アイフォン 11 違い。 【比較】iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの違いを徹底解説!どの機種がおすすめ?

アップルの新型「iPhone SE」徹底比較…iPhone 11や8、XRとの違いを知る

アイフォン 11 違い

さらに2020年4月にはiPhone SE(第2世代)も発表・発売され、これに伴いiPhone 8は発売停止。 第2世代のSEは見た目も機能もほとんど8と同じで、CPU(処理性能)のみ強化されたモデルです。 価格が11 Proの半分以下で、圧倒的にコストパフォーマンスが高いのが特徴。 現時点で最先端の機種であるiPhone 11や11 Proを買うか、はたまたお得感のあるXRやSEといった廉価な機種を選ぶのか? 価格やスペック、特徴などを表などでわかりやすく比較・考察し、どの機種がどんな人にオススメかを考えてみました! 目次• 現行のiPhoneを表でわかりやすく比較 まず、現在アップルで販売されているiPhoneを表で比較してみましょう。 画面サイズが異なることもありなかなか全機種いっぺんに比較するのは難しいのですが、今回は小さめのサイズとしてiPhone 11・11Pro・XR・SE、大画面モデルが好きな人用にiPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone XRの2種類の表をつくりました。 (iPhone 11とXRは中間くらいのサイズのため、両方の表に入れています) iPhone 11 Pro、11、XR、SEの比較 表示されない分は横スクロールで見られるのでお試しください。 スマートフォンの小さい画面で見ている場合は、画面を横にすると見やすくなります。 容量と 価格 (税抜) 64GB:106,800円 256GB:122,800円 512GB:144,800円 64GB:74,800円 128GB:79,800円 256GB:90,800円 64GB:64,800円 128GB:69,800円 64GB:44,800円 128GB:49,800円 256GB:60,800円 ディス プレイ 5. 1mm 150. 3mm 138. 確かにトリプルカメラは面白そうだし光学2倍ズームも可能ですが、それ以外にさほど目立った違いがあるようには見えませんがどうなんでしょう。 iPhone 11とXRのサイズと重さが全く同じなことは比較してみるまで気付きませんでした。 この2機種を比べた場合、スペック向上のほか特に大きく変わっているのはカメラ性能のようですね。 値段も実は10,000円しか変わらない。 iPhone 8は発売停止となり、見た目は同じで処理性能を強化したiPhone SEがコスパの良い機種として新たに登場しました。 また、iPhone 11・11 Proでは廃止されたTouch IDを備えている唯一の現行機種。 外出にマスク着用がほぼ必須となっている現在の状況では、Face ID認証の他機種よりもその点でかなり使いやすいと言えるでしょう。 iPhone 11 Pro Max、11、XRの比較 容量と 価格 (税抜) 64GB:119,800円 256GB:135,800円 512GB:157,800円 64GB:74,800円 128GB:79,800円 256GB:90,800円 64GB:64,800円 128GB:69,800円 ディス プレイ 6. 1mm 150. そこそこいいMacBook Pro買えちゃう値段。 iPhone 11とiPhone XRでは10,000円差。 さまざまな面での性能・機能でまんべんなく差があるので、この程度の差であれば11を選ぶ方がいい気がします。 iPhone 11 Pro 対 iPhone 11 【iPhone 11 Proと11の主な違い】 ・11 Proは5. iPhone 11 ProはAppleが新たに開発したSuper Retina XDRディスプレイを備えています。 ただ、ほとんどの人にとってLiquid Retina HDディスプレイでも十分綺麗だし並べてよく見ないとわからないレベルじゃないかな?と個人的には思ってます。 どうなんでしょうか。 また、iPhone 11はXRと同じ大きさ(6. 1インチ)なので、iPhone XSや11 Pro(5. 8インチ)よりも少しだけ大きい。 ・11 Proは超広角、広角、望遠のトリプルカメラ、iPhone 11はそのうち超広角、広角のみのデュアルカメラ。 よって11は光学ズームができない iPhone 11 Proと11の最も大きな違いがカメラ。 11は光学ズームアウトできるのにズームインできないという珍しい機種となっています。 光学ズーム機能がどうしてもほしいなら、11 Pro(もしくは8 Plus)を選ばざるを得ません。 ただ11 Proカメラのタピオカ感は異常 iPhone 11 Proは4色展開 【価格差(税抜)】 32,000円(iPhone 11 Proと11の差) 45,000円(iPhone 11 Pro Maxと11の差) iPhone 11 対 iPhone XR 【iPhone 11とXRの主な違い】 ・11はA13 Bionicチップ、XRはA12 Bionicチップ。 CPUやGPUの性能が異なる ・11は超広角と広角のデュアルカメラで光学ズームアウトやナイトモード(夜景モード)に対応、XRは広角のみのシングルカメラ ズームアウトはあまりやったことがないので利便性がよくわかりませんが、ナイトモード対応は結構大きい気がします。 実際にどの程度夜景が綺麗に写るか、やってみなければわからない部分もありますが。 iPhone 11と11 Proの夜景モード ・11のフロントカメラは12メガピクセル、XRは7メガピクセル 近年あまり解像度に変化のなかったフロントカメラ(自撮り時に使うカメラ)の性能がiPhone 11および11 Proでは向上。 自撮りをよくする人は11の方がいいかも? ・11の耐水機能はIP68(水深2mで30分)、XRはIP67(水深1mで30分) ・11のオーディオはDolby Atmos対応の空間オーディオ再生、XRはワイドステレオ再生 ・バッテリー持続時間がビデオ再生の場合で1時間異なる ・11もXRも6色展開だが、11のパープルとグリーンに対しXRにはブルーとコーラルがある。 それ以外の色は同じ なぜ微妙に色展開変えたんでしょうか。 不人気色を変えたのかもですが、ブルーのiPhone 11がほしかったなあ。。。 iPhone SEは11 Proと同じA13 Bionicチップを使用しており、安価でありながら処理性能は高い。 XRは1. 5世代前の機種なので処理性能もそのときのままです。 ・デザイン、カラー展開が大きく異なる 【価格差(税抜)】 20,000円(iPhone XRとSEとの差) [参考]iPhone SE 対 iPhone 8 2020年4月現在、SEの発売に伴いiPhone 8はApple公式では販売終了となりました。 SEは8のほぼ上位互換なので、仕方ないですね。 サイズや重さは8と全く同じでスペックが上がったSEですが、具体的にはどこが違うのか?詳しく確認してみましょう。 外見や機能はiPhone 8とほとんど同じで、11 Pro同様に現時点でのiPhone最速CPUであるA13 Bionicチップを搭載し処理性能は最高クラス。 それでいて11 Proとの価格差はなんと62,000円で半額以下と圧倒的に安い。 5世代前のXRよりもさらに20,000円安い。 光学2倍ズーム、超広角カメラ、Face ID、ナイトモード、バッテリー駆動時間など11 Proに比べ欠けている部分もあるにはありますが、これだけ価格差があるならほとんどの人のはSEの方がコスパ的に断然オススメ。 なお、iPhone SE発売前までのオススメは iPhone 11でした。 最上位機種であるiPhone 11 Proと同様の高い性能を持ち、光学ズームインができない以外の機能についてもほとんど遜色ない。 なのに11 Proとの価格差は30,000円以上と大きい。 一方で、1年前の機種であるXRとは価格差たった10,000円なのにスペック、カメラなど性能や機能がかなり大きく違う。 性能や機能、価格(コストパフォーマンス)、これから先どのくらい使い続けられるかを総合的に判断して、私はiPhone 11を推していました。 光学ズームは譲れない。 (Pro Maxの場合)6. 5インチの大画面がほしい。 ブルーやコーラルの色が好き。 あとがき 私は今使っているで文句ないんですが、今回オススメしたiPhone 11も気になっています。 好きな色のブルーがよかったけどXRにしか無いみたいなので、選ぶならグリーンかなあ。。 レビュー記事はこちら「」 2020年4月21日現在では、ほとんどの人へのオススメはiPhone SE。 私はPRODUCT REDを注文しました。 9月30日までAppleは RED と連携し、購入していただいた PRODUCT RED製品の 該当する売り上げ全額を、グローバルファンドの新型コロナウイルス(COVID-19)対策に 提供します。 これにより、新型コロナウイルスの大流行で最も危機的な状況に置かれて いる医療制度に対し、極めて重要な支援ができます。

次の

【比較】iPhone XSからiPhone 11に買い換えるはアリ?スペックや機能を比べてみた

アイフォン 11 違い

iPhoneの2019年のスタンダードモデルはiPhone 11ですが、2018年のiPhone XRと外観・サイズはほぼ同じとなっていて後継機種となっています。 iPhone 11とiPhone XRの価格差は10,000円です。 少しでも安くiPhoneを手に入れたいならiPhone XRを選ぶべきですが、10,000円の追加費用で最新のiPhone 11を手に入れることができる。 iPhone 11・iPhone XR スペック比較 iPhone 11 iPhone XR 画面サイズ 6. 11ac LTE ギガビット級LTE(30バンド) 4G LTE-Advanced(28バンド) Bluetooth 5. 0、空間認識に対応した超広帯域U1チップ 5. 9 x 75. 5 x 8. iPhone 11の特徴 iPhone 11 iPhone 11の特徴をまとめました。 iPhone 11の特徴• 1インチの液晶ディスプレイを搭載している• デュアルカメラで超広角撮影ができる• 人物以外でもポートレートモードが使用可能に• 急速充電に対応(付属の電源アダプタは非対応)• ワイヤレス充電に対応している• IP67等級の耐水防塵性能(水深2mに30分)• 端末価格が抑えられた最新機種のスタンダードモデル• 本体カラーは全6色で豊富なカラーバリエーション iPhone 11のいいところはハイエンドモデルのiPhone 11 Proと同じA13 Bionicプロセッサとデュアルカメラを搭載しながらも端末価格が74,800円に抑えられているところでしょう。 また、カラーバリエーションも豊富なので好みのiPhone 11を選べる楽しみがあるのも嬉しいところですよね。 iPhone XRの特徴• 1インチの液晶ディスプレイを搭載している• シングルカメラで人物限定で背景をぼかせる• 急速充電に対応(付属の電源アダプタは非対応)• ワイヤレス充電に対応している• IP67等級の耐水防塵性能(水深1mに30分)• 端末価格が64,800円とかなり安く買える• 本体カラーは全6色で豊富なカラーバリエーション シングルカメラ仕様でiPhone 11のような超広角カメラは非搭載なので、視野の広い写真を撮影したいならiPhone XRを選ぶべきではないでしょう。 とはいえ、端末価格が64,800円と安いのがiPhone XRを選ぶ最大のメリットです。 iPhone 8 Plusは62,800円。 2,000円追加するだけで最新のジェスチャー操作に対応したiPhoneを使えるんですよ。 iPhone 11とiPhone XR サイズの違い iPhone 11 iPhone XR 画面サイズ 6. 1インチ 6. 1インチ 本体サイズ 150. 9 x 75. 7 x 8. 3mm 150. 9 x 75. 7 x 8. 3mm 重量 194g 194g iPhone 11とiPhone XRの 本体サイズ、重量は全く同じとなっています。 重量まで同じってちょっとスゴイ。 両モデルの大きな違いはリアカメラの数です。 iPhone 11はデュアルカメラ 、iPhone XRはシングルカメラなので背面デザインの違いで見分けることが可能です。 iPhone 11とiPhone XR iPhone 11のカメラ部分はかなり特徴的なデザインになってしまったので、好みが分かれそうですが可愛らしいスタイルで無機質なiPhone XRよりは良いのでは? iPhone 11とiPhone XR 画面の違い iPhone 11 iPhone XR 画面サイズ 6. 見比べても同じなので旧型のiPhone XRでも安心してください。 Liquid Retina HDディスプレイはHDRには非対応なのでHDR対応の動画コンテンツを見ると物足りなさがありますが、普通の使用用途なら十分綺麗なディスプレイなのでiPhone 11、iPhone XRのどちらを選んでもOKでしょう。 iOS 13の Haptic Touchは長押しで3D Touchと同じように様々なショートカットキーを呼び出すことができるので特に問題はないでしょう。 むしろ、Haptic Touchの方が立て掛け型のワイヤレス充電器に乗せたときに使いやすいという場面があります。 つまり、3D Touchはいらない子だった…ということになるのかな。 ただし、3D Touch対応のゲームは対応するまで操作がしにくいとかあるかもしれませんが。 リアカメラのスペック・性能の違い iPhone 11・XR リアカメラの違い iPhone XRのリアカメラはシングルカメラでしたが、はデュアルカメラに進化を果たしています。 4のレンズ — 手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正(広角) ズーム性能 2倍の光学ズームアウト 最大5倍のデジタルズーム 最大5倍のデジタルズーム 写真の機能 ナイトモード ポートレートモード 次世代のスマートHDR 6つのエフェクトのポートレートライティング ポートレートモード スマートHDR3つのエフェクトのポートレートライティング 動画 4k60pの動画撮影に対応、オーディオズーム、QuickTakeビデオ 4k60pの動画撮影に対応 広角カメラは 新型の1200万画素イメージセンサーを採用し、画質にさらに磨きがかかっています。 拡大して比較してみました。 iPhone 11とXRの広角カメラ画質比較 iPhone XRは少しだけぼやけた感じになった画質になっていますが、iPhone 11はクッキリと表現できているのが分かります。 ここまで拡大することはないですが、10,000円の差で少しでも画質が良くなるのは喜ばしいところ。 iPhone 11は超広角カメラを搭載しているので、iPhone XRよりも視野の広い写真を簡単に撮影可能になりました。 超広角と広角の視野の違いを比較 同じ場所で撮影しているのに10歩くらい引いたところで撮影したかのような写真をかんたんに撮れちゃうんですね。 なかなか面白い写真を撮影できるので望遠カメラよりも使用頻度が高くなるのは間違い無いのかな。 背景をぼかすポートレートモードはiPhone XRでは人物限定でしたが、は広角と超広角の二つのカメラを組み合わせることでモノに対しても背景をぼかせるようになりました。 もちろん、ペットも認識できるので背景をきちんとぼかすことができますよ。 また、ポートレートモードの撮影可能距離もデュアルカメラになったことで変わっています。 iPhone 11のポートレートモードの撮影可能距離 実際に計測してみたところポートレートモードが有効になる距離はだいたいこんな感じかな。 iPhone XR:約0. 2m ~ 約1m• iPhone 11 :約0. 25m ~ 約2. 5m また、iPhone XRは「自然光」「スタジオ証明」「輪郭強調照明」の3つのフィルターのみなのに対して、iPhone 11は「ステージ照明」「ステージ照明(モノ)」「ハイキー照明(モノ)」での撮影も可能となっています。 は ナイトモードに対応したため暗所撮影で光が足りない場面でも複数枚の画像を撮影して自動的に画像を合成することで明るくノイズの少ない綺麗な写真に仕上げることができるように。 iPhone 11 Proのナイトモード撮影時の動作 — かずやシンスペース Logkazu 夜間の公園をナイトモードを使って撮影をしてみました。 ナイトモードで撮影すると明るくなる 実際は右の写真くらいの明るさですが、ナイトモードで撮影すれば公園全体に証明があるかのような写真に仕上げることができます。 スマートHDRは逆光でも白トビさせることなく自然な写真に仕上げることができる機械学習処理でiPhone XRでも使うことができましたが、 iPhone 11はスマートHDRがさらに進化し次世代のスマートHDRになっています。 2のレンズ TrueDepthカメラ 30%高速化した顔認証・Face ID 顔認証・Face ID 動画撮影 4K60P、1080p(120fpsまたは240fps)スロー モーションビデオに対応 フルHD(1080pに対応 今までインカメラの動画はフルHD(1080p)まででスローモーション撮影ができませんでしたが、1080p(120fpsまたは240fps)のスローモーションビデオ撮影にも対応し、自撮りをすることが多い方には嬉しいスペックアップとなっています。 CPU・RAM・ストレージの違い は新世代のA13 Bionicプロセッサを搭載しています。 iPhone 11とXR プロセッサのスペック比較 iPhone 11 iPhone XR プロセッサ A13 Bionic A12 Bionic RAM 4GB 3GB ストレージ 64GB 128GB 256GB 64GB 128GB — A13 Bionicは7nmプロセスルールで製造された新世代のCPUプロセッサで、微細化技術によりトランジスターの数が69億個から85億個に大幅に増えました。 基本的なコア数はA12 Bionicと同じで高性能CPUコアが2つ、高効率CPUコアが4つ搭載したプロセッサですが、性能を向上させつつ省電力なすごいチップに進化しています。 つまり、同じ処理をするにしても少ない電力で実行することができる…ということですね。 iPhone 11とiPhone XRでGeekBench 5でCPUの性能を計測してみました。 802. 11axはWi-Fiの最新規格で超高速通信ができます。 ルーターが802. 11axに対応してないダメですが、これから普及が進んでいくはずです。 iPhone 11を購入しておけば次世代の規格をいち早く体感することができそうですね。 ただし、付属の充電器は5WなのでiPhone 11、iPhone XRで急速充電をするにはサードパーティー製の充電アダプタを購入する必要があります。 はこちら。 iPhone 11とXR カラーバリエーションの違い iPhone 11 iPhone XR カラー PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、ブラック、グリーン、パープル PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー iPhone 11 パープル は鮮やかな本体カラーですが、は少し淡い感じの色合いのカラーになっているのが分かります。 コーラルとブルーが廃止されて新色として薄いグリーンとパープルが追加されています。 iPhone 11のパープルカラー、美しくないですか? iPhone 11・XR 端末価格の違い Apple Storeの価格 Apple Storeで販売しているSIMフリー版のiPhone 11とiPhone XRの端末価格の違いを比較してみました。 めちゃくちゃ安いですよね。 とはいえ、iPhone 11もiPhone XRが登場した時に比べると10,000円も安くなっているので買い求めやすくなっているのかなぁと思います。 ドコモの価格 ドコモのiPhone 11の販売価格は以下のとおりです。 ソフトバンクの価格 ソフトバンクのiPhone 11の販売価格は以下のとおりです。 iPhone 11 ポイント• 1インチの液晶ディスプレイを搭載している• 最新のA13 Bionicを搭載していて高性能• 広角、超広角のデュアルカメラを搭載している• ペット、モノにポートレートモードを使用可能• フロントカメラが1200万画素で4K動画撮影も可能に• ストレージ容量 128GBモデルを選ぶことができる• 最新モデルなのに端末価格が74,800円と安め 上位モデルにがありますが、トリプルカメラを搭載するなどかなりマニアックな端末になっています。 しかも端末価格も高い。 しかし、 iPhone 11なら74,800円でCPUプロセッサ、カメラも最新のスペックのモノを手に入れることができ、最新の体験を楽しむことができるのです。 特に2019年モデルのiPhoneに搭載された超広角カメラは今までのiPhoneでは撮影できなかった写真を簡単に撮れるので面白いと思うんですよね。 完全にカメラ化していってるiPhoneですが、写真を撮る機会は意外と多いものです。 気軽に少しでもキレイな写真が撮影できるのはいいですよね。 iPhone XR ポイント• 1インチの液晶ディスプレイを搭載している• 1世代前のA12 Bionicを搭載している(性能は全く問題ない)• シンプルなシングルカメラを搭載している• 人物だけにポートレートモードを使用可能• ストレージ容量 128GBモデルを選ぶことができる• 旧型なので端末価格が64,800円と安い iPhone XRは2018年モデルとして登場した時は割高感がありましたが、iPhone 11の登場により価格が2万円下がったことで魅力が一気に増しました。 64,800円でほぼ最新のジェスチャー操作に対応したiPhoneを使うことができるのですから。 iPhone 11の価格は74,800円なのでiPhone XRと10,000円の価格差があります。 カメラにさほど興味がないならiPhone XRを選んでおけば間違いないですね。

次の

【比較】iPhone 11とiPhone 11 Proどっちが良い?どちらを買うべき?違いを比べたぞ!

アイフォン 11 違い

「 PRODUCT RED」があるのはいいなー! ディスプレイはXRと同じ「Liquid Retina HDディスプレイ」 iPhone 11 iPhone XR Liquid Retina HDディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ IPSテクノロジー搭載6. 自発光できる有機ELのほうが黒い表示は自然に表現できる有機ELディスプレイのほうが優れてはいますが、 iPhoneの液晶ディスプレイも凄く高画質で、横に並べて見比べない限りまったく気にならないと思います。 2絞り値 Retina Flash Retina Flash 次世代のスマートHDR(写真) 写真のスマートHDR 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps) アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字 シングルカメラだった「iPhone XR」から、「iPhone 11」は デュアルカメラになり、カメラレンズが1つ追加されています。 暗い場所での撮影や、夜景を撮りたい方におすすめですね! ポートレートモードは人物以外でも利用可能に デュアルカメラになったことで、 人物にしか使えなかった「ポートレートモード」が、ペットやモノに対しても使えるようになりました。 立体感のあるサウンドが再生できる iPhone 11 iPhone XR 空間オーディオ再生 Dolby Atmosに対応 よりワイドに広がるステレオ再生 オーディオは、空間オーディオ再生、Dolby Atmosに対応したことにより、立体的なサウンドの再生ができるようになりました。 映画を見るときに、より臨場感のあるサウンドが楽しめそうです。 3D Touchは引き続き非搭載 iPhone 11 iPhone XR 触覚タッチ 触覚タッチ 画面を押す力加減によって反応が変わる「3D Touch」ですが、「iPhone 11」でも引き続き非搭載で、代わりに ロングタップによる「触感タッチ」が採用されています。 バッテリー持続時間は僅かに向上 iPhone 11 iPhone XR 前モデルとの比較 iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間 iPhone 8 Plusより最大1. 5時間長いバッテリー駆動時間 ビデオ再生(ワイヤレス) 最大17時間 最大16時間 オーディオ再生(ワイヤレス) 最大65時間 最大65時間 元からバッテリー性能に優れていた「iPhone XR」ですが、「iPhone 11」では XRよりもバッテリー持続時間が最大1時間延びました。 ところがiPhone付属の充電器では、ワット数が少なく高速充電することはできなく、別途、高速充電に対応した充電器を使わないと高速充電することはできません。 サイズ・重量は同じ iPhone 11 iPhone XR 画面サイズ 6. 1インチ 6. 1インチ 高さ 150. 9 mm 150. 9mm 幅 75. 7 mm 75. 7 mm 厚さ 8. 3 mm 8. 3 mm 重量 194 g 194 g サイズ、重量は「iPhone XR」とまったく同じです。 カメラが増えているのに変わらないのは驚き… iPhone XRとどちらがおすすめ?• サイズ、重さは一緒• 最大2倍のズームアウト撮影ができる• ナイトモードで暗闇でも明るく撮れる• 耐水性能が大幅に向上• iPhone XRは1万円安い 「iPhone 11」と「iPhon XR」ですが、個人的には「iPhone 11」をおすすめしたいです! 超広角レンズ、ナイトモードの追加により、カメラ性能が大幅に向上していることと、処理性能や耐水性能などの性能も進化しているからです。 「iPhone XR」は値下げされて、「iPhone 11」よりも1万円ほど安く購入することができますが、 1万円の差額で上記の機能が味わえると考えると、間違いなく「iPhone 11」のほうがお得だと思います。 まとめ• コスパ性能の高い価格• 本体カラーは6色• ディスプレイはXRと同じ「Liquid Retina HDディスプレイ」• カメラは超広角レンズ追加でデュアルカメラに• A13 Bionicチップ搭載で処理性能アップ• 耐水性能が向上• 立体感のあるサウンドが再生できる• バッテリー持続時間は僅かに向上• 3D Touchは引き続き非搭載• 高速充電対応の充電器は付属しない•

次の