ユーチューバー 収入源。 ヴァンゆんの年収は億越え?月収をテレビで暴露!収入源と使い道は? | Voyage of Life 21

youtuberの収益源って?①

ユーチューバー 収入源

ほんの数年前まで「ユーチューバー(YouTuber)」という言葉を知っているのは、若い世代やネットに詳しい方々だけでした。 それが最近では、もはや一般的なワードとして広く知られるようになってきました。 つい先日も朝のテレビ番組でユーチューバーが紹介されていましたし、トップユーチューバーとして有名なヒカキンさんは、様々なテレビ番組にも出演しています。 このようにユーチューバー自体はかなり有名になってきましたが、 「ユーチューバーがどのように収入を得ているのか」という仕組みの部分はまだまだ知られていません。 多くの人は「ユーチューバーは結構稼げるらしい」、「年収ウン億円を超えるユーチューバーも存在するらしい」という話を聞いたことがあっても、具体的にお金が稼げる仕組みまでは知らないと思います。 昔はユーチューバーの収入源と言えば「アドセンス報酬(広告収入)」が一般的でしたが、最近では収益を得る方法が多様化してきています。 この記事では、そんなユーチューバーの収入源について徹底的に解説していきます。 ちなみに、私自身もYouTubeへ動画投稿を行っている現役の動画投稿者であり、今から解説するいくつかの方法から実際に収入を得ています。 今からお伝えしていく内容は、ネットニュースによくあるYouTubeの事情を全く知らないライターが書いたものではなく、何年もYouTubeを研究し続けてきた人物が書いている内容となります。 コンテンツの目次• そもそもユーチューバー(YouTuber)とは?を簡単に定義 ユーチューバーの収入源について詳しく解説していく前に、まずは簡単に「ユーチューバーとは?」を定義しておきます。 この記事では「ユーチューバー」という言葉を YouTubeを活用して何らかの形で収入・収益・売上・利益を得ている人、またはこれから得ようとしている人と定義します。 金額の大小を含まず、月数千円の稼ぎであっても、月数千万円の稼ぎであっても、YouTubeを活用して1円でも収益を得たことがある方をユーチューバーと呼ぶことにします。 今回はユーチューバーの定義を決めることが本題ではないので、早速、以降でユーチューバーの収入源について一つ一つ詳しく解説していきます。 収入源その1:YouTubeアドセンス報酬(動画の広告収入)で収入を得る方法 もっともよく知られているユーチューバーの収入源はアドセンス報酬と呼ばれる広告収入です。 これはYouTube(明確にはGoogle)が提供している公式サービスである「Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)」を利用して、自分がアップロードした動画に広告を掲載して収入を得る方法です。 YouTubeの動画を再生する前に流れる下の画像のような動画広告がよく知られていると思います。 この動画広告が視聴されると、動画投稿者に報酬が支払われます。 動画再生ページの右上に表示されているバナー広告も、クリックされると報酬が発生します。 動画の再生途中に、再生バーのところに表示される横長のバナー広告もクリックされることで報酬が発生します。 ユーチューバーの方々が必死に動画の再生回数を伸ばそうとしているのは、 再生回数が多ければ多いほど、これらの広告が表示される回数が増えるからです。 広告が表示される回数が増えれば、広告を見たり、クリックしたりする人が増えるため、その分だけ動画投稿者に広告収入が入ります。 ちなみに、YouTube動画経由の広告収入には幅があり、 1再生当たりに換算すると0. 05円~0. 5円くらいです。 つまり、1つの動画が100万回再生されると、その動画を投稿したユーチューバーの方にはYouTube(Google)から5万円~50万円が支払われることになります。 昔は、1再生当たりで得られる収入はだいたい0. 1円前後だったのですが、最近ではチャンネルの強さや動画のジャンルによって、かなりの幅が出てきています。 なお、このYouTubeアドセンスで収入を得る方法は、YouTubeを活用してお金を得る方法の中でも最も手軽なため、多くの人がチャレンジしています。 副業であっても普通に月々数万円~数十万円くらいは収入を得られる方法なので、お勧めの方法です。 もし、YouTubeアドセンス収入を得る方法に興味があれば、と良いでしょう。 収入源その2:企業とのタイアップ動画(企業案件)で収入を得る方法 YouTubeアドセンスに次いで有名な収益を得る方法は、企業とのタイアップ動画です。 いわゆる「企業案件」と呼ばれるものです。 チャンネル登録者数が数十万人~数百万人のユーチューバーの場合、新しい動画を投稿すれば、最低でも数十万回程度は再生されるケースがほとんどです。 最近では特に若年層に対するユーチューバーの影響力が大きくなってきているため、企業が商品やサービスをユーチューバーに紹介してもらい、その対価として報酬を支払っています。 例えば、ゲーム実況をやっているユーチューバーに新作ゲームを提供して、プレイ動画を流してもらったりしています。 ゲーム実況をやっているユーチューバーのファンであれば、ゲームに興味がある可能性が高いので、新作ゲームに興味を持つ可能性が高いユーザーに的確に情報を届けることができます。 さらに企業側にとって、 広告であっても広告っぽくないところも大きなメリットです。 売り込み臭がする広告よりも、YouTube動画のように一つのコンテンツとして提供されたほうが、視聴者がしっかりと見てくれる可能性が高くなります。 トップユーチューバーにまでなってくると、1本の企業タイアップ動画だけで数百万円の報酬になるケースもあります。 この金額だけを聞くと高く感じるかもしれませんが、視聴者の反応が分からないテレビCMに数千万円を使うより、視聴回数やコメントによるユーザーの反応を知ることができてるのに、広告費用は数百万円なので、企業にとっては費用対効果が高い広告手法です。 ユーチューバーにとっても、1本あたりの報酬単価が高いので割りの良い収入源になります。 しかし、自分のYouTubeチャンネルをかなり成長させなければ企業からタイアップ動画を任されることはないため、 タイアップ動画で収入を得るまでのハードルは高いです。 ただ、ニッチなジャンルであれば、チャンネル登録者数が数万人であっても企業案件を依頼される可能性はありますので、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。 収入源その3:ファンクラブや月額課金サービスで収入を得る方法 UUUM系のユーチューバーの方々の中には、ファンクラブを展開している方(していた方)もいます。 はじめしゃちょーさんの「はじメーノ」、カリスマブラザーズさんの「CBF」などが有名です。 (残念ながら、カリスマブラザーズさんのファンクラブは、解散に伴い終了してしまいましたが…) おそらくですが、ユーチューバー自身が「やりたい!」というよりも、事務所から提案されてやっている感じだと思われます。 例えば、はじめしゃちょーさんの「はじメーノ」は、入会金が税込1,080円、月額が税込324円です。 メンバーズカードがもらえたり、限定日記が読めたり、プレゼントがあったり、という感じで、まさに一般的にイメージされるファンクラブです。 月額が324円と低額設定になっているので、若年層をメインターゲットとしているのでしょう。 はじめしゃちょーさんはチャンネル登録者数が800万人以上もいますので、そのうちたったの0. 月額324円の会員が8,000人もいれば、それだけで毎月2,592,000円もの継続収入が出来上がります。 一見すると、非常に美味しいビジネスモデルのように思われますが、UUUM系のユーチューバーの方々がファンクラブのビジネスモデルを連発していないことを考えると、実際はそこまで上手くいっていないのかもしれません。 実情は全く分かりませんが、トップユーチューバーのはじめしゃちょーさんのファンクラブですら、そこまで話題になっていない事を考えると、 一般レベルのユーチューバーが実践するのにはかなりハードルが高い稼ぎ方です。 収入源その4:YouTubeのチャンネルメンバーシップ機能で収入を得る方法 ファンクラブとほぼ同じような収入の仕組みですが、YouTube自体が「チャンネルメンバーシップ」という機能を提供しています。 これは 視聴者が月額490円を支払うことで、特定のチャンネルのメンバーになれる機能です。 有名なところでは、水溜りボンドさん、東海オンエアさん、フィッシャーズさんなどがこの機能を利用しています。 YouTubeチャンネルに表示されている「メンバーになる」というボタンが「チャンネルメンバーシップ」の機能です。 チャンネルメンバーシップに登録した視聴者には、そのチャンネル独自の特典が提供される仕組みになっています。 この辺は、まさにファンクラブと同じです。 ファンクラブとの違いは、単純にYouTube内のシステムで課金するかしないか、だけです。 YouTubeのチャンネルメンバーシップ機能を利用した場合は、YouTubeやGoogle Playで普段利用している方法で決済ができるので、Google関連のサービスに課金したことがあるユーザーにとっては決済の手間が少ないです。 ただし、一定以上の条件をクリアしたチャンネルでしか、チャンネルメンバーシップ機能を利用することはできないため、トップユーチューバー以外は収入源になり得ないと思います。 もっと手軽にYouTubeで収入を得たいのであれば、が一番です。 収入源その5:オンラインサロンで収入を得る方法 ファンクラブやチャンネルメンバーシップで収入を得る方法とも似ていますが、最近ではYouTubeからオンラインサロンへ集客を行っているユーチューバーの方も増えてきました。 有名なところでは、ホリエモンさんやオリエンタルラジオの中田敦彦さんがいらっしゃいます。 中田さんは、動画の説明欄で自身のオンラインサロンへのURLを掲載しています。 オンラインサロンとは、ファンクラブよりもお堅い集まりをイメージすると分かりやすいです。 ファンクラブは純粋に「主催者を応援したい!」といった形で参加者が集まっており、誤解を恐れずに言えば、ゆるい集まりです。 一方のオンラインサロンは「主催者の方から何かを学びたい!」といった目的で参加者が集まっているケースがほとんどです。 例えば、オンラインサロン主催者の方からビジネスを学んだり、起業について学んだり、特定分野のスキルを学んだり、といった感じです。 ちなみに、ホリエモンこと堀江貴文さんのオンラインサロンは月額10,800円の会員が1,416人、年会費プランの会員が102人いますので、これだけで月間1,600万円以上の売上です。 堀江さんほどの実績とネームバリューがあるからこその結果とも言えますが、なかなか夢のあるビジネスモデルだと思います。 特定分野で秀でた実績や経験がある方は、こういった稼ぎ方にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。 収入源その6:イベント・オフ会・ライブなどで収入を得る方法 YouTubeを通じて作ったファンをイベントやオフ会に集客して収入を得る方法もメジャーな収入源です。 特に音楽系の活動をされている方々が、自身のライブへの集客にYouTubeを活かしているケースが多いです。 バンドやアーティストの場合、YouTube動画の中で自分の音楽を発信していくことで一定のファンがついてきます。 その方たちに対して、生で音楽を聴けるライブの告知をすればチケットが売れていくのです。 有名どころでは「レペゼン地球」さんがライブへの集客で大成功を収めています。 レペゼン地球さんはYouTube動画に一切広告を付けずに活動を続け、ファンを増やして、新曲の発表やライブの告知を行っています。 YouTubeを活用すると、こういった稼ぎ方もできるようになります。 収入源その7:オリジナルグッズの販売で収入を得る方法 UUUMに所属しているユーチューバーの方々は、オリジナルTシャツなどのグッズを販売している場合が多いです。 もちろん、 どこかの事務所に所属しなくてもオリジナルグッズを制作し、販売することは可能です。 いまの時代、オリジナルグッズを制作してくれる業者は、ネットで探せばすぐに出てきます。 そういった業者に依頼すれば、そんなに大きな予算がなかったとしても、Tシャツなどのオリジナルグッズを制作することができます。 ユーチューバーとして多くのチャンネル登録者数を抱えているのであれば、動画内で「こんなオリジナルグッズを制作してみました!」と告知するだけで売れる可能性は十分にあります。 グッズ制作についてはお金がかかったり、制作の手間がかかったり、発送の手間がかかったり、といった形で労力がかかるので、効率はあまり良くはないと思います。 それでも、世界に一つだけの自分ブランドのオリジナルグッズを制作できる醍醐味はあると思いますので、興味がある場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。 収入源その8:YouTube関連のコンサルティングで収入を得る方法 YouTubeで再生回数を集められるようになると、その方法・ノウハウをもとに収入を得ることもできるようになります。 プロ野球で結果を出した選手が野球の監督をやったり、ビジネスで大成功したビジネスマンの方が私塾をやったりするのと同じようなイメージです。 例えば、チャンネル登録者数10万人のYouTubeチャンネルを運営している人がいたとして、直接その方から「ゼロからYouTubeチャンネルを立ち上げて、チャンネル登録者数を10万人まで増やす方法」を学べるとします。 「YouTubeで成功したい!」、「YouTubeでお金を稼ぎたい!」と思っている方からすれば、登録者数10万人の方から学べる機会はかなり貴重です。 そこでコンサルフィーや指導料を受け取って、ノウハウを教えたり、コンサルを行ったりするビジネスが生まれます。 YouTubeでアクセスを集めるノウハウを習得したことで、企業向けにYouTube活用のためのコンサルティングを行っている方などは多くいます。 もちろん、人に教えることをビジネスにする場合、 まずは自分自身がYouTubeチャンネルの運営を実践し、実績を作ることが重要になります。 ですので、これからYouTubeチャンネルの運営を始めようと思っている場合は「ゆくゆくは、こんな方法でも収入を得ることもできる」という一つのやり方として覚えておくと良いでしょう。 ちなみに、「まずは自分自身のYouTubeチャンネルを成長させたい!」と思っているのであれば、を学んでみるのがお勧めです。 収入源その9:他のメディアにアクセスを集めて収入を得る方法 YouTubeは非常にアクセスを集めやすいメディアなので、 YouTubeを起点として自分のメールマガジンやブログを宣伝し、そちらで収益を得ることも可能です。 ブログでアフィリエイトやアドセンスをやっている人も多いと思いますが、そこへのアクセスを集める一つの手段としてYouTubeを活用するようなイメージです。 色々な連携のやり方がありますが、例えばブログで何らかの商品レビューをしていて、ブログ内にその商品のアフィリエイト広告を貼っていたとします。 その商品レビューをYouTube動画としても配信して、「もっと詳しいレビューを知りたい場合はブログもチェックしてください!」といった誘導方法もありです。 ブログのほうでもYouTube動画を埋め込んでおけば、ブログを見た人が動画でレビューを見ることもできるようになります。 こういった形で、画像や文章だけよりも動画で伝わることが多いのであれば、ブログやホームページとYouTube動画を連携させて、収益を発生させる仕組みを作っていくのも良いと思います。 また、最近、流行っているnoteやココナラなどで商品・サービスを販売している方も、 それらの販売サイトへの集客元としてYouTubeを活用することができます。 自社でECサイトを運営している場合も同じようなやり方で自社メディアへの集客ができます。 CHANNEL Fashion College」だと思います。 ファッションの着こなしやファッションアイテムについて解説を行った上で、それらのアイテムが説明欄のリンクからECサイトで購入できます。 久しぶりにチェックしたら、いつの間にかチャンネル登録者数も10万人を超えていて、広告収入だけでも十分事業として成り立つレベルにまでチャンネル規模が拡大していました。 こういった形でYouTube単体で稼ぐだけでなく、他のメディアと組み合わせることで収入源の幅が広がっていきます。 収入源その10:YouTubeから実店舗に集客して収入を得る方法 先ほど紹介した「収入源その9」は、YouTubeからWeb上の別メディアへの集客で収入を得る方法でした。 しかし、 YouTubeを使えば、実店舗(オフライン)へ誘導・集客することも可能です。 O2O(オーツーオー・online to offline)と呼ばれる「オンラインからオフラインへ誘導する」なんてこともできてしまうわけです。 基本的にはどんな業種・業態であっても、YouTubeで発信して、実店舗へ誘導することができます。 例えば、下記は大阪にある整体院が運営しているYouTubeチャンネルの動画です。 この動画の説明欄には、こちらの整体院さんのWebサイトへのリンクが設置されています。 私は整体院に行ったことがないので、正直、整体院という場所がどんなことをやっているところなのかほとんど分かっていません。 そんな整体院初心者にとっては、こういう動画があることで「どんな施術が行われているのか」が分かりやすく伝わってきます。 「整体院に行ってみたいけど、ちょっと怖いなー」と思っている人にとっては、こういう動画があったほうが親近感がわきますし、安心できます。 実際、私のように、整体院に行ったことがないのでどんな事をやってもらえる場所なのか全然知らない人は多いと思います。 そういう人がこの動画を見て興味を持ち、近くに住んでいたらこの整体院に行く可能性は高くなるでしょう。 しかも、実店舗への集客だけでなく、投稿している動画に広告を表示しておけば、 動画が再生されて収益が発生し、動画を見た人が実店舗へ来たら収益が発生し、といった形でダブルの収入源を作ることも可能なのです。 結局のところ、どういった形でもYouTubeを絡めてビジネスを行うのであれば、YouTubeチャンネルを成長させることが最優先になります。 そんなYouTubeチャンネルを大きく成長させるための極秘ノウハウは、でも詳しく解説しています。 収入源その11:YouTubeチャンネルを売却して収入を得る方法 インターネットの世界では、Webサイトが売買できることをご存じでしょうか。 そもそも、なぜWebサイトが売買されているのかを簡単にご説明します。 あるジャンルにおいて新規のWebサイトを作ろうと思ったら、半年、1年、2年といった長いスパンでWebサイトのコンテンツを拡充させていく必要があります。 これには労力、時間、人件費が多くかかります。 そこまで頑張っても、作成したWebサイトにアクセスが集まる保証はありません。 であれば、 もともとアクセスが集まっているWebサイトを買ってしまったほうが時間を節約できるのです。 こういった考えから、個人や企業がすでにアクセスが集まっているWebサイトを購入するケースは多いです。 上記のように、Webサイトが売買されていることを知っていた方はいるかもしれませんが、実はYouTubeチャンネルも売買されるケースがあるのです。 YouTubeチャンネルに関しても、チャンネル登録者数を増やすのにはそれなりの時間がかかります。 だから、 チャンネル登録者数を増やす時間と手間をカットしたい個人や企業は、YouTubeチャンネルを買ってしまうわけです。 Webサイトの場合、売却額の相場は月間利益の24ヶ月分程度だと言われています。 つまり、 月々10万円のアドセンス報酬が発生しているYouTubeチャンネルであれば、240万円くらいで売れる可能性もあるわけです。 当然、月間の売上・利益が大きくなったり、チャンネル登録者数が多くなれば、売却額もどんどん大きくなります。 実際にYouTubeチャンネルが売れるかどうかはその時の市場状況にもよるため、最初から売却を考えてYouTubeチャンネルを作っていくのは難しいと思います。 ただ、コツコツと育てたYouTubeチャンネルを何らかの事情で運営できなくなってしまった場合は「チャンネルの売却」という方法もあることを覚えておくと良いと思います。 収入源その12:YouTubeでは稼がず、知名度を上げて収入を得る方法 これは著名人・有名人・芸能人といった方々しか実践できない方法なので、知識として持っておく程度の稼ぎ方になります。 すでに何らかの分野で有名になっている方は、YouTube自体で稼がず、他の場所で収入を得ることもできます。 例えば、少し前に本田翼さんがゲーム実況動画を配信して、とても大きな話題になりました。 本田さんにそういった意図があったかは分かりませんが、本田さん自身はYouTube動画に広告を付けなくても、話題を集めたことが本業の収入増へと繋がっていきます。 芸能人・女優は人気商売なので、知名度があり、人気が高い人であればあるほど、ドラマやCMに出演することができます。 本田さんはすでに超一流の芸能人ですが、YouTubeでゲーム実況を行ったことで、さらに知名度を上げましたし、さらにファンからの支持を得ました。 この 知名度の上昇が今後のドラマやCMの出演に良い影響を与えることは明白です。 さらに、ゲーム実況動画を配信したことで、ゲーム好きとしても広く知られるようになりましたので、ゲーム関連のお仕事が増える可能性も十分に考えられます。 このように、知名度や人気度が高まることで本業の収入が増える方にとっては「YouTube単体でどう稼ぐか?」を考えなくても、自然と収入を増やすことができるのです。 一般人ユーチューバーや副業ユーチューバーが最も手堅く収入を得る方法とは? ここまでYouTubeを活用して収入を得る方法を複数解説してきましたが、私も自分で記事を書いていて「ユーチューバーの稼ぎ方って本当に多様化してきているなー」と感じました。 そんな数々の収入源の中でも、やはり、私たちのような 一般人のユーチューバーや副業として取り組んでいるユーチューバーが最も手堅く収入を得る方法はYouTubeアドセンス(YouTube動画の広告報酬)です。 YouTubeでは実際に様々な形で収入を得ることが可能ですし、ゆくゆくはそういった稼ぎ方にも挑戦していくのが良いと思います。 ですが、今からYouTubeチャンネルの運営を始める場合、 まずは手堅くYouTubeアドセンスから始めていくのが絶対にお勧めです。 この記事で解説している稼ぎ方の中で、YouTubeアドセンス以外の方法はどうしても難易度が上がります。 また、YouTubeへ動画をアップする以外の手間も増えます。 例えば、オリジナルグッズの販売は制作・受注管理・発送などが必要になってきますし、ファンクラブの運営はファンクラブに対するフォローアップが必要になってきます。 一方、 YouTubeアドセンスで収入を得るためにやるべき事は「YouTubeへ動画をアップロードするだけ」です。 動画をアップロードするだけで、あとはYouTubeのシステムが勝手にやってくれますので、非常に効率が良い稼ぎ方だと言えます。 その他の稼ぎ方と違って、 自分のペースで気ままにやっていけるところも良いポイントです。 YouTubeチャンネルを育てていくことで様々な稼ぎ方にチャレンジできるのは事実ですが、まずはYouTubeアドセンスで稼ぐことを考えていくのが良いです。 また、他の稼ぎ方を実践するためには、チャンネル登録者数や動画の再生回数が必要になってきますので、 結局、それぞれの稼ぎ方はYouTubeアドセンスの先にあるものなのです。 ということで、もし貴方がYouTubeを活用して、YouTube単体で収入を得ることに興味があったり、YouTubeを活用して自分の本業の収入をさらに増やしていきたいと思ったりしているのであれば、 まずは自分のYouTubeチャンネルをどんどん大きく成長させていくことを意識しましょう。

次の

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ仕組みと方法【2020年】

ユーチューバー 収入源

企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼• YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する• 視聴者が広告と動画を見る• 動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える 最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。 企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。 動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。 「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーは UUUMという事務所と契約をしており、 事務所との分け前は以下のようになっています。 (参考:) トップユーチューバーが専属契約しているアドセンス(Googleが提供しているクリック報酬型の広告)からの収益は、 80%がユーチューバー、20%がUUUMの取り分になります。 このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。 広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。 インストリーム広告 引用: インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。 長さは数秒~数十秒程度あります。 広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。 スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。 特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。 オーバーレイ広告 引用: オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。 動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。 消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。 スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。 オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。 オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。 サイドバー広告 引用: サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。 動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。 広告の種類を3つ紹介してきました。 これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。 動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。• スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。 俗に投げ銭といわれます YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。 動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。 その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。 例えば「かずぽこ」さんというYouTuberは、1度の配信で24万円稼いだとの情報が出ていました。 スーパーチャットの購入はこちらのサイトから行えます。 以前は月額490円の一択でしたが、現在はYouTuberが複数の会員レベル(最大5つ)を設定できるようになっています。 ユーザーは、月額料金を払うことでバッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。 ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。 スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになりました。• 企業案件の報酬は、1本あたりが150万円〜、トップクラスのYouTuberだと1本あたり300〜500万円くらい入ります。 企業案件が受けられるのは、 チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。 企業は影響力のあるYouTuberに商品やサービスを体験してもらい、その対価として報酬を支払います。 例えば超人気YouTuberヒカキンさんの場合だと、文具メーカーのゼブラとコラボして、シャーペンの上に乗る企画動画を出しています。 報酬額は企業や案件、チャンネルの規模によって大きく異なります。 メーカー側はゲーム実況YouTuberには新作ゲーム、美容系YouTuberならコスメなど、ジャンルに合った案件を用意します。 インフルエンサーのような有名YouTuberなら、「オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。 ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、宣伝効果も狙えます。• 有形:ラインスタンプ、グッズ• 例えば講演会やセミナー、オフ会などのイベント、ツアーなど様々な使い方ができます。 イベントの告知ができるサイト「」では、YouTuberのセミナーやイベントがたくさん告知されています。 講演会やセミナーなら、だいたい1人あたり3,000〜5,000円の参加費を集められます。 例えばエステなら、施術の様子をYouTubeで公開すれば、お客さんは「どんなことをするのか不安」というハードルを払拭できます。 画像や文字だけでは伝わりにくい様子も、動画ならば細部まで伝わりやすいです。 「チラシを作ってみたけれど集客効果が上がらない」というお店でも、YouTubeなら動きによって細かい様子を伝えられるので、ユーザーの興味を引きつけやすいです。 単価は1動画あたり3,000〜5,000円くらいで、初心者YouTuberから需要があるので安定して稼ぐことが可能です。 などのネット上の仕事仲介サービスでも、動画編集の仕事を募集していることがあるので、副業としても取り組みやすいです。 この ファンクラブを月額課金制にすれば、毎月ファンから収入を得ることが可能です。 例えば、人気ユーチューバーはじめしゃちょーさんの「」なら、入会金1,080円(税込)、月額324円(税込)で会員になれます。 会員になると、限定日記が読めたり、プレゼントがもらえたり、一般的なファンクラブと同じような特典を受けられます。 会員制ビジネスには、ファンクラブ以外にも月額課金のメルマガやオンラインサイト(YouTuber同士が集まる)もあります。 3.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい? YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。 それでは、実際にYouTuberはどれくらいの収入が得ているのでしょうか? ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。 YouTuberトップ100人の平均年収は約3,200万円 日本人YouTuberのTOP100人の中央値を確認すると、 年収は約3,200万円でした。 (参考:) ただし、これはあくまでTOP100人の方の年収で、ランキング1,000位あたりのYouTuberになると年収は15万円いくかいかないかというレベルです。 本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。 しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだきちんとした統計を取れる段階に達していません。 しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。 これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところ難しいです。 YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。 会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。 ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。 YouTuberの単価相場 よく言われているのは、 1再生あたり0. 1円という基準です。 1再生あたり0. 1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。 ちなみに、事務所のUUUMに入ってくる金額を参考にすると、以下のように0. 1円代の計算になります。 これはUUUMへの支払い額なので、この金額の80%がユーチューバーへ支払われていると考えられます。 ただ、本当に1再生あたり0. 1円であるかは確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。 5円だったり、0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。 4.YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルはどれ? YouTubeといっても、投稿されている動画のジャンルは様々です。 ここでは、多くの視聴者の目を惹く「再生回数の多いジャンル」を3つ紹介していきます。 それぞれ見ていきましょう。 企画・ネタ系 何か面白いことを企画して、その様子を投稿する動画ジャンルです。 YouTuberで多くの方がイメージを抱くのは、このジャンルではないでしょうか? 企画系の動画は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名YouTuberが行っているジャンルでもあります。 たとえば、ヒカキンは脱毛に使うブラジリアンワックスで鼻毛を抜くという動画を投稿して、注目を集めました。 面白いことをやる系には企画力や発想力が必要ですが、ひとたび人気の動画を作れば、口コミで一気に動画再生数を増やすことができます。 ゲーム実況 ゲーム実況とは、 ゲームをプレイする様子を実況する動画です。 ゲームが好きな人にとっては、趣味がそのまま仕事になるジャンルなので、参入するゲーマーも多いです。 ゲームは子供から大人まで人気が高く、周りのゲーマーから一目置かれる動画やおもしろい実況動画を作ることができれば、多くの再生回数を稼げます。 また、ゲーム実況は長時間の動画になりやすいため、広告をたくさんつけやすいメリットもあります。 ペット系 ペット系の動画も、子供から大人まで幅広い層に見られるので、再生回数を稼ぎやすいジャンルの一つです。 ユーチューバーの中には、編集を入れず、 ペットの様子をそのまま流している人もいます。 動画作成に大掛かりな準備をする必要がないため、気軽に動画を公開できる点が人気のジャンルです。 5.高年収YouTuber5選!TOP層はどれくらい稼いでる? トップクラスのYouTuberがどれくらい稼いでいるのか、気になる方も多いはずです。 ここでは、 日本の高年収YouTuberランキング をご 紹介します。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 4億円• 動画再生回数:約128. 7億回• 登録者数:約1,632万人• 動画本数:4,492本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 言わずと知れた日本のYouTuberの草分け的存在、「ヒカキン」です。 ヒカキンはメインの「HikakinTV」のだけでなく、ゲーム実況専門の「HikakinGames」や「HIKAKIN」「HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 3億円• 動画再生回数:約111. 8億回• 登録者数:約872万人• 動画本数:3,339本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) フィッシャーズは、 中学時代の友達7人組で結成したYouTuberです。 「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。 「思い出ネットパフォーマー軍団」と名乗り、その名の通り、中学時代に遊んでいた光景そのままの様子を撮影。 2020年1月26日には「【ご報告】ンダホ、結婚します!」という動画にて、ンダホが昨年夏に結婚していたことを発表しました。 【3位】はじめしゃちょー hajime• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 1億円• 動画再生回数:約95. 1億回• 登録者数:約1,289万人• 動画本数:4,032本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) イケメンYouTuberとして人気の「はじめしゃちょー」です。 「やりたいことを自由にアップする」をテーマにしており、自由な発想の企画動画を投稿し続けています。 他にも「はじめしゃちょー2」や、美味しい料理の作り方などをアップする「はじめしゃちょーの畑」など、複数のチャンネルも運営しています。 【4位】東海オンエア• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1億円• 動画再生回数:約81. 6億回• 登録者数:約791万人• 動画本数:3,106本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 東海オンエアは、 愛知県岡崎市を拠点にしている男性6人グループのYouTuberです。 ネタ動画や体を張った企画が話題を呼び、平成28年には岡崎観光伝道師に任命、平成29年からはUUUMに所属しています。 メンバーはてつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡。 【5位】ボンボンTV• 動画再生数から算出した予想平均年収:約7,300万円• 動画再生回数:約36. 2億回• 登録者数:約208万人• 動画本数:5,886本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) ボンボンTVは、 UUUMと講談社が共同で運営するYouTubeチャンネルです。 「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に、人気YouTuberたちが「やってみた動画」を毎日発信しています。 当初は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどUUUMに所属するYouTuberも出演していましたが、現在はレギュラーメンバーの動画が投稿されています。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ YouTuberの収入源は、広告収入です。 また日本のTOPYouTuber100人の平均年収は、約3,200万円です。 自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。 報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。 また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

次の

ユーチューバーの収入の仕組みは?年収は登録者数10万人でいくら?|かねろぐ

ユーチューバー 収入源

ほんの数年前まで「ユーチューバー(YouTuber)」という言葉を知っているのは、若い世代やネットに詳しい方々だけでした。 それが最近では、もはや一般的なワードとして広く知られるようになってきました。 つい先日も朝のテレビ番組でユーチューバーが紹介されていましたし、トップユーチューバーとして有名なヒカキンさんは、様々なテレビ番組にも出演しています。 このようにユーチューバー自体はかなり有名になってきましたが、 「ユーチューバーがどのように収入を得ているのか」という仕組みの部分はまだまだ知られていません。 多くの人は「ユーチューバーは結構稼げるらしい」、「年収ウン億円を超えるユーチューバーも存在するらしい」という話を聞いたことがあっても、具体的にお金が稼げる仕組みまでは知らないと思います。 昔はユーチューバーの収入源と言えば「アドセンス報酬(広告収入)」が一般的でしたが、最近では収益を得る方法が多様化してきています。 この記事では、そんなユーチューバーの収入源について徹底的に解説していきます。 ちなみに、私自身もYouTubeへ動画投稿を行っている現役の動画投稿者であり、今から解説するいくつかの方法から実際に収入を得ています。 今からお伝えしていく内容は、ネットニュースによくあるYouTubeの事情を全く知らないライターが書いたものではなく、何年もYouTubeを研究し続けてきた人物が書いている内容となります。 コンテンツの目次• そもそもユーチューバー(YouTuber)とは?を簡単に定義 ユーチューバーの収入源について詳しく解説していく前に、まずは簡単に「ユーチューバーとは?」を定義しておきます。 この記事では「ユーチューバー」という言葉を YouTubeを活用して何らかの形で収入・収益・売上・利益を得ている人、またはこれから得ようとしている人と定義します。 金額の大小を含まず、月数千円の稼ぎであっても、月数千万円の稼ぎであっても、YouTubeを活用して1円でも収益を得たことがある方をユーチューバーと呼ぶことにします。 今回はユーチューバーの定義を決めることが本題ではないので、早速、以降でユーチューバーの収入源について一つ一つ詳しく解説していきます。 収入源その1:YouTubeアドセンス報酬(動画の広告収入)で収入を得る方法 もっともよく知られているユーチューバーの収入源はアドセンス報酬と呼ばれる広告収入です。 これはYouTube(明確にはGoogle)が提供している公式サービスである「Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)」を利用して、自分がアップロードした動画に広告を掲載して収入を得る方法です。 YouTubeの動画を再生する前に流れる下の画像のような動画広告がよく知られていると思います。 この動画広告が視聴されると、動画投稿者に報酬が支払われます。 動画再生ページの右上に表示されているバナー広告も、クリックされると報酬が発生します。 動画の再生途中に、再生バーのところに表示される横長のバナー広告もクリックされることで報酬が発生します。 ユーチューバーの方々が必死に動画の再生回数を伸ばそうとしているのは、 再生回数が多ければ多いほど、これらの広告が表示される回数が増えるからです。 広告が表示される回数が増えれば、広告を見たり、クリックしたりする人が増えるため、その分だけ動画投稿者に広告収入が入ります。 ちなみに、YouTube動画経由の広告収入には幅があり、 1再生当たりに換算すると0. 05円~0. 5円くらいです。 つまり、1つの動画が100万回再生されると、その動画を投稿したユーチューバーの方にはYouTube(Google)から5万円~50万円が支払われることになります。 昔は、1再生当たりで得られる収入はだいたい0. 1円前後だったのですが、最近ではチャンネルの強さや動画のジャンルによって、かなりの幅が出てきています。 なお、このYouTubeアドセンスで収入を得る方法は、YouTubeを活用してお金を得る方法の中でも最も手軽なため、多くの人がチャレンジしています。 副業であっても普通に月々数万円~数十万円くらいは収入を得られる方法なので、お勧めの方法です。 もし、YouTubeアドセンス収入を得る方法に興味があれば、と良いでしょう。 収入源その2:企業とのタイアップ動画(企業案件)で収入を得る方法 YouTubeアドセンスに次いで有名な収益を得る方法は、企業とのタイアップ動画です。 いわゆる「企業案件」と呼ばれるものです。 チャンネル登録者数が数十万人~数百万人のユーチューバーの場合、新しい動画を投稿すれば、最低でも数十万回程度は再生されるケースがほとんどです。 最近では特に若年層に対するユーチューバーの影響力が大きくなってきているため、企業が商品やサービスをユーチューバーに紹介してもらい、その対価として報酬を支払っています。 例えば、ゲーム実況をやっているユーチューバーに新作ゲームを提供して、プレイ動画を流してもらったりしています。 ゲーム実況をやっているユーチューバーのファンであれば、ゲームに興味がある可能性が高いので、新作ゲームに興味を持つ可能性が高いユーザーに的確に情報を届けることができます。 さらに企業側にとって、 広告であっても広告っぽくないところも大きなメリットです。 売り込み臭がする広告よりも、YouTube動画のように一つのコンテンツとして提供されたほうが、視聴者がしっかりと見てくれる可能性が高くなります。 トップユーチューバーにまでなってくると、1本の企業タイアップ動画だけで数百万円の報酬になるケースもあります。 この金額だけを聞くと高く感じるかもしれませんが、視聴者の反応が分からないテレビCMに数千万円を使うより、視聴回数やコメントによるユーザーの反応を知ることができてるのに、広告費用は数百万円なので、企業にとっては費用対効果が高い広告手法です。 ユーチューバーにとっても、1本あたりの報酬単価が高いので割りの良い収入源になります。 しかし、自分のYouTubeチャンネルをかなり成長させなければ企業からタイアップ動画を任されることはないため、 タイアップ動画で収入を得るまでのハードルは高いです。 ただ、ニッチなジャンルであれば、チャンネル登録者数が数万人であっても企業案件を依頼される可能性はありますので、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。 収入源その3:ファンクラブや月額課金サービスで収入を得る方法 UUUM系のユーチューバーの方々の中には、ファンクラブを展開している方(していた方)もいます。 はじめしゃちょーさんの「はじメーノ」、カリスマブラザーズさんの「CBF」などが有名です。 (残念ながら、カリスマブラザーズさんのファンクラブは、解散に伴い終了してしまいましたが…) おそらくですが、ユーチューバー自身が「やりたい!」というよりも、事務所から提案されてやっている感じだと思われます。 例えば、はじめしゃちょーさんの「はじメーノ」は、入会金が税込1,080円、月額が税込324円です。 メンバーズカードがもらえたり、限定日記が読めたり、プレゼントがあったり、という感じで、まさに一般的にイメージされるファンクラブです。 月額が324円と低額設定になっているので、若年層をメインターゲットとしているのでしょう。 はじめしゃちょーさんはチャンネル登録者数が800万人以上もいますので、そのうちたったの0. 月額324円の会員が8,000人もいれば、それだけで毎月2,592,000円もの継続収入が出来上がります。 一見すると、非常に美味しいビジネスモデルのように思われますが、UUUM系のユーチューバーの方々がファンクラブのビジネスモデルを連発していないことを考えると、実際はそこまで上手くいっていないのかもしれません。 実情は全く分かりませんが、トップユーチューバーのはじめしゃちょーさんのファンクラブですら、そこまで話題になっていない事を考えると、 一般レベルのユーチューバーが実践するのにはかなりハードルが高い稼ぎ方です。 収入源その4:YouTubeのチャンネルメンバーシップ機能で収入を得る方法 ファンクラブとほぼ同じような収入の仕組みですが、YouTube自体が「チャンネルメンバーシップ」という機能を提供しています。 これは 視聴者が月額490円を支払うことで、特定のチャンネルのメンバーになれる機能です。 有名なところでは、水溜りボンドさん、東海オンエアさん、フィッシャーズさんなどがこの機能を利用しています。 YouTubeチャンネルに表示されている「メンバーになる」というボタンが「チャンネルメンバーシップ」の機能です。 チャンネルメンバーシップに登録した視聴者には、そのチャンネル独自の特典が提供される仕組みになっています。 この辺は、まさにファンクラブと同じです。 ファンクラブとの違いは、単純にYouTube内のシステムで課金するかしないか、だけです。 YouTubeのチャンネルメンバーシップ機能を利用した場合は、YouTubeやGoogle Playで普段利用している方法で決済ができるので、Google関連のサービスに課金したことがあるユーザーにとっては決済の手間が少ないです。 ただし、一定以上の条件をクリアしたチャンネルでしか、チャンネルメンバーシップ機能を利用することはできないため、トップユーチューバー以外は収入源になり得ないと思います。 もっと手軽にYouTubeで収入を得たいのであれば、が一番です。 収入源その5:オンラインサロンで収入を得る方法 ファンクラブやチャンネルメンバーシップで収入を得る方法とも似ていますが、最近ではYouTubeからオンラインサロンへ集客を行っているユーチューバーの方も増えてきました。 有名なところでは、ホリエモンさんやオリエンタルラジオの中田敦彦さんがいらっしゃいます。 中田さんは、動画の説明欄で自身のオンラインサロンへのURLを掲載しています。 オンラインサロンとは、ファンクラブよりもお堅い集まりをイメージすると分かりやすいです。 ファンクラブは純粋に「主催者を応援したい!」といった形で参加者が集まっており、誤解を恐れずに言えば、ゆるい集まりです。 一方のオンラインサロンは「主催者の方から何かを学びたい!」といった目的で参加者が集まっているケースがほとんどです。 例えば、オンラインサロン主催者の方からビジネスを学んだり、起業について学んだり、特定分野のスキルを学んだり、といった感じです。 ちなみに、ホリエモンこと堀江貴文さんのオンラインサロンは月額10,800円の会員が1,416人、年会費プランの会員が102人いますので、これだけで月間1,600万円以上の売上です。 堀江さんほどの実績とネームバリューがあるからこその結果とも言えますが、なかなか夢のあるビジネスモデルだと思います。 特定分野で秀でた実績や経験がある方は、こういった稼ぎ方にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。 収入源その6:イベント・オフ会・ライブなどで収入を得る方法 YouTubeを通じて作ったファンをイベントやオフ会に集客して収入を得る方法もメジャーな収入源です。 特に音楽系の活動をされている方々が、自身のライブへの集客にYouTubeを活かしているケースが多いです。 バンドやアーティストの場合、YouTube動画の中で自分の音楽を発信していくことで一定のファンがついてきます。 その方たちに対して、生で音楽を聴けるライブの告知をすればチケットが売れていくのです。 有名どころでは「レペゼン地球」さんがライブへの集客で大成功を収めています。 レペゼン地球さんはYouTube動画に一切広告を付けずに活動を続け、ファンを増やして、新曲の発表やライブの告知を行っています。 YouTubeを活用すると、こういった稼ぎ方もできるようになります。 収入源その7:オリジナルグッズの販売で収入を得る方法 UUUMに所属しているユーチューバーの方々は、オリジナルTシャツなどのグッズを販売している場合が多いです。 もちろん、 どこかの事務所に所属しなくてもオリジナルグッズを制作し、販売することは可能です。 いまの時代、オリジナルグッズを制作してくれる業者は、ネットで探せばすぐに出てきます。 そういった業者に依頼すれば、そんなに大きな予算がなかったとしても、Tシャツなどのオリジナルグッズを制作することができます。 ユーチューバーとして多くのチャンネル登録者数を抱えているのであれば、動画内で「こんなオリジナルグッズを制作してみました!」と告知するだけで売れる可能性は十分にあります。 グッズ制作についてはお金がかかったり、制作の手間がかかったり、発送の手間がかかったり、といった形で労力がかかるので、効率はあまり良くはないと思います。 それでも、世界に一つだけの自分ブランドのオリジナルグッズを制作できる醍醐味はあると思いますので、興味がある場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。 収入源その8:YouTube関連のコンサルティングで収入を得る方法 YouTubeで再生回数を集められるようになると、その方法・ノウハウをもとに収入を得ることもできるようになります。 プロ野球で結果を出した選手が野球の監督をやったり、ビジネスで大成功したビジネスマンの方が私塾をやったりするのと同じようなイメージです。 例えば、チャンネル登録者数10万人のYouTubeチャンネルを運営している人がいたとして、直接その方から「ゼロからYouTubeチャンネルを立ち上げて、チャンネル登録者数を10万人まで増やす方法」を学べるとします。 「YouTubeで成功したい!」、「YouTubeでお金を稼ぎたい!」と思っている方からすれば、登録者数10万人の方から学べる機会はかなり貴重です。 そこでコンサルフィーや指導料を受け取って、ノウハウを教えたり、コンサルを行ったりするビジネスが生まれます。 YouTubeでアクセスを集めるノウハウを習得したことで、企業向けにYouTube活用のためのコンサルティングを行っている方などは多くいます。 もちろん、人に教えることをビジネスにする場合、 まずは自分自身がYouTubeチャンネルの運営を実践し、実績を作ることが重要になります。 ですので、これからYouTubeチャンネルの運営を始めようと思っている場合は「ゆくゆくは、こんな方法でも収入を得ることもできる」という一つのやり方として覚えておくと良いでしょう。 ちなみに、「まずは自分自身のYouTubeチャンネルを成長させたい!」と思っているのであれば、を学んでみるのがお勧めです。 収入源その9:他のメディアにアクセスを集めて収入を得る方法 YouTubeは非常にアクセスを集めやすいメディアなので、 YouTubeを起点として自分のメールマガジンやブログを宣伝し、そちらで収益を得ることも可能です。 ブログでアフィリエイトやアドセンスをやっている人も多いと思いますが、そこへのアクセスを集める一つの手段としてYouTubeを活用するようなイメージです。 色々な連携のやり方がありますが、例えばブログで何らかの商品レビューをしていて、ブログ内にその商品のアフィリエイト広告を貼っていたとします。 その商品レビューをYouTube動画としても配信して、「もっと詳しいレビューを知りたい場合はブログもチェックしてください!」といった誘導方法もありです。 ブログのほうでもYouTube動画を埋め込んでおけば、ブログを見た人が動画でレビューを見ることもできるようになります。 こういった形で、画像や文章だけよりも動画で伝わることが多いのであれば、ブログやホームページとYouTube動画を連携させて、収益を発生させる仕組みを作っていくのも良いと思います。 また、最近、流行っているnoteやココナラなどで商品・サービスを販売している方も、 それらの販売サイトへの集客元としてYouTubeを活用することができます。 自社でECサイトを運営している場合も同じようなやり方で自社メディアへの集客ができます。 CHANNEL Fashion College」だと思います。 ファッションの着こなしやファッションアイテムについて解説を行った上で、それらのアイテムが説明欄のリンクからECサイトで購入できます。 久しぶりにチェックしたら、いつの間にかチャンネル登録者数も10万人を超えていて、広告収入だけでも十分事業として成り立つレベルにまでチャンネル規模が拡大していました。 こういった形でYouTube単体で稼ぐだけでなく、他のメディアと組み合わせることで収入源の幅が広がっていきます。 収入源その10:YouTubeから実店舗に集客して収入を得る方法 先ほど紹介した「収入源その9」は、YouTubeからWeb上の別メディアへの集客で収入を得る方法でした。 しかし、 YouTubeを使えば、実店舗(オフライン)へ誘導・集客することも可能です。 O2O(オーツーオー・online to offline)と呼ばれる「オンラインからオフラインへ誘導する」なんてこともできてしまうわけです。 基本的にはどんな業種・業態であっても、YouTubeで発信して、実店舗へ誘導することができます。 例えば、下記は大阪にある整体院が運営しているYouTubeチャンネルの動画です。 この動画の説明欄には、こちらの整体院さんのWebサイトへのリンクが設置されています。 私は整体院に行ったことがないので、正直、整体院という場所がどんなことをやっているところなのかほとんど分かっていません。 そんな整体院初心者にとっては、こういう動画があることで「どんな施術が行われているのか」が分かりやすく伝わってきます。 「整体院に行ってみたいけど、ちょっと怖いなー」と思っている人にとっては、こういう動画があったほうが親近感がわきますし、安心できます。 実際、私のように、整体院に行ったことがないのでどんな事をやってもらえる場所なのか全然知らない人は多いと思います。 そういう人がこの動画を見て興味を持ち、近くに住んでいたらこの整体院に行く可能性は高くなるでしょう。 しかも、実店舗への集客だけでなく、投稿している動画に広告を表示しておけば、 動画が再生されて収益が発生し、動画を見た人が実店舗へ来たら収益が発生し、といった形でダブルの収入源を作ることも可能なのです。 結局のところ、どういった形でもYouTubeを絡めてビジネスを行うのであれば、YouTubeチャンネルを成長させることが最優先になります。 そんなYouTubeチャンネルを大きく成長させるための極秘ノウハウは、でも詳しく解説しています。 収入源その11:YouTubeチャンネルを売却して収入を得る方法 インターネットの世界では、Webサイトが売買できることをご存じでしょうか。 そもそも、なぜWebサイトが売買されているのかを簡単にご説明します。 あるジャンルにおいて新規のWebサイトを作ろうと思ったら、半年、1年、2年といった長いスパンでWebサイトのコンテンツを拡充させていく必要があります。 これには労力、時間、人件費が多くかかります。 そこまで頑張っても、作成したWebサイトにアクセスが集まる保証はありません。 であれば、 もともとアクセスが集まっているWebサイトを買ってしまったほうが時間を節約できるのです。 こういった考えから、個人や企業がすでにアクセスが集まっているWebサイトを購入するケースは多いです。 上記のように、Webサイトが売買されていることを知っていた方はいるかもしれませんが、実はYouTubeチャンネルも売買されるケースがあるのです。 YouTubeチャンネルに関しても、チャンネル登録者数を増やすのにはそれなりの時間がかかります。 だから、 チャンネル登録者数を増やす時間と手間をカットしたい個人や企業は、YouTubeチャンネルを買ってしまうわけです。 Webサイトの場合、売却額の相場は月間利益の24ヶ月分程度だと言われています。 つまり、 月々10万円のアドセンス報酬が発生しているYouTubeチャンネルであれば、240万円くらいで売れる可能性もあるわけです。 当然、月間の売上・利益が大きくなったり、チャンネル登録者数が多くなれば、売却額もどんどん大きくなります。 実際にYouTubeチャンネルが売れるかどうかはその時の市場状況にもよるため、最初から売却を考えてYouTubeチャンネルを作っていくのは難しいと思います。 ただ、コツコツと育てたYouTubeチャンネルを何らかの事情で運営できなくなってしまった場合は「チャンネルの売却」という方法もあることを覚えておくと良いと思います。 収入源その12:YouTubeでは稼がず、知名度を上げて収入を得る方法 これは著名人・有名人・芸能人といった方々しか実践できない方法なので、知識として持っておく程度の稼ぎ方になります。 すでに何らかの分野で有名になっている方は、YouTube自体で稼がず、他の場所で収入を得ることもできます。 例えば、少し前に本田翼さんがゲーム実況動画を配信して、とても大きな話題になりました。 本田さんにそういった意図があったかは分かりませんが、本田さん自身はYouTube動画に広告を付けなくても、話題を集めたことが本業の収入増へと繋がっていきます。 芸能人・女優は人気商売なので、知名度があり、人気が高い人であればあるほど、ドラマやCMに出演することができます。 本田さんはすでに超一流の芸能人ですが、YouTubeでゲーム実況を行ったことで、さらに知名度を上げましたし、さらにファンからの支持を得ました。 この 知名度の上昇が今後のドラマやCMの出演に良い影響を与えることは明白です。 さらに、ゲーム実況動画を配信したことで、ゲーム好きとしても広く知られるようになりましたので、ゲーム関連のお仕事が増える可能性も十分に考えられます。 このように、知名度や人気度が高まることで本業の収入が増える方にとっては「YouTube単体でどう稼ぐか?」を考えなくても、自然と収入を増やすことができるのです。 一般人ユーチューバーや副業ユーチューバーが最も手堅く収入を得る方法とは? ここまでYouTubeを活用して収入を得る方法を複数解説してきましたが、私も自分で記事を書いていて「ユーチューバーの稼ぎ方って本当に多様化してきているなー」と感じました。 そんな数々の収入源の中でも、やはり、私たちのような 一般人のユーチューバーや副業として取り組んでいるユーチューバーが最も手堅く収入を得る方法はYouTubeアドセンス(YouTube動画の広告報酬)です。 YouTubeでは実際に様々な形で収入を得ることが可能ですし、ゆくゆくはそういった稼ぎ方にも挑戦していくのが良いと思います。 ですが、今からYouTubeチャンネルの運営を始める場合、 まずは手堅くYouTubeアドセンスから始めていくのが絶対にお勧めです。 この記事で解説している稼ぎ方の中で、YouTubeアドセンス以外の方法はどうしても難易度が上がります。 また、YouTubeへ動画をアップする以外の手間も増えます。 例えば、オリジナルグッズの販売は制作・受注管理・発送などが必要になってきますし、ファンクラブの運営はファンクラブに対するフォローアップが必要になってきます。 一方、 YouTubeアドセンスで収入を得るためにやるべき事は「YouTubeへ動画をアップロードするだけ」です。 動画をアップロードするだけで、あとはYouTubeのシステムが勝手にやってくれますので、非常に効率が良い稼ぎ方だと言えます。 その他の稼ぎ方と違って、 自分のペースで気ままにやっていけるところも良いポイントです。 YouTubeチャンネルを育てていくことで様々な稼ぎ方にチャレンジできるのは事実ですが、まずはYouTubeアドセンスで稼ぐことを考えていくのが良いです。 また、他の稼ぎ方を実践するためには、チャンネル登録者数や動画の再生回数が必要になってきますので、 結局、それぞれの稼ぎ方はYouTubeアドセンスの先にあるものなのです。 ということで、もし貴方がYouTubeを活用して、YouTube単体で収入を得ることに興味があったり、YouTubeを活用して自分の本業の収入をさらに増やしていきたいと思ったりしているのであれば、 まずは自分のYouTubeチャンネルをどんどん大きく成長させていくことを意識しましょう。

次の