うち の 娘 の ため。 【うちの娘】アニメ続編2期の可能性は?放送日と内容も予想【うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。】|漫画最新刊の発売日と続き速報

【海外の反応】うちの娘 11話「ラティナのためならば、俺はもしかしたら円盤を全て買えるかもしれない。」

うち の 娘 の ため

デイルとラティナの関係が変わる出来事と2人の年齢 出来事と年齢、小説の巻数の一覧 出来事 デイルの年齢 ラティナの年齢 小説の巻数 2人の出会い 18歳 7歳 1巻 デイルの故郷への長旅 20歳 9歳 2巻 ラティナの告白 25歳 14歳 3巻 デイルの意識の変化 4巻 婚約 26歳 15歳 5巻 デイルの魔王への復讐 推定26~28歳 推定15~17歳 6巻 甘々な日常 7巻 結婚 推定29歳 推定18歳 8巻 2人が婚約した以降の年齢は、作中で年齢描写が無いため推定としています。 結婚した年齢をラティナ18歳と推定する理由は、 2人が活動している ラーバンド国では 18歳以上が成人として認められるため。 ですので、デイルとラティナは 出会いから11年後に結婚、11歳差の夫婦となった と私は思っています。 出会いから11年後に結婚した、11歳差の夫婦 年齢が一回り違う夫婦なのか 現実でも夫婦で年齢が一回り離れているということは、 多くはないですがあります。 個人的には、20歳前後も年齢が離れているとなれば 「それはちょっと・・・」 となってしまいそうですし、一般的な感覚としても同じだと思います。 ですが、10歳前後の年齢差の夫婦ということであれば、 あまり違和感なく受け入れられるものではないでしょうか。 ということで、 「2人の年齢の差」というもので賛否が分かれているものではありません。 そこで、 賛否が分かれる原因として考えたのは、 娘 むすめ(こ)という言葉の捉え方の違い。 「娘」という言葉の捉え方の違いによって賛否が分かれる 保護者 デイル と 娘 ラティナ という関係からはじまる2人。 この「娘」という言葉を• 「自分の子供」としての娘• 「男ではない異性」としての娘 どちらとして捉えるかによって賛否が分かれると思います。 序盤は「自分の子供」として感情移入しがち 序盤は特に「自分の子供」という観点で感情移入する人が多いと思います。 出来事で言うと「2人の出会い」~「ラティナの告白」までの部分。 小説で言うと1巻~3巻。 マンガだと現在(2019年7月)既刊の5巻でも、まだこの部分ですね。 アニメは放送中なので分かりませんが、全12話を使って このあたりまでを映像化するのではないでしょうか。 (なのででは 「親バカ」系のアニメだと紹介しました。 ) ここまでは、デイルもラティナを本当の娘のように可愛がり親バカを発揮します。 中盤からは「自分の子供」として見ると、気持ち悪い 中盤の「デイルの意識の変化」からは、 自分の子供という観点だとつらくなると思います。 小説だと4巻以降。 ここからは、「娘」が 「自分の子供」という観点から 「男ではない異性」という観点に 話の流れが変わっていくタイミングです。 小説1~3巻までは デイル「娘が可愛すぎる」 読者「わかる」 デイル「初めて貰ったプレゼントなんて、周りに見せびらかしまくるほど尊い」 読者「すごくよくわかる」 と、 共感を持ちながら読めていたものが、 4巻を超えたあたりで デイル「娘が可愛すぎるから、もう嫁にするわ」 は? と、 唐突な裏切りを受けたかのように感じ、 この 作品に対して否定的な立場になってしまうのかと思っています。 小説4巻以降はマンガ・アニメでは未描写の段階(2019年7月時点) 「娘」を「男ではない異性」として書かれていく小説4巻以降。 この部分は、マンガ・アニメともにまだ描かれていません。 (2019年7月時点) 小説というモノは、良くも悪くも触れる人が少ないモノです。 ですが、 マンガ・アニメというモノになると触れる人が増えます。 そうなると、この 作品に対して否定的な意見の人が増えることは明らか。 ですので、少しでも作品を楽しめるように 「どういった観点」で読む・見ると否定的にならずにいられるかを提案したいと思います。 酒場の客のような立場でニヤニヤしながらだと楽しい デイルとラティナが 拠点としているのは、知り合い夫婦が経営している 酒場です。 酒場なので、当然そこには客が来ます。 と、ここで提案です。 あなた自身が「酒場の客」という立場で読む・見ると、この作品は最高に楽しめます! 例えば、 デイルが少女時代のラティナを連れて帰った時は 「なんか坊主が小さい子を連れてきたぞ。 隠し子か?」 デイルが娘かわいいと親バカを発揮した際は 「分かった分かった。 娘が可愛いのはホントよく分かった!」 デイルがラティナを異性として意識しはじめたら 「娘じゃなくて1人の女の子として意識してんじゃねぇか」 と、 ツッコミをいれるような第三者の立場だと楽しめる作品です。

次の

【うちの娘】アニメ続編2期の可能性は?放送日と内容も予想【うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。】|漫画最新刊の発売日と続き速報

うち の 娘 の ため

2019年9月13日 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 11話 海外の反応 1. 海外の反応 デイル「よし、潰しとくか!」 こんな軽い気持ちで盗賊団を全滅させるとか、彼は勇者なんだと改めて思わせてくれた。 街に帰ったから、おそらくもうバトルシーンは無いだろうけど、本当に今まで一度も苦戦しなかったよね。 だから、本当に魔王と戦えるほどの実力者だってわかった時は普通にびっくりしたよ。 どこかの魔術師より遥かに実力があり、軽い気持ちで敵を圧倒しているところも、異世界アニメの主人公っぽい。 海外の反応 今週もラティナは最高に可愛かった。 普通のアニメの女の子と違って、彼女の可愛らしさは愛くるしいって感じなんだよね。 まさに「甘い」という表現が正しいように思う。 来週で最終回なんて信じたくない。 彼女を取り巻く環境はとても暖かく、キャラクター達も見ていて気分が良くなる人ばかりで、温かい気持ちにさせてくれるアニメだった。 毎週木曜日の癒しだったから、終わってしまうことが本当に寂しいよ。 最高に癒されるし、心温まるいいストーリーだった。 最終回を迎えるのは寂しいけど、最後にどんな可愛いラティナが見られるのか楽しみでもある。 海外の反応 シヘスはベテラン声優の千葉繁さんだった! 彼を初めて知ったのは幽遊白書を見た時だったけど、それよりずっと以前から活躍している声優だよね。 いまだにこうして現場で活躍出来ているのは凄いことだよね。 年齢的にも引退しておかしくない年齢だろうし、声優という仕事がきっと好きなんだろう。 海外の反応 今回は久しぶりに学校に通うラティナが見られて嬉しかった。 最近は大人と交流する彼女ばっかり見ていたから、同年代の友達と交流する彼女の姿がとても微笑ましかった。 同年代の子供と喋っている時が素のラティナという感じがして、可愛らしいよね。 ルディがラティナを想う気持ちを隠し切れなくなっているところも可愛かったw 13. すぐにバレてしまって相当焦っただろうし、皆の前でバラされて恥ずかしかっただろうw あの言い訳で通じるラティナが相手で良かったよw 14. 海外の反応 猫がラティナにはなつかないという設定は意外だった。 彼女は幻獣さえもなついてしまうから、一般的な動物は全てなつくものだと思っていたよ。 彼女が魔人族であることに関係があるのかな? 15. 猫屋敷も良かったけど、猫集会も見てみたかったな。 海外の反応 ジルさんがまたやってくれた! 彼はこのシリーズを通して、随所で活躍を見せてくれるねw ラティナを優しく見守っていて、彼女をたくさん喜ばせてくれる、本当のお爺さんのようなキャラクターだ。 海外の反応 着物ラティナ!!! 異世界ということもあって、色々な文化の融合が楽しめていいね!! デイルの故郷もそうだったように、作者が日本人だとやっぱり日本らしい文化が物語にも登場するね! 18. 今回登場した神事も七五三をモチーフにしたものだと思う。 海外の反応 妄想デイルが最高にイケメン声になってて笑ったけど、最高に気持ち悪かったなw でも、自分がデイルの立場だったら、絶対に彼のような親バカになっていると確信できる。 彼女のために使うお金に上限など存在しないよ。 実際に、私はこの作品の円盤を購入する予定だし、ラティナのためならば、俺はもしかしたら全て購入できるかもしれない。

次の

【緊急悲報】アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」、育てた娘と○○○○する作品だった

うち の 娘 の ため

【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww 関連記事 名無しの読者さん 2019-07-12 12:23 「ラティナはキスされるの好きみてぇだし、ラティナの全部に、キスしてやるからな」 「ん?」 唇にいっぱいキスして貰ったし、顔や角にもキスは貰った。 他にキスされるところなんてあるのだろうか。 「ラティナのイキ顔も、可愛いくて、ぞくぞくした。 もっと見せてくれな」 何だろう。 デイルの声は相変わらず優しくて、頭の角のあたりを撫でてくれる手も温かいいつも通りのものなのに、なんだか怖い気がする。 逃げなければならないような気がする。 「デイル……?」 「はじめは、普通のキスからだな」 「ラティナは、『魔人族』が子どもが出来にくい種族であること気にしてたけど、出来るまで、いっぱい注いでやるからな」 ラティナの子どもなら、絶対可愛いもんなと微笑むデイルを、霞む視界の中で見上げながらラティナは、自分はこれから大変なのかもしれないと、ぼんやりと考えた。 名無しの読者さん 2019-07-12 16:29 「……? デイル……?」 デイルに両の脚を抱え込まれたラティナは、きょとんとした顔をした。 これから何をされるのかも、よくわからない。 「ひゃ……あんっ」 その時、深い場所を突き上げられて、ラティナから高い声が上がった。 デイルの激しい動きに息をすることもうまく出来なくて、勝手に出てしまう声に混乱してしまう。 ぼんやりとする頭でも、自分の声が自分のものではない位に甲高いものであることを不思議に思う。 なんで……こんな、こえ、かってにでちゃ…… 考えることが出来たのもそこまでだった。 自分が意識を逸らしていることが気に入らなかったデイルに、胸の敏感な部分を捻られたのだ。 痛みとまではいかなかったが、今までの優しい刺激とは異なる強い刺激に、ラティナは直ぐに思考を放棄して甘い声で悲鳴をあげる。 「ひゃあんっ! やぁ、やぁんっ」 「声、凄ぇ、いいな」 デイルの言葉の意味も、よく理解出来なかった。 身体の中を激しく擦り上げられて、掻き回される。 名無しの読者さん 2019-07-12 16:35 「やぁっ」 「そんな声出して……そんなに、イイのか?」 それを否定出来ない程に、自分の口から出る否定の声は、甘さをはらんだものだった。 舌足らずな幼い声で、官能を帯びた喘ぎを漏らしている。 拒否を示しているとは思えない程、明らかに自分の声には、喜びの響きがあった。 「ひゃあんっ」 男の指が、胸の先端を捉える。 色素も未だ薄いそこを重点的に転がされて、自分の声はますます甘い響きを帯びていく。 「まだ、子どもなのに、こんな風にされて気持ち良くなっちまうなんて……悪い子だなぁ」 「やっ……ごめんなさい、ごめんなさい……っ」 「悪い子は、お仕置きされるものだろ?」 「やぁあぁっ」.

次の