大島 てる 事故 物件 地図。 「内覧中に飛び降り」「汚物を喉につまらせ死亡」etc…事故物件住みます芸人が紹介する“死因にパンチの効いてる物件”がヤ

大島てるの絶対に借りてはいけない事故物件TOP15

大島 てる 事故 物件 地図

当記事は2015年7月13日の記事を最新の状況を反映し改稿したものです。 不動産業者の仕事は、取引が終わったからといって完全に終わる訳ではありません。 買主側に付いた場合は、当然その不動産と長く関わって行くことになります。 買主様がお住まいになったり、事務所にしたり、賃貸アパートなら管理受託したり… お客様との付き合いが続く限り、その不動産とも付き合ってゆくことになります。 最終的には、その不動産を手放す時も、売却を依頼して頂けるなら、 大変光栄なことで、不動産屋冥利に尽きるというものです。 売主側に付いた場合、一旦その不動産とは直接関係が無くなるとはいえ、のちのちのトラブル発生を予見しておく必要があります。 とはいえ、買主側にも業者がいる場合には、こちらから積極的に接触は取りません。 土地を売却した後は、無事に建物が建ってゆくかを見守ります。 建物を売却した場合には、その後問題なく、居住・運営・賃貸しているか、定期的に確認します。 買主側にも売主側にも立つ、『両手』取引の場合には、この両面があるので責任も重大です。 ・・・と、 毎度毎度前置きが長いですね。 『大島てる』というウェブサイトがあります。 事故物件の情報を広く募っているサイトで、Googleマップから事件事故の情報を閲覧する事が出来ます。 誰でも簡単に投稿出来る為、Wikipediaや2ちゃんねるのようなもの、と言えば分かりやすいでしょうか。 事件事故の情報というのは不動産取引上、不動産屋としては知っておかなければならない事項ですから、 不動産を売買する場合には、出来るだけ見ておくようにしています。 勤め先で管理しているアパートで火災があり、不幸にも入居者が亡くなってしまった事がありましたが、 火災が起こったのが明け方で、朝9時頃にはもう事故情報が登録されていました。 新聞やニュースに掲載された情報に関しては、ほぼ確実に反映されると考えて良いようです。 しかし、事故物件の情報を気軽に投稿出来るという事から、 たとえ情報が真実であっても、 不動産価値の下落に繋がる為、掲載して欲しくないという批判もありますし、 何より、誰でも投稿出来るため、 デマやいい加減な情報が多いのも事実です。 既にタイトルに結論は書いてしまっているんですが、 先日、『大島てる』を閲覧していた処、 過去に取引したマンションが掲載されていました。 (改めて当時の流通履歴を見直しましたが、その時期に他に売りに出た部屋はありませんでした。 ) その物件は、付き合いの古いお客様が所有していたマンションで、 私がこの職業に就いて初めて売却したマンション、かつ、初めて『両手』で成約した物件でした。 (それまでに中古マンション以外の土地や建物の取引経験はありました。 ) かなり独特な販売戦略が見事に『当たった』、 非常に思い出深い物件の一つです。 では、本当に事故物件だったのかと言えば 当然、事実無根 です。 まず、前の所有者が貸していた入居者の方は確かにお亡くなりになっていたのですが、 ご病気で病院に入院してでの事ですから、事故物件ではありません。 (通常、事故物件というのは『建物内で』、『自殺、他殺、事故死』されたものを指します。 ) また、 『格安』というのも大きな誤りで、かなり高額での成約でした。 恐らく、同じマンションの住人が広告を見て 相場も分からずに 『安い、事故物件に違いない!』と、 『大島てる』に投稿したものと思われますが、 非常にタチが悪いですね。 『大島てる』は、誤情報で事実確認が出来た場合には削除に応じる事もありますが、ある種の炎上商法で、ないものをないと証明する『悪魔の証明』をわざわざしてゆくのも、火に油を注ぐ行為になりかねないと考え、現在のところ、静観しています。 (時期だけで、号室が明示されていない為、無いものを無いと示しづらい、という面も…) また 賃貸物件の募集広告で 『告知事項あり』と記載されていたことを根拠に、 『大島てる』への登録を行なっている方もいるようですが、 『告知事項あり』は必ずしも事件事故による心理的瑕疵物件に限られた記載ではありません。 『大島てる』は、非常に意義があるサイトだと考えていますが、 このように、 利用する際には、インターネットリテラシーが必要になりますね。 一般の方が不動産の購入をする際に参考にすることも多々あるとは思いますが、 せいぜいWikipediaや2ちゃんねる程度の信憑性、と考えておきましょう。 (まー、Wikipediaの信憑性についてもかなり誤解している方も多いようですが…) 平成27年8月30日追記 『大島てる』氏からの当記事へのコメントでの申し出により、 先方へメールにて物件情報を送信したところ、 該当する投稿は削除されました。 削除されるまでにコメントで『大島てる』を名乗る方とやりとりしましたが、 メールとコメントで矛盾する部分が多くあり、 実際に本人だったのか否か、また複数の運営者がいるのか等、 私には判然としない部分が多かったように思われます。 当時非公開だったメールでのやりとりを含め、に掲載しています。 札幌市に生まれ、18歳から10年ほど東京にいました。 税理士事務所、不動産会社勤務を経て、現在は不動産仲介・管理会社、コンサルティング会社等を経営しています。 様々な業種の法人や個人事業主の方と関わる事で、色々と興味深い経験を積んで来ました。 不動産に関して売買、賃貸、管理を含む総合的なコンサルティング、相続対策や事業承継、法人経営のコンサルティングを得意としています。 ウェブ上では『札幌の不動産』に関する諸事情を取り上げて来ました。 不動産調査や取引の実際や札幌近郊での実例や、自宅の購入や不動産投資に関する記事のほか、札幌の歴史に関してもマクロ的に各論で紹介しています。 また、処理困難な相続案件の取りまとめ、市街化区域・原野、違法建築物の処分などのなかなかプロフェッショナルのいない分野も得意としています。 日本の地方都市における『新しい枠組み』を模索しています。 <略歴> 昭和60年 札幌市南区に生まれる。 平成16年 私立北海高等学校卒業。 学習院大学法学部政治学科入学。 平成17年 宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)試験合格。 平成19年 都内税理士事務所に勤務。 平成20年 学習院大学法学部政治学科卒業。 平成24年 税理士事務所退職。 札幌へ帰郷。 不動産コンサルティング業に従事。 平成25年 ブログ『この道なぁに?札幌』開設。 平成29年 ウェブサイト『BEHEMOTH』開設。 平成29年 某社代表取締役就任。 令和元年 本名での活動を開始。 <資格等> 宅地建物取引士、税理士試験科目合格ほか。 たいした資格は持っていませんが、税務・法務の実務経験や、他のコンサルタントとは異なった切り口から提案をするのがモットーです。 カテゴリー• 100• 36 最近の投稿•

次の

“事故物件”専門家・大島てる、借りたらヤバい事故物件の見分け方を今夜徹底解説 /2020年6月19日 1ページ目

大島 てる 事故 物件 地図

などと言ったものの、乱射事件は我らが南河内でも5年ほど前に起こっているのでした。。。 orz まぁそれはともかく、このマップを見ていると案外人間っていろんなとこでいろんな風に死んでるのだなと気づかされます。 考えてみれば当たり前なんですけどね、実に興味深い。 ざっと見たところは 「火災による死亡」と、あとは 「宿泊施設での自殺」が多かった。 厳密に言えばこのサイトは事故物件情報というよりは 「この住所で死体が発生・発見される事件・事故・事案が過去にあった」といったことを誰しもが気軽に書き込めるサイト、といったところ。 なので、すべてが正しいわけではなさそうです。 気になった物件を調べていわくがついていたら裏を取る、ぐらいの使い方がいいんでしょうね。 普通に考えれば、このサイトでは事故物件になってないけど過去に死人が出ている物件だってあるはず。 あくまで参考程度ですね。 よく 「風呂トイレ幽霊つき」なんて言ったりしますが、賃貸物件にお住まいの方はお気をつけください。 もうじ (TOP画像はwikipediaより、以下の画像は白神マタギ舎ウェブサイトより) 僕は 狩猟にドはまりした結果、よりよい狩猟環境を求めて田舎暮らし・移住を画策しているハンター諸氏も 最近、大分むぎ焼酎二階堂のCMを見ると涙腺がゆるゆるになります。 こんにちは、spinicke まがいなりにもブログという文章をメインにした表現法をたしなんでいるせいか、ことわざや格言に魅 先日、セミの幼虫を食べてみて「おいしいと噂のセミの幼虫を素揚げにして食べてみた結果。 」という 画像はgigazine. もうちょっとで山中で立ち往生するところでしたぜ。 orz 以前にもどこかで言ったような気がしますが、たしかに我々ハンターは動物を殺めてます。 けどそれを• アーカイブ アーカイブ• カテゴリー• 115• 301• 101• twitter!

次の

事故物件専門家「大島てる」に聞く、こんな部屋に注意 [一人暮らし] All About

大島 てる 事故 物件 地図

事故物件の見分け方「表札のフォントを見てみると……」 大島てる: 実はこの番組で以前ご紹介したのですが、この3枚のドアの写真をご覧頂きたいです。 この3部屋のうち、赤くなっているのは夕日かなと思うんですけれども、205号室のドア、そして504号室のドアは同じなんですよ。 ドアも同じですし、部屋番号の数字のフォントも同じ。 でもこの部屋だけドアが全然違ううえにフォントも違うということですね。 ちなみに503が事故の部屋ということでした。 一部屋だけ綺麗になっていますから部屋番号のフォントを見るまでもなく、ドア自体が溝がないですから違うということです。 この部屋に違いないと決めつけているわけではなくて、火事の直後に行っていますから、この部屋が火元だということははじめからわかっています。 しばらく経って改めて訪れたら、こういうふうにリノベーション、リフォームが終わっていたというわけです。 あちこちにある事故物件の見分け方のひとつとして、ドアが一部屋だけ違うということを例として挙げています。 しかし、この場合の色は同じじゃないかと、でも溝の部分が違いますし、加えてこの物件に関しては部屋番号のフォントも違うんですよ。 フォントの名前は知らないですけれど、隣の部屋番号はもうちょっとはっきりしているフォントじゃないですか? もうひとつの部屋の205でも……。 これでみなさん気付いてくださいということです。 松原タニシ: なんで違うフォントにしたんやろう? 一緒にしたらいいやん。 フォントは揃えたらよかったんちゃうん? ドアはもうなかったんだろうなって思いますけど。 フォントってなくなるんですか? 大家はフォントを揃えようねっていう話ですね。 悠遠かなた: 通常こういうのに使われるのはゴシックかメイリオですよね。 大島てる: おそらく気にしていなかったんだろうと思います。 松原タニシ: まさか大島てるにここを何回も突かれると思ってなかったでしょうね。 大島てる: ここは大家さんがお金をかけてリフォーム、リノベーションをしています。 もちろんドアだけではなくて、部屋の中もガラッと変わっています。 当然、次に住む人は正直に告知してもらっていますし……正直に告知してもらってなくてもあからさまに綺麗なので気付くんですよ。 松原タニシ: 見分け方としては、部屋番号のフォントとドアの形はわかりやすく事故物件を表すということになりますよという話ですね。 福岡IT講師殺害事件の現場となった元小学校 大島てる: ここは酒井法子さんの母校の小学校なんですけれども、繁華街にあります。 少子化の影響で廃校になりまして、中心部にあって立地条件もいいということで、すぐにマンションにするわけではなくてセミナーが開催されていたりするわけです。 2018年6月24日に福岡県福岡市中央区大名の官民協働型施設にて発生した殺人事件。 被害者は著名なブロガーであり、加害者が起こしたネット上のトラブルに被害者が巻き込まれた事件と見られている。 殺人事件なんかよくあるじゃないか、ということなんでしょうけれども、私にとっては他人事とは思えないんです。 被害者も犯人も40代なので、私とドンピシャなんですね。 いろいろな意味で怖いと思いまして、福岡に行った時は迷わず行って写真も撮りましたし、手も合わせました。 悠遠かなた: 襲撃って怖いですね。 僕もリスナーと揉めたことがあって……その人がうちに乗り込んでくるっていうね。 家を公表していたんですよ。 松原タニシ: あ~、怖いな……。 悠遠かなた: 「文句があるなら来い」って感じでやっていたんです。 引っ越した先の住所を公開していたんですけども、口論のあとに生配信中に家にペンキをかけられるっていうね、赤ペンキがバシャー! ってかけられてたんです。 トイレに行ったらシンナーっぽい匂いがして何? と思ったら、ドアポストから赤いペンキがタラーって垂れていて……外見てみたらペンキがかけられていたんです。 表現活動をネットでやっているとやっぱりそういうことがあったりするので、住所は公開しないほうがいいです。 松原タニシ: みんな気をつけましょう。 僕も怖さはわかります、殺人犯が家に来たりとかしていましたから( 参照)。 自殺が連続した分譲マンション。 一度目は焼身自殺、二度目は…… 大島てる: これはある意味、事故物件の聖地のひとつなんですけれども……。 福岡県内の北九州市です。 同じ部屋で2回自殺があったマンションをお見せしています。 松原タニシ: かなたさんの地元ですね。 まさか青いネットが張ってあるあそこ? 大島てる: その部屋とは違いますよ。 悠遠かなた: 際立っていますもんね……。 大島てる: この写真だと、手前の三角形の屋根でちょうど見切れちゃっている部屋です。 3階と4階の真ん中の部屋ですから。 今、3階と4階と申し上げましたけれども、これです。 実は、図面自体は初めてお見せします。 この図面にも書いてありますけれど、床をくりぬいて階段を作ったのが図面上明らかです。 すると、つなげたらもう1回自殺が起きてしまった。 1回目の自殺は焼身自殺、自分で火をつけたんですね。 2回目は階段部分で首吊り自殺、つまり手すりを使ったんじゃないかなと。 松原タニシ: 飛び降りではない? 大島てる: 飛び降りではないです。 つまり2回目の自殺も階段は下のフロアにあるわけですから、やっぱり302号のほうだったのかなということになるわけですね。 松原タニシ: これは賃貸じゃないんですか? 大島てる: 分譲マンションの中古ですね。 302が売りに出たら402の人が買って、302につなげて自殺したあと、またこういうふうにセットで中古で売りに出てると。 ちなみにこの広告上は自殺のことは何も書いていないです。 ただネット上の広告にまで自殺が2回ありましたということを書く義務があるわけじゃないので。 それは判子を押す前に言えばいい。 この業者さんがずるいということではなくて、二度手間になっちゃうかもしれないですよね。 聞かれたら言わなきゃいけないですよ。 ただこれは広告の説明だけですから。

次の