オルフェ ゴール 展開。 オルフェゴールの4段展開|ヨーケ|note

オルフェゴールの4段展開|ヨーケ|note

オルフェ ゴール 展開

突然ですが質問です。 「強いデッキ」って何だと思う? 【ドラゴンリンク】みたいに展開力が高くて先攻だと勝ち確、後攻でもワンキルができるデッキ! 【閃刀姫】みたいに誘発を一杯入れられたり後攻でも捲りやすいデッキ! 【オルターガイスト】みたいに強い罠を一杯入れたりゴーキンを撃てるデッキ! 【サンダードラゴン】みたいに相手の動きを鈍らせたり強いシステムモンスターが出せるデッキ! 人それぞれ「強いデッキ」の価値観って違いますよね。 私はいつも環境で「強い」と思うデッキを使っているんですが、はっきり言って上の4つのどのデッキも「強いデッキ」なんですよね なんだそりゃ。 と言うよりも最近の遊戯王のテーマや環境デッキは私の考える「強いデッキ」の条件を満たしたものが多いんですよね。 で、その肝心の『強いデッキ』ってなんなのって話ですが 私は強いデッキの条件は 「選択肢が多いデッキ」だと考えています。 そしてその選択肢を対戦相手、状況に応じて使い分けれるデッキこそが 「強いデッキ」ではないでしょうか。 そして例にもれず【オルフェゴール】も複数の選択肢を使い分けながら戦うことが出来るデッキです。 前回の記事では基本となる ジェット+手札1枚の展開を紹介しました。 これはあくまで基礎の基礎なので手札が強くなくても最低限ここまでは出来る!という展開です。 今の【オルフェゴール】は 『最低でもガラテアクリマクス』による1妨害+リソース確保を行い、手札によってはさらに上の展開を目指すデッキとなっています。 最低でもガラテアクリマクスですよ?ガラテアクリマクス。 まぁこのガラテアクリマクスも前環境の【オルフェゴール】の先攻展開と比べてしまうと、前が《幻影騎士団ラスティバルディッシュ》+ 《幻影霧剣》+ 《幻影霧剣》+ 《オルフェゴール・ガラテア》+ 《オルフェゴール・クリマクス》 +《ヴァレルロード・S・ドラゴン》or 《召命の神弓-アポロウーサ》 だった訳ですからそれと比べると「それだけ?生命保険入っといた方がいい?」と不安になるかもしれません。 しかし今期の【オルフェゴール】も強いデッキなのでジェット1枚だと固定盤面ですが他のカードとの組み合わせにより多彩なパターンの展開を可能とします。 今回の記事ではそんな【オルフェゴール】の展開の進化のうち、使用頻度の高い3つパターンを紹介していきます。 それでは前置きが長くなりましたが、『オルフェゴールの進化論 中編 ~展開の進化論~』スタートです。 参考までに、前回の記事で紹介した構築を貼っておきます。 この構築を元に展開をしていきましょう。 ハリファイバーの効果でカノーネ特殊召喚。 ジェットシンクロンはデメリットで除外されます。 召喚成功時の効果でハリファイバーを装備し、カウンターを2個乗せます。 ここはオルフェゴールギミックの循環を切らさないために星杖をデッキに戻します。 万が一《水晶機巧ーハリファイバー》の効果に 《エフェクト・ヴェーラー》等の誘発を受けてしまっても墓地の 《オルフェゴール・ディヴェル》で 《オルフェゴール・トロイメア》にアクセスできるので《オルフゴール・クリマクス》までは行けますね。 展開結果に墓地リソースも書いているのは、今の【オルフェゴール】が先攻展開だけでゲームを制するデッキではなく、2ターン目以降のリソースが重要となるためです。 途中までは先程と同じなので省略します。 墓地のディヴェル効果でトロイメアをリクルートまでは先ほどの展開と同じです。 これによってハリファイバーを温存します。 バベルをそのまま発動します。 《オルフェゴール・バベル》フィールド魔法 1 :このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 元々のカード名に「オルフェゴール」を含む、 自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果は、 相手ターンでも発動できる効果になる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、 手札を1枚墓地へ送って発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 出典: 《オルフェゴール・バベル》はオルフェゴールモンスターの効果が相手ターンにも使えるように書き換えられる異質な効果を持ったフィールドです。 新型オルフェゴールでは 《オルフェゴール・クリマクス》をセットする機会が多くなるため、このカードが出せるという事は展開が上振れているという証拠になります。 ディンギルスの効果で除外ゾーンのディヴェルをエクシーズ素材にします。 この展開では相手ターンにバベルの永続効果が適用した状態でスケルツォンの墓地効果発動を目指すため、相手ターンにスケルツォンにアクセスするためにトロイメアとディヴェルの二段構えでスケルツォンへのアクセスを目指します。 これでトロイメアとディヴェルが墓地に行きました。 ここまで準備を行いターンを終了します。 召喚成功時の効果で魔法罠を破壊できるのでペンデュラムデッキのスケールを貼った時や【閃刀姫】の《閃刀機関マルチロール》発動、【オルターガイスト】の《オルターガイスト・マリオッター》効果の罠セット後に出せればお得ですね。 《TGワンダーマジシャン》は相手のメインフェイズにしかシンクロ効果を使えないので今回はメインフェイズに発動しますが、同じく相手ターンシンクロ効果を持った 《シューティング・ライザー・ドラゴン》でも《増殖するG》を墓地に送ってレベルを2下げればレベル5になるので、魔法罠破壊が必要ないシーンではライザーでもいいかと思います。 自分のターンサベージとクリマクスにこだわらなければこちらの方が強い盤面だと言えます。 注意しないといけないのが、スタンバイフェイズに 《無限泡影》をハリファイバーに受けてしまったり、 《墓穴の指名者》でディンギルスを狙い撃ちされてしまうと妨害の数が減ってしまうので自分のターンにサベージを出す展開よりもハイリスクハイリターンでしょう。 しかしながら、 《墓穴の指名者》を採用しない【オルターガイスト】や【サブテラー】等のスローデッキ系に対してはモンスターに触ることがキーとなるため、狙いにいって良いと思います。 ちなみに、このルートは初手がジェットシンクロン+ディヴェルの場合以外でもジェットシンクロン+オルフェゴール・トロイメアでも可能です。 展開方法に関してはジェットのコストで切ったトロイメアでディヴェル落とし、ディヴェルでスケルツォンリクルート、スケルツォンの墓地効果でカノーネを蘇生すれば上記と同じ盤面にできます。 《ジェット・シンクロン》と 《オルフェゴール・トロイメア》が初手にある場合だけでなく、当然 《オルフェゴール・ディヴェル》の場合も可能です。 トロイメアの場合、素引きディヴェルよりは弱い展開になるのですが、それでもジェット1枚よりは格段に展開が伸びるので覚えておきましょう。 もう覚えましたね。 ここではスケルツォンを特殊召喚します。 ここはガラテア2体目でも大丈夫ですが、今回は打点が高く破壊耐性もあるロンギルスにしてみます。 ディンギルス効果で除外のトロイメアをエクシーズ素材にします。 また、クリマクスのサーチとディンギルスの素材のトロイメアによってリソースも確保されている展開です。 【閃刀姫】のような場のカードを破壊する手段が多いデッキにはディンギルスが心強い存在になるでしょう。 まとめ 相変わらず『特殊召喚して除外される機械』なジェットシンクロン君ですが、コストがオルフェゴールなだけで強気に展開が出来るようになっています。 【オルフェゴール】は冒頭にも紹介しましたが『最低でもガラテアクリマクス』デッキであり、コストが強ければ最終盤面が強くなるだけでなく、展開ルートの選択肢も広がるデッキなので『進化する展開デッキ』って感じですね。 旧制限よりは展開自体も簡単になっているので、「複雑な展開デッキはちょっと・・」という方にもオススメできるデッキかと思います。 何より、『1ターンですべてを終わらす展開系』ではなく【転生炎獣】のように展開しながらリソースを循環させて戦うタイプなので相手によって臨機応変に戦えるのがこのデッキの魅力だと思います。 次回、 後編 では『ジェット軸オルフェゴール』の構築部分の解説と、ジェット軸以外の構築の拡張性の紹介と、今後の新カードによってオルフェゴールどのように進化していくか解説していきます。 それでは、よいオルフェゴールライフを! 次回もお楽しみに!.

次の

遊戯王〜オルフェゴール〜

オルフェ ゴール 展開

【 通常魔法 】 自分のデッキから「シンクロン」と名のついたチューナー1体を手札に加えてデッキをシャッフルする。 その後、自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。 メインデッキ解説 ここからはメインデッキの解説に入ります。 「オルフェゴール」 「オルフェゴール」モンスターは『墓地から自身を除外して発動する効果』と『この効果の発動後ターン終了時まで闇属性モンスターした出せない』という制約を持っています。 デッキレシピのところにも書きましたが、「ジャンド」は闇属性なのでその制約はあまり関係ありません。 手札から「オルフェゴール・カノーネ」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。 「オルフェゴール」魔法、罠 このデッキを作る上で採用した「オルフェゴール」魔法、罠カードは基本的に「ジャンド」と相性が良く「オルフェゴール」の本来の力を発揮する事ができ、展開の邪魔にならないものを採用しています。 相手フィールドのモンスターを全て除外する。 この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。 その効果で自分が除外したモンスターを可能な限り相手フィールドに特殊召喚する。 「オルフェゴール」デッキを使っている方はご存知だと思いますが、このコンボをすることで相手メインモンスターゾーンのモンスターを壊滅させることが出来ます。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 その発動を無効にする。 「オルフェゴール」デッキはリンクデッキのためこのカードは採用されていませんでしたが、このデッキはリンクシンクロデッキのためこのカードを採用することが出来ました。 また、このカードも闇属性のため、「オルフェゴール」の制約にも引っ掛かりません。 しかもこのカード自身も強いのでまさに最強と言っても過言ではないでしょう。 そのモンスターをデッキに戻す。 その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。 展開の仕方part1 それでは展開していきます。 前回までは自分で決めていましたが今回から「DECKMAKER」さんの初期手札機能を三回使ってご紹介します。 最初はこちら。 なるほど。 展開用の「オルフェゴール」はありませんので普通の「ジャンド」の展開になりますがとりあえずはそれを紹介します。 以上が初期手札で可能な展開です。 この手札からの展開はこうなります。 この時点で闇属性モンスターしか出せなくなります。 以上がこのデッキの展開part1の展開になります。 少々運が必要ですが、相手への妨害二段構えをする事が出来ます。 最終盤面はこちらになります。 展開の仕方part2 次の手札はこちらです。 今回は丁度いい感じになっていますね。 それでは展開していきましょう。 レベルは3になります。 以上がこの手札の展開になります。 従来の「オルフェゴール」の展開のようになりましたがこのようなフィールドにする事が出来ます。 これがその盤面です。 展開の仕方part3 これで最後の展開になります。 手札はこちらです。 「おっと」としか言いようがありませんが運を味方につけてまわしてみましょう。 さあ、ここからです。 このカードに全てを賭けます。 来い来い来い、エンジョーイ!!! ………………………………………………… 《死者蘇生》が墓地に送られました。 ………まあ、こういうこともあります。 今度はドローに賭けましょうか。 来い、ドロぉぉぉーー!!! ここからは2つのパターンです。 結果的に妨害を1つ構える事が出来ましたが、少し心許ない感じになりました。 これがその盤面です。 相手の発動を無効にするカードがある状態の展開の仕方part2みたいになりました。 これがその盤面です。 すいません。 結構強力なフィールドになりましたね。 また、part1、2にも言えますが自分ターンが来たらオルフェゴールリンクモンスターを素材に、このカードをエクシーズ召喚しましょう。 そうすることで、相手の伏せカードや邪魔なカードを除去する事が出来ます。 最後に 如何でしたか? 以上がこのデッキの展開になります。 今回は展開を中心にご紹介していきましたがこれ以外の展開もあるかもしれないとぼくは思っています。 皆さんもぜひやってみて下さいね。 最後までご覧頂きありがとうございました。 「これが俺の超量ジャンドデッキだ!!! 」をお楽しみに〜。

次の

出張やさころ『オルフェゴールの進化論』(中編)~展開の進化論~

オルフェ ゴール 展開

初めまして。 関東でをしている"ミズキ"です。 知り合いがブログを投稿し、それに感化されたため投稿してみようと思いました。 ・オルフェゴールのメイン構築の採用カードや不採用カードについて ・先攻展開について を今回は書いていこうと思います。 拙い文や批判等あると思いますが温かい目で最後まで見届けてくれると嬉しいです。 ・メインの構築と採用&不採用カードについて 私が組んだのは未界域が入っていないオルフェゴールの型です。 そのためどの構築にも入っている様なカードは説明を省きますのでご理解のほど宜しくお願いします。 召喚して強いカードがスクラップ・リサー3枚、終末の騎士1枚、増援1枚だと少なく感じたので採用しました。 5枚が6枚になった所でほとんど変わらないと思うのでかなり好みのカードにはなりそうです。 終末の騎士の1枚初動展開の場合でもこのカードが1枚入っている事により相手ターンにトポロジック系統の効果を自分の好きなタイミングで起動出来るようになるため返しのターンで1killを狙うことが簡単になります。 素引きしても罠ビ系統の相手以外には基本刺さることが多い、分布の多い転生炎獣に対しても致命傷を負わせられるカードです。 抹殺の指名者も3枚採用しているのでニビルの効果を発動されても回避出来る事も多々あります。 ただ、ケアされて効果を発動出来ない事もあるのでメインから複数枚採用するのは考えた方がいいと思います。 ただし水晶機巧-ハリファイバーでカノーネを出したときだけはオルフェゴール・ガラテアを出す事は出来ますが手札にカノーネ以外のオルフェゴールモンスターがいなければガラテアの効果を発動する事も出来ず無駄に誘発ばかり踏みます。 そのためのヴァレルロード・S・ドラゴンはメインからジェットやデストルドが抜けたり苦労して出しても1妨害にしかならないと言う点から採用を見送りました。 最悪、ダーク・ァーとファンタズメイでしか先攻展開出来ない際にも一応ですが展開する事が出来ます。 今回はメインに枠が用意出来なかったため採用を見送りましたがメインを41枚にしたりマスマティシャンやニビルの枠を入れ替えてみるのもありだと思っています。 ・先攻展開 終末1枚初動の展開を覚えましょう。 これを知っていれば後はそれの応用だけです。 先行展開のポイントとしては星杖でssするモンスターを何にするのかでニビルをケア出来るのかが変わります。 スss ef にチェーンでニビルを貰う恐れがあるため星杖でオルトロをssしておく事で相手ターンにスをssする事ができそのスは妨害or次ターンのリソースを選択できます。 もしも、星杖でディヴェルをssしてしまうと相手ターンに成立する妨害が無いので星杖でssするモンスターはオルトロをssする事をオススメします。 〜マスカレーナからの相手ターンの妨害〜 ここまでは先攻展開するだけなので簡単だと思いますが難しいのは「相手ターンで何をリンク召喚してどう相手を妨害するのか」という事です。 転生炎獣にも効かない盤面はないと思いますが相手の展開の仕方によると思います。 ロンギルスが刺さりそうな展開を相手がしてきた場合に使えるので覚えておくと良いと思います。 オルトロefで叢雲を墓地へ送る事でトゥリスをもう一度起動出来ます。 Pテーマや罠ビにはよくやると思います。 決まればほぼ勝ちです。 ディヴェルefでンss、オルトロefで叢雲を墓地へ。 叢雲ef ssしマスカレーナでトポロジックボマーss、ンefでスを蘇生してトポロジックボマーefが起動できリソースも回収出来ます。 返しのターンに叢雲+ゼロヴォロスで8000取れるのでスefで入れる素材は基本は何でも良いと思いますがンにしておけば相手の場に何かカードが1枚あっても処理してライフを削れます。 基本はこの5つの妨害になると思います。 〜最後に〜 当たり前の事ですが展開デッキ系は一人回しをすればするほど自分のためになるのでなるべくやり込みましょう。 CSの動画を見て勉強するのも良いと思います。 オルフェゴールを使っていた人でも「あー、なるほどな〜」や「オルフェゴールを使ってみようかな〜」と思っている方などの役にこのブログが少しでも立てたのなら幸いです。 ここまでご愛読頂きありがとうございました。 質問等は keyakizaka18miz の質問箱やdm等で聞いて下さればお返事出来ると思います。 mizu0116.

次の