キース ヘリング 美術館。 ストリートアートの先駆者「キース・ヘリング」。代表作と人物について

キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection

キース ヘリング 美術館

人物 [ ] の先駆者とも呼べる画家で、アメリカの代表的芸術家として知られる。 シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがや等から販売されることもあって広く知られている。 にの構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くという サブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。 そのシンプルな線でリズミカルに書かれた絵はニューヨークの通勤客の間で評判となり、キースの名が知られるようになった。 のファンであるデッドヘッズであった。 ニューヨークのトニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を開催して知名度を上げる。 その後、ニューヨークの、、、、、などでを製作するなど公共空間での活動を多く行なった。 では、の有名なの壁に絵を書いている。 やとも親交が深かった。 社会貢献活動を多く行ない、撲滅活動や恵まれない子供たちへの活動で知られている。 特にキース自身が感染者だったこともあり、作品を通じてHIV感染を防ぐメッセージを出すなどし、AIDS撲滅活動に積極的に関わった。 (AAA)の最初のポスターを描いた。 彼の生涯最後の作品は、イタリア・ピサ中央駅そばの教会の壁にかかれた「Tuttomondo」。 2月にエイズによるのため、31歳で死去。 2012年5月4日、キースの生誕54年を記念して、のホームページのロゴが「キース・ヘリング」バージョンとなった()。 書籍 [ ]• 『キース・ヘリング地下鉄アート』ツェン・クワン・チー撮影、河出書房新社、1986年。 (2012年現在絶版) 脚注 [ ] [].

次の

キース ヘリング 美術館

1980年代ニューヨークのアートシーンを席巻したアーティスト、キース・ヘリングのコレクションのみを展示する、世界で初めてのプライベート美術館です。 本施設は北杜市小淵沢町に位置し、ナラ、ヤマザクラ、カラマツ、アカマツなどが自生する緑豊かな森に囲まれています。 美術館棟とスパ棟で構成され、周辺環境と地形を生かすために、既存の樹木を保全しながら地形に沿った平屋造りになっています。 森と美術館とスパの融合によって新しい環境を形成し、地域の文化に貢献することを目指しました。 美術館棟はアメリカのアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示するために計画され、展示室「闇」、「ジャイアントフレーム」、「希望」はキースの人生を追体験するようなシークエンシャルな空間構成とし、それぞれの作品をより純粋に感受できるように配慮してあります。 This project is located in Kobuchizawa in Yamanashi prefecture, at the foot of the Southern Japanese Alps. The site is in a rich environment of wild trees, like oak, mountain cherry, larch and red pine. The scheme is divided into a museum block and a spa block. With full respect for the natural environment, each block consists of one-storey buildings carefully placed to protect the existing trees. The project aims to contribute to the local culture and create a new environment in a unique marriage of the museum, the spa and the forest. The museum is designed for the works of the American artist Keith Haring. Client Kazuo Nakamura Constractor Taisei Corporation Site area 18,438. Completion Date 06. 2007.

次の

中村キース・ヘリング美術館, 山梨県北杜市, 日本 — Google Arts & Culture

キース ヘリング 美術館

人物 [ ] の先駆者とも呼べる画家で、アメリカの代表的芸術家として知られる。 シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがや等から販売されることもあって広く知られている。 にの構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くという サブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。 そのシンプルな線でリズミカルに書かれた絵はニューヨークの通勤客の間で評判となり、キースの名が知られるようになった。 のファンであるデッドヘッズであった。 ニューヨークのトニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を開催して知名度を上げる。 その後、ニューヨークの、、、、、などでを製作するなど公共空間での活動を多く行なった。 では、の有名なの壁に絵を書いている。 やとも親交が深かった。 社会貢献活動を多く行ない、撲滅活動や恵まれない子供たちへの活動で知られている。 特にキース自身が感染者だったこともあり、作品を通じてHIV感染を防ぐメッセージを出すなどし、AIDS撲滅活動に積極的に関わった。 (AAA)の最初のポスターを描いた。 彼の生涯最後の作品は、イタリア・ピサ中央駅そばの教会の壁にかかれた「Tuttomondo」。 2月にエイズによるのため、31歳で死去。 2012年5月4日、キースの生誕54年を記念して、のホームページのロゴが「キース・ヘリング」バージョンとなった()。 書籍 [ ]• 『キース・ヘリング地下鉄アート』ツェン・クワン・チー撮影、河出書房新社、1986年。 (2012年現在絶版) 脚注 [ ] [].

次の