税 の 作文。 パクリ作文 入賞してしまったら・・・

税の作文での良いネタを教えてください。

税 の 作文

税の作文のネタを決めよう! 作文にとりかかる前に必要なのは、どんな内容で書いていくかという指針。 最初に選ぶネタによって、その後の文章の進み方や説得力に、だいぶ差が出てきます。 書いてはいけない「平凡すぎる」ネタ 税の作文を添削していくうえで見飽きたネタというものもありまして、 「消費税」を題材にした作品は、ほぼ入賞しないと考えてOK。 もちろん文章の中に「独自性」があれば別なんでしょうけど、そもそもテーマとして持ち込んでくる人、圧倒的に多すぎるんです。 だいたい「また似たような内容かぁ……」となってしまい、最初の一文で読み進めることを止めてしまいます。 なので、入選を狙っているなら消費税ネタは避けましょう。 税の作文で入賞しやすいネタ 上記とは逆に、 治療をしないと命がヤバくなる病気らしい……。 2ヶ月くらい、病院に通わなくちゃいけないらしい 普通だと、高額な医療費がかかってしまうことは予想できます。 時代によっては裕福なところでないと、適切な治療をすることすら叶いません。 しかし、現代ではすべての国民が医療保険に入ることとなっている「国民皆保険制度」によって、誰でも金額負担を少なく病院へ行くことができます。 これの土台となっているのは、まさに税金。 もしこれがなかったら、自分はどうなっていたんだろう?ヤバかったんじゃないだろうか? 助けてくれてありがとう、税金さん!! ……と、勢いで締めくくりまで行くのは良くないですが。。。 「事実から自分の感想」を組立てていくと、説得力が違いますよね。 ただ、上に書いたような病気とか災害とか、そんな経験を持っていないんだけど……と思う人も多いかもしれません。 しかし、ふつうの生活から拾えるようなネタでも大丈夫です。 入賞している作品は山ほどあります。 後ほど解説しますので、ご安心ください。 スポンサーリンク 税の作文を書くコツは「書き出し」に力を入れること 税の作文におけるコツの結論は 「なんか他とは違う……!」 「この続き、どうなるんだろう……?」 と、先が気になって仕方ありません。 まったく関係ない視点から切り出し、そこから税金に絡めていく進め方。 これを応用すれば、べつに自分が病気などの「なにか特別な経験」をしていなくても考えられますよね。 オリジナリティも出るので、個人的にはオススメの書き方です。 (上の入賞作品では「もし百万円をもらったらどうする?」という、税金とは関係なさそうな質問から始まり、だんだん自分の考えをまとめていく内容) いくらアルバイトと言っても、添削するのは人間です。 しかも、全国から集められる作文を 1日に何百編というペースで読んでいます。 なので、書き出し部分を1秒くらいで見て、質が低いようだったら次の作品に移行……とする添削者が大半。 参考にしてみてください。 ・体験を通して、どう思ったのか ・自分はこれからどうしたいのか などの 目標を持ってきましょう。 結局のところ、国のお偉いさんたちも「賞として後世に残るような作品」を選ばなくてはならない立場にあります。 あまりにもネガティブな批判や悲観が入っている作品は、どれだけ優れていても選べないんですよね。 これから将来を生きる若い人たちのポジティブさがあったほうが、印象としてはいいはず。 「今は何も知らなくても、これから覚えていきたい」 そんな感じの立場から、作品を締めくくることをオススメします。 終わり方が優れている入賞作品 私はこれからの日本の社会を担うものとして、しっかりと学び、より良い未来を実現するために、誇りを持って社会に貢献できる大人になりたい。 所沢市 模範すぎるほど締まっている終わり方の例。 これから頑張りたい!という、ポジティブさが残されています。 最優秀作品なのでそれなりに堅苦しさもありますが、こんな終わり方だとカッコ良いですよね。 自分にしか書けない文章が大事 税の作文の書き方のコツを、元・添削者の目線から書いていきました。 いろいろ書いていきましたが、要は いかに自分にしか書けない内容を意識するかが大切です。 他のサイトでは「起承転結を大切にしろ!」とか「序盤は200文字くらい、中盤で500文字くらいで盛り上げて……」などとアドバイスされていますが、すべて気にしなくてOK。 ぶっちゃけ構造なんて、必要最低限のルールに沿っていれば大丈夫。 もちろん、伝わる文章をつくるためには「論理」が重視されているのも事実ですが、言葉が分からなければ『結局何を言いたいの……?』となりかねません。 ほとんどの作品は有識者たちの手元に届くこと無く、資源ごみと化してしまいます。 いかに実体験を盛り込んだ「自分にしかない目線」の文章を書き、一般のアルバイト・有識者の心に響かせるかが、ファーストステップとしては大切なポイントなんです。 難しく考えず、とりあえずなにか強烈に残っている思い出を、税金に結びつけることはできないか、と考えていきましょう! ……あ、ネットからパクるのは絶対NGですよ! あんまりいいウワサ聞かないので。。。

次の

中学生の「税についての作文」|国税庁

税 の 作文

税の作文の書き方 税の作文を書くときもあるのではないでしょうか。 しかし、初めて税の作文を書くときは、書き方がよくわからないでしょう。 ここでは、税の作文の書き方についてご紹介します。 税の作文を書くときはテーマを決める 税の作文を書くときは、どのようなテーマで書くかが大切です。 初めに選択するテーマによって、この後の文章の書き方や説得力に違いが非常に出てきます。 平凡過ぎるテーマは止める 税の作文を書くときは平凡過ぎるテーマもあり、例えば、消費税をテーマにした作文はほとんど受賞しないと思っていいでしょう。 当然ですが、オリジナル性が文章の中にあるといいでしょうが、基本的に平凡過ぎるようなテーマであれば、誰でも書けるでしょう。 日本に住んでいる人であれば誰でも消費税を納める必要があります。 そのため、内容が同じようなものになって、初めの一文を読んだだけで読むのを止めてしまうため、受賞を狙うのであれば消費税のテーマは止めましょう。 受賞しやすいテーマ 一方、受賞しやすいテーマとしては次のようなものなどがあります。 病気や怪我• 親族の介護 というのは、このようなテーマは実際に自分で体験しているため、自分だけしか書けない視線があるためです。 そのため、レベルの高い文章が自然に書けてしまいます。 これ以外には、その年にニュースとして話題になったものをテーマにする方法があります。 定番のテーマではないため、他の人とかぶることはまずありません。 税の作文は書き出しに注力する 税の作文の書き方としては、次のようなコツがあります。 書き出しにおいて、自分の体験をいかに伝えられるか• これを受けて、どのようなことを考えたか そのため、税の作文がしっかりした書き出しであれば、全体の構成を考えながらあとは文章を書いていくのみです。 このことを意識するのみで、スムーズに文章を書くことができます。 しかし、税の作文では専用の原稿用紙を使うために注意しましょう。 そのため、記入する決まりのみは最低限チェックしながら書きましょう。 専用の原稿用紙に税の作文は書くので、普通の原稿用紙とどのような使い方の違いがあるか気掛かりになるでしょう。 普通の原稿用紙と基本的な決まりは同じですが、微妙に違う箇所もあるため注意しましょう。 税の作文は、短期バイトの人が採点します。 専門の知識がない人が、ほとんど全ての税の作文を採点しています。 短期バイトの人は、簡単に読んで終わりというような調子で採点しているので、読むのはほとんど初めの数行だけになります。 そのため、書き出しに注力するのみで半分は終わったといってもいいでしょう。 また、税の作文のまとめは、次のようなことを書きましょう。 体験によってどのように思ったか• これから自分はどうしたいか あるいは、「税金に自分は助けられたので、今からも大事にしていきたい。 」などと、将来に対して積極的な意見を書いておくと問題ありません。 最終的に、税の作文を審査する人も、「後世に賞として残るような作文」を選ぶ必要があります。 そのため、消極的な悲観や批判が入っている税の作文は、いかに優秀なものでも選びません。 若い人で将来をこれから生きるような積極性がある方が、税の作文のイメージとしてはいいでしょう。 「現在は何もわからなくても、今から覚えたい」というような感じで、税の作文をまとめるようにしましょう。 自分だけが書ける文章が大切である 税の作文の書き方としては、自分だけが書ける文章をいかに書くかを意識することが大切です。 ネットなどをみてみると、「書き出しは 200文字程度にして、その後で 500文字程度で盛り上げて…」あるいは「起承転結が大切である」などというようにアドバイスしているサイトなどもあります。 しかし、このようなことは全く気にする必要はないでしょう。 というのは、文章の構造のみを意識するので、自分の表現がいい加減になるためです。 文章の構造などは、必要最低限の決まりに従っていると問題ありません。 当然ですが、「理論」が相手に伝わる文章を書くために実際に重要視されていますが、言葉がわからないと「最終的にどのようなことをいいたいのか」となりかねません。 実際に経験したことを入れ込んだ自分だけの文章を書いて、いかに税の作文を審査する人の心に響かせるかということが、最初のステップとしては大切になります。 しかし、それほど難しく考えないで、思い出としてなにか強く残っているものを、税金にとりあえず結びつけることができないかということを検討していきましょう。 税の作文を書くときは、ここでご紹介したようなことをぜひ参考にしてください。 税の作文の趣旨 通常の作文(特に読書感想文)は、自分らしく個性的でおもしろい文章が好まれます。 しかし、「税に関する作文」は、税金を徴収する国税庁や各地の税務署などが主催であるため、 基本的に趣旨は、「税金は大切だ」ということになります。 今の税制への不満や批判などを書くのはあまりよくないと思われます。 税の作文の型 文章は昔から「起承転結」の型がよいといわれています。 税の作文の基本的な型は以下の通りになります。 (1)起 書き出し この税の作文を書く「きっかけ」などを書きます。 上手に読者をひきつけるよう、工夫する必要があります。 長すぎるとインパクトが弱くなりますので、簡潔にまとめると効果的です。 また自分とテーマとの関わりを説明することも効果的です。 <書き出しの例>• 先日、一つの記事が目に止まった。 私は正直、最近までは税金と聞いて良いイメージを持ったことがありませんでした。 誰もが理解しているはずなのになぜ税金に対して否定的な思いを持ってしまうのだろうか。 私達が納めた税は、私達の生活をいろいろな場面で支えてくれています。 税金についての知識がない、関心がない、そういった人は非常に多いようです。 「税金って何?」と聞かれた時、皆さんは何と答えますか。 (2)承 具体的なエピソード 税の問題を経験した具体的なエピソードを書きます。 誰がどのようなことをしたか、目に見えるように具体的に書くと 読者と共感がうまれ、説得力がでます。 <具体的なエピソードの例>• ODAの支援内容としては、• 東日本大震災。 そう名付けられた巨大地震は、あまりにも多くのものを奪っていった。 日本学生支援機構のことを調べていくうちに、• 私は、これらの教材費が税金から出ていることは知っている。 私は以前ニュージーランドにホームステイをしたことがあるが、• 年金について調べたところ、驚くべき事実を突きつけられた。 国民年金の納付率は六八パーセント。 例えばゴミの収集のように私達の日常生活に密着した仕事の多くが、税金によって賄われている。 高校になってから、税金の種類や直間比率など、税はお国柄によって違うことを学習した。 (3)転 成長 具体的なエピソードから、自分は何か考え、感じたのかを書き、 さらにその過程から自分がどのように成長したかを書きます。 <成長の例> ・これまで私は、税というものを深く考えたことがなかった。 しかし今回の大震災によって、税とは国民が手を取りあい、全員で全員の幸せを実現するためのシステムだと分かった。 ・一生懸命働いて稼いだお金を使わせてもらっているのだと分かりました。 ・今までは税について、消費税をとられるというマイナスのイメージしかなかった私だが、税金が私たちの健康を支えてくれていると知って嬉しくなった。 ・私は改めて私達は恵まれていると思った。 ・私たちが日ごろ納めてきた税金が、巡り巡って私たちの生活をより便利に、豊かにしているのだなと実感した。 ・少なくとも経済的に恵まれない人からもむしり取るようなものでは無いということが分かりました。 ・この作文を書く事も税について考えるよい機会となっていると気づきました。 (4)結 まとめ 全体のまとめとして、成長した結果、どのように考え方や生活を改善したいかを書きます。 <まとめの例>• 税金とは、弱者を守るべきものでなければいけないと、改めて思った。 消費税」という名の、小さな助けあいへの参加• 税金なんか無くなれば良い」と思う人が少しでも減るように税金の大切さを訴えていきたいです。 税金という名の手助けや協力をたくさんしていきたい。 これからも税について学び、「喜んで払います」と笑顔で言うことのできる人間に成長したいと思う。 「税金を取られる」という表現が日本中から消えてなくなったとき、きっとたくさんの人が笑っている。 税とは人を幸せにするものである。 正しい税金のあり方を判断できる人間になりたいと思う。 税金が最大限の力を発揮することを、私は信じている。 社会全体で助け合う「税」という仕組みが、日本復活への道を切り拓くのだ。 これからの世の中を築いていく僕たちの責任の重大さを自覚することが、何より大切だと思います。 これから納税者となっていく私たち自身も税金について知っていくことが大切であると私は強く思いました。 これからも、税に感謝しながら夢に向かってがんばります。 「税金の透明度」を高めていくことが必須だといえる。 メニュー 以下は、税の作文の入賞作品のリンク集になります。 にならないように参考程度にご確認ください。

次の

税の作文の書き方は?小学生・中学生・高校生がそのまま使える例文を一挙公開

税 の 作文

国税庁では、全国納税貯蓄組合連合会との共催により、全国の中学生の皆さんから「税についての作文」を募集しています。 これは、将来を担う中学生の皆さんが、税に関することをテーマとして作文を書くことを通じて、税について関心を持っていただき、また、税について正しい理解を深めていただくことを目的としているものです。 平成30年度には、7,511校から593,795編という多数の作品が寄せられました。 優秀な作品には、内閣総理大臣賞をはじめ総務大臣賞、財務大臣賞、文部科学大臣賞などを授与し、賞状及び記念品を贈呈します。 全国の中学生の皆さんからのご応募をお待ちしています。 例えば、• ・税のしくみや使われ方について家庭などで見聞きしたこと• ・税の申告や納付に関して思ったこと• なお、応募された作品はお返しできません。 入選作品については、[全納連ニュース]、[作品集]、[]、[国税庁ホームページ]及び[税のしるべ]などで紹介します。 (中学校名、学年、氏名とあわせて顔写真を掲載する場合があります。 なお、応募された作品については、 入選作品の発表のため、各納税貯蓄組合連合会の会報誌、各種新聞、国税関係機関の広報誌及び地方公共団体の広報誌に掲載すること、 本事業を広報するための印刷物やホームページに利用すること、 この他、税に対する理解を深めるため必要な広報活動に利用することがありますので、その点をご理解の上ご応募ください。 【主催】 、国税庁 【後援】 、 、 個人情報の使用について.

次の