止めを利用して紫外線対策を必ず行ってください。 食生活や睡眠をしっかり取る…といった内側からのケアはとても時間がかかるので、 保湿でターンオーバーを正常にしつつ、美白成分でシミを薄くしていきましょう。 今ある茶色いニキビ跡を薄くする美白成分 …ハイドロキノン、ビタミンC誘導体• メラニンの生成を抑える成分 …ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタ、アルブチン 今ある茶色いニキビ跡を消すならハイドロキノン配合の化粧品がおすすめ。 ハイドロキノンは医療機関で使われる美白成分で、肌を白くする効果としては抜群です。 赤みもある場合は、両方に効果のあるビタミンC誘導体を利用してください。 クレータータイプのニキビ跡の原因と治す方法 ニキビ跡と聞いて、思い浮かぶのは肌が凸凹したクレータータイプではないでしょうか? このクレータータイプのニキビ跡は、 強い炎症を起こしたニキビを放置したり、いじって皮膚組織が傷つけたこと原因でできてしまいます。 他にも、治療法はいくつかあるので医師と相談して治療法を決めていきましょう。 クリニックの治療はクレーターニキビ跡を治す1番効果的な治療法ですが、「こんな高い治療費払えない…」という方は、スキンケアで目立たなくすることを考えましょう。 クリニックに通えない方はスキンケアで薄くしよう クレーターのニキビ跡をスキンケアで治すには、 コラーゲンを増やす成分が配合されている化粧品を使うことがポイントになります。 コラーゲン配合の化粧品は超低分子のものじゃない限り、保湿はしますがコラーゲンを増やすことはありません。 クリニックの治療でも出てきたFGF(線維芽細胞増殖因子 が増えると、真皮を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が生成されて肌のハリと弾力が出てくるんです。 その線維芽細胞に働きかける、上記のような成分配合の化粧品を使うようにしましょう。 外側からケアすることで、早く炎症が落ち着いて悪化を防いだり、シミや凸凹が薄くなりますが、ニキビ跡は長期間続く場合もありますよね。 ニキビがある場合、悪化することを心配する方がいますが、ニキビがあっても日焼け止めは必須です。 日焼け止めを選ぶときはSPFとPAの表示に注目。 SPF…UV-Bを防ぐ効果を示す数値。 UV-Bとは肌の表面に活性酸素を作り、メラニン色素を発生させる紫外線。 PA…UV-Aを防ぐ効果を示す数値。 UV-Aとは肌の内部に活性酵素を作り、コラーゲンなどを破壊し、老化させる紫外線 数値が高いほど紫外線に対する効果が高くなります。 まとめ ニキビ跡は放置してしまうほど、炎症が酷くなって肌の細胞を傷つけてしまいます。 だから、ニキビ跡を残したくないなら早めにケアしてください。 では、最後にニキビ跡の治し方をまとめておきますね。

次の

ニキビ跡の赤みを早く治す方法

ニキビ の 跡 消す 方法

ニキビ跡の茶色いシミを消す方法 ニキビ跡の茶色いシミは、肌に炎症を起こすことで出来る炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)というシミです。 このシミを消すのにはピーリングがいちばん即効性があり、また美白化粧品でのケアやビタミンCイオン導入も効果的! レーザー治療については、多くの美容皮膚科では効果がないと言われています。 ピーリングでメラニンを排泄 ピーリングとは、いわばお肌のエクササイズ! 余分な角質を取り除き、肌の代謝を上げてターンオーバーを促すことで真皮のコラーゲンを増やし、シミの元であるメラニンを排泄させます。 市販のピーリング剤にはいろいろな種類がありますが、肌に優しいのはミルクやジェルなどの洗い流すタイプ。 ゴマージュ(消しゴムかすのようにポロポロと皮がとれるもの)やスクラブ、拭き取りタイプのものは刺激が強く、また石けんタイプのものはピーリング力が弱めです。 ホームピーリングの効果的なやり方 (1)手に適量のピーリング化粧品をとり、まずは顔の中でも肌が比較的強いTゾーン(おでこから鼻の部分)にのせて軽くマッサージするようになじませます。 (2)目元は中指と薬指のくっつけて小さな円を描くようにしながらUゾーン(頬からあごの部分)になじませます。 (3)ぬるま湯でよく洗い流し、肌をこすらないようにタオルで水けを拭きます。 (4)ピーリング後の肌は乾燥しやすくなっているので、セラミドやヒアルロン酸などの保湿美容液をたっぷりつけ、マッサージやパックなど、肌に刺激を与えそうなケアは2~3に控えます。 ピーリングをしたとき、肌に刺激を感じるときや赤みが出た場合はストップしてください。 丁寧にするあまり、時間をかけすぎたり強くこすったりするのは肌に余計は刺激を与えてしまうのでNGです。 また、ヒーリングの回数は週に1~2回とし、寝不足や風邪などで肌の状態が悪い時はトラブルを引き起こしやすくなるので使用は控えましょう。 ピーリングをした後の肌はとても紫外線の影響を受けやすくなっているので、外出時にはしっかりと紫外線対策をしてください。 週に1~2回のペースでピーリングを続けることは、肌全体のくすみやもやもやとしたシミにも有効です。 シミ消しに有効な美白成分 ニキビ跡の茶色いシミは、普通のシミと同様にメラニン色素が沈着したものなので美白化粧品はとても有効です。 しかし、どんな美白化粧品でも効果が期待できるわけではありません。 シミの予防ではなくシミを消したい場合は、 メラニンの還元作用のあるハイドロキノンやビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶようにしましょう。 ハイドロキノン 肌の漂白剤と言われるほど美白効果の高い成分です。 皮膚科でもよく使われている成分で、2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になりました。 メラニンの生成を促すチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、メラニン色素を薄くする漂白効果を併せ持っています。 ビタミンC誘導体 壊れやすく肌に浸透しにくいビタミンCを、肌に浸透しやすい形に変えたものです。 メラニンに対して、チロシナーゼの活性阻害・メラニン生成制御・メラニンの還元と3つのアプローチ全てをこなす美白成分の優等生! 美白化粧品を初めて使うという方におすすめの成分です。 ビタミンCイオン導入で効果UP! イオン導入とは、電流を利用して肌に有効成分を効果的に浸透させる方法です。 ビタミンC誘導体には、前述した通り美白効果があり、またニキビの炎症を抑えたり、コラーゲンを増やしてしわを改善する効果も期待できます。 これをイオン導入器で肌の深部にまで送り込むことをビタミンCイオン導入と言います。 イオン導入器を選ぶときは、専用のビタミンCジェルが必要なものより、手持ちのビタミンC誘導体が配合された化粧水を使えるものの方が便利です。 また、あまり多機能でも使わなければ意味がないので、ビタミンC導入だけのシンプルなものを選ぶようにしましょう。 使用する時は、取扱説明書に従って正しく使うようにしてください。 肌が敏感な人の場合は赤みが出ることもありますので、イオン導入でのお手入れは週に1~2回程度を目安にして、洗顔後、肌に何もつけない状態で行います。 ピーリングの後に行うと、さらに肌への浸透率が高くなり効果的です。 赤みのあるニキビ跡の改善方法 触っても痛くないニキビ跡の赤みは、肌内部に起きている炎症に集まった毛細血管が透けて見えているのが原因です。 また、炎症時に集まった毛細血管から滲み出た血液が跡として残ることもあります。 ニキビ跡の赤みは、他のニキビ跡に比べると比較的軽い段階なので、炎症を抑え、ターンオーバーを整えることで治すことができます。 肌内部の炎症を抑える 肌の内部の炎症を抑えるには、• ビタミンC誘導体• アラントイン• グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム) といった抗炎症作用のある成分が配合された化粧品を使うのがとても効果的です。 アラントインは尿素から合成、またはコンフリーの葉、タバコの種子などからとれる成分で、消炎効果や細胞活性化の働きがあり、ニキビの炎症や赤みを抑える作用があります。 グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸(甘草根エキスの主成分)の水溶性の誘導体のことで、消炎作用が強く、ニキビの炎症や赤みを抑える作用があり、医薬品や医薬部外品にも使われています。 ターンオーバーを整える ターンオーバーの周期の乱れは、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルを起こしやすくします。 肌の生まれ変わりは約28日が理想ですが、その速度は早すぎても遅すぎても問題です。 肌荒れを起こしている場合はダメージを早く回復しようとターンオーバーのサイクルが早まるので、過度な洗顔は避け、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている美容液やクリームなどでしっかり保湿をしてください。 ターンオーバーが正常に整い表皮が生まれ変わる過程で、ニキビ跡の赤みも徐々に薄くなっていきます。 クレーター状になったニキビ跡には ニキビを潰したり、強い刺激を与えるなどで出来てしまったニキビ跡のクレーターは、ピーリングを行うことで目立たなくすることは可能です。 しかし、自宅でのケアには限界があるため、医療機関でのケミカルピーリングやレチノイン酸の塗り薬、レーザーを使った治療など、医師の指示に従って正しいケアをすることをおすすめします。 ケロイド状になったニキビ跡の場合 ケロイド状になったニキビ跡を自宅のケアで治すのは、残念ながらほぼ不可能です。 皮膚科専門医で早急に治療を受けるようにしてください。 ニキビ跡のシミを作らないためには ニキビ跡が茶色いシミとなって肌に残るのは、過剰に作られ沈着したメラニン色素が原因です。 通常なら、ニキビの炎症によって作られたメラニンは役目を終えればアカとなって自然とはがれていくのですが、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)周期が乱れ、肌に残ることでシミとなります。 特に、頬から阿保にできるニキビは茶色いシミ(炎症性色素沈着)を起こしやすく、 ニキビの上から日焼けをするとさらに沈着しやすくなるので、パウダーファンデーションを塗るなどをして紫外線からお肌を守ってください。 正しいケアで跡を残さない ニキビができてしまった時は、悪化して跡が残らないよう、• 触らない・つぶさない• 過剰な洗顔をしない• 刺激を与えない ことがとても大事です。 ニキビができると、どうしても気になって手で触ってしまいがちになりますが、手には見えない雑菌がいっぱい! 雑菌によってニキビが悪化することもあるので、薬を塗る時やスキンケアをする時以外は触らないようにしましょう。 また、ニキビを潰すことも炎症を悪化させる原因になるので絶対にNG! 過剰な洗顔や洗浄力の強いクレンジング剤の使用、たたく、こするなどの肌の摩擦も、肌に刺激を与え炎症を長引させることになるので注意が必要です。 抗炎症作用のある成分が含まれた化粧品で炎症を静めながら、健康な肌を作っていきましょう。 ニキビ予防もしっかりと! ニキビはできてから治すのではなく、できないように予防することがとても大切です。 20代以降のニキビは、過剰な皮脂の分泌で起きる10代が中心の思春期のものとは違い、肌の乾燥や睡眠不足、偏った食生活などが原因になっていることが多く、ニキビ跡が残りやすいのが特徴です。 外側からのケアでは、肌が乾燥しないようにしっかり保湿を行い、バリア機能が整った正常な肌を維持するように心がけましょう。 また、洗顔をするときは肌に刺激や摩擦などを与えないように優しく洗い流し、肌に必要な皮脂や油分を奪わないようにしてください。 内側からのケアでは、しっかり睡眠をとる、バランスのよい食生活を心がける、ストレスをため込まないなど、生活習慣を整えることが大事です。 ノンコメドジェニック処方 ノンコメドジェニック処方とは、ニキビができにくい成分やアクネ菌の増殖を抑える作用のある成分で作られた化粧品を指します。 ノンコメドジェニックテスト済み ノンコメドジェニックテスト済みとは、化粧品の原料がコメド(白ニキビ)を誘発しにくいものであることを証明する試験にクリアしていることを意味します。 最近では、スキンケア商品の他に、化粧下地やコンシーラー、ファンデーション、日焼け止めなどにも、ノンコメドジェニックテスト済みと記載された商品があります。 ニキビができやすいという人は、ベースメイクにもこの表示がある化粧品を選ぶとよいでしょう。 ただし、このテストにはまだ一定の基準や承認制度がないため、各化粧品会社よってテスト方法や判断基準は異なります。 そのため、すべての人の肌にノンコメドジェニック化粧品が合うとは限りませんし、また、コメドが全くできなくなるというわけではありませんので、試供品やトライアルセットなどで肌に合うか確認してから使うようにしてください。 いかがでしたか? 今回は、ニキビ跡にできる茶色いシミを消す方法をご紹介させていただきました。 このシミは、紫外線のダメージによってできるシミ(老人性色素班)と同様に自宅でケアすることは出来ますが、目立たなくなるまでには時間がかかります。 そのため、ニキビができた時には正しいスキンケアで跡が残らないように治療をし、またニキビができないように予防をすることがとても大事です。 ニキビができやすい人は日頃からケアを欠かさず、健康な肌作りをするようにしてくださいね。

次の

ニキビ跡の茶色いシミを消す方法を徹底解説!原因と対策を知って色白美肌をGET

ニキビ の 跡 消す 方法

私がいつもニキビ跡ケアで紹介している、化粧品の選び方やオススメを教えてあげますね。 このあと私は、美容部員の方に1時間みっちり聞いてきました。 先に結論からお伝えすると、赤みのニキビ跡ケアでは、 ビタミンC誘導体を含んだ化粧品を選ぶべきとのことです。 ビタミンC誘導体は、ダメージを受けている肌の回復を助けてくれる働きがあります。 市販で売られている化粧品(ビタミンC誘導体を含む)は、手軽な価格帯で購入できるようにビタミンC誘導体の濃度が薄いとのこと。 しっかりとニキビ跡ケアをするためには、高濃度のビタミンC誘導体が必要です。 美容部員の方が教えてくれた「ニキビ跡の赤みにオススメのビタミンC誘導体を配合した化粧品(化粧水・美容液)」は、以下のページにまとめています。 美容部員の方がニキビ跡の赤みが消える仕組みを詳しく教えてくれました。 このメカニズムを知りたいというマニアな方はチェックしてみてください(せっかく教えていただいたのでメモとして残しています)。 赤みのニキビ跡を消すときのスキンケア方法のやり方(市販薬、高濃度ビタミンC誘導体化粧品、市販化粧品)を比較 症状によって消すのに期間がかかってしまうといわれているニキビ跡の赤みは、以下の3つの方法を多くの方が検討しています。 市販薬(オロナインなど)• 高濃度のビタミンC誘導体化粧品• 市販の安い化粧品 ここでは、美容部員の方に伺って私がまとめたそれぞれの方法の「良い」、「悪い」ことを表にして比較しています。 赤みを治す方法で悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。 市販薬 ビタミンC誘導体化粧品(高濃度) 市販の安い化粧品 期間 期待効果 費用 ニキビ跡ケア(クレーター、シミ) 表のとおり、「期待効果」が高く、スキンケアにかかる「費用」をトータル的に安くおさえることができるのは、 高濃度のビタミンC誘導体化粧品を使ったスキンケアです。 「えっオロナインなどの市販薬が効果がないの?」と思われる方もいる方と思いますが、赤みのニキビ跡には、直接的に作用する市販薬はないそうです・・・ そして気になるのが費用ですよね? 実は、安い化粧品を使ってケアするより、ちょっと値段は高いけどちゃんとビタミンC誘導体が高濃度で配合されている化粧品を使ったほうがトータルで考えた費用を安くすることができるんですよ。 だって、効果がある化粧品を探すのに躍起になっていろいろな化粧品を試すコストもかかるし、その分、スキンケアにかかる期間もかかっちゃいますよね? だから、 ちゃんと赤みに有効な成分が高濃度で配合されている化粧品を使ってケアしたほうが費用を安くおさえることができると美容部員の方が教えてくれました。 美容部員の方が教えてくれた「ニキビ跡の赤みにオススメの化粧品(化粧水・美容液)」があるので、以下のページにまとめています。 ニキビ跡の赤みを治すには、正しいスキンケアをすること 肌が赤くなるニキビ跡は、「肌をケアしてね」というあなたの肌からのお知らせです。 この顔の肌荒れサインを放置してしまうと、 肌が黒ずみ(茶色を含む)をおびる色素沈着へと悪化していってしまいます。 しかし、一生治らないということはありません。 正しい肌ケアをすることで、赤みの炎症を簡単に消すことができます。 そこで、 ポイントは化粧品選び。 赤いニキビ跡が治らないで悩んでいる方は、この商品選びを間違えてしまっている可能性があります。 1日でも早く肌の赤みを消すために正しいスキンケア方法を理解していきましょう。 肌に黒や茶色のシミが残っている方は、色素沈着したニキビ跡の症状の可能性がありますので、下のページも一緒にご覧になってください。 また、ニキビ跡の赤みは、クレーターのニキビ跡の症状を伴うことがありますので、肌の凹みと赤みがある方は、下のページも一緒にご覧になってください。 赤みのニキビ跡を治すスキンケア化粧品を選ぶときの決めて 赤みのニキビ跡を化粧品で消すためには、下の「化粧品を選ぶ3つの決めて」をおさえた化粧品を使う必要があります。 一つずつ説明していきますね。 決めて1: 肌の赤い炎症をおさえる効果がある 下の図は、肌内部に赤い炎症が残っているときの様子です。 図のように、ニキビ跡の赤みの原因である、肌内部で炎症を放置してしまうと、黒や茶色といったシミの原因になるメラニン色素がたくさん作られて、色素沈着のニキビ跡に悪化する原因になります。 そのため、赤みの原因となっている「 肌内部の炎症をおさえるケア」とシミ(色素沈着)の原因となる「 メラニン色素が作られるのを防ぐケア」の2つが必要になります。 この働きをするのが抗炎症効果と美白効果のあるビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸といった成分です。 決めて2: 肌の修復を促す(肌のターンオーバー)効果がある 下の図は、ニキビの炎症で残った肌内部の傷を治すときの様子です。 図のように、肌の赤みの原因になる毛細血管は、ニキビの炎症で残った肌内部の傷を治すために集結して広がっています。 この毛細血管をもとの大きさに戻すためには、 ニキビの炎症でできた傷を治す早く治す必要があります。 この働きをするのが、肌の修復を促す効果のあるビタミンC誘導体やプラセンタといった成分です。 さらに、肌の炎症や修復を早めるためには、保湿ケアををして、肌のバリア機能を高め、肌のターンオーバーのサイクルを正常に保つことがポイントです。 詳しくは、「肌のターンオーバーを正常に保つポイント」の項目でも紹介しています。 決めて3: 美白効果がある(紫外線ケアをして色素沈着を防ぐ) 図のように、シミは、太陽の紫外線による刺激により、メラニン色素が皮膚に定着してできてしまいます。 とくに炎症して傷んでいる肌は、メラニン色素が過剰に作られやすい状態です。 そのため、顔全体を 美白効果のある化粧品を使ってしっかりと紫外線によるダメージから肌を守ってあげることで症状が悪化して、ニキビ跡の色素沈着が残るのを予防することができます。 この症状には、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸といった美白成分を含んだ化粧品が効果的です。 この3つのポイントが満たされている化粧品ってありますか? 「ニキビ跡の赤みにオススメの化粧品」をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 (私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の消えた・治ったという声も参考にしています)。 もう少し詳しく知りたいという方は、「 肌をいきいき健やかにする効果」や「 紫外線から肌を守る効果」について、以下のページで説明していますので、参考にしてください。 肌の赤みは、短期間で消える方もいれば、長い期間かかってしまう方もいます。 ただ、なかなか治らないからといってころころケア方法を変えてしまうと、余計に治すのに時間がかかってしまいますので、化粧水や美容液を使って少しずつ薄くしていきましょう。 ニキビの赤みを1日でも早く消すためのポイントは、ターンオーバーを正常に保つこと 肌のターンオーバーを正常に保つには、化粧品を使った保湿ケアだけではなく、睡眠や食べ物(食事)、運動など、普段の生活習慣も大切になります。 睡眠 睡眠時間が不足してしまうと身体の免疫力の低下やホルモンバランスが乱れてしまいます。 とくに眠りはじめの3時間は、食事でとった栄養を細胞に吸収させて活性化させる働きをする成長ホルモンの働きが活発になりますので、質の高い睡眠をすることが大切です。 食べ物(食事) 栄養バランスが乱れてしまうと、体調不良や免疫力を下げる原因になります。 糖分や油分のとりすぎに注意し、3大栄養素といわれる「ビタミンC」「ビタミンA」「たんぱく質」をバランスよくとることが大切です。 運動 運動には、血行を促進して新陳代謝を高める働きやストレス解消効果、など、健康面だけではなく、お肌の調子を保つのに大切です。 お風呂上がりに軽くストレスなどをするだけでも、リラックス効果や血行促進が期待できますので、オススメです。 まずは、化粧品を使ったケアと併用して、上記で紹介している睡眠、食事、運動といった生活習慣の見直しをしてくださいね。 ただ、タバコを吸われている方は、できれば禁煙することをオススメします。 タバコには血液の流れを悪くする作用があり、新陳代謝を悪くして、肌のターンオーバーを乱す原因になります。 この化粧品を試しても肌の赤みが消えない・治らない場合は美容皮膚科に相談する 赤みの原因になっている広がってしまった血管の赤みは、2ヶ月~3ヶ月ほどでピークをむかえ、6ヶ月(半年)~1年間でもとの大きさに戻り、肌の赤みが少しずつ薄くなっていきます。。 しかし、中には、2年、3年も血管が広がった状態が続いてしまい、肌の赤みが改善していかない場合もあります。 そういった方は、美容皮膚科に相談することを検討しましょう。 自宅のケアと異なり、病院にいくと、医師があなたの症状をみてくれて、相談にのってくれることが一番大きな特徴です。 では、美容皮膚科の治療についてお話していきますね。 皮膚科のニキビ跡の赤み治療は、「赤色」に反応するVビーム、ジェネシスなどのレーザー、フォトフェイシャル(IPL)、フォトRF、フラクセル、クリアタッチなどの レーザー・光治療が主な治療法、ライムライトです。 その他にもビタミンCの内服薬やビタミンCのイオン導入、グリーンピールなどの療法もあります。 赤みの治療には、 保険が適用されないため、治療費は全額実費負担になります。 顔の赤みの皮膚科での治療について詳しくは、以下のページで詳しく紹介しています。 肌荒れやニキビ跡の色素沈着の赤みとの違い 赤みのニキビ跡が長い期間、「消えない・治らない」という方は、一度、「 肌荒れ」と「 ニキビ跡の色素沈着」の症状を疑ってください。 一つずつ、原因と対策について紹介していきますね。 肌荒れによる赤みが原因の症状の場合 肌荒れによる赤みのおもな原因は、肌の乾燥です。 肌が乾燥してしまうと、肌の表面の皮膚がうすくなり、肌の中の毛細血管がすけてみえてしまいます。 そのため、かゆみを伴っている症状は、乾燥による肌荒れが原因の可能性がありますので、保湿力の高い美容液やクリームで保湿ケアをして、肌の乾燥を改善してください。 かゆいからといって肌を触ったり、かきむしったりしてしまうと肌の赤みが悪化してしまうこともありますので、我慢できないときは、氷などで冷やすとかゆみの症状を一時的にやわらげることができます。 また、化粧品を使っていて、肌の赤みが濃くなっている場合は、化粧品が肌に合っていない可能性がありますので、すぐに使用を中止してくださいね。 ニキビ跡の色素沈着が原因の症状の場合 ニキビ跡の色素沈着は、「黒や茶色」以外にも赤みがでる症状もあります。 そのため、顔の赤みの症状が治らない・消えない場合は、ニキビ跡の色素沈着が原因の場合もあります。 赤みの色が「褐色に変わってきている」、「紫や青みがかっている場合」は、ニキビ跡の色素沈着が原因の可能性があります。 自宅でニキビ跡の赤みを即効で消すためのポイント 肌の色が赤紫色や赤黒色といったニキビ跡の赤みを早く消すためには、早い段階から肌のターンオーバーを促す効果のあるビタミンC誘導体化粧水を使うことで、自力のケアで比較的簡単に消すことができます。 また、美容液を併用した集中ケアをすることで、即効性の効果も期待できます。 さらに美白効果の成分を配合した化粧品を使うことで、紫外線から肌を守り、症状が悪化するのを予防してくれます。 ただ、症状が軽いからといって、 放置してしまうと赤紫、赤黒色の色素沈着(シミ)のニキビ跡に悪化して治りにくくなってしまうので注意しましょうね。 もし、日焼けをしてしまった場合は、ビタミンC誘導体やプラセンタなどを含んでいる美白化粧品を使ってしっかりと顔全体をケアしてください。 また、冷水でアイシングする、お風呂やサウナ、お酒で顔がホテリ、血行がよくなり、毛細血管が大きくなってしまうと、赤みや紫色が濃くなる、引かない原因になりますので注意してくださいね。 ニキビ跡の赤みや紫は、半年〜1年の期間で自然治癒して消えた・治ったという方もいます。 しかし、放置して悪化させてしまったり、症状のひどかったりすると3年以上、場合によっては10年ぐらい残ってしまう方もいます。 まずは、オススメの化粧水から参考にしてみてください。

次の