マン u 対 アストン ビラ。 マンUのギグス、右腕骨折で全治1カ月

マンU、今夏のサンチョ獲得は無しか?スールシャール監督「今のメンバーに満足している」

マン u 対 アストン ビラ

【写真:Getty Images】 プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの今夏の獲得は諦めたのかもしれない。 英メディア『マンチェスター・イブニング・スタンダード』が現地時間27日に報じた。 欧州のビッグクラブが獲得を狙っていると報じられるサンチョ。 今季公式戦44試合に出場20得点20アシストを記録している20歳のMFには、ユナイテッドが獲得する可能性があると報じられていた。 ユナイテッドを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督はサンチョ獲得の可能性を聞かれると「ハハ。 私は数学が得意だが、その質問には答えられない。 多くのクラブに多くの良い選手がいる」とコメント。 サンチョ獲得には言及しなかった。 しかし、スールシャール監督は「今回は静かな移籍市場か、明らかに違かったものとなるだろう。 多くのクラブがお金を使うのに慎重になる」と話し、新型コロナウイルスの影響で各クラブの財政に打撃となっていることから、いつもより動きは少ないと思っているようだ。 また、自身のクラブについては「我々は非常にリラックスしている。 今のメンバーに満足しているね。 私は、日に日によくなっていると思うよ」とコメント。 ユナイテッドも今夏の移籍市場は消極的になるかもしれない。 【了】.

次の

マンチェスターユナイテッド vs アストンビラ

マン u 対 アストン ビラ

鮮烈なデビューだった。 2009年4月5日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラ戦。 ファーストチームで初のベンチ入りを果たした17歳のフェデリコ・マケダは、61分から途中交代でピッチに立った。 若きイタリア人ストライカーは、アストン・ビラのDFを鋭い切り返しでかわし、ゴール右隅に逆転弾を叩き込んだ。 劇的な決勝ゴールに沸くオールド・トラフォード。 デビュー戦で3-2の勝利に導いた青年は、一躍時の人となった。 次節のサンダーランド戦でも決勝弾を決め、マンチェスター・Uのサポーターは「スター誕生」と色めき立った。 当時の指揮官だった御大アレックス・ファーガソンも、「まさしくトップクラス。 ボックス内で素早く動き回り、ゴール嗅覚も優れている。 クリスチアーノ・ロナウドと同じように、スターへの階段を登っている」と上機嫌に絶賛した。 押されたのは、名将のいわば太鼓判だ。 だれもが明るい未来を思い描いた。 この2試合がマンチェスター・Uにおけるキャリアの頂点だった。 マケダの名は、次第に聞かれなくなっていった。 翌09-10シーズンのマケダはデビュー直後の勢いを失い、出場機会も限定的だった。 当時について本人は、「ユナイテッドでプレーしているだけで満足している自分がいた」と振り返る。 そんな有望株を見かねたファーガソンは、レンタルの武者修行に出すことを決意し、移籍先として「エバートンかサンダーランドのどちらかを選ぶように」と伝えた。 しかし、19歳のマケダ青年はファーガソンの指示を拒み、母国イタリアのサンプドリアへ行きたいと主張する。 この返答にファーガソンは激怒しながらも、「イングランド国内なら私の目が届く」と説得したが、マケダは最後まで首を縦に振らなかった。 このときの決断を「人生最大の過ち」と後のインタビューで語っている。 11年1月から半年所属したサンプドリアでは、エースとして期待されながらも無得点。 期待外れに終わり、クラブはセリエBに降格した。 「あの時、俺はまだ19歳。 自分が果たすべき責任を背負いきれなかった」と、今でも後悔の念に駆られているという。 翌シーズンはプレミアリーグのクイーンズ・パーク・レンジャーズにレンタル移籍する。 だが、ここでは足首の怪我に見舞われ、カップ戦を含め出番はわずか6試合と振るわず、翌12-13シーズンはシュツットガルトに貸し出されたもののノーゴール。 完全なスランプに陥っていた。 ドンカスター、バーミンガムとフットボールリーグ・チャンピオンシップ(FLC=イングランド2部) のクラブをレンタルで渡り歩いて迎えた14年。 契約満了に伴い、マンチェスター・Uが放出を決断する。 名門でのキャリアが、ついに終わりを告げた。 その後、カーディフ(FLC)、ノバーラ(セリエB)でプレーしたものの、いずれも17歳で放ったセンセーショナルな輝きは見せられなかった。 風向きが変わり始めたのは、ギリシャのパナシナイコスに移籍した2年前から。 加入直後からCFのレギュラーに定着し、昨シーズンは10ゴールをマーク。 今シーズンも好調を維持し、新型コロナウイルスの感染拡大で中断する3月1日までにギリシャ・リーグ2位の12ゴールを挙げている。 見えてきたのは、復調の兆しだ。 ファーガソンは09年当時、「マケダがまだ17歳なんて信じられない。 私の目には少なくとも28歳の選手のように見える。 出生証明をもう一度確認しないといけないな」と冗談交じりに語っていた。 そのマケダのいまの年齢が、28歳だ。 11年前に「神童」と謳われたイタリア人がいま、ギリシャの地で輝きを取り戻そうとしている。

次の

マンU アストンビラ戦勝利の要因はルーニーがほとんどCHのような働きをしてい...

マン u 対 アストン ビラ

鮮烈なデビューだった。 2009年4月5日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラ戦。 ファーストチームで初のベンチ入りを果たした17歳のフェデリコ・マケダは、61分から途中交代でピッチに立った。 若きイタリア人ストライカーは、アストン・ビラのDFを鋭い切り返しでかわし、ゴール右隅に逆転弾を叩き込んだ。 劇的な決勝ゴールに沸くオールド・トラフォード。 デビュー戦で3-2の勝利に導いた青年は、一躍時の人となった。 次節のサンダーランド戦でも決勝弾を決め、マンチェスター・Uのサポーターは「スター誕生」と色めき立った。 当時の指揮官だった御大アレックス・ファーガソンも、「まさしくトップクラス。 ボックス内で素早く動き回り、ゴール嗅覚も優れている。 クリスチアーノ・ロナウドと同じように、スターへの階段を登っている」と上機嫌に絶賛した。 押されたのは、名将のいわば太鼓判だ。 だれもが明るい未来を思い描いた。 この2試合がマンチェスター・Uにおけるキャリアの頂点だった。 マケダの名は、次第に聞かれなくなっていった。 翌09-10シーズンのマケダはデビュー直後の勢いを失い、出場機会も限定的だった。 当時について本人は、「ユナイテッドでプレーしているだけで満足している自分がいた」と振り返る。 そんな有望株を見かねたファーガソンは、レンタルの武者修行に出すことを決意し、移籍先として「エバートンかサンダーランドのどちらかを選ぶように」と伝えた。 しかし、19歳のマケダ青年はファーガソンの指示を拒み、母国イタリアのサンプドリアへ行きたいと主張する。 この返答にファーガソンは激怒しながらも、「イングランド国内なら私の目が届く」と説得したが、マケダは最後まで首を縦に振らなかった。 このときの決断を「人生最大の過ち」と後のインタビューで語っている。 11年1月から半年所属したサンプドリアでは、エースとして期待されながらも無得点。 期待外れに終わり、クラブはセリエBに降格した。 「あの時、俺はまだ19歳。 自分が果たすべき責任を背負いきれなかった」と、今でも後悔の念に駆られているという。 翌シーズンはプレミアリーグのクイーンズ・パーク・レンジャーズにレンタル移籍する。 だが、ここでは足首の怪我に見舞われ、カップ戦を含め出番はわずか6試合と振るわず、翌12-13シーズンはシュツットガルトに貸し出されたもののノーゴール。 完全なスランプに陥っていた。 ドンカスター、バーミンガムとフットボールリーグ・チャンピオンシップ(FLC=イングランド2部) のクラブをレンタルで渡り歩いて迎えた14年。 契約満了に伴い、マンチェスター・Uが放出を決断する。 名門でのキャリアが、ついに終わりを告げた。 その後、カーディフ(FLC)、ノバーラ(セリエB)でプレーしたものの、いずれも17歳で放ったセンセーショナルな輝きは見せられなかった。 風向きが変わり始めたのは、ギリシャのパナシナイコスに移籍した2年前から。 加入直後からCFのレギュラーに定着し、昨シーズンは10ゴールをマーク。 今シーズンも好調を維持し、新型コロナウイルスの感染拡大で中断する3月1日までにギリシャ・リーグ2位の12ゴールを挙げている。 見えてきたのは、復調の兆しだ。 ファーガソンは09年当時、「マケダがまだ17歳なんて信じられない。 私の目には少なくとも28歳の選手のように見える。 出生証明をもう一度確認しないといけないな」と冗談交じりに語っていた。 そのマケダのいまの年齢が、28歳だ。 11年前に「神童」と謳われたイタリア人がいま、ギリシャの地で輝きを取り戻そうとしている。

次の