ホーム 画面 に 追加 iphone。 iPhoneで「ホーム画面に追加」が無い?Webショートカットの配置方法

スマホ・タブレットのホーム画面へ追加する方法|アプリのように扱えます

ホーム 画面 に 追加 iphone

ドキドキの新機能。 まとめ、いってみよう~。 WWDC 2020で、Appleは 新しいiOSバージョンであるiOS 14の新機能をちらりと見せてくれました。 その機能のまとめを米ギズモードの翻訳でご覧ください。 iOSの以前のバージョン13までは、なんと世界中で 10億台の端末にインストールされてきたんですって。 AppleのiOSはどんどん洗練されて 熟成がきいたおいしいOSへとさらに進化を遂げているようです。 だからと言って、これ以上洗練できないということはありませんよ。 新しいiOSバージョン、iOS 14の新機能をまとめてみました。 リリースはこの秋。 iOS 14の主なフォーカスは、 前のバージョンの機能強化、パフォーマンスと信頼性の向上です。 小さなアプデはiOSのホーム画面でアプリを検索する方法や、ウィジェットの新顔、メッセージの機能向上、睡眠トラッキングの改善が含まれています。 大きなアプデは、Appleデバイス全般で同期して使える、まったく 新しいFitnessアプリの登場と、新しい拡張現実アプリの追加、Podcastアプリの大幅アップデートなどなど。 それでは新しくなるiOS 14の新機能をざっくりとまとめますね。 ホーム画面の使用感を刷新 スピーディな使用感をさらに高めるため、Appleでは iOSのホーム画面をがらりと変更します。 iOS 14では、アプリを移動させてグループ化する方法が少し様変わりしそうです。 Appleの新しい App Libaryでは、 自動的にすべてのアプリを一括りのグループや一覧に分割できるように。 他の人に使っていることを見せたくない秘密にしたいアプリがある場合は、ホーム画面ではそれらのアプリを非表示にしておくこともできます。 これは、Androidのアプリドロワーにちょっと似ていますね。 通話がかかってきたときや、FaceTimeのセッションの外観も変わりそうです。 通話がかかってきたときのビューが新しく、さらにコンパクトになり、これでマルチタスクもやりやすくなりそうな予感がします。 iOSに追加されるウィジェットたち Apple Watchの便利さは体験済みですか。 iOS 14ではそのウィジェットたちの 種類もさらに幅広くなりそう。 ウィジェットをホーム画面に追加したり、サイズをカスタマイズしたりできるようになります。 これで よく使うアプリの横に、例えば天気のアプリなんかを表示させておくことだってできるようになるのです。 また、新しく登場するウィジェットギャラリーでは、簡単に好きなウィジェットを見つけることができますし、これも新しい Smart Stackという機能では、 ウィジェットをまとめてカードのように重ねてスタックしておけます。 また、iOS 14では「ピクチャ・イン・ピクチャ」もサポート。 例えば、ビデオを見ながら他のアプリを操作するときには、ビデオのサイズを小さくしておけます。 必要な場合には、ビデオをバックグラウンドとして表示しながら、作業して、作業が済んだらビデオをまた前面に戻したり、中央に表示させることもできます。 メッセージアプリも模様替え Screenshot: Gizmodo US Apple ミー文字にも マスクアイテムなどのポストコロナの新オプションが加わるだけでなく、メッセージの最も大きな進化は インライン返信でしょう。 特定のテキストメッセージに直接返信する形で返信することが可能になります。 グループチャットにどんな人がいるのか、どの人と最近会話をしたのかも、ぐっとわかりやすくなるようです。 また、 最近頻繁にチェックするチャットグループを固定しておけるようになります。 iOS 14では、家族や仲のいい友達などとのチャットを上部に固定して、いつでもチャットの準備をしておけるのです。 Siriも刷新され、翻訳アプリも機能改善 Screenshot: Gizmodo US Apple iOS 14にビルドインされるアシスタント機能もさらに進化。 Appleは 今回Siriも大幅アップデート。 Siriを呼び出すと生まれ変わったカラフルな大きなアイコンが現れます。 そして、Siriはこれから音声メッセージを送信してくれるようになります。 また翻訳ももっと上手にできるようになるんですって。 Appleが送るアシスタント機能のプライバシーが気になる人のために、翻訳機能はオフラインで使用できる仕様になるようです。 CarKeyでドライブシーンもスマートにスタート Screenshot: Gizmodo US Apple 自動車産業にもアプリ流行の波は押し寄せており、車もどんどんスマホを活用する流れができています。 iOS 14には新たに「CarKey」が登場します。 スマホのボタンをタップするだけで車を開錠できる機能が搭載されます。 CarKeyに対応する世界初の車は、この7月に発売となる 2021年モデルの「BMW 5」シリーズ。 iPhoneをペアリングするだけで同期完了。 iPhoneか Apple Watchを操作するだけで施錠・開錠が可能。 車にビルトインされたNFCレシーバーでも同様の操作ができます。 認証はiPhoneのFace IDまたはTouch IDを採用。 CarKeyの他に、おなじみCarPlayも外観を刷新し、スマートな壁紙が追加され、 駐車アプリや電気自動車のEV充電アプリなど、新しいアプリのチョイスも広がる予定です。 Mapsアプリはサイクリストと電気自動車オーナーをターゲット Screenshot: Gizmodo US Apple アメリカ合衆国以外の国のマップ詳細やカバー地域もさらに幅を広げるだけでなく、Mapsアプリには、新しく サイクリングルートと電気自動車の給電ポイントが追加されます。 POIの種類も広がり、特定エリアのショッピングスポットや人気レストランなどもわかりやすくなります。 また、ユーザーがガイドをカスタマイズできるようなり、既存のリストだけでなくお気に入りのスポットを自分で追加できるようにもなります。 Appleが新しいスポットを追加するときには、その情報も自動的にカスタマイズされたガイドで更新されます。 アプリをチラ見して一部機能だけ使用できるApp Clips Screenshot: Gizmodo US Apple 駐車場で支払いしようとして、アプリが探せなかったなんて経験はありませんか。 Appleが新しくローンチする App Clipsは、App Storeからアプリをフルインストールしなくても、アプリをチラ見して機能の一部だけを使用できるものです。 App ClipsはApp Libraryからもアクセスできますが、QRコードやNFCタグからも呼び出すことができます。 これもAndroidのインスタントアプリに似た機能です。 Tags :•

次の

ホーム画面のページの追加する方法

ホーム 画面 に 追加 iphone

iPhoneのホーム画面にアイコンを追加できない場合に、対処法としてiPhoneの電源を入れ直すときは、 電源を一度切る前にSafariで表示しているサイトのスクリーンショットを撮っておくことをおすすめします。 なぜなら、電源を一度切るとSafariで表示しているサイトの履歴が消えてしまう可能性もあるからです。 もし、再度iPhoneを立ち上げた際に、何かのアクシデントでSafariで表示しているサイトの履歴が消えてしまっていたら、サイトアイコンをホーム画面に追加する前にサイトを再検索しなくてはいけないので一苦労です。 記憶があいまいな場合はサイトをみつけられない場合もあります。 そうした事態におちいらないためにも、保険としてSafariで表示しているサイトのスクリーンショットを撮っておくと良いでしょう。 サイトのスクリーンショットを撮っておけば、 万が一、サイトの履歴が消えてしまっていてもスクリーンショットの情報を基にしてすぐサイトを探し出せます。 次に、iPhoneのバックグラウンドで稼働しているアプリの状況を確認しましょう。 バックグラウンドで稼働しているアプリの数が多いとそれだけiPhoneのタスク処理に負担をかけます。 iPhoneのバックグラウンドで稼働しているアプリの状況を確認するには、ホームボタンを2回押します。 ホームボタンを2回押すと、iPhoneのバックグラウンドで稼働しているアプリがレイヤー状に表示されるので、画面をスワイプしながらアプリを確認し、稼働停止して問題ない アプリは上方にスワイプして、可能な限り閉じるようにしましょう。 バックグラウンドで稼働しているアプリが整理されることで、iPhoneのタスク処理が正常に回復する場合があります。 「はてなブックマーク!」は通称「はてブ」「ブクマ」などと呼ばれて親しまれているソーシャルブックマークサービスです。 誰でも無料で利用・参加でき、参加者同士で良質なサイト・役に立つサイトを効率的にシェアできます。 個人が気になるサイトをとりあえずチェックしておいて、後で時間があるときにブックマークしておいたサイトを閲覧するという使い方はもちろんできますが、ユーザーが登録したブックーマークは他のユーザーも共有できるので、「はてなブックマーク!」のユーザーが共同でブックーマークを管理しているという側面もあります。 また、ブックーマークした記事サイトに対してユーザーがコメントを残せるので、記事サイトの口コミレビューとしても利用できます。 「はてなブックマーク!」に自分が閲覧した記事サイトをブックマークする際は、メモ・コメント・タグを残せます。 人気のある記事サイト・反響がある記事サイトはこれらのメモ・コメント・タグが多く残るので、記事サイトの評価・レビューとして重宝します。 記事サイトの多くは、記事に付随して「Twitter」ボタンや「Facebook」ボタンと一緒に「はてなブックマーク!」ボタンを設置しているので、そのボタンをクリックすれば簡単に記事サイトのブックマークとメモ・コメント・タグを残せます。 記事サイトに「はてなブックマーク!」ボタンが設置されていなくても、管理サイト上で記事サイトのURLとメモ・コメント・タグを入力してブックマークを残せます。 iPhone・iOSのホーム画面にSafariに表示中のサイトのブックマークアイコンを追加できない場合は、対処法を試してブックマークアイコンを追加してみましょう。 iPhone・iOSのホーム画面にSafariに表示中のサイトの ブックマークアイコンを追加できないときは、まず、iPhone自体の電源を入れ直してみることが先決です。 iPhone自体の電源を入れ直してみても改善しない場合はiPhone・iOSのシステム環境を確認してみましょう。 iOSのバージョン・ストレージ容量・バックグラウンド稼働アプリの状況を確認し、対処の余地があれば対応して再度、Safariに表示中のサイトのブックマークアイコンの追加を試してみましょう。 iOSのバージョンが最新でなければアップデートを行い、最新バージョンのiOSにします。 ストレージ容量が十分確保されていない場合は必要ないアプリ・データ(画像など)を削除します。 バックグラウンドで稼働しているアプリは可能な限り閉じるようにしましょう。 また、iPhone・iOSのホーム画面にブックマークアイコンを追加する代わりに、「はてなブックマーク!」を利用するという方法があります。 「はてなブックマーク!」は無料で利用でき、オンライン上でブックマークを管理するので、オンライン環境さえそろえば端末に縛られずに利用できます。 「はてなブックマーク!」に登録されるブックマークはユーザー同士で共有できるので、友だちや知人に記事サイトを紹介したい場合や、有用な記事サイトの情報を広く求める場合は重宝します。 また自分が閲覧した記事サイトをブックマークする際にメモ・コメント・タグを投稿できるので、 記事サイトのレビューとしても利用できます。 「はてなブックマーク!」でブックマークが多く付いた記事サイトは新着エントリー・人気エントリーに選抜され、ニュースアプリ「スマートニュース」にも掲載されてユーザーに広く紹介されます。

次の

iPhoneホーム画面の整理術|おしゃれと実用性を考えた配置のコツ

ホーム 画面 に 追加 iphone

【 本記事のターゲット 】• iPhoneを使っている• お気に入りのWebページのショートカットをホーム画面上にアイコンとして表示させたい 今回はiPhoneにて、ご自身のお気に入り・よく見るWebページのショートカットアイコンをホーム画面上に作成する手順をご紹介します。 パソコンやスマホを使っている方、おそらくほとんどの方で日々よく見るページというのがあるかと。 ブックマーク・お気に入りに登録している人も多いかと思いますが、中には「パソコンのデスクトップ上や、スマホのホーム画面にショートカットアイコンとして配置しておきたい」という方もいらっしゃるかと思います。 そんな方向けに、今回はiPhoneでホーム画面上にご自身のお気に入りWebページのショートカットを作成・配置する方法をご紹介します。 ちなみに、Windows 10 やMac、Androidでのショートカットアイコンの作成手順は下記別記事に記載しておりますので、興味がある方は合わせて見てみて下さいね。 iPhoneのホーム画面にウェブショートカットアイコンを作成する手順 標準ブラウザ「Safari」でショートカットを作成したいページを開く iPhoneには標準でSafariというブラウザアプリケーションがインストールされています。 おそらく、iPhoneを使っている人のほとんどはこちらを使って好きなWebページなどを見ているかと。 上記画面の右下にあるコンパスのようなアイコンですね。 なので、今回はこのSafariを使ったウェブショートカットアイコンの作成手順をご紹介します。 まず、このSafariを起動していただき、ショートカットアイコンを作りたいウェブページを開いてみましょう。 上記の様な感じですね。 今回は検証として、当ブログのTOPページのショートカットアイコンを作成してみたいと思います。 すると、上記画面が表示されると思います。 この状態だと設定項目が少ないので... 「コピー」と表示されている部分を指で上にグイッと持ち上げてみましょう。 すると、上記の通り隠れていた設定項目が一覧として表示されます。 この中に表示されている「ホーム画面に追加」をタップしてみて下さい。 上記画面が表示されるので、右上の追加をタップしてみましょう。 ショートカットアイコンをドラッグ&ドロップで好きな位置に配置 タップが完了したら、iPhoneのホーム画面を一度見てみて下さい。 先ほどSafariで開いていたWebのショートカットアイコンがホーム画面上に作成されているはずです。 こちらをタップする事で、いつでもすぐに指定のWebページにアクセスする事が可能です。 こちらのアイコンをタップ&ホールドしてドラッグ&ドロップしていただき、自分の好きな位置に配備して、オリジナルのホーム画面を作ってみましょう。 最後に 今回はiPhoneの標準ブラウザSafariを使って、ウェブのショートカットアイコンをホーム画面上に作成する手順をご紹介しました。 ブックマークでも良いですが、ホーム画面に配置しておく事で分かりやすい&すぐにアクセスする環境を作れますので、良ければ一度試してみて下さいね。

次の