ペット ボトル 水 賞味 期限。 ペットボトルの水の賞味期限と保存方法。期限が切れていても大丈夫?

ペットボトルの賞味期限切れの水はいつまで飲める?未開封の場合と災害時の水はどれくらい必要?

ペット ボトル 水 賞味 期限

目 次• 水の賞味期限はどれくらい? まず最初は一般的な水の賞味期限についてご紹介したいと思います。 賞味期限と言えば名前からもわかるように、「ここまでは美味しく飲むことができますよ」という味が保証されているラインなのですが、この賞味期限は水にも存在します。 この点についてはあまりご存じない方も多いのですが、やはりすべての食品関係は時間と共に劣化するものや、外の気温・温度変化によって劣化するものがほとんどです。 もちろんこれは当然水にも反映され、水もちょっとした影響で変化を起こすので、常温でおいている水は特に変化が大きく傷みやすいです。 そのため、常温で水をおいておく際には賞味期限はおよそ1日程度であると考えるのが好ましいです。 容器などに移して冷蔵庫保管をする方も多いのですが、このような場合は2日から5日までには飲み終えるのが好ましいです。 もちろん賞味期限ではあるので、この期限がすぎると必ずしも体調を崩すというわけではないので、ご注意ください。 ペットボトルの水の賞味期限はどれくらい? 次はペットボトルについてです。 ペットボトルについては開封しているか・開封していないかが大きく重要となります。 というのも、ペットボトルを開封していなければ外からの影響は比較的受けにくいですよね。 もちろん温度変化が激しい場所に常温放置しておくと未開封であっても傷む可能性が高いです。 ペットボトルの水はやはり洗練度合いが関係してくるのですが、備蓄用のペットボトルの水であれば未開封だと5年近く賞味期限があるものも存在します。 一般的なペットボトルの水であれば500mlであればおよそ1年ほど、1. 5lや2lサイズであればおよそ2年ほどの賞味期限があります。 ただし、ここで注意していただきたいのがペットボトルの賞味期限記載です。 というのも、賞味期限の長いものは自分の手のもとに入る・購入した日が賞味期限と考える人が多いです。 そのため、水は油断してしまいがちなのですが、市販のペットボトルの水は賞味期限が記載されていることが多いです。 このことからもわかるように、ペットボトルの水を愛飲する際にはペットボトルに記載されている日付を意識しましょう。 できればペットボトルで水を購入する際に、用意されていた環境のとおりに保存すると比較的傷みにくいです。 例えばコンビニなどで冷蔵されていた水であればなるべく早い時間で冷蔵庫に入れて温度変化を少なくして保存してあげるのが好ましいです。 水道水にも賞味期限はある? 次は水道水の賞味期限についてご紹介したいと思います。 水道水もやはり賞味期限が存在するのですが、やはりペットボトルのときと比べて期間は短いです。 残留塩素などの関係や保管場所などの影響も大きく受けやすいのですが、一般的な水道水の賞味期限は夏場だと3日程度・冬であれば10日程度です。 これはやはり温度変化が大きく関係しているのですが、どちらも冷暗所で保管した場合の目安となっています。 夏場でも容器に詰めて冷蔵庫で保存した場合は5日ほどは持ちますのでご安心ください。 水にも賞味期限があるのはなぜ? 水の賞味期限の目安についてご紹介しましたが、水になぜ賞味期限が存在するのかについてご紹介したいと思います。 水は途中でもご紹介しましたが、温度変化によって傷むことが多いです。 特に水道水などは塩素などが消毒作用として働いてくれるのですが、常温、高温の状況で温度変化が起こると塩素が消えてしまい、雑菌の繁殖が始まります。 食品は腐敗して菌が繁殖し、腐っていくのですが、水は塩素が消えて菌が繁殖していくような形になります。 そのため、賞味期限が過ぎてしまうと水でも菌が繁殖しやすい環境にあるという認識でいるとわかりやすいかと思います。 温度変化が多く起こることによって水の成分も崩れてしまい、傷んでしまうので、痛みやすい状況になることが多いです。 水の賞味期限切れ・半年でも飲める? 次は賞味期限切れになってしまった場合についてご紹介します。 先程もご紹介したように水の賞味期限切れは菌が繁殖している可能性もあります。 もちろんあくまで賞味期限なので、消費期限とは異なり必ず飲んではいけないというラインではないのですが、それでも長く賞味期限が切れたものを飲むのはおすすめできません。 水でも半年切れた賞味期限のものもあると思いますが、保存環境によって大きく異なります。 常温放置のものや水道水からでの保存の場合は極力避けるようにしましょう。 ペットボトルで未開封のものであればかろうじて大丈夫なのではないのかという程度です。 そのため、極力飲まずに新しいものを用意することをおすすめします。 水の賞味期限切れ・1~2年でも飲める? 次は半年を超えた1年から2年程度の水についてご紹介します。 こちらもやはり先ほども挙げたように極力飲まないことをおすすめします。 飲んだからと言ってすぐに体調が崩れるというものではありませんが、やはり多飲し過ぎると体調に影響を及ぼす可能性があります。 そのため、できればこちらも新しいものを用意して飲むのを控えるのが好ましいです。 ペットボトルの開封後の菌の繁殖は早い? 次はペットボトルの開封後についてご紹介していきたいと思います。 ペットボトルは未開封であると保存期間が長いのですが、一度開封してしまうと菌に触れる可能性があるので賞味期限は短くなります。 もちろんこれは飲んでいる・飲んでいないどちらにしても同じなのですが、密封によって影響を受けにくい状態にしていたので、一度開封してしまうと他の水とあまり変わらない状況になります。 その影響もあってペットボトルの開封後は菌の繁殖が比較的早いので、できれば開封後は1週間以内には飲み切るようにしましょう。 口を付けた場合などは雑菌が増えやすいですので、その日のうちに飲み切った方がよいでしょう。 ペットボトルの水は開封後常温だとどれくらいもつ? ペットボトルの水を開封すると傷みが早くなることをご紹介しましたが、ペットボトルを開封すると常温でどのくらいでもつのか気になる方も多いと思います。 ペットボトルを開封した後は保存環境が大切なのですが、常温で置いている場合だと2日から3日以内に飲み切ることが好ましいです。 常温は一番外の影響を受けやすいので、できるだけ常温での管理は避けるのが好ましいです。 ペットボトルの水は開封後冷蔵庫だとどれくらいもつ? 次はペットボトルの水でも冷蔵庫保管についてご紹介します。 冷蔵庫だと温度管理がしっかりとしている場合が多いので、温度変化を受けづらく、傷みにくいです。 しかし、一度開封してしまうと菌が繁殖しやすい環境を作ってもいるので、できれば5日から7日以内に飲むことが好ましいです。 賞味期限切れの水の使い道や利用方法は何がある? 最後は賞味期限が切れてしまった場合の水の使い道や利用方法についてご紹介したいと思います。 賞味期限が切れてしまった水をたくさん持っていると迷ってしまいがちなのですが、賞味期限が切れたお水などは食器を洗う際の漬け水や洗濯機の水として使うのが一番好ましいです。 飲食用として使用する場合にはしっかりと煮沸してから使用しないと菌が繁殖している可能性があります。 しっかりと煮沸して菌を消滅させるようにしましょう。 「まとめ」水も賞味期限が存在 今回は水の賞味期限についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 水にも賞味期限が存在しできるだけ期限内に飲み切るのが好ましいです。 水はほとんどの方が飲むと思いますが、より健康な状態で居続けるためにも品質がいい水を摂取するようにしましょう。 長くもつ水なら保存水!.

次の

ペットボトルの水の賞味期限と保存方法。期限が切れていても大丈夫?

ペット ボトル 水 賞味 期限

そもそもペットボトルの水は腐るのか? 物質は有機物もしくは無機物に分類されます。 無機物に当てはまる水は、腐ることがありません。 ペットボトルの水が腐るのは、開封と同時に水が空気に触れるためです。 空気中にはほこりや雑菌などが含まれています。 これらが水に入り、水中内で雑菌が繁殖することによって水は腐ってしまうのです。 それでは、空気に触れやすい環境下にある水道水が腐らないのはなぜでしょうか。 これは浄水場で水を殺菌するために使用される「塩素」に秘密があります。 浄水場では水を殺菌するために塩素が混ぜられます。 塩素は防腐性に優れた成分です。 水道水の安全性を高めるために塩素を取り除く工程もありますが、全ての塩素を完全に取り除くことはできません。 水中内に残った塩素は残留塩素と呼ばれ、この成分によって水道水は劣化がしにくくなっているのです。 水道水であってもRO膜処理などによって塩素を取り除くと、雑菌が繁殖しやすくなり結果的に腐ってしまいます。 よって、RO膜処理などによってろ過された水は長期の保存に適していません。 浄水器の水の保存期間は1日程度といわれています。 長期の保存が必要な場合は、ペットボトルや水道水を活用するのが良いでしょう。 ペットボトルの水に賞味期限がある理由について 開封をしなければペットボトル内の水が腐ることはありません。 では、ペットボトルの飲料水に賞味期限があるのはなぜでしょうか。 実は、ペットボトルの飲料水に表記された賞味期限は水自体の期限を指しているわけではありません。 ペットボトルの素材であるPETやHEPEはわずかですが空気を通します。 ペットボトルの飲料水を長期保存しておくことによって、周囲のにおいが移ったり水の風味を変えてしまったりするケースがあるのです。 風味や味が落ちるタイミングを予測し、記されているのがペットボトル飲料の賞味期限です。 賞味期限が過ぎてしまった水を飲むと、風味や味の劣化を感じ取ることはありますが体に害はありません。 ペットボトル飲料水の賞味期限は1年程度に定められている場合が多いです。 ペットボトルの飲料水を長く美味しい状態で保存するためには、できるだけにおいが付きにくい場所で保存しておくのが良いでしょう。 開封前のペットボトル飲料水は長持ちするため、災害時の備蓄用に利用しやすいなどのメリットもあります。 賞味期限切れの水をチェックするポイント1. 目減り量 賞味期限の記載が見当たらないペットボトル飲料水を見付けた場合、どのような点に着目して安全性を確認すれば良いのでしょうか。 まず、賞味期限切れの水を見抜くポイントとして「目減りしていないか否かを確認する」ことが挙げられます。 ペットボトルの水が目減りしているということは、ボトル内の水が少しずつ蒸発しているということです。 ペットボトルはわずかに空気を通す素材であるため、ボトル内の水が蒸発することは問題ありません。 しかし、目視で判断できるくらいに水の減りが激しい場合は注意が必要です。 ペットボトルに詰められてから長い時間が経っている可能性もあります。 なお、減りが早いからといって必ずしも水が劣化しているわけではありません。 賞味期限切れの水をチェックするポイント2. 臭い 賞味期限切れの水を判断するためには、一度開封して「臭い」を確かめてみることも1つの方法です。 開封後、鼻を近づけただけで臭いの変化が分かる場合は飲み水として使用しないことが無難です。 万が一、ペットボトル内に空気が入っていて水が腐っていた場合などは胃腸炎などを引き起こす原因になります。 乳幼児や高齢者が口にしてしまうと重篤な症状を引き起こすことに繋がります。 臭いで水の劣化が判断できる場合は、洗顔や洗濯などに使用するのが賢明です。 開封後に鼻を近づけただけで臭いの変化に気が付かない場合は、飲んで確認してみましょう。 風味の劣化がある場合は、料理やお茶、コーヒーなどに使用するのがおすすめです。 熱を加えることで臭みが抜けるだけではなく、水自体に味が付くため風味の劣化が気になりません。 少し賞味期限が過ぎてしまった水であっても美味しく飲むことができます。 ペットボトルの水を長持ちさせる方法とは? ペットボトルの水を長持ちさせるためには、水を保存する場所をきちんと選ぶことが重要です。 まず、水を保存する場合は直射日光が当たる場所には置かないようにしましょう。 水の劣化が早まる原因になります。 ペットボトルの水を長持ちさせるためには、物置やパントリーなどの冷暗所で保存することが望ましいです。 ただし、キッチンなど臭いが強い場所で保存をする際には注意が必要です。 ペットボトルはわずかに空気を通すため、水に臭いが付いてしまう原因になります。 キッチンなど臭いが強い場所でペットボトルの水を保存する場合は、長期の保存を避けるのが無難です。 開封後、ペットボトルに口を付けた場合は賞味期限に限らず早めに飲み切るようにしましょう。 唾液には菌が多く含まれているため、水の劣化が早まります。 災害時には飲料水だけではなく入浴や手洗いなどに水が必要になります。 しかしペットボトルの水を手洗いなどに使用してしまうと飲料水の減りが早くなってしまいます。 この場合は除菌をした容器に水道水を入れ、保存しておくのがおすすめです。 塩素が入った水道水は正しく保存すれば10日程度は保ちます。 ペットボトルは正しく保存!賞味期限内に飲みきろう 開封前のペットボトル飲料水の場合は、1年程度の長期保存ができます。 しかし、保存する場所によっては水の劣化が早まってしまうため注意しましょう。 冷蔵庫で保存できない場合は、物置などの冷暗所で保存するのが望ましいです。 美味しい水を楽しむためにも、賞味期限内に飲み切るように心がけましょう。 関連記事:「」 「」.

次の

ペットボトルの賞味期限切れはいつまで飲める? 水やお茶は?

ペット ボトル 水 賞味 期限

「消費期限」は、きちんと定められた方法で保存して、未開封の状態なら食べても問題はない期限です。 期限を過ぎたら、なるべく食べない方が良いとされています。 「賞味期限」は、きちんと定められた方法で保存して、未開封の状態なら美味しく食べる事ができる期限です。 多少、期限を過ぎても食べる事ができます。 どちらも、大幅に期限が過ぎている場合は、食べるのは控えて下さい。 このように安全に食べられる期限と、美味しく食べられる期限という違いがあります。 よく「賞味期限が少しくらい切れても問題はない」と言われていますが、間違った事ではありません。 しかし、賞味期限を過ぎているのには変わりはなく、劣化は否めないので、あまりおすすめはできません。 しかもこれが消費期限なら尚更、口にするのは止めておいた方が良いです。 消費期限は、期限が切れたものは口にしないのが正解です。 ちなみに、記載されている保存方法を見ると、常温と記載されているものもあります。 なので、真冬の部屋で冷たくなったり、真夏の部屋で温まったものは、常温保存にはなりません。 もちろんこれは、ペットボトル飲料だけの事ではなく、常温保存と記載されている食品にも同じ事なので、期限と同じくらい温度にも注意をして下さい。 ペットボドルのように保存がきく飲み物にはだいたい賞味期限が記載されています。 なので、ペットボトルは記載されている賞味期限を多少過ぎても飲んでも大丈夫なものになっています。 ペットボトルの賞味期限の見方って? ペットボトルの賞味期限記載は、 キャップのまわりに記載されている事が多いです。 キャップが黒くて記載が見えにくい場合は、容器の上部やラベルに記載されていることもまれにあります。 実際に期限を確認してみると、 4桁や6桁の数字で表示されています。 最初の2桁は、西暦の下2桁を表していて、残りの数字は月日を表していることになります。 例えば、「1807」と記載されている場合は、「2018年7月」となります。 「180701」と記載されている場合は「2018年7月1日」となります。 4桁の場合は、日にちが省略されている事が多くなりますが、その場合は末日までの期間と考えます。 数字だけの表記だと分かりにくいということもあるので、多くの飲料メーカーが年、月、日表記を含めた漢字表記 に移行していこうとしています。 スポンサードリンク ペットボトルの賞味期限は開封後ってどのくらい?注意することは? 一概に開封後のペットボトルの賞味期限と言っても種類によって異なります。 種類別開封後のペットボトルの賞味期限は? ミネラルウォーター 開封後のミネラルウォーターを常温に置いた場合は、1日が限度といわれています。 常温で置いて、飲む前に沸騰させれば1週間くらいなら飲むこともできますが、体の事を想うなら早めに飲み切った方が安全です。 開封後に冷蔵庫で保管すれば、細菌の繁殖を抑えることもできるので、 1週間以内に飲み切るぐらいでも大丈夫です。 清涼飲料水 多くの飲料メーカーが推奨している開封後の賞味期限の目安は、 キャップをしっかり締めて冷蔵庫で保管した上で2〜3日以内となります。 どちらも、 口をつけて飲んでしまった場合はその日のうちに飲み切って下さい。 また、糖分が入っている飲み物は、開封後時間がたつと中身が発酵して容器が膨らみ、キャップが飛んだり、容器が破損してしまう危険性があるので注意して下さい。 ペットボトル開封後の注意点 賞味期限は、「定められた方法で保存した場合」の期限になるので開封するとその条件は適用されなくなり、開封後は賞味期限による安全性は保証されなくなります。 水や飲料に含まれているさまざまな原材料は、空気に触れると劣化が進んでしまいます。 口をつけて直接飲むと、唾液が入り口の中の細菌がペットボトル内に侵入して増殖してしまいます。 これは、直接口をつけて飲んだ場合にだけではなく、ストローで飲んだ場合も同じ事が言えます。 細菌が増えたとしても見た目では、わからないです。 常温で置いておくと、このぐらいの温度になります。 そのため繁殖はさらに加速します。 繁殖を避けるためにも、なるべく 直射日光の当たらない涼しい場所や冷蔵庫で保管することが大切です。 ただし、開封した後の劣化は冷蔵庫に入れておいても進みます。 劣化が進んでいくと、濁って変色したり、異臭がしたり沈殿物が出てきたりと、見た目にもわかりやすい変化が起きてきます。 でも、細菌の繁殖は、体に悪影響を及ぼしてしまう大変な事態なのに、見た目や臭いに変化はなくわかりづらいです。 口にする前には、十分な注意が必要です。 また、ペットボトル飲料の表示に「開封後は必ず冷蔵庫に保管してお早めにお飲みください。 」と記載してあるものが良くあります。 ここに記載されている「お早めに」とはどのくらいの期間を指しているかです。 口をつけて飲む場合 手で持つ事のできるペットボトル飲料の場合は、だいたい口をつけて飲んだりします。 当日のうちに飲み切るのが理想的です。 もし少しの時間、保管する場合もできるだけ冷蔵庫や日の当らない涼しい場所で保管して下さい。 取り分けて飲む場合 大きいサイズのペットボトルとなると、直接口をつけて飲まないで取り分けて飲む場合が多くなります。 その場合は、 2〜3日以内に飲み切るのが理想的です。 保管の時には、必ずしっかりキャップを閉めて冷蔵庫で保管して下さい。 飲料水の劣化は、条件などによって異なってくるので確実な事は言えませんが、多くの飲料メーカーでは、2~3日を目安としています。 健康な人は、1日に口から摂る飲料として1. 2~1. 5Lを補給することが必要とされています。 なので大きいサイズのペットボトルをその日のうちに飲み切る事が目安になります。 まとめ ペットボトル飲料は、長持ちすると思っていましたが、やっぱり開封してしまうと早めに飲んでしまわないとよくないって事ですね。 さすがに冷蔵庫などに保管して置けば、口を付けて飲んでも2,3日たったぐらいで具合が悪くなるほどという事はないですが、基本的には避けた方がよい。 車に置きっぱなしにしてたなど、保存の状態が悪い時は特に気を付ける必要がありそうですね。

次の