アイチャット。 Teams のチャットでのファイル共有

ライン オープンチャットで盛り上がろう!【新機能】|とあるフリーターさんの雑記ブログ

アイチャット

株式会社アイネットは、次世代型データセンターを4棟保有し、システムの開発・運用からプリント・封入封緘などのBPO業務まで展開するITサービスプロバイダー。 設立から46周年を迎える。 IT企業としては老舗の同社だが、その歩みはガソリンスタンドの事務処理を統括するシステム開発から始まった。 当時のスタンドでは、請求書の発行等は、日常的に油に触れる従業員が手書きで行っていた。 その労苦を少しでも軽減したいとの思いから、同社の社員がシステムの構築に関わるように。 以来、同社はコンピューター開発会社との合併や子会社の参画などを経て、先進的なクラウドサービスをワンストップで展開する現在の規模に発展した。 今回は、そんなアイネットの原点とも言えるガソリンスタンド(=業界用語で「SS」)のシステムサポート営業でChatLuckを活用している同社に目的や成果などを聞いた。 アイネットの屋台骨的な事業ともいえるSS本部では、ガソリンスタンド向けのサービス、具体的にはシステムトラブル等へのソリューションを提供しています。 ほとんどの営業員が外出するため、携帯電話やスマートフォンでの連携は欠かせませんでした。 しかし、それらのツールを利用しての連絡には時間がかかります。 着信やメールに営業がいつ気づき、いつ反応が返ってくるかがわからない。 あるいは商談中ということもあるでしょう。 そのため、問い合わせをしてきたお客さまを担当の営業におつなぎできないことも頻繁にありました。 お客さまから「社内の連携は大丈夫か」「人手不足では」との厳しいお声をいただくなど、改善点も積み重なっていきました。 そこでChatLuckを導入することに決めたのです。 コミュニケーションを円滑にし、業務のスピードを上げることが目的でした。 効果はすぐに現れました。 たとえば担当の営業が外出している時に、その顧客から本社に問い合わせがあったとしますね。 アイネットでは顧客と営業は「1対1」の関係を重視します。 そのため、お客さまの問い合わせの内容が微に入るもので、どう返答したらいいかが担当営業にしかわからないことも多かったのです。 しかし先に述べたように、電話やメールでは営業がつかまらず、応対に長い時間を要することもしばしばでした。 そこで活躍したのがChatLuckです。 内勤の社員と営業で「ルーム」を作成。 営業の情報を逐一共有。 問い合わせに対するアンサーもそこから得られ、内勤の社員が顧客に素早く返答できるようになりました。 「1対1」という顧客と社員の関係に、新たに「1対n(多数)」という接遇のルートができた。 しかも、社内ですら形式的な挨拶等を必要とすることの多いメールに比べ、チャットは形式にとらわれず、やりとりがスピーディなので、お客さまへの対応が圧倒的に迅速になりました。 また、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡にある6つの支店の在籍者と本社マーケティング関連セクションの関係者が参加するルーム「支店交流広場」を立ち上げました。 支店は各担当地域内での出張が多いこともあり、従来、本社と支店のコミュニケーションが円滑に行われていませんでした。 しかしルーム作成後、大勢のユーザーたちがすぐさまチャットを開始。 出張先などで誰がどこにいようとも、既読件数がみるみる上昇するさまを見て、感動しました。 情報共有が迅速になり、支店間の意見交換も行われるように。 札幌支店に寄せられた問い合わせに、数分後、福岡支店が回答。 それを本州所在の各支店が共有するといったダイナミックな連携も生まれるなど、効果は絶大です。 想像以上ということでいえば、参加への敷居が低いルームが役立つこともありました。 内勤の社員と外出の営業では、仕事が完全に分かれているので、以前はお互いが何をしているのかがまったくわかりませんでした。 ところがルームチャットで社内外の情報を共有することにより、リアルタイムで互いの仕事が把握できるようになった。 すると「内外問わず、みなでアイネットをつくっている」という雰囲気が社内に広がって、社全体に一体感が生まれ始めたのです。 部署の垣根を越えてのコミュニケーションが目に見えて増えてきたのは、その好例です。 チャットなどの電子通信手段は、ともすると人間関係を希薄にするとイメージされがちですが、ChatLuckはリアルな人間関係をも温めてくれます。 昔、「油のつながり」だったアイネット社員の人間関係は、今「ChatLuckのつながり」が加わって、より一層の強固な団結が生まれています。 ルームのなかに「アイネット知恵袋」というものがあります。 現場で仕事をしていて社員が得た気づきや、お客さまからいただいた業務運用上のご提案を書き連ねていくルームです。 それぞれの現場は千差万別ですから、マシンが止まったり障害が起きたりと、当然イレギュラー的な出来事に見舞われることも多い。 そういった時に「アイネット知恵袋」を参照すれば、参考例が載っていたりするのです。 そうやって蓄積されていく「知恵」が、SS本部の既存マニュアルとは別の「裏マニュアル」として機能し始めています。 それから、営業が外出から帰ってきた時に、それまでは成果の成否を報告書にまとめてもらっていたのですが、現在はそれもChatLuck上で行っています。 いわゆる「営業報告」ですが、これを随時ルームチャットで共有。 これによって「帰社」にとらわれない報告が実現し、特に緊急性の高い情報はいち早く流し合えるようになりました。 これが定期の営業改善会議の時間短縮につながりました。 2時間ほどの会議が1時間で終えられるようになったのです。 なぜなら、会議の参加者みなが、報告内容やアジェンダを会議前にチャットで確認し終えられるからです。 「あのケースはこうしたほうがいい」といった建設的な提案の議論にすぐに入れる。 これは効率的ですよね。

次の

IBM Watson・AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモアテンド)』|株式会社アイアクト

アイチャット

Aipo(アイポ)とは? Aipo(アイポ)は、 TOWN株式会社が提供する、 チームの 共同作業を効率化できるクラウドサービスです。 最初は、オープンソースとして提供されましたが、2018年にオープンソースでの提供を終了し、クラウド版として新たにリリースされました。 大手企業や官公庁も安心のセキュリティ対策や監視・バックアップ体制を持ち、 今では1500社以上の企業がAipo(アイポ)を導入しています。 また、 チャットサポートも充実しており、セットアップの手順や使い方など、分からないことがあれば、いつでも気軽に相談できるのも魅力のひとつです。 Aipo(アイポ)が対応しているデバイス Aipo(アイポ)は、以下のクライアント環境で使用可能です。 <PC> Windows• Internet Explorer 11. Microsoft Edge• Google Chrome• Mozilla Firefox Macintosh• Safari• Google Chrome• Mozilla Firefox <スマートフォン>• iPhone• Android• Windows Mobile <タブレット>• Yahoo! ケータイ(SoftBank3G) au• EZweb(WAP2. 0) Aipo(アイポ)の料金 Aipo(アイポ)は、使用する機能ごとに料金が発生します。 無料で使える範囲 す べての機能を30日間無料でお試しできます。 以降の使用は料金が発生します。 無料期間が終了しても、自動的に課金されることはありません。 Aipo(アイポ)の使い方 Aipo(アイポ)で使える機能は、以下の通りとなっています。 上 記機能の中から、自分達に必要なものだけを選んで取り入れることができます。 必要ない機能を省けるため、自分のスタイルに合った、シンプルで使いやすいツールに仕上げることができます。 そんなAipo(アイポ)のおすすめの使い方を紹介します。 Aipo(アイポ)の使い方1:ToDoでタスク管理し、カレンダーに表示 Aipo(アイポ)のToDo機能を使えば、簡単にタスクの管理ができます。 登録したタスクは一覧で見ることができ、 タスクのカテゴリ毎に表示をさせたり、締め切り日順にソートすることも可能です。 また、それぞれのタスクには 「優先度」と「進捗」を入力できるようになっていて、一覧で可視化できるようになっています。 Aipo(アイポ)のカレンダー機能を追加している場合は、 登録したタスクをカレンダー上に表示させることができるので、一目でいつまでに何をすればいいのかが分かります。 カレンダー表示は、自分だけでなく、メンバーも予定も表示することができ、メンバーのタスク予定も把握するのにも役立ちます。 Googleカレンダーなどの、他のカレンダーソフトとも連携可能です。 Aipo(アイポ)の使い方2:複数プロジェクトの管理 Aipo(アイポ)の プロジェクト機能を使えば、チームのタスクや進捗を管理することができます。 プロジェクト毎にタスクを登録し、担当者や期限などを設定します。 タスクごとにコメントや資料添付ができたり、進捗や工数を入力したり、プロジェクト管理に必要な機能が一通りそろっています。 入力したタスクは一覧で見ることができ、 期日に対して遅れ気味のタスクは赤く表示されます。 また、 ガンチャートを使ってプロジェクト全体の進捗状況を一目で確認できるので、作業遅れを発見するのに役立ちます。 Aipo(アイポ)の使い方3:チャット機能で簡単コミュニケーション Aipo(アイポ)では、チャット機能を取り入れることもできます。 リアルタイムでやりとりが可能なので、メールよりも手軽にグループや個人とコミュニケーションが取れます。 また、 相手の既読状況が分かるので、確認漏れを防ぐのにも役立ちます。 「Aipo チャット」はスマートフォンでもアプリが配信されており、 外出先でも携帯から連絡を確認することができます。 新着メッセージはプッシュ通知で届くので、アプリを開かなくても連絡が来たことがすぐに分かります。 「スケジュール」機能で入れた予定も、その時間になるとチャットで通知してくれるので、大変便利です。 Aipo(アイポ)の使い方4:会社に必要なタイムカード機能やワークフローシステム 他にも、Aipo(アイポ)には、会社で必要とされる機能がいくつも用意されています。 タイムカードでは、社員の出勤・退勤をワンクリックで打刻できます。 クラウド上で集計ができるので、毎月の勤怠管理をするのにも役立ちます。 ワークフローシステムは、会社のさまざまな申請書を、わざわざ紙で提出しなくても、クラウド上で申請・承認できるものです。 インターネットに接続すれば、どこからでも申請や承認操作が行えるため、「承認をもらうために上司の帰りを待つ」なんて必要もなくなります。 テンプレート機能があるため、フォーマットがバラバラになることもなく、楽に管理ができます。 Aipo(アイポ)には、他にも企業に必要な機能がたくさんあり、共同作業を効率化することで、その分やるべき業務に時間を割くことを手助けしてくれます。 Aipo(アイポ)の使い方5:ポータル機能で、ツールをより使いやすくカスタマイズ ポータル機能では、 Aipo(アイポ)の製品をひとつの画面にまとめて表示し、自分なりに使いやすい形にカスタマイズできます。 Aipo(アイポ)のさまざまなアプリを自由に配置できるので大変便利です。 例えば、タイムカード機能を表示させておくことで、出勤してすぐにタイムカードを打てるようにしたり、カレンダーを二つ表示して、「自分の予定」と「部署の予定」を一緒に見たりできます。 また、 管理者が表示しているポータル画面の設定を、他ユーザーに適用することも可能です。 マイページ以外にも、新しいページを作ることができるので、統一画面とは別に自分だけのページを用意して、使いやすいようにカスタマイズするのもいいでしょう。 Aipo(アイポ)の始め方 それでは、実際にAipo(アイポ)を使い始める方法を紹介します。 ダウンロード <PCの場合> Aipo(アイポ)はクラウドサービスのため、ダウンロードは必要ありません。 <スマートフォンの場合> チャット機能のみ「Aipoチャット」として、アプリを配信しています。 iPhoneの場合はApp Storeから、Androidの場合はGoogle playから、それぞれダウンロード可能です。 ログイン方法 Aipo(アイポ)の公式HPにいきます。 まずは、「無料お試し」からメールアドレスを登録します。 Aipo(アイポ)から、登録したメールアドレスに確認メールが来きます。 メールに記載されているリンク先にアクセスします。 プロフィールを入力して、利用を開始します。 次回からは、Aipo(アイポ)公式HPの右上にある「ログイン」ボタンから、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインできます。 ログインできない場合は? ログインページにアクセスしてみてください。 Aipo(アイポ)のログインページは です。 もし他のアドレスにアクセスしていたら、オープンソース版の可能性があります。 システム管理者様にお問い合わせください。 Aipo(アイポ)のログインページが表示できない場合は、ネットワーク設定をご確認ください。 インターネットプロトコルをクリックして「プロパティ」ボタンをクリック。 DNSサーバーを指定している場合は現在の設定をメモして、一旦DNSサーバーのアドレスを 「8. 8」 に設定して「OK」をクリック。 8はGoogleが提供している無料のDNSサービスとなります。 再度 Aipo(アイポ) のログインページ に接続できるか確認。 ログインページが正しく表示されているのに入れない場合は、 ご自身のログインメールアドレス、パスワードが間違っていないか再度ご確認ください。 また、以下の場合はログインができませんので、管理者様にご確認ください。 アカウントが未登録• アカウントが招待中• アカウントが無効化されている• アカウントが削除されている Aipo(アイポ)の退会方法 Aipo(アイポ)にログインしている状態で、左下に表示されている自分のアイコンをクリックします。 メインメニューから「管理設定」をクリックします。 画面右下に「解約を申し込む」リンクがあるので、クリックします。 「解約お申し込み」が表示されるので、「解約する」ボタンを押すと、解約完了です。 Aipo(アイポ)の評判・口コミ 続いて、Aipo(アイポ)の良い評判と悪い評判について調べてみました。 Aipo(アイポ)の良い評判 実際に導入している企業の評判を3つ紹介します。 必要な機能だけ入れることができ、料金が安いところも魅力の1つのようです。 Aipo(アイポ)の悪い評判 悪い評判については、過去にアプリ版の不具合もありましたが、現在は改善されており、特に見当たりませんでした。 Aipo(アイポ)のまとめ Aipo(アイポ)は、 必要とする機能だけを入れることができる、便利なグループウェアです。 マニュアルを読まなくても使い方が分かるくらい、 直観的な操作で使用でき、あまりPCに慣れていない方でも導入しやすいツールです。 必要な機能の分だけ料金を支払えばいいので、コストも抑えられます。 すでに使っているシステムの足りない部分を補って併用したい方、できるだけ費用を抑えたい方にもおすすめのサービスです。

次の

IBM Watson・AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモアテンド)』|株式会社アイアクト

アイチャット

ライン オープンチャットとは? 今までのライングループと似ていますが、 ライングループは 「追加してる人しか」招待出来ないようになっていますが、 ラインオープンチャットでは 「追加をしていなくても」人が入ってくるスタイルです。 なので、ライン上にオープンチャットを作ると、 ライン上でグループの検索をして、 「誰でも」入れるように出来るという感じ。 オープンチャットでは、5000人。 ということになっています。 オープンチャットに軍配があがります。 なぜ5000人なのか?はわかっていません。 グループ通話機能 従来のグループでは、可能。 オープンチャットでは、不能。 というワケで、グループ通話で、わちゃわちゃ盛り上がりたい人は、 オープンチャットには不向きかもしれません。 グループ検索で参加 従来のグループでは、招待制。 オープンチャットでは、自分が好みなグループに選んで入れる。 (ようになる) 今回のオープンチャットの一番の目玉はこれかもしれませんね。 あくまで従来のグループは招待制なので、 「そのグループがあることを知っていれば」 どうにか頼んで入れてもらう、 ということは可能でした。 今回は、 「興味があるグループを自分で検索して」入る、 ということが可能になっていくようです。 従来のグループでは、自分が設定したライン名でグループに参加するのが常でした。 しかし、ラインが年々、「リアルな生活に近づく」につれ、 ライン名=本名またはそれに近い名前、でやらざるを得なくなってる人が、 多くいると思われます。 例えば、会社でもラインを使用してるだの、リアルな友人間でよく使うだの。 そういったことで、匿名性は保障されてはいるのですが、 リアルを交えると、完全に匿名ではやっていけない。 そんなもやもやはある人が多いんではないでしょうか?? 今回のオープンチャットでは、 「オープンチャット専用のニックネームをつけれる」 というわけです!! これはかなり匿名性を確保出来ますよね^^ グループとオープンチャットは実は全然違うもの! 従来のグループとオープンチャットの違いを書いてきましたが、 見ていただければわかるように、グループとオープンチャットは全く違うものになるわけです。 ラインを通じて、トークをする。 この一点だけを見れば、同じように見えますが、 かたやグループ通話機能があり、かたやなかったり。 かたやグループ検索機能があり、かたやなかったり。 もうこれは、完全に別の種類の機能といってもいいくらいに、差別化がされています。 オープンチャットの使い方 オープンチャットを使うようにするためには手順があります。

次の