うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン。 うなぎのおいしい温め方(ガッテン流)

うなぎの蒲焼きはほうじ茶と焼くと絶品に。サイゲン大介さんのレシピ。

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

関東風の食感に仕上げる焼き方 ためしてガッテンで紹介されていた市販のうなぎの焼き方には、関東風と関西風があります。 まずは関東風のうなぎの焼き方の説明です。 うなぎをバットの中に入れます。 やかんで沸かしたお湯をうなぎが浸るくらいまでかけて洗い、タレを取ってしまいます。 お湯をかけた後はうなぎを引き上げて、キッチンペーパーを使って丁寧に水気を取り除いてください。 適度な大きさのホイルを広げ、薄く油を塗っておきましょう。 その上にうなぎを置き、小さじ2の酒を振りかけたら包んでください。 事前に火をつけて温めておいたコンロの魚焼きグリルの中に入れて、約3分蒸し焼きにします。 3分経過したらホイルを開けてタレを塗り、開けた状態で1分程度焼きましょう。 その後に取り出します。 ホイルの上で4等分に切ったら、続いてうな丼用のご飯を用意します。 器に適度な量のご飯をよそいますが、やや固めに炊くことで食感が良くなるのがポイントです。 よそった後に少量のタレをかけたら、先程焼いたうなぎをご飯の上に敷きましょう。 箸だけよりもフライ返しを使うと、身が崩れずに綺麗に並べることができます。 うなぎの上にタレを好みでかけたなら、仕上げに粉山椒を振れば完成です。 サクサク感が楽しめる関西風の焼き方 関西風のうなぎの焼き方ですが、ためしてガッテン流に行うことで、関東風とは違って自宅で簡単にサクサクした皮の食感を楽しむことができます。 最初の処理は関東風と同じ流れです。 バットにうなぎを入れて、お湯をかけてタレを取り除いておきましょう。 うなぎを引き上げたら水気をキッチンペーパーで拭き取ります。 ここからが関東風とは異なってきます。 コンロの魚焼きグリルではなく、フライパンで焼くのがコツです。 フライパンに通販で購入したうなぎをそのまま入れると焼きにくいので、半分に切っておきましょう。 フライパンをコンロに置き、大さじ3強の油を入れたら1分程度強火で温めます。 うなぎの皮が上に、身が下になるようにフライパンに入れてください。 確認して、薄く焼き目がついていれば裏返して皮の方も焼きましょう。 焦げやすいですから、火加減を見ながらこまめに焼き目を確認します。 身が1分くらい、皮が30秒くらいです。 うなぎを取り出してバットに入れ、キッチンペーパーで余分な油を取り除いて、半分に切っておきます。 ご飯を器によそったら少しタレをかけますが、関西風のタレは甘味が強いため自分でタレを作っても良いでしょう。 うなぎを乗せ、タレを塗って粉山椒を振れば完成です。

次の

うなぎの温め方、ガッテン流で安いうなぎも美味しくなる!

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

夏に食べるうなぎは、とても美味しく感じられますね。 ところが、自宅でうなぎを食べる際にはうなぎの身がふんわりと美味しい状態で温めることができません。 そこで、家事えもんの中で紹介されたうなぎの上手な温め方をご紹介いたします。 【ビタミンA】・皮膚や粘膜のうるおいを維持する・新陳代謝を活発にする。 最初に、うなぎと緑茶を準備します。 そしてフライパンにうなぎを置き、うなぎが浸るまでペットボトルのお茶を注ぎます。 その後、そそいだ緑茶がなくなるまで煮込みます。 ペットボトルの緑茶がない場合は、無糖紅茶やウーロン茶でも代用が可能です。 実は、うなぎが硬くなるのはコラーゲンが原因なのです。 そこで、やわらかくするために緑茶に含まれるタンニンの力をかります。

次の

ためしてがってんのガッテンうなぎ ためしてがってんのガッテン情報局

うなぎの美味しい温め方 ためしてガッテン

よくある質問 うな丼・蒲焼きに関連したよくある質問の答えです 関東風と関西風の蒲焼の違いは? 関東と関西ではうなぎの開き方と焼き方が異なります。 さらに串の刺し方やタレのつけ方も違うので、味もかなり違いがあります。 関東風 関東風のうなぎのかば焼きは、うなぎを 背開きにして白焼にした後、 蒸してからタレをつけて再び焼きます。 ふわっと柔らかい食感が特徴です。 武家社会の江戸では切腹を嫌い、背開きにしたと言われます。 蒸すことで脂が抜けるので、成長した太いウナギを用いることができます。 タレは関西に比べてあっさりしています。 関西風 関西風のうなぎのかば焼きは、うなぎを蒸しません。 腹から開き、蒸さずにそのままタレをつけて焼きます。 蒸さないので脂が乗り、外側が パリッと香ばしいのが特徴。 商人の町大阪では「腹を割って話せるように」と腹開きにしたようです。 蒸さないので脂の少ない小ぶりのウナギを選びます。 うなぎの脂に負けないようにタレもトロッと濃くて甘いです。 また、関西風は頭が付いていることが多いので買う時の目安になると思います。 ボーダーライン 関東風と関西風の境目は静岡県の浜松あたりだそうです。 浜松は中央に位置するので、両方のうなぎが味わえるといいます。 蒲焼の語源の由来は? 蒲焼の由来は諸説あります。 昔は開かずに丸焼していました。 その形が蒲(がま)の穂に似ていたことから、がま焼きと言われ、転じてかばやきになったという説が有力です。 土用の丑の日にうなぎを食べる習慣の起源は? 土用の丑とは、土用の入りになって最初に来る丑の日のことで、夏バテ防止にうなぎの蒲焼を食べるとよいとされる日です。 夏バテ防止のために土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代の蘭学者 平賀源内が、夏場の売り上げ不振に悩む知人のうなぎ屋の相談を受け、「本日土用の丑の日」という広告キャッチコピーを考案。 店頭に張り出したところ、大繁盛したという説が有名です。 源内は、丑の日に「う」の字がつく物を食べると夏負けしないという民間伝承からヒントを得たようです。 そもそも土用の丑とは? 土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことです。 丑の日というのは十二支のなかの丑の日のことで、12日に1度回ってきます。 土用の期間中の丑の日を「土用の丑の日」と呼びます。 土用は18日間であるのに対し、丑の日は12日毎に回ってくるので、年によっては土用の期間に丑の日が2回くることもあります。 うなぎと梅干は食べ合わせが悪い? 医学的には、うなぎと梅干しを一緒に食べたからといってだれもが必ず腹痛を起こすということはないそうです。 ただし、うなぎの脂っぽさと梅干の酸味が刺激し合い、消化不良を起こすことはあるようです。 また、梅干しの酸味で食が進み、消化不良を起こしやすいとも言われています。 特に夏場は胃腸が弱っているので、うなぎと梅干しに限らず、脂分と酸味の強いものをたくさん摂る組み合わせには注意が必要です。 また、梅干しで食が進み、高級食材であるうなぎを食べ過ぎるぜいたくへの戒めであったという説もあります。 うなぎの特筆すべき栄養は? うなぎの特筆すべき栄養はビタミンの豊富さです。 中でも ビタミンAとB1、Dは特に多く含まれています。 ビタミンAは、免疫力アップや美肌効果があり、ビタミンDは骨粗鬆症予防に。 ビタミンB1は疲労回復に優れるビタミンです。 うなぎの蒲焼のたれのカロリーは? 蒲焼のたれ100gが124kcal。 大さじ1杯が18gで22kcal。 小さじ1杯が6gで9kcal。 うなぎの蒲焼のカロリーは? うなぎの蒲焼100gが293kcal。 うなぎの蒲焼1尾の重さ150g 中サイズ で440kcal。 うなぎの蒲焼1尾の重さ160g 中〜大サイズ で469kcal。 このレシピのうなぎの蒲焼のカロリーは、150gの蒲焼を使用したとして、1人分が、578kcalです。 カロリーが気になる方は、ご飯を少なめに盛って下さい。 意外ですが、関西風のうな丼は揚げると脂肪が溶け出るので、カロリーはもう少し低くなると思います。 養殖ウナギと天然ウナギの見分け方は? 養殖ウナギと天然ウナギの見分け方は、天然ウナギの方が養殖ウナギよりも胴回りが太く、腹の色が黄色がかっているそうです。 天然ウナギは脂が少なく、身は固いそうです。 うなぎの養殖が多い都道府県は? 養殖ウナギの収穫量が最も多い県は鹿児島県で、次いで愛知県、宮崎県、静岡県、高知県の順となっています。 うなぎの種類は? 主に2種類あります。 ニホンウナギ(ジャポニカ種 )とヨーロッパウナギ(アンギラアンギラ種)です。 日本と台湾で養殖しているうなぎは、ニホンウナギ(ジャポニカ種 )のみです。 中国ではニホンウナギとヨーロッパウナギ(アンギラアンギラ種)が8 : 2くらいの割合で養殖されています。 中国や台湾などの養殖うなぎの9割以上は、日本向けに生産されています。 ニホンウナギ(ジャポニカ種 )の特徴は? 国産や台湾産うなぎのニホンウナギ(ジャポニカ種 )は、中国産に比べ 脂のりが少なく、身がしまっています。 身に味があります。 ジャポニカ種は、うなぎ専門店であつかっていることが多いです。 油っぽいものを好まない高齢者に人気があります。 国産うなぎは審査が厳しいため、消費者は安心できるメリットがあります。 ヨーロッパうなぎ(アンギラ種)の特徴は? 中国で養殖されるヨーロッパうなぎ(アンギラ種)は、国産に比べて 脂乗りが多く、肉厚、味はあっさりしていて柔らかいのが特徴です。 アンギラ種はジャポニカ種に比べ、清流を好むため、泥臭さがないといわれます。 スーパーやファースト店で販売されているうなぎの多くは、アンギラ種です。 若い世代の人々に好まれています。 中国産は国産に比べ安価ですが、うなぎの成長を促進するために使われる薬品の汚染など、食の安全を不安視する声も多い。 少し小ぶりな方が高価なのはどうして? うなぎはあまり大きすぎるものより、少し小さめのサイズの方が値段が高いです。 あまり大きいと骨が当たり、皮も硬いです。 小ぶりのうなぎの方が身がしまり、小骨も柔らかいため、人気があります。 国産うなぎと中国産の見分け方は? 見かけは国産うなぎの方は、身が長くスマートです。 中国産は身が短くて太目なので、見た目で区別できます。 国産うなぎの1尾のサイズの目安は? 小 100g〜120g 中 120g〜160g 大 160g〜200g 中国産であれば1尾が160g〜200gはあろうかと思います。 酒の効果は? ホイル蒸しをするとき酒をふって温めると、蒲焼きの身を柔らかくし、弾力を出す効果があります。 東には東の職人技、西には西の職人技 蒲焼きは、関東と関西で職人による作り方が異なるため、美味しさの基準も大きく異なります。 番組ではスーパーなどで売られている調理済みパックのうなぎを、お店の味に近づける方法を提案しました。 家庭で簡単に、関東風は「トロトロフワフワ」、関西風は「サクサクフワフワ」と、それぞれの特性にあった温め方を紹介しました。 うなぎは硬い うなぎの刺身と西京焼きなどを目隠しして食べてもらった感想は、刺身には歯ごたえを感じ、西京焼きや燻製にはやわらかさや口解けを感じました。 うなぎの身は 天然ゴム並みに硬く、魚の中で最も硬いといいます。 関東風のかば焼きの工程 関東風のかば焼き作りには、「割き、串打ち、素焼き、蒸し、本焼き」と、全部で5つの工程があります。 関東風かば焼きの特徴は「蒸し」 関東風かば焼きの特徴は 「蒸し」の工程。 老舗の職人さんは、1時間半を掛けてとことん蒸しあげます。 豆腐と同じやわらかさの「トロッ・フワッ」に仕上がります。 なぜ長時間蒸すのか? 驚異的な筋力 うなぎは川の急流を全身運動でさかのぼるため、筋力が非常に発達しているといいます。 岩を登ってしまうほどの 驚異的な筋力です。 驚異的なスタミナ うなぎは海水・淡水どちらでも生息できる魚です。 産卵の際には日本を離れて以降、絶食状態で海中を2000キロメートルも移動します。 恐るべきスタミナです。 驚異的なスタミナを支える脂質 驚異的なスタミナを支えているのは、 豊富な脂質。 持久力のエネルギー源として、脂肪組織にではなく、筋肉中に豊富に脂質を蓄えているのがうなぎの特徴です。 驚異的な筋力の源はコラーゲン 驚異的な筋力の源は、 豊富なコラーゲンによります。 うなぎは最もコラーゲンが豊富な魚といわれています。 生のうなぎが天然ゴム並みに硬い理由も、コラーゲンが豊富なためでした。 それゆえ蒸す必要があります。 めずらしい魚 一般的に、脂質が豊富なのは赤身の魚、コラーゲンが豊富なのは白身の魚です。 ところがうなぎは、赤身の特性である脂質と、白身の特性であるコラーゲンの両方が突出して多い、非常にめずらしい魚です。 コラーゲンと脂質が非常に豊富であり、その2つが共存していることが、うなぎの美味しさにつながっています。 一般の魚は長時間蒸すとおいしくない 白身魚、青魚、赤身魚をうなぎと同様の調理法で調理すると、どの魚が脂もうまみも抜けてパサパサし、美味しくありません。 なぜうなぎだけが長時間の蒸し調理によっておいしくなるの? トロトロのコラーゲンが脂を閉じ込める その理由は、豊富なコラーゲンと脂質が 共存していることにあります。 普通、魚を調理すると、筋肉繊維がほぐれて脂とうまみが外へ逃げ出していきます。 ところが、コラーゲンが豊富なうなぎの場合は、蒸し調理の特性である「水」と「熱」が同時に加わると、 コラーゲンがトロトロの状態に変化します。 そして、トロトロのコラーゲンが 脂を身の中に閉じ込めるので、うなぎの身は、「ほぐれた筋肉繊維のフワッと感」「コラーゲンのトロトロ感」「脂のトロトロ感」を同時に味わうことができます。 これが、関東風極上かば焼きの「トロッ・フワッ」状態です。 なぜ蒸さないで焼くだけの関西風がフワッと仕上がるのか? 関西風は返し焼き 関西風かば焼きの作り方は、身の状態の似たうなぎを選んで、5匹ほどまとめて串打ち。 そのまま強火で一気に焼き上げます。 身と皮を何度も何度も 返しながら焼きます。 大阪老舗の職人さんは、30回も返しました。 脱水することなく、返すことで中がふっくらし、香ばしさが出ます。 返し焼きしても脱水が進まない 「返し1回」と「何度も返して焼いた」ものをMRIで調べ、水分と脂の分布を比較しました。 「返し1回」の焼き方に比べて、「返しの多い」焼き方のほうが脱水が少なく、フワッとしていることがわかりました。 天ぷらのように外側がサクッとする 脂の分布では、関西風のかば焼きには、身の表面に 薄い脂の層ができていることがわかりました。 この脂の層は、関東風のかば焼きには見られない特徴です。 この脂の層は、天ぷらの衣のような状態が身の表面についていることを示しており、「サクッ」とした食感を生み出す元となっていたことが分かりました。 これにより、外は「サクッ」と香ばしく、中は「フワッ」と軟らかいという、まったく異なった 2つの食感のコントラストが得られるのです。 うなぎの水分で蒸して脂で揚げていた 頻繁に返すことで、うなぎ自身の水分を効率的に使って身の中を 蒸していたわけです。 さらに炭火へ落ちる脂を利用して、身の表面だけを 揚げていました。 さらに、身の脱水が進み過ぎないよう、脂の落ちる音を合図に、返すタイミングを見計らっていました。 関西風のかば焼き職人は、「30回の返し焼き」の技によって、「サクッ・フワッ」のかば焼きを作りあげていたのです。 調理済みのかば焼きをおいしくする方法は? トレイのパックが問題 スーパーなどでは調理済みのかば焼きが売られています。 真空パックならば湯せんで温めることができますが、トレイのパックで売られているかば焼きは、電子レンジで温める人が大多数です。 電子レンジでチンすると硬くなる 調理済みのかば焼きは、ただでさえ水分が不足しがちな状態です。 それを電子レンジにかけると、水と熱でトロトロになるはずのコラーゲンが、脱水の影響で硬くなってしまいます。 特に水分量の少ない皮は、ゴムのように硬くなってしまいます。 関東風はグリルで焼く 調理済みのかば焼きの難点は、タレが焦げつくこと。 そこで、熱湯をかけてタレを落とすと、熱湯の効果で水と熱が加わり、コラーゲンが一気にトロトロになります。 関東風の「フワッ・トロッ」の食感は、 酒を振りかけた後に魚焼きグリルで ホイル蒸しすることで、よみがえります。 関西風は油で揚げる 関西風は、まず湯洗いし、水気をふき取ってから、少なめの 油で揚げることで、「サクッ・フワッ」の食感を生み出すことができます。 油は油に溶け出す性質があるため、フライパンの油にうなぎの油が溶け出ます。 カロリーも低くなり、意外とあっさりとした味になります。

次の