リリィ シュシュ の すべて。 リリィシュシュのすべてについての質問です。蒼井優はなぜ死...

【2018年現在】「リリィ・シュシュのすべて」ロケ地の今【詳しい場所も】

リリィ シュシュ の すべて

は、はが務める。 は世界初のを受けた人物・を題材とした、による小説『』(刊行、: 『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』、本作の公開に合わせて『リリーのすべて』のタイトルで再出版)である。 なお、本作は史実からは脚色されており、エルベが女性として暮らすようになった時期や結末等は実際とは異なる。 あらすじ [ ] 1926年のの首都。 肖像画家のは、風景画家の夫・アイナーと暮らしていた。 ゲルダの画家としての名声はアイナーに及ばなかった。 ある日、ゲルダが制作中の絵(女性ダンサー)のモデルが来られなくなり、アイナーに脚部のモデルを頼む。 それを見たゲルダは、冗談でアイナーを女装させ、「リリー」という名の女性として知人のパーティーに連れて行ったが、リリーが男性と親しげにする姿に当惑する。 しかしその後もアイナーはリリーとして男性と密会を続けていた。 ゲルダはリリーをモデルとした絵を描き、画商から評価を受ける。 アイナーに対して、ゲルダは自分の前では男でいることを望むが、アイナーは「努力してみる」としか答えず、パーティーの出来事が女装のきっかけではないと打ち明ける。 やがて、アイナーはリリーとして過ごす時間が増え、絵を描くこともやめてしまう。 ゲルダはアイナーを医者に診せるが、そこでは精神疾患という扱いしか受けなかった。 ゲルダの絵に対する引き合いを機に夫妻はパリに移った。 パリにはアイナーの幼馴染みの画商・ハンスがおり、ゲルダはアイナーの真実を打ち明ける。 話を聞いたハンスはゲルダの力になるべく、アイナーに数人の医師を紹介するが、やはり精神疾患という診断しか下されなかった。 しかし、「それは病気ではない。 アイナーの言うことは正しい」という医師が現れる。 この医師はアイナーに先例のない性別適合手術の存在を告げ、アイナーは手術を受けることを決断する。 - ()• - ()• ハンス・アクスギル - ()• ヘンリク・サンダール - ()• ウラ - ()• () -• エルサ - ()• ラスムッセン - () 製作 [ ] 構想 [ ] 公開の約10年前にが、アイナー/リリーを描いた原作に惚れ込み、映画化を希望した。 同時に自らプロデューサーとしても名乗りを上げた。 当時、配給会社も決まって、脚本も完成していたが、実現には至らなかった。 その後9月、がの小説『』の映画化に取り掛かる前に、の小説『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』の映画化に取り組みたいと述べた。 同年12月、アルフレッドソンが本作の製作から離れたと報じられた。 これに関してアルフレッドソンは「制作費の目途が立つ前に、映画化の計画を公にしてしまったことを後悔している。 」「まだ映画化に対する意欲はある」と述べた。 1月12日、アルフレッドソンの後任として、が雇われた。 同年6月11日、本作の一部をドイツで撮影するにあたって、ドイツの映画協会が本作に120万ユーロの助成金を出すと報じられたが、結局撮影には至らなかった。 . やがて2014年、を監督に据え、再度映画化が決定した。 しかしキャストに、ニコール・キッドマンの名はなかった。 キャスティング [ ] ゲルダ・ヴェイナーを演じる女優の選考は難航した。 、 , 、 に契約を打診したが、確定には至らなかった。 2011年2月、がゲルダを演じることが決まり、同年7月から撮影が始まるとの報道があった。 しかし、5月にはワイズとハルストレム監督の降板が報じられた。 4月28日、がを主演に迎えて本作のメガホンをとるとの報道があった。 同年6月19日、がゲルダ役に決まったと報じられた。 撮影 [ ] 当初、本作の撮影は2010年春からで行われる予定だったが、キャスティングが難航したために延期を余儀なくされた。 2015年2月にようやく撮影が始まった。 撮影はデンマークのでも行われた。 2015年4月12日、すべての撮影が終了した。 マーケティング [ ] 2015年2月26日、リリー・エルベを演じるレッドメインの画像が公開された。 8月にはレッドメインとヴィキャンデルが写った2枚のポスターが公開された。 9月1日には、本作の最初の予告編が公開された。 公開 [ ] 2015年3月4日、アメリカでの配給権を持つは同年11月27日にアメリカでの限定公開を始めると発表した。 同年9月5日、本作はで初めて上映された。 また、同月12日には、 ()のスペシャル・プレゼンテーションでも上映された。 この映画の完成は、当初企画に携わっていたニコール・キッドマンにとっても悲願であった。 キッドマンが原作に惚れ込んでから、10年以上の時間が経過し、キャストも変わっていたが、映画の完成をとても喜んだといわれている。 受賞 [ ] 賞 カテゴリ 対象者 受賞結果 ノミネート トム・フーパー 受賞 グリーン・ドロップ賞 トム・フーパー ノミネート 監督賞 トム・フーパー 受賞 ブレイクアウト女優賞 アリシア・ヴィキャンデル 受賞 作曲賞 受賞 主演女優賞 アリシア・ヴィキャンデル ノミネート ブレイクスルー演技賞 アリシア・ヴィキャンデル 受賞 助演女優賞 アリシア・ヴィキャンデル ノミネート 主演男優賞(ドラマ部門) エディ・レッドメイン ノミネート 主演女優賞(ドラマ部門) アリシア・ヴィキャンデル ノミネート 作曲賞 アレクサンドル・デスプラット ノミネート 助演女優賞 アリシア・ヴィキャンデル 受賞 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 第20回 助演女優賞 アリシア・ヴィキャンデル 受賞 監督賞 トム・フーパー ノミネート 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 脚色賞 ルシンダ・コクソン ノミネート アリシア・ヴィキャンデル 受賞 エディ・レッドメイン ノミネート ノミネート ノミネート 2016 女優賞 アリシア・ヴィキャンデル 受賞 第27 長編映画(拡大公開)部門 未決定 参考文献 [ ]• British Board of Film Classification 2015年12月3日. 2016年9月8日閲覧。 Indiewire 2015年12月7日. 2016年9月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2016年9月8日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. 2016年3月8日閲覧。 2015年10月6日閲覧。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月8日閲覧。 2015年10月5日閲覧。 2015年10月1日閲覧。 2016年3月8日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月6日閲覧。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月2日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月4日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年10月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年10月9日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2016年3月8日閲覧。 2015年9月12日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 『』での作曲と合わせての受賞• 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 『 Ex Machina』での演技にも• 映画ナタリー 2015年12月11日. 2015年12月11日閲覧。 com 2015年12月11日. 2015年12月11日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月1日. 2016年2月2日閲覧。 com 2015年12月3日. 2015年12月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月26日. 2016年2月26日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月15日. 2016年1月15日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年2月29日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年3月25日. 2016年3月25日閲覧。 com 2016年2月1日. 2016年2月1日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

【解説】『リリイ・シュシュのすべて』を理解するための「3つ」の考察

リリィ シュシュ の すべて

さて、この「」という映画のプロットを書いていきたいと思います。 そして夏休み、彼らと親密な友人何人かで沖縄旅行を計画する。 沖縄旅行の最中で起こった様々な事件や家庭での問題が起因してか、二学期が始まった頃、星野は凶暴化し、驚くべき豹変を遂げていた。 やがて、蓮見はいじめの標的になるだけでなく、利用されるようになり、万引きや等への加担を強要される。 そんな日常に鬱屈、悲嘆していた蓮見の唯一の救いそれは「」というアーティストの音楽を諦聴することである。 また、自分が開設、管理する「リリフィリア」というリリイシュシュに傾倒する人間が集合する板に心意を表出することでも、同じことが言える。 その板で蓮見は「 青猫」というハンドルネームのユーザーとに共鳴する。 急進的にカレートしてゆく、星野らの蛮行に利用され疲弊する蓮見は、リリイシュシュの音楽に安楽や解放を求めるも現実を甘受せざる得ない。 後に、リリイシュシュのライブの開催が決定し、蓮見は青猫を名乗る人物との、対面を約束する。 以上が少し、ネタバレを包含したプロットです。 僕が思うに、社会的には対極にあるとも言える星野と蓮見には、リリイシュシュというアーティストに心酔しているという点以外に或る、共通性が重要だと考えられる。 それは、精神の解放への渇望である。 また、この共通性は、を強いられている津田にも見られる特質でもある。 ここで確認しておかなければならない、頻出ワードがある。 それは「 」と言うものだ。 劇中では、感性の触媒、特別なオーラのようなもの、また、リリイはの覚醒者という記述もあった。 僕が思うにリリイシュシュというアーティストは錯覚であって、本質はこのという触媒なのではないか。 人間な元から持つ活力の源泉なるもの、それを意欲感などに転換する媒質。 つまりリリィは無力な偶像だ。 ライブでのインタビューを受ける、リリィに依存した自閉的なファンの様子がそれを物語っている。 劇中の板の投稿にも見られる、リリィの存在を神格化することに対する批判。 これがなかなか大きな要素であるように感じる。 これは多分、蓮見に教えてもらったリリィの音楽に感動したが、結局は何の救済にもならなかったという皮肉的な文章だろう。 リリィの音楽に依存し、欺瞞しても拭えない孤独感や絶望感。 そんな現実と音楽の世界観に生じるギャップが星野の変質を幇助したかのように感じる。 もう分かるかもしれないが、さらなる深淵にある物語の根幹それは、リリイの音楽ではどうしても解決しない酷薄な現状を抱える少年少女。 この第二の共通性こそがルファクターであるように思える。 そして彼らは独力で解放を実現しようとする。 会社が倒産し、一家離散。 いじめられっ子だったという過去も相乗してか、この状況から脱却し、解放されるべく暴力を身につけた星野。 に日々、憔悴し、自ら命を絶つことで解放を求めた津田。 星野は暗澹たる日常の主因である蓮見を殺害することによって解放を求めた。 ここで重要なのは彼等が自発的に、解決のために行動を起こしたという点にある。 つまり、リリイの音楽という媒質は、感受性を鋭敏にし、あらゆる事象に対して繊細になり、心からの共鳴を実感することによって、時には精神の安定化を促進することもだろう。 しかし、現実は変えられない。 触媒は触媒。 あくまで現象を増進させるためのクスリに過ぎない。 最終的に行動を起こすかは自分で判断するしかないというメタファーになっている。 リリイに対する盲信は、腐敗した日常の中では生きられない。 最後に〜 この作品が本当にリアルな14歳を投影できているか?なんてことは甚だ末梢的な話だと思う。 しかし、現実と乖離した、凄惨ないじめや、生徒の関係などを利用して、ここまで寓意的に人間の孤独と虚無を抱かせる映画は今まで観たことがない。 kouta1015229.

次の

リリィ・シュシュのすべて

リリィ シュシュ の すべて

リリイ・シュシュのすべて 監督 脚本 岩井俊二 出演者 音楽 撮影 編集 岩井俊二 配給 ロックウェル・アイズ 公開 2001年10月6日 上映時間 146分 製作国 言語 『 リリイ・シュシュのすべて』は、に公開されたの、またそのおよび岩井俊二によるのを用いた誰でも書き込みができる実験的な。 にから単行本が刊行されている。 まず、インターネット小説が公開され、後に原作本と映画が制作された。 現実と架空をリンクさせた構成と、現代の少年問題を描いた内容が大きな話題を呼んだ。 岩井によると、「を選べたら、これにしたい」作品。 物語のキーパーソンとなる役は歌手のであるが、本映画内ではプロモーションビデオの映像でのみ姿を現す。 に、本作の発表十周年を記念して、期間限定のオンラインショップ「十周年記念オンラインショップ」がオープンした。 そのサイトで公開後に発売されたDVDビデオ『リリイ・シュシュのすべて 特別版』や公開時のグッズを再発売したものを販売している。 作品概要 [ ] Y2Kプロジェクト - インターネット小説 [ ] 当初は日本の、台湾の、香港のの3人の映画監督により発足したY2Kプロジェクトの一環として、香港のアーティスト「リリイ」と台湾に住む少年の物語として映画の構成が練られており、プロモーションビデオとしてリリイ・シュシュの楽曲「グライド」の撮影もされたが、岩井監督自身の「この物語の正体をとらえきれていなかった」 という考えによりこの企画は一旦白紙とされた。 その後、映画の音楽を担当していたがリリイのイメージを基に「共鳴」という楽曲を制作し、それを聞いた岩井俊二は映画以外の手法による表現も可能ではないかと考え、舞台を日本に、また媒体をに移し、2000年4月1日にインターネット小説として発表した。 その際岩井俊二はサティ以外にも複数の人物を使い分けて書き込みをしていくが、この掲示板には閲覧している一般人も書き込みが可能であり、その一般人の書き込みも小説の一部として進行していくという実験的なものであった。 この設定に関する説明はトップ・ページに「このサイトは小説です」という一文しかなく、岩井俊二自身も何が起こるか予測できないと危惧していたが、サイトの趣旨を理解しない書き込みやなどもあるものの、多くの一般人が自身を「小説の登場人物」と理解した上で、または実際にリリイのファンとなった上での書き込みを行い、それにより物語の世界がさらに深まる結果となった。 (ただし同年5月16日からは一般人の書き込みは不可能になり、主人公であるサティの独白形式で物語が進行していくことになる。 それは同年7月11日まで続き、その後再び一般の書き込みも可能となった。 現在もこの掲示板は書き込み可能な状態となっている。 またサティの独白期間に公式の裏掲示板が設けられたことがあり、サティの独白に対する反応がリアルタイムに書き込まれていった。 ) 映画化 [ ] インターネット小説の連載終了後、サティの独白部分を基に映画版のシナリオ第2稿が執筆され、岩井俊二自身によって映画化されることになった。 大半の撮影は物語のキーワードでもある田園の広がる地方都市、栃木県と群馬県で行われ、日本で初めてで撮影された。 ただし物語の転換点であり、登場人物がで記録しているという視点であるでの撮影は、敢えてハンディカメラのみを使用している。 そのため、この部分は他の部分と比較し著しく画質が低い。 この作品では中学生たちの、、、、、、など社会の闇の部分を描いているため、過激な表現も少なくない。 そのため役者には体当たりな演技が求められ、生徒役の少年が全裸で田んぼの中を泳いだり、人前でのを演じたり、少女が実際ににしている。 クライマックスのライブ会場での撮影にはインターネットや雑誌などで募集した一般人のエキストラ約1000人が参加した。 ライブ前の高揚した空気感や事件後の混乱をリアルに表現するために、岩井監督からエキストラひとりひとりに細かい演技メモが配られた。 の広がる地方都市で暮らす中学生の蓮見雄一は、同級生の星野修介に万引きなどの犯罪行為を強要され、鬱屈とした日々を送っていた。 唯一の救いはカリスマ的な人気を持つ女性歌手、リリイ・シュシュの曲を聞くこと。 中学1年生 [ ] 雄一が星野と出会ったのは、中学校へ入学したばかりの頃だった。 星野は何かと目立つ存在で注目されていた。 剣道部へ入部した雄一は部活仲間となった星野に誘われ、彼の家へ宿泊した。 その夜、彼の部屋に飾られていたポスターで、雄一はリリイ・シュシュを知る。 3年生が部活を引退し、以前とは段違いに厳しい練習に、雄一、星野ら1年生5人は嫌気が差す。 5人は夏休みに沖縄へ自分たちだけで旅行する計画を立て、金銭面を解決するためにスリをはたらこうと都会へ向かう。 5人は高級車を持つ男に目をつけ、物陰から様子を窺うが、都会の不良グループが先に男をカツアゲし、男の尻ポケットから札束を奪う。 雄一たちはその様子に呆然とするが、星野の活躍で、5人は大金を奪ってしまう。 5人は沖縄へ訪れ、の島袋や地元案内人のシーサーさん、さらに道中で何度も現れる高尾らと共に様々な場所を観光、海を泳ぎ、花火を打ち上げた。 しかし、行楽の途中に星野は2度も命を落としかけ、雲行きが怪しくなる。 極めつけに5人は人身事故の現場に遭遇する。 撥ねられたのは高尾だった。 星野はその後のクルージング中、突然札束を海へ投げ捨てる。 他の4人が無念の声を上げるが、星野は不敵な微笑みを浮かべていた。 新学期が始まり、雄一は星野が溺れた事件をクラスメイトに吹聴していた。 クラスメイトが夏休みの間に見た目を派手にする中で、犬伏という生徒は特別派手な髪型をしていた。 星野は犬伏を注意するが、犬伏は星野を馬鹿にした態度で話を聞かなかった。 その直後、星野は犬伏に襲いかかり、彼を気絶させて髪をで切り取った。 星野はざわめく野次馬を不思議そうに眺め、教室を去った。 その日を境に星野は変貌し、クラスメイトの辻井と飯田、多田野とクリオネを従えて犬伏を登校拒否に追い込んだ。 星野は部活動へは行かず、放課後にはスクラップ置き場で仲間たちとつるむようになった。 雄一は星野へ、先輩からの伝言を伝えに向かうが、その日以降、雄一もまた星野のグループへ強制的に加えられ、犯罪行為を強要される。 中学2年生 [ ] リリイ・シュシュのニューアルバム「呼吸」が発売された。 雄一はCDショップでこれを万引きしようとするが失敗に終わる。 店へ駆けつけた小山内の温情によって「呼吸」を買ってもらったものの、店員や母親から罵りを受ける。 数日後、雄一は夜に星野から呼び出される。 個人的な万引きの失敗を学校への告発だと認識した星野らに、雄一は暴行を受け、さらにを強要される。 リュックサックに収めていた「呼吸」のCDは、星野によって割られてしまう。 雄一はリリイ・シュシュの絶大な信者となり、インターネット上でリリイ・シュシュの非公式ファンサイト「リリフィリア」を主宰し、「フィリア」の名で、様々な人物と交流する。 その中で、「青猫」と名乗る人物に出会い、掲示板上で度々繋がるようになる。 対して現実は過酷だった。 雄一は星野に命令され、同級生の津田詩織の尾行をしていた。 津田は星野に弱みを握られ、彼から売春を強要されていた。 その日は津田の初仕事で、雄一は多田野とクリオネと共に津田を見張っていた。 雄一は多田野の命令で津田を家まで送った。 津田は自分の分け前として受け取った金を、雄一に差し出す。 雄一が星野からたかられているのを知っていたせいだった。 雄一は受け取ろうとするが、津田は金を地面へ叩きつける。 苛立ちを晴らすように津田は雄一を蹴り、鞄で叩き、落とした万札を破けるまで踏みにじり、そして濁った川へと入っていった。 津田は泥だらけで帰宅し、庭にあった蛇口で体を洗いた。 雄一は門前で立ち尽くすが、やがてその場を後にした。 学校では、校内合唱コンクールに向けてクラスごとに練習に励んでいた。 雄一のクラスは投票によって選ばれた井沢がピアノ伴奏を、学級委員長の佐々木が指揮を、それ以外の生徒が合唱を担当した。 しかし、井沢はイントロだけで何度も躓き、ついに伴奏を辞退してしまう。 佐々木は代理として久野陽子を指名した。 久野は放課後には音楽室へ赴き、いつもピアノを弾いていた。 しかし久野がピアノの前に座った途端、女子の中心的な生徒である神崎が異議を唱えた。 佐々木と神崎らは言い合いになり、神崎は「久野が伴奏をするなら歌わない」と言い切り、グループを引き連れて帰ってしまう。 このせいでクラスの結束力も緩んで、練習にならなくなってしまう。 佐々木は担任教師の小山内に相談するが、小山内は打開策を打ち出さず、事なかれを主張した。 すると2人の間に久野が割り込み、元とは違うアレンジの譜面を見せる。 それは久野のピアノ伴奏を拒否する神崎らに対する妥協案で、ピアノを撤廃し、アカペラにするというものだった。 本来よりもずっと難しくなった合唱の練習は夜まで続いた。 佐々木は練習をボイコットするようになった神崎らに、久野がピアノを弾かなくなったと伝え、もう一度参加してほしいと頼む。 その場に居合わせた雄一も説得に強力させられた結果、神崎らは承諾する。 やがて合唱コンクールの本番が始まる。 久野がチューニングとしてピアノを弾き始めると神崎らは佐々木に詰め寄るが、チューニングが終わってピアノから立ち上がった久野を見ると、渋々と列へ戻る。 クラスは猛練習の成果を発揮し、困難なアカペラ合唱で「」を披露した。 雄一はピアノを弾かず、合唱の列にも入らず、ただ立ち尽くしている久野を見つめた。 合唱終了後、神崎らは満足そうに喜んでいたが、アカペラのアレンジが久野によるものだと知り、神崎だけが表情を引きつらせた。 星野は、アリーナの席から久野を眺めていた。 数日後、雄一は帰り道で佐々木と一緒になった。 佐々木は恋愛話を持ち出す。 佐々木は雄一が久野を好いていると見透かし、大して自分は津田のことが好きだと告白する。 佐々木は雄一が、以前津田と2人でいたのを目撃していた。 佐々木は2人が恋仲でないと知ると、雄一に、津田に告白したいから彼女を呼び出してほしいと頼む。 雄一は電話でこれを津田に伝える。 その直後、星野からの電話がかかった。 雄一は、久野をある工場へと呼び出した。 工場内で星野が待っていると、雄一は彼女を送り出した。 1人になった雄一の前に神崎が現れ、この工場は元は星野の家のものだったが、去年の夏休みに会社が倒産し、星野の家が離散していたことを告げる。 工場内では、待ち構えていた星野のグループが、逃げ回る久野を追い回していた。 久野はとうとう捕まり、強姦され、その様子を撮影される。 雄一は工場の外で思わず泣き出してしまう。 数日後、久野は頭を丸坊主にして登校する。 クラスはざわつくが、久野は毅然とした態度でいた。 数日後、津田の仕事帰りに、雄一と津田はレストランへ訪れた。 雄一が、佐々木とはどうなったのか尋ねると、津田は断ったと告げる。 雄一は、佐々木ならば津田を星野から救ってくれたのに何故断ったのか問い詰めるが、津田は、雄一が守ってくれればいいのに、と返す。 帰り道で、津田は雄一が聴いていたリリイ・シュシュの音楽に興味を示した。 津田は最新のアルバムを貸してほしいと雄一に頼むが、最新作の「呼吸」は、星野に割られてしまっており、仕方なく前作「ジュエル」を貸す。 別れ際、津田は「きっと大丈夫」と雄一を励ます。 しかし、この後に津田は、鉄塔から飛び降りて自殺してしまう。 キャトル事件 [ ] 現実が行き詰るに連れ、雄一は「リリフィリア」で青猫と心を通わせる。 渋谷でリリイ・シュシュのライブが開催されることが決まり、サイトの常連者はそれぞれ、目印として任意のものを持つ、或いは格好をすると書き込んでおり、青猫は青りんごを持っていくと書き込んでいた。 雄一は青猫にライブで会おうと告げる。 ライブ当日、会場前の列の中で雄一は星野を発見する。 星野もまた雄一に気づき、雄一に近づく。 星野は雄一のチケットを奪い取り、自身のものと見比べ、チケットを交換するよう詰め寄る。 さらに、雄一にコーラを買ってくるように命令し、雄一は仕方なく列から離れる。 その際に雄一は、星野から青りんごを手渡される。 青りんごには、bluecat 青猫 のアカウント名を含むメールアドレスが書かれていた。 雄一はコーラを購入して列へ戻り、遠くで手を掲げた星野を発見する。 雄一もコーラを持った手を掲げるが、星野は手に持っていたチケットを丸め、人混みの中へ投げ捨てた。 雄一は呆然と、星野が人の中へ消えていくのを見た。 ライブ中、雄一はずっと会場の外に立ち尽くしていた。 やがてライブが終了し、観客が会場から溢れてくる中に星野を発見する。 星野は雄一から青りんごを回収し、誰かに話しかけられなかったか尋ね、雄一がいなかったと答えると、星野は雄一を残してその場を後にする。 雄一はしばらくしてから、会場を指差して「リリイがいる!」と叫んだ。 その言葉にファンが呼応し、会場の前で、リリイを呼ぶ巨大な人混みが生まれた。 雄一は人混みを掻き分け、星野の元へと辿り着く。 雄一は背後から星野をナイフで一突きし、その場から逃げ出した。 星野はその場に倒れた。 雄一は離れたところで立ち止まり、星野の青りんごに突き刺したナイフを確認した。 エピローグ [ ] 星野は死亡し、その件は「キャトル事件」と名づけられて話題となっていた。 雄一は警察に捕まることなく、日常へと戻っていた。 雄一は慣れない手つきでドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」を弾き、母に頼んで髪を染めた。 久野は吹奏楽部へ入部し、ピアノを弾いていた。 雄一は成績の低下を理由に小山内から呼び出され、帰り際に久野を帰らせるように頼まれた。 久野は部活動の後も1人残ってピアノを弾いていた。 雄一は久野の演奏する様子を、彼女の背後からじっと見つめていた。 登場人物・キャスト [ ] 中学生の人物 [ ] 蓮見雄一(はすみ ゆういち) - 主人公。 中学生の男子。 リリイ・シュシュの熱狂的なファンで、非公式のファンサイト「リリフィリア」を運営している。 中学校へ入学した後に、学年内で目立つ存在だった星野の家へ泊まったのをきっかけに友人になる。 夏休み明けの新学期以降、変貌した星野の下で万引きや売春の手伝いを強要される。 明るい性格で人当たりも悪くなかったが、新学期以降は環境が悪化し、塞ぎ込むようになる。 前の席の久野に対して淡い恋心を抱いている。 父親を交通事故で亡くしており、母親が再婚して血の繋がらない弟がいる。 映画版では剣道部、小説版では陸上部に所属していた。 足が速いのが取柄。 星野修介(ほしの しゅうすけ) 演 - リリイ・シュシュのファン。 スポーツ万能、成績優秀で中学の生徒会長。 中学校の入学式では、新入生代表の答辞を読んだ。 実家は裕福であったが、夏休みに会社が倒産して家族が離散することになる(小説版では実家がタクシー会社を経営しており、倒産はしていない)。 夏休みが明けてから突然周囲に対する態度が変貌する。 以降は辻井らを従えてグループを結成し、や売春の斡旋で金を稼いでいた。 独裁者めいた態度のせいで、グループの仲間からも不満を持たれている。 小学校の時にいじめられていた過去を持つ。 津田詩織(つだ しおり) 演 - 雄一のクラスメイト。 星野に弱みを握られ、「仕事」としてで金を得て星野に渡すようになる。 詩織の初めての「仕事」からの帰り道に雄一が付き添い、それ以降は仕事の度に2人でつるんでいた。 雄一の持っていたリリイ・シュシュのCDを聴いて気に入る。 携帯の着メロはの『』(映画版)。 久野陽子(くの ようこ) 演 - 雄一が密かに恋い慕っている少女。 雄一とは2年生時にクラスメイトになった。 星野にリリイ・シュシュを教えた少女。 星野とは小学校のクラスで隣同士であったが転校しており、中学は同じ学校となるも他人として接する。 放課後には音楽室で、1人ピアノを弾いている。 優れた容姿のため男子からの人気は高い。 その反面、神崎を始めとする女子生徒からは相当嫌われている。 星野のグループに強姦された挙句売春を強要されそうになるが、映画版、小説版では異なる行動によってそれを拒否している。 佐々木健太郎(ささき けんたろう) 演 - 雄一のクラスの学級委員長。 雄一と同じ小学校の出身者。 正義感とリーダーシップを持った人格者で、神崎らの久野に対するいじめにも向き合っていた。 前の席の津田を恋い慕っている。 神崎すみか (かんざき すみか) 演 - クラスの女子の中心的存在。 星野のグループとも繋がりを持つ不良少女。 同級生の久野を生理的に嫌っており、星野のグループに彼女を暴行するように依頼した。 東海林真澄(しょうじ ますみ) 演 - 神崎のグループの一人。 笹野涼香(ささの りょうか) 演 - 神崎のグループの一人。 井沢紀子(いざわ のりこ) 演 - クラスの合唱祭でピアノを弾くことになったが、途中でやめてしまう。 犬伏列哉(いぬぶし れつや) 演 - 1年生時の、雄一や星野のクラスメイト。 夏休み明けの新学期には派手な髪型で現れた。 同じく素行の悪かった辻井たちを冗談半分でいじめていたが、変貌した星野に逆襲され、以降はいじめられる側へと追いやられ、挙句には登校拒否してしまう。 多田野雅史(ただの まさし) 演 - 星野のグループの一人。 クリオネ 演 - 星野のグループの一人。 少々弱気である。 夏でも長袖、長ズボンを着用している。 飯田待典(いいだ まつのり) 演 - 星野のグループの一人。 内心では星野に敵意を持つも、星野に命じられ嫌々いじめを手伝う。 辻井と彼とは特に素行が悪く、多田野やクリオネ、雄一よりもカースト上位の存在。 小説版では失態をした蓮見を見逃すなど、寛容な部分も見せる。 辻井影彦(つじい かげひこ) 演 - 星野のグループの一人。 同じく星野に逆らえずにいる。 清水恭太(しみず きょうた) 演 - 雄一と同じ部活の友人。 星野に絡む他校の生徒と対立した。 寺脇仁志(てらわき ひとし) 演 - 同じく雄一の友人。 仲貝弘和(なかがい ひろかず) 演 - 同じく雄一の友人。 池田先輩(いけだせんぱい) 演 - 剣道部の部長。 女子からの人気は、彼を目当てに入部する女子生徒が現れるほど。 誰にでも優しく接するので後輩からも慕われている。 神田先輩(かんだせんぱい) 演 - 池田部長の次の部長。 その他の大人たち [ ] 小山内サチヨ(おさない サチヨ、小説では小山内サチノ) 演 - 音楽の科目を担当する女性教師。 元同級生の男性からは「サッチー」という愛称で呼ばれる。 問題を抱えるクラスをまとめようとするが、空回りであることが多い。 雄一らが1年生のときの体験から、事なかれ主義の教師に成り果ててしまい、彼らが進級してから発生したいじめにも見て見ぬふりをした。 小説版では生徒からのいじめを受けたために、強い者に媚び、いじめに加担する側に回り、一層に事なかれ主義教師として描かれる。 高尾旅人(たかお たびと) 演 - 沖縄旅行に来ている男性。 雄一らの前に何度も現れ、ちゃっかりと飯にありついた。 小説版ではである。 星野いずみ(ほしの-) 演 - 星野の母親。 稲森いずみ似の美人。 蓮見静子(はすみ しずこ) 演 - (フジテレビアナウンサー) 雄一の母親。 家で理容店を経営している。 再婚した男性との間に子どもを身ごもり、終盤には出産を済ませている。 島袋(しまぶくろ) 演 - ツアー案内の女性。 からと呼ばれる。 シーサーさんの方言を訳している。 シーサーさん 演 - (カッチャン) 沖縄の地元案内人。 ヒッピーのような風貌をしている。 オタク 演 - ポルシェに乗っていたため、他校の生徒に現金をされる。 漫画家。 レストランの男 演 - 津田の客。 ホテルで熟睡中に津田に財布を盗み取られ、レストランまで追いかけてきた。 恩田輝(おんだ てる) 演 - 雄一らの中学校の教師。 保健の先生 演 - インターネット上の人物 [ ] フィリア リリイ・シュシュのファンサイト「リリフィリア」の管理人。 フィリアというはリリイ・シュシュがかつて組んでいたバンドに由来。 キャトル事件の後、突然「リリフィリア」を閉鎖する。 サティ 「リリフィリア」BBSの常連投稿者。 「リリフィリア」閉鎖後、リリイ・シュシュのファンサイト「リリイホリック」を開設する。 HNはリリイが敬愛するに由来。 キャトル事件時の目印は黄色いと黄色い。 青猫 「リリフィリア」BBSの常連投稿者。 同じ常連のふゆに恋愛感情を抱き、メールを交換していたが、何者かにそれをされ、「リリフィリア」で公開されてしまう。 「リリフィリア」閉鎖後は「リリイホリック」には姿を現していない。 キャトル事件時の目印は青林檎。 ふゆ 「リリフィリア」BBSの常連投稿者。 青猫とのメールがハッキングされたことがきっかけで、「リリフィリア」から姿を消す。 渋谷キャトルに姿を現したが、実はだった。 パスカル 「リリフィリア」BBSの常連投稿者。 関西弁の書き込みが特徴。 渋谷キャトル事件の負傷者の一人。 「リリフィリア」閉鎖後は「リリイホリック」に姿を見せていなかったが、後に姿を現す。 独自の推理でライブ会場で起こった事件の真相に迫る。 キャトル事件の真相を知り、映画にする。 現「リリイホリック」管理人。 本名は岩井俊二。 くま 「リリイホリック」BBSの常連投稿者。 「リリフィリア」時代からの常連。 キャトル事件時の目印は熊のぬいぐるみ。 ねんね 「リリイホリック」BBSの常連投稿者。 「リリフィリア」時代からの常連で同サイト常連のヒロイン的存在。 ふゆに嫌悪感を抱いている。 渋谷キャトルのライブには参加したが目印は持たなかった。 ネヴィラ71 「リリイホリック」BBSの常連投稿者。 「リリフィリア」時代から出没していた悪質ユーザーでいわゆるオタク。 監督作品を特に好む。 HNは『』の主人公の故郷の名前に由来。 本名は小坂鉄也。 鉄人29号 「リリフィリア」BBSの常連投稿者。 ネヴィラ71の別人格説が有力。 キャトル事件時の目印は「29」の数字。 トムトム 「リリイホリック」の新規投稿者。 ネヴィラ71といさかいを起こす。 あみか 「リリイホリック」の新規投稿者。 いちばん好きな楽曲は「沈黙の木」。 るか 「リリイホリック」の新規投稿者。 ほとんどの投稿の内容が「傷つきました」。 関連用語 [ ] リリイ・シュシュ() 音楽チャートで1位を獲得するほど人気の日本の女性歌手。 一部に熱狂的な信者を持つ。 略称は「リリイ」「リーシュ」。 リリイファンにとって感性の触媒、精神を満たす特別なオーラのようなもの。 赤、青、灰色などのエーテルが存在するらしい。 フィリア(Philia) リリイがボーカルを務めていたバンド。 カマカツ主導のバンドであったため、リリイファンからの評価は芳しくない。 作詞はすべてという説がある。 カマカツ カヤマカツヒロ。 フィリアの元メンバーで作曲を担当。 解散後はソロとして活躍。 リリイを出し抜いて売れたため、リリイファンから蛇蝎のように嫌われている。 ブラッドベリ・オーケストラ(Bradberry Orchestra) リリイが中学時代にボーカルを務めていたバンド。 デビューはしていないため、フィリアよりも知名度は低い。 に本作の音楽を手掛けたがと結成した新ユニットの名称として使用されている。 イエロウフェロウズ(Yellow Fellows) カマカツの在籍していたバンド。 通称:イエロウ。 リリイホリック ファンサイト「リリフィリア」閉鎖後に「サティ」によって作られたファンサイト。 キャトル事件 渋谷キャトルで行われたリリイのライブ後に起こった事件。 新聞などで大きく報道された。 アラベスク リリイの2ndシングル「回復する傷」の。 に影響を受けて作られた。 歌詞に「」が出てくる。 エロティック(EROTIC) リリイの2ndアルバム。 スタッフ [ ]• 原作・脚本・編集・監督:• アソシエイト・プロデューサー: 前田浩子• ライン・プロデューサー :• 撮影:• 録音: 滝澤修• 音響効果:• 音楽: ・(アルバム『呼吸』()より)• ピアノ演奏: 、秋草由紀子• 写真撮影:• 合唱指導:松崎尚文、原真月• 制作主任: 、坂口慎一郎、森崎裕司• ナレーション(メイキングDVD):• ロケ協力 : 、足利市教育委員会 ほか• 技術協力: 、• 制作協力 : 、イメージファクトリー• 製作プロダクション: ロックウェルアイズ• 製作委員会メンバー: 、、Tube Entertainment、、ロックウェルアイズ 映画と小説の相違 [ ]• 雄一と星野が所属している部活は映画では部だが、小説では。 なお岩井俊二自身も中学時代は剣道部だった。 高尾の死因が映画では交通事故で死亡するが、小説ではに心臓を貫かれて死亡する。 映画で自殺するのは津田だが、小説では久野(映画版も当初は久野が自殺するはずだったが、久野を演じた伊藤歩と津田を演じた蒼井優のキャラクターに触れるうちに、岩井俊二が別の物語(映画版の脚本)を思い起こしたため変更された )。 クライマックスで事件が起こるライブ会場は、映画ではだが、小説では渋谷キャトルという架空のライブハウス。 音楽 [ ] この作品ではタイトルでもあるリリイ・シュシュの歌が重要な役割を担っている。 そうやって製作されたリリイ・シュシュの楽曲は、小林武史自身によって「スピリチュアル・ポップ」と形容された。 インターネット小説では小林武史によるインスト曲と、リリイ・シュシュの楽曲のみが使用されていたが、映画ではのピアノ曲も多く使用されている。 これは作品のキーワードである「田園」と「電波」の象徴をそれぞれ「ドビュッシー」と「リリイ・シュシュ」に当てはめたものである。 「リリイ・シュシュ」と言う名前は、ドビュッシーの最初の妻 Rosalie Texier の愛称である'Lily'と、2番目の妻との間に出来た娘 Claude-Emma の愛称'Chou-Chou'から付けられており、これは作品内で語られるリリイ・シュシュの生い立ちが関係している。 映画の中で久野陽子役のがドビュッシーの『』を演奏しているが、使用されている音源は当時14歳のが弾いたものである。 しかし岩井監督が実際に弾いているように見えたほうがよいと考えたため、伊藤はピアノの猛特訓をして指を撮影されても違和感のないほどに上達した。 映画パンフレットより 関連項目 [ ]• (岩井と小林がプロデュース) 外部リンク [ ]• (日本語) (英語)• - (英語)• - (英語).

次の