小 規模 事業 者 持続 化 給付 金。 大田区ホームページ:中小企業・小規模事業者向けの補助金・給付金(「持続化給付金」「東京都感染拡大防止協力金」を含む新型コロナウイルス感染症関連)

中小企業・小規模事業者向けの補助金・給付金(「持続化給付金」「東京都感染拡大防止協力金」を含む新型コロナウイルス感染症関連) 大田区

小 規模 事業 者 持続 化 給付 金

2020年6月26日 を公表しました。 2020年6月15日 公募要領「第6版」を公表しました。 2020年6月3日 を掲載しました。 2020年5月22日 公募要領「第5版」を公表しました。 事業再開枠(感染防止対策のための取組)」に関する申請の手引き を公表しました。 2020年5月22日 第1回受付締切分を公開しました。 を公開しました。 2020年4月30日 公募要領「第4版」における本文中の参照ページ表記等を一部修正しました。 2020年4月27日 公募要領「第4版」を公表しました。 2020年4月15日 公募要領「第3版」を公表しました。 <第2版からの主な変更点> ・補助金電子申請システム(名称:Jグランツ)の利用が可能となりました。 2020年4月15日 本事業の申請にインターネットを利用して申請・届出をする電子申請システムとして、補助金申請システム(名称:Jグランツ)がご利用できるようになりました。 *電子申請をご利用の際には〔〕を必ずご確認ください。 2020年3月27日 公募要領「第2版」を公表しました。 ただし、追加提出の期限は「4月7日(火)【最終日当日消印有効】」とします。 *証明書を追加提出される際は、送付時の封筒の表に「売上減少証明書(追加提出)在中」とお書きください。 2020年3月13日 申請受付を開始しました。 公募要領や申請書式(応募にあたり記入が必要な書類の様式) は、内に掲載されていますのでそちらから取得してください。 2020年3月12日 公募要領P. 54(8.事業実施期限等)の第1回受付締切分における各期限日を修正します。 *補助金の応募に係る各種ルールを記載しています。 応募をご検討される方は必ずご確認ください。 )が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。 ・本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、 それに要する経費の一部を補助するものです。 〇事業再開枠 ・<一般型>にあわせて、事業者が事業再開に向け、業種別ガイドライン等に照らして事業を継続する上で必要最小限の感染防止対策を行う取組について補助するものです。 ・加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる施設で事業を実施する事業者(特例事業者)については、さらに上限を50万円上乗せします。 〇計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

次の

中小企業・小規模事業者が受け取れる給付金・協力金・支援金(新型コロナ経済対策)

小 規模 事業 者 持続 化 給付 金

2020年6月26日 を公表しました。 2020年6月15日 公募要領「第6版」を公表しました。 2020年6月3日 を掲載しました。 2020年5月22日 公募要領「第5版」を公表しました。 事業再開枠(感染防止対策のための取組)」に関する申請の手引き を公表しました。 2020年5月22日 第1回受付締切分を公開しました。 を公開しました。 2020年4月30日 公募要領「第4版」における本文中の参照ページ表記等を一部修正しました。 2020年4月27日 公募要領「第4版」を公表しました。 2020年4月15日 公募要領「第3版」を公表しました。 <第2版からの主な変更点> ・補助金電子申請システム(名称:Jグランツ)の利用が可能となりました。 2020年4月15日 本事業の申請にインターネットを利用して申請・届出をする電子申請システムとして、補助金申請システム(名称:Jグランツ)がご利用できるようになりました。 *電子申請をご利用の際には〔〕を必ずご確認ください。 2020年3月27日 公募要領「第2版」を公表しました。 ただし、追加提出の期限は「4月7日(火)【最終日当日消印有効】」とします。 *証明書を追加提出される際は、送付時の封筒の表に「売上減少証明書(追加提出)在中」とお書きください。 2020年3月13日 申請受付を開始しました。 公募要領や申請書式(応募にあたり記入が必要な書類の様式) は、内に掲載されていますのでそちらから取得してください。 2020年3月12日 公募要領P. 54(8.事業実施期限等)の第1回受付締切分における各期限日を修正します。 *補助金の応募に係る各種ルールを記載しています。 応募をご検討される方は必ずご確認ください。 )が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。 ・本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、 それに要する経費の一部を補助するものです。 〇事業再開枠 ・<一般型>にあわせて、事業者が事業再開に向け、業種別ガイドライン等に照らして事業を継続する上で必要最小限の感染防止対策を行う取組について補助するものです。 ・加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる施設で事業を実施する事業者(特例事業者)については、さらに上限を50万円上乗せします。 〇計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

次の

小規模事業者持続化補助金に係る市発行の証明書の申請について(売上減少証明書・特定創業支援等事業)

小 規模 事業 者 持続 化 給付 金

産業・事業者 小規模事業者持続化補助金に係る市発行の証明書の申請について(売上減少証明書・特定創業支援等事業) 2020年06月18日掲載 国の補助制度である小規模事業者持続化補助金の申請について、本補助金の公募要領に基づき、市で「売上減少の証明申請」及び「認定特定創業支援等事業による支援を受けたことの証明書」を受け付けます。 <本補助金は、審査で採択された場合、対象経費の一部を国が補助する制度であり、持続化給付金とは別の制度になります。 > 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明について 市では、小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の申請にあたり、新型コロナウイルス感染症に起因して、前年同月比で20%以上の売上減となった事業者につきまして、「売上減少証明書」を発行いたします。 また、売上減少を証明する書類として、本ページでご案内する証明申請のほか、セーフティネット保証4号認定書(新型コロナウイルス感染症を原因とするもの。 写し可。 もご利用できます。 証明書発行要件 令和2年2月以降の任意の1か月と、前年同月を比較。 なお、創業1年未満のため、前年同月との比較ができない場合は、創業後申請する月の前月までの間の任意の連続する3か月間の月平均売上高(A)と当該期間の最終月(B)または当該期間以降の任意の1か月(C)の売上高との比較により対応いただけます。 ただし、B またはC については、令和2年2月以降である必要があります。 <一般型>第2回受付締切をもって、新型コロナウイルス感染症加点措置は終了しました。 <コロナ特別対応型>20%以上の売上減少の証明。 補助金の概算払いのための制度です。 詳細は各補助金事務局のウェブサイトにより、公募要領をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書• Word 34KB• PDF 60KB 金融機関等に委任する場合は、委任状が必要となります。 Word 12KB• PDF 24KB 特定創業支援等事業の支援を受けた小規模事業者について 小規模事業者持続化補助金の補助上限額の引上げを希望する場合には、申請時に、市が発行する「認定特定創業支援等事業による支援を受けたことの証明書」の添付が必要となります。 本証明書の発行を希望する場合には、下記のページを参照し、産業政策課まで提出してください。 小規模事業者持続化補助金とは 令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型> 小規模事業者の商品開発や販路開拓等のための取組を支援するための補助金です。 補助金の相談窓口(市内) 富士商工会議所または富士市商工会へお問い合わせください。

次の