夢をみる島。 スイッチ版リメイクゼルダの伝説夢をみる島は面白い?過去作評価感想まとめ!

スイッチ版リメイクゼルダの伝説夢をみる島は面白い?過去作評価感想まとめ!

夢をみる島

ニンテンドースイッチ版『ゼルダの伝説 夢をみる島』は原作を忠実にリメイクしており、細かいところまで再現しています。 そうなると気になるのが「どこまで原作の小ネタや裏技が残っているんだろう?」ということ。 というわけで、この記事では『ゼルダの伝説 夢をみる島』の小ネタ・裏技がリメイク版でどうなっているのか検証をしていきます。 なんとリメイク版でもこれが再現されており、同じ行動を行うといたずらたぬきが空を飛ぶのです(ただし、原作と厳密に同じというわけではありません)。 リメイク版では判定がシビアになっているものの、店主のスキをついて盗み出すことが可能です(出口ギリギリではなく中央寄り気味で逃げ出すのがコツ)。 とはいえ、盗みという犯罪を犯してしまえば罪を償わなければならないのも当然のこと。 名前が変わってしまう部分もきちんと再現されています。 バズブロブに粉をかけると、アドバイスをしてくれるキャラクターに変化するのです。 また、砂漠の骨や花に囲まれた墓(イベント後)などにも効果あり。 このあたりも原作のままとなっています。 これも原作と変わらず。 次のページ:会話の小ネタや時限で見られるイベントもきちんと再現! 《すしし》.

次の

ゼルダの伝説 夢をみる島 オリジナルサウンドトラック【初回数量限定 三方背BOX仕様】

夢をみる島

ゲームボーイ版『夢をみる島』の発売から実に26年、 ついにリメイク版が発売されましたね。 「リメイクはオリジナルに及ばない」という意見はあります。 まあ、これは仕方ないことでしょう。 私にとっても、オリジナルを少なくとも 2桁くらいは周回したので、 思い出深い作品であります。 しかしながら、このリメイク版はオリジナルに負けず劣らずな作品と 個人的に思っています。 古参の自分がそう思ったのだから、リメイクとしては十分いい出来でしょう。 そんな思い出深いゲーム 『ゼルダの伝説 夢をみる島』が、 なぜ今なお語り継がれる名作なのかを考えてみたいと思います。 それではまず、この『夢をみる島』のコンセプトとしては、 『ゲームボーイにおける最高傑作』というのは有名な話でしょう。 そして、そのコンセプト通りに、ゲームボーイにおける名作の一角として その名を連ねています。 当然、『ゼルダ』の名前だけで売れたわけではないため、あらゆる要素が 合わさって、プレイヤーの心に残り続けているのです。 この記事では、その要素を洗い出してみます。 個人的な意見がありますので、参考程度に思ってください。 ・世界観について 『夢をみる島』のストーリーは、『コホリント島』という南の島が 舞台になっています。 嵐に遭い、遭難したリンク プレイヤー はこの島の浜辺に流れ着き、 ゼルダ姫とよく似た少女『マリン』に介抱されて目を覚まします。 この島に生活する人々 たまによくわからない生物 はどれも個性的な キャラが多く、非常にコミカルな雰囲気があります。 この作品は『ゼルダ』シリーズの 第4作に当たり、これの前の作品は スーファミにおける名作の一つ『神々のトライフォース』です。 『神トラ』の時点で個性的なキャラは数多く存在しましたが、 今作『夢をみる島』のキャラがこれ以降の作品に登場したことを考えると、 今作の雰囲気が及ぼした影響は少なくはないでしょう。 例:マリンの父親で、マリオにそっくりな風貌の『タリン』、要所で リンクに助言を与える『フクロウ』が『時のオカリナ』にも登場している。 ただし、どちらも全くの別人 また、他のシリーズとは大きく異なる点が数多くあります。 それは、『クレーンゲーム』や『黒電話』など、 現実かつ現代の品物が 普通に存在していることや、クリボーやパックンフラワー、ヘイホー、 カービィ ただし別人? などが敵キャラとして登場し、『マリオUSA』の ラスボスであるマムーや『カエルの為に鐘は鳴る』のライバルである リチャード王子が住人として普通に存在したり、あるキャラに至っては なぜかピーチ姫のブロマイドを持っていたりなどです。 また、後に発売された『どうぶつの森』のような童話的な村も存在し、 現実とファンタジーが入り混じった不思議な世界観を形成しています。 複数の他シリーズのキャラが『コホリント島』に存在している理由や、 妙に混沌としたキャラ 歌って踊るマンボウや現代的な服装の釣り人など が 存在していることは、すなわち これこそが 終盤の伏線であると考えられます。 眠ったときに見るであろう『夢』は整然としている物ばかりではないこと。 かつ、クリアには かつて 『夢の国』を支配したマムーに会う必要がある。 また、他シリーズのキャラは登場してないものの、後年の『ムジュラの仮面』は 『夢をみる島』と酷似した要素が存在します。 夢をみる島:風のさかなが見た夢に リンクの意識が同調した世界 『コホリント島』を冒険。 妙に現代的な品物 黒電話など が存在する。 ムジュラの仮面:リンク、ムジュラ、スタルキッドの 意識が同調し、 あたかもパラレルワールドのように生まれた世界『タルミナ』を冒険。 妙に機械的でファンタジーの雰囲気にそぐわないダンジョンである 『グレートベイの神殿』が存在する。 『ムジュラ』にもバンドグループ『ダル・ブルー』の演奏する曲として 『風の魚』というものが存在しており、裏設定によると、 『タルミナ』の世界もリンクが去った後は 消滅してしまったようなので、 あまり無関係とも言えないと思います。 ベクトルは違うものの、『混沌とした』要素があることも共通しています。 少し話は逸れましたが、この 混沌としつつも親しみやすい世界観が 印象に残りやすかったのだと思います。 ・ストーリーについて 間違いなく、本作の評価点の大部分を占めている要素です。 ゲームボーイ中期の作品とはいえ、グラフィック面で魅せる演出は 不可能でないにしろ、容量的にはかなり難しい問題ではあります。 後期では容量が増えたため『ふしぎの木の実』で実装されている 容量をうまくやりくりして印象深くするには、やはりストーリー面に 特に力を入れる必要があります。 グラフィックとテキストでは、テキストの方が容量をあまり使わずに済む 『夢をみる島』のストーリーをざっくり説明すると、• 遭難したリンクが『コホリント島』に辿り着く• ヒロインである『マリン』と出会う• 自分の持ち物を探していると、喋る『フクロウ』に導かれる• 『8つの楽器』を集めることが島を出る唯一の方法と教えられる• 個性的な住民たちと交流し、島の冒険を進めていく• 終盤でマリンの葛藤が描写される• 『消えたくない』という思いを持った『悪夢』を撃破する• 島の全てを犠牲にして、リンクは『夢』から目覚める という、 『勧善懲悪』では済まされないどんでん返しがあります。 この真実をプレイヤーは知ってしまいますが、それでもなお島の住人は いつものように生活を続けています。 唯一、マリンだけがこの世界の正体を察してしまっているような描写が あることが、プレイヤーにさらなる迷いを生むでしょう。 そして、ダンジョンのボスとラスボスのセリフを要約すると、 『お前 プレイヤー さえこの島に来なければ、 自分たちは存在し続けられた』 というものであるため、 本当の 『悪』はリンク プレイヤー というような、 善悪をプレイヤーに問いかける要素もあります。 プレイヤーもまた 現実の存在であるため、いつかはゲームを終えて、 現実の生活に戻る必要があります。 自分が『生きる』ことを 『善』と捉えるか 『悪』と捉えるかは、 ここはもう、個人の思想に関わる問題でしょう。 しかしながら、『風のさかな』がリンク プレイヤー に授ける言葉に、 「この島の思い出は 現実として心に残る。 君はいつか、 この島を思い出すだろう」 ・・・・・・というものがあります。 目覚めることで =ゲームを終えて いつもの生活に戻るということ、 生きている限りは 再び 『コホリント島』 という世界の夢をみる =ゲームを新たに始める ことを想定しているようなメッセージであり、 目覚めの使者リンクへの言葉でありながら、メタの存在であるプレイヤーへの 言葉であるように思えます。 『善』か『悪』かでは決して割り切ることができない展開や、 メタ要素であるとすぐには気付けない絶妙なメッセージ性が、 今なお名作と語り継がれる要素なのでしょう。 ・小ネタについて ストーリー面で特に評価されていると思いがちですが、 非常にカオスなギャグ要素もまた、この作品の魅力であると思います。 特にマリン関連。 例3:マリンと一緒にクレーンゲーム リメイク版は 上か右かしか動かせないのに、 右下 店主のいるところ に クレーンを移動させるようなバグ技を知っているほどのプロらしく、 この直後に放り出される。 ゲームボーイでは自分も店主にクレーンを向かわせることができるが、 掴むことは不可能。 ・・・・・・とまあ、妙にはっちゃけた小ネタが満載であったことも 印象深さに拍車がかかったのでしょうねぇ。 他も多数アリ よくもまあ、これだけ詰め込んだな・・・・・・。 『名作である』と言われ続けているだけあり、考えていて「なるほど」と 思った要素がかなりありましたね。 個人的に オリジナル版をやったことが無いのに読んでしまった方も、 この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか? オリジナルしかやったことが無い方も、現代的解釈が盛り込まれていて、 なかなかいい感じのリメイクになっていますよ。 さすがに、人魚のアレは修正されてしまいましたが。

次の

ゼルダの伝説 夢をみる島

夢をみる島

CV: switch版 、 概要 浜辺で島に流れ着いたを見つけ、介抱してくれた心優しい少女。 のメーベの村に住んでおり、歌を歌うのが大好きで、いつも広場で「かぜのさかな」の歌をうたっている。 島民たちからも好かれるアイドル的存在。 砂浜へ出掛けては一人で海を見つめており、父親のタリンからは海の向こうには何もないと教えられているが、海の向こうから流れてくるヤシの実を見て 「きっと海の向こうにも何かがある!」と固く信じている。 初めてリンクを見つけたときドキドキしたと語り、海の向こうからやってきたリンクが何かを告げに来たのかもしれないと考えていた。 外の世界から来たリンクにはとても興味を抱いており、いつかリンクの生まれた国へ行ってみたいと語るシーンもある。 また、興味だけでなく仄かな想いも寄せているようだが……… なお、かぢばあたるのコミカライズ版ではリンクと両想い同然の仲となる。 コホリントの住民の中では唯一「 島の外」に興味を抱き、焦がれている。 終盤のイベントではマモノたちに意地悪をされて吊り橋の上に置き去りにされてしまうが、リンクによって助けられた。 その際に「何か」を告白しようとしたが、タリンが迎えに来たため答えを口にすることはなかった。 このイベントの後にメーベの村にいるマリンに話しかけると、島を去っても自分たちの事を忘れないでほしいと告げる。 家族には父親のタリンがいるが、なぜか呼び捨てにしている(GB版の説明書に「マリンの父」と紹介されている)。 歴代ヒロインの中では「歌うのが好きな村娘」と普通なように思えるが そんなことはなかった。 またシリーズにおいて初めて登場した以外のヒロインである。 その他 オカリナを手に入れた後で話しかけると「かぜのさかなのうた」を教えてくれる。 これはラスボスと戦うための必須条件となっている。 ただし時期によってはマリンの居場所が変わるため注意が必要。 容姿はに瓜二つ。 ふしぎの木の実に出るゼルダ姫は、キャラクターグラフィックに僅かに手を加えたものでほとんどマリンと同じ。 ただし、イベントグラフィックでは時のオカリナ準拠。 『 』のの元ネタである。 ただし、マロンはどちらかといえばのデザインが混じっている。 ゼルダ無双では、ダウンロードコンテンツとして登場。 使用武器は「ベル」で属性は水。 ベルをぶん回しての「回転攻撃」で雑魚を蹴散らし、ボスは水の魔法弾による特殊攻撃やかぜのさかなを召喚して突進させる攻撃で大ダメージを与えられる。 ただし特殊攻撃は一瞬のタメがあるので、間合いを見誤ると後の先で潰されるので注意。 初登場から実に23年ぶりのゼルダシリーズに再登場である。 「夢をみる島パック」のダウンロードで使用可能になり、同時にコホリントをモチーフにしたマップやの新武器などが追加される。 Switch版では、コホリントマップの最初のステージクリアで解放。 ちょっとキャラのレベルを上げればクリアできる程度の難易度なので解放自体は楽。 本作での担当声優は、ゼルダマニアとして知られる。 性能 どんな状況でも優位に立てる万能キャラであり、性能もトップクラス。 こどもリンクのように爆発的な火力アップができるわけではないが、敵にダメージを与える手段が豊富。 特に隙の少ない強5と、広範囲に大ダメージを与える強6(かぜのさかな召喚)が強力。 特殊攻撃もゲージをMAXまで貯めて使えば必殺技並みの威力を発揮する。 基本的に特殊攻撃は威力が低めに設定されているのだが、マリンと真のミドナだけは大ダメージを与えられる。 これだけでもマリンが相当優遇されているのがわかるだろう。 通常攻撃の射程が長めなので適当にボタンを押しているだけで雑魚を一掃できる。 強攻撃4の回転斬りを使えばさらに殲滅力が上がる。 武将相手には強5か6を撃っているだけで簡単に勝てる。 巨大魔獣は強6を2回(ナルドブレアには1回)撃ち、追撃に必殺技か特殊攻撃を入れればWPを削り切れる。 ストーリーには登場しないが、アドベンチャーモードのステージでは救援として駆けつけてくれる。 敵として登場するマリンはもちろん手強く、コンボを決められてあっという間に体力を削り取られる(一度決められると回避では逃げにくい)。 反面、攻撃の殆どはガードで対処可能なので隙を見てWPを突こう。 ただし過信は禁物。 前述の回転斬りでめくられる可能性もある。 の最強武器を手に入れるためにはマリンを倒す必要があるのだが、ここで戦うマリンはかなり強いので、テトラをしっかりと鍛えていないと返り討ちにされる。 小ネタ ベルの説明文には 「目覚めをもたらす」とある(初期使用武器がセイレーンの楽器と同名)。 目覚めさせていいんかいってツッコミたくなる説明文である。 原作での彼女を知っているとなんともモヤモヤしてしまう。 敵として登場するマリンを倒すと「ゼルダのティアラ」「ゼルダの髪飾り」をドロップする。 あとグラフィックがすごい美人。 ちなみに スカートの中は暗黒空間のため見えない。 アドベンチャーモードの「コホリントマップ」にいる20匹の黄金のスタルチュラを倒すと、ごほうびマップに「少女にせまる悪夢」が解放される。 内容は、魔獣島を侵略しに来たにマリンが襲われるというもの。 プレイヤーはマリンから「この島を守って」と助けを求められる。 ……のだが、肝心のマリンが巨大魔獣を見てワクワクしたり、魔力泥棒が現れるとを口にしたりといちいち緊張感がない。 しかしピンチなのは本当なので助けてあげよう。 関連イラスト コホリント島は「かぜのさかな」が見ている夢の世界。 マリンを始めとする島の人々も夢の中の存在。 神の目覚めはコホリントに存在するすべての終わりを意味する。 コホリントが泡となるとき、マリンもまた泡となって消える。 マリンはこのことを知らなかったようだが、終盤では密かに聖なるタマゴの前で「かぜのさかなのうた」を唄っていたことが判明する。 つまり彼女は目覚めることを望んでいたのだ。 このためマモノたちに目をつけられ吊り橋に置き去りにされたのである。 ただし、一度もゲームオーバーにならなければエンディングの後、翼を生やしたマリンが飛んでいく姿が見られる。 DX版以降の作品では見上げた空にマリンの顔が浮かび、以前マリンが語っていたカモメが一羽飛んでいく。 あのカモメは「 ずっと遠くへ飛んで行き、いろんなところでいろんな人たちと歌いたい」と語ったマリンの生まれ変わりだったのか、その答えは誰も知らない。 これらのことから既存のシリーズのように「世界を救う物語」ではなく、「夢の世界に生まれた一人の少女を現実世界へと羽ばたかせる物語」なのだろう。 ここから先はさらなるネタバレ……? マリンの本性? 「カギのあなぐら」をクリア後、マリンと一緒に行動できるデートイベントが発生する。 その時に特定の行動をとると意外な一面が見られる。 タンスを調べる 「 リンクって いつもこんなことしてるの?」• メーベの村の井戸に落ちるとマリンに押し潰される 「ふうっ…… びっくらこいた ギャーーッ! ゴメンナサイ! 大丈夫? リンク?」 DX版ではこのシーンが写真になっており、リンクの苦悶の表情が見られる。 オカリナを吹く 「 イマイチ. えっ!? わたし なにかいった? きのせーよ! きのせー!」 Switch版では「笑顔で誤魔化す」演出が見られる。 コッコを攻撃する 「ダメーーッ! ニワトリさんが かわいそうじゃない! モオッ! 普段はこう発言するが、低確率でこう言ったりもする。 「 キャハ! やれー! やれー! もっとやれー! ・ ・ ・ ・ いやっ なんでもないわ. ツボを投げる 「 あーーっ! あーあ イケナイんだあ!」 普段はこう発言するが、低確率でこう言ったりもする。 「 キャーーーッ! わって! わって! どんどん ブチこわしてっ!! えっ? なに? どうかしたの?」• はやりのゲーム屋に連れて行く マリンに遊ばせるか選択肢が出るので返答する。 「 いいウデ してんじゃねーか。 オメーさては. プロだなっ!?」 この後、マリンを連れてゲーム屋に入っても彼女の姿はない。 どうやら出禁にされたようだ……。 万引きする 「やっぱりわたしは、うたがすき! は、なにがすき?」 主人公の名前が「どろぼー」で固定されるのでストーリーが台無しになる。 ダンジョンに入る 「えっ? 中に 入るの? わたし、ここで待ってる……気をつけてネ リンク……」 マリンはダンジョンの外に待っているので連れて行くことはできないが、特定の条件を満たして外に出るとマリンの台詞が変化する。 しかもゼルダ無双にも上記を意識した台詞が 多数見られる。 デート中に見せる身体能力もなかなかのもの。 リンクがロック鳥の羽根で穴を飛び越えればマリンも同じようにジャンプし、ペガサスの靴でダッシュすればマリンも猛ダッシュでついてくる。 絶対に振り切れない。 このデートイベント中はマリンの意外過ぎる一面が披露されまくるので、イメージが変わったプレイヤーも多いはず。 さすがコホリント島の住民である。 ちなみにDX版で写真撮影のイベントがあるのだが、この時にタリンがリンクとマリンの間に割って入ってくる。 一見すると三人で仲良く写真を撮っているように見えるが、プリントされた写真では タリンを睨んでいる。 ちなみにリンクはジト目。 漫画版「夢をみる島」 作者は。 ゲーム同様にヒロインであるが、上記のようなぶっ飛んだ面はなく、明るく優しい普通の女の子として描かれている。 一人称は「あたし(ゲーム内ではわたし)」。 リンクにどうぶつ村まで護衛されたことがきっかけとなって両想い同然の仲となる。 リンクがいずれ島から出て行くと知ると落ち込んでしまうが、その様子を見た彼から「全てが終わったら一緒に故郷に来てほしい」と告げられる。 マリンは快諾した後、リンクの言葉を思い出しては照れ笑いをするなど彼への好意を強くしていくのだが……。 その後、リンクは自分の使命とコホリント島の正体を知ってしまう。 目覚めの使者としての使命から逃げるべく、リンクは独自にイカダを作り、マリンを連れて島を出ようとする。 しかし一日中漕いでも島はまったく遠ざからず、リンクの掌が血豆だらけになったのを見たマリンは、涙目で村に戻ることを提案する。 浜辺に戻ったマリンは、リンクから島の外に出たい理由について尋ねられる。 マリンが語ったのは、幼い頃から見ているという夢の話だった。 夢の中のマリンは島の外を出て色んな人たちとたくさん話をしたり、歌をうたったりしていた。 余りにも何度も見るので「これは夢だ」ってわかるようになった。 「 夢なら覚めないで」でと願うマリンだが、けれどそれは夢でしかなく。 「 いくら楽しくてもそれはしょせん夢でしかないわ。 いつかは覚めなくちゃいけないよね」 この話を聞いたリンクは大きく心を揺さぶられ、直後に現れたフクロウおやじとの会話で目覚めの使者として立ち上がるのだった。 最終話ではリンクから肩を掴まれ、そのまま告白されそうになった。 しかしリンクは何も言うことができず、「行ってきます」と告げ、マリンもまた「行ってらっしゃい」と最後の戦いに向かう彼を見送った。 これが、二人が交わした最後の会話となった。 最終話ではリンクのオカリナの音色に合わせて「かぜのさかなの歌」を歌い、共に夢から目覚めることとなる。 マリンたちは消えてしまったが、リンクの心の中には想い出という形で「オレのコホリント島」は確かに存在していた。 関連記事 親記事.

次の