ホテル チェック イン 仕方。 アイチェック イン レジデンス ソイ 2. バンコク, タイ

チェック イン プロンポン (iCheck inn Regency Sukhumvit)

ホテル チェック イン 仕方

知ってお得なチェック・インのシステム 午前中でもけっこう部屋に入れます チェックインが16時という日本と違い、こちらでは掃除の終わった部屋があれば朝でもokです。 チェックアウトは12時なので、満室の場合はまだ部屋掃除が完了していないこともありますが。 掃除が終わった部屋に、次々に新しい客をあてがっていくのでタイミングの問題です。 部屋ができていなくてもチェックインだけはできます 荷物を預けて外出して、戻ってくると部屋ができています。 荷物は部屋に運び済みか、フロント付近で保管します。 部屋の代表者のパスポートを提示します チェックインの際にはパスポートが必要です。 ふつうは1部屋につき代表者分ひとつあればok。 予約の名前の入っている人が好ましいです。 団体慣れや日本人慣れしたホテルでは簡略化してますが、そうでない場合や個人客の場合は提出が絶対。 パスポートNOを控えるか、コピーを取られます。 本当は全員の身元確認 テロ後、宿泊客全員の身元を確認しなければならないとお達しが出たそうで、ひとり残らずパスポートの提示をしたこともあります。 今も一部のホテルは、宿泊者全員のパスポートの提示を求めてきます。 パスポートを預ける場合は忘れずに 忙しい今ではなく後でゆっくり作業をしたいためか、パスポートはいったん預かりあとで返すホテルがあります。 大事なパスポートを残したまま部屋にあがるのは心もとないもの。 忘れないうちに早めに取りにフロントへ降りましょう。 ・パスポートに日本円の有り金をはさんだまま預けてしまい、フロントで厳重に注意を受けました。 場所はローマ。 他ホテルのイタリア人ホテルマンは黙って抜き取っていたところだったぞ、と厳しくお叱りを受けました。 ありがとう! ・ペンションでしたが、パスポートを何日も預けっぱなしで忘れ去り、チェックアウトをしてしまったことがあります。 荷物を持ち、坂を降りる途中で突然思い出しました「パスポート!!!!」今思うと、怖いです。 クレジットカードは支払い能力の証明 支払いの証明は身元証明よりも重要?です。 クレジットカードを提出しないとチェックインできないホテルが増えてきました。 も参照ください。 保証金8万円ですよ、8万円!しかしカードを 持ってきていないために現金は山のようにあったらしく、お客様の懐からぽんと8万円が出ていました。 チェックアウト時に忘れずに返してもらってくださいよ!と口酸っぱくしたのは言うまでもありません。 カード・キー 自分で持ち歩きます カードタイプのキーは自分で管理します。 滞在中ずっと持ち運びフロントへは預けません。 以前は「記念に持ち帰ってok」と案内され持ち帰る人が多かったですが、今は資源節約のため使いまわしが一般的です。 部屋番号は一緒にしないこと チェックインをすると、部屋番号を書いたホテルカードとカードキーを手渡されます。 もらったままの状態で、ふたつセットにして持ち歩く人の多いこと!とても危険な行為です。 部屋番号が分かるものはキーとは別にすること。 2人連れであれば片方がカードキー、片方が部屋番号を持つなど工夫しましょう。 私の知るお客様でもっとも可哀想なお客様で、しかも新婚さんでした。 文字通りすべての荷物を失ってしまわれたので、、。 (お元気にしてらっしゃるでしょうか) カードキーとともに鍵を盗まれれば、念のためホテルへ電話してストップしてもらいましょう! 部屋番号、忘れないこと 部屋番号とカードキーを別にすると部屋番号が分からなくなりあす。 カードキー本体には部屋番号が書いてありません。 部屋番号は自分で確認しましょう。 2ー3部屋を家族で借りる場合にカードキーが 混じってしまい、分からなくなることもあります。 どのカードも見た目は同じですから、きちんと区別しましょう。 カードキーで部屋があかないことも カードキーは機械のようなもので、カードと部屋番号を関連付けます。 ところがスペインで機械がうまく働かないのは常識。 部屋へ行ってもドアが開かないことは多々あります。 よくあることなので怒らず、フロントへ戻ってドアがあかないと伝えてましょう。 キーを作り直してくれます。 「このホテル3回目だけど、いつも1回ではドアが開かない」と苦笑してらっしゃいました。 それほど多いということ. キックアウト(チェックイン時に他のホテルへ回されること) ダブルブッキング ホテルがキャンセルを見込んで多めに予約を受けることがあります。 夏のバルセロナはほぼ満室なので要注意です。 夜の到着時は連絡を 欧米人はホテルの予約もせず旅行することもあります。 バルセロナはホテルが足りないことも知らずに。 夜11時にホテルに泣きついている若者を 見ることもあります。 夜の到着であれば念のため連絡をしておくこと。 目の前の予約なし客を入れてしまうこともあります。 予約がないと言われたら? 滅多にないですがホテルで「予約はありませんよ」と無情な一言。 そしてホテルは満室です。 手配会社のミスかホテルのミスかはともかく、ホテルが「そんな予約知らないよ」という態度の場合は手配会社が責任を持ってホテル探しをしてくれます。 違うホテルへ移れと言われたら? キックアウトの大部分がこれ。 ホテルのダブルブッキングです。 到着するとあわてて「別のホテルをご用意します」。 あなたの予約は知りませんという上の場合とは違います。 この場合はそのホテルが責任を持って別ホテルを手配します。 移動のタクシー代もホテル持ち。 手配会社からの予約はきちんと入っており、ダブルブッキングをしたのはホテル側です。 責任を問うべき相手は手配会社ではなく、 ホテルである点を理解しましょう。 チェーンであれば同じ系列に変更になることが多いです。 予定より星が下がるようだったらごねましょう。 条件は同等か、星を挙げてもらうこと。 無理だったら部屋のグレードをあけてもらいましょう。

次の

ディズニーホテル「オンラインチェックイン」

ホテル チェック イン 仕方

agoda. html 交通・アクセス 空港までの距離 25 km 対応言語 タイ語,英語 施設タイプ 施設タイプ ホテル チェック イン リージェンシー パークの子供・エキストラベッド情報 0~1歳のお子様 添い寝の場合は宿泊無料です。 ベビーベッドは有料となる場合があります。 2~11歳のお子様 添い寝の場合は宿泊無料です。 チェックイン・チェックアウト チェックイン受付開始 チェックアウト受付開始 チェック イン リージェンシー パーク詳細 チェック イン リージェンシー パークはバンコクを訪れたビジネス出張者や観光旅行者にとって最適なロケーションです。 ご宿泊のお客様に快適なお時間を過ごしいただくため、幅広いアメニティを完備しています。 全室Wi-Fi無料, 24時間セキュリティ, コンビニ, ファックス, コピー機などの施設も是非ご利用ください。 客室には快適な睡眠をサポートするよう設備が整えてあります。 無料ティー, クローゼット, タオル, スリッパ, 無料インスタントコーヒーなどを備えた客室もご用意しています。 お休み前には ガーデンなどのリラクゼーション施設で一日の疲れを癒すことができます。 バンコク市内中心に位置する便利なロケーション、フレンドリーなスタッフ、そしてバラエティあふれる施設を兼ね揃えたチェック イン リージェンシー パークは、多くの人に選ばれています。

次の

東横INNクラブについて-ホテル・ビジネスホテル予約

ホテル チェック イン 仕方

カプセルホテルの基本 チェックインの手続きからチェックアウトまでの過ごし方 まずはサイトや電話で予約をし、チェックイン時間にホテルのフロントで手続きを済ませます。 名前と住所、電話番号を書く程度なので、身分証はいりません。 長期連泊でも住民票はいりません。 館内の説明をフロントの人がし終えたら、ロッカーのカギがもらえます。 ロッカーの中にはタオルと浴衣が入っており、浴衣に着替えてもいいし、私服のままでもOKです。 あとは翌日のチェックアウトの時間まで館内を自由に過ごすことができます。 お風呂に入ったり、ラウンジでテレビやマンガを読んでたりと、のんびり過ごすことができます。 眠くなったらカプセルのあるフロアに行き、指定のカプセルの中に入って寝る。 そして朝になったら、チェックアウトの時間までに荷物の準備をして、ロッカーのカギをフロントの人に帰して、チェックアウト。 これがカプセルホテルで過ごす基本的な流れです。 場所によっては館内は浴衣じゃないといけなかったりと、ルールが違っていることもありますので、それに合わせて従うようにしてください。 連泊でも一度チェックアウトしないといけない ビジネスホテルなら連泊中は、チェックアウト時間でも部屋の中で過ごしても構いません。 しかしカプセルホテルだと、ほとんどのところは連泊でもチェックアウトの時間に一度、外に追い出されます。 チェックアウトからチェックインの間までの清掃時間に、客がいられては邪魔だからですね。 なのでその間の過ごす場所を決める必要があります。 喫茶店や公園、図書館などが候補として挙げられます。 僕はよくスタバに行って時間を潰していました。 WIFIのある喫茶店がスタバしかなかったので、そこを探して行ってました。 カプセルホテルのチェックアウト時間が大体10:00、チェックインは15:00です。 なので5時間ほどどこかで時間を潰さないといけなくなります。 あとお昼ご飯をどうするかですね。 お昼ご飯が人にとっては大変かもしれません。 外食になって出費がかさんでしまうからです。 たまーに連泊中でも館内に居ていいカプセルホテルもあるので、そこはラッキーだと思ってください。 深夜の外出OK フロントは24時間対応しているので、外出も好きな時にできます。 外出の時にフロントにロッカーのカギを預かってもらいます。 その時に自分の靴を入れている下駄箱のカギをもらって、靴を履いて外出。 ホテルに帰った時はロッカーの番号と自分の名前を言うだけです。 ゲストハウスだと門限があるため、深夜に外出ができませんが、カプセルホテルはビジネスホテルと同じように好きな時に外出する時ができます。 カプセル内にコンセントがある ケータイやパソコンが欠かせない今、カプセル内にコンセントは絶対にあります。 けど、ごくたまにコンセントがないところもあったりします。 なのでチェックインをしたらまずカプセル内にコンセントがあるか確認をしてください。 もしなくても館内のどこかにコンセントはあるので、そこで充電をすることもできます。 たたみの部屋やマンガコーナーにコンセントがあるはずです。 探してみてください。 カプセルフロアは禁煙 どこのカプセルホテルもカプセルのあるフロアは禁煙になってます。 フロントでも禁煙と必ず説明されます。 なのでタバコが苦手な人でも寝る時は安心して眠れます。 エアコンも完備なので、温度と臭いに関しては快適です。 ただハズレのカプセルホテルだと、カプセル内でタバコを吸っている悪質な客がいたりします。 カプセル内の壁や布団にタバコの焦げ跡が目立つところは、劣悪なカプセルホテルです。 カプセルフロアでの食事禁止 カプセル内は禁煙の他にも、飲み食いするのも禁止されています。 食べこぼしたりしてベッドのシーツが汚れてしまうからですね。 ホテルの手続きの際に、食べないようにとフロントのスタッフから必ず説明があります。 なので食べる時はラウンジか、食事処で食べるようにしてください。 ポットも電子レンジもそこに置かれています。 割りばしを忘れてたら、フロントか食事処の店員に聞けばもらえることもあります。 たまーにカプセル内でズルズルとカップ麺をすすってる客がいますが、やってはいけないことです。 カプセルホテルで過ごすコツ 耳栓を忘れることは眠れないのと同じ カプセルルームで寝ている人たちの中で、いびきがうるさい人は絶対にいます。 僕がこれまで色んなところを泊まり歩いて、100泊以上してきましたが一度たりとも静かだったことはありませんでした。 なので初めて泊まる方には、絶対に耳栓だけは持ってきておいてくれ!とアドバイスしたいです。 カプセルホテルの最大の問題点といってもいいぐらい、カプセルルームでの音は深刻です。 歩いたり話している声は当然聞こえますし、パソコンやマウスの操作音も全然聞こえます。 朝6時にもなれば、カプセル内にある目覚まし時計の音が鳴り始めます。 カプセルルームにあるカプセルは大体50個はあるので、常に鳴り続けると思ってください。 朝になると、「夜うるさくて眠れなかった・・・。 」という声がフロア内から聞こえたことがあります。 また自分が入るカプセルの隣の人のいびきがうるさくて、壁を思い切り蹴とばしたおっさんもいました。 「いびきがうるさいのぉ~。 」と隣の本人に聞こえるように言っても、起きることなくいびきが続き、いきなりカプセル内の壁をバァン!!!と蹴飛ばしてました。 あれは本当にびっくりした。 なのでカプセルホテルに行くなら、耳栓は100円ショップで買っておいてください。 忘れてしまったらフロントで販売していないか聞いてみてください。 利用者の大半は工事現場の日雇い ただし都内だと女性や外国観光客が多い カプセルホテルは駅近かパチ屋の近くに位置し、40~60代のおっさんが大半です。 浴場にいても食事処にいても浴衣姿のおっさんばかりです。 そんなおっさん同士がホテル内で知り合い、麻雀を打っていたりしている姿を見ることもできます。 ただ都内のカプセルホテルだと客層が大分変わってきます。 東京はビジネスホテルの宿代がとにかく高いので、少しでも安く済ませたいと考える人が多いのが理由だからです。 なので就活や音楽のライブのために来た20代の若者が、カプセルホテルを利用しに来ます。 大きなキャリーバッグを持って受付で説明を聞いてる姿をよく見ます。 またそういった所では観光に来た外国人も来ます。 ラウンジでノートパソコンを開いてフェイスブックを更新していることも。 やはり来る客の層や音の問題によるトラブルが、一般的なビジネスホテルに比べてあるからです。 ただし最近だと都内で女性専用フロアを設けているところが増えてきています。 3~6階が男専用で、7~8階が女性オンリーのような形態で運営をしています。 そういったところでは女性は浴場には入れず、女性フロアにあるシャワーを浴びるだけということになっています。 なので女性も泊まれるカプセルホテルだと、ラウンジにも女性がいて勉強してたり、スマホをいじっていたりしています。 新宿市役所前カプセルホテルがまさにそうで、他にも外国人旅行者もいたので普通のホテルとなんら変わりない様子でした。 こういったホテルが今後増えていくといいですね。 良いカプセルホテルの見つけ方 立地が第一 カプセルホテルにも、質の良いところ悪いところがあります。 まずその見分け方のコツは、そのカプセルホテルがどこに建てられているかを調べることです。 繁華街や駅近であるならば、まず大丈夫です。 ハズレの可能性が高いのが、パチンコ屋のすぐ隣に位置しているカプセルホテルです。 パチンコをする人がメインターゲットになっているので、パチンコで負けて荒れてる人が来てしまいます。 そうなるとカプセル内でタバコを吸う人はいるし、トイレは汚いし、フロントの対応は雑だしと不快な思いをしてしまいます。 カプセルホテルを予約する前は、近くにパチンコ屋がないかグーグルマップで調べてみるのをおススメします。 繁華街の中にあるところは大丈夫です。 飲み潰れてどこか泊まれるところがないか探してるサラリーマンが来る程度です。

次の