すぐ体調崩す人 仕事。 「体調管理も仕事のうち」が間違って解釈されている

妻が体調を崩すと、心配より先にイライラしてしまうようになった。

すぐ体調崩す人 仕事

Contents• 「体調管理も仕事のうち」に感じる違和感 風邪をひくと、突然高熱が出ることがあります。 あるいは酷い頭痛におそわれたり、下痢が重なってとても仕事が出来る状態ではなくなることもあるでしょう。 仕方がなく「今日はお休みをください」と会社に連絡すると上司から、「体調管理も仕事のうちだろ、この忙しいのに何やってんだ!と叱責を受けました。 さて、実際に職場でよく見る光景ですが、あなたはどう思いますか? 「体調管理を怠って風邪を引いた人が悪い」 と思いますか? 体調不良は誰にでも起こることです。 急な発熱や腹痛、腰痛に襲われることも誰にでも起こりうることなのです。 実際ぼくは40歳を超えてから、朝起きて普通に座ろうとしただけで腰を痛めたことがありました。 あまりの激痛立つことどころか動くことも出来なくなり、突然3日も休みを取らざるを得なかったのです。 医者からは「歳だから」と言われ、ゆっくり動くことを勧められました。 こんな状態になっても「体調管理も仕事のうち」なのでしょうか? 体調不良は誰にでも起こりうること。 これを前提にして考えると「体調管理も仕事のうち」はおかしな考え方ですよね。 「体調管理は仕事のうち」とは こんな言葉を作るからいけないんだよな。 と、思ってしまいますが…。 「体調管理も仕事のうち」とは、もともと二日酔いや夜更かしなど、仕事に支障が出ることはしないようにしよう。 と言う意味です。 風邪をひくな!とか、自己責任だから具合が悪くても仕事をしろ!と言う意味ではありません。 例えば二日酔い。 お酒を飲み過ぎれば翌日には気分が悪くなったり、吐き気や頭痛がするのは誰でも知っていることです。 なので「飲み過ぎて体調が悪いから休ませてください」と連絡すれば、「体調管理も仕事のうちだろ」と言われるのです。 つまり、自分で管理すれば体調を崩すことは無かったのだから 自己管理をきちんとしろ!と言う意味で「体調管理も仕事のうち」だと言われるのです。 ノロウィルスや発熱、腰痛などで体調を崩すこととは、別問題。 気を付けていても感染することや熱が出ることはありますから「体調管理も仕事のうち」にはならない。 間違っても「具合が悪くても仕事に来い!自己責任だ!」と言う意味ではありません。 急な発熱を報告したらありえない指示を受けた ぼくはプレゼン当日に高熱を出したことがあります。 前日の夜まではすごく元気でしたが、寝て起きたら39度の熱が出ていたのです。 さすがに電話を入れて休もうかと思ったのですが、若干の申し訳なさを感じ、会社に出勤して直接休みをもらうことをお願いしようと出勤したのです。 まぁ、出勤したのもよくなかったのですが。 そして上司に体調不良を報告し、申し訳ないとお詫びをしたところこう言われました。 「代わりを見つけてこい」と。 少し話を脱線しますが、病欠で人が不足した場合代わりを見つけるのは休んだ人ではなく会社になります。 それを従業員に命令するのは業務命令権の汎用となり無効です。 まあそこまで考えなくても、具合の悪い人に「代わりを探せ、じゃないと休ませない」と言った表現をするのはどうかと思いますけどね。 なので、39度の熱が出ている人に対して「代わりを見つけてこい」と言うのは、まったくのお門違い。 そして立て続けに「体調管理も仕事のうちだ」と言われたのです。 関連記事: 突然休むのは迷惑かもしれない、でも休まないのも迷惑だ 突然休みを取られると、その人の仕事は周りの人がフォローしないといけなくなります。 それだけに「休まれると迷惑だ」と思う人もいるでしょう。 最近は減りつつありますが、テレビCMでも「この薬を飲んで働こう」と言った趣旨を見かけることがあります。 そういった風潮、「具合が悪くなるのも自己責任、だから無理をしてでも仕事をしろ」と言った考えが日本にはあるのかもしれませんね。 でもはっきり言いますが、風邪を引いた人やに出勤される方が迷惑です。 もし風邪が周りの人にうつったらどうしますか? インフルエンザを隠して出勤し、部署全員にうつした総務部長を知っていますが、無理をして出勤するととんでもない事態になることもあるのです。 「体調管理も仕事のうち」 その考えをもとに、みんなで病気になり会社の機能をマヒさせてみますか? 病気は望まないのになってしまうことがあります。 日々体調管理に気を付けていたとしても、突然熱が出ることは誰にだってあるのです。 二日酔いや寝不足のように、自己管理で防げるものに対しては「体調管理も仕事のうち」で構いません。 でも、本人ではどうしようもない病気については、「お互いさまの心」で助け合うべきです。 「仕事」なら会社は給与を払え さて、「体調管理も仕事のうち」は、考え方によっては退社後も明日の仕事を問題なく行うために、「体調管理」と言う「仕事」を継続して行わないといけません。 つまり、帰宅後も会社に拘束されていると考えることが出来ます。 となれば、「体調管理」という「仕事」を行うための環境は会社が要する必要があります。 当然給与も支払うべきです。 つまり365日24時間、常に「体調管理」と言う「仕事」が出来る環境を用意し、「仕事」として「給与」を支払うべきなのです。 えぇ、屁理屈です。 むちゃくちゃ言っていることはわかっていますよ。 でもそういうことですよね。 「体調管理も仕事のうち」だと言うのなら環境を用意して給与をはらえ!と言う意見を読んで、「その通りだ」と思った方も多いのでは? 「体調管理も仕事のうち」だと指導し、「仕事」だと言い切っているのですから。 最後に 「体調管理も仕事のうち」を強調し、風邪で休むこともできない職場なら正しい意味を話しても意味がありません。 その会社は完全にブラック、労働環境が劣悪だと言い切れます。 どこかに訴えるか転職を考えてください。 (ちなみに労働問題の相談先は、「」を参考にしてください。 ) 「体調管理も仕事のうち」とは、二日酔いや寝不足と言った自分で管理出来ることをしなかった場合に、戒めの意味を込めて使う言葉です。 体調不良や病気と言った自分では管理しきれないことに対して言う言葉ではありません。 この言葉を盾に病気なのに出勤を強要したり、代わりを見つけないと休ませないと言った対応をとる会社で働いているのなら、すぐにでも転職することをお勧めします。 体を壊してしまっては、元も子もありませんから。

次の

体調自己管理できない!病弱社員が健康維持する8のポイント

すぐ体調崩す人 仕事

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、このページには人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだなと思うところが多々ありますが、当時の素直な気持ちを残しておきたいと考え、あえてそのままに公開いたします。 この点をご了承いただけますと幸いです。 ちなみにこの記事を書いた後、もうひとり子どもが生まれ、現在は家族5人、大変ながらも楽しく生活をしております。 ほう太パパ 娘を出産後、妻が体調を崩すこと(いわゆる風邪)が増えている。 平均したら月に1回くらいのペース。 季節的なものもあるし、慢性的な睡眠不足もあるし、小児科にも子どもたちを連れて行ってくれるから、いろんな原因が考えられる。 だから体調を崩してしまうことはやむを得ないと思うんだけど、問題はぼく個人のことで、妻が体調を崩したときに、心配するよりも先に気が重くなってイライラしてしまうのだ。 パートナーである夫として、というか人として、あるまじきことだと思いつつも、反射的なものなのでどうしようもない。 気が重くなる理由はいろいろあるけど、一番は、ふたりの子ども(3歳の息子と0歳の娘)の面倒を一手に引き受けなくちゃいけなくなるからだ。 もちろん妻に非があるような話でもないので、妻を責めるなんてのは筋違いだ。 だけど思わず、「また?」と言ってしまいたくなる。 しかしそんなことを言えば、自分の心の狭さがばれるようで、一生懸命自分の本心を押さえる。 そうしてどうにかこうにか 「大丈夫? ゆっくり休んでいいよ」 と、口にする。 きっとそのときのぼくは、帰宅直前で上司に仕事を押しつけられたときのような、ギリギリの表情をしているにちがいない。 もしくは完全に表情を殺しているとか。 ぼくのそんな様子に気づいているのかどうかは知らないけど、 妻は「ありがとう」と言って寝室で休む。 妻が体調を崩したのが休日の場合、ゆっくり寝室で休養を取ろうと思っても、3歳の息子が妻にちょっかいを出す。 しばらくはぼくと遊んでいても、なにかの拍子に 「ママ、だいじょうぶかなあ、みてくるねー」 と言って寝室に走って行ってしまうのだ。 6ヶ月の娘を抱いた状態では、息子を静止させるのは容易ではなく、結局寝室に逃げられてしまう。 寝室を開けた息子は 「だいじょうぶですかー?」 と大きな声で叫ぶのだ。 それだけで済めばまだいいほうで、妻の横にごろんと寝転がったり、パンパンと体を叩いたり「ちっくん(注射のこと)しようねー」とか言う。 こうやって文章化して、心にゆとりのある元気な状態で読み返せば、息子の言動はほほえましい。 だけど、妻が体調を崩しているその瞬間は 頼むからやめてくれー! ってなってしまう。 妻が休養を取れないのはもちろんだけど、どちらかというと妻が不機嫌になってしまうことがぼくはおそろしいのだ。 身勝手だと思うけど、妻が体調を崩しているときは、ぼくにも余裕がない。 娘を抱っこし息子の遊び相手になって疲れている状態で、妻に不機嫌になられるともう完全に、完膚なきまでにお手上げだ。 子ども2人をお風呂に入れてようやく床についてくれたとき、もうぼくにはテレビをつける元気もない。 今日、なにしてたんだっけかなーとぼんやりと天井をながめる。 たくさんやったはずなのに、なにもやってないような、そんな虚無感をただよいながら、明日には妻の体調が少しでもよくなることを祈って、(しかもそれは妻のためでなく、自分のための祈りだ)ぼくも寝る。 妻から「ちょっと体調が・・・」と聞いただけで、上に書いたような一連の流れが頭の中で瞬時にシミュレートされる。 そうして心配よりも先にイライラしてしまう体になってしまった。 妻にも悪いし、自分のことが嫌にもなるけど、これは事実だ。 まあ、しかし、ウジウジと悩んでいても仕方がない。 目の前には乳飲み子と、イヤイヤ期真っ最中の息子がいる。 (ああ、そういえば、妻はどんなに体調を崩していても、完全に母乳で育ててるので、がんばっておっぱいをあげる。 ほんと、すごいと思う) 自分の思い描く夫婦の関係や育児というのはあるけど、必ずしもそれにそぐわない現実があったとしても目をそむけず、受け入れなきゃね。 だってその日1日をとにもかくにも乗り切らなきゃいけないんだから。 子どもたちも含めて。 余談だけど、妻が体調を崩せば、かなりの高確率で自分も崩す。 そして子どもたちも崩す(子どもの病気が妻にうつるほうが多いけど) とにかく、家族のだれかが体調を崩せば、みんな崩すのだ! たとえそうなっても、ぼくらは屈しない。 何度でも立ち上がる。 健康に乾杯! (追記。 なんかこの記事だけ読むと深刻に悩んでるふうに見えちゃうかもしれませんが、これはどちらかというとグチエントリーです。 ご心配いただきありがとうございます) こちらの記事もあわせてどうぞ。 twitterやってます。 5月2日と6日がお休みの幸運なあなた、ぜひその日はお子さんを幼稚園、保育園に預けましょう。 1週間もお休みになったら子どもは行きたがらないよ。 そして子どもを預けたら夫婦でデートしましょう。 それがあなたがやるべきことです。 と、私は思うのです。 2日も6日も仕事だけど。 — ほう太パパ houta30 houta30.

次の

体調を崩すのが頻繁すぎる!すぐにできる対策は?食事は何が良いの?

すぐ体調崩す人 仕事

Contents• ストレスが体に出る場合、もうどんな理由でもそこにいてはいけない まず最初に1番言いたいのはこれです。 この仕事をしていると、この会社に通うとなんども体調を崩す、という場合、もうあなたはどんな理由にせよそこに残ってはいけません。 部署を変えるか、根本的にその会社が無理だと感じているならやめるかです。 そうでもしないと、心身の状態はどんどん悪化するし、我慢していても出るわけなので本人にはもうどうにもできません。 本人だけが壊れます。 これはHSPでなくてもそうですが、HSPだととくにそうです。 体調を崩すというのは、どちらかというと体自体が弱いというよりも、刺激に敏感なため自律神経が乱れやすいHSPは、そのせいで体調を崩しやすいです。 自分やほかのHSPを見ていても、もともとの体がすごく弱いという感じはあまりせず、普段は元気です。 ただ、「あるストレス環境にいると、本人だけやたらと体調を崩しまくる」という出方が激しい人が多いです。 つまり、体そのものが悪いのではなく、ある環境にいてストレスを受けて神経がずっと乱れているからなんらかのストレスホルモンやらが分泌され、体調を崩すというのが正確。 体調をもっとも崩した5つの時期を分析した結果:これはストレスのせいだ わたしは自分がどうしてそんなに体調を崩すのか最近まで理解できず、HSPは神経が乱れやすいため心身の調子をどうしても崩しやすいという説明を見て、やっと納得できました。 書いてあった本はこれです。 そして、数ヶ月レベルで体調を崩していた時期があり、それはどんな特徴があるのか分析したら、明確に強いストレスを受けていた時期と重なったのです。 小さくて抵抗力がなかったというのもありますが、今考えると幼稚園の環境のせいもあると思います。 幼稚園はいままで通った学校の中で1番さわがしくてうるさく、子供がいっぱいに教室につめこまれています。 毎日わたしにとっては意味不明なアクシデントばかり起こります。 骨折で初日からずっと休んでいる子もいれば、給食がまずくて吐いてしまう子もいます。 けんかして全員からバッシングされる子もいましたし、けがをする子もいます。 また全員でやらなければいけないものが多く、灼熱の中の運動会練習、歌、発表会、誕生日会など緊張や疲れの連続です。 こんな混沌とした環境だったので、これがHSPの私の脳にいかに刺激過剰だったかと自分をなぐさめてあげたいほどです。 それまで小学校ではエリート、中高は女子だけの一貫校なので強い刺激にさらされず、比較的安心して育ちました。 そして大学に入り、話したこともない男子や、年上の先輩ばかりの環境、自己主張の強い人ばかりの場におかれます。 サークルを3つかけもちしており、ひとつは面接もある大きな国際団体で、毎日集まったり遊んだりなにかの予定がありました。 このとき1ヶ月以上、せきがずっと止まりませんでした。 こんなに絶え間なくいろいろな人と接する環境にいたら、HSPにとっては楽しさも刺激なので、無自覚なストレスはものすごかったはずです。 ほんとうの最後の方は完全に体調崩してて熱もあった気がします。 何社行っても行きたい会社がなく、なりたい社員像も見つからず、受からないことよりも憧れを一切描けないことの方がきつかったです。 本当に不毛で、行きたくもないのになんで受けないといけないんだろうとか、もうなんでもいい気がしてきたとか葛藤しながら、煩雑なことへのストレスも加わってすべてがいやでした。 終えてからすぐせきはおさまった気がするので、人間て素直だなあと思いました。 そして当時は会社が19連勤とか終電とか6時出社で家でもやんないと終わらないからこんなに体を壊すのかなと思っていたのですが、今考えるとそれだけではありません。 当時8ヶ月くらい同期と同棲していて、人がいるだけでも疲れるしマイナスの発言を受けていやな気分になったことが多かったので、大いにこのせいもあると思います。 この時代のツイッターさかのぼると具合悪いしか書いてなくてやばかったですw 毎日熱とだるさがあり、1日テレアポ100コールしないといけないのに1コールで死にそうで、テキトーに電話切って履歴立ててましたw 仕事できもしない新卒のだれかがいつも会社で怒鳴られており、パブロンという強めの風邪薬の大瓶が半年で400錠なくなりました。 当たり前ですがもうその同棲相手は振りました。 あまりにも神経が張ってなにをしても心が回復しなくなり、仕事最後の前後で1、2ヶ月ずっと微熱が続きました。 ものすごい疲れを毎日感じていて、人に会っただけでよく夜に熱が出ました。 移住前の一生やりたくない電話や複雑な書類や契約関係に毎日ストレスを感じ、電話1本かけることを考えただけで最悪の気分になります。 マルチタスクになるのも超ストレスでした。 いくつやっても頭がつねにぐちゃぐちゃしました。 だいぶやったから今はいったん落ち着いたけど、疲れたから移住するのにそれまでに頭おかしくなりそうでした。 胃が弱る、吐き気を訴えるHSPが多い理由 ほかのHSPを見ていて、わたしもそうなのですが、吐き気や気持ちの悪さ、胃に出る方が多いです。 医学的なことはわかりませんが直感的にとても納得が行きます。 HSPは受けられる刺激の限界量を超えたときに体調が崩れるので、「もうなにも感じたくない、吸収できない状態」です。 これがそのまんま、食べ物や外に出ることを受け付けなくなる吐き気として出るのは、なんだか体ってよくできているなあと思います。 たぶん心もその状態で、たまったいやなものを出したい、もうなにも入れたくないんです。 体調不良の意味は、「もう外に出るな!休め!」 最近、熱が出るときは敏感な神経が「もう出ちゃいけない!休んで!」というサインを出しているんだなと思えるなりました。 季節性のかぜなどを除き、HSPの体調不良はだいたい刺激の受けすぎによるものだと思います。 楽しいことでも、刺激には変わりないのでそのあとに体調を崩すこともあります。 体は正直なので、不調を感じたら、無視せずに休みましょう。 他の方を見ていても体調の原因がストレス。 あなたはどう? たくさん書いてきたわたしの例で、ストレスがどれだけ体に悪影響かわかってもらえたと思います。 ほかのHSPの方と直接話したりツイッターを見ていると、彼らが体調不良を訴えている時期はだいたい、会社と合っていないか、もうそこをやめる直前の時期です。 HSPは外界からの刺激でいっぱいになりやすいからか、自分の体調不良に気づきにくいことがあります。 わたしもそうで、インタビューをしたり外に出ていてなんだか疲れたと感じたら37度、みたいなことがめちゃくちゃ多いです。 あなたがもしずっとおなじ症状の体調不良が続くなら、1番なんのストレスを受けてそうなっているのか考えてみてください。 じゃあまた。 HSP才能開発サポーターなお 世界をエネルギーで満たす人。 人の才能開発が大好きで、HSP才能開発サポーター・才能金脈リーディングの創始者の2軸で活動する。 人の幸せな成功シナリオを見てこんなふうになりますよと伝えるのが好き。 中高一貫校の硬い都内女子高を卒業後、私大進学という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。 ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。 全国150人の撮影サークル事業に。 その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。 HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動をしてきた。 その間で「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。 日本で1冊目のHSPHSS本、「HSPHSSあるある50選」等アマゾンで好評発売中。 元、東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。 現在は埼玉東京に戻り、ここにいたんだろうなあと思う過去世でいた場所への旅を毎月実験中。 世界の楽園をたくさん見つけたい。 大量の本、セミナー、学ぶこと、好きなものをおすすめすること、いいお店を見つけて連れて行くこと、国際経済、海外、スピリチュアル、海、島、花、動物、撮影、いい音、ホテルラウンジ、のんびりすることが好き。 よく島にいます。

次の