年金 無職。 付加年金に無職は絶対入るべき!月400円で超お得な付加年金を解説

【猶予・免除】ニート・無職は年金を払う必要があるのか簡単に解説

年金 無職

参考: 付加年金に加入できる人 付加年金に加入できるのは、「国民年金第1号被保険者」と「任意加入被保険者」です。 自営業者・無職・アルバイトなどの 「国民年金加入者」が該当します。 会社員や公務員などの第1号被保険者、専業主婦などの第3号被保険者は該当しません。 また、国民年金の免除を受けている人や、国民年金基金に加入している人は加入できません。 関連記事 申し込み手続き 付加年金の申し込み手続きは、各市区町村役場の窓口で行います。 必要なものは年金手帳・印鑑・身分証明書です。 窓口にある「国民年金付加保険料納付申請書」を提出すればOKです。 付加年金は申し込んだ月の分から保険料を納付できます。 2年間はさかのぼって納付することもできるので、加入していない人はまとめて払うのもいいでしょう。 遺族基礎年金には反映されない• 60~64歳に繰り上げ受給すると減額される• 物価スライドが適用されない まず1ですが、国民年金は本人が死亡したら遺族基礎年金が支給されるのに対して、付加年金からは遺族基礎年金や障害基礎年金は支給されません。 つまり、65歳までに死亡したり障害者になった場合は、付加年金で支払った保険料は無駄になります。 2の「60~64歳に繰り上げ受給すると減額される」は国民年金も同じです。 3は、国民年金が物価によって支給額が上がるのに対して、付加年金は物価スライドが適用されません。 インフレで物価が上がったときは、実質的な価値は目減りする可能性があります。 しかし、どれも大したデメリットでもないので、メリットの大きさを考えれば入った方が得でしょう。 また、もっと給付額を増やしたいのであれば、iDeCo(個人型確定拠出年金)と併用して加入することもできます。 まとめ:無職こそ付加年金に加入しよう 無職になったときは、出ていくお金を少しでも減らしたいものです。 とはいえ、付加年金はたった月400円。 将来的はほぼ必ず得をするので、これだけは加入しておいた方がいいでしょう。 会社を辞めたら年金や健康保険は自分で手続きしないといけません。 将来の年金を増やすためにも、ぜひ加入を検討してみてくださいね。

次の

国民年金は免除できる場合がある

年金 無職

一般的なニートであれば年金を支払わなくても大丈夫です。 ここでいう 一般的とは、収入がない無職のニートを指します。 支払わないといってもパターンが2つあります。 支払いが 猶予になる時と、支払いが 免除になるケースです。 どちらの場合も 金銭的に余裕が出たら後から納付することができるので、その点については安心してください。 それぞれについて解説していきます。 猶予になるケース こちらは 親の扶養に入っているニートの場合、主に該当します。 年金の支払いが猶予になると、国から年金を支払えという催促はなくなります。 もちろん猶予になっている期間は年金を支払わなくてもいいです。 しかし将来の年金受給額に加算されることはありませんので注意してください。 年金の支払いが猶予になる条件 年間の所得が57万円以下であること。 (独身の場合) 正確には結婚しているや子供がいる場合は違ってくるのですが、ニートには無縁の話です。 働いておらず収入のないニートであれば、この条件に当てはまると思います。 免除になるケース 免除になると年金の受給額へ一部が加算されるため、免除されるならそれを狙いたいです。 しかし親の扶養に入っているニートの場合、親の収入が少ない場合でないと免除にはなりません。 なったとしても一部のみというケースがあります。 親の扶養に入らず生活しているニートや、 親が定年後である場合は免除されることがありますので、条件を確認していきましょう。 少しややこしいですが、 自分でどれに当てはまるのかを計算しなくても実は大丈夫です。 その中で一番良い条件のものに当てはめてくれるのです。 次は手続きの方法について解説していきます。 手続きをする必要はあるのか めんどくさければ無理に書類などを提出しに行かなくても大丈夫といえば大丈夫です。 理由は年金を支払っていないと向こうから家に来てくれます。 その時に免除・猶予の申請書類を持ってきてくれるのです。 ですが年金催促の手紙や電話、訪問がウザいという場合や、家族に見られたくない時は自分で申請してしまうと良いでしょう。 申請方法 役所へ行って申請する方法と、郵送で必要書類を送る方法があります。 自分に合った方を選択してください。 役所へ直接行く 住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ行ってください。 マイナンバーカード(もしくは年金手帳) 上記のものを持っていくと良いでしょう。 郵送で送る 下の申請書をダウンロードして郵送します。 申請内容で分からないことがあるならば、役所へ行ってしまう方が早いこともあります。 まとめ ニートであれば年金が 猶予・ 免除のどちらかに該当する可能性が非常に高いです。 何も申請していないと未納となり後々に困ることもあります。 猶予・免除の申請をしたところでこちらにデメリットはありませんので、申請することをオススメします。 申請書類で継続審査を希望しておけば、一度申請するだけでこの先は猶予・免除の申請は不要です。 また、過去2年分まで遡って猶予・免除の審査がなされるので、未納でしばらく過ごしてしまった方もぜひ申請してください。

次の

付加年金に無職は絶対入るべき!月400円で超お得な付加年金を解説

年金 無職

Contents• まずは仕事を探してみる 今の貴方の状態は、経済的に完全に親に依存しています。 親がいなくなった場合、家計の収入源である年金がなくなりますから、収入ゼロです。 それはつまり、死に直結します。 もし貴方が35歳くらいまでの方であれば、まだまだ正社員の就職を目指せます。 ギリギリ40くらいまででしょう。 それ以降となると、かなり特殊な業界や零細企業を狙うか、よほど実績がある人出ないと再就職は難しいです。 正社員は難しい、絶望的だ、という年齢の方であれば、契約社員や派遣社員、最悪バイトやパートであっても仕事を探すべきです。 今は非正規雇用であっても社会保険に入れてくれる職場が多いですから、老後やもしもの時も安心です。 年金制度はなくなるかもとか言われてますが、完全になくなることはないでしょう。 払っていないと障害年金が貰えないのでもしもの時厳しいです。 とにかく、今すぐに自分でお金を稼ぐことに取り組むべきです。 まず単発バイトからはじめたり、あとはネットにつながっているのですから色々とお金を稼ぐ方法はあります。 こちらでお金を稼ぐ方法をまとめていますので、参考にしてください。 働く感覚を忘れてしまうと、いざ働かなければならなくなった時に、とても苦労すると思います。 多少なりとも働いておいて、就労能力を維持しておくことは必要だと思います。 ブランクが長くなると、体を慣らすまでに時間がかかりますからね。 外に働きに出れないなら、在宅ワークを検討 親が家で寝たきりになっていたり、何らかの精神病を患っていて働きに出れない…という方であれば、在宅ワークをするしかありません。 最近では、 パソコンがあればインターネット経由で仕事ができるサイトが増えてきています。 まあ、スマホからでもできなくはありませんが。 時給は外に働きに出るよりも低くなる傾向がありますが、家で作業時間を捻出できるのであればバイト代くらいは稼ぐことができるでしょう。 在宅ワークについてもこちらで紹介していますので、参考にしてください。 在宅ワークなら、パソコン一つで仕事ができます。 スキルや実績を積み上げ、クライアントと連携を密にすれば、月20~30万円以上稼いで独立した人もいます。 外に働きに出れない方のキャリアアップの道としてはかなり現実的な部類に入ると思います。 手軽にはじめられますしね。 自分で稼げるようになれば、税務署に開業届けを出して 自営業者になることができます。 「単なる無職者」「ただのニート」ではなくなります。 まっとうに仕事をしてお金を稼いでいるわけですからね。 世間体も悪くありません。 バイトと併用して副業としてやればそこそこの収入にはなります。 今からでも頑張れば、なんとか生きていけると思います。 最近ではイオンが格安葬儀サービスをはじめたりして、 火葬のみであれば20万円程度でできるようになってきています。 しかし親の年金だけが頼りで生活がカツカツですと、20万円すら捻出できない可能性があります。 その上、戒名をつけたりお坊さんへのお布施なども考慮すると、更に金額が上がります。 生命保険をかけていて、受取人が貴方になっていればそこから捻出できますが…。 支払いまでには数日~数週間のタイムラグがあるため、葬儀費用は一旦立て替えておかなくてはなりません。 また、相続の問題もあります。 親が借金を抱えていた場合、資産と借金も合わせて相続することになってしまいます。 icon-times-circle 死亡してから三ヶ月以内であれば相続放棄の手続きがとれますが、 借金はいらない、資産はいるという我儘は通りません。 親の持ち家には住みたいけれども借金は払いたくない……という場合、苦悩することになります。 その場合、相続放棄するのであれば貴方は家を出て行かなければならなくなるでしょう。 そして、それらの問題をうまく解決できたとしても、それからの生活の問題があります。 これまで親の年金だけが頼りで生きてきたため、 親の年金がなくなれば収入が0円になります。 これでは生きていくことができません…。 親の死亡を隠し、年金不正受給する事件が増えている そして最近では、親が自宅で死んでも死亡届を出さず、 年金を不正受給して捕まった…という事件が頻発しています。 死体は押入れなどに隠し、異臭が発生して近隣住民のクレームで発覚…というケースが多いようです。 気持ちはわからなくもないですが…。 親が死んだ時のことを何も考えずに対策も打っていなかった場合、 貴方もこのような事件の当事者になってしまう可能性があります。 というか、 あなたも そうなる可能性はかなり高いのです。 だって、親の年金がなくなったらあなたは生活できないわけですよね? お金のためなら多分やっちゃうと思いますよ…?? 今のうちに親の年金以外の収入源をつくり、経済的に独立するべきです。 親が死んだ後のことも考えて貯蓄を行ったり、法律の専門家に相談して相続問題を解決しておくことを強く勧めます。 正直、冗談じゃないと思います。 そしてそういう方は、独身の方が多いと思います。 結婚もしたいでしょうし、もっと外に出て色々な経験をしたい、人生を楽しみたい、と思っているはずです。 icon-times-circle なのに、言い方は悪いですが 親に束縛されていて自由に生きることができなくなっているわけです。 絶対にイヤですよね? そんな現状がイヤならば、もっと介護保険制度について調べて、自分が利用できる介護サービスを徹底的に調べるべきです。 単に「ケアマネージャーに勧められたから」「役所の担当者に勧められたから」程度の知識では、十分に利用できるサービスが把握しきれていない可能性があります。 自分でちゃんと調べてみて、 誰かにやってもらえる可能性があるのであればプロに任せるべきです。 お金も必要になるでしょうが、 親の年金に頼らずに自分で稼ぐべきです。 正直親の介護をしながらですと無茶苦茶大変だと思いますが、 今貴方が頑張らないと、本当に人生を棒に振ってしまいます。 貴方の人生ですから、貴方以外に頑張ってくれる人は存在しません。 そしてお金があれば、たいていのことは解決できます。 これから親の介護が考えられる場合… また、まだ親の介護をしていない、という方でもこれからどうなるかはわかりません。 親と同居しているでしょうから、これから親が要介護状態になった…なんてことになった場合、一緒に住んでいる貴方が介護しなくてはならなくなります。 親戚で話し合ったとしても、 「今までさんざん親にお世話になってきたんだから、介護くらいしろよ」と言われるでしょう。 施設に入れるにしても、今はどこも空き待ちの状態ですし、費用もかかります。 日本全国でこの介護問題に悩んでいる方が大勢います。 高齢の方はいつ怪我や病気になって要介護になるかわかりませんので、油断しているとその時はある日突然来ます。 今親の年金でニート生活を満喫している方であれば、 今の生活がいかに脆弱な基盤の上に成り立っているかを考えてみてください。 今要介護の親を持っていなくても、いつなるかわかりません。 このページをここまで見たような方ですと、正直この問題を放置しておくと後々更に悪化する可能性が高いと思います。 親が更に高齢化• 自分自身の空白期間の増加• 体力の低下• 貯金の目減り などなど。 時間の経過と共に、どんどんジリ貧になります…。 今自分自身の状況に危機感をもったのであれば、今、そう今解決すべく動いておいたほうがいいと思います。 何の対策も作戦も立てておかないと、ある日突然状況が変わったときにどうしようもなくなってしまいます。 シンプルに考えるのであれば、お金です。 とにかく お金さえあれば、人生における9割以上の問題が解決できます。 貴方は、もっとお金を稼ぐことにこだわるべきかもしれません。 無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます! 無職となると収入もなくなってしまうため、 「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。 失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。 ですが 最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています! 外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。 特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。 ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。 Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。 不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。 他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。 この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、 東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です。 私も何度も換金していますし、安心して利用できます。 FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。 稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。 gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、 スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

次の