リマインダー カレンダー。 Windows10の標準機能でコルタナリマインダーを使うには

リマインダーが同期しない

リマインダー カレンダー

iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」アプリ。 remind(=思い出させる)という名の通り、やらなければならないことを通知してくれる便利なアプリです。 2019年にリリースされた 「iOS 13」ではリマインダーが全面リニューアルし、より多機能になりました。 この記事では、 「リマインダーに興味があるけど活用方法がわからない」「使いこなしている人はどう使っているのか具体的に知りたい」という方向けに、仕事や家庭での使用例をご紹介。 筆者もリマインダーを何年も使っており、やることの整理や忘れ物防止などに役立てています。 リマインダーを使いこなすためのコツを覚えて、もっと便利に活用しましょう。 こちらの画像は複数のリスト(カテゴリのようなもの)を表示させているシーン。 仕事と家庭でリストを分けるなどの活用ができます。 利用シーン別、具体的な使用例 それでは次に、実際どのような活用ができるのか、 仕事と プライベートの2つに大きく分けて具体的な使用例をご紹介します。 「この例は私にも当てはまるな」と思えるものが見つかると思うので、一通り眺めてみてください。 仕事での活用例 以下のようなシチュエーションでリマインダーが活用できます。 電話連絡や経費精算などを忘れないように通知 会議や外回りなど、きっちり時間をとって行うタイプの仕事はカレンダーを使って管理できます。 一方で電話・報告・雑務など2〜3分で終わるようなタスクだってたくさんあるはずですよね。 そういった細かい作業はカレンダーでスケジューリングできないので、リマインダーにメモすることで忘れないようにできます。 ここで[リマインダー]にチェックが入っていれば同期する設定になっています。 逆にここをオフにすれば、同期しません。 デバイスごとにリマインダーの内容を分離させたいなら、あえてオフにすると良いでしょう。 会議中でスマホが触りづらいとき、PCから確認する 会議中など、状況によってはiPhoneを取り出してポチポチしづらい場面もあるでしょう。 そういった場合はPCからリマインダーを使うのがおすすめ。 Macであれば最初からリマインダーアプリが入っており、Windowsの場合はWebブラウザからリマインダーにアクセスして操作します。 リマインダーは文字を入力するツールなので、スマホよりPCのキーボードから字を打つほうがラクだという方にもおすすめ。 バッジはアプリアイコン右上に点灯する赤い数字のこと。 GoogleタスクやGoogle カレンダーとは同期できない Google カレンダーは予定管理ツールとして非常に人気が高く、またカレンダー内でタスクを設定する機能も用意されています。 しかし、iPhoneのリマインダーは基本的にAppleデバイスの中で完結するので、Googleのサービスと連携・同期することはできません。 細かい「やりたいこと・やるべきこと」を抜かりなく実行させてくれる 使ってみるとわかりますが、iPhoneのリマインダーは他社のリマインダーと比べてシンプルで、さほど凝った機能はありません。 その分 動作は超軽量で、とにかく気軽に使いやすいです。 筆者もやりたいこと・やるべきことをリマインダーに入力していますが、メリットは忘れ物が減るだけではありません。 タスクを自分で記憶・注意しておく必要がないので、意識的にもラクになります。 こちらの記事もおすすめ.

次の

無料で「WeNote

リマインダー カレンダー

リマインダーで仕事の「やり忘れ」を確実に防ごう! ついつい忘れてしまったり、先延ばしにしてしまったりする仕事って少なくありませんよね。 そんな仕事を忘れないために便利なのが「リマインダー」です。 リマインダーとは「思い出させてくれること」を意味する英語ですが、IT用語では「あらかじめ設定した日時にメールなどで予定を通知してくれる機能やサービス」のことを指します。 今回は、数あるリマインダーサービスの中から、「Googleカレンダー」(グーグルカレンダー)のリマインダー機能の使い方を紹介します。 Googleカレンダーでスケジュールを管理している人はかなりの数にのぼりますが、その中でリマインダー機能を使っているという人は、まだまだ全然少ない印象です。 本来ならリマインダーとしてカレンダーに登録すべきものを、「通常の予定」としてカレンダーに設定している人も多いのではないでしょうか。 ただ、通常の予定として設定されたリマインダーは、やり忘れたり先延ばししたりしても再通知は行われません。 これではどうしても、仕事の「やり忘れ」や「漏れ」が発生してしまいます。 Googleカレンダーのリマインダー機能を正しく使えば、 未完了のタスクは翌日以降も毎日カレンダーに表示され続けるので、リマインダーに設定してある仕事をやり忘れる危険はかなり少なくなります。 Googleカレンダーを使っているのであれば、ぜひGoogleカレンダーのリマインダー機能の使い方をマスターしておきましょう。 Googleカレンダーのリマインダー機能の使い方 1リマインダーを設定したい時間帯をクリックする Googleカレンダーを表示して、リマインダーを設定したい時間帯をクリックします。 2予定の入力画面が表示された 新しい予定の入力画面が表示されたら、[リマインダー]をクリックします。 Googleカレンダーの画面の右下にある[+]アイコンをタップすると、上の画面のように新規予定の種類を選べる画面が表示されます。 この画面で[リマインダー]をタップして、リマインダーの内容を設定すればOKです。 3リマインダーの内容を設定する 新しいリマインダーの入力画面に切り替わったら、リマインダーの件名(内容)を入力します。 通知が表示される時間や繰り返しの設定を確認のうえ、[保存]ボタンをクリックします。 4カレンダーにリマインダーを設定できた カレンダーにリマインダーが登録されました。 5リマインダーの日時に通知が表示される リマインダーの時間になると、通常の予定と同じく、上の画面のような通知アラートが表示されます。 ただこれは、通常の予定と同じ単なる通知です。 そのため、この通知画面で[OK] ボタンをクリックしても、リマインダーの内容を完了させることにはなりません。 上の画面にあるように、 Googleカレンダーのリマインダー機能には独自の通知機能がないため、リマインダーの予定日時になっても特別な通知は行われません。 上の手順で解説したように、そのほかの予定と同じ通知アラートが表示されるだけです。 Googleカレンダーでリマインダーを対応済みにする(完了する)には、この先の手順で解説する「ひと手間」が必要です。 このひと手間(操作)を行うことで、予定していたタスクを完了したことが自分の意識にも刷り込まれるのです。 リマインダーを完了する方法 6リマインダーを完了済みにする リマインダーを完了するには、カレンダー上のリマインダーをクリックして、表示される画面で[完了とする]をクリックします。 7リマインダーが完了済みの状態に変わった リマインダーが終日予定のエリアに移動し、文字に取り消し線が引かれて、対応済みの状態になりました。 この操作を行って完了させないと、設定していたリマインダーが完了したことにはなりません。 未完了のままのリマインダーは、完了操作を行うまで、「未完了のリマインダー」として次の日の終日予定に移動します。 完了したリマインダーは、必ず上記の「ひと手間」をかけて完了の操作を行うようにしましょう。 close 閉じる.

次の

Googleカレンダーの「リマインダー」と「ToDoリスト」何がどう違う?

リマインダー カレンダー

iPhoneやMacなどApple製品に初期搭載されているアプリのリマインダー。 使い方がわかるとても便利なアプリの一つですが、アプリ自体は知っているけれどよく使い方がわからなくて使っていないという方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなリマインダーアプリがどのようなアプリなのかや基本的な使い方などをご紹介していきたいと思います。 apple. リマインダーアプリを簡単に説明すると日々行うタスクを設定し管理することができるアプリのことを言います。 例えば今日何かしなければいけないことがあった場合に、それを登録しておくことにより本日行う事項を全てリスト化することができます。 また完了したタスクについてはタスクをタップするだけで完了済みになり消すことができますから、まだ残っているタスクが一目でわかりシンプルでとても使いやすいです。 リマインダーアプリは日常の生活のタスク管理から仕事での利用も行うことができるので、使いこなすととても便利なアプリと言えると思います。 またリマインダーアプリではタスクを登録しておくことにより設定した時間に通知してくれる機能もありますので、登録した項目を忘れてしまうということも防ぐことができます。 リストとリマインダーについて リマインダーアプリの中にも「リスト」と「リマインダー」という機能があります。 ここではリストとリマインダーの違いについてご紹介します。 まずリストというのはアプリの中でフォルダのような役割を果たします。 リマインダーアプリを使用することによりタスクを登録することができますが、そのタスクを大カテゴリで括ることができます。 例えばリストとして「今日やること」や「購入するもの」と登録し、そのリストの中にタスクを登録していくというイメージです。 そしてリマインダーというのはここまでで記述してきたタスクのことを指します。 タスクのことをリマインダーと呼んでいるので、リストの中にリマインダーがあるというようなイメージです。 リストを用途ごとに作成しておくことにより、リマインダーも見やすくなりますのでリストを複数個作っておき、リスト別でリマインダーを管理することがおすすめです。 リマインダーアプリの基本的な使い方 ここではリマインダーアプリの基本的な使い方についてご紹介していきます。 基本的には新規のリマインダーを作成し管理するだけなので、使い方がわかればとても簡単なんです。 新規作成 リストとリマインダーの新規作成方法はとても簡単なので下記の手順で行って見てください。 (色はそのリストのイメージカラーなので好きなものを選択して大丈夫です。 リマインダーの詳細設定について リマインダー作成時に詳細設定をすることにより、時間指定や場所指定などを設定することができるので、この時間に通知を行うであったり、指定した場所の近くを通った際に通知するなど様々な詳細設定をすることができるのでとても便利なんです。 また毎週行うリマインダーについては通知を繰り返しにしておくことにより毎週同じ曜日に通知をしてくれるのでタスク忘れ防止にもつながります。 また「指定場所で通知」をオンにすることにより、その場所にいる時にリマインダーを通知してくれます。 その他に優先順位やどのリストに入れるか、そのリマインダーに対するメモ書きなどすることができます。 リストを共有する リマインダーアプリで作成したリストは自分が持っている他の端末はもちろんですが、家族や会社などで共有することができます。 リマインダーを共有することにより、共有した相手がすぐに作成したリマインダーの内容を確認することができます。 例えば会社内で行わなければいけない仕事のタスクをチームで共有したりすることができるのでとても便利です。 カレンダーとの同期について リマインダーアプリはただリマインダー登録し、日々のタスクを管理するというだけでなくiPhone純正のカレンダーやGoogleカレンダーとの同期を行うことができます。 リマインダーアプリとカレンダーを同期することにより、カレンダーアプリに登録しているリマインダーが表示されますので、より日々行うタスクを明確化することができます。 カレンダーとリマインダーの同期方法としてはどちらもiCloudを経由し利用しているのであれば自動的に同期が行われますのでとても便利なんです。 なおiCloudを利用していない場合には純正のカレンダーとは自動で同期を行うことができません。 ここではGoogleカレンダーと純正のカレンダーを同期をさせる事でリマインダーにも反映させるやり方をご説明します。 具体的な手順については下記の方法となりますのでぜひ試してみてください。 google. com」と入力し、Googleのユーザー名とPWを入力し次へタップします。 iPhoneやiPadを利用されてる方であればiCloud経由で同期させる方法が一番スムーズですのでオススメです! まとめ いかがでしたでしょうか?今回はApple製品に標準搭載されているアプリのリマインダーについて解説してきました。 リマインダーを使いこなすことにより日々のタスクをリスト化することができるので、タスクの行う忘れなども減りとても便利なんです。 まだ使ったことがないという方は是非これを機に使用してみてくださいね!.

次の