度々のご連絡失礼いたします メール。 失礼のないお詫びメールの文例集(社外向けメール)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

失礼のないお詫びメールの文例集(社外向けメール)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

度々のご連絡失礼いたします メール

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」英語で伝えるビジネス必須フレーズ

度々のご連絡失礼いたします メール

お願いしていた原稿の件でご連絡差し上げました。 本日の正午までにいただくことになっていましたが、現時点でまだ確認できておりません。 なにか問題が発生したのではないかと心配しております。 ご多忙のことろ恐れ入りますが、ご確認いただければ幸いです。 上の例文は、相手を責めるニュアンスを排した文面です。 とくに「何か問題が発生したのではないかと心配しております」という一文には、相手への配慮が感じられます。 この文面であれば「申し訳ございません。 失念しておりました。 今からすぐに書きます」とお詫びの返信が来るかもしれません。 一方で、NG文のような催促を受けてしまうと、相手の「自己防衛本能」にスイッチが入り、お詫びどころか、言い訳めいたメールや、こちらに責任転嫁した返信が来るかも知れません。 もちろん、どういう文面にするかはケースにもよります。 以下のようなケースでは、よりシビアな催促が必要です。 相手が締め切り破りの常習犯である• 一度催促したにも関わらず、再び期日までに届かない どうしても期日を守ってもらいたい場合、催促メールを送らなくて済むように、締め切り数日前にリマインドメールを送るなど、予防策を講じることも重要です。 AAA株式会社 BBB部 CCC様 いつもお世話になっております。 新プロジェクトに関しまして、 4月11日(月)にメールをお送りしましたが、 その後、ご検討いただけましたでしょうか? 昨日までにご返事をいただいていないため、 メールが何らかの原因で届いていないのかと心配になり、 ご連絡いたしました。 こちらからご提案しているところ恐縮ですが、 4月20日(水)14時までにご連絡いただけない場合、 会場手配など、スケジュールが厳しくなりますので、 大変お手数ですが、内容をご確認のうえ、 至急ご対応をお願いいたします。 もし行き違いでご連絡いただいておりましたら、 失礼のほど、ご容赦ください。 すでにメールをお送りいただいているようであれば、 こちらには届いておりませんので、 大変お手数ですが、再送をお願いできれば幸いです。 ご不明点がございましたら、 お気軽にお問い合わせくださいませ。 よろしくお願いいたします。 AAA株式会社 BBB部 CCC様 いつもお世話になっております。 早速ですが、8月14日にメールにてお送りいたしました お打ち合わせの件につき、ご覧いただけましたでしょうか。 念のため、お送りした文面を再送いたしますので、 ご確認いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 お打ち合わせの日程、下記のご都合はいかがでしょうか。 よろしくお願いいたします。 AAA株式会社 BBB部 CCC様 いつもお世話になっております。 こちらの商品は、すでに発送いただいておりますでしょうか。 納期をすでに1週間以上過ぎておりますが、 未だ着荷しておりません。 弊社都合により恐縮ですが、 5月20日に使用したく、注文した経緯がございます。 つきましては、至急ご送付いただければ幸いです。 また、発送日がわかり次第、 ご連絡いただけますようお願いいたします。 なお、本メールと行き違いでご発送済みの場合は、 なにとぞご容赦ください。 よろしくお願いいたします。

次の

メール書き出し冒頭挨拶

度々のご連絡失礼いたします メール

「度々」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 「度々」は「たびたび」と読み、対話やメール、手紙などで使う言葉です。 ここでは、この「度々」の意味や使い方についてみていきます。 「度々」の意味 「度々」とは「何度も」とか「何回も」といった言葉と同じく、同じことを何度も繰り返すという意味になります。 「度々」は「度度」と表現されることがありますが、これは「度々」と同じで意味や使い方に違いはありません。 度々すみません・申し訳ありません 「度々」という言葉とよく一緒に使われる表現に「度々すみません」「度々申し訳ありません」というフレーズがあります。 これらは、ビジネスシーンでよく使われる表現です。 上司や取引先など目上の人に何度も手間をかけさせてしまったときなどに使います。 例えば、同じ相手にメールを送ったのに、間違いを見つけて再度訂正版のメールを送るなどの場合に、「度々申し訳ありません」と謝罪を入れて送るなどの使い方になります。 また、「お忙しいところ」と頭につけて「お忙しいところ、度々申し訳ございません」と付け加えても良いでしょう。 「度々」の後の文章も「すみません」よりも「申し訳ありません」の方が、かしこまった表現になるため、取引先や顧客などには「度々申し訳ありません」を使い、近しい先輩や上司の場合は「度々すみません」を使うなど使い分けていくと良いでしょう。 度々のご連絡 「度々ありがとう」という表現もあります。 これは、相手に重ねてお礼する場合に使います。 例えば、ある案件について部下から何度も報告を受けた場合に「度々ありがとう」を使います。 もし、相手が上司で、何度も連絡をもらったという場合には、「度々ご連絡ありがとうございます。 」と丁寧な表現で言うようにしましょう。 さらに丁寧に表現したい場合は「度々ご連絡いただき御礼申し上げます」という言い方もあります。 ただし、ここまで丁寧な表現は社内というよりは、外部の顧客や取引先の場合になるでしょう。 謝ることを意図している場合 「度々」という言葉は、前述のように「すみません」とか「申し訳ありません」などの謝るフレーズと組み合わせて使うことが多いです。 そして、「度々」は「の~」と組み合わせて使うことも多いです。 例えば「度々の質問」というように使い、「度々の質問申し訳ございません」というように使います。 意味としては、「何度も質問をしてすいません」という意味で、新入社員で教えてもらっている場合や取引先に何度も質問している場合などに使います。 ほかにも、「度々お手数をおかけしまして申し訳ございません」といったように使います。 これは、同じ相手に何度も依頼し申し訳ないと感じた場合に使います。 度々お手数をお掛けします 「度々お手数をおかけして申し訳ございません」という表現もビジネスシーンではよく使われるフレーズです。 目上の人に何度も依頼をして何かしてもらった場合に、申し訳ないという気持ちを伝えるためにこの表現を使います。 この表現の場合は「度々」に換えて、「繰り返しお手数をおかけして申し訳ございません」や「幾度となくお手数をおかけして申し訳ございません」と言い換えることも可能です。 度々の質問 「度々」というフレーズは、目上の人に何度も質問を繰り返す場合に、「度々の質問申し訳ございません」というように使うことがあります。 例えば、取引先との交渉で聞きたいことがあって、何度かに分けて質問をやり取りしたときなどに「度々の質問申し訳ございません」と一言添えた上で、本題の質問に入るといった使い方をします。 また、目上の人へのメールで「度々の質問申し訳ございません」という一文を添えることで、相手に謙虚な姿勢を示すことができます。 「度々」という言葉は、メールや話言葉、手紙などで使えるため用途は広いです。 また、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。 では、「度々」という言葉はビジネスシーンにおいて具体的にどういった場面で使うのでしょうか。 ここでは、「度々」のビジネスでの使い方についてみていきます。 メールなど ビジネスシーンにおける手紙やメール、話言葉としても「度々」は使えます。 例えば、一度連絡したけれど、ちょっと付け加える場合の連絡に「度々ご連絡しまして申し訳ございません」という一文を最初につけることで、その後の話をスムーズに進めることができます。 また、相手から何度か電話をもらったという場合にも、「度々ご連絡いただき、ありがとうございます」と一言言ってから本題に入ると相手への敬意を払うことができます。 「度々」を使った言葉は、メールや話言葉で本題に入る前のクッション的役割を果たすということを覚えておきましょう。 「度々」の敬語 「度々」とは何度もという意味の言葉です。 この言葉をより丁寧に表現すると、「重ね重ね」とか「度重なる」といった言い方になります。 例えば「度々申し訳ありません」を「重ね重ね申し訳ありません」と言い換えるとより丁寧な表現になって、目上の人への謝罪にも使えます。 丁寧語 「度々」を敬語表現にする場合には、組み合わせる言葉に丁寧語を使うことでも、目上の人へ使える言葉になります。 例えば、「度々すみません」を「度々申し訳ございません」と丁寧に表現するだけで、顧客や上司など目上の人に仕える表現になります。 「度々」自体が目上の人に使って悪い表現ではないため、組み合わせる言葉を丁寧にする、または敬語表現と組み合わせるようにすれば、目上の人に仕える敬語表現になります。 「度々」を使った例文 ここまで「度々」という言葉の意味、ビジネスにおける使い方、類語などをみてきましたが、ここでは「度々」を使った例文をいくつかご紹介します。 1.娘のケガについて、ご両親は度々学校に足を運んだ。 2.引っ越してしまったら、いままでのように度々立ち寄ることもないだろう。 3.その説については異論があり、度々論争となっている。 4.度々言うことだが、その問題は解決方法がみつからない。 5.わたしはその様子を度々見ていた。 6.そのようなことは度々あったのであろう。 7.度々のご訪問、ありがとうございます。 8.忙しい中、度々訪れてくれたのだが、あいにく留守をしていた。 9.彼に度々注意したのだが、聞き入れてはもらえなかった。 10.彼女は度々そのようなことをする癖がある。 「度々すみません」を英語で表現する 「度々」という言葉がビジネスシーンにおいてよく使われる言葉だということがわかりましたが、この「度々」を使う場合の注意点はあるのでしょうか。 ここでは、「度々」を使う場合の注意点についてみていきます。 1.初対面の相手には使えない 「度々」という表現は、「何度も」とか「繰り返し」という意味で使います。 そのため、初対面の相手にメールや手紙を送る場合や電話で話す場合には使えません。 もし、初対面の人に「度々申し訳ありません」など使ってしまうと「過去に会ったことがあったかな」と相手を混乱させてしまう可能性があります。 「度々」という言葉は、相手に何度か連絡した、または連絡をもらったという事実がある場合に使うように気を付けましょう。 2.結婚式に使うことはNG 「度々」という言葉は結婚式のスピーチやお葬式の挨拶では使っていけません。 「度々」は重ね言葉といわれるもので、不吉なことを連想させる言葉として、結婚式やお葬式で使うことは非常識とされています。 「度々お世話になっております」は間違った文章 ビジネスシーンにおいてメールで「お世話になっております」という文章を最初に使うことは多いでしょう。 しかし、何度もメールのやりとりをしているからといって、「度々お世話になっております」という使い方をしてはいけません。 「度々」は「何度も」と同じ意味だから使って良いと考える人も多いでしょうが、文章が不自然になります。 もし、「度々」というフレーズからメールの文章を始めるのであれば、「度々失礼します」とか「度々恐れ入ります」「度々申し訳ございません」などの言葉から始めるようにしましょう。 「度々」の意味と使い方を覚えましょう.

次の