ラスト シンデレラ。 ラスト シンデレラ

【ラストシンデレラ】無料動画を1話~最終回までフル視聴!Pandora・Dailymotionまとめ

ラスト シンデレラ

篠原涼子さん、そして三浦春馬さんなど多くの有名俳優・女優が出演しているドラマ『ラストシンデレラ』の映画化が中止された理由が話題になっています。 ラストシンデレラはちょっぴりHな大人のラブコメディとして、多くの方が注目したドラマです。 当然ながら映画化になると世間でも話題になっていました。 ですが、実際には映画化されず、そのまま時は流れてしまったのですが、なぜ映画化が中止されたのでしょうか? そもそも映画化は本当の話しだったのか? 今回はその辺りも中心に真相に深く迫っていきたいと思います。 通常ドラマから映画化される場合というのは2時間スペシャルが放送されて、そのドラマがある程度数字が取れれば映画化されるパターンが多いんです。 それに、映画化されたとしても、またはスペシャルドラマだったしても、時間は同じ2時間になりますので、ドラマの時とは違ったオリジナルのストーリーを作らなければなりません。 なので、ドラマの流れをある意味ぶったぎる必要があり、それでも数字が取れるかどうかを映画化して費用を掛ける前に、スペシャルドラマの視聴率で動向を見極めたほうがコケる心配がないでしょう。 小栗旬主演のドラマ『信長協奏曲』が良い例だと思います。 高視聴率をキープしていた『信長協奏曲』の最終回は明らかに、続きを思わせる展開で終了しています。 反対にラストシンデレラはどうでしょうか? 完全に完結している展開が印象的ですよね〜。 ラストシンデレラの最終回を視聴した人は理解できると思うのですが、あの終わり方から『映画化』は無理があるのでは?と疑問に思うのが普通です。 ですが、実際にラストシンデレラの映画化の話しがあったのは事実ではあるんですね。 では、なぜ今回ラストシンデレラがドラマ終了後すぐに映画化の噂が出たのか? それはフジテレビのある事情が絡んでいるようです。 それは海猿なんですね! 海猿が作者と揉めたことで浮いた映画予算 海猿は非常に数字の取れる人気作品ですが、フジテレビ側の手違いにより作者を激怒させてしまい映画化するための権利を作者が提供しないという最悪な自体になり、今後の映画化がなくなりました。 それに加えて踊るシリーズも完結し、現在の主力は東野圭吾の連作推理小説であり福山雅治さんが主演となっちる『ガリレオ』のみとなっていました。 この事から、フジテレビは映画の予算を使い切ることができない状態だと言われ続けていました。 映画化が噂されていた作品 これまでにフジテレビが映画化するのでは?と言われていた作品は下記の通りとなっています。 木村拓哉主演『プライスレス』• 小栗旬『リッチマン・プアウーマン』• 中居正広『ATARU』 などがあります。 この中で映画化となったのは中居正広さん主演の『ATARU』と小栗旬さん主演の『リッチマン・プアウーマン』ですね。 『リッチマン・プアウーマン』に関しては、2時間ドラマが公開されていましたので、流れ的に映画化になると簡単に予想はできましたね。 この傾向から紐解くと、ラストシンデレラと同様に、ドラマでの視聴率が高ければ、映画化の企画がフジテレビで会議されるという事です。 なので、映画化の噂がたってしまったのでしょう。 ラストシンデレラの映画化中止の本当の理由を考察 【ラストシンデレラ? 恋の川柳】 片想い 実らぬ恋ほど 残る恋 やりなおし きかない人生 だからいい? 信じれば 誰もがなれる シンデレラ? ラストシンデレラが映画化になる要素は先ほど解説した通り『高視聴率』『フジテレビの予算が余っていた』、この2点でした。 ですが実際にはラストシンデレラは映画化されていません。 今から、その理由を深く考察していきたいと思います。 ラストシンデレラの最終回が完全に完結型だったから映画が中止 確かにラストシンデレラは高視聴率をキープして、内容的にも面白い部分がありましたので、映画化の話しが出てもおかしくはありません。 ですが、最終回の内容がそのような完結型になると、どうも映画化に結びつかないんですね。 これは脚本家が意識した事なのか? それとも初めから、ラストシンデレラを映画化にするつもりではなかったのか? これは制作側にしか分からない事情ですね〜。 三浦春馬のスキャンダルが原因で映画化が中止 ラストシンデレラの映画化が中止された理由としては、ドラマの主人公である三浦春馬さんのスキャンダルが原因とされています。 実は当時、三浦春馬さんはモデルの岸本セシルさんとデートしているところを写真誌に撮られ、その直前には今最も嫌われていると言われている女優・蒼井優さんとも噂が浮上していました。 これだけならファン以外には気にならないところかもしれませんが、実は三浦春馬さんはラストシンデレラが放送される前には番宣で、年上女性好きですとかさんざん言っていたんですね、 で、ドラマが終わった瞬間すぐだったので興ざめしたという意見が多数を占めていたのです。 ラストシンデレラの視聴者の大半は女性でありますので、女性からの支持をなくしては観客も増えません。 世の中の女性はスキャンダルに敏感で、すぐに手の平を返す習性があります。 この事を懸念したフジテレビがラストシンデレラの映画化を辞退した可能性も高いんですね。 ラストシンデレラの内容が映画向きではない それと映画化されるということはこのドラマの売りであるちょいエロの路線を強めるのが予想されるので、さすがに映画館でそんなシーンを見るのは恥ずかしいといった意見もあったようです。 家でまったり見たいという意見が大半で、ドラマのウリと映画の相性がよくありません。 このように、スキャンダル、そしてフジテレビの予算などの様々な問題があり、ラストシンデレラの映画化は不透明のまま幕を閉じたという事なのです。 やはりフジテレビからしたら映画化はある意味ビジネスになりますので、デメリットが多すぎると判断したのでしょう! ラストシンデレラは家でまったり観る作品 要するに後悔するなって事だよ。 本気で好きならいいんだよ。 もし後悔することになっても納得できるだろうから失えば二度と戻らぬものもある 片想い実らぬ恋ほど残る恋 信じれば誰もがなれるシンデレラ?? 映画でなくても十分に楽しめる作品になっていますよ! 今から、ラストシンデレラのあらすじを第1話から最終回までご紹介していきますので、家でラストシンデレラを視聴する前に、是非チェックしておきましょう! ラストシンデレラ第1話 遠山桜(篠原涼子)は、美容室『HAPPY-GO-LUCKY』吉祥寺店の副店長を務める39歳の独身女性です。 スタイリストとしての腕は確かではありますが、自分のことになると無頓着な桜(篠原涼子)は、ある朝、あごにヒゲが生えているのを発見し、ショックを受ける。 同じ日、銀座本店の店長で、桜(篠原涼子)とは同期入社の立花凛太郎(藤木直人)が吉祥寺店の新店長に就任する。 毒舌のマイペース男・凛太郎(藤木直人)とはウマが合わない桜(篠原涼子)は、本社社長の萩原寿男(風間トオル)に直談判した。 ですが、不満があるなら辞めろと言われてしまう。 別の日、凛太郎(藤木直人)の顧客で、桜(篠原涼子)とも知り合いの大神千代子(菜々緒)が来店する。 千代子(菜々緒)の紹介で、合コンパーティーに参加することになった桜(篠原涼子)は、親友の美樹、志麻を誘ってパーティーに参加する。 ですが、誰にも相手にされず、ひとりで浴びるように酒を飲んだ桜(篠原涼子)は、酔いが回りロビーへと出てくる。 そこで桜(篠原涼子)は、プロのBMXライダー・佐伯広斗(三浦春馬)に出会い・・・。 ラストシンデレラ第2話 合コンパーティーに参加した桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)とホテルに泊る。 が、泥酔していた桜(篠原涼子)は、その夜のことを何も覚えていませんでした! あくる朝、帰宅した桜(篠原涼子)は、隣室で引っ越し作業が行われていることを知る。 何と、引っ越してきたのは凛太郎(藤木直人)だった。 そんな桜(篠原涼子)のもとに、広斗(三浦春馬)から連絡が入った。 交際を申し込む広斗(三浦春馬)に、嬉しいが年齢も違うから無理だ、と答える桜(篠原涼子)。 広斗(三浦春馬)は、桜(篠原涼子)から交際を断られてもめげずにメールを送り続けていた。 少しずつ気持ちを動かされていた桜(篠原涼子)は、勤務中もついメールが気になってしまう。 それに気づいていた凛太郎(藤木直人)は、仕事に集中しろ、と桜(篠原涼子)に活を入れる。 仕事を終えた桜(篠原涼子)と凛太郎(藤木直人)が店を出ると、そこに広斗(三浦春馬)が立っていた。 会いたくて来た、と言う広斗(三浦春馬)に、桜(篠原涼子)は一杯だけという約束でバーに付き合う。 が、桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)の友人から姉に間違われ、居心地が悪くなる。 それを察した広斗(三浦春馬)は、桜(篠原涼子)を外へ連れ出した。 桜(篠原涼子)はそんな広斗(三浦春馬)にいきなり頭を下げ、自分はもうすぐ40歳だと明かし、母親に間違われたら立ち直れないところだった、と言ってその場から走り去ってしまうのだった。 ラストシンデレラ第3話 桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)からキスをされたことですっかり恋愛モードに。 志麻(飯島直子)、美樹(大塚寧々)とともにパン教室に参加した際も、2人の会話が耳に入らないほど広斗(三浦春馬)のことで頭がいっぱいの桜(篠原涼子)。 ある日、桜(篠原涼子)は広斗(三浦春馬)に仕事のことについて尋ねる。 広斗(三浦春馬)は、BMXのプロライダーだと明かすと、今度練習を見に来て、と誘った。 その際、広斗(三浦春馬)から、次のデートは桜(篠原涼子)の家で手料理が食べたい、とリクエストされた桜は、さっそく部屋の大掃除を開始。 隣室の凛太郎(藤木直人)にも掃除を手伝わせると『SOBARエンドウ』の店長・健一(橋本さとし)から料理を習い始める。 ラストシンデレラ第4話 生理が遅れていた桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)の子を妊娠しているかもしれないと思い、妊娠検査薬を買いに行く。 その帰り、マンションの近くで凛太郎(藤木直人)に出会った桜(篠原涼子)は、妊娠検査薬を見られてしまい、事情を打ち明ける。 しかし桜(篠原涼子)は、結果を受け止める覚悟ができず、検査薬を使えずにいた。 旅行から戻った凛太郎(藤木直人)は、桜(篠原涼子)の部屋を訪ねる。 すっかり元気になった桜(篠原涼子)は、凛太郎(藤木直人)を部屋へ引っ張り込み、妊娠検査をするのを見届けてほしい、と頼む。 そんな折、久しぶりに広斗(三浦春馬)に会った桜(篠原涼子)は、熱を出して温泉旅行に行けなかったことを報告する。 凛太郎(藤木直人)が桜(篠原涼子)を病院に連れて行ったことを知った広斗(三浦春馬)は、自分は本気なのだから凛太郎(藤木直人)と仲良くするのは止めてほしい、と怒りをあらわにし・・・。 ラストシンデレラ第5話 桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)が待ち合わせに来なかったことに落ち込み、失意のまま自宅へ戻る。 すると、マンション前に人影があった。 広斗(三浦春馬)かと思いきや、博多に暮らす弟の聡(大林健二)と彼女の理恵(小松彩夏)だった。 2人は桜(篠原涼子)の母親に結婚を反対されたため駆け落ちしてきたという。 桜(篠原涼子)があきれながら聡の話を聞いていると、広斗(三浦春馬)が訪ねてくる。 どうしても抜けられない用事があった、と謝る広斗(三浦春馬)に年はいくつか、桜(篠原涼子)のどこに惚れたのか、などと聡が質問攻めにする。 姉思いの聡は、苦労してきた桜(篠原涼子)には誰よりも幸せになって欲しいと願っているのだ。 広斗(三浦春馬)が出場するBMXの大会が開かれることになり、桜(篠原涼子)は広斗(三浦春馬)のために神社にお守りをもらいに行く。 そして数日後、桜(篠原涼子)は志麻、美樹(大塚寧々)らとともに大会会場へ。 トイレへ行こうとした桜(篠原涼子)が、選手控室の近くを通ると、数人の男が1人を囲み殴る蹴るの暴行を加えていた。 桜(篠原涼子)が駆け寄ってみると・・・。 ラストシンデレラ第6話 凛太郎(藤木直人)が『SOBAR』にいると、広斗(三浦春馬)が来てカウンターに座った。 そこで凛太郎(藤木直人)が、大神という広斗(三浦春馬)の本名について話を振った。 さらに、大神千代子(菜々緒)との関係を聞き、広斗(三浦春馬)が答えると、そのことを桜(篠原涼子)は知っているのかと迫る。 そこへホストクラブ帰りの桜(篠原涼子)がやってくる。 広斗(三浦春馬)と合流し仲よさげに楽しむふたり。 凛太郎(藤木直人)はその様子を気にしつつ店を出る。 ラストシンデレラ第7話 桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)から衝撃の告白を受ける。 一方の凛太郎(藤木直人)は、千代子(菜々緒)から自分では恋愛対象にはならないのかと迫られていた。 それぞれ、恋の悩みを抱えた桜(篠原涼子)と凛太郎(藤木直人)。 美容室のスタッフルームで話をするうちに思わずキスをしてしまう!? ラストシンデレラ第8話 広斗(三浦春馬)が客として「HAPPY-GO-LUCKY」にやってくる。 桜(篠原涼子)がカットを担当し、楽しげにやりとりをするふたり。 一方、凛太郎(藤木直人)は集中力を欠き、スタッフからも不審がられる。 カットを終えた広斗(三浦春馬)は、千代子(菜々緒)に就職活動用の服を選んでもらっていた。 そんななか千代子(菜々緒)は、かすみが現れて以降、凛太郎(藤木直人)の様子がおかしいのだと言い、自分と凛太郎(藤木直人)の邪魔をしたら許さないと怒りをあらわにする。 別の日、「HAPPY-GO-LUCKY」に差し入れを届けに来たかすみが店の外階段を降りていると、かすみを突き落とすかのように背後からスッと手が伸びる。 そこに居合わせた桜(篠原涼子)は? ラストシンデレラ第9話 凛太郎(藤木直人)が帰宅すると、マンションの入口に千代子(菜々緒)が立っていた。 仕方なく千代子(菜々緒)を部屋に招いた凛太郎(藤木直人)がキッチンにいると、千代子(菜々緒)は下着姿になっていた。 慌てた凛太郎(藤木直人)に背中の大きなやけどの痕を見せた千代子(菜々緒)は、自分を抱いてくれと凛太郎(藤木直人)に懇願する。 後日、桜(篠原涼子)は広斗(三浦春馬)のBMXの練習を見守っていた。 やがて休憩時間になり、桜(篠原涼子)のところへ来た広斗(三浦春馬)は全国大会で優勝したら自分と結婚してほしいとプロポーズした。 指輪まで差し出された桜(篠原涼子)は・・・。 ラストシンデレラ第10話 広斗(三浦春馬)が自分に近づいたのは千代子(菜々緒)のためだったと知った桜(篠原涼子)は、パーティー会場を飛び出した。 桜(篠原涼子)を追った凛太郎(藤木直人)は、マンションの屋上に寝転がる桜(篠原涼子)を見つけた。 部屋に戻った桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)が誕生日の桜のために飾り付けた空間を呆然と見つめる。 すると、チャイムが鳴った。 広斗(三浦春馬)だった。 広斗(三浦春馬)はドアの向こうで必死に謝罪するが、桜(篠原涼子)はドアを開けない。 そこへ、隣室から現れた凛太郎(藤木直人)が広斗(三浦春馬)を帰らせてしまうのだった。 ラストシンデレラ第11話 美容室『HAPPY-GO-LUCKY』の支店をオープンさせるため、ニューヨークに行くことになった凛太郎(藤木直人)は、桜(篠原涼子)に一緒にニューヨークに来ないか?と誘う。 その頃、広斗(三浦春馬)は、いよいよBMXの全国大会の日を迎えていた。 千代子(菜々緒)の凛太郎(藤木直人)への思いはどうなるのか? そして、広斗(三浦春馬)と凛太郎(藤木直人)、2人の間で心が揺れる桜(篠原涼子)。 ラストシンデレラはドラマ史上、最もセクシーで面白い恋愛ドラマとして多くの方から支持されているドラマです。

次の

ラストシンデレラの映画化中止の理由とは?

ラスト シンデレラ

女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。 そんな彼女たちの中には、過労やホルモンバランスの崩れから髪の毛が薄くなったり、男性のような濃いヒゲが生えてきたという人も見られるという。 また、ある調査によると、25歳~35歳の未婚女性の約6割が「自分がオス化している」と感じているそうだ。 (2009年NEC調査) 29歳の時には、「結婚」か「仕事」かで悩めば良かったけど、39歳オス化女子になるとそれに加えて、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてくる。 『ラスト・シンデレラ』は、そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」たちの姿に迫り、現代女性の姿を赤裸々に描いた作品となる。 そして、今回主人公の39歳のおやじ女子・遠山桜には、2006年の「アンフェア」以来、フジテレビの連続ドラマは約7年ぶりの主演となる篠原涼子が決定した!男女問わず「憧れの女性」として圧倒的な支持をうけ、ますます美しさに磨きがかかった彼女が、なんと!このドラマでは「オス化女子」に挑むことになる!今まで見たことがない篠原涼子が見られそうだ。 そんな桜があるパーティーで出会い、惹かれていく、佐伯広斗を演じるのは、爽やかな魅力と確かな演技力を併せ持つ三浦春馬。 今回は、彼の今までのイメージを裏切る、年下男子・肉食系な役になりそうだ。 さらに、桜にとっては何でも言い合える性別を超えた関係の立花凛太郎には、最近さらに大人の色気と俳優としての深みが増してきた藤木直人が、桜の親友で専業主婦。 姑との関係と夫とのセックスレスに悩む武内美樹役には大塚寧々、桜の親友でフェロモンを撒き散らす肉食女子・長谷川志麻には飯島直子、お嬢様役で凛太郎に恋をしている・大神千代子には菜々緒など、豪華な顔ぶれが揃った。 現代女性たちのリアルな姿を中心にそれを取り巻く人たちの様々な人間模様を描く、笑えてドキドキして切なく楽しいラブコメディーがこの春話題を呼ぶことは、間違いない!.

次の

【全話無料】ラストシンデレラ動画1話無料視聴方法!

ラスト シンデレラ

篠原涼子さんと三浦春馬さんのキス ラストシンデレラでのキスシーンはとにかく凄いのが多かった!というのが印象です。 特に篠原涼子さんと三浦春馬さんのキス。 三浦春馬さんの「キステクニック」と言ってもいいあのキスの流れは「これドラマですよ…ね」というほどすごい。 妄想してドキドキした女性はたくさんいたのでしゃないでしょうか。 とにかく興奮度はありますね間違いなく(笑) 「ラストシンデレラ」のあらすじ ヘアーサロンで、副店長を務める遠山桜(篠原涼子)。 彼女は仕事は出来るが、私生活は自堕落かつ無頓着。 多忙な生活を送っていたある日、自分の顎にヒゲが生えていたことに気づきショックを受ける。 そんな中、桜は新店長・立花凛太郎(藤木直人)とBMXライダーの佐伯広斗(三浦春馬)という魅力的な2人の男に出会う。 色気がある大人の恋愛模様を描いたドラマで、凛太郎派とヒロト派に分かれた女性もたくさんいると思います。 本当に全体的にお色気あり、ハラハラ・ドキドキのラブコメといった感じですね。 毎週木曜楽しみにしていた女子も多いかと^^ 視聴率も凄かったみたいです。 何でも7話目まで視聴率ダウンしなかったのだとか。 「半沢直樹」並にドラマ史上すごい記録だったそうです。 三浦春馬のキステクニック さてさて、では上記でも書きましたが、三浦春馬さんのキステクニックについて、もう少し詳しくまとめたいと思います。 まずはこのシーン…から… 三浦春馬さんの手に注目です。 首もとに添えてもう片方では腰回りに。 見た目以上に密着感を感じると思います。 そして… 有無を言わせないベッドなだれ込みキス。 そして、また三浦春馬さんの手に注目です。 手首を持ってキス…です。 これはヤバい(笑) 自由を奪いながらのキス。 これアドリブ入ってるんじゃないかなぁってぐらいドキドキするキス。 三浦春馬さんは肉食系であるとの噂もありますが、これを見るとうなずける気が… 手首を持たれ、身体の自由を奪われてからのキス。 されるがままのキス。 やられてる方は興奮度あがりますよね絶対(笑) 篠原涼子さんはこの時どうだったのでしょうね〜 これを見た女性は・・・かなりキュンキュン状態になったらしい.

次の