ヘルペス と は。 【ヘルペスとは?】

ヘルペシアクリーム「口唇ヘルペスとは」 | 大正製薬

ヘルペス と は

ピリピリ・ムズムズといった違和感の後に唇に水ぶくれができたら、口唇ヘルペスかもしれません 口唇ヘルペスの症状は時間経過につれて変化していきます。 最初は唇や口の回りにヘルペスの前兆であるチクチク、ピリピリといった違和感を感じます。 ムズムズと痒く感じたり、火照った感じがすることも。 この時期は鏡を見ても明らかな皮膚の変化はありません。 次に、皮膚が赤く腫れた状態になります。 女性だとお化粧で隠したいと思うかもしれませんね。 さらに腫れた部分に体液が溜まって水ぶくれ(水疱)になります。 この溜まった水には口唇ヘルペスの原因になっているウイルスが大量に含まれているので、水ぶくれを無理に潰すとウイルスが指に付き、他人にうつしてしまう原因になります。 また、水疱を無理に潰すと傷口周辺の皮膚にいる別の細菌が入り、二次感染を起こしてしまうこともあります。 水ぶくれの部分が乾いてかさぶたができると回復に向かいます。 全経過は2週間程度です。 かさぶたを無理に取ると出血して新たなかさぶたができてしまうので、自然に取れるのを待ちましょう。 紛らわしいのは、唇の回りにできるニキビ・吹き出物です。 ニキビの場合も赤くなったり、腫れたりする点は同じですが、ピリピリ、チクチクといった違和感を始めとする前兆があまりないので、口唇ヘルペスとは区別できると思います。 口唇ヘルペスの原因はウイルス 口唇へルペスの原因はウイルス。 教科書的には現在8種類あるヘルペスウイルスのうち、単純ヘルペスI型というウイルスです。 ヘルペスウイルスのうち、「ヘルペス」という病名で呼ばれるのは、この単純ヘルペスだけです。 ヘルペスの仲間が起こす良く知られている病気には、水疱瘡(みずぼうそう)や帯状疱疹、キス病と呼ばれる伝染性単核球症などがあります。 単純ヘルペスI型は症状が皮膚に出るので、皮膚に取りつくタイプのウイルスのように思われがちですが、実際に取りついているのは神経細胞です。 また、性行為感染症の一つで生殖器に感染を起こすヘルペスは、「単純ヘルペスII型」というウイルス。 最近は性行為の変化により、単純ヘルペスII型が原因の口唇ヘルペスも増加傾向ですが、症状は全く同じ。 通常の検査ではI型とII型のどちらのウイルスが原因かを区別することは難しいため、はっきりとした実数は分かっていません。 口唇ヘルペスの感染リスク 口唇ヘルペスには、他人に感染させるリスクと、他人から感染させられるリスクがあります。 会社などの日常生活ではあまり気にしなくて大丈夫ですが、ウイルスが多量にいる水ぶくれが破れた場合に、破れた水疱を触った手で他のものを触ってしまうと、物を介して他人に感染する可能性があります。 少なくとも水ぶくれがある時期のデートは避けた方が賢明でしょう。 他人から感染させられる可能性として一番高いのは、母子感染。 ウイルスの母子感染予防にはワクチンが効果的ですが、単純ヘルペスに対するワクチンはまだないので、残念ながらワクチンによる予防はできません。 新生児の時期は母親からの抗体があるので感染は起きにくいのですが、母子感染が起きても症状がすぐに出るとは限りません。 特に小児の初めの発症時には、口唇ではなく口内炎として症状が起きることが多いとされています。 口唇ヘルペスが再発を繰り返す仕組み 通常の病気の場合、体の免疫系は、悪いウイルスが取りついた細胞を丸ごと排除して病気を治します。 しかしヘルペス科のウイルスは、免疫系が完全に排除するのが難しい「神経細胞」という細胞に取りつきます。 他の細胞は免疫系で一旦殺してしまっても再生しますが、神経細胞は再生機能がないため、免疫系も手を出すことができないのです。 そのため、神経系からウイルスが飛び出すのを抑えることができますが、完全にはウイルスを排除することができません。 よって、口唇ヘルペスのウイルスは体に潜み続け、再発を繰り返すことになります。 ウイルスを抑える免疫系の力が弱くなると、神経からウイルスが出て来て皮膚に病変を作ります。 口唇ヘルペスは最初の感染では、症状が強くて水ぶくれ(水疱)が大きい傾向があり、再発を繰り返して行くと症状が軽くなり水疱が小さくなって行く傾向になるとされています。 何度も再発した人は皮膚が赤くなる前に、唇や口の回りのチクチク、ピリピリ、ムズムズといった違和感を感じ、再発が起こることが分かることが多いようです。 口唇ヘルペスを早く治すには? 口唇ヘルペスですが、通常は2週間ほどで自然治癒します。 美容的に気にならなければ、自然経過に任せて治るのを待つのも選択肢の一つ。 口唇ヘルペスをより早く治したい場合は、内服薬の服用も有効です。 詳しくは「」をご覧ください。

次の

もしヘルペスにかかったらどうしよう?

ヘルペス と は

原因 多くは子どもの頃に自分では気づかないまま感染したヘルペスウイルスが、体の神経節に潜伏し続け、風邪や疲れ、ストレスなどで体の抵抗力が落ちたときや、外傷、強い紫外線などに誘発されて再び暴れ出すことで症状が現れる。 ヘルペスウイルスが潜伏している人の割合は年齢が高くなるにつれて多くなり、70歳以上はほとんどの人が感染しているというデータもあるが、無自覚のままの場合もある。 また、大人になってから初めてヘルペスウイルスに感染すると、一般的に症状が重くなりやすいといわれている。 単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性角膜炎、小さな水ぶくれが多発して高熱が出るカポジ水痘様発疹症、2型は性器ヘルペス、臀部ヘルペス、ヘルペス性髄膜炎などの原因になることが多いが、感染力が高いため、体のどこにでも感染して痛みを伴う水ぶくれを生じさせる。 症状 皮膚、口、唇、目、性器などの違和感・かゆみ・ムズムズ感といった自覚症状が始まってから半日程度で赤く腫れ、さらに2~3日後に痛みを伴い液体で満たされた小さな水ぶくれなどの症状が現れる。 口唇ヘルペスでは、普通は1ヵ所に水ぶくれができる。 初めて感染したときは、多くの場合で無症状だといわれているが、ウイルスに対して免疫を持っていないため、高熱などの全身症状を伴う場合もある。 また、女性に多い性器ヘルペスの場合、水ぶくれのほかに赤いブツブツや皮膚のただれなどもみられ、初めて感染したときには、排尿や歩くことが困難になるほどの強い痛みと発熱が伴うことも多い。 いずれも再発した場合は、小さな水ぶくれができるだけの軽い症状で済むことが一般的だ。 2週間ほどでかさぶたができて症状は治まってくる。 治療 治療の基本は、ウイルスの増殖を抑えるための抗ウイルス薬を、内服もしくは点滴で全身投与すること。 そのため、理想的には水ぶくれが現れる前であるウイルスが増えている症状が出始めた時期に、なるべく早く治療をスタートするのが効果的だ。 必要に応じて痛み止めを使ったり、発疹の広がりに合わせて外用薬などを用いたりする。 口唇ヘルペスや性器ヘルペスを再発して症状が軽い場合は、水ぶくれができている場所をせっけんと水で優しく洗い、清潔にすることで水ぶくれが治まることも。 ヘルペスの症状が現れるときは抵抗力が落ちているため、治療と並行して、無理をせず安静にすることも重要。 抗ウイルス薬は神経節に潜んでいるウイルスに対しては効果がなく、単純ヘルペスウイルス感染症を根本的に治す薬は今のところないため、再発を防ぐ意味でも休息は大切だ。 都道府県からクリニック・病院を探す 内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

ヘルペスとは?口唇ヘルペスの原因となるウイルスの感染経路や予防、治療

ヘルペス と は

とにかく早く病院(皮膚科)へ行こう ヘルペスを早く治すために最も大切であるといっても過言ではないのが、「とにかく早く病院へ行く」ということです。 ヘルペスの治療においては抗ウイルス薬が処方されますが、この種の 薬はいつ飲んでも同じように効くというわけではなく、できるだけ早い段階で服用することで本来の効果が発揮されます。 例えば口唇ヘルペスに対して良く処方されるバルトレックスという内服薬ですが、このお薬はヘルペス発症後5日以内に服用を開始する必要があります。 また口唇ヘルペスは治療開始が遅れると、症状が重篤化して患部の肌細胞に深刻なダメージを与え、痕(跡)になってしまうこともあります。 なので、口唇ヘルペスと思われる症状が出た場合には、できるだけ早く病院へ行って治療を受けるようにしましょう。 なお、病院の何科にかかればいいのか迷う方もいると思いますが、基本的には 皮膚科を受診しましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 ) 病院に行けない時でも、前兆を感じたら市販薬を塗ろう 「ヘルペスを早く治すにはすぐに病院に行ったほうが良い」、それはわかっていても、仕事や学校、家事などで忙しくしているとなかなか病院に行けないこともありますよね。 そんな時でも、再発した場合に限っては、 薬局やドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬を使用するという方法もあります。 口唇ヘルペスの治療薬(塗り薬)は、薬局はもちろん、「マツモトキヨシ」や「ココカラファイン」といった一般的なドラッグストアでも市販されていますので、何度も再発を繰り返しているという方は予め購入しておきましょう。 そして、ヘルペスが再発する前兆と思われる症状があらわれた場合に、薬を塗るのです。 代表的なヘルペス再発の前兆としては、 ・口唇やその周りがピリピリ・チクチクする ・患部がムズムズするなど違和感がある ・患部が熱っぽくなる といった症状があげられます。 ヘルペスも何度か再発を繰り返しているとその前兆がわかるようになりますので、これを感じた場合は早めに市販薬を塗布することで症状を早く軽快させることができます。 ヘルペスに初感染・初発症した場合はその症状がヘルペスによるものでない可能性もありますので、病院に行って医師の診断を仰ぐ必要があります。 「ヘルペスだと思っていたら実は他の病気だった」なんてケースもありますので、ヘルペスと思われる症状が初めて出たという場合は、必ず病院に行くようにしましょう。 残る2つは、ヘルペスの薬が手元にないときにでも、できる事を紹介します。 リジンを積極的に摂取しよう 口唇ヘルペスを早く治すには、「リジン」を積極的に摂取するという方法もおすすめです。 「リジン」は必須アミノ酸の一種で、ヘルペスウイルスの栄養分となるアルギニンを減らす役割があることがわかっています。 そのためリジンを多く摂取すれば、その作用によってヘルペスウイルスの活動を抑制し、辛い症状を軽減させる効果が期待できるのです。 (参考:) リジンを多く含む食材には、 ・ 魚介類 ・ 牛肉 ・ チーズ ・ 鶏肉 ・ ビール酵母 ・ 卵 ・ もやし ・ 野菜 ・ 大豆製品 ・ フルーツ 等がありますので、普段の食事の中に意識的に取り入れてみてはいかがでしょう。 ちなみにヘルペスウイルスの栄養分(つまり身体にとってはNG)となるアルギニンは、 ・ チョコレート ・ カフェイン ・ ナッツ類 ・ 干しぶどう 等に多く含まれています。 ヘルペスの症状が出ている時は、これらの食材をなるべく摂取しないようにするというのもおすすめです。 リジンを摂取できるヘルペス向けのサプリが注目されています 普段の食事でリジンを補うことが難しい場合や、大切なイベント前など、効率よくリジンを摂取したい場合に役立つのがサプリメントです。 最近は、ヘルペス向けサプリメントの種類も増えているので、サプリについては以下の別記事にまとめています。 ヘルペスが再発すると2週間は辛い思いをしてしまうため、こういったサプリを活用し、日々の生活の中で無理なく予防するというのも1つの方法ですね。 実際に私自身も、体調に合わせてサプリを取り入れるようにしてから、ヘルペスの症状に悩まされる頻度が減っています。 体と心を休めよう 最後は基本中の基本ですが、ヘルペスを早く治すためには、体と心を休めるということも大切です。 というのも、ヘルペスは、 ・体力が弱っているとき ・病み上がりのとき ・免疫機能が低下しているとき ・ストレスを過剰に感じたとき ・夏場、炎天下で活動したとき に再発しやすい傾向にあります。 体力や免疫機能が弱っていると神経細胞の奥に潜んでいたウイルスが活発化して増殖し始め、ヘルペスの症状が出てくるわけですね。 もちろん抗ウイルス薬を服用すればウイルスを鎮静化することはできますが、体力が著しく低下していると、薬を服用してもなかなか症状が改善されないことがあります。 そこでヘルペスの症状がでたときは、あまり無理をしないで体と心をしっかり休めるようにしましょう。 特に過剰なストレスはヘルペス再発の原因になりやすいことがわかっていますので、 ・リラックス習慣を身に着ける ・趣味に没頭する時間を作る ・誰かに話を聞いてもらう などして、 あまりストレスを溜めないようにすることが大切です。 また睡眠不足もヘルペス再発の原因となりますので、ヘルペス発症中はもちろん、日頃から睡眠時間をしっかりと確保することによってヘルペス再発を予防することができます。 まとめ ヘルペスになってしまった場合、その症状を早く治すにはできるだけ早い段階で病院に行くことが大切です。 仮に病院に行くのが難しいという場合でも、口唇ヘルペスは市販薬が販売されていますのでこれを使って対処しましょう。 そして薬による治療と同時進行で、体を休めたり食生活の改善に取り組んだりすれば、より効果的に、そして早く辛い症状を改善することができるのです。

次の