アフリカ 豚 コレラ 韓国。 致死率高いアフリカ豚コレラ、韓国で確認 北朝鮮に続き:朝日新聞デジタル

韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?|韓国経済.com

アフリカ 豚 コレラ 韓国

中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ(ASF)」が韓国でも拡大している。 5月に北朝鮮で確認されたASFが非武装地帯(DMZ)の野生のイノシシを経由して広がったとみられる。 韓国政府は疾病防止に全力を挙げているが、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。 ASFは日本の中部地方や関東地方の一部で発生している豚コレラとは異なり、予防ワクチン接種などの対策がないとされる。 り患した豚の肉を人間が食べても健康に影響はないが、豚やイノシシへの感染力は極めて強く、1週間以内に100%死ぬという。 朝鮮日報によると、北朝鮮と接する韓国北西部の京畿道坡州市で17日に同国として初めて発生したASFは、京畿道の金浦と江華の2カ所の養豚場でも24日と25日に確認された。 同紙は「(ソウルなどを流れる)漢江より南にある金浦と江華という京畿西部でもASFが発生したことで、政府と防疫当局の初動対応が事実上失敗したことが露呈し、疾病が京畿西部を経て南部に拡大する可能性が高まった」と指摘した。 さらに「京畿南部は国内で最も多く豚を飼育している忠清南道と接している」と説明。 「ASFが京畿道全域に広まり、忠清南道まで拡大すれば、韓国の養豚産業は崩壊する恐れがある」と警鐘を鳴らした。 スポンサードリンク 昨年時点で韓国全体では1133万頭の豚が飼育されている。 忠清南道は1230以上の養豚場で計233万頭の豚が飼われている。 飼育頭数基準でみると全体に占める割合は21%で、全国17の市・道の中で1位だ。 ASFが発生した京畿道と忠清南道の豚が韓国全体の豚のほぼ40%を占めている。 感染源について、韓国政府は北朝鮮地域のイノシシである可能性が高いとみている。 南北を隔てるDMZなど前線一帯では病死したと推定されるイノシシが多数観察されている。 軍事境界線や川を越えてくるイノシシは韓国軍が見つけ次第駆除しているが、すべてを阻むのは困難という。 強い感染力と致死性を持つ豚の伝染病「アフリカ豚コレラ」に感染した豚が、韓国で1相次いで見つかっている。 豚肉の卸売価格は3割上昇し、豚肉が大衆料理に多く使われる韓国で関連産業の裾野は広く、経済への悪影響は避けられない状況だ。 一方日本は、流入阻止へ強い水際対策が不可欠。 アフリカ豚コレラは豚やイノシシのウイルス性感染症。 猛威を振るっている中国では終息の兆しがなく、すでに100万頭を超す豚が殺処分された。 2019年に入り、アジア各地に感染は広がっている。 国際獣疫事務局(OIE)の調べでは、東アジアで発生が報告されていないのは日本と台湾のみ。 日本でも今年に入り、「豚コレラ」が発生し7例目が新たに確認された。 1992年以来の26年ぶりの発生となるうえ、国内にこれまでなかった型のウイルスで、海外から侵入したとみられる。 日本の「豚コレラ」は、中国や韓国で発生している豚コレラとは別のウイルスでワクチンがない「アフリカ豚コレラ」とは異なる。

次の

韓国で『アフリカ豚コレラ』が発生、韓国からの旅行客・輸入品に対する検疫体制を速やかに「中国からと同じ基準」にまで引き上げるべきだ

アフリカ 豚 コレラ 韓国

中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ」が韓国でも拡大。 北朝鮮で確認された後、非武装地帯の野生イノシシを経由して広がったとみられ、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。 写真は上海浦東国際空港の税関。 中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ(ASF)」がでも拡大している。 5月にで確認されたASFが非武装地帯(DMZ)の野生のイノシシを経由して広がったとみられる。 韓国政府は疾病防止に全力を挙げているが、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。 ASFは日本の中部地方や関東地方の一部で発生している豚コレラとは異なり、予防ワクチン接種などの対策がないとされる。 り患した豚の肉を人間が食べても健康に影響はないが、豚やイノシシへの感染力は極めて強く、1週間以内に100%死ぬという。 朝鮮日報によると、北朝鮮と接する韓国北西部の京畿道坡州市で17日に同国として初めて発生したASFは、京畿道の金浦と江華の2カ所の養豚場でも24日と25日に確認された。 同紙は「(ソウルなどを流れる)漢江より南にある金浦と江華という京畿西部でもASFが発生したことで、政府と防疫当局の初動対応が事実上失敗したことが露呈し、疾病が京畿西部を経て南部に拡大する可能性が高まった」と指摘した。 さらに「京畿南部は国内で最も多く豚を飼育している忠清南道と接している」と説明。 「ASFが京畿道全域に広まり、忠清南道まで拡大すれば、韓国の養豚産業は崩壊する恐れがある」と警鐘を鳴らした。 昨年時点で韓国全体では1133万頭の豚が飼育されている。 忠清南道は1230以上の養豚場で計233万頭の豚が飼われている。 飼育頭数基準でみると全体に占める割合は21%で、全国17の市・道の中で1位だ。 ASFが発生した京畿道と忠清南道の豚が韓国全体の豚のほぼ40%を占めている。 感染源について、韓国政府は北朝鮮地域のイノシシである可能性が高いとみている。 南北を隔てるDMZなど前線一帯では病死したと推定されるイノシシが多数観察されている。 軍事境界線や川を越えてくるイノシシは韓国軍が見つけ次第駆除しているが、すべてを阻むのは困難という。 今回の事態に関して朝鮮日報は建国大動物資源科学科のイ・サンラク教授の「政府は豚を殺処分した農家に相場の20~100%を補償すると言っているが、農家の立場としては相場の100%を補償してもらえるのか未知数であり、仮に100%補償されたとしても、再び豚の飼育を始めるまでに早くても3年以上かかるため、養豚農家の打撃は避けられない」との見方を紹介した。 ハンギョレ新聞は社説でASFを取り上げ、「もしこの病気が全国に広がる事態になれば、養豚農家はもちろん、その前後に連なる関連産業全般が大きな打撃を受ける『災厄的状況』となりうる。 政府・民間ともに非常な覚悟で対処すべき時だ」と訴えた。

次の

【アフリカ豚熱】 韓国、野生イノシシで発生から6ヶ月。その後、どうなっているのか?🐷 【ASF, アフリカ豚コレラ】

アフリカ 豚 コレラ 韓国

韓国の北部、北朝鮮に近い地域で発生しているアフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ。 昨年 2019年 の9月17日に始めて発生し、14か所の養豚場へ拡大した (その後、新たな報告例は無い)。 発見地域も当初は京畿道の、北朝鮮と接する民間人出入統制区域(民統線)の内側だけだったが徐々に拡大が続く。 特に、東隣の江原道で拡大をしている。 今年 2020年 4月は、日本海近くの高城郡や国境からかなり離れた 華川郡の南の端や、京畿道の抱川市でも発見された。 イノシシの移動制限のために設置されたフェンスを越えたところでも、複数の感染イノシシが捕獲されている。 5ヶ月間で、これだけ拡大しました。 アフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ は、飼育豚やイノシシが感染する伝染病で、適切な治療法やワクチンは未だ無い。 感染した飼育豚やイノシシは殺処分して、焼却や埋設処理など無害化し、発生場所や関連施設・地域を消毒するしかない。 韓国国内で、さらに南下していくのを食い止めるには厳しい対応が求められるだろう。 簡単にまとめると、• アフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ のウイルスは、北朝鮮側から、軍事境界線を越えて韓国の領土へと入り込んでいる。 どこか1か所からではなく、複数の地域で、ASFウイルスが侵入と考えられる発生例がある(この記事冒頭の地図参照)。 非武装中立地帯 DMZ DeMilitarized Zone の中を、感染したイノシシが移動することで、ASFウイルスも広く移動している。 DMZは、韓国側と北朝鮮側の南北方向は鉄条網やフェンスなど厳重に封鎖されているが、東西方向の移動を妨げるものはあまり無い。 DMZでは、感染イノシシの死骸はそのまま残っている。 大雨などで死骸が越境する河川を流れ下ったり、死骸と接触した鳥や小動物、昆虫などが介在して韓国側へウイルスが侵入しているようだ。 DMZの北朝鮮側での、アフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ の発生状況は発表や報道はほとんど無い。 しかし一旦、野生イノシシで蔓延すると撲滅は難しい (東欧各国やロシアの例から)。 韓国はこれからもずっと、北朝鮮に近い北部地域で、イノシシの移動を制限するためのフェンスや忌避剤を設置し、イノシシの積極的な捕獲個体と死骸調査、検査と死骸処理と無害化を続けていかなければならない。 それでも、さらに南下していくのを食い止めるには厳しい対応が必要だろう。 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 2019-11-26 2-19-10-06 Ads by Google 韓国での、野生のイノシシでのアフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ 発生への対策は、封じ込めに成功したチェコ (2017年6月〜2018年)や、ほぼ封じ込めに成功しているベルギー (2018年9月〜)の対策を参考にして、発生地域を取り囲むようにゾーニングを行い、捕獲や死骸の無害化、調査と検査を徹底してきた。 発生地域の隔離をして、移動制限を徹底して、ウイルスの移動を抑え込む。 その隔離地域の内側で感染イノシシが増えて死亡する個体が増えれば、その感染個体を無害化して発生地区を消毒して、地域のウイルスの濃度を下げ伝播を防ぐところにある。 しかし韓国では、イノシシの移動と感染地域の拡大を遅くする効果は出ているが、封じ込めは充分ではない。 韓国での野生イノシシのASF対策では、まず、ASF陽性が確認されたイノシシ (死体)を中心に、有刺鉄線と電気柵による1次フェンス (第一次遮断線)を設置、その外側に高さ1. 5mのフェンスによる2次フェンス (第二次遮断線)を設置する。 さらに、地域ごとに高さ広域フェンスを張って川や湖など河川水系と合わせて南下や他地域へのを防いでいる。 広域フェンスは、昨年 2019年 は北朝鮮との境界に沿った地域だけだった(下図の白線・白点線)。 しかし、その後の発生地域の拡大によって、広域フェンス2次拡張、3次拡張と拡げていって、対応せざるをえなくなっている。 既存の広域フェンスの外側の地区で、捕獲されたイノシシからASF陽性の確認例も起きた。 (環境部の資料に日本語訳を補足した) (((共同 - 参考)イノシシ、アフリカ豚熱病強化された緊急対策の推進 - 環境部 2019-10-27 )) その原因のひとつは、フェンスで移動制限をする範囲が、チェコやベルギーと比べて非常に広いため、野生イノシシの個体数も多い。 捕獲・狩猟と病死した個体を取り除いても、個体数が充分に減少するには時間がかかってしまう。 次に、北朝鮮側、非武装中立地域(DMZ)から、ASFウイルスが伝播してくるため、黄海から日本海までの200km弱、広い地域をゾーニングしてそれぞれの地域ごとに対応をしていかなければならない。 日本に当てはめてイメージするなら、たとえば「東京・千葉・埼玉から山梨・静岡市まで」、「名古屋・岐阜から大阪・神戸まで」といった、東西に長い広い範囲で、野生のイノシシの移動を制限するためのフェンスを張り巡らしている。 準戦時体制という社会体制と法制度、徴兵制で銃の扱いに慣れている人が多い等という強みがあるので維持ができているのだろう。 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 🐖 環境部の国立環境科学院は、昨年 2019年)10月から今年4月12日までに、野生イノシシのサンプル9079件(死体2365頭、捕獲6714頭)を分析した。 このうちアフリカ豚熱 ASF、アフリカ豚コレラ ウイルスが検出されたのは、死体サンプルで510件(陽性率21. 3〜7. これは江原道の華川郡での拡大が影響をしている。 今年 2020年 1月に、江原道の華川郡ではじめて確認されてから広い地域へ拡大した。 冬季の餌不足などで移動が増え、交尾行動など個体間の感染が活発となる季節要因に加えて、華川郡は山間地が多くフェンスの効果的な設置が難しい。 さらに軍管理地区が多い地域なので、環境部や自治体による捕獲や死骸の発見が遅れたのだろう。 その一方で、最初に発生が確認された京畿道の漣川郡や坡州市では、発生地域はあまり拡大せず、臨津江より北の地区がほとんどであり、いくつかの地区では発見数は減少傾向にある。 これは、北側はDMZの軍の有刺鉄線やフェンス、南側は臨津江の比較的に広い川幅に遮られ、2次フェンス内での感染と死亡が進んだためだと考えられる。 京畿道漣川郡と接する江原道鉄原郡でも、一部地域で集中発生したが、その後の発生例は少なく小康状態にある。 (発生は、漣川郡からの移動ではなく、DMZから鳥や小動物、昆虫が媒介してASFウイルスが伝播して発生した) 昨年 2019年)10月から11月の発生初期に、環境部・国防部・自治体・民間の猟師による合同作戦で発生地域の周辺で野生イノシシの集中駆除を実行し、積極的に個体数を減らした効果と分析されている。 今年 2020年 4月には、江原道の楊口郡や華川郡の南の端ぎりぎりまで拡大した。 日本海近くの高城郡でも、新たに北朝鮮側、DMZからウイルスが侵入して発生している。 環境部や農林畜産食品部は、イノシシでの発生を安定化させ、養豚場への伝播リスクを最小限に抑えるため、移動制限など地域別に対応措置を強化して、さらなる拡大を防ごうとしている。 養豚場での発生は、初期の14か所から増えていない。 春の出産シーズンとなり、ウリ坊たちも出てくる時期だ。 南への拡大を防げるかは、広域フェンスを越えた個体を、迅速に把握して、対応が出来るかどうかだろう。 最終的には、広域フェンスから北朝鮮との軍事境界線の軍のフェンスまでの広い地域で、野生イノシシの個体数をゼロにする必要がある。 半年や1年で終わる話では無い。 2020-02-11 pelicanmemo.

次の