痒み 原因。 股間のかゆみの原因と対処方法とは?!

デリケートゾーン(陰部)のかゆみの症状・原因|くすりと健康の情報局

痒み 原因

痒みと痛み [ ] 痒みとは以下のような共通点を持つ:• 薬を近くに注射すると(C線維による)痛みと痒みが最初に消える• 末梢神経を圧迫した場合、痛みと痒みは最後まで感じられる• 痛みも痒みも原因となった刺激の周辺の皮膚が過敏になる現象が発生する• の患者は痛みも痒みも感じることができない 一方で、以下のような違いもある:• 痒みは引っ掻き反射を引き起こすが痛みは屈曲反射を引き起こす• 痛みは皮膚、眼瞼結膜、鼻粘膜以外でも感じられる• お湯につけた場合など温度による影響が異なる• を除去すると痒みは感じられなくなるが、痛みにはより敏感になる• には鎮痛作用があるが、痒みには過敏になる なお、痒みと痛みは非常に複雑に関係していると考えられている(後述)。 痒みが起きる原因 [ ]• などの化学物質による刺激。 食べ物などによる反応はヒスタミンを遊離する。 、などの皮膚疾患。 やなどの吸血による物。 やなどの病気や 末期• 心理的要因、• 異物接触。 ダニ等の虫や植物特定の草や花等、腕時計のバンド、着慣れない服。 不衛生• 温度の急激な変化• 特に体が寒い所から急に暖かい所に行くと痒みを感じることがある• 栄養不足• 血行不良 アトピーなどは痒み過敏の状態を引き起こし、衣服の接触といった通常では痒みにならないような刺激を痒いと感じるようになる。 治療 [ ]• や内服・注射・外用、などが用いられる。 皮膚柔軟剤(emollients)を第 1 選択薬とする。 ・といった皮膚柔軟剤は特に、、皮膚バリア障害に適している。 を遮断することにより症状が改善することがある。 の、鎮痛剤のや、 の、、、、のなどが有効なことがある。 その他語法 [ ] 隔靴掻痒 「靴の上から足をかいても痒みは収まらない」という事から転じて、何をやっても手ごたえがないもどかしい状態の事を指す。 麻姑掻痒 「を倩(やと)いて痒きを掻く」とも。 物事が思いのどおりになること、物事が行き届くことを指す。 痒みの意義 [ ] 痛みの意義については、外からの危害を避けるための無意識的な反射活動 と捉えられている。 痒みも、従来は神経が反応して起きると考えられており、痛みと同様にその防衛反射をさらに補強するものと思われていた。 言わば痛覚の軽微なものが痒みであり、掻く事で痒みが抑えられるのは明確な痛覚を与えるためと考えられていた。 しかし、痒みが痛みとは独立した神経経路をもった感覚であり、痛みには反応しないの内側部ので反応が起きていることが発見された。 痒みに対して掻くことで症状を一層悪化させることがあり、身体に危機を発する痛みと異なり、痒みの意義については不明であり、現代医学の限界点である。 痒みを引き起こす代表的な原因物質であるヒスタミンが痛みの神経を活動させたり、やなどの痛みの原因物質が痒みの神経を活動させることがわかっており、痒みと痛みは非常に複雑に関係していると考えられているが、これらがどのような経路(内側毛帯路、、など)で伝えられるか、同じく頭頂葉にあるを含むとの関連性は未だ解明されていない。 特に掻く事で痒みが抑えられる理由については、かつては上述の通り痛覚との関連で説明されていたが、現在ではそれが否定されてしまったために、不明になってしまった。 痒みに過剰に反応してしまい痛いと自覚するまでに自身を自傷してしまうことがある、痒みが引っ掻き反射行動を自律的に起こすことができる体の部位に限定されている、などの理由の説明はついていない。 脚注 [ ] [].

次の

かゆみ

痒み 原因

2 どうしてかゆくなるの? 私たちにとって「痛み」や「かゆみ」は大切な皮膚感覚です。 かゆみは、痛みとよく比較され、両者とも神経を伝わって感じることから、かつては「痛みの神経が感じる弱い痛みがかゆみである」と考えられていました。 私たちは経験的に「痛み」は皮膚だけでなく体の内部でも感じることを知っていますが、「かゆみ」は体内の臓器では感じません。 「胃が痛い」ということはあっても、「胃がかゆい」ということはないことから、痛みとかゆみを脳に伝える神経はそれぞれ別々の神経であるという説が提唱されました。 今では、この説は正しく、痛みとかゆみは異なる神経によって脳に伝えられること、かゆみを伝える神経は「C-線維」とよばれる細く、伝導速度(情報を伝える速度)が遅い神経であることが明らかになりました。 最近の研究では、伝導速度の速い神経であるA-線維の一部もかゆみの伝達に関わることが明らかにされています。 一端、かゆみが生じると私たちはかゆい場所を引っ掻きます。 掻くと最初は気持ちが良いですが、その後は痛みが生じるために掻くことを止めますが、同時にかゆみも鎮まります。 それでは、なぜ、引っ掻くとかゆみが鎮まるのでしょうか。 最近の研究から、皮膚から脳へ感覚情報を伝える中継地点の脊髄のなかで、痛みの神経回路はかゆみを伝える神経回路を抑制することが明らかにされました。 すなわち、かゆいところを引っ掻くと痛みの神経回路が活動し、それがかゆみの神経回路の活動を鎮めるわけです。 後述するように、アトピー性皮膚炎の患者さんでは「掻いても掻いてもかゆい」と訴える場合があります。 近年、この原因の一つに、前述した「痛みによる鎮痒の仕組みの異常」が関係しているのではないかと推察されています。 3 どうして掻くといけないの? かゆいところを掻くと一時的に「気持ちいい」と感じます。 しかし、掻き過ぎると、皮膚を傷つけたり、湿疹などの皮膚のトラブルが悪化したりするだけでなく、わずかな刺激にも反応してかゆみが起こりやすくなる「かゆみの悪循環」を発症します。 かゆみを感じると、ついつい掻いてしまいます。 掻くと気持ちが良いし、ひりひりするまで掻いてしまえば、しつこいかゆみから一時的に逃れることができます。 しかし、強く掻くと皮膚のバリア機能、すなわち外からの異物に対する防御機能が低下してしまいます。 また、体の中から水分が外に逃げてしまい、皮膚から水分が失われることで乾燥肌になります。 バリア機能の弱まった皮膚からは、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンなどが体内に入りやすくなり、衣服のこすれなどのちょっとした刺激によってもかゆみ神経を刺激することでますますかゆくなります。 また、かゆいところを掻くと皮膚に存在する細胞から炎症を促すさまざまな物質やかゆみの神経にはたらく物質が放出されて、結果的に皮膚炎がさらに悪化し、かゆみも強くなります。 いったん掻き始めると、そのまわりの皮膚もかゆくなったりします。 すると、もともとかゆかった場所よりも広い範囲を掻いてしまい、皮膚のダメージは広がり、皮膚炎はどんどん悪化します。 例えば、アトピー性皮膚炎の患者さんのしつこいかゆみは、この「かゆみの悪循環」が原因であると考えられています。 オピオイドによるかゆみ かゆみの原因は皮膚局所にある場合が多いですが、最近ではこれとはまったく異なる原因で起こるかゆみがあることがわかってきました。 それがオピオイドによって生じるかゆみです。 強力な鎮痛薬として使用されるモルヒネは、痛みを鎮める作用と同時に、かゆみを起こす作用があることが知られていました。 私たちの体内では、モルヒネと同じ働きをするオピオイドとしてベータエンドルフィンという物質が作られていますが、この物質が増えると強いかゆみが起こります。 体内には、ベータエンドルフィンとは逆に、かゆみを抑えるオピオイドとしてダイノルフィンという物質があります。 ベータエンドルフィンとダイノルフィンはそのバランス(割合)によってかゆみを強めたり弱めたりすると考えられています。 例えば、強いかゆみに悩まされている透析患者さんでは、血液中のベータエンドルフィンの量がダイノルフィンの量に比べて多いことがわかっています。 この2つの物質のバランスの異常が、透析患者さんのかゆみの原因の一つであると考えられています。 こうしたかゆみを和らげるために、体内のダイノルフィンの割合を増やせば良いのではないかという発想で長い間研究が行われてきました。 現在では、その努力が実り、ダイノルフィンと良く似た働きをする内服薬が透析患者さんのかゆみ治療薬として使われています。 また、最近の研究ではこの内服薬は原発性胆汁性肝硬変の強いかゆみにも効果があることがわかってきました。 5 なかなか治らないかゆみとは? なかなか治らないかゆみを理解するためには、かゆみを引き起こす物質として有名なヒスタミンについて知ることが大切です。 皮膚のなかにはヒスタミンを作る細胞が存在しており、その代表が肥満細胞(ひまんさいぼう)です。 皮膚に存在する肥満細胞が刺激されると、ヒスタミンを分泌します。 分泌されたヒスタミンは、血管にはたらきかけ、皮膚が赤くはれます。 また、ヒスタミンが神経にはたらくと強いかゆみを起こします。 これが蕁麻疹(じんましん)で、蕁麻疹のかゆみはヒスタミンが神経にはたらきかけることで生じることから、かゆみの第一選択薬である抗ヒスタミン薬によってかゆみが鎮まります。 また、皮膚の表皮ケラチノサイトもヒスタミンを作り、分泌することもわかっています。 イラクサなどの植物のとげにヒスタミンなどが含まれている場合もあり、そのとげが皮膚に刺さることによってもかゆみを感じます。 ヒスタミンを分泌させる刺激とは? 接触アレルギー 肌に何かが接触するとそれが刺激となってかゆくなることがあります。 「かぶれ」ともいいます。 植物アレルギー:ウルシ、タンポポ、イチョウなど• 金属アレルギー:アクセサリー、虫歯や矯正の金属など• 化粧品:口紅、染毛剤、日焼け止め、アロマオイルなど• 薬:湿布、ばんそうこう、目薬、防腐剤、消毒薬など• その他:ゴム手袋、歯みがき粉、シャンプー、洗剤など 食物アレルギー 食べると蕁麻疹を起こしやすい食品があります。 青魚、エビ、カニ、そば、ナッツ類、卵、肉、乳製品、アルコール類などです。 虫刺され 虫に噛まれたり刺されたりすると、赤く腫れてかゆみを感じます。 毒の成分にヒスタミンなどが含まれていてかゆみや炎症を起こします。 蜂、ムカデ、蚊、アブ、毛虫、ガなどです。 温度変化 冷えていた体が急に温まったり、その逆の温度変化が起こると、広い範囲でかゆみを感じることがあります。 お風呂やスポーツ、暖房器具などが原因になります。 ストレス 勉強や仕事などで生じる強いストレスによってかゆみを強めることがあります。 しかし、抗ヒスタミン薬を内服しても効果が無く、なかなかかゆみが鎮まらない場合や、何度も繰り返し、かゆみが生じる場合には、ヒスタミン以外の原因によってかゆみが起きていることが考えられます。 最近の研究では、ヒスタミン以外のいろいろな物質によってかゆみが引き起こされていることがわかっており、例えば、セロトニン、タンパク質分解酵素、脂質、サイトカインなどがあります。 肥満細胞はヒスタミンだけでなく、その他のかゆみ物質も分泌することがわかっています。 これらのヒスタミン以外のかゆみ物質は肥満細胞だけでなく、免疫細胞や表皮ケラチノサイトなどでも作られ、分泌されます。 前述したように、乾燥肌になるとかゆみのC-線維が体の表面近くまで伸びています。 この神経が外界の刺激である衣服のこすれなどの刺激を受けることでもかゆみが起こりますが、このようにして生じたかゆみにヒスタミンは関与していないため、抗ヒスタミン薬が効きません。 抗ヒスタミン薬を使ってもかゆみが改善しない場合には、アトピー性皮膚炎や内臓疾患などを疑って、早めに受診することが大切です。 こうした病気に伴うかゆみは、前述したようにヒスタミン以外の原因でかゆみが起きているために、抗ヒスタミン薬が効きにくいと考えられます。 特に注意したいのは、内臓疾患によるかゆみです。 単なるかゆみと思って放置していると、病気そのものが悪化する可能性があります。 かゆみをともなう内臓疾患として、糖尿病、腎不全、肝硬変の一種(原発性胆汁性肝硬変)、内臓がんなどがあります。 内臓疾患によるかゆみは、抗ヒスタミン薬でかゆみが改善しないことに加えて、肌には目立つ異常はなくても夜も眠れないようなかゆみがしつこく起こり、乾燥肌の特徴がみられる場合があります。 なかでも、透析患者さんや原発性胆汁性肝硬変患者さんのかゆみには、前述した脳内モルヒネともいわれるベータエンドルフィンが関与することが分かっています。 なかなか治らないかゆみが起こったときには病院に行き、検査を受けると良いでしょう。

次の

目がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

痒み 原因

こんな頭皮の症状、原因は? かゆみ、フケ、かさぶた、チクチク痛む、抜け毛…頭皮の悩みも人それぞれ違います。 顔ならひとめでわかって気にしますが、頭皮についてはつい後回しになってしまいますよね。 でも、皮膚科でしっかりと原因を探って治療しないとやっかいなことになることもあります。 かゆみの原因はカビやダニかも 頭にカビというとぎょっとするかもしれませんが、頭皮にもカビがいるのです。 代表的なものは マラセチアというカビの一種です。 これは皮膚にいる常在菌です。 汗や皮脂などによって増殖すると脂漏性(しろうせい)皮膚炎の原因になります。 マラセチアはたとえば、洗髪して濡れたままでいると繁殖します。 乾燥した、あるいは脂っぽいフケをともなった頭皮のかゆみが続き、地肌が赤くなるようなら脂漏性皮膚炎かもしれません。 症状が重くなると、頭皮に厚いうろこ状の発疹ができ、はがれ落ちてくることもあります。 人の毛穴に潜む皮膚ダニもいます。 清潔にしていても皮膚にすみつきます。 増殖するとダニの排泄物が増え、これがアレルギーなどを引きおこす原因になります。 頭皮のかさぶたは乾癬が原因? 乾癬(かんせん)は赤く盛り上がった発疹があらわれ、皮膚の生まれ変わりが早くなり鱗屑(りんせつ)という白いフケになってポロポロとはがれてくる病気です。 ほかの人にうつるものではありませんが、はがれ落ちる前の状態がかさぶたのようになります。 また、 脂漏性皮膚炎によってかさぶたができる可能性もあります。 髪についた硬いフケ、もしかしたらアタマジラミかも 白いフケのようなものが髪の根元にみえるのに、全然落ちて来ないなら、それはアタマジラミかもしれません。 アタマジラミは頭髪に寄生する小さな昆虫です。 「シラミ?!」と驚く人も多いでしょうが、90年代からまた増加しています。 主に子どもの間で流行します。 清潔にしていても寝具、衣類、帽子、タオルなどの共用でうつります。 接触して過ごす場面の多い、子どものころにひろがりやすいのです。 家庭内感染でうつされる大人ももちろんいます。 発見した場合は感染を防ぐために幼稚園や保育園、学校などに知らせます。 発生を報告された学校などでは注意喚起が必要です。 痛みは神経痛や帯状疱疹の可能性 ブラッシング時など、頭頂部や生え際、後頭部などに電気が走ったようにピリピリと痛い場合は頭皮神経痛かもしれません。 自分でおかしいと感じる頭皮の部分を指で押すと強く痛む場合はその可能性があります。 帯状疱疹の痛みは 主に体幹部に帯状の湿疹があらわれます。 しかし、基本的に全身の皮膚に発症する可能性があるので、頭皮にビリビリとした痛みがあらわれることもあります。 産後のホルモンバランスの乱れも原因に 出産という大事を終えたお母さんには育児という次のストレスが待っています。 そこでおこる頭のかゆみは気になるものの、自分のメンテナンスに手がまわらない人も多いでしょう。 原因には、ホルモンバランスの乱れや寝不足などによるストレスがあります。 こうしたことが頭皮の血行不良や、乾燥などのダメージをもたらします。 また、忙しさで洗髪が不十分になっていることもあります。 かゆいところがハゲてきた! あらゆるダメージが引き金に 頭皮のかゆみをそのままにしていると、髪の毛が抜けることがあります。 皮膚の炎症は頭皮にダメージをあたえるからです。 マラセチアによる脂漏性皮膚炎などのほかに頭にできる水虫なども原因になります。 足にできるイメージの水虫ですが、水虫をおこす白癬菌(はくせんきん)にもいろいろ種類があります。 頭皮の水虫になると抜け毛がおこりやすくなります。 柔道、レスリングなどの格闘技を介して、海外から入ってきたトンズランス菌という白癬菌は頭皮にできます。 また、犬や猫が主にかかるミクロスポルム・カニスという白癬菌もあり、これはペットから人に感染する可能性があります。 空気の乾燥する冬にあらわれる乾燥性皮膚炎は、適度な水分や脂分が失われて頭皮がうるおいをなくし、乾燥することによってかゆみ、フケを生じます。 頭皮環境の悪化によって脱毛もおこりやすくなります。 アレルギーによって皮膚に強いかゆみをともなう発疹があらわれる アトピー性皮膚炎も、頭皮にあらわれれば抜け毛をおこしやすくなります。 また、自己免疫やストレスなどが原因と考えられる円形脱毛症では髪が抜ける前にかゆみを感じることがあります。

次の