パナソニック 概要。 会社案内

会社案内

パナソニック 概要

会社概要 パーソル パナソニック HRパートナーズは、1989年 パナソニック株式会社100%出資の人材派遣会社として設立されました。 以来、多様化するお客さまの人材ニーズに対し、紹介予定派遣・人材紹介・アウトソーシング受託といった提供サービスを拡充するとともに、オフィスワーク・テクニカル・製造・販売といったサポートフィールドを拡大。 今日では、パナソニックグループはもちろんのこと、グループ以外の幅広い業界のお客さまにも人材ソリューションを提供いたしております。 また、私たちのサービスを支える求職者には安定した就業機会の確保はもちろんのこと、能力向上の機会を積極的に提供するとともに、業界トップクラスの福利厚生制度により、安心して働くことができる環境の整備にも努めております。 さらに、私たちはお客さまとの強い信頼関係の構築に向け、コンプライアンスは当然ながら、より高い倫理観をもって、誠実に、正直に行動する企業姿勢の徹底を図っております。 商号 パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社 PERSOL Panasonic HR PARTNERS Co. , Ltd. 本社 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21MIDタワー2階 設立 1989年3月 資本金 9,000万円(パーソルテンプスタッフ株式会社66. 61% パナソニック株式会社33. 39%) 代表者 代表取締役社長 松久 博之 主要取引銀行 三井住友銀行 営業種目• 労働者派遣事業• 有料職業紹介事業• 市場調査、広告、宣伝に関する業務、広告代理業及びイベントの企画、実施• 請負業務全般• 人材の育成、能力開発、技能向上に関する教育業務及び職業適性能力の診断• 情報収集、処理、提供サービス• 前各号に関するコンサルティング業務及び経営コンサルティング業務• 前各号に付帯するまたは関連する一切の業務 役員構成 代表取締役社長 松久 博之 専務取締役 山根 将義 取締役(非常勤) 木村 和成 取締役(非常勤) 石黒 和昭 取締役(非常勤) 盛山 光 監査役(非常勤) 嶋崎 広司 監査役(非常勤) 河内 信之 登録者数 約31万名(2020年3月現在) 事業許可 労働者派遣事業 派27-010226 有料職業紹介事業 27-ユ-010074 取引先企業 アサヒ飲料株式会社、旭精工株式会社、アマノ株式会社、株式会社NTTドコモ、鹿島建設株式会社、関西学院、株式会社近鉄エクスプレス、株式会社KDDI研究所、京セラ株式会社、京都大学、シナジーマーケティング株式会社、株式会社シーエーシー、新和照明株式会社、住友不動産株式会社、株式会社ゼンショーホールディングス、大同生命保険株式会社、ダイハツ工業株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社竹中工務店、ディーゼルジャパン株式会社、TDIシステムサービス株式会社、テレビ愛知株式会社、株式会社テレビ西日本、テンピュール・シーリー・ジャパン有限会社、同志社大学、日産自動車株式会社、株式会社阪急阪神エクスプレス、プルデンシャル生命保険株式会社、古野電気株式会社、北陸電気工業株式会社、毎日新聞社、三井情報株式会社、三井住友信託銀行、三菱倉庫株式会社、三菱電機株式会社、株式会社ヤナセ、弥生株式会社、株式会社ユー・エス・ジェイ、立命館大学、パナソニック株式会社(アプライアンス社、ライフソリューションズ社、コネクティッドソリューションズ社、オートモーティブ社、インダストリアルソリューションズ社、中国・北東アジア社、US社)、他 パナソニックグループ各社、他多数 (2019年4月現在) 社内カンパニー・ 関連会社 設計開発 製造派遣・請負 特例子会社パーソル パナソニック エクセルアソシエイツ PERSOLについて ビジョンステートメント.

次の

パナソニック電工

パナソニック 概要

会社概要 パーソル パナソニック HRパートナーズは、1989年 パナソニック株式会社100%出資の人材派遣会社として設立されました。 以来、多様化するお客さまの人材ニーズに対し、紹介予定派遣・人材紹介・アウトソーシング受託といった提供サービスを拡充するとともに、オフィスワーク・テクニカル・製造・販売といったサポートフィールドを拡大。 今日では、パナソニックグループはもちろんのこと、グループ以外の幅広い業界のお客さまにも人材ソリューションを提供いたしております。 また、私たちのサービスを支える求職者には安定した就業機会の確保はもちろんのこと、能力向上の機会を積極的に提供するとともに、業界トップクラスの福利厚生制度により、安心して働くことができる環境の整備にも努めております。 さらに、私たちはお客さまとの強い信頼関係の構築に向け、コンプライアンスは当然ながら、より高い倫理観をもって、誠実に、正直に行動する企業姿勢の徹底を図っております。 商号 パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社 PERSOL Panasonic HR PARTNERS Co. , Ltd. 本社 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21MIDタワー2階 設立 1989年3月 資本金 9,000万円(パーソルテンプスタッフ株式会社66. 61% パナソニック株式会社33. 39%) 代表者 代表取締役社長 松久 博之 主要取引銀行 三井住友銀行 営業種目• 労働者派遣事業• 有料職業紹介事業• 市場調査、広告、宣伝に関する業務、広告代理業及びイベントの企画、実施• 請負業務全般• 人材の育成、能力開発、技能向上に関する教育業務及び職業適性能力の診断• 情報収集、処理、提供サービス• 前各号に関するコンサルティング業務及び経営コンサルティング業務• 前各号に付帯するまたは関連する一切の業務 役員構成 代表取締役社長 松久 博之 専務取締役 山根 将義 取締役(非常勤) 木村 和成 取締役(非常勤) 石黒 和昭 取締役(非常勤) 盛山 光 監査役(非常勤) 嶋崎 広司 監査役(非常勤) 河内 信之 登録者数 約31万名(2020年3月現在) 事業許可 労働者派遣事業 派27-010226 有料職業紹介事業 27-ユ-010074 取引先企業 アサヒ飲料株式会社、旭精工株式会社、アマノ株式会社、株式会社NTTドコモ、鹿島建設株式会社、関西学院、株式会社近鉄エクスプレス、株式会社KDDI研究所、京セラ株式会社、京都大学、シナジーマーケティング株式会社、株式会社シーエーシー、新和照明株式会社、住友不動産株式会社、株式会社ゼンショーホールディングス、大同生命保険株式会社、ダイハツ工業株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社竹中工務店、ディーゼルジャパン株式会社、TDIシステムサービス株式会社、テレビ愛知株式会社、株式会社テレビ西日本、テンピュール・シーリー・ジャパン有限会社、同志社大学、日産自動車株式会社、株式会社阪急阪神エクスプレス、プルデンシャル生命保険株式会社、古野電気株式会社、北陸電気工業株式会社、毎日新聞社、三井情報株式会社、三井住友信託銀行、三菱倉庫株式会社、三菱電機株式会社、株式会社ヤナセ、弥生株式会社、株式会社ユー・エス・ジェイ、立命館大学、パナソニック株式会社(アプライアンス社、ライフソリューションズ社、コネクティッドソリューションズ社、オートモーティブ社、インダストリアルソリューションズ社、中国・北東アジア社、US社)、他 パナソニックグループ各社、他多数 (2019年4月現在) 社内カンパニー・ 関連会社 設計開発 製造派遣・請負 特例子会社パーソル パナソニック エクセルアソシエイツ PERSOLについて ビジョンステートメント.

次の

会社概要

パナソニック 概要

概要 に松下電気器具製作所(後の松下電器産業、現在の)の創業時事業である事業・事業・事業・事業などを担当する部門として設置された第三事業部(いわゆる)がルーツ。 12月、松下電気器具製作所が松下電器産業株式会社( Matsushita Electric Industrial Co. , Ltd. )に改組され、松下無線、松下乾電池、松下電熱、松下金属、松下電器直売などと共に、9のひとつとして「松下電器株式会社」が誕生した。 中には用などを生産し、社名も「松下航空工業」に変更したが、戦後それが原因でとみなされ、やの方針によりの松下電器産業も含めたの対象とされた。 このため事業ごとに分離独立することとなり、松下航空工業は11月に「松下電工株式会社」へと改称した。 、松下電器産業による TOB により出資比率が31. それに伴って、家電営業部門は松下電器産業へ集約され、住宅設備・住宅機器事業は松下電工へ移管されるなど、両社やそのグループとの間で重複する商品群や事業部門は整理・統合された。 また、研究開発職や管理職を中心とした人材の相互派遣、購買部門の統合なども行われ、事業や組織の再編による効率化が行われた。 連結決算上では、とともに住宅・電気設備のセグメント(LS社・パナソニックホームズ)に位置づけられており、名実ともに松下電器産業のグループとして、共通の理念と経営戦略のもとで経営される企業に戻った。 ブランド戦略については、一時期(、・使用中止以降)、松下電器産業と区別するため「National 松下電工」、およびが発生しない「NAiS」という独自のものを使用していたが 、2004年、TOBによって松下電器産業のとなり、先述の再編()が行われたことにより、国内向け一般は「National」、国内向けデバイス、制御機器および海外向け全商品は「Panasonic」に統一された。 これにあわせ、海外子会社名も「松下電工 Matsushita Electric Works 」や「NAiS」となっている部分が「パナソニック電工 Panasonic Electric Works 」へ改称された。 10月1日より、松下グループはパナソニックグループとなり、グループとして国内のブランドも「National」は廃止し「Panasonic」へ統一した。 松下電工もその方針に従い、2009年度内に移行を完了した。 会社名についても、同日に親会社の松下電器産業が「パナソニック株式会社」へ変更するのに合わせて、「パナソニック電工株式会社 Panasonic Electric Works Co. , Ltd. 」へ変更した。 社名変更に当たっては、建築業界などでの認知が高い「電工」の名称を引き続き残すこととなった。 これを踏まえ、パナソニック電工においても同年7月1日以降に新規発売される商品はパナソニックブランドで発売されている。 さらに全国各地のナショナルリビングショウルームやの看板も全て「パナソニックリビングショウルーム」に変更され、館内も改装された(公式発表:8月21日、翌22日付3面記事にて報道)。 社章に使用していた「 M矢」(菱形の中のMを矢が貫く)は、当初松下電器産業とともに使用していたものだったが、開戦で「M」が使えなくなったため(の使用自粛)、一旦廃止。 終戦後に、松下電工が復活させた。 なお、「M矢」の廃止時、松下電器産業は「三松葉」に変更している。 主力製品の一つであるやパナソニック電工の子会社の、株式会社アロービジネスメイツの社名などはこの社章に由来している。 その他、戦前の松下電気器具製作所から引き継いだものとして、社歌、綱領、創業事業(配線器具)があった。 松下の代表的商品であるも当社が引き継ぎ、現在も「1号新国民ソケット」「2号新国民ソケット」「3号国民ソケット」がパナソニック電工で生産されている。 なお「パナソニック電工」に社名が変更されてからは、パナソニックグループとして、社章、社歌、イメージソング、そして経営理念がグループ統一のものとなった。 、パナソニック・パナソニック電工・の3社合同でパナソニックグループの抜本的再編を発表した。 パナソニックとパナソニック電工は、には子会社化以降可能な範囲で事業再編を行ってきたが、やといった急成長を続けるアジア系電機メーカーとの競争を勝ち抜くにはまだ不十分で、さらなる再編には完全子会社化が必要と判断した。 まずパナソニックが8月23日から10月6日まで友好的TOBを実施し、10月7日に成立。 10月14日付で決済が行われ、パナソニックは電工の株式83. TOBに応募されなかった株式は株式交換によって取得し、電工は翌3月29日に上場廃止となり、同年4月1日はパナソニックの完全子会社となった。 続いて1月までにパナソニックグループ全体で「コンシューマ」「デバイス」「ソリューション」の3事業分野を核とする事業再編を実施、電工の強み(配線器具・強力な顧客網等)は主に「ソリューション」事業で活用される見込み。 また、完全子会社化に伴い4月からウェブサイトのアドレスがパナソニックのドメインの下に置かれることとなった。 更に8月26日には、には事業再編時にパナソニック電工をパナソニックに吸収合併することが報じられ 、同年8月31日に合併契約を締結。 これは4月の完全子会社化以降検討されてきたもので、戦前に松下幸之助が提唱した事業部制を経てに「松下電器株式会社」として分社されて以降続いた「2社体制」は終了し、元に戻ることとなった。 そして1月1日はパナソニックに吸収合併され解散し、76年の歴史に幕を閉じた。 同時に、パナソニックの社内カンパニーとして「エコソリューションズ社」が設立された。 「エコソリューションズ社」は4月1日に「ライフソリューションズ社」に社名変更し、現在に至る。 最後の企業は「 Panasonic ideas for life」(2008年10月 - パナソニックグループグローバルスローガン)。 歴代社長・会長 期間 社長 1935年12月 1939年7月 1939年7月 1947年1月 亀山武雄 1947年1月 1977年2月 1977年2月 1982年2月 神前善一 1982年2月 1985年3月 1985年3月 1988年2月 1988年2月 1994年2月 1994年2月 2000年2月 2000年2月 2003年12月 2003年12月 2010年6月 畑中浩一 2010年6月 2011年12月 エコソリューションズ社 期間 社長 2012年1月 2013年5月 2013年6月 2017年3月 吉岡民夫 2017年4月 2019年3月 北野亮 ライフソリューションズ社 期間 社長 2019年4月 2019年6月 北野亮 2019年7月 現在 道浦正治.

次の