乳癌ブログ あっさん。 '07・8・13 食生活改革・実践する意思と、仲間の支え

ガンの時間

乳癌ブログ あっさん

なんか匂いがしますです・・・ シルバーダップルの性格は実際どう? レアちゃんは非常におっとりしています。 最初迎え入れたルナちゃんはカニンヘンダックスのレッド、非常に大人しく可愛い子だなーと思い、迎え入れましたが、静かだったのは一日だけ。 猫を被っていました・・・ レアちゃんはそんなことなさそうな感じです。 シルバーダップルって病気が多いんじゃないの?寿命は大丈夫? 正直、遺伝による病気が多いというのは事実です。 この子は幸い現状は健康ですが、これからどうなるかはわかりません。 なので、保険にはしっかりと入っておきました。 ダップルちゃんを生み出す場合は片親が純粋な色のワンちゃん、 もう一人の親がダップルのワンちゃんという形でなければなりません。 稀に、ひどいブリーダーさんだと、両親がどちらもダップルという場合があるそうなので、もし迎え入れる場合は親のチェックが必須です。 両親がどちらもダップルだと半致死遺伝子というのを持ち、先天的な障害を持って生まれたり、病気の発病率が格段に高くなるそうです。 うちのレアちゃんの懸念点としては、片目がブルーアイなので、視力が弱い可能性があるということ・・・ 寿命も普通の単色のダックスより短いとは言われますが、 家族の一員として、大事に育てていきたいなと思っています。 これから家族ネタもどしどし投稿していきたいと思います! 逆にどんな話をブログで見たいか?などあればコメントくださいませ。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 ここまでブログを読んでいただきありがとうございます! ちなみにサイトウさんは LINE と メルマガをやっており、 LINE では時事的な情報、人体実験速報、僕自身のブログにはかけないちょっとしたお話を メルマガでは僕自身が 旅をしながらでも月300万稼げるようになったお話をお送りしていきます。 登録しておくと、基本的に ラッキーなことしか起きないようになっております。 LINE (サイトウさんの実験号外速報)の登録はこちらからどうぞ 99%返信します!僕より変じゃない限り!笑 メルマガは下記画像をクリックの上ご登録くださいませ! 僕の人生について描かれた漫画が読めるよ! LINE@に登録後で登録することも可能です! メルマガもLINE もダブルで登録するのがオススメです! 全て同じメルマガの登録フォームとなっておりますので、ご安心くださいませー• どうも サイトウさんです。 コンプレックスラボのひとり所長です。 研究所の所長に似つかわしくない格好ですが、その理由は追伸に書きました。 僕はコンプレックスまみれの状態から、あらゆる自己人体実験を行い、 今では、 旅をしてもしなくても平均 300万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。 なので、このブログはコンプレックスまみれのやつが生まれ変わって、 自分の人生を自由に生きれるようになれるようになったらなと思い、始めたブログです。 コンプレックス破壊 自尊心MAX そんな状態にみんなでなろうぜ!と これがベースにあります。 コンプレックスまみれの状態ってどんな状態かというと、僕を例にあげていうと、 肉体的コンプレックスの数々(ニキビ、天パ、ガリガリ、慢性下痢、発達障害によるコミュ障) そのほかにも、心理的コンプレックスも強く、家庭内での抑圧から起こった人への投影、体罰への恐怖 などがありました。 そんな状態でも、 心理的なコンプレックスは妻にカウンセリングしてもらうことにより、 脳みそや身体的なコンプレックスは自分自身で調べたサプリを使って、自己人体実験することにより、 割と健常人っぽく生活できるようになってきました。 今では、仕事のほとんどを家で行い、 妻とペット3匹(カニンヘンダックス、ダックスとプードルのミックス、シルバーダップルのミニチュアダックス) に囲まれて、家や公園でペットたちと遊ぶ毎日を過ごしたり、 妻と二人でハワイやバリなどのリゾートに行ったり、 思いつきで平日の朝から湘南の海に行ったり、 都内の食べログ上位のお店に突撃して見たりしてます。 と、なんかリア充っぷりをアピールしてますが、 え?なんでそんな状態になれんの?って思う人もいますよね。 普通コンプレックスまみれだったら、陰キャラで、 非リア充な毎日を過ごしてそうなのが普通です。 しかし、 普通に学校行って、 普通に就職して、 普通に働いていたら知り得ない情報ってのは沢山あります。 そういった情報を手に入れるつもりでこのブログを読んでもらいたいのです。 詳しいプロフィールはこちらに書いたので、 読んで見てください。

次の

'07・8・13 食生活改革・実践する意思と、仲間の支え

乳癌ブログ あっさん

Contents• トリプルネガティブとは? 小林麻央さん乳がんについて言われているトリプルネガティブではないかといった推測ですが、トリプルネガティブとはどんな状態の乳がんのことなのでしょうか? トリプルネガティブとは、乳がんに関係している女性ホルモン 「エストロゲン」「プロゲステロン」と細胞の表面にあるたんぱく質「HER2」 に 対する受容体がない乳がんのことを言います。 受容体とは、刺激を感知する物質です。 この受容体がないと 「ハーセプチン」という分子標的薬の効果がありません。 そのため、通常は、 手術と化学療法での治療が一般的な方法となっています。 トリプルネガティブだと通常の乳がんより何が問題なのか? 乳がんの治療はホルモン受容体とHER2受容体が有るか無いかによって選択されます。 普通のがんはどちらかの受容体に反応がみられるため、 有効な治療法が確立されてきます。 しかし、 トリプルネガティブには、この治療法が使えません。 特徴は、 細胞分裂が早いため、進行しやすいがことあります。 乳がんに効果的な ホルモン療法や分子標的薬が使えないので治療方法が限定されるといったことで、一般的なのがんよりも 再発しやすく予後不良になりやすいといわれています。 スポンサードリンク トリプルネガティブの生存率 早期乳がんで発見されれば通常の乳がんと大きな経過の差はないのです。 腫瘍が1cm以下なら完治もできます。 しかし、 トリプルネガティブは進行が速いため、ステージが進んだ状態で発見されることが多いようです。 麻央さんの場合も 1年8カ月もの間、抗がん剤治療が続けられていることからみてかなりステージが進んだ状態での発見だったと考えられます。 腫瘍が大きい場合は 「術前化学療法」を行います。 これは先に化学療法で腫瘍を小さくしてから、切除範囲を狭くできるようにする方法です。 小林麻央さんもこれを行っている途中などだということだと思います。 トリプルネガティブは原因がはっきりしていないため、すべての患者さんに効果がある方法はまだ確立されていません。 そのため、患者さんに効果がある薬剤を手探りで探さなければならないです。 中には 抗がん剤が効きにくい人もいます。 トリプルネガティブとは治療ができない病気といわれていました。 しかし、現在は世界規模で研究が行われており、実際に効果が表れている薬剤も開発されてきています。 あくまで完治後になりますが、生存率は、トリプルネガティブの 完治後5年の生存確率は6割とありました。 これは、完治後に治療をつづけた場合と続けなかった場合が一緒になった生存率です。 治療を受けなければ再発する可能性は50%ともいわれます。 生存確率は半分ということです。 しかし、治療を受ければ再発の可能性は20%まで下がる可能性もあります 効果的な治療がみつかれば、治療を受ければ 5年の生存率は80%まで上がるということです。 抗がん剤治療を続けつといったことデメリットも多くあります。 それに耐えうる体力も残っていなくてはいけません。 スポンサードリンク 抗がん剤の副作用 長く引き続く抗がん剤の副作用は辛く厳しいものです。 抗がん剤の多くは、正常な細胞に比べて細胞分裂を活発に繰り返しているがん細胞を主に攻撃をして細胞自体あるいは細胞の中にある DNAに致命的な障害を及ぼすように作られています。 しかし、 さかんに分裂・増殖をするのは、がん細胞だけではありません。 正常な細胞に対しても攻撃してしまうことがあり、それにより細胞が傷ついて副作用の症状が現れてしまうのです。 正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管粘膜、毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしているため、抗がん剤の作用を受けやすくなります。 造血細胞が傷ついて充分に分裂・増殖できなくなると、赤血球や白血球、血小板などが作られなくなり、 貧血や深刻な感染症、出血などを引き起こしやすくなります。 また、傷ついた正常細胞が毛根細胞であることもあります。 副作用の症状は、 脱毛、・手足のしびれ・しみ・皮膚が硬くなる・膀胱炎・爪の変形や変色・味覚障害 口腔粘膜なら口内炎、 消化管粘膜なら吐き気や下痢・食欲不振・全身倦怠感 感染症・肺炎・腎機能障害、アレルギー反応・発熱・血圧の低下 といったさまざまな症状がでてきます。 特に起こりやすい副作用は 吐き気、脱毛、白血球の減少などです。 副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によって違い、個人差もあります。 小林麻央さんは、すでに抗がん剤治療としては、異例の1年8カ月も続けておられます。 そのことから考えてもかなりの副作用のが出ておられるのではないかと思います。 ま と め トリプルネガティブ乳がんは、若い女性に多いとされています。 日本の患者さんは、トリプルネガティブ乳がんは、 乳がん全体の約10~15%といわれています。 小林麻央さんがそうであるといったとは公表されていませんが、お若いことと抗がん剤がを手探りで探さなければならないといった主旨のことを海老蔵さんがいっておられるので、状況が当てはまるのではないかと思います。 研究が進んでいるのはアメリカですが、日本でも臨床試験が行われている薬剤もあります。 小林麻央さんに効果があるお薬がはやく見つかりますようにお祈り申し上げます。

次の

ガンの時間

乳癌ブログ あっさん

女性がかかるがんとして、一番多いのが乳がんです。 乳がんとは、乳房に出来る悪性腫瘍であり、正確に言えば「乳腺に出来る悪性腫瘍」のことです。 乳がん患者の数は年々増加傾向にあり、2017年のがん罹患数は89,000人を超えています。 統計で言えば女性の11人に1人は乳がんにかかると言われていて、乳がんは私たちにとって身近な疾患なのです。 以前より乳がんが身近に感じられるようになったのは、芸能人のがん告白も大きく影響しているでしょう。 乳がんにかかった芸能人が、闘病ブログを通してがん治療を通した経験をシェアしてくれていることは、乳がん患者や家族にとって心の支えになっています。 がんかもしれないと疑ったときから、がんの告知、手術、抗がん剤治療、術後の様子など、がん患者でしか提供できない情報を包み隠さず発信してくれているブログについてご紹介いたします。 4名の芸能人の乳がん告白、手術・治療・予後の様子 南果歩さん 女優の南果歩さんは2016年2月に人間ドッグにてステージ1のがんが発覚、翌月3月に乳がんの手術を受けました。 その後5回の放射線治療を受け、現在は抗がん剤治療をストップされています。 南さんのがんの発覚から術後治療の経緯、そして抗がん剤をストップしたことについては大きな話題となりました。 南さんご自身で抗がん剤治療をストップしたことと、代替療法をしているという発言から、サプリメントを飲んでいるのではないか、と様々な憶測が飛び交っています。 南さんが抗がん剤治療をストップしたのは、血圧が100から160まで上昇し、降圧剤を飲むことになり、体の変化や投薬に疑問を感じたからだと言われています。 その後セカンドオピニオン、サードオピニオンと相談し、抗がん剤ストップの判断はご自身で決断された結果でした。 がんの発症や術後の経過は人それぞれですし、治療の選択ももちろん個人の自由です。 「このような決断をするケースもある」という一例を見せてくれたのでしょう。 生稲晃子さん 元アイドルの生稲晃子さんは、2011年に乳がんが発覚、早期発見だったのですぐに手術で腫瘍部分を切除し、放射線照射と薬物治療を行っていました。 その後2012年、2013年とがんが再発し切除手術、そして再発防止のために右乳房の全摘出手術、2015年には乳房再建手術を行いました。 生稲さんは、2016年9月より「働き方改革実現会議」の民間議員に選出されてご活躍されています。 生稲さんが、乳がんであることを告白された理由は、多くの女性が初期症状に気づくことと、乳がんの早期発見のためにきちんと定期検診に行ってほしいという願いからでした。 生稲さんのように乳がんが再発するケースももちろんあります。 がんの手術では病巣を取り除いたのちに、まだ体内に残っているかもしれないがん細胞を死滅させるために様々な治療を行います。 それでも残ってしまったがん細胞が成長して転移する場合と、新たながん細胞が発生することでがんになる場合があります。 生稲さんのように、手術をした側の胸やリンパ節に転移して再発する場合もありますが、全く別の場所に転移する場合もあります。 がん細胞は、血液やリンパ液を通して全身に運ばれます。 そのため胸から離れた箇所でもがんが転移してしまうこともあるのです。 乳がんが転移しやすい箇所としては、背骨、骨盤などの骨・肺・肝臓・脳などが挙げられます。 乳がんの手術後は、医師の指示通りに定期検診を行うことが大切です。 手術後10年間は安全確認をする期間だと思って、無理をせずに体を労わりながら生活していくようにしましょう。 麻木久仁子さん 麻木久仁子さんは、2012年ステージ0で乳がんが発見され摘出手術、その後放射線治療、ホルモン治療を受けています。 浅木さんが行った放射線治療は、左右の胸に30回ずつ合計60回の放射線照射、ホルモン治療として1日1回の服薬でした。 ステージ0とは、がん細胞が臓器の表面などの表皮にとどまっている状態のことで、リンパ節などに転移する前の非浸潤性乳がんのことです。 麻木さんは、2010年に脳梗塞を患い、2012年の人間ドックでステージ0の乳がんが見つかっています。 がんの早期発見には検診がいちばんの早道だということをより実感した人が多かったのではないでしょうか。 麻木さんの場合は、もう少し発見が遅れていたら浸潤性乳がんとなっていた可能性がありますので、その後の未来も大きく変わってきます。 麻木さんはステージ0の状態からの乳がん闘病生活でしたが、全ての治療が完了したのは5年後の2017年でした。 山田邦子さん 山田邦子さんは、2007年にテレビ番組『たけしの本当は怖い家庭の医学』に出演されたことがきっかけで胸に違和感を覚え、詳しい検査を受けた結果、左乳房に1つ、右乳房に2つの腫瘍がある乳がんであることが判明しました。 どの段階で手術したかは公表されていないのですが、3つの腫瘍はいずれも小指の先ほどだったことから、ステージは0~1ではないかと言われています。 山田さんは温存手術を2回した後、放射線治療、ホルモン治療を受けています。 山田さんの乳がん治療が終了したのは5年後の2012年、その後は闘病記『大丈夫だよ、がんばろう!』を出版され、同時に乳がん検診の大切さを訴えられています。 山田さんは、全ての女性に対して「乳がんの早期発見は定期検診が大切」ということを強く言われています。 早期発見のためにも定期的に乳がん検診を受けましょう 芸能人の闘病ブログを通してみても、乳がんは人ごとではない病気です。 乳がんを経験した人は、みなさん口を揃えて乳がん検診の大切さを訴えられています。 乳がん患者の数は年々増加傾向にありますが、がんの部位別死亡数としては、乳がん患者は5位です。 これは乳がんにかかる人は多くても、早期発見・早期治療により治る人が多いということを示しています。 また乳がんは世界的にも患者数が多い疾患のため、新しい治療法や新薬の研究が世界中で進められています。 ある程度進行してしまった状態で見つかった乳がんでも、治療方法がたくさんあるのが乳がんの特徴でもあります。 ただし、早期発見であればあるほど、治療の負担も少なく、治療期間も短くなります。 早期発見・早期治療には、専門医によるがん検診が必須になります。 日頃から胸を触ってみるセルフチェックはもちろんのこと、定期的に専門期間で乳がん検診を受けるようにしましょう。

次の