クロエ ガンダム。 【悲報】クロエ・ルメールさん、忘れられる

Gジェネレーションジェネシス攻略 隠し機体、キャラクターの入手条件まとめ!Gセルフ、光の結晶体 SDガンダム ジージェネ

クロエ ガンダム

クレジットカード VISA MASTERCARD Diners JCB アメリカン・エキスプレス• コンビニ決済 決済完了後、メールにて支払いに必要な番号等が送信されます。 それらの支払い情報を元に、全国のコンビニにてお支払いいただけます。 決済手数料220円で送料は別途発生します• 代金引換 決済手数料 330円(加算)を別途加算させて頂きます。 商品到着時に配達員にお支払い頂く方法です。 尚、お支払方法は現金のみとなります。 銀行振込 「楽天銀行」「ゆうちょ銀行」 手数料はご負担下さいませ。 paidy決済 1ヶ月分のご利用料金を、まとめて翌月10日までに、 お支払いいただくサービスです。 詳細につきましては、「」ページをご確認ください。 Amazon Pay Amazonアカウントでログインするだけで、Amazonに登録済みの 住所やクレジットカード情報で注文できます。 ポイントは1P=1円としてご利用いただけます。 [古物商許可証] 愛知県公安委員会 第541221202700号取得 株式会社フルアヘッド• 在庫管理は行っておりますが、他モールと在庫共有をしており販売等で商品が稀に欠品する恐れがございます。 その際の対応(お取引のキャンセル等)はメールにてご案内させて頂きます。 配送手続きや入金確認作業等は営業時間内に行っております。 予めご了承くださいませ。 万が一、遅れる場合は改めてご連絡させていただきます。 重ねてご了承くださいませ。 メールの届かない場合は、お手数をお掛け致しますがご連絡をお願いいたします。

次の

機動戦士ガンダム サイドストーリーズ

クロエ ガンダム

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ [ ] ここには、を世界観とする舞台に登場する人物を挙げる。 機動戦士ガンダム [ ] ここには、および『』の登場人物を挙げる。 小説版『機動戦士ガンダム』シリーズ(1〜3巻)にのみ登場する人物は含まれない。 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アントニオ・カラス• ウッディ・マルデン• エルラン• カミラ• コーリン• ゴップ• ジュダック• モスク・ハン• リード• ワッケイン ()• オスカ・ダブリン• オムル・ハング• キッカ・キタモト• キムラ• サンマロ• ジョブ・ジョン• (アルテイシア・ソム・ダイクン)• タムラ• パオロ・カシアス• ハワド• バンマス• フムラウ• マーカー・クラン• マクシミリアン• マサキ• レツ・コ・ファン• ロウル 軍 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アサクラ• ガデム• カヤハワ• カンプ• ギャル• ククルス・ドアン• クワラン• ケージ• コワル• コンスコン• (本編未登場)• ジオン・ズム・ダイクン• ジョイス• ジンバ・ラル• セシリア・アイリーン• ダルシア・バハロ• トレノフ・Y・ミノフスキー• トワニング• (本編未登場)• バロム• フランシィ• フラナガン• マイヤー• ラコック• リオ・マリーニ• ロス ジオン公国軍(シャア・アズナブル少佐旗下)• クラウン• ジーン• ジェイキュー• (キャスバル・レム・ダイクン、エドワウ・マス)• スレンダー• デニム• ドレン• フィックス• マチュウ ジオン公国軍(シャア・アズナブル大佐旗下)• シムス・アル・バハロフ• デミトリー• トクワン• バタシャム• マリガン• ジオン公国軍()• イワノフ• カラハ• キャリオカ• クラフト• コーカ・ラサ• ゴダール• コノリー• ジッタル• フラナガン・ブーン• ボラスキニフ• マーシー• マジソン• ラムジ• リー・ホワン ジオン公国軍(ランバ・ラル大尉旗下)• アコース• イリューシン• ギーン• クランプ• コズン・グラハム• サグレド• ステッチ• ゼイガン• トルガン• マイル• ミサキ• ジオン公国軍(マ・クベ大佐旗下)• ウラガン• オルテガ()• ガイア(黒い三連星)• クリンク• デラミン• バイス• ヘイブ• マーチ• マッシュ(黒い三連星)• ラング ジオン公国軍(ガルマ・ザビ大佐旗下)• ガバラ• ゲビル• ダロタ• バイソン• バムロ• ハンブル• ビービ 民間人・その他 登場人物に関してはを参照。 イセリナ・エッシェンバッハ• エッシェンバッハ• カマリア・レイ• カムラン・ブルーム• コーリー• コミリー• コミリーの母(おばさん)• ジル・ラトキエ• スミス• ファム・ボゥ• フラウ・ボゥの祖父• ペルガミノ• ペルシア• ミハル・ラトキエ• ミリー・ラトキエ• ロラン・チュアン モビルスーツバリエーション(MSV) [ ] ここには、プラモデル企画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• ギャリー・ロジャース• フランシス・バックマイヤー ジオン公国軍• アルフレディーノ・ラム• イアン・グレーデン• エリオット・レム• エリック・マンスフィールド• カーミック・ロム• ギャビー・ハザード• キリー・ギャレット• サイラス・ロック• ジェラルド・サカイ• ジョニー・ライデン• シン・マツナガ• トーマス・クルツ• ビリー・ウォン・ダイク• フランク・ベルナール• フレデリック・クランベリー• マサヤ・ナカガワ• マルロ・ガイム• ロイ・グリンウッド• ロバート・ギリアム MS-X [ ] ここには、プラモデル企画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• デン・バザーク ジオン公国軍• ダル 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑 [ ] ここには、書籍『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• サミュエラ• シャルル・キッシンガム• ダグラス・ベーダー• テキサン・ディミトリー• テネス・A・ユング• デリス・ハノーバー• ハインツ・ベア• パウルス• バッフェ• ビク・ハボクック• フランクリン・ノボトニー• マイーア・パゾク• ミヤ・サミエック• リド・ウォルフ• ロドニー・カニンガン• ロン・コウ ジオン公国軍• エーリッヒ・ハルトマン• キリング・J・ダニガン• グレニス・エスコット• ジョン・クエスト• ノルディット・バウアー• ブレニフ・オグス• ヘルムート・ルッツ• ロイ・ジューコフ GUNDAM THE RIDE [ ] ここには、劇場アトラクション『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アダム・スティングレイ• アヤ・スワンポート• ジャック・ベアード• トーマス• 機動戦士ガンダム(その他の作品) [ ] 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 死にゆく者たちへの祈り [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• サナ・ニマ• ダバ・ソイ• ノクト・ガディッシュ• ボルク・クライ ジオン公国軍• サキ・グラハム• ヘンリー・ブーン• マーチン・ハガー• レイ・ハミルトン• レスタ・キャロット 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アルフ・カムラ• エミリー・バウアー・マイスター(漫画版のみ)• サマナ・フュリス• ジェームズ(小説版のみ)• パク(小説版、漫画版のみ)• フィリップ・ヒューズ• モーリン・キタムラ• ユウ・カジマ• ロゴージン(小説版のみ) ジオン公国軍• アブラハム(漫画版のみ)• グロス(漫画版のみ)• ニムバス・シュターゼン• レイバン(漫画版のみ) フラナガン機関• クルスト・モーゼス• マリオン・ウェルチ 機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で… [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニタ・ジュリアン• スタンリー・ホーキンス• バックス・バック• ボブ・ロック• マクシミリアン・バーガー• マスター・ピース・レイヤー• レオン・リーフェイ ジオン公国軍• アリソン・ハニガン(小説版のみ)• ヴィッシュ・ドナヒュー• ウォルター・カーティス• エイドリアン(小説版のみ)• 逆木(サカキ)(小説版のみ)• 三枝(サエグサ)(小説版のみ)• ジョコンダ・ウィリス(小説版のみ)• タイソン(小説版のみ)• ティナ・デュバル(小説版のみ)• ニアーライト(小説版のみ)• マヤ・コイズミ(小説版のみ)• ユライア・ヒープ(小説版のみ) ガンダムバトルオンライン [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• ウィル・フレッド• バーラム・トライバル• リサ・プリスキン ジオン公国軍• ウォルフ・ランサム• ネディ・アエージャ• ノルド・ランゲル ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• エイガー• サカキ(小説版のみ) ジオン公国軍• ゲラート・シュマイザー• サンドラ• シャルロッテ・ヘープナー• ソフィ・フラン• ニッキ・ロベルト• マット・オースティン• マニング• リィ・スワガー• ル・ローア• レンチェフ 機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニー・ブレビック• アニッシュ・ロフマン• ノエル・アンダーソン• マット・ヒーリィ(小説版、漫画版のみ)• ラリー・ラドリー• レーチェル・ミルスティーン ジオン公国軍• ウォルター・カーティス(小説版のみ)• ガースキー・シノビエフ• クローディア(小説版のみ)• クロード(小説版のみ)• ケン・ビーダーシュタット(小説版、漫画版のみ)• ジェイク・ガンス• ジェーン・コンティ• ダグラス・ローデン• メイ・カーウィン• ユウキ・ナカサト 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに… [ ] ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画・小説『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニー・ブレビック(小説版、漫画版のみ)• キルスティン・ロンバート• フォルド・ロムフェロー• ミユ・タキザワ• ルース・カッセル ジオン公国軍• ギュスター・パイパー• ノルド・ランゲル(漫画版、小説版のみ)• マレット・サンギーヌ(漫画版、小説版のみ)• ユイマン・カーライル• リリア・フローベール 機動戦士ガンダム戦記 [ ] ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画『機動戦士ガンダム戦記U. 0081-水天の涙-』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• カマル・クマル• ゴドウィン・ダレル• シェリー・アスリン(タチアナ・デーア)• ハイメ・カルモナ• ヒュー・カーター• ボブ・ロック• マオ・リャン• ユーグ・クーロ• ロブ・ハートレイ ジオン公国軍• アイロス・バーデ• エリク・ブランケ• オットー・アイヒマン• グスタ・エーベル• クリスト・デーア• ヒルダ・ニーチェ• フィリーネ・エステル• ブリッツ・バウアー• ロルフ・アーレンス 機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン [ ] ここには、アーケードゲーム『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍• カート・ラズウェル• ロビン・ブラッドジョー 地球連邦軍• セバスチャン・クリエ• タカシ・キタモト• ナオ・ジェシカ・パーカー• バリー・バルザリー• ファレル・イーハ 機動戦士ガンダム MS戦線0079 [ ] ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アラン・アイルワード• デニス・バロウ• ホア・ブランシェット• リル・ソマーズ ジオン公国軍• アン・フリーベリ• クラウス・ベルトラン• トルド・ボブロフ• レオ・ブラウアー 機動戦士ガンダム クライマックスU. [ ] ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU. 紡がれし血統』の登場人物を挙げる。 第一世代• エレン・ロシュフィル• カムナ・タチバナ• ザック・ウィンザー (漫画版のみ)• シャーリー・ラムゼイ• ナギサ・フローリン• ニシバ・タチバナ (漫画版のみ)• パミル・マクダミル 第二世代• エイギス・ヴェラクルス• シュン・タチバナ(シュテイン・バニィール)(名前は漫画版にのみ設定)• ナナ・タチバナ (名前は漫画版にのみ設定) 機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍 ムサイ級ルーチュ所属ストレット隊• エリザ・ヘブン伍長• ストレット少尉• ルンゴ・ブラッキュ中尉 その他• クラン・C少尉• ウンナ大尉 地球連邦軍 マゼラン級トーチタス• イライザ・オロマ中佐• ウィッシュ上等兵• キム曹長• ケイモス・サト曹長• サカキ少尉• ナダ・チノミ中尉• フォリーナ• フュゼ副長• アン曹長 その他• ティアンム中将• 民間人 コロニー公社• ゼイン• ザジル• ザビオ• トウコ• ライア Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ホシオカ工場• オバちゃん• おじいちゃん• ゲンザブロウ・ホシオカ• ミオン・ホシオカ• ヤス・ニシカワ ジオニック• エリオット・レム• テオ・パジトノフ ジオン公国• ギレン・ザビ 魔法の少尉ブラスターマリ [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍• マリコ・スターマイン ブラスターマリ• マイケル・スターマイン• 赤い彗星のひと キャスバル・レム・ダイクン 民間人• メアリ・ハートレー• バン・スターマイン• ダイ・スターマイン Gの影忍 [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 リョウガ• 星雲斎• スザク• サジリ• 不死身のクグツ• 苦念坊• 死念坊• タロウザ• 槍の斬牙• ヒュウガ• 十文字• コウリュウ• アシュラ• シビト• スイコ• 猿(ましら)三兄弟• 尾張のアカギ• 不動のオガミ• 飛翔鬼ヤシャ• ミミザル• ハナザル• メザル ジオン公国軍• エマリー• ハウエル• シンプソン• ネオ・ジオン• シャア・アズナブル その他• リクオー• 加代 機動戦士ガンダム サンダーボルト [ ] ここには、漫画及びWebアニメ『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• イオ・フレミング• クローディア・ペール• コーネリアス・カカ• グラハム• ビアンカ・カーライル• ビンセント・パイク• モニカ・ハンフリー ジオン公国軍• ダリル・ローレンツ• フーバー• ショーン・ミダテラ• フィッシャー・ネス• レイトン• カーラ・ミッチャム• J・J・セクストン• バロウズ• クライバー• ビリー・ヒッカム• セバスチャン 南洋同盟• レヴァン・フウ• チャウ・ミン 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 [ ] ここには、『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• クリスチーナ・マッケンジー• スチュアート• ディック・ルムンバ ジオン公国軍• キリング• フォン・ヘルシング• ルーゲンス ジオン公国軍(サイクロプス隊)• アンディ・ストロース• ガブリエル・ラミレス・ガルシア• ハーディ・シュタイナー• バーナード・ワイズマン• ミハイル・カミンスキー 民間人・その他• アルフレッド・イズルハ• イームズ・イズルハ• チェイ• チャーリー• テルコット• ドロシー• ミチコ・イズルハ 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 [ ] ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 また劇場版『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート』やエピローグ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ラスト・リゾート』、本OVAに付随したCDドラマの登場人物も含む。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• アリス・ミラー• イーサン・ライヤー• エレドア・マシス• カレン・ジョシュワ• コジマ• サリー• ジェイコブ• ジダン・ニッカード• ジョニー・ナカミゾ• シロー・アマダ• テリー・サンダースJr. マイク• ミケル・ニノリッチ• ロブ ジオン公国軍• アイナ・サハリン• ギニアス・サハリン• シンシア• トップ• ニエーバ• ノリス・パッカード• バリー• ボーン・アブスト• マサド• ユーリ・ケラーネ• ルネン 民間人・その他• キキ・ロジータ• 少女(キキ)• 少年A(サンダース)• 少年B(エレドア)• 隊長(シロー)• ネスカ・コールマン• ノッポ• バレスト・ロジータ• マリア 機動戦士ガンダム MS IGLOO [ ] ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 ジオン公国軍• アルベルト・シャハト• アレクサンドロ・ヘンメ• ヴェルナー・ホルバイン• エーリッヒ・クリューガー• エルヴィン・キャディラック• オッチナン・シェル• オリヴァー・マイ• ジャン・リュック・デュバル• ジーン・ザビエル• デメジエール・ソンネン• ドメニコ・マルケス• ヒデト・ワシヤ• フランツ・プラント• フリードリッヒ・カッテル• ヘルベルト・フォン・カスペン• マルティン・プロホノウ• モニク・キャディラック• ユルゲン・ヘプナー 地球連邦軍• フェデリコ・ツァリアーノ 機動戦士ガンダム MS IGLOO2 [ ] ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• アリーヌ・ネイズン• ドロバ・クズワヨ• ハーマン・ヤンデル• パパ・シドニー・ルイス• ベン・バーバリー• ミケーレ・コレマッタ• ミロス・カルッピ• レイバン・スラー ジオン公国軍• エルマー・スネル• クライド・ベタニー 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY [ ] ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 本OVAに付随したCDドラマの登場人物も含む。 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 地球連邦軍• アクラム・ハリダ• アリスタイド・ヒューズ• アロイス・モズリー• イワン・パサロフ• ウィリアム・モーリス• グリーン・ワイアット• ジーン・コリニー• ジャクリーヌ・シモン• ジョン・コーウェン• ステファン・ヘボン• チャック・キース• ディック・アレン• ナカッハ・ナカト• ピーター・スコット• マーネリ• モーラ・バシット• ラバン・カークス ジオン公国軍• アサクラ• アダムスキー• ヴィリィ・グラードル• ウォルフガング・ヴァール• カリウス・オットー• クルト• ゲイリー• デトローフ・コッセル• ドライゼ• ノイエン・ビッター• ボブ アクシズ(ネオ・ジオン)• ユーリー・ハスラー 民間人(アナハイム・エレクトロニクス含む)• オサリバン• クレナ・ハクセル• ニック・オービル• ポーラ・ギリッシュ• ラトーラ・チャプラ• ルセット・オデビー 機動戦士ガンダム ファントム・ブレット [ ] ここには、雑誌企画『機動戦士ガンダム ファントム・ブレット』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• ジャック・ベアード ジオン公国軍• 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アブ・ダビア(小説版、劇場版のみ)• アポリー・ベイ• アンナ・ハンナ• サエグサ• サマーン• シーサー• シンタ• トーレス• トラジャ・トラジャ• トリッパー• ハサン• バッチ• ブレックス・フォーラ• ボティ• マナック• ロベルト• アジス・アジバ• アドル・ゼノ• カクリコン・カクーラー• ガディ・キンゼー• キッチマン• ゲーツ・キャパ• シドレ• ジャマイカン・ダニンガン• ソラマ• ダンケル・クーパー• ディーバ・バロ• テダム• チャン・ヤー• ヒルダ・ビダン• フランクリン・ビダン• ブラン・ブルターク• ベン・ウッダー• ホリィ• マウアー・ファラオ• マサダ• マトッシュ• ラムサス・ハサ• ローレン・ナカモト• アクシズ(ネオ・ジオン)• 民間人・その他• (キッカ・キタモト)• ステファニー・ルオ• チェーミン・ノア• (フラウ・ボゥ)• (ミライ・ヤシマ)• (レツ・コ・ファン) ガンダム新体験 グリーンダイバーズ [ ] ここには、劇場アニメーション作品『』の登場人物を挙げる。 民間人• アサギ・ブリッグス• タクヤ・ブリッグス ガンダム・センチネル [ ] ここには、雑誌企画『』の登場人物を挙げる。 イートン・F・ヒースロウ• シグマン・シェイド• ジョン・グリソム• シン・クリプト• ストール・マニングス• チュン・ユン• テックス・ウェスト• リョウ・ルーツ• ロバート・オルドリン• ジョッシュ・オフショー• トッシュ・クレイ• ドレイク・パーシュレイ• ファスト・サイド• ブライアン・エイノー• ブレイブ・コッド アクシズ(ネオ・ジオン)• マイク・サオトメ 民間人・その他• ティターンズ・テスト・チーム• ウェス・マーフィー• エリアルド・ハンター• エリンケ・ハモンド• オードリー・エイプリル• オットー・ペデルセン• カール・マツバラ• ケイト・ロス• ジョナサン・コーエン• トーマス・シュレーダー• ピート・シェルトン• ヘンドリック・ネス• レイチェル・サンド 旧ジオン公国軍残党• カザック・ラーソン• ガブリエル・ゾラ• ヒルデガルド・スコルツェニー• ヘルマン・キルマイヤー• ショーター 地球連邦軍• オルトヴァン・ジェスール• ゼルキン• テオドロ・ウルバーニ• マキシム・グナー• ロベルト・ベルナルド 地球連邦軍法務局• エディー・サウスウェル• ゲオルギー・ミルコフ• コンラッド・モリス• ジョアンナ・パブロア• ジョン・ゴードン• ペドロ・メンドーサ 民間人・その他• マイケル・チャン• リュウ・キシリマ 機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像 [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 アクシズ(穏健派、強硬派含む)• アンディ(アポリー・ベイ)• ジェシカ・ディアス(ジェーン)• (クワトロ・バジーナ)• スミレ・ホンゴウ• ナタリー・ビアンキ• ハインツ・ヴェーベルン• リカルド・ヴェガ(ロベルト)• エンツォ・ベルニーニ• エンリケ・ムニョス• ダリオ・サンティ• ファビアン・フリシュクネヒト• マルコ・ベッキオ• モニカ・バルトロメオ• ヤヨイ・イカルガ• ジオン独立同盟• イリーナ・レスコ• エーベルハルト・リヒター• オクサーナ・ボギンスカヤ• カムジ• ビョルン・エスティル 地球連邦軍(ティターンズ、エゥーゴ含む)• ガディ・キンゼー• グリーン・ワイワット• シーサー• ジーン・コリニー• ジョルジョ・ミゲル• ティアゴ• トーレス• バスク・オム• ブレックス・フォーラ• ベン・ウッダー• ヘンケン・ベッケナー• ラウノ 民間人・その他• キャラ・スーン• ゴットン・ゴー• 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル [ ] ここには、及び『』の登場人物を挙げる。 エコール• アスナ・エルマリート• エミル・フォクトレンダー• エリシア・ノクトン• ケリー・シグネット• シン・バルナック• フォルマ・ガードナー• ヤハギ・フランジバック• リナィ 旧ジオン公国軍残党• アキラ• トーマス• フランシス• マリー・アルベルティア• ユーナ• ゴーロ• ジャック・ベアード• ソフィー・フェレル• タラカン・コンブラン• ナタリー・フェリセッタ• マークス・オーツカ• ミハエル・アカレッテ• ベルナルド・フェレ• ヘンゼル・ビノッケル• ヨーゼフ・コルデラット• レイラ・シングレックス ティターンズ• トゥール• ハンク・ライアン 民間人・その他• アルパ・ラウ• カラバ• エドガー・エドモンド・スミス• カン・ウー• フランクリン・ビダン• バスク・オム• ウォルナック• ウモン・サモン 民間人・その他• 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 エゥーゴ• エマリー・オンス• シーサー• シンタ• トーレス• ミリィ・チルダー• メッチャー・ムチャ• リィナ・アーシタ• ネオ・ジオン• アマサ・ポーラ• アリアス・モマ• イリア・パゾム• エイン• オウギュスト・ギダン• キャラ・スーン• クレイユ・オーイ• ゴットン・ゴー• サトウ• ダナ・キライ• ダニー• デューン• ニー・ギーレン• ネル・マーセン• パンパ・リダ• ビアン• ビーツ• マガニー• ユラー・ジャミコ• ラカン・ダカラン• ランス・ギーレン• ワイム 旧ジオン公国軍残党・ロンメル部隊• デザート・ロンメル• カラハン• ニキ アフリカ解放戦線・青の部隊• エロ・メロエ• ガデブ・ヤシン• ディドー・カルトハ 民間人・その他• ゲモン・バジャック• サラサ・ムーン• ジュネ・コク• スタンパ・ハロイ• セシリア• ダマール• タマン• チマッター• マサイ・ンガバ• ラサラ・ムーン• ルチーナ・レビン• ネオ・ジオン• ケイ・キリシマ• スパルナ・キャリバン• バーン・フィクゼス• メッチャー・ムチャ 地球連邦軍• ホワイト• ヨハン・ウィステリア• リア・ウィンディ ティターンズ• エンケラドゥス・ガイスト ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 モノトーン・マウス社• アイン・グレイフィールド• ダリー・ニエル・ガンズ• チェリィ・チノ・ローゼス 地球連邦軍• アルバ・ダグルト• アンティケ・ブリュワール• イベラ・ツギム• ウィントン・マルサリス• オッド・フェルド• シィド・フュエル• スティア・フレドリアツキ• タケシ・カザキ• ドーシー・ビワイド• マキ・イトウ• ミカヨ・ツギム カラード• アルヴェニシカ・キースト• エルデスコ・バイエ• ディーマッド• ナック・ラジャン• フォニオ・ラジャン・アシク• フォムン・ロフト• ヤン・クリーク ネオ・ジオン• ジェダ・ジースカロート• シン・ワタナベ• シンシア・ハース• タウ・ワタナベ 機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス [ ] ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アムロ・レイ• シマ・八丈(シマ・ハチジョウ)• ジュドー・アーシタ• 鉄面皮(てつめんぴ) ネオ・ジオン• シャア・アズナブル• ヒトーリン• ミネバ・ラオ・ザビ その他• カイ・シデン• 無限力(むげんちから)• (名前のみ登場) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [ ] ここには、アニメーション映画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍()• アンナ• ケーラ・スゥ• チェーン・アギ• トゥース• メラン 地球連邦政府• アデナウアー・パラヤ• ジョン・バウアー(本編未登場) ネオ・ジオン• カイザス・M・バイヤー• クェス・パラヤ(クェス・エア)• ギュネイ・ガス• ナナイ・ミゲル• ホルスト・ハーネス• ライル• レズン・シュナイダー 民間人・その他• オクトバー・サラン• チェーミン・ノア• (エンドクレジットではミライ・ヤシマ) ガイア・ギア [ ] ここには、『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 (ズィー・ジオン・オーガニゼーション)• アザリア・パリッシュ• アフランシ・シャア• アン・マーサン• エミール・ルーサ• キムリー・ブラウス• クラッカワ・ナカガ• クリシュナ・パンデント• グレン・コールディル• ケイネス・ブレン• ケラン・ミード• ケンセスト・ベイレン• サエス・コンスーン• ジャック・ブルーム• ジョー・スレン• セゴビィ・ミラン• セシアス・ジィギス• トット・ゲーリング• ニアス・ケイン• バアム・ゼーゲン• ハタナ・ノムソザキ• ブノア・ロジャック• ヘイラル・ハルメル• ボーズ・ガルチェ• マーガレット・レーン• マドラス・カリア• ミランダ・ハウ• メスラー・デッケン• メッサー・メット• メンム・ケイレン• レエ・セイアス• レーザム・スタック• ミッシェル・エーケン• ムラソコ• ロドリゲス・カロス メタトロン(ユーロ・メタトロン)• キュレ・オウレボ• クロスハンゼン・スティンスリード• ピョル・スタッフ 地球連邦軍()• ウル・ウリアン• ガミアン・ヘーゲリック• ギュラーム• コンスタン・ペルケーネ• ジェラン・アルサ• シムナウ・アーバン• ジョナサン・リーヴ• ツィ・イェンガン• ハリー・スェームズ• ビジャン・ダーゴル• マリーサ・ナジス• レイラ・セイバー 地球連邦軍(ホンコン・マハ)• ウォン・ロー• ジャンウェン・フー• チョウ• リィホアウォン(麗華黄)• レイ・チャン• ロウ燕 民間人・その他• エヴァリー・キー• エントー・シスメシア• カサン・ムース• ガバ・スー• キャリ・ハウ• グレン• グロリア• ジェームス• トルース・シュトロンガー• ヤン教授 レジスタンス• ジャコブ・ベルハーレン• ピエトロ• ファレス・デ・ミンネ• ミハエル・キンゼイ 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ [ ] ここには、小説『』の登場人物を挙げる。 イラム・マサム• エメラルダ・ズービン• カウッサリア・ゲース• ガウマン・ノビル• クワック・サルヴァー• ケリア・デース• ゴルフ• シベット・アンハーン• ジュリア・スガ• ハーラ・モーリー• フェンサー・メイン• ブリンクス・ウェッジ• ヘンドリックス・ハイヨー• マクシミリアン・ニコライ• マフティー・ナビーユ・エリン()• ミツダ・ケンジ• ミヘッシャ・ヘンス• レイモンド・ケイン• ローウェスト・ハインリッヒ• オノレ・バレストリエーリ• キンバレー・ヘイマン• ゲイス・ヒューゲスト• ケネス・スレッグ• シーゲン・ハムサット• スタッグ・メインザー• ハンドリー・ヨクサン• フランシン・バクスター• ヘレナ・マクガバン• マルガリータ• ミネッチェ・ケスタルギーノ• メジナウム・グッゲンハイム• リチャード・クレッシェンド• レーン・エイム 民間人・その他• アマダ・マンサン• カーディアス・バウンデンウッデン• ギギ・アンダルシア• チャング・ヘイ• ファビオ・リベラ• メイス・フラゥワー• 機動戦士ガンダムUC [ ] ここには、小説及びOVA『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍(ロンド・ベル)• アンナ・ハナン• オットー・ミタス• ジョナ・ギブニー• ソートン• ダリル・マッギネス• ナイジェル・ギャレット• ノーム・バシリコック• ハサン• バナージ・リンクス• ホマレ• ボラード• ミヒロ・オイワッケン• メラン• リディ・マーセナス• レイアム・ボーリンネア• ワッツ・ステップニー 地球連邦軍(エコーズ)• ギャリティ• コンロイ・ハーゲンセン• ダグザ・マックール• ナシリ・ラザー 地球連邦軍(宇宙軍)• マセキ・ダンバエフ 地球連邦軍(海軍)• アディ• ゲノン• 水測長 地球連邦軍(上層部)• テッド・チェレンコフ• マウリ 地球連邦政府(移民問題評議会)• ローナン・マーセナス• パトリック・マーセナス ネオ・ジオン残党軍(フル・フロンタル旗下)• アンジェロ・ザウパー• キュアロン・マスカ• セルジ・ヘルファー• ヒル・ドーソン• フル・フロンタル ネオ・ジオン残党軍(ガランシェール隊)• アイバン• アレク• ギルボア・サント• クワニ• サボア• スベロア・ジンネマン• トムラ• フラスト・スコール• ベッソン• (オードリー・バーン) ネオ・ジオン残党軍(ガーベイ家)• アッバス・ガーベイ• マハディ・ガーベイ• ロニ・ガーベイ• ワリード・ガーベイ ジオン残党兵• ヨンム・カークス• キャンドル ジオン共和国軍• ギリガン・ユースタス• ケイマン•

次の

Gジェネレーションジェネシス攻略 隠し機体、キャラクターの入手条件まとめ!Gセルフ、光の結晶体 SDガンダム ジージェネ

クロエ ガンダム

『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場するMS。 機体には、一部マラサイのパーツも流用しているらしい。 機体のスカート部分にザクIIIのものと類似するビームキャノンを装備している。 巨神復活の噂を聞き、駆けつけたシャア・アズナブルが搭乗。 アムロ達と共闘し、巨人を撃破したのち再び姿をくらましたという。 livedoor. 何だかキザな感じがして、 本人なのに「パチモノ」に思える。 ちなみに、オンラインゲーム『ガンダムコンクエスト』の戦果ランキング 2014年度 で1位を獲得した「SUZAKU23」氏とは何の関係もない。 comより 『機動戦士Vガンダム』のザンスカール帝国のMSとして登場するはずだったが、 この機体がベースとなった「ザンネック」が採用された結果、没となり、作品未登場な機体。 画像出典:tokyomm. blogspot. 「風神雷神」の雷神をモチーフにした機体でV2の2、3倍の全長とされているが、詳細は不明。 V2ガンダムが15,5mの大きさとされているから、50m近い大きさになると思われる。 またこの機体と対になる風神をモチーフにした「ゴクアック」という機体もデザインだけが存在する。 こちらはゲンガオゾのベースとなった機体で、同じく没になった。 livedoor. htmlより バタラ 画像出典:twilog. org マンガ『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する木星帝国の量産型MS。 木星圏のコロニー周辺での作業および自衛を目的に設計・開発がされたといわれていたが、 実は地球圏への侵攻も視野に入れ製造された。 開発コンセプトとしては、腕部は武装、脚部は移動装置、頭部はセンサーと役割を特化させたうえで、 小型化&高性能化かつ、生産性の向上を目指している。 腕部: 棒状のビーム・シールド発生装置が片腕の手首部装備されている。 武装はビームライフルと、肩部装甲装備のビーム・サーベル、またオプションにビームマシンガンがある。 脚部: 木星圏の重力 1G未満 に対応できるよう、大腿部が巨大なブースターであり、脚を折り畳んで、高機動形態になるのが特徴。 また、小型のランドセルも装備し、機体の方向転換の補助の役割を果たす。 頭部: 頭部は二重構造で、ゴーグルのような精密照準用バイザーを降ろす事で、 戦闘用の精密照準モードへと移行し、近距離・遠距離の使い分けが可能。 また頭部脇にアンテナ1本があり、ゴーグル状のセンサーと合わせるとまるでシュノーケリングのような外観。 本機は開発コンセプトにもあるように、ある程度の性能確保と生産性に非常に優れたため、 木星帝国では大量生産され、 帝国の 他のMSの開発ベースとなることが多かった機体である。 しかし、 地球侵略を視野に入れていたという割には、機体の脚部には歩行能力がほとんどない。 木星ではほとんど重力がない生活が前提であり、考慮する必要がなかったためだろう。 このため、木星帝国は1G以上の重力下運用を想定した設計ノウハウや考慮がなく、 「地球の重力に対する理解・勉強不足」が露骨に表れた機体でもある。 エレバド 画像出典:twitter. comより マンガ『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する木星帝国の量産型MS。 上記の「バタラ」を高機動型として改修したMS。 背部装備のシェルフ・ノズルにより機動力に優れる。 左腕に武装を内蔵 ビームサーベルが固定装備 し、頭部も新しい索敵センサーなどが内蔵され、 索敵能力を向上のため頭部が大型化し、エイリアンのような外見になってしまった。 劇中では、指揮官機 親衛隊機 として木星の衛星イオなどの戦闘に投入されが、大した戦果はないとのこと。 atpages. 赤いカラーリング故に、シャア専用ガンダムか!? と思いきや、 ネオジオンのコロニー落としを阻止しようとして行方不明になった後 ネオ・ジオンに捕えられ、 洗脳されたアムロ・レイが搭乗し、 プレーヤー ヒーロー同盟の 敵として立ちふさがる。 ちなみに、アムロが乗っているとわかったのは『F91』のシーブックのニュータイプ的「勘」なのだと思う。 おそらく。 背部には大型ランドセルとプロペラントタンク2基を持つ。 武装は頭部バルカン、ビームサーベルの他、ビームライフル「キラーライフル」と 高出力エネルギーキャノン「ロールキャノン」。 加えて、ネオジオン系のファンネルや両肩にビームシールドも装備している。 sakura. アムロ専用機となり終盤まで活躍の機会がある。 余談だが、ゲームで味方になった際のステータスは、お世辞にも高いとは言えず、 ゲームをプレーした人からは、「役立たず」と評価されているとかいないとか。 ゼファーガンダム 画像出典:twitter. comより マンガ『アウターガンダム』に登場する 非公式作品ながら 宇宙世紀初の無人MS。 ワイハマー・T・カインズ博士が提唱した無人機「ファントム 無人機 システム」実証試験機で、 同博士の研究チームにより開発された。 完全自立AIを搭載し、自己の判断でミッションをこなし、蓄積されたデータから自主的な学習も可能。 このため、生みの親カインズ博士の死に唸りをあげる、 敵機のジオンパイロットを吸湿するなど、感情らしきものが芽生え、高度で柔軟な対応が可能となっていった。 外見はRX-78と類似し、両肩部にシールドが固定装備され、バックパック形状はガンダムNT-1 アレックス に酷似している。 武装は頭部のバルカン砲2門、ビームサーベル2基、ビームハンドガン、 ピストル状の ビームライフルなど。 また本機は様々なオプション兵装が用意されており、汎用性が高いのも特徴的である。 ゼファーガンダムのオプション兵器。 増加装甲や重火器であるメインアームなどを装備。 となる。 ちなみに、ゼファーガンダムのファントムシステムの開発はこの出来事以降も続き、 『ガンダムReon』で、システムは完成するのであった。 後述 ゼファーガンダム RX78重装改 実験型 画像出典:m-pe. tvより 漫画『機動戦士ガンダム プログラム=マスター』に登場。 UAI社が開発。 ゼファー・ガンダム同様「ファントムシステム」を搭載。 しかし一年戦争が終結したため、実働試験のみ実施となり開発は凍結した。 武装はバーストショットガン、ロングビームサーベル、多弾頭型追尾ミサイル4基搭載したランチャーポッド、 ヘッドガトリング砲2門。 また、ミノフスキー粒子散布器を持ち、無人機ながら、搭乗者にはハング・ウォーリフ少尉がいる。 ちなみに、かなり疑わしいが、一説には本機が「ガンダム8号機」だとされているとかいないとか……。 EX-05-U レオン ゼファーファントムシステム Mk. 7 自律型汎用制御プログラム搭載機) 画像出典:twitter. 7 Reon」を搭載している。 UAI社 がOS とアナハイム社 が機体のハードを提供 の共同で開発された。 舞台は、第2次ネオ・ジオン抗争より14年後の時代宇宙世紀0107年。 (史実通りならマフティー動乱の3年後、『F90』の4年前)とされ、 AIのReonも進化し、人間と自然なの会話も可能なほど発展を遂げている。 過去にファントムシステムは暴走したことから、火器管制にパイロットが必要となり、ルビー・ヒューゲットがその任務を果たす。 武装は、両腕マウント方式のビームガン ライフル と従来のMSのものよりリーチが長いビームサーベル。 Iフィールドジェネレーターも搭載している。 このジェネレーターは肩部搭載とされているが、一説にはシールドに発生器があるとか、肩部・シールド両方に搭載されているとするなど、詳細は不明である。 また物語後半では、ハイメガキャノン ハイ・メガ粒子砲 、ビームサーベル内蔵のビームガン、 アンチファンネルシステム APS 等を追加装備する。 livedoor. 非公式設定 また本機はある重要な機密をインプットされていることから、地球連邦組織FAMASに目を付けられ、戦いを繰り広げるのであった…。 eonet. ミノフスキー粒子散布下での数少ない探知方法の 光学・熱探知センサー無効化と、 迷彩塗装で機体に蓄積される熱の処理を目的とした内部熱処理装置を有する。 この他、パイロットの生存率向上を目的に、マグネットコーティングや全身に対ビームコーティング等あらゆる技術が実装されている。 武装は、ビームブレード、肩部に6基のビーム砲、バルカン砲を口頭部に1基、頭部に2門装備する他、 両腕部には2基の「精神感応攻撃装置 バインダービット 」によるオールレンジ攻撃も可能である。 パイロットは フラナガン機関出身の エファ・ガラドリアル准尉である。 なお性別に関しては少女とされているものの、一説では男だとも言われている。 ちなみに、本機は「MS-19N」の型番が付き、 以前紹介した格闘対戦ゲーム『機動戦士ガンダム EX REVUE』登場のドルメル、 ドルメル・ドゥーエと同じ型番であるが、関連性はない模様。 強いてあげるなら、ジオン公国軍の試作型MSであることが共通する。 ターンデルタ 画像出典:twitter. comより 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の外伝の一つ『C. 画像出典:www. delta-astray. スターゲイザー等の 惑星間航行用の光圧推進器「ヴォワチュール・リュミエール」、 エネルギー受信装置、 ハイペリオンガンダムに搭載していた 光波防御シールドなどの機能を持つ「逆三角形」の背部可動リングアームを持つ。 この逆三角形から本機の名前の由来になった。 なお動力は核エンジンではなく、バッテリー駆動である。 しかしこのままでは、機体のエネルギー消費を賄うことができず、 ろくに戦闘も行えないため、ロウはエネルギー受信機能を改良することで、問題を解決した。 武装は、ビームライフル、両腕部分に内蔵された固定式のビームサーベルがあり、 光波防御シールドの機能を用いた「リュミエール・シールド」をビームシールドとして活用する。 パイロットはアグニス・ブラーエと、その姉セトナ・ウィンタース。 Gの影忍 マンガ『Gの影忍』に登場するG3ガンダムを改造したMS忍者。 「MS忍者」という名称は、忍者の超人的な技量を再現したカスタムされたMSであるため、 単なるMSではない存在であることを示すためである。 『Gガンダム』ではMSではなく、MFとして機体が登場するのと同じか。 パイロットの多くが忍者で、「Gの影忍」の搭乗するパイロットで主人公「リョウガ」も忍者であり、機体と搭乗者の異名は同一であることが多い。 本機は牙一族であるリョウガの兄ヒュウガが連邦軍から奪取し、デギン・ソド・ザビから賜った機体である。 機動性を増すため、肩と腰周りを中心に装甲を極限まで減らし、火器も装備せず、発熱を抑えた構造にすることで隠密性を高めた。 また胸部には忍者のみが扱える「心眼センサー」を備え、センサー発動時にはコクピットに九字が現れ、 全天周モニターとなり、敵の殺気を感知することで索敵を可能にしているのだ!! ちなみに、レーダー攪乱にこの世界でもミノフスキー粒子を用いるが、 これに加え忍者たちは、毒性のあるトリカブト、松の実等を粉末状にして一緒に散布したという。 汚いなさすが忍者きたない 武装には、主に腰に差す忍者刀風のビームサーベルや手裏剣を用いる。 また、スペースコロニーの外壁を剥がし盾にする「隔壁返し」や、 敵MSを盾に大気圏突入の摩擦を減らす「大気圏突入奥義・イズナ落とし」といった忍術も使用する。 もちろん、これは忍者だからできたことで、常人にはとても再現できない芸当である。 Gの影忍、一年戦争後の活躍 本忍者MSは、一年戦争時のMSをベースとして改造された機体だが、「百騎夜行編」では、機体の核融合炉は老朽化し限界を迎えつつあった。 しかし宇宙世紀0092年からの「第二次ネオ・ジオン抗争」 シャアの反乱 前後においても、 リョウガの技量もあり、一線級の活躍をしているのである。 そして、この世に斬れぬものないビームサーベル「金剛宝虚空剣」を本忍者MSは装備し、 ネオジオン総帥シャア・アズナブルの依頼を受け、 突如木星圏に出現した謎の宇宙生命体を迎撃すべく、全ての流派から108騎の忍者が集結し、 歴史の陰で、忍者一大合戦が行われたのであった。 この作品自体は、ギャクを基調としながらも、シリアスな話もあるが、後の『Gガンダム』製作に大きな影響を与えた作品である。 例えばゲルマン忍者とか。 ドーシート 画像出典:twitter. com 『機動新世紀ガンダム』に登場する旧地球連邦軍の初の水陸両用MS。 「可変ピッチ型ハイパースクリューの推進器ポッド」2つを背負い、潜望鏡も背部に装着されている。 肩部には、魚雷発射管があり、対空魚雷も発射可能。 腕部は伸縮自在で相手のMSの動きを封じることができ、手部にはクローとビーム砲を装備。 シーバルチャー いわゆる海賊みたいなもの? のドーザ・バロイ一味は本機を用いてイルカのハンティングを行っていた。 ちなみに本機の名前の由来は、原画作成時などに使われる「同シート」より。 web. fc2. comより 『機動新世紀ガンダム』に登場する上記のドーシートの発展型MS。 水中での機動力向上の為、脚部はウォータージェット推進器となり、水中での活動にさらに特化したMSとなった。 この結果、地上での機動性は著しく下がり、水陸両用機としての存在意義は薄れた。 武装には、ドーシート同様、肩部の魚雷と両腕部のクロー及びビーム砲を装備するが、手部のビーム砲は2連装に強化されている。 ペイルライダー 画像出典:handerailgun. jugem. 地球連邦軍のレビル派の高官グレイヴの、MS開発計画「ペイルライダー計画」に基づき開発がすすめられた。 全身にハードポイントを有することで、大型武装や空間戦用など、様々な戦闘に対応したオプションを装備でき、高い汎用性を発揮する。 主な武装としては、陸戦 重装型 では、90mmブルパップマシンガンと180mmキャノンを、 空間戦 仕様 ではハイパー・ビームライフルとジャイアント・ガトリングガンを装備している。 しかし高コストであったため、生産は4機にとどまり、量産化や制式採用は見送られた。 ちなみに、本機は、ジム・スナイパーIIがベースとなり、 脚部ブースターは高出力化され、バックパックと腕部ビームガンはガンダム4号機と5号機のものを流用している。 パイロットは、クロエ・クローチェ。 jpより また本機の大きな特徴としては、「HADES ハデス 」 Hyper Animosity Detect Estimate System という特殊システムが搭載されていることにある。 これは、ブルーディスティニーに搭載している「EXAMシステム」を元に、 オーガスタ研究所が開発した戦闘用OSである。 機体の能力を100パーセント引出し、システムが出す最適解を強制的にパイロットにフィードバックし、 高い反応速度を実現するものである。 機体の性能を飛躍的に向上させるシステムではあるが、それ故にパイロットへの負担も大きく、パイロットには投薬処置が為され、その弊害も大きい代物であった。 後の強化人間の技術へつながる ペイルライダー・キャバルリー 画像出典:bo. ggame. jpより マンガ版『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』に登場するペイルライダーの量産検討機。 機体の安定性向上とコストダウンの為、パーツ換装や余剰装備の排除が行われるが、 基本性能はペイルライダーと同じであり、リミッター付の「HADES」システムが搭載されている。 また、ジャイアントガトリング、メガ・ビームランチャー、マイクロミサイルランチャーを一体化した複合兵装「シェキナー」により相変わらず高い戦闘能力を維持している。 画像出典:gundamlog. 主なパイロットはフィル・デール。 武装は、ハイパー・バズーカ、「ジーライン・アサルトアーマー」のヒート・ランス、 「ジム・ガードカスタム」のガーディアンシールドが装備。 gundam. バックパックにサブ・ジェネレーターとバーニアを6基搭載し、稼働時間延長のためプロペラント・タンクを2基接続している。 本機の性能に関わる部分には手を触れず、ドライセンのトライブレードの機能を加えたインコムや、 両肩にはドーベンウルフ系の隠し腕等が追加された。 武装にはガ・ゾウムのハイパー・ナックルバスターや、バウのメガ粒子砲付シールドを流用している他、 ハイパービームサーベルも装備している。 パイロットは、上記のペイルライダーに引き続き、クロエ・クローチェだが、彼女は限界に達しつつあった……。 まとめ ・木星帝国は重力に対して「勉強不足」。 脚は飾りじゃなく重要!!大地で踏ん張るためにな。 ・ゼファーガンダムは無人MSの存在を肯定的に捉え、可能性を信じた形。 戦争の道具でなければもっとよかったのかも。 」でもすごい性能には違いない。 ・やっぱり忍者は最強。 なんでもできる!!後のガンダム作品に与えた影響は大きい。 ・高性能のペイルライダーは、その代償に 実質的に強化人間にすることで 人の人生を狂わせる悪魔の機体。

次の