プードル 性格 誠実。 青舌犬、チャウチャウの歴史、飼育方法~性格、大きさ、寿命は?

スタンダード・プードルの特徴・性格・飼い方|いぬのきもち

プードル 性格 誠実

プードルの紹介 1. プードルの原産地 プードルの原産地はプードルが国犬のフランスであると一般的には言われていますが、古い時代からヨーロッパを中心とした世界各地で見られており、正確な原産地は特定されていません。 ドイツの「 バーベット」という種類が現在のプードルに最も影響を与えたとも言われています。 プードルの平均体高・平均体重 体高はスタンダード・プードルで 45~60cm、ミディアム・プードルで 35~45cm、ミニチュア・プードルで 28~35cm、トイ・プードルで 26~28cmとされています。 体重はスタンダード・プードルで 15~19kg、ミディアム・プードルで 8~15kg、ミニチュア・プードルで 5~8kg、トイ・プードルで 3kg前後とされています。 また、JKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)に正式に登録されてはいませんが、 2~3kgのプードルをタイニー・プードル、 2kg以下のプードルをティーカップ・プードルと呼んでいます。 プードルの名前のツール プードルの名前の由来はドイツ語の「 pfudel(プデル:水たまり、水がバチャバチャはねる)」からきています。 プードルは泳ぐことが得意なため古くから鴨狩りの猟犬として活躍していたそうで、フランスでは「 chien canard(鴨犬)」が変化した「 caniche(カニシュ)」とも呼ばれています。 日本で飼育されている数 JKCによる犬種別犬籍登録頭数によると2008年から2017年までプードルは1位の座を貫いています。 日本で飼育されているプードルの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると 75,149頭です。 2017年の登録数はスタンダード・プードルで681頭、ミディアム・プードルで161頭、ミニチュア・プードルで149頭、トイ・プードルで74,158頭。 合わせてなんと75,149頭となっています。 ペットショップでの購入価格 スタンダードプードルはほとんどショップでは見かけられない犬種です。 購入するときはブリーダーからの購入になるでしょう。 ブリーダーからの購入価格は大体 35~40万円と高額になっています。 トイプードルの購入相場価格は大体 20~30万円になっています。 混合ワクチン…… 16,000円• 狂犬病予防接種… 3,500円• 健康診断………… 3,000円• 畜犬登録………… 3,000円• 飼育グッズ……… 30,000円 初期費用は 255,000〜355,000円 プードルの性格の4大特徴 1. 賢い プードルは非常に賢く、すべての犬種の中でもの次にIQが高いと言われています。 そのため、飼い主の言うことをよく聞き、非常にしつけがしやすいです。 フランス、台湾などの海外では麻薬探知犬や警察犬、サーカス犬としても活躍しているほど賢く、言いつけを守る誠実さも兼ね備えています。 近年ではセラピードッグとして活躍しているプードルもいます。 活発 プードルはとても活発で明るい性格です。 とても運動が好きなので室内でも動きやすい環境作りが大切です。 特にスタンダード・プードルは身体も大きいためより多くの運動量を必要とし、毎日のお散歩は欠かせません。 人懐っこい プードルは人間が大好きで、とても人懐っこい性格です。 温厚かつ友好的で、常に飼い主を喜ばせようとする愛情深い一面もあります。 警戒心が強い プードルは友好的ではありますが、警戒心が強いとも言われています。 そのため、きちんとしつけをしていないと来客やお散歩中に他の犬に向かって吠えたりと、吠え癖がついてしまう可能性もあります。 プードルの被毛と4つのタイプ 1. かわいらしいカットとカラーの被毛 プードルと言えば胸部と四肢を残した被毛のカットスタイルで大変かわいらしい容姿ですが、これは猟犬時代に水の抵抗を減らすために始まりました。 胸部と四肢のみ被毛を残すのは冷たい水から心臓と関節を保護することが目的ですが、このスタイルは現代の様々な犬のトリミング技術の基礎となっています。 また、JKCで認められている毛色はホワイト、ブラック、シルバー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、ブラウン、ベージュ、ブルー、レッド、アプリコット、シャンパンです。 科学的根拠はありませんが、トイ・プードルでは毛色によって性格が違うとも言われています。 スタンダード・プードル スタンダード・プードルがプードルの中でも一番古くから存在するタイプで、猟犬やサーカス犬として活躍していました。 性格はプードルの中でも最も賢く温厚で、小型のトイ・プードルよりも落ち着きがあります。 飼い主に従順で他の人間にも友好的です。 ミディアム・プードル ミディアム・プードルはスタンダード・プードルよりも小さくミニチュア・プードルよりも大きく、2003年にJKCに登録されてばかりです。 正式に分類されていない国も多く、まだまだ認知度は低い傾向にあります。 性格はスタンダード・プードルのように賢く温厚です。 ミニチュア・プードル ミニチュア・プードルは、16世紀のフランスで上級階級の貴族の間で人気が出たスタンダード・プードの愛玩性を一層高めるため作出されました。 また、臭覚が大変優れているため、トリュフ狩りでも活躍していました。 性格はスタンダード・プードルやミディアム・プードルと比べ甘えん坊で神経質な傾向にあるようです。 トイ・プードル トイ・プードルは18世紀にさらなる愛玩性を求めてアメリカで作出されました。 2003年に日本人が考案した「テディベアカット」で人気が集まり、日本だけでなく世界中で人気を集めています。 性格は人懐っこく友好的であるところは他のプードルと変わりませんが、落ち着きはプードルの中でも最もありません。 トイプードルの毛色別の性格の特徴 また、毛色によって性格が異なると言われているトイ・プードルですが、これもまた人気を集める特徴なのかもしれません。 以下に簡単な毛色別の性格の特徴を紹介します。 ブラック 安定した性格で飼い主への忠誠心が高い、運動能力が高い 2. ブラウン 運動能力が高い、独立心が強い 3. ホワイト 安定した性格で飼い主への忠誠心が高い、友好性が高い 4. レッド・アプリコット 個体差が大きい、活発、飼い主への忠誠心が低い 5. シルバー 個体差が大きい、甘えん坊、活発 プードルのオスとメスでの性格の3️つの違い 1. しつけ メスの方がオスよりも穏やかで落ちついた性格のため、賢さではあまり差はないかもしれませんが、しつけはしやすいかもしれません。 また、成熟するスピードもメスの方が早いです。 元気 オスの方がメスよりも元気があり、活発でやんちゃな性格です。 甘えん坊 オスの方がメスよりも飼い主にべったり甘えてくる傾向があるようです。 子犬のようにやんちゃで甘えん坊なのがオス、といったイメージが合うでしょう。 また、メスの方が甘え上手と言われています。 プードルを飼う人に向いている3つのポイント 1. 構ってあげる時間を作れる プードルは大変甘えん坊で人間が大好きです。 そのため、きちんと愛情を持って構ってあげることが大切です。 構ってあげないとプードルにとってストレスにつながったり、構ってもらえるまで吠えてしまうこともあります。 ベタベタと甘えられるのが好きでない人にはあまり向いていないかもしれません。 管理をきちんとできる プードルはブラッシングやトリミングの管理が欠かせません。 そのため、きちんと日々のブラッシングを行い、定期的なトリミングや耳のお手入れをしてあげることが大切です。 また、シャンプーやトリミングにはお金がかかります。 定期的な予防接種や健康診断に加えてトリミングの費用もかかってしまうことも忘れてはいけません。 毎日仕事で忙しくて手入れをする時間がない人や金銭的な余裕のない人にはあまり向いていないかもしれません。 お散歩に連れて行ける プードルは元気で活発なため、お散歩が大好きです。 そのため、毎日お散歩に連れて行ってあげるのがよいでしょう。 また、友好的な性格のためお散歩途中で他の人や犬との関わりも楽しむことができます。 プードルのしつけの4つの重要ポイント 1. 主従関係をきちんと作る かわいいと甘やかして悪いことをしても許してしまいたくなるかもしれませんが、犬はもともと群れを作り、位の順位付けをして生活する習性をもっています。 飼い主との主従関係ができていないと、犬の行動を制御できなくなってしまい、警戒心の強いプードルでは場合によっては無駄吠えや噛み癖にもつながってしまうかもしれません。 また、プードルの賢さがゆえに主従関係が崩れてしまうとまったく言うことを聞かない、といった状態に陥ってしいまうこともあるようです。 そうなってしまうと周りの人にも迷惑をかけてしまいかえってプードルのためによくありません。 そのため、プードルと生活するには飼い主との主従関係は欠かせません。 きちんと飼い主がリーダーであるということをプードルに教えてあげましょう。 信頼関係を築く プードルとの主従関係を築くのに信頼関係は欠かせません。 プードルをきちんと信頼し、愛情をたくさん伝えてあげることが大切です。 しつけをする時はきちんと目を見て話しかけましょう。 アイコンタクトも信頼関係を築くのに欠かせない行為です。 また、しつけとは言っても叱ってばかりではいけません。 トイレや「まて」など成功したら多少オーバーでも構いませんのでたっぷりと褒めてあげましょう。 その繰り返しによって飼い主との信頼関係も築かれていきます。 逆に叱るときは悪いことをした瞬間だけ短い言葉で叱ってあげましょう。 ケージを用意する 犬はもともとは穴を掘り、巣を作る性質をもっています。 そのため、自分だけの安心できる空間として、部屋の中にハウスとしてケージを用意してあげましょう。 ケージには寝床とトイレのスペースを作り、給水器も設置しましょう。 指示語は統一する プードルは人間の言葉を40~50語理解すると言われていますが、しつけの際の指示を出すたびに言い方や言葉が違ったりすると、プードルも混乱してしまいます。 そのため、家族の中でもきちんと短く分かりやすい指示語を決め対応しましょう。 プードルを飼育する場合の3つの重要ポイント 1. 手入れ プードルの被毛は硬い巻き毛が密集しているため、日々のお手入れが欠かせません。 市販のブラシやコームで毎日丁寧に毛並みを整えてあげましょう。 被毛は放っておくと伸び続け、フェルトのように絡まったり毛玉になりやすいため、月に1度はシャンプーとトリミングをお願いしましょう。 被毛のお手入れは血行の促進による健康増進や飼い主とのスキンシップなどにもつながります。 また、プードルは垂れ耳のため、通気性が悪く耳の中が蒸れやすいです。 放置しておくと外耳炎に罹りやすいので1~2週間に1度は市販の洗浄液と綿棒でお掃除してあげましょう。 しかし、シャンプーや耳掃除のやり過ぎはよくありません。 シャンプーは夏場は月に2回まで、冬場は月に1回までにし、耳掃除は汚れていなければ無理にしない方がよいでしょう。 涙も出やすいので、涙や目やになどの分泌物が目の周りにたまっていたら、濡らしたガーゼで優しく取り乾いたコットンで拭いてあげるとよいでしょう。 運動 プードルはもともと猟犬として活躍していたことから、運動が大好きです。 運動不足ではストレスもたまってしまい、イタズラや無駄吠えを招く可能性があります。 毎日30分~1時間のお散歩に連れて行ってあげましょう。 また、非常に賢いのでボールやフリスビーを使った知能遊びにも向いています。 室内飼い プードルは室内犬で屋外では飼えません。 甘えん坊なので人間と深く関わっていないとストレスにもつながってしまいます。 また、寒さに弱いため冬場はペット用のヒーターなどで暖かい環境を作ってあげましょう。 プードルの平均寿命 スタンダード・プードルの平均寿命は 14~15年、トイ・プードルの平均寿命は 14~17年と言われています。 参考までに、中型犬の平均寿命がだいたい 13歳くらい、小型犬の平均寿命がだいたい 14歳くらいです。 あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。 今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。 かわいい クリクリとした丸い瞳にカールした被毛を持つプードル。 その容姿だけでも十分愛らしいのに、人懐っこく甘えん坊な性格はとてもかわいく、人気ナンバーワンを裏付ける魅力のポイントでしょう。 しつけがしやすい プードルは大変賢く飼い主に従順なため、犬を飼うのが初心者の人でもしつけをしやすいと言われています。 また、しつけをきちんとすれば無駄吠えがなく、集合住宅でも飼いやすいといった魅力があります。 被毛が抜けにくい プードルの被毛は皮膚を保護するためのオーバーコートのみのシングルコートです。 そのため、プードルには春と秋に被毛が大量に抜ける換毛期がなく、抜けにくいのが特徴です。 そのため、換毛期のある犬に比べ掃除が楽です。 また、保証はありませんが犬にアレルギーがある人でも比較的飼いやすいとも言われています。 被毛のカットでスタイルを楽しめる トリミングが欠かせないプードルですが、カット次第で色々なスタイルを楽しむことができます。 お馴染みのラムクリップや有名なテディベアだけでなくモヒカンやピーナッツなど様々さなスタイルが発案されています。 たまには気分を変えてこんなスタイルも、などといった楽しみ方もよいのではないでしょうか。 プードルを飼う場合の飼い主の3つの心構え 1. しつけを怠ってはいけません プードルは賢いがゆえに、一歩しつけを間違えてしまうと手に負えなくなってしまう可能性があります。 プードルのためにも誰からも愛されるようなきちんとしつけのできたプードルに育ててあげましょう。 家族の一員として愛情たっぷりで育てよう とても甘えん坊のプードル。 椅子に座っていれば抱っこをねだったり、撫でてほしくて寄ってきたりとその存在感はとても大きいです。 プードルが甘えてきたらきちんとたっぷりの愛情で応えてあげましょう。 被毛のスタイルを存分に楽しもう 独特の巻き毛はプードルの大きな魅力です。 きちんと被毛の手入れをしていれば、様々なカットスタイルを楽しむことができます。 これは日常的にお世話をしている飼い主の大きな醍醐味となるでしょう。 今回のまとめ プードルの紹介 プードルという名前の由来はドイツ語の「pfudel(プデル:水たまり、水がバチャバチャはねる)」からきている。 平均寿命は14~17年。 プードルの性格の4大特徴 賢くて活発で人懐っこい性格だが、警戒心が強い一面もある。 プードルの被毛と4つのタイプ プードルと言えば胸部と四肢を残した被毛のカットスタイル。 胸部と四肢のみ被毛を残すのは冷たい水から心臓と関節を保護することが目的。 タイプは、スタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルの4つのタイプに分けられる。 トイプードルの毛色別の性格の特徴 ・ブラックは忠誠心が高い、運動能力が高い ・ブラウンは運動能力が高い、独立心が強い ・ホワイトは忠誠心が高い、友好性が高い ・レッド・アプリコットは個体差が大きい、活発、飼い主への忠誠心が低い ・シルバーは個体差が大きい、甘えん坊、活発 プードルのオスとメスでの性格の3️つの違い メスの方がオスよりも穏やかで落ちついた性格、成熟するスピードもオスより早いのでしつけやすい。 オスの方がメスよりも元気があり、活発でやんちゃな性格で甘えん坊。 プードルを飼う人に向いている3つのポイント 構ってあげる時間を作れる、ブラッシングなど日々の管理をしっかりできる、毎日お散歩に連れていける人が向いている。 プードルのしつけの4つの重要ポイント 主従関係をきちんと作る、信頼関係を築く、ケージを用意する、指示語は統一する プードルを飼育する場合の3つの重要ポイント 毎日のお手入れをしっかりする、月1回はトリミングを。 運動が大好きなので毎日お散歩に連れていく。 プードルは室内飼いしかできない。 プードルを飼う4つの魅了とは かわいい・しつけがしやすい・被毛が抜けにくい・カットでスタイルを楽しめる プードルを飼う場合の3つの心構え しつけを間違えてしまうと手に負えなくなってしまう可能性があるのでしつけは怠ってはいけない。 プードルはとても甘えん坊なので、家族の一員として愛情たっぷりで育てる。 様々なカットスタイルを楽しむことができるので存分に楽しむ。

次の

スタンダード・プードル[中型犬]の性格や特徴|日本と世界の犬図鑑∪・ωわんライフすたいる

プードル 性格 誠実

トイプードルの性格としつけ方 毛色によって性格の傾向は違うといわれますが、主な性格はしつけやすい、誠実、感覚鋭敏、聡明、警戒心が強い、活動的というもの。 家庭犬としてポジティブな要素が多い傾向にありますが、生後2ヶ月から3ヶ月の社会化期に多くの犬と人に出会い可愛がってもらわなければ、極端に人見知りになったり、見知らぬ人や犬に攻撃的になったりします。 他にも、子犬時代にケージの中に長時間入れられ、人と関わる時間が少ない場合も情緒不安定や無駄吠えといった問題の原因となります。 生来の気質も生活環境によって容易に変化してしまいますから、気をつけましょう。 しつけやすいということは物覚えが良いということですから、あまり苦労はしないでしょう。 聡明ということは頭がいいということなので退屈をしやすい、どうやったら人の気を引けるかを考え、自分にとって都合の良いタイミングでイタズラを仕掛けることが出来るということでもあります。 単純な遊びだけでは飽きる可能性もあるので、一緒に芸を覚えるのもおススメです。 犬は言葉を使うことは出来ませんが、自分にとって都合の良いように人間を誘導することは出来るので、犬にコントロールされないようにしましょう。 元の出自が水中回収犬ということなので、赤ちゃんがいる家での生活は要注意です。 水中の中で逃げることが出来ずにジタバタする動物を捕まえるのが主な仕事ですが、赤ちゃんのハイハイがその獲物の姿と重なった場合、赤ちゃんを噛んでしまう可能性があります。 これは交配により強化されたトイプードルの性質であり、本能です。 小型犬とはいえ、噛む犬は脅威になります。 問いプードルの吠える・遠吠え・散歩のしつけ方 遠吠え どのようなタイミングで遠吠えをしますか? 遠吠えの主な意味は、「ここにいるよ。 元気だよー」という挨拶と「誰か来てー!」と誰かを呼ぶの2つです。 挨拶は遠くから聞こえた犬の遠吠えやサイレンに反応し、挨拶をします。 誰かを呼ぶのは自分が寂しくなったり甘えたくなった時です。 部屋で1匹になった時や留守番の時に吠えるのは典型的なものです。 特に留守番の時の遠吠えは酷くなると分離不安症と呼ばれる症状となります。 常時、誰かがそばにいないといけない子犬の時期にケージで1匹だけで過ごす時間が長いと、情緒不安定になって遠吠えをする場合もあります。 遠吠えをする犬に対しては、犬を呼びよせるかしてそばに置いて甘えさせるという考え方と、甘やかすといつでも遠吠えで呼ぶようになるから、無視をするという2つの考え方に基づく対処法があります。 基本的にどちらが良いかというのは犬の性格と飼い主の考え方によるので、どちらも正解です。 ただし、飼い主の都合で甘えさせたり無視したりというダブルスタンダードはやらず、「こちらをメインにする」と決めたら、どちらかをやり抜き通して下さい。 留守番で遠吠えをする犬にはいくつか対策があります。 遠吠えをしたら犬にとって不快な音が鳴るグッズを使ったり、テレビが2時間に1回タイマーで電源をオンオフするよう設定する、外出の時だけもらえるおもちゃを与え、遊びに夢中になっている間に外出をする方法があります。 吠える トイプードルは無駄吠えをしないといわれますが、現代日本の飼育環境では無駄吠えしやすい犬が生まれやすい状況にあります。 ペットである犬は商品なので工業製品となんら変わらず、採算を重視した生産が行われています。 そのため、数さえ増やせばいいということで血統を無視した繁殖が行われ、先天的に性格に難があり、吠える犬が生まれることは珍しくありません。 これは需要が拡大する人気犬種の宿命であり、トイプードルも例外ではありませんから、人気犬種をペットショップで購入した時点でリスクも購入したと思ったほうが正解です。 先天的な理由で吠える場合、しつけでの改善は難しく、動物行動医学といった分野になってしまいますから、犬の問題行動に詳しい獣医などを見つける必要があるでしょう。 性格に難がなくても、生後2ヶ月から3ヶ月という乳幼児の時期に母犬や兄弟犬から引き離され、セリに掛けられ、長時間、狭いエリアで展示され、家庭にやってきます。 犬によってはこの状況で過度なストレスを受けているので、性格に影響が出ます。 更に、現代日本では共働きの家庭が多く、1日中誰かが付きっきりで世話をしたりしつけをしないといけない時期に、大人うさぎの飼育法のように1日中ケージの中に入れられ、1匹っきりにされるので、寂しさや不安から情緒不安定になっていく犬は珍しくありません。 そのような犬が吠えるといった問題行動を起こすようになるのが、生後6ヶ月くらいからになります。 まずは1日中、ケージの中に入れて育てているのなら、ケージの外に出して一緒に遊んだりして信頼関係を築くことが先です。 飼い主が家にいる間はケージから出して下さい。 トイレを失敗するから嫌という人もいますが、ケージの中に入れておいたところで覚えていない上に、ケージの中にずっと入れておいたせいで単なる垂れ流し状態になっている可能性も否定出来ません。 犬が人間と暮らすためにはケージの外で身を持ってルールを学ばなければいけません。 信頼関係を構築してから、無駄吠えは駄目と教えていきます。 コミュニケーションを取る時間が少ない場合、犬は人間のことを「餌を運んで、時々、外に連れ出すが、最後はケージの中に自分を閉じ込める油断ならない人物」と考えている可能性も否定出来ないからです。 信頼関係が出来たところで、犬が吠えたら、「ダメ! 」としつけていきます。 叱っても伝わらない場合は、吠えた時にわざと床に定規を叩きつけるなどして大きな音を出し、叱ります。 叱るのは可哀そうという人もいますが、叱られずに育った場合はわがままで自己中心的といった弊害が出る場合もありますから、気が強い犬には叱ることも愛です。 犬にストレスを掛けて、吠えることをやめさせる天罰方式という方法もあります。 犬が吠えた時に、犬に気付かれないように金属製の灰皿を犬の足元に投げつけ、大きな音を出すというやり方で、驚いた犬は吠えなくなるというものです。 散歩 トイプードルは活発な犬種ですが、お散歩を嫌がるという子も少なからずいるようです。 始めてのお散歩が生後4ヶ月頃だった場合、怖がるのは普通です。 理想は生後2ヶ月から3ヶ月の頃にだっこでのお散歩をすることです。 生後4ヶ月頃になると、脳が発達して警戒心が芽生え、見たことないものや行ったことがない場所に対して不安や恐怖を抱くようになるのです。 生後2ヶ月から3ヶ月頃に地面に足をつけると、感染症のリスクがあるのでいけません。 怖がるから、お散歩をやめるというのは犬の健康のためにもよくありませんから、犬が慣れるまではだっこでもいいので、家の前だけなど少しずつでも外に行き慣らしていきましょう。 一度、慣れてしまえば、散歩が大好きになって飼い主に早く行こうと催促する子も珍しくありません。 小型犬なので1回の散歩は30分ほどで大丈夫です。 それを1日2回心掛けましょう。 まとめ トイプードルは人気のある犬種です。 そのため、本来の性格とは違う攻撃的だったり、よく吠える性格の犬も不適切な繁殖で生まれているため、購入の時点でリスクを伴う犬でもあります。 それ以外に関しては抜け毛が少ない、様々なカットが可能というお手入れ面のメリットもあります。 小型犬なので、環境さえ整えば女性でも飼育しやすいですが、聡明な犬なので、悪知恵も働きます。 犬に知らず知らずのうちにコントロールされ、おやつをあげ過ぎたりしないようにしましょう。 水中回収犬という出自なのでプールも喜ぶでしょうから、機会があればペット用プールに行くのもいいでしょう。

次の

柴犬ってどんな犬?性格や特徴、しつけ方、飼い方の注意点について

プードル 性格 誠実

トイプードルに共通している基本的な6つの性格 プードルは、古くヨーロッパで 鴨猟の回収犬として活躍していた犬種です。 もともとトイプードルは存在していませんでしたが、次第にプードルの小型化が行われるようになってトイプードルが誕生したと言われています。 ちなみにプードルは、当時フランスの上流階級の人たちの間で大人気の犬種だったそう!どこか気品ある雰囲気を持っていのは、その名残があるからなのかもしれませんね。 IQの高さは全犬種で第2位!とにかく賢い! トイプードルは 非常に知能が高くて賢い犬種です。 頭の良さから物覚えもかなり良く、学習能力が高いのでしつけがしやすいと言われています。 ただし、 賢い犬ほど主従関係をすごく大事にします。 一度しつけに失敗してしまうと、飼い主さんの言うことを全く聞かなくなってしまうので気をつけましょう。 と~っても温厚で人懐っこい トイプードルはとにかく人懐っこいです!しかも 温厚な性格なので、人を威嚇したり無駄吠えするといったことも滅多にありません。 もちろんしつけ次第ですが、ちゃんとしつけることができれば落ち着きのある温厚なトイプードルに育ってくれますよ。 ちょっと神経質で繊細な一面も… 温厚で賢いが故に、どこか神経質で繊細な一面もあるのが特徴です。 そのためむやみに厳しく叱ってばかりいると、飼い主さんを 恐怖な存在としか見れなくなってしまいます。 とは言え、 甘やかし過ぎはワガママな性格にしてしまうのでNGです。 ちゃんとメリハリをつけて、時にはオーバーなくらい褒めてあげましょう。 活発で運動が大好き! トイプードルは、 とにかく活発で運動が大好きです!毎日欠かさず散歩をしてあげないと、すぐにストレスが溜まって欲求不満になるので注意しましょう。 雨の日は家の中で運動させるようにし、飼い主さんの不在が多い時は前後にたっぷりの散歩をさせましょう。 ボールを使った遊びもおすすめですよ! いくら運動が大好きなトイプードルでも、高い所からの飛び降りには要注意。 トイプードルは足が細くて脆いので、高い所から飛び降りただけでも 脱臼しやすい犬種です。 誰かに寄り添っていたい甘えん坊さん トイプードルは 甘えん坊な性格の子も多いです。 とくに白のトイプードルは、他の毛色よりも甘えん坊だと言われています。 しかし、構い過ぎはトイプードルをワガママにさせるのでほどほどにして下さいね。 主従関係がめちゃくちゃになり、なんでも有りの性格になってしまいます。 社交的で協調性がある トイプードルは 社交的な性格なので、知らない人にでも尻尾を振って近づいていく傾向があります。 もちろん個体差はありますが、比較的愛想のいいトイプードルが多いですね。 そのため、散歩をしていても通行人に吠えるといったことはあまりしません。 他の犬に吠えることはたまにありますが、きちんとしつけられている子はそう簡単に吠えないです。 トイプードルは協調性もあるので、できるだけ外でいろんな人や犬と触れ合う機会も増やしてあげましょう!それがトイプードルにとっての楽しみでもあり、 ストレス解消にもなります。 トイプードルはオスとメスで性格にどんな違いや特徴があるの? オスはやんちゃで甘えん坊! トイプードルのオスは、 メスよりも活発でやんちゃな性格の子が多いです。 飼い主が帰ってきた時に大喜びをするのは、比較的オスの方が多いと言われています。 よく言えば人懐っこすぎるくらいの甘えん坊さんで、悪く言えば飼い主に依存しやすい性格といった感じ。 やんちゃさが故に落ち着きがない部分もあるので、 しつけの際は根気が必要になってくることもあります。 メスは穏やかでオスよりも早く成熟する! 実は、メスのトイプードルはオスより早く成熟します。 つまり子犬時代がオスよりも短いということ。 そのため、 メスの方がオスよりも落ち着きがあり、自立心が強い傾向にあります。 とは言え、メスも飼い主さんのことは大好きなので一緒にいる時はと~っても甘えん坊さん!しかし一度ヘソを曲げると、飼い主さんの言うことを聞いてくれない頑固な一面もあります。 メスは我慢強い子が多いですから、 留守番が多い家庭に向いていると言えます。 トイプードルは毛色によって性格や特徴が変わる!? トイプードルは毛色によって性格や特徴が変わります。 しかし個体差や飼育環境にもよっても変わるので、 同じ毛色同士でも性格が全く異なることはよくある話です。 ちなみに、トイプードルは全部で何色の毛色があるかご存じですか? 実は約14色もの毛色があり、 現在JKC(ジャパンケンネルクラブ)で認められているのは11種の毛色になります。 その中でもとくに人気の毛色はこちらです。 必ずブリーダーさんに、引き取りたい子の性格や特徴を確認するようにして下さい。 ホワイト 飼いやすさ 5. 0 ホワイトのトイプードルは 社交的で友好性が高く、どんな人や犬とでも仲良くなれる傾向にあります。 飼い主さんに従順で、おっとりとマイペースな性格の子が多いですね。 ただし色がホワイトなだけに汚れが目立ちやすいので、 定期的なシャンプーやお手入れは欠かせません。 毛量は他の毛色よりもやや少なめです。 ブラック 飼いやすさ 5. 0 ブラックのトイプードルは、ホワイトと同じくらい安定した性格の子が多いです。 他の毛色よりも賢さがあるため、比較的しつけをしやすいと言われています。 毛量は比較的多めで、丈夫で硬めな被毛が特徴。 それとブラックは運動能力が高い子が多いので、 日頃からたっぷりと運動させる必要があります。 ブラウン 飼いやすさ 4. 0 ブラウンのトイプードルは、 穏やかな性格で飼い主さんに依存し過ぎない子が多いです。 独立心も強い傾向にあるため、しつけがもっとも重要な毛色とも言われています。 ブラック同様、運動能力が高くて骨密度がしっかりとしています。 よくレッドのトイプードルと間違われやすいのですが、 ブラウンは黒に近いハッキリとした毛色(こげ茶)が特徴です。 レッド 飼いやすさ 5. 0 レッドのトイプードルは「明るく元気な子」という言葉がピッタリ! 他の毛色よりも甘えん坊で人懐っこい性格の子が多いです。 ちなみに、 日本でもっとも飼育頭数が多いトイプードルがレッドです。 毛色が茶色なのでブラウンと間違えられることが多いのですが、レッドは赤毛寄りの茶色が特徴です。 シルバー 飼いやすさ 4. 0 日本ではあまり見かけないシルバーのトイプードル。 性格はかなり落ち着いていて、 どこか大人びた品のある雰囲気が特徴です。 そしてシルバーは、 他の毛色よりも主従関係をものすごく大事にします。 なので、おとなしめで誠実なトイプードルが欲しいという人にはピッタリの毛色と言えるかもしれません。 クリーム 飼いやすさ 4. 0 クリームのトイプードルは、 柴犬並みの忠誠心を持っている子が多いです。 さらに、両親がクリームなら風変わりなマイペース、どちらかがホワイトなら気難しさを兼ね備えたマイペースな性格を併せ持っています。 子犬の時はクリーム色でも、成長するにつれてホワイトに近づいていくのが特徴です。 もちろん個体差はありますが、比較的この傾向が多いかもしれません。 アプリコット 飼いやすさ 4. 0 アプリコットのトイプードルは、 レッドの性格とよく似ているのが特徴です。 敢えて言うならば、ちょっと神経質で臆病な面があることですね。 なので ちゃんとしつけておかないと散歩中や留守中によく吠える犬になってしまいます。 飼う前に知っておきたい!トイプードルの身体的特徴 トイプードルの性格を知ったところで、今度は身体的特徴もしっかり把握しておきましょう! 反抗期がある トイプードルは、 生後5ヶ月を過ぎた頃から反抗期が始まります。 これは個体差にもよりますが、ホルモンバランスの変化によって精神的に落ち着かなくなる子が多いようです。 反抗期が始まるとどうなるの? 反抗期が始まると、今まで以上に警戒心が強くなる傾向にあります。 これまで仲良く戯れていても、飼い主さんに噛みついたり威嚇するといった攻撃的な態度を見せることもあるでしょう。 ちゃんとしつけをしていても、全く言うことを聞いてくれないこともあります。 この反抗期を無事乗り越えるためには、 できるだけ早いうちに基本的なしつけを済ませることです。 そして社会の秩序、家のルール、上下関係をしっかり身につけさせておきましょう。 無駄吠えが少ない チワワやダックスフンドといった他の小型犬に比べると、 トイプードルは無駄吠えが少ない犬種です。 そのため、アパートで飼うのにも向いていると言われています。 もし酷く吠えるようでしたら、それはちゃんとしつけができていなくてワガママになっているか、ストレスが溜まっているかのどちらかになるでしょう。 人間の言葉を理解する頭脳 トイプードルは人間の言葉を理解する犬種と言われています。 その言語数はなんと40~50語だそう!知能が高いだけに、人間の言葉も学習する能力があるんですね。 そのため、 しつけの際は必ず決まった言葉を何度も声に出すことが大事です。 「マテ」なら「マテ」と何度も言い聞かせましょう。 この時、家族によって言い方が変わってしまうとトイプードルは混乱してしまいます。 必ず同じ言葉で指示を出すことを徹底して下さい。 垂れ耳 トイプードルは垂れ耳が特徴です。 垂れ耳ということは、つまり通気性が悪く 耳の中が蒸れやすいというデメリットを持ちます。 そのため、 定期的な耳掃除は絶対に欠かせません。 サボると、外耳炎などの耳の病気を引き起こすので気をつけましょう。 トイプードルの無邪気さに構ってあげられる人。 室内で犬を飼うことができる人。 たっぷり愛情表現ができる人(温厚な人)。 トリミングやシャンプーにお金をかけられる人。 きちんとしつけができる人。 何度も申し上げますが、トイプードルは人懐っこくて甘えん坊です。 なので、 その性格に応えられない人、短気な人、冷めてる人はトイプードルを飼うのにあまり向いてないと言えます。 また、被毛のお手入れは絶対に欠かせない犬種ので、 定期的にトリミングサロンへ連れて行けない人も向いていません。 トイプードルの飼いやすさは全犬種の中でもNo. 1 トイプードルは初めて犬を飼う人でも飼いやすいということもあり、 飼いやすさは他の犬種と比較してもNo. 1と言えるでしょう。 しかし、飼いやすいからといって甘やかしてばかりいるとワガママ犬になるので要注意です。 ちゃんと愛情をもってしつければ、飼い主に従順な良い子に育ってくれるでしょう。 ちなみに、トイプードルの飼い方のコツは以下のとおりです。

次の