ストーリー メンション と は。 インスタのストーリーでタグ付けする方法(メンション)|アプリ村

Instagramの『メンション』とは?付ける方法やストーリーズ・投稿での使い方、通知の見え方など徹底解説

ストーリー メンション と は

米Facebook傘下のInstagramは6月7日(現地時間)、誰かがストーリーで自分をした画像あるいは動画を、自分のストーリーに取り込める新機能を発表した。 ストーリーでの@メンションは、ユーザーのアカウント名を入力して使うスタンプ。 ストーリーを見たユーザーが@メンションスタンプをタップすると、メンションされたユーザーのプロフィールを見ることができる。 メンションされたユーザーにはDMでその画像/動画のプレビューが届く。 新機能は、このプレビューに「これをあなたのストーリーに追加」というリンクが表示されるようになり(下右図)、これをタップすると画像/動画を自分のストーリーに追加できるというものだ。 追加した画像/動画は、一般のコンテンツ同様にスタンプや文字を追加できる。 メンションしたオリジナル投稿者には、メンションした段階でそのコンテンツが24時間以内に相手によって引用される可能性があると表示される(下左図)。 関連記事• Instagramの「ストーリー」で、フィード上で見つけた他の人の投稿をシェアできるようになった(まずはAndroidアプリで)。 自分の投稿をシェアされたくないユーザーは初期設定で有効になっている設定を無効にする必要がある。 Instagramの24時間で消滅するコンテンツ「ストーリー」で、外部Webサイトへのリンクや「@ユーザー名」でのメンションの追加が可能になり、自動GIFアニメ作成アプリ「Boomerang」の機能が統合された。 Facebook傘下のInstagramで、TwitterやFacebookと同様にフォローしている相手に知られずに相手の投稿やストーリーをミュート(非表示に)できるようになる。 関連リンク•

次の

【Instagram】インスタストーリー「MENTIONS」(メンション)の使い方・通知について

ストーリー メンション と は

インスタでストーリーを利用した絵しりとりが流行 ハッシュタグをつけてストーリーで絵しりとり インスタで流行している絵しりとりは、ハッシュタグに「絵しりとり」をつけて、ストーリーに投稿するものです。 メンションをつけられた人が、前の人が書いた絵からしりとりをしていきます。 自身の絵が完成したら、自身のフォロワーなどにどんどん回していくゲームとなっています。 絵しりとりなどの他にも、ニンジンリレーもインスタで流行っています。 気になる人は下記記事をご覧ください。 阪神の岩貞選手が上手すぎて話題に! 絵しりとりが話題になったのは、阪神の岩貞選手の絵が上手すぎたためです。 阪神といえば、藤浪選手などのコロナウイルスの感染が明らかとなり、暗いニュースばかりが流れていました。 そんな中、選手たちが自分たちは元気だということをアピールするために、このような遊びを始めました。 そして、岩貞選手が書いた「たんぽぽ」の絵が上手すぎると話題になりました。 絵しりとりはストーリーに投稿しているため、今は見ることはできませんが、またどこかで岩貞選手の絵心が発揮できる場所があるかもしれません! 絵しりとりのやり方 自身から始めてみよう 絵しりとりは自身から始めることもできます。 外出自粛ですることがないなどつぶやいている人が多い時に、やってみてはどうでしょうか? まずは、ストーリーズを起動させましょう。 絵がかきやすいように、黒色の背景や白色の背景を撮影or選択します。 そして右上のペンをタップしましょう。 自身から始める場合は、好きなイラスト書いてみましょう。 書き終えたら「完了」をタップします。 メンションは右上の「Aa」またはスタンプから行えます。 今回はAaから行ってみましょう。 「@」を入力すると候補となるユーザーが表示されます。 でてこない場合は、IDを入力し、右上の完了をタップします。 次に右から中央にあるマークをタップしてください。 ハッシュタグのスタンプをタップします。 メンションのスタンプをタップすれば、スタンプでもメンションがつけれます。 「えしりとり」と書いて「完了」をタップします。 後はストーリーに投稿し、メンションをつけられた人が絵しりとりを続けていきます。 このような自粛に関連したストーリーズには「おうち時間」といったスタンプが押されていることが多いです。 おうちスタンプについては下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 まわってきたら次の人に渡す 誰かにメンションをつけられた場合は、次の人に回さなければなりません。 メンション付きのストーリーはDMで通知されているので、右上の紙ヒコーキマークをタップしましょう。 対象となるメッセージを開きます。 「これをストーリーズに追加」をタップします。 親しい友達のみに送信されている場合は、このボタンがないので、スクショをしなければなりません。 ストーリーズの画面で、まわってきた画像をピンチで移動させ、後ろに持っていき、自身の絵をしりとりになるように、書きこみます。 そして、投稿手順と同じように右上の「Aa」or「スタンプ」よりメンションをつけていきます。 「@」に続けて、次に回したい人のユーザー名を入れ、メンションをつけ「完了」をタップします。 次に右から中央にあるマークをタップしてください。 ハッシュタグのスタンプをタップします。 メンションのスタンプをタップすれば、スタンプでもメンションがつけれます。 「えしりとり」と記入し「完了」をタップします。 後はストーリーに投稿し、メンションをつけられた人が絵しりとりを続けていきます。 24時間以内に回さないと消えてしまう 絵しりとりはインスタのストーリーを使って投稿するため、24時間以内に続けないと消えてしまいます。 たくさんの人が続けてきたストーリーの可能性もありますし、注意が必要です。 時間がない場合は、送られてきたストーリーをスクショしておくのがおすすめです。 スクショしておけば、その画像をストーリーに投稿して、自身の絵を書き込めばしりとりを続けることが可能です。 危険性などはあるのか? インスタの絵しりとり事態に危険性はありません。 絵を描いて投稿するだけですから、個人情報などが含まれることはありません。 ただ交友関係でトラブルになる可能性は0とは言えません。 また多くの人にあなたのアカウントが拡散されてしまう可能性もあります。 危険性について、詳しくは下記記事でも紹介していますので、参考にしてください。

次の

Instagramの『メンション』とは?付ける方法やストーリーズ・投稿での使い方、通知の見え方など徹底解説

ストーリー メンション と は

インスタでストーリーを利用した絵しりとりが流行 ハッシュタグをつけてストーリーで絵しりとり インスタで流行している絵しりとりは、ハッシュタグに「絵しりとり」をつけて、ストーリーに投稿するものです。 メンションをつけられた人が、前の人が書いた絵からしりとりをしていきます。 自身の絵が完成したら、自身のフォロワーなどにどんどん回していくゲームとなっています。 絵しりとりなどの他にも、ニンジンリレーもインスタで流行っています。 気になる人は下記記事をご覧ください。 阪神の岩貞選手が上手すぎて話題に! 絵しりとりが話題になったのは、阪神の岩貞選手の絵が上手すぎたためです。 阪神といえば、藤浪選手などのコロナウイルスの感染が明らかとなり、暗いニュースばかりが流れていました。 そんな中、選手たちが自分たちは元気だということをアピールするために、このような遊びを始めました。 そして、岩貞選手が書いた「たんぽぽ」の絵が上手すぎると話題になりました。 絵しりとりはストーリーに投稿しているため、今は見ることはできませんが、またどこかで岩貞選手の絵心が発揮できる場所があるかもしれません! 絵しりとりのやり方 自身から始めてみよう 絵しりとりは自身から始めることもできます。 外出自粛ですることがないなどつぶやいている人が多い時に、やってみてはどうでしょうか? まずは、ストーリーズを起動させましょう。 絵がかきやすいように、黒色の背景や白色の背景を撮影or選択します。 そして右上のペンをタップしましょう。 自身から始める場合は、好きなイラスト書いてみましょう。 書き終えたら「完了」をタップします。 メンションは右上の「Aa」またはスタンプから行えます。 今回はAaから行ってみましょう。 「@」を入力すると候補となるユーザーが表示されます。 でてこない場合は、IDを入力し、右上の完了をタップします。 次に右から中央にあるマークをタップしてください。 ハッシュタグのスタンプをタップします。 メンションのスタンプをタップすれば、スタンプでもメンションがつけれます。 「えしりとり」と書いて「完了」をタップします。 後はストーリーに投稿し、メンションをつけられた人が絵しりとりを続けていきます。 このような自粛に関連したストーリーズには「おうち時間」といったスタンプが押されていることが多いです。 おうちスタンプについては下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 まわってきたら次の人に渡す 誰かにメンションをつけられた場合は、次の人に回さなければなりません。 メンション付きのストーリーはDMで通知されているので、右上の紙ヒコーキマークをタップしましょう。 対象となるメッセージを開きます。 「これをストーリーズに追加」をタップします。 親しい友達のみに送信されている場合は、このボタンがないので、スクショをしなければなりません。 ストーリーズの画面で、まわってきた画像をピンチで移動させ、後ろに持っていき、自身の絵をしりとりになるように、書きこみます。 そして、投稿手順と同じように右上の「Aa」or「スタンプ」よりメンションをつけていきます。 「@」に続けて、次に回したい人のユーザー名を入れ、メンションをつけ「完了」をタップします。 次に右から中央にあるマークをタップしてください。 ハッシュタグのスタンプをタップします。 メンションのスタンプをタップすれば、スタンプでもメンションがつけれます。 「えしりとり」と記入し「完了」をタップします。 後はストーリーに投稿し、メンションをつけられた人が絵しりとりを続けていきます。 24時間以内に回さないと消えてしまう 絵しりとりはインスタのストーリーを使って投稿するため、24時間以内に続けないと消えてしまいます。 たくさんの人が続けてきたストーリーの可能性もありますし、注意が必要です。 時間がない場合は、送られてきたストーリーをスクショしておくのがおすすめです。 スクショしておけば、その画像をストーリーに投稿して、自身の絵を書き込めばしりとりを続けることが可能です。 危険性などはあるのか? インスタの絵しりとり事態に危険性はありません。 絵を描いて投稿するだけですから、個人情報などが含まれることはありません。 ただ交友関係でトラブルになる可能性は0とは言えません。 また多くの人にあなたのアカウントが拡散されてしまう可能性もあります。 危険性について、詳しくは下記記事でも紹介していますので、参考にしてください。

次の