アボガド 6 ツイッター。 私の考えていた絵の構図がアボガド6さんのイラストとそっくりでした、自分の切断...

心を締めつける、アボガド6さんの考えさせられるイラスト50選

アボガド 6 ツイッター

メーベル• 雨とペトラ• レディーレ• アマドール• Cambell• Dolly• mock• Carol シロ• サヨナラノセカイ ゆずひこ• Princess's dope さくらば• テーブルトークマナーズ• アイアムアヒーロー• ツギハギライアーズ• ブラインドタッチ チームカミウタ• はないちもんめ• くたばれPTA(梨本うい作曲、はしやん)• ミカヅキリサイズ()• 星月夜• 宛らバイバイ(koyori)• 悋気な惑星()• パリピポ Emily E Dickinson(Harima〆)• 死んだ魚の眼を瞑る MI8k• もぬけのからだ• 絶対的少年値• ぬゆり(Lanndo)• 命ばっかり• 祈りは空っぽ DVD [ ]• 『おばけフィルム』(自主制作、2015年)• 『おばけカタログ』(自主制作、2016年) 書籍 [ ]• 『空っぽのやつでいっぱい』(、2017年、)• 『果実』(KADOKAWA、2018年、)• 『やさしさいっぱいの土の上で』(KADOKAWA、2018年、)• 『剥製』(KADOKAWA、2019年、)• 『幸せをあなたに』(KADOKAWA、2019年、電子書籍)• 『野菜の国の冒険』(KADOKAWA、2019年、イラストカードブック)• 『上映』(KADOKAWA、2020年、) 音楽 [ ]• hand/ 脚注 [ ].

次の

心を締めつける、アボガド6さんの考えさせられるイラスト50選

アボガド 6 ツイッター

メーベル• 雨とペトラ• レディーレ• アマドール• Cambell• Dolly• mock• Carol シロ• サヨナラノセカイ ゆずひこ• Princess's dope さくらば• テーブルトークマナーズ• アイアムアヒーロー• ツギハギライアーズ• ブラインドタッチ チームカミウタ• はないちもんめ• くたばれPTA(梨本うい作曲、はしやん)• ミカヅキリサイズ()• 星月夜• 宛らバイバイ(koyori)• 悋気な惑星()• パリピポ Emily E Dickinson(Harima〆)• 死んだ魚の眼を瞑る MI8k• もぬけのからだ• 絶対的少年値• ぬゆり(Lanndo)• 命ばっかり• 祈りは空っぽ DVD [ ]• 『おばけフィルム』(自主制作、2015年)• 『おばけカタログ』(自主制作、2016年) 書籍 [ ]• 『空っぽのやつでいっぱい』(、2017年、)• 『果実』(KADOKAWA、2018年、)• 『やさしさいっぱいの土の上で』(KADOKAWA、2018年、)• 『剥製』(KADOKAWA、2019年、)• 『幸せをあなたに』(KADOKAWA、2019年、電子書籍)• 『野菜の国の冒険』(KADOKAWA、2019年、イラストカードブック)• 『上映』(KADOKAWA、2020年、) 音楽 [ ]• hand/ 脚注 [ ].

次の

アボガド6さんの描くシニカルなイラストがクセになる!

アボガド 6 ツイッター

Twitterのフォロワーは、実に110万人超。 アボガド6の作品の多くは、社会風刺的であり、独特でスタイリッシュなイラスト。 人間の心の闇や世間にはびこる問題を独自の視点で切り取り、1枚絵にして見せている。 Twitterでは、「言葉無きイラストが持つ力を思い知らされる」「絵も意味も深いから好き」「メッセージ性がすごい」と、作品に圧倒されたというコメントが多数。 数文字のタイトルのみで一切説明はないが、雄弁すぎるイラストが若者を中心に多くのユーザーから支持されているのだ。 アボガド6は、2011年から活動を開始し、ニコニコ動画を中心に楽曲への映像提供を行ってきた。 映像のほかにイラストや漫画の制作を行い、漫画作品『やさしさいっぱいの土の上で』や、イラスト作品集『剥製』(ともにKADOKAWA刊)などを発表。 今年1月には、シンガー・ソングライターの須田景凪の1st EP「teeter」に収録されている楽曲のミュージックビデオを制作したことを発表。 須田景凪は、代表曲「シャルル」を生み出したボカロP・バルーンとしても活躍し、注目の存在だ。 最近の児童虐待やネグレクトを風刺したような作品『いってきます』では、散らかった部屋で眠る母親を後に、1人登校しようとするランドセル姿の少年が描かれている。 子どもの頬には、虐待の跡とも思われるガーゼ。 これを見たTwitterユーザーは、「見た瞬間に涙があふれた」「同じ境遇の子がたくさんいるのかもと思うと切ない」「ほんとに、今の日本ですね」など、多くのコメントを残した。 また、同様に『生まれてごめんね』は、パックの卵から孵化してしまったヒヨコと人間を描いたイラスト。 「最近多い、事件の子どもの気持ちだね」「生まれてきて悪い命とは何なのか?」などの声が寄せられた。 ほか、顔を覆うドーム内で喫煙する『分煙』には、コメント欄がユーザーたちが喫煙者に対する意見を述べ合う場に。 サラリーマンのようなスーツ姿の電球人間たちを描いた『イルミネーション』(切れかけの電球人間を周りが支える)には、「ブラック企業みたい」「連帯責任か」「夜景が綺麗に見えるのは社畜がいるから」と、イラストに込められた風刺に、それぞれが思いを馳せていた。 面白ネタ多いSNSで、考えさせる作品でバズる特異な存在• アボガド6のイラストには、ほかにも孤独や死、いびつな人間関係を扱った作品が多い。 中にはほのぼのとした内容も挟まれるが、なにがしかのメッセージが込められていることは変わらない。 ときおり漫画作品も発表されていて、子ども(実はロボット)と犬の切ない交流を描く『無臭』という連作には、13万超のいいねが付いた。 TwitterなどのSNSでは、一般ユーザーが作品や写真を投稿し、それがバズることも多い。 だがそういった作品は、得てして「面白い!」「すごい!」といった反応を集めていることが多いのではないかと思う。 対してアボガド6の作品は、描かれた人物は今どきっぽく可愛らしいのに、ユーザーの心を深くえぐったり、気づかせたり、考えさせたりしている点が特異であろう。 毎月25本以上のイラストを発表しているだけに、アボガド6がどんな事柄をテーマに描いていくのか、今後も目が離せない。 イラスト集『剥製』 【インフォメーション】 (外部サイト) (外部サイト) (外部サイト) 最新イラスト集『剥製』(KADOKAWA刊)が発売中.

次の