仮想通貨 今後。 仮想通貨クアンタム(Quantum/QTUM)の今後2020年の価格は?コインチェックへの上場で話題の仮想通貨

仮想通貨リスク(LISK)のチャートからみる今後の将来性

仮想通貨 今後

日本における仮想通貨市場の規模 仮想通貨は、2017年頃に仮想通貨取引所のテレビCMやメディアの取り上げなどによって、多くの人に注目され始めました。 ただし、まだ仮想通貨自体の歴史は浅く、株式やFXなどほかの金融商品と比較すると、市場規模は十分大きく成長したとはいえません。 投資の代表格ともいえる株式市場の規模は、2019年4月時点で日本株市場だけで約600兆円以上あります。 一方、日本の仮想通貨市場はその規模にはまだ遠く及びません。 そのため、まだ仮想通貨市場は創業時期にあるともいえます。 しかし、仮想通貨の取引参加者は年々増加している状況です。 日本国内の仮想通貨市場規模に関する正式な統計はありませんが、取引高も増加傾向にあります。 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、日本国内の仮想通貨取引高は、平成28年度に約3. 5兆円でしたが、平成29年度には70兆円にも膨らんだと発表しました。 このような統計からも、仮想通貨市場は平成29年度に急激に成長したことがうかがえます。 仮想通貨の今後:コインチェック共同創業者「大塚雄介」による将来予測 Coincheckの共同創業者である大塚雄介による仮想通貨の将来予測です。 デジタル通貨新時代の幕開けとなった2019年 ビットコインの出現から約10年を迎えた2019年、デジタル通貨新時代の幕が開きました。 オープンな基準で作られるビットコイン• 民間企業主導で基準を作られるLibra• 中国国家主導のDCEP(Digital Currency Electronic Payment) 第二次世界大戦以後、初めての国家レベルを巻き込んだデジタル通貨新時代の幕開けとなったのです。 仮想通貨(ビットコイン)の未来は明るいのか? 明るくなると思っています。 なぜなら、ビットコインを含む仮想通貨は改善すべき課題がたくさんありますが、近い未来に確実に改善され、数億人規模のユーザーが使うインターネット金融プロトコルになる可能性が高くなるからです。 これは歴史が証明しています。 インターネットの歴史を振り返ると技術的問題は数年後に解決していることがほとんどであり、これは人類が「考える葦」であることのあらわれです。 また、黎明期には技術的課題を指摘して「これは使えないテクノロジーだ」という批判する批評家が現れますが、これも様々な新しいテクノロジーが普及する過程で見られる現象です。 社会に大きなインパクトを与えるテクノロジーなので批評家も興味を持ち反論を展開します。 2020年現在は、ビットコインを含む仮想通貨はインフラレイヤーにまだまだ課題を抱えているテクノロジーであるが、様々な解決策が提案・議論・実装され1歩づつ解決に向けて動き続けていると捉えています。 『技術的課題は世界最高峰の頭の良い人たちの興味を惹きつけ、その知的好奇心が解決してきた』という歴史的背景があるからこそ、仮想通貨も同じようなプロセスを歩み将来は今よりも明るくなるという持論です。 今後の仮想通貨取引所の役割は2つ 仮想通貨取引所の役割は2つあります。 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 1. 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 1つ目の役割は、 社会インフラのサービスを提供することです。 なぜなら、今後10年以内にフィアットカレンシー(法定通貨)経済圏とデジタル通貨経済圏の二つが融合するパラレル経済圏ができると考えているからです。 仮想通貨経済圏は約10年で既に20兆を超える時価総額に到達しました。 この規模まで来るとネットワーク効果が作用し、保有者が増えることで仮想通貨の価値が高まりさらに保有者が増える、正のスパイラルに入っています。 まだ税制面の整理など、社会ルールの整備が追いついていないため、多くの一般の人々(マジョリティ層)が仮想通貨で支払いなどを受付ける時代は来ていません。 ですが、日本のVC(ベンチャーキャピタル)が海外のブロックチェーンスタートアップにUSDTで投資したり、マイニング事業への投資はBTCで行われていたりします。 また、一部のアーリーアダプター層は、既に仮想通貨による支払いで仕事の請負を行なっているケースを聞くと、数年後にはより多様な使われ方になり大きな経済圏になると予想されます。 ここで私たちの出番です。 仮想通貨取引所はフィアットカレンシー経済圏と仮想通貨経済圏の資産移動するゲートウェイ(関所)の役割を担うのです。 ユーザーの本人確認作業を行うことで経済圏内外で不正な人に資産が流れることを防ぎ、結果的に反社会勢力への資金流出を防げます。 反社会勢力に資金が流れないことは私たちの実社会の平和と安定を実現する上で非常に重要であるため、社会インフラのサービスの役割を果たす必要があるのです。 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 2つ目の役割は、 多くの人に使いやすいUXを通して仮想通貨の便益を届けることです。 なぜなら、より多くの人たちに仮想通貨の便益を届けることで、仮想通貨の価値は高まり保有者が増えるからです。 多くの人が仮想通貨の便益を受けるためには、「使いやすいUX」ではないといけません。 取引所が出来る前、仮想通貨初期のユーザーは秘密鍵を自分で保管し、黒い画面にコマンドを打ち込んで仮想通貨を管理していましたが、ユーザー体験はエンジニアしかやりづらいことが課題でした。 ですが、取引所が「使いやすいUX」を提供する役割を担うことで仮想通貨の便益がIT・金融に疎い一般の人々に届くようになったのです。 Coincheckはありがたいことに多くのお客様から「使いやすい」と支持されていますが、まだまだ改善点があります。 今後も学ぶ時間の少ない忙しい多くの人たちが高い学習コストを掛けなくてもかんたんに使えるサービスを提供していきます。 参照: 仮想通貨の今後:著名人による将来予想 仮想通貨市場が今後どうなるのかについては、世界中の多くの投資家が注目しています。 そんななか、仮想通貨の専門家やインフルエンサーと呼ばれる人々が、さまざまな市場動向予想を行っている状況です。 総じて、ポジティブな見解で多くの予想者が価格上昇を見込んでいます。 ここでは、著名人の市場予想の事例をいくつかご紹介します。 ウィンクルボス兄弟の予想 ウィンクルボス兄弟は、仮想通貨の世界で有名な兄弟です。 元オリンピック選手の双子であり、Facebookの初期アイディアを生み出したのは自分達だとして、創設者のマーク・ザッカーバーグ氏を訴えて裁判に勝ったことでも知られています。 裁判によって得た賠償金6500万ドルで、当時1BTCが120ドル(日本円で1万2000円相当)程度だったビットコイン(BTC)を購入し、仮想通貨長者となったと言われています。 ウィンクルボス兄弟は、仮想通貨の将来について前向きにとらえています。 ビットコイン(BTC)の時価総額は、いずれ金の時価総額約7兆ドルをいずれ超えるだろうと、2019年に発言しています。 2019年5月末時点のビットコイン(BTC)の時価総額は約1,468億ドルですので、まだまだ伸び代があると捉えていることがわかります。 トム・リー氏の予想 トム・リー氏も、仮想通貨では名の知られた人物です。 米調査会社のファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのリサーチ責任者を勤めており、仮想通貨の価格に関する発言は話題性があります。 リー氏の2019年4月の発言によると、ビットコイン(BTC)の最高値更新は2020年頃になると予想しています。 また、2019年4月時点でのビットコイン(BTC)のフェアバリュー(適正価格)は、14000ドル(約156万円)だということでした。 2019年4月時点における1BTCのマイニング(計算による検証作業)コストは5000~6000円だと見積もられるため、14000ドルと価格予想をしているのです。 リー氏は、商品価格は強気市場にあるときには、生産コストの2~3倍の価格になることが多いと話しています。 このようにリー氏の価格予想は、ビットコイン(BTC)の生産コストにあたるマイニングコストに根拠を置いているとも言えるでしょう。 ジョン・マカフィー氏の予想 ジョン・マカフィー氏は、世界的にも有名なセキュリティソフトウェア販売会社である「McAfee(マカフィー)」の創業者です。 仮想通貨の世界では、ビットコイン(BTC)の愛好家としても知られています。 彼は、「2020年までにビットコイン(BTC)の価格は100万ドルに達するだろう」と強気な予想をしました。 日本円に換算すると約1億1000万円以上にもなるという予測には、驚いた人も多かったようです。 強気の価格予想をする著名人は多いですが、そのなかでも特に大きな上昇を予想していることが特徴です。 予想が的中すると、2019年時点の価格水準の100倍以上の価格になります。 ビットコイン(BTC)の今後の価格動向が注目されます。 各通貨の今後はどうなる?時価総額の高い仮想通貨 仮想通貨は、世界に1000種類以上あるといわれています。 なかでも比較的安定して時価総額が高い仮想通貨は、例えばビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などが挙げられます。 これらの通貨の今後がどうなるのかは、気になる人も多いかもしれません。 そこで、注目されている代表的な仮想通貨の基本的な特徴や、将来動向などについてご紹介します。 ビットコイン(BTC)の今後 元祖仮想通貨と呼ばれ、日本で最もポピュラーな仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、仮想通貨市場における基軸通貨の役割を果たしています。 世界における多くの仮想通貨の取引所における取引では、ビットコイン建ての取引が基本になっています。 ビットコイン建てとは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の価格を、ビットコイン(BTC)の価格をベースにして算出することです。 仮想通貨に関する法整備は、世界各国で徐々に進んでいる状況です。 また、仮想通貨取引所運営に参入する企業や、ビットコイン(BTC)決済を導入する店舗・企業なども増加しています。 そのため、今後ますますビットコイン(BTC)が世の中に普及していく可能性はあるでしょう。 ビットコインキャッシュ(BCH)の今後 ビットコインキャッシュ(BCH)という仮想通貨は、2017年8月にビットコイン(BTC)からのハードフォークにより誕生したものです。 ハードフォークとは仮想通貨の分岐のことで、1つの仮想通貨が2つに分かれ、両方ともが継続していく状態をいいます。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の持つスケーラビリティ問題を解消することを目的に誕生した仮想通貨です。 スケーラビリティ問題とは、取引量増加に伴いブロックに格納しきれないデータが生じて、送金処理などに時間がかかってしまう問題です。 この点が改善されないと、仮想通貨を決済手段として利用することは困難だといわれています。 仮想通貨が今後どうなるかをチェックする際のポイント 仮想通貨市場が今後どうなるかを予想する場合は、いくつかチェックした方が良いポイントがあります。 例えばポイントには、ビットコインETF(イーティーエフ)、仮想通貨の法規制、ICO(アイシーオー)関連の法整備・改革、スケーラビリティ問題などが挙げられます。 これらのポイントをチェックすることで、仮想通貨市場の先行きを予想しやすくなるとも言えるでしょう。 また、チェックポイントに集中して情報収集することは、効率よく仮想通貨市場の状況把握を行うことにもつながります。 ここでは、これらの4つの主なポイントについて簡単に解説します。 ビットコインETF承認の動向 1つ目のポイントであるビットコインETF(イーティーエフ)承認を理解するにあたっては、ETF(イーティーエフ)について知っておく必要があります。 ETF(イーティーエフ)とは、上場投資信託のことで、専門家が投資家の資産を預かって運用する投資信託を、株式のように証券取引所に上場する金融商品ことです。 ETF(イーティーエフ)の対象となる代表的な資産は株式や債券などの証券ですが、ビットコイン(BTC)もETF(イーティーエフ)にして上場する動きがあり注目されています。 ビットコインETF(イーティーエフ)が承認されると、ビットコイン(BTC)そのものには投資しにくい国や地域からでも、手軽に投資できるようになると言われています。 その結果、多くの投資家が新規参入してくる可能性もあるでしょう。 また、ETF(イーティーエフ)の承認は、ビットコイン(BTC)に価値があると認められたことにも繋がるため、ビットコイン(BTC)自体の信用が高まる効果も期待できることがポイントです。 過去には、金(ゴールド)のETF(イーティーエフ)が2004年に承認された際、取引量が増加し、価格が上昇したこともありました。 仮想通貨に関する税制の改革 仮想通貨に関する法改正も、将来動向を探るうえでは重要なポイントです。 仮想通貨取引で得た所得には税金が課税されます。 ただし、税制は国によって大きく異なっているため注意が必要です。 日本で取引を行う場合は、日本の税制についての理解が欠かせません。 仮想通貨取引による所得は雑所得に区分され、給与所得などと合算して総合課税扱いになります。 適用される最高税率は住民税と合わせて約55%にもなるため、所得が多いと税負担も重くなることに注意が必要です。 一方、海外では日本よりも税率が低くなる場合があります。 例えば、シンガポールや香港、マレーシアなどの国では非課税となっています(2019年5月末時点)。 仮想通貨に関する日本の税負担は、そのような諸外国と比較すると高い傾向にあるといえるでしょう。 また、株やFXは投資商品として、申告分離課税が適用され、税率は20. 315%(所得税15. 将来において、仮想通貨による所得に対しても税負担軽減などの税制改正が行われれば、新規に投資家が参入し、仮想通貨価格は上昇する可能性があります。 ICO関連の法整備・改革 ICO(アイシーオー)も、仮想通貨の将来動向を知るうえでは欠かせない要素です。 ICO(アイシーオー)を利用することで、企業や事業プロジェクトが独自に仮想通貨を発行・販売を行い、資金調達ができます。 ユーザー側にとっても、ICO(アイシーオー)への投資は、成功した際の利益が大きくなる傾向にあることが特徴です。 しかし、ICO詐欺が横行したこともあり、ICO(アイシーオー)を禁止している国も少なくありません。 こういった国でも、日本の金融商品取引法にあたる法整備が行われれば、ICO(アイシーオー)も発展するのではないかという意見があります。 金融商品取引法とは、金融・資本市場における利用者保護や利便性向上などを目的として、投資環境を整える法律です。 ICO関連改革は、仮想通貨市場のより一層の発展につながると期待されています。 スケーラビリティ問題の改善 仮想通貨の将来動向を探るうえでは、スケーラビリティ問題も見逃せないポイントです。 スケーラビリティ問題とは、仮想通貨取引量増加に伴い、サイズが決まっているブロックに取引データを格納しきれず、送金処理などに遅れが生じてしまう現象をいいます。 仮想通貨の利便性が失われるため、業界では深刻に受け止められている問題です。 特に、ビットコイン(BTC)においては、この問題が深刻化しています。 この問題にはブロックチェーンの性質が関係しており、異なる方式で取引承認が行われ仮想通貨が分岐するハードフォークの要因の1つにもなっているのです。 ハードフォークは、従来からのブロックチェーン技術に変更を加え、新旧同時にブロックチェーンが延伸する状態のことをいいます。 仮想通貨システムのルール変更でもあり、ハードフォークは仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすイベントです。 スケーラビリティ問題が改善されることで、決済手段として仮想通貨が使われる機会が増加して実用化が進むと、仮想通貨の価値は上昇する可能性があるでしょう。 仮想通貨の今後の展開がどうなるか積極的にチェックしよう 仮想通貨には、多くの課題も残されていますが、通貨によっては成長余地が残されていることも事実です。 仮想通貨取引を行うためには、今後どのようになっていくのかについて、積極的に情報収集を行うことが大切です。 また、仮想通貨の初心者が日本で取引を行う場合は、金融庁登録済の仮想通貨取引所を利用するとよいでしょう。 金融庁登録済の仮想通貨取引所のなかでも、Coincheck(コインチェック)は画面が見やすく、初心者でもスマホアプリから簡単に取引ができます。 仮想通貨の取り扱い種類も多いため、さまざまな種類の仮想通貨の取引を簡単に行いたい方は、まずはCoincheckに口座開設されるのが良いでしょう。 商号:コインチェック株式会社• 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号• 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会• 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】• 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。 お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。 お問い合わせ:• 手数料について:• 売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。

次の

仮想通貨リスク(LISK)のチャートからみる今後の将来性

仮想通貨 今後

現在までの仮想通貨市場の動きを分析 「 何事も傾向と対策が大事」と言われるように、過去分析は将来予測を行う上で欠かせません。 そこでまずは、仮想通貨市場のこれまでの動きを追いながら過去を分析してみましょう。 2017年の仮想通貨バブルまで まずは以下のチャートをご覧ください。 coingecko. 特徴的なのはやはり 2017年の異常ともいえるほどの急激な伸び。 いわゆる「仮想通貨バブル」と呼ばれるこの急激な値上がりは、ビットコインに限らず様々な仮想通貨で似たような動きを辿りました。 従って、 ビットコインだけでなく代表的な仮想通貨のほとんどが上記チャートのような、極端な右肩上がりの推移を辿ったと考えてください。 ちなみにビットコインについては、2017年末に最高で一時「 1BTC=240万円」を記録し、たった1年の間で実に約30倍もの成長を見せました。 その他、価格が200倍以上に伸びたアルトコインも存在した結果、 日本だけで見ても331人が仮想通貨で1億円を稼いだと言われています。 俗に言う「億り人」というやつですね。 仮想通貨バブルはなぜ起こった? ビットコインで大儲けする人が現れるなどのニュースと共に、タレントや著名人が仮想通貨取引所のCMに出ることで日本でも仮想通貨の知名度が短期間にして飛躍的に高まりました。 すると既存の投資家だけでなく、これまで投資とは無縁だった人たちも次々と興味本位で仮想通貨購入に走り、需要が急増した結果、価格急騰に拍車がかかりました。 2018年から現在までの動き 続いて、 2018年頭から2019年2月までのビットコインのチャートを見てみましょう。 coingecko. 2018年~2019年は細かい上下動などは見せたものの、 トータルで見れば値下げの流れを続けていたのが分かります。 この値動きを見て、一部では「 仮想通貨はもう終わった」などという声が挙がっているわけですね。 さて、ここからが重要なポイントです。 「 2017年~の高騰、2018年から下落をどう捉えるべきなのか?」が大切なのは言うまでもありません。 そこで現在までの仮想通貨市場の傾向を把握するためのポイントをまとめました。 2017年の仮想通貨バブルは興味本位で購入に走った投資家たちの影響が強く、あくまで一過性のものに過ぎない(テレビで特集され、一時的に行列ができる店のようなもの)• 2018年の値下がりの影響を受けて、興味本位で仮想通貨を購入した人の多くはすでに現在手離している• 現在の仮想通貨市場は一過性のバブルが終わり、「正常な状態に戻った」とも言える• 市場の値下がりに反して、仮想通貨の実用化や注目度は世界各地で増えている• 仮想通貨が新たな金融商品・投資形態としての幅を広げている つまり、 仮想通貨バブル基準で「仮想通貨に勢いがない、人気がない」というのは偏った見方であると言えるのです。 現にリップルやビットコインをはじめとした いくつかの仮想通貨は、実用化に向けての実験や開発が着々と進んでおり、社会的なニーズは低下していません。 仮想通貨の仕組みやシステムが独特なだけに、 「現在は仮想通貨が社会に溶け込むまでの整備・準備段階」だという意見も各所で飛び交っているほどです。 そう考えると、「仮想通貨はもう終わった」「仮想通貨はもう伸びない」と考えるのは時期尚早ではないでしょうか。 仮想通貨の今後の可能性については、ここから更に深く掘り下げて解説しますので、合わせて確認することをおすすめします。 専門家やメディアは仮想通貨の今後をどう見ている? 仮想通貨バブルも、大幅な下落も経験し、まさに激動をいくつも乗り越えてきた仮想通貨ですが、専門家や各種メディアは現状及び今後についてどのように見ているのでしょうか? 様々な意見をご紹介しながら、仮想通貨の今後について知識を深めていくことにしましょう。 ジョン・マカフィー氏 セキュリティソフト「McAfee」を世に送り出すなど、 様々なソフトウェア・ハードウェア製作や販売において世界有数の規模を誇るマカフィー社。 その 創業者であるジョン・マカフィー氏の発言は、「マカフィー砲」と呼ばれるほど仮想通貨の世界でも強い影響力を持つ人物として知られています。 そんなマカフィー氏が考える仮想通貨の今後についての見解をご紹介しましょう。 ビットコインは2020年年末までに100万ドルになる• 短期的な投資ではなく持ち続けることが重要である• 数年後には法定通貨が崩壊すると予測 ビットコインの伸びについて、かなり大胆の発言ではありますが、もちろん裏付けがないわけではありません。 ビットコインについては2020年に予定されているマイニングの半減期により、供給そのものが減るため、価格が高騰すること。 また、 近い将来米国ドルの価値が現在より下がるなど、法定通貨の価値や有効性が下がることで仮想通貨のニーズがより高まるのではないか?と見ているようです。 米国仮想通貨大手Circle社CEO 大手取引所である、 仮想通貨取引所Poloniexの親企業「Circle(サークル)社」CEOのジェレミー・アレール氏は、仮想通貨の今後について以下のような見解を示しました。 今後3年間でビットコインは大きな価格上昇を見せる• 短期的ではなくあくまで長期的な目線で見て伸びると予想• ビットコインは、セキュリティとスケール、更に個人所有できる国家に属さない価値保存の手段としてユニークである こちらも仮想通貨の主軸を担うビットコインについて、 長期的な目線で見た時に現在より伸びると予想しています。 理由についてはかなりシンプルなもので、「 実需が市場においての価値判断となっているため、現在は価格と実需のギャップがある」と見ているようです。 つまりビットコインにはある程度の実需が見込め、価格が実需に対して比例する動きを見せれば、おのずと値上がりする可能性が高いと考えているわけですね。 マイケル・ノボグラッツ氏 元ゴールドマンサックス勤めのヘッジファンド投資家であるマイケル・ノボグラッツ氏は、経済紙Forbesによって億万長者にランクインするなど知る人ぞ知る超有名投資家です。 そんなマイケル・ノボグラッツ氏は仮想通貨にもかねてから注目しており、今後の予測についても言及しています。 全暗号通貨市場の時価総額は2兆ドルを超える• ビットコインの成長期は2019年の四半期に訪れ急騰する可能性がある こちらもビットコイン、および仮想通貨全体の行く末は明るいと見ていますね。 ただし、他の専門家などと同じく、 価格の上昇については「皆が望むよりも少し時間がかかりそう」と発言するなどやはり長期的な目線で見ることの重要性も説いています。 藤巻健史氏 現在、 参議院議員として日本維新の会に所属している藤巻健史氏ですが、モルガン銀行時代は「伝説のディーラー」と呼ばれるほどの著名トレーダーであり、後に経済評論家としても活躍してきた過去を持っています。 では「伝説のディーラー」は仮想通貨の今後をどのように見ているのでしょうか?• 日銀危機が顕在化する日(Xデー)が近く、ハイパーインフレに対する「避難通貨」として仮想通貨の需要が高まる• 日銀危機が顕在すると一発で仮想通貨は急騰する• Xデーに備えて、まずは取引所に口座を開いて数回でも仮想通貨の売買を練習しておくことが重要 単なる投資家としてだけではなく、政治的な目線で考えた結果、仮想通貨の重要性は高いと考えているわけですね。 既に「仮想通貨税制を変える会」を立ち上げ講演会を行うなどしているところを見ても、藤巻健史氏がいかに仮想通貨に注目しているのかが分かります。 昨日は「仮想通貨税制を変える会」第1回講演会。 税理士の柳沢先生の「仮想通貨益が総合課税で株や債券の収益が分離課税なのは投資中立性の観点からしておかしい」とのご発言他、為になるお話が多かった。 写真はオブザーバーとして参加くださったリップル本社の吉川さん&柳沢先生と。 与沢翼氏 若いころより実業家としてめきめき頭角を現し、現在でも何かと話題を集める「秒速で億を稼ぐ男」こと与沢翼氏。 仮想通貨の中でも特にリップル(XRP)に注目しており、昨年には433万XRPを保有していることも明かしました。 仮想通貨全体というよりも特にリップルに将来性を感じている• 価格が下がっている今のうちが逆に買い時• ホールドすることに意味があり、長期的な価格な上昇を視野に入れることが大切 過去に短期的な急騰の波を受けてリップルをいったん売却することもありましたが、その後さらにリップルの買戻しを行い、数年以上の長期保有を宣言しています。 1、私は仮想通貨に投資しているつもりが実は最初からない。 リップルという会社に株式投資している考え方。 なので投資のスタンスはリップル社及びSBIリップルアジア社のIRから事業進捗を推測し、彼らがやるべきことを実現していけそうか、進捗はあるか、を見ている。 これが見続けられる限り保有する。 データと言えばお金はもはやデータに近い。 キャッシュレス社会は世界中で進んでいる。 偽造、盗難、脱税、マネロンを防ぎ経済がストレスレスになる。 法定通貨が移転する、この領域が仮想通貨の真価だ。 Investing Haven 大手投資情報メディア「Investing Haven」は、かねてよりリップルが新たなビットコインになると予測するなど様々な見解を示してきましたが、先日「2019年の仮想通貨市場動向に対する見解」を新たに提示しました。 機関投資家資金の市場流入が増える• ビットコインの大躍進は厳しいが、現実的な価格上昇を記録する• 機関投資家の資金流入がリップルに流れれば、価格は数年で倍になる• 2019年には本当に価値のある仮想通貨が躍進する• ブロックチェーン技術の実装が加速度的に進む これら「2019年の仮想通貨市場動向に対する見解」はすべて明確な要因による裏付けが存在し、中でも「 リップルの大躍進は5大予想の中でも確信度の極めて高いもの」だとInvesting Havenは伝えています。 現在ではビットコインが不動の首位を走る状況が続いていますが、ついに時価総額2位にまで浮上したリップルが下克上を果たすのか?目が離せません。 仮想通貨の今後の成長を左右するポイントは? 仮想通貨市場が今後成長するのか、はたまた停滞するのか? 今後の成長を左右する上でポイントとなる要因の中でも、特に重要なものをまとめました。 実用化の拡大 仮想通貨が当初注目された大きな要因は「 独自の技術」や「 新たな価値を持つ実用的な可能性」などにあります。 国際送金しかり、決済利用しかり、これまで 「当たり前となっていたものやサービスの難点を解決できる存在」として仮想通貨が注目されるようになってきたわけですね。 例えば前述の国際送金で考えてみると分かりやすいかもしれません。 既存の国際送金を行う方法は主に以下2つの方法が存在しています。 金融機関の窓口から送金• 金融機関を用いてインターネット経由で送金 これらの方法だと、 送金完了まで数日から1週間かかるのが普通で、更に送金一件あたり数千円の手数料が発生します。 ところがこの国際送金をリップルに置き換えたとすると・・・ 金融機関での送金 リップル送金 手間 30分~1時間 1分 費用 2000円~8000円 10円未満 送金時間 3日~1週間 5分 上記は 金融機関とリップルの国際送金を比較した表ですが、違いは一目瞭然。 既存の国際送金よりリップルを活用した送金の方が、手間も時間もコストも圧倒的に安いことが分かります。 このように、仮想通貨はそれぞれ独自の強みを実用化に活かせる可能性がかねてから期待されているわけですね。 ポイントは「 実用化がどれぐらいのスピードで、どれぐらいの速度で拡大するか?」に尽きるでしょう。 既に実用化に向けて、世界各国の企業や金融機関は様々な仮想通貨を用いた開発や実験を進めていますが、これらが順調に進み社会的に実用化される流れとなれば、当然仮想通貨市場は大きく成長するでしょう。 リップルが世界各地の金融機関や企業と手を結んでいるRippleNetなど、今後も実用化に関するニュースや動向には逐一注目することをおすすめします。 ブロックチェーン技術の活用 ビットコインが注目を集めるきっかけとなった「ブロックチェーン技術」は、 取引データの改ざん防止やセキュリティ強化など仮想通貨以外の分野にも応用できるのでは?と当初から期待されていました。 とはいえ2018年、ブロックチェーン技術を企業や機関が次々に実装したようなイメージはないかもしれません。 しかしながら実のところ 、多数の巨大企業がブロックチェーン技術に次々と巨額投資を行い、現在もいまだ増加する一方だという声も多く聞かれます。 事実、仮想通貨に対して批判的であったり規制が厳しい国家であっても、ブロックチェーン技術そのものの重要性や必然性を認めている国は多く、ブロックチェーンが無限の可能性を秘めていることは間違いないと言えるでしょう。 2017年、2018年にブロックチェーン技術に関する理解や開発が進んできたと考えるなら、2019年以降社会のあらゆるところでブロックチェーン技術が活用されるようになってきても不思議ではありません。 金融商品としての需要拡大 現状、金融商品と言えば株式やFXが主流となっており、仮想通貨はまだまだ小さい規模にとどまっています。 ですが当 初現物取引のみだった仮想通貨も、今では取引のバリエーションや種類が増加し、投資家の選択肢も増えてきました。 レバレッジをかけて取引を行える「 仮想通貨FX」がその代表格でしょう。 従来の現物取引では、「安く買って高く売ること」でしか利益をあげられませんでしたが、 仮想通貨FXの登場により、「購入後値下がりしても利益を出せる(ショートポジション)」ようになりました。 つまり 仮想通貨は現在、市場の動向に関わらず、常に利益を追える投資方法が確立されているわけですね。 その他にも、今後仮想通貨が証券取引所に上場する可能性がある点なども考慮すると、金融商品として需要を拡大させる可能性は大いにあると考えて良いでしょう。 仮想通貨関連の法規制 突如として登場してきた仮想通貨は、税制をはじめとした法規制が未だ整っていない感も強く残っています。 もちろん 日本でも法規制は徐々に整えられてはいますが、海外との比較なども考慮すると今後さらに変更される可能性も十分にあるでしょう。 世界では仮想通貨が非課税となっている国々も多いため、 今後日本の税制が変わり軽減されるようなことになれば、仮想通貨市場への参入者が増加する可能性は高まるでしょう。 仮想通貨ETFの承認 金融商品の解説部分で軽く触れましたが、 仮想通貨ETFとはExchange Traded Fund (上場投資信託)の略で「証券取引所で取引される投資信託」を示す言葉です。 仮にビットコインなどの ETFが承認されると、仮想通貨取引所ではなく証券取引所にも流通するようになるため、必然的に仮想通貨の流通量が増えることになります。 更に 証券として認められるということは、それだけで信頼性も高められるでしょう。 するとどうなるか? 信頼性が高まり、投資環境も整うことにより、投資のプロの参入増加の期待度が上がります。 仮想通貨に関わらず、投資規模が大きくなれば流通量が増え、ニーズも高まり、価値そのものが上がることは言うまでもありません。 現状、ビットコインETFの承認審議が2019年2月27日に持ち越しになるなど、目が離せない状況が続いていますが、 仮想通貨ETFが現実のものとなれば仮想通貨市場全体にとって追い風となる可能性は高いでしょう。 今注目されている仮想通貨はこれ!今後の成長に期待できる銘柄4選 今後まだまだ仮想通貨市場の成長は期待できる、と言っても重要なのは「 どの仮想通貨が値上がりするか?」ですよね。 そこで今後の成長に期待できる銘柄4選をピックアップし、それぞれの特徴やメリットをまとめました。 Bitcoin(ビットコイン) ご存知、仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインはやはり外せません。 現在仮想通貨の売買に欠かせない取引所でもその多くがBTC建てとなっており、仮想通貨市場では基軸通貨としてなくてはならない存在となっています。 時価総額は6. 7兆円で、2位に5倍以上の差をつける堂々の1位。 注目のきっかけとなった ブロックチェーン技術の実用化に対する期待度は高まるばかりですし、今後もやはり目が離せない仮想通貨であると言えるでしょう。 Ripple(リップル) 昨年、ビットコインに次ぐ時価総額2位にまで上り詰めたリップルは実用化に向けて最も勢いのある仮想通貨のひとつです。 その特徴は何と言っても、「 圧倒的な送金速度・送金コストの少なさ」を備えた送金面でのメリット。 大量の送金を処理するユースケースにおいては、他の通貨とは比べ物にないパフォーマンスを提供します — Ripple Ripple そのクオリティは他を圧倒しており、 実用化に向けてもリップル社提供の「国際送金の未来を変えるネットワークシステム」であるRippleNetを通じて世界各地の金融機関や企業が開発・実験を進めています。 Ethereum イーサリアム イーサリアムの最も大きな特徴は、 取引に必要な契約を自動的に実行・保存してくれる「スマートコントラクト」が実装されている点です。 あらゆる取引や契約が自動履行されるため手間や時間を省略できるだけでなく、改ざんや不正防止にも役立つ点などから、あらゆる業界が注目しています。 また、 世界でも有数の企業がイーサリアムの開発・研究に投資しており、今後の成長にまだまだ期待できることを考慮すると、ちょっとしたきっかけで価格高騰を遂げても不思議ではありません。 EOS イオス 「イーサリアムの上位互換」とも評されるイオスは、イーサリアムと同様にスマートコントラクトを採用している仮想通貨です。 これだけでも大きなメリットなのですが、 イオスはさらに取引処理速度が速く手数料も無料など「処理速度と安全性の両立」を掲げており、そのトータルパフォーマンスの高さから、ここ最近多方面から注目を集めている仮想通貨でもあります。 スマートコントラクトを採用している点ではイーサリアムと競合しますが、 イオスの場合利用に際して手数料が全くかからないため、取引回数が多い企業などはイオスのアプリケーションを使う可能性が高くなる点もポイントです。 今後伸びてくる?おすすめ仮想通貨番外編 現状、 時価総額や価格そのものでは上位勢に及ばないものの、今後の成長に期待したいおすすめ仮想通貨をここでは番外編としてご紹介しましょう。 MONA モナコイン) モナコインは日本発祥の仮想通貨ということで、日本で非常に強いコミュニティを持っている仮想通貨です。 2ちゃんねるで有名なアスキーアート『 モナー』をモチーフとしており、パッと見て日本産であると感じた人も多いかもしれません。 もちろん単純に国産というだけでおすすめしているわけではありません。 商用目的のグッズ作成やミートアップなど、イベントを多数開催• 専門的な開発なしで、独自トークンやアプリケーションを作ることが出来る• ブロックチェーン技術を誰でも使えるようなプラットフォーム「mijin」にネムの技術が使われている(「mijin」はすでに数百社がサービス利用しており、国内外の企業が導入を検討している) これら優れた特徴を備えているだけに、 ネムの「誤解」が説かれて有用性が認知されるようになれば、一度大きく下がった価格も再び盛り返してくる可能性は高いでしょう。 WAVES(ウェイブス) ウェイブスは個人で独自トークンを発行できるWaves Platformの基軸仮想通貨として、かねてより注目を集めてきました。 なお、 「Waves Platform」は個人間で仮想通貨取引ができる分散型取引所としても利用でき、仲介人がいないことによって手数料がほぼかからないことから、既存の取引所に成り代わる存在しても期待されています。 これらプラットフォームを活用した拡張性の高さからユーザーの自由度が高い仮想通貨ですので、今後様々な分野で活用される機会が増えることになれば価格そのものも比例して上昇しやすくなるでしょう。 QTUM(クアンタム) このクアンタムは一言で言えば、「 ビットコインとイーサリアムの良いとこどりをした仮想通貨」です。 ビットコインの持つ「安定性が高く、軽量なブロックチェーン」を活用し、イーサリアムの持つ「スマートコントラクト」を動かす仕組みに成功した仮想通貨こそクアンタムなのです。 これだけ見ても優れた仮想通貨であることが分かりますが、ポイントは「 現在クアンタムを取り扱っている取引所が少ない」点です。 国内取引所では購入できず、海外を通じても取扱いはまだまだ少ない仮想通貨の現状。 しかしながら 仮想通貨そのものの魅力は高いわけですから、今後各取引所に上場した際に価格が上がる可能性は高いでしょう。 将来性を期待できるだけに、早め早めに購入しておくのもひとつの手ではあります。 今後の成長を見越して仮想通貨をお得に売買できる取引所は? 現在、多くの仮想通貨が価格を下げているだけに、成長を見越して購入するなら早めに越したことはありません。 そこで数ある取引所を比較しながら、お得に売買するためのおすすめ取引所を5つピックアップしました。 GMOコイン 4. また、取引選びで重要なセキュリティの高さやスマホでの使い勝手の良さなどにも配慮されており、安心して、効率よく仮想通貨運用を行いたい人におすすめの取引所です。 ですが今回の記事をご覧になって、「 仮想通貨バブルは落ち着いたが、仮想通貨市場自体が終わったわけではない」ということがお分かり頂けたでしょうか。 様々な仮想通貨で実用化は進んでおり、多くの専門家やメディア、著名人などがその将来を明るく見ていることからも、仮想通貨はまだまだこれから大きく成長する可能性が高いと言えるのです。 だからこそ 価格が落ち着いている今こそ、仮想通貨の買い時と考え、今回ご紹介した取引所情報なども踏まえて購入を検討してみてはいかがでしょうか。 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

仮想通貨の今後はどうなる?今からじゃ遅いのか徹底検証

仮想通貨 今後

ゆい、リスクはRiskではなく Liskなんだけど・・・ 2020年、昨年までの超安定相場から一転、株式市場や為替市場は大混乱に陥ろうとしているようです。 これから先、リスクヘッジ、リスクオン、リスクオフなどリスクにまつわる情報が氾濫することが予想されます。 世の中にリスクが氾濫し多くの投資家がリスクを意識するようになります。 洒落ではないのですが、 仮想通貨にもリスクという時価総額38位に位置する将来有望なコインがありますね。 Risk(危険)ではなく正式名称は Liskですが、これから仮想通貨を始めたいという人には気になる通貨になりそうですね。 今回は、 仮想通貨Liskの今後がどうなるのか、買うべきか見送るべきかを初心者にもわかりやすく解説していきますね! 「仮想通貨の危険性」を知っておきたい人は、こちらの記事をご確認ください。 リスクは国内取引所のなどでも取り扱われている、2016年5月に公開された仮想通貨です。 今では時価総額ランキング38位(2020年1月時点)に位置する、知る人ぞ知る将来有望なコインです。 仮想通貨リスクの特徴 仮想通貨リスク(Lisk)はイーサりアム(ETH)などと同じようにスマートコントラクトを搭載し、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)として機能します。 これにより、ブロックの中に取引記録だけでなく契約情報も記録することが可能となり、将来的には第三者を介さない取引が可能になると期待されています。 さて、これだけならば時価総額第2位のメジャー通貨イーサリアムでもいいじゃん、というお話になりますが、 仮想通貨リスクが注目されるのはその仕組みです。 仮想通貨リスクの仕組みとは 仮想通貨リスクが注目されるのは、その仕組みに サイドチェーンが利用されていることと、開発環境に JavaScryptが採用されていることです。 サイドチェーン サイドチェーンとは、メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用する仕組みのことです。 ビットコインやイーサリアムなど通常の仮想通貨は、基本的に1本のチェーンで成り立っています。 仮想通貨リスクの最大の特徴ともいえるサイドチェーンは、 メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用することで セキュリティをより強固なものにし、 取引速度も格段に早くすることが可能です。 1本のみのチェーンでは、 バクや 不正アクセスが発生した際に修復するのに大変な負荷がかかりますが、複数のチェーンが利用できればサイドチェーンに書き換えることで修復できますので高い柔軟性を持つことになります。 リスクでは、今後通貨量が増えても問題ないように Dposというマイニング承認システムが採用されているの! 仮想通貨リスクでは、マイニング承認方式にDpos(Delegated Proof of Stake)を採用しています。 Dposでは 投票形式でマイナーを決定します。 リスク(LSK)ホルダーはリスクのセキュリティを高めてくれる人にマイニングを任せるという投票形式でマイナーが決定されます。 これによりあらかじめ投票者を決めることができるので 承認速度がとても迅速です。 リスクのマイニング承認速度は10秒前後と言われており、PoW採用のビットコインなど比べると段違いの速さを実現しています。 なお、仮想通貨リスクではマイニングのことを Forging、投票することを Votingと呼んでいます。 Voting Votingとは投票することですが、 初心者でも簡単にマイニング報酬が得られますので覚えておきましょう。 Votingでは、リスクでマイニングする人を投票形式で101人決定するというものです。 投票した人がマイナー(Forgingする人)に選ばれると、その人が取引承認することで分け前として継続的な報酬を得ることが可能です。 2020年、仮想通貨リスクの価格はどうなる? 約40%のレイオフのようね。 でも終身雇用という概念のない欧米では日本とは事情が異なるので、額面通りには受け取らないほうが良いわよ。 12月13日にこのニュースが出てから、リスク(LSK)の価格は70円から50円近くまで4日連続下落しましたが、17日に底値となりそれ以降は回復しています。 2018年以降の仮想通貨相場大暴落により、多くのブロックチェーン企業は苦しい時期を迎えています。 レイオフは日常茶飯事というところでしょうし、それより大切なのは 開発状況が進んでいるのかどうかということですよね。 リスク(LSK の日足チャート分析 リスク(LSK)の日足チャートです。 オレンジ色のラインは1年(365日)移動平均線です。 他の仮想通貨同様に2018年6月後半に戻り高値を付けていますが、 1年移動平均線が綺麗にレジスタンスラインとして機能しており、今後も強く意識されるラインとなります。 2019年12月17日に日本円で50円近くまで下落しますが、これは上記レイオフのニュースが出た12月13日から4日後となり( 黄色い矢印部分)、ここで 大底を打った可能性を示唆しています。 今後12月13日の50円の安値を下回らない限り、1年移動平均線の向きが下落から平行へと転じてきますので、そうなると価格は上昇しやすくなります。 仮に、 1年移動平均線あたりまで上昇するとしても、価格的には今の2倍ということになりますし、 1年移動平均線を上抜くようなことになると、大変な状況となります。 (開発状況次第では可能性はゼロではないでしょう) リスク(LSK)の週足チャート分析 リスク(LSK)の週足チャートです。 現在のトレンド趨勢を教えてくれる ボリンジャーバンドで見ていました。 ボリンジャーバンドのマイナス1ラインが強力なレジスタンスラインとして機能している状況です。 ただし、気になるのは下の 青いラインの時間の部分で、 6月高値から12月安値までの期間が26週となっており、 一目均衡表の基本数値と合致しています。 実はこの26週という数字は、他の仮想通貨の相場にも同様の期間で多く出ており、 6月からの仮想通貨下落相場が終了した可能性を示唆しているのです。 いずれにせよ、仮想通貨リスクの本格上昇のためには、開発状況の進捗が重要ですから今後も目が離せそうにありませんね。 仮想通貨リスクを取り扱うおすすめの取引所は チャート分析からは、価格が安値にある可能性を感じさせるリスク(LSK)ですが、国内取引所ではどこで購入することができるのでしょうか。 国内取引所でリスク(LSK)を購入するには 販売所での購入となります。 スプレッドが気になるという場合には海外取引所を利用するという選択肢もありますが、頻繁に売買しない長期投資なら国内取引所のほうが断然便利です。 コインチェック 国内取引所でリスク(LSK)購入に最もおすすめの取引所は、昨年後半から本格的に動き出しているです。 コインチェックはこんな人におすすめです• 仮想通貨取引がはじめてでも簡単に購入できる• 財務状況のしっかりした安心できる取引所を利用したい• スマホアプリを利用したい マネックスグループ入りした新生コインチェックは、 金融庁の登録事業者の認可も受け、以前の 使いやすさNo. 1取引所というメリットは残しつつ、有名金融グループの傘下となり 安心・安全な取引所に生まれ変わっています。 海外取引所で購入する場合にも国内取引所から送金する必要がありますので、その場合にもコインチェックにアカウントがあるといいですね! bitFlyer 国内では老舗といってもよく、取引量も多いでも販売所でリスク(LSK)を購入することができます。 bitFlyerはこんな人におすすめです• 取引量の多い取引所で安心して取引したい• 旧コインチェックの流出事件がいまだに頭から離れない bitFlyerもコインチェック同様に初心者でも簡単に利用できる取引所に改善されてきました。 コインチェックとともにアカウントを所有しておきたい取引所です。 Binance 仮想通貨は初めてだけど FXの経験がある方、あるいは、 海外FXの経験者などで スプレッドの狭い取引所で取引したいという方にはがおすすめです。 海外FXとは異なり、仮想通貨で海外取引所を利用する場合には上記のように国内取引所経由となります。 仮想通貨リスクのまとめ 仮想通貨リスクについてもまとめてみました。 時価総額76億円(2020年1月時点)とそれほど大きな金額のプロジェクトではありません。 しかしながら、それでも時価総額ランキングでは 38位に位置しており、その有望な将来性から開発状況の進捗自体では思いもかけないような展開が待ち受けているかもしれません。 新年早々から、金融市場は大波乱と言展開を見せていおり、ビットコイン(BTC はすでに大きな上昇を見せています。 仮想通貨の最大の魅力は 「突然やってくる高騰」です。 「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか? まずはアプリのダウンロード数国内No. 登録料や年会費は無料• 通貨取り扱い数は国内最多• 取引手数料はもちろん無料• 手厚いユーザーサポート•

次の