マクドナルド 増税。 マクドナルド、増税後の“税込同一価格”を嵐・大野智さん出演CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇で周知|食品産業新聞社ニュースWEB

マクドナルド、増税後の“税込同一価格”を嵐・大野智さん出演CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇で周知|食品産業新聞社ニュースWEB

マクドナルド 増税

マクドナルドの消費税増税にたいする対応が決まりました。 ・店内飲食、テイクアウトともに同じ価格で販売 ・税込み価格での表示 です。 そして、私たち消費者の負担を減らすために軽減税率が実施されます。 ただし、価格は見直され、 ・ハンバーガー ・チーズバーガー ・てりやきマックバーガー ・ポテトM など全体の約3割が税込み価格を10円アップとすることになりました。 マクドナルドのポイント還元制度はどうなる? ポイント還元制度は参加表明した店舗でフランチャイズ店舗が 実施します。 ポイント還元に参加するフランチャイズ店舗は 国内約2,900店舗のうち約2,000店舗が参加なので すべての店舗ではありません。 あなたのお近くのマクドナルドが対象かどうかは 公式サイトから確認できます。 VISAやJCB、マスターカードなどクレジットカードや 楽天エディ、ワオン、nanaco、LINEpay、何所もiDなど電子マネー、 Suicaやpasmoなど交通系ICカードがあれば支払いできます。 まだ持ってない方はどんどん楽天ポイントがたまる 楽天カードがお得。 楽天カードを作るだけでポイントが付くし、 楽天でお買い物するとポイントはいつも2倍になります。 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが買った翌日は最大3倍、 お買い物マラソン楽天スーパーSALEでは最大28倍、 5の倍数の日に楽天カード決済で2倍になるのでとにかくお得。 持ってて損はないカードです。 たまったポイントはくら寿司やマクドナルド、ツルハドラッグなどでも 使えます。

次の

消費増税でマクドナルドはどう変わる? 店内飲食は? 持ち帰りやドライブスルーは?

マクドナルド 増税

日本マクドナルドホールディングス(HD)は2月13日、2019年12月期の決算を発表した。 連結売上高は18年12月期比で3. 5%増の2817億6300万円、営業利益は同11. 9%増の280億1800万円だった。 直営店とフランチャイズ(FC)店の売り上げを合算した全店売上高は創業以来最高の5490億円。 既存店売上高は15年12月から20年1月まで50カ月連続で前年同月を上回っている。 19年10月の消費増税による消費者の購買行動の変化に苦しむ外食産業において、一人勝ちともいえる結果を残した。 「2019年は記念すべき年となった。 だが、まだ成長し続けることは可能。 日本は成長のポテンシャルが大きい」。 決算発表会見でこう語ったサラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)の表情は自信に満ちていた。 日本マクドナルドホールディングスのサラ・カサノバ社長兼CEO(左)と日本マクドナルドの日色保社長兼CEO 消費増税に際し、マクドナルドは店内飲食(税率10%)と持ち帰り(同8%)の税込み価格を同一とした。 併せて、ハンバーガーやチキンクリスプなど「100円マック」の主要商品の値段を10円引き上げるなど、メニューの3割を値上げした一方で、バリューセットなどの高価格帯やドリンク類は値段を据え置いた。 この価格戦略が功を奏した。 日本マクドナルドの日色保社長兼CEOは決算発表の会見で「増税時には顧客への分かりやすさを第一に考えた対応を取った。 増税の影響はそれほど大きくはない」と語った。 既存店売上高が堅調に推移していることに加え、値上げによって減ることが懸念された客数についても、台風被害などに見舞われた19年10月こそ2. 4%減だったものの、11月以降は前年越えが続いている。 増税によって消費者の低価格志向がより強まっていることも、マクドナルドをはじめとするファストフード業態への追い風となっているようだ。 日本フードサービス協会の外食産業市場動向調査によると、ファストフード業態の19年11月、同12月の客数は前年同月比でそれぞれ3%前後伸びている。 その一方、ファミリーレストランや居酒屋はいずれも前年同月割れとなった。 ファミリーレストランの雄、すかいらーくホールディングスの19年12月期連結決算は、売上高こそ新規出店の効果もあって前の期に比べ2. 5%増の3754億円としたものの、営業利益が同10%減の206億円にとどまった。 特に客足の鈍化が著しく、既存店の客数は19年4月以降10カ月連続で前年同月割れが続いている。 すかいらーくホールディングスの谷真会長兼社長は「増税後は特に客単価の低い若年層の離脱が顕著。 その層はファストフードや牛丼3社に流れているようだ」と話す。 マクドナルドのさらなる成長のカギは「未来型店舗体験」の浸透だろう。 これまでセルフサービスが基本だった店舗に接客専門のスタッフを配置したり、商品を客席まで届ける「テーブルデリバリー」を実施したりする新たな施策をすでに全国約1700店舗(20年1月末)で導入した。 またスマホのアプリを使って注文・決済ができる「モバイルオーダー」も約2700店で実施している。 人手不足の中での接客の強化は簡単ではないが、「現状、必要な従業員は採用できている」(日色氏)と不安はない。 ただ、好調が長くなるほど、そのハードルを越え続けることは難しくなってくる。 「未来型店舗体験」という次の成長へのギアチェンジをやり切ることができるのか。 20年はマクドナルドの真価が問われる1年となりそうだ。

次の

消費増税でもマックやケンタが税込価格を据え置き(=実質値下げ)にした“本当の理由”

マクドナルド 増税

「gettyimages」より 消費増税に伴い 軽減税率制度が導入され、飲食店等での店内飲食(イートイン)は税率10%、持ち帰り(テイクアウト)は8%となったことで、特に影響があるファストフード店の動向が注目されていた。 蓋を開けてみると、イートインとテイクアウトを税込同一価格で販売する店と、税抜価格を同じにして税率で販売価格に差をつける店とに分かれた。 税込同一価格を導入した代表格は、 マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、すき家である。 しかも、イートインをテイクアウト価格と同じにするため、イートインの税抜価格を、増税前より安くしている。 増税なのに値下げをしているのだ。 例えば、マクドナルドの「ビッグマック」は増税前は390円(税込価格)だったが、増税後もイートイン、テイクアウトとも390円。 イートインの場合、増税後の税抜(本体)価格は355円になり、実質的には6円の値引きになる(表参照)。 では、なぜ実質値下げまでして税込価格を同一にしたのか。 そうしなければ、以下のような弊害が生じるからである。 (1)同じ商品なのに食べる場所で価格が変わる、すなわち一物二価にすると、レジ精算時に間違いが起こりやすい。 (2)レジ精算時でも、どちらにするか迷う顧客がいると、レジの待ち時間が長くなる。 (3)レジ精算後に変更する顧客がいると、修正処理に時間がかかる。 こうした、レジ精算時の間違いや待ち時間の発生などより、店側がもっとも懸念するのは、顧客同士のトラブルだ。 イートインかテイクアウトかは、レジでの顧客の申請時に決まる。 その後、顧客がどこで食べても法律違反にはならない。 もちろん精算時にテイクアウトと申請した顧客が店内で飲食していても、店側は「2%分の税金を徴収すること」も「無理やり追い出すこと」もできない。 あくまでモラルの問題だ。 軽減税率制度がスタートした当日、コンビニエンスストアでは精算時にテイクアウトだと申請して購入した商品をイートインコーナーで飲食する客の姿が多く見られた。 店側は黙認するとしても、イートインの混雑時に客同士で次のようなやり取りがあるかもしれない。 A「私は消費税を10%支払ったので、座って食べる権利がある。 あなたはテイクアウトだと言って8%しか払っていないのだから、席を空けなさい」 B「レジを済ませた後、席が空いていたから、それじゃあここで食べていこうと思ったから食べているんです」 A「いや、税金払っていないんだから席を譲れ」 こうなれば、店側は対処に困るのだ。 「席が空いたから店内で食べている」と言われれば、店側は「それでも税金払っていないんだから、席を空けてください」とは言えない。

次の