大学 入試 共通 テスト。 どうなる大学入学共通テスト 勉強法は? 過去問対策は? 大学入試センターに聞いた

共通テストと2次試験で決まる国公立大学入試

大学 入試 共通 テスト

大学入学共通テストの概要 大学入学共通テストは、従来の大学入試センター試験に代わって導入されることが決まった入学試験です。 2021年度大学入学者選抜のために、2021年1月に初めて実施されます。 試験自体の役割は大学入試センター試験と同じで、国公立大学・私立大学ともに、大学入学共通テストの結果を受験者の学力の指標として扱います。 日程は大学入試センター試験と同じ 大学入学共通テストが実施される日程は大学入試センター試験と同じで、1月中旬です。 令和3年度(2021年)は、1月16日(土)・17日(日)に実施されます。 試験内容 それでは、大学入学共通テストの試験内容について詳しくご紹介していきます。 試験科目は変わらず 大学入学共通テストの試験科目は、従来のセンター試験と同じです。 なお、志望する大学や学部により、受験が必要な科目は異なります。 配点 大学入学共通テストの各科目の配点は、以下の通りです。 しかし、採点システムの不備や、採点が公平性に欠ける可能性があることから、2020年度の試験では記述式の導入は中止となりました。 では、いつから記述式が導入されるのかというと、現時点では未定です。 少なくとも、2021年度の大学入学共通テストへの導入は見送ることが発表されているため、現在高3生・浪人生の方には影響はないでしょう。 大学入学共通テストは何が変わった? 大学入学共通テストの試験自体の役割や試験科目は、大学入試センター試験と同じです。 大きな変更点の一つであった記述式解答も、現時点では導入が見送られています。 どんなところが変わるのかというと、それは英語の試験内容です。 ここからは、大学入学共通テストで英語がどのように変わるのかについて詳しく知っていきましょう。 大きく変わるのは英語 大学入学共通テストは、英語の試験内容や配点が従来の大学入試センター試験とは異なります。 リスニングの比率が大幅アップ 従来の大学入試センター試験では、英語のリスニングの配点は50点。 リーディングの配点は200点なので、4:1でリーディングに比重が置かれていたことになります。 しかし、先にお伝えしたように大学入学共通テストでは「リーディング100点・リスニング100点」という配点に変わります。 当然、リスニングの出題ボリュームも増え、これまでの大学入試センター試験よりもリスニング力が重視されるのが大学入学共通テストの特徴です。 民間試験活用は導入延期 元々の予定では、英語に関しては民間の資格・検定試験が活用されることになっていました。 受験生が高校3年の4~12月に英語検定やGTECなど国が認定した民間の資格・検定を受験し、その結果が大学に提供されるという仕組みです。 この試験方法には、一斉試験では測ることができない「読む」「聴く」「話す」「書く」という4つの技能が見極められるというメリットがあります。 しかし、この民間試験活用も制度の整備が難しく、また、受験生によって民間試験を受験する回数に差が出て不公平となる可能性もあり、導入は見送られました。 現在、民間試験活用については2024年の導入が検討されています。 より思考力を問われる問題に 英語以外の科目でも、大学入学共通テストでは全体的に出題の傾向が変わります。 従来の大学入試センター試験では、「知識」「技能」の2点が必要とされる問題が出題されてきました。 しかし、大学入学共通テストでは、これに加えて「思考力」「判断力」を測る問題が出題されます。 例えば ・全教科で「すべて答えなさい」という解答形式が導入 ・英語の設問が英文になる ・英語で「発音・アクセント・並び替え」の問題がなくなる ・国語で「実用的な文章」が題材になる ・国語で複数の文章を関連付ける問題が出題される ・数学で会話文や長文が出題される など、科目ごとの知識だけではなく、それを応用するような問題が多くなります。 大学入学共通テスト対策はどうする? 最後に、大学入試共通テストにはどんな対策が有効なのかを解説します。 国語は「知識の活用」 国語は、出題の形式自体は従来の大学入試センター試験と変わらない「大問2問体制」と予想されます。 題材は「論理的な文章」「文学的な文章」「実用的な文章」の3種類です。 また、複数の文章を関連付ける問題も出題されると見られています。 例えば、プレテストでは「生徒会の部活動規約」と「生徒たちの会話文」が題材となり、2つの文章をそれぞれ読み、関連付けた上で解答するという形式になっていました。 このように、大学入試共通テストの国語では知識そのものの豊富さより「知識の活用」を測る問題が出題されます。 また、文章の読解力だけではなく、図・グラフ・絵などの資料から必要な情報を読み取る力も必要です。 大学入試共通テストの国語対策は、基本的には従来の大学入試センター試験への対策と大きな違いはありません。 問題文の中から重要な箇所を見つけ出し、事実と意見を区別したり、意見の論拠となる部分を探し出したりといった、「情報を精査する訓練」が大切です。 大学入試センター試験の過去問や、問題集の例題で演習を繰り返し、文章全体の流れや重要な要素を短時間で把握できるようになりましょう。 数学は「過程重視」 大学入試共通テストの数学の出題方針は、「数学的な問題過程を重視する」となっています。 問題文の内容を読み、数学を利用して解決の見通しを立てることや、考察結果を活用する問題が出題されるということです。 そんな数学の対策は、こちらも大枠は大学入試センター試験への対策と大きな違いはありません。 問題の解決方法を考えるという過程が増えますが、そこに計算力・処理力が必要なことは変わりありません。 従来の対策と同じく、素早く正確に計算する力を伸ばしていきましょう。 教科書や参考書の計算問題や、中位難易度の問題を早く正確に解けるように訓練していくのがおすすめです。 英語は「読む・聴く」 大学入学共通テストの英語は、リーディングで「早く正確に読む力」が求められます。 まずは文法や単語などの基礎力をしっかり身につけ、長文を正確に読み取る力をつけましょう。 そこから、過去問や演習を通じて読解のスピードを徐々に上げていくのがおすすめです。 文法や単語単体の出題は無くなりますので、長文の読解に力を入れて対策していく必要があります。 リスニングに関しては、従来の大学入試センター試験より出題・配点ともにボリュームが増えますが、あまり心配する必要はないでしょう。 というのも、大学入試センター試験のリスニング問題はもともと難易度が低いため。 リーディングでも重要となる、文法や単語力など英語の基礎力が身についていれば問題ありません。 心配な方は、通学などの移動中に参考書に付属するCDを聴くなど、耳を英語に慣れさせておくといいでしょう。 まとめ 大学入学共通テストは、2021年1月16日・17日に初めて実施されます。 計画の時点では、記述式問題や英語の民間試験活用など大きな変更が予定されていましたが、現時点ではこれらは見送りとなっています。 現高3生・浪人生に影響がある変更は、英語のリスニングのボリュームが増えることと、全体的に「思考力・判断力」が問われる問題が出題されることです。 とはいえ、基本的な対策方法は大学入試センター試験と大きな違いはありません。 各科目の基礎力をしっかり身につけ、知識の応用にも柔軟に対応できる余裕を持って大学入学共通テストに臨みましょう。

次の

共通テストと2次試験で決まる国公立大学入試

大学 入試 共通 テスト

ここからは国公立大学の一般選抜の仕組みについてみていきましょう。 国公立大学の一般選抜は、1次試験的役割を果たす「共通テスト」の得点と、大学別に実施される「2次試験(個別学力検査)」の得点の合計で合否を判定するケースが一般的です。 国公立大学志望者は、1月中旬に実施される「共通テスト」を原則受験しなければなりません。 自己採点を行った後、志望する大学に願書を提出します。 注意したいのが国公立大学の出願期間です。 国公立大学の出願期間は、共通テストの約1週間後からスタートし、約10日間となっています。 思うように得点できなかった場合は、当初考えていた出願校を変更しなければならなくなることもありえます。 出願時になって慌てないよう事前に複数の候補を挙げておくことが必要でしょう。 国公立大学一般選抜のしくみ 分離分割方式と2段階選抜 「分離・分割方式」を把握しよう! 各大学で実施される2次試験(個別学力検査)は2月下旬から行われます。 2次試験は「前期日程」「後期日程」の2つの日程に募集人員を振り分けて選抜する「分離・分割方式」という制度で実施されます。 受験生は「前期日程」と「後期日程」にそれぞれ1校ずつ出願できます。 同じ大学・学部を2回受験することも可能ですし、別々の大学・学部を受験することもできます。 また、一部の公立大学では「中期日程」を設定する大学もあります。 これらをあわせると国公立大学は最大3校の受験が可能となります。 分離・分割方式のしくみ 注意しなければならないのは、「前期日程」で合格して入学の手続きを行うと「中期日程」「後期日程」を受験していても、合格の権利を失ってしまうということです。 つまり、「前期日程」の合格者は「中期日程」「後期日程」の合否を確認することなく「前期日程」で受験した大学への入学の判断を迫られることとなります。 そのため、第1志望校は「前期日程」で受験するのがセオリーとなっています。 また、前期日程と後期日程の募集人員の割合は8:2と圧倒的に「前期日程」の割合が高くなっており、「分離・分割方式」は複数回の受験機会があるとはいえ、実質的には「前期日程」を中心とした仕組みとなっています。 国公立大学 前期に対する後期志願率の推移• グラフは前期志願者数を100とした時の後期志願者数の割合 出願しても2次試験を受けられない?~2段階選抜~ 国公立大学の一般選抜でもう1つ気をつけなければならないのが2段階選抜という制度です。 これは共通テストの成績を用いて2次試験の受験者を事前に選抜したうえで(これを第1段階選抜といいます)、2次試験を実施する制度です。 選抜が2段階に分かれていることから2段階選抜とよばれています。 2段階選抜の実施の有無は大学によります。 また、第1段階選抜の実施方法も大学に委ねられています。 そのため、実際に2段階選抜が実施されるのは、志願者が集まる難関大学や医学科が多くなっています。 2段階選抜の実施を予定している大学では、共通テストの成績次第で2次試験を受けることなく不合格となる場合もあるわけです。 国公立大学志望者は、まず共通テストでしっかりと得点できる力をつけることが大事といえるでしょう。 国公立大入試の教科・科目数 共通テストは7科目以上の受験が基本 入試科目は共通テスト・2次試験 個別学力検査)とも大学により異なります。 主な傾向をみていきましょう。 2020年度入試では、多くの国公立大学がセンター試験で7科目を課していました。 国立大学だけに絞ると、7科目以上を課すのは86%にのぼりました(一部の学科のみの実施を含みます)。 センター試験から共通テストに変わる2021年度入試からも、この傾向は変わりません。 そのうえ、共通テストへの移行にともない、これまで少数科目を課していた大学が教科・科目数を増やすケースもみられます。 (文 型)外・国・地公2必須、数・理から3(数2必須パターンを含む)• (理 型)外・数2・国・理2・地公• (選択型)外・国必須、数・理・地公から5(数2必須パターンを含む) 学部系統別に教科パターンをみていくと、文系学部では地歴公民2科目が必須の文型、理系学部では理科2科目が必須の理型が一般的となっています。 国公立大学でも少数派ながら少ない教科・科目数で受験できる大学はあります。 しかし、受験科目を絞れば負担が減るかわりに、志望校の選択幅がぐっと狭まります。 国公立大学志望者は5教科7科目に対応した学習を基本と考えたいものです。 (参考)国公立大学 センター試験必要教科・科目数の状況• 円グラフはセンター試験の教科・科目構成パターン別に募集人員の占める割合を表したもの• 数値は2020年度入試のもの 2次試験科目は日程によって傾向が異なる 2次試験の入試科目も共通テスト同様に大学によって異なります。 また、同じ学科でも日程により異なるケースがほとんどです。 前期日程の入試科目は、一般的には文系学部で「外国語、数学、国語、地歴・公民」から2~3教科、理系学部では「外国語、数学、理科」から2~3教科が課されます。 ただし、東京大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、九州大学など一部の難関大学では4教科を課す学部・学科もあります。 一方、後期日程では前期日程に比べ教科数を1~2教科に減らすケースや、総合問題、小論文や面接などを課すところも多くなっています。 なかには、2次試験を行わず共通テストの得点のみで合否を決定する大学もあります。 配点についても共通テスト、2次試験ともに大学ごとに設定されています。 よくみられるのは専攻する学問に関連する教科の配点を高くするパターンで、例えば理系学部では数学や理科の配点が高くなっているケースが目立ちます。 また、共通テストと2次試験の配点比率も大学によってかなりの差があるので注意が必要です。 国公立大学 入試配点比率の例• 表中の科目・配点はいずれも2021年度入試のもの 入試科目や重視される科目によって、必要となる受験対策も変わってきます。 志望校の入試科目や配点、共通テスト・2次試験の配点比率などはきちんと押さえておきたいものです。 各大学の入試科目・配点は、入試前年の7月に「入学者選抜実施要項」として発表されます。 また、入試科目などが大きく変更となる場合は、これより早くホームページ等で公表されています。 気になる大学は早めにチェックをしておきましょう。 Kei-Netでも各大学の入試変更点をまとめていますのでぜひ活用してください。 拡がる「主体性等評価」、「英語4技能評価」 「主体性等」を評価する入試へ 各大学の入試は、文部科学省が公表する「大学入学者選抜要項」に則って実施されます。 この実施要項は、いわば大学入試のルールブックといえるもので、共通テストが実施される2021年度入試から新たなルールに見直されます。 一般選抜では、これまで教科試験中心の入試となっていたものを、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性等)」を評価する入試へ転換するため、「調査書」や「志願者本人が記載する書類」「面接」「集団討論」「プレゼンテーション」などを積極的に活用することが促されています。 国公立大学入試における「主体性等」の評価 国公立大学では、主体性等を評価するために「調査書」や「志願者本人が記載する書類」などを活用する動きが活発です。 「調査書」については、面接と合わせて評価したり、点数化して合否判定に利用するなどの活用方法がみられます。 また、合否ラインで志願者が同点で並んだ場合や、合否ライン付近の志願者に対してのみ調査書等の得点を加点して合否判定するケースもみられます。 ただし、点数化して活用する大学の多くは、配点全体に占める得点の割合は大きくはありません。 「志願者本人が記載する書類」についても、すでに教育系、医療系などを中心に、志望理由書やエントリーシート等の提出を求める大学が増えてきていましたが、2021年度入試を機にさらに拡大の様相をみせています。 志願者本人が記載する書類の分量は、大学によりさまざまで、作成に時間を要するものも少なくありません。 出願前に慌てて作成することのないよう、予め準備しておくようにしましょう。 コラム~アドミッション・ポリシーを読んでみよう~ アドミッション・ポリシーとは、各大学が公表を義務付けられている「入学者受け入れ方針」のことです。 学力の3要素について具体的に求める学力(能力)とその力を測る評価方法・比重などを提示することが求められています。 例えば、「個別試験で課す『総合問題』では、学力の3要素のうち「知識」「思考力」を評価、『集団面接』では『主体性・協働性』を評価する」といったように、選抜方法に対して評価する学力の関係性を明示する大学もみられます。 今後は、さらに「どのような水準を求めるのか」「どのような比重を置いて評価するか」といった点など、より具体に踏み込んだ内容の公表が予想されます。 志望大学のアドミッション・ポリシーには必ず目を通しておきましょう。 面接や志望理由書等の準備をする上でも、参考になるはずです。 民間の英語資格・検定試験の活用 グローバル化が急速に進展するなか、英語のコミュニケーション能力を重視する観点から、大学入試においても4技能(読む・聞く・書く・話す)の評価が促されてきました。 国公立大学の一般選抜では、全体の約1割が英語資格・検定試験を活用しています。 英語資格・検定試験の活用方法は、「出願要件として用いる」、「合否判定に利用する」の2タイプに大きく分かれます。 国公立大学では、「成績に応じて個別試験または共通テスト英語の成績に加点する」「基準以上の成績を有する場合、共通テストの英語を満点とみなす」など、英語資格・検定試験の成績は必須ではなく、保持していれば合否判定の際に優遇されるケースが一般的です。 なお、2021年度入試で英語資格・検定試験の成績を出願要件として用いる大学は、2大学(東京海洋大学(海洋生命科学、海洋資源環境、海洋工-前・後期)、兵庫県立大学(国際商経-グローバルビジネス-後期))となっています。

次の

大学入学共通テストって?センター試験との違いは?対策はどうすれば良いの?

大学 入試 共通 テスト

もくじ• 17日の会議で議論されるようです。 その結果、9月入学は見送られ共通テストは2週間から1か月後ろ倒しするように文科省に求めるようです。 これにより、大学入試は2週間から1か月遅らせるよう要望を出すようです。 作文や面接でプロセスを評価するという対応方法が提示されました。 早ければ5月末にも政府に提言を出すようです。 そこで不況時の入試を振り返り、今年特有の事案も加味して2021年の入試がどうなるのか予想した記事を紹介しました。 休校中でも対策を進めていきたいところです。 大学入試センターの白井俊審議役にインタビューした記事をもとにまとめました。 推薦入試の時期が遅くなることにより一般入試と近づく影響や合否判定の方法など課題は盛りだくさんです。 予算もつけるという話もあり前向きに考えているようです。 また、9月入学についてメリットも数多くあるが社会全体で調整できるかという課題も示しました。 今後国に申し入れをするそうです。 国民民主党でも9月新学期へ向けてWTが立ち上がりました。 多くの人から新学期を9月にという声が上がるようになりました。 大学入試への影響は次の二点• インターハイの成績を利用する推薦乳はどうなるのか?• 英語民間試験も中止・延期が繰り返されこのままではまともな大学入試が行えないため、非常事態宣言が延長されたら本当に9月入学もあり得るかもしれませんね。 気になるのが大学入試の時期ですので、今後の対応を注視しましょう。 5月には一般入試も含めて要項が出始めますが、大学がどのように対応するのか注目が集まります。 通常なら夏にはAO入試や推薦入試の志願校を決めたり選考があったりしますが、授業や学校外活動ができないため募集時期を遅らせる可能性を文科相が言及しました。 これまでもAOで残念な結果になった時、一般入試へ切り替えるのは難しかったですが、時期が遅くなるさらに困難になることが予想されます。 今年度の入試はこれまでになく志望校、出願方法が難しくなりそうです。 現在、緊急事態宣言を受けて多くの高校が休校を行っています。 だそうです。 現在は全国に緊急事態宣言が出されたこともありさらに増えています。 そこで、 受験生や保護者からは「平等な条件で大学入試に臨めないのではないか」 との声も出ているようです。 有識者からも下記のような意見が出ています。 全国高等学校長協会会長の萩原聡委員は「秋からはAO入試や推薦入試も始まる予定となっている。 全国での学習状況にばらつきがあるのを学生は不安に思っているので、早急な対応を求めたい」と話した 秋から選考が始まるAO入試に向けて、夏には校内選考や受験生の準備も始まります。 いつから登校が可能か分からない中、受験生の不安を少しでも取り除けるような対応をお願いしたいですね。 休校中は、教科書やワーク、一部の学校では動画授業などを含めて家庭学習の指示が出ていると思います。 家庭学習で学習すれば履修したことになり休校後はその続きから授業が行われることになりそうです。 特に受験生は学校で改めて授業が行われない可能性も考えて受験勉強を進める必要があります。 AO入試や学校推薦の場合気になるのが3年生の学校の成績です。 特に学校推薦は評定によって推薦者が選ばれるので大きな問題ですね。 その評定ですが、休耕期間中の評価は家庭学習の内容で行っても良いということになりました。 さすがに厳しい評価がつけられることはないと思いますが、どのように評価がつけられるのか学校に確認が必要ですね。 休校でもしっかりと家庭学習をすることが大切なことは言うまでもありません。 前回の休校は全国一斉休校でしたが、今回は休校している地域ときゅこうしない地域が混在しています。 休校している地域でも一部の私立高校ではオンラインで授業ができる学校と特別な対応がされていない学校など差が目立っています。 予備校なども休校が相次ぎ特に受験生は大変な思いをしているでしょう。 参考資料 文科省による参考資料です。 mext. pdf?

次の