謝罪 を しない という こと 自体 が 謝罪 で ある と。 勝訴判決以上の和解(民事裁判) | 庶民の弁護士 伊東良徳

謝罪をしないということ自体が謝罪であると

謝罪 を しない という こと 自体 が 謝罪 で ある と

謝罪に伴う行為 [ ] 日本においては一般に、口頭であるいは文書で謝罪の言葉を述べる、頭を下げるなどの行為がとられることが多い。 団体であればトップが謝罪する。 個人的に謝罪する、証人をつれて謝罪する、謝罪内容を文書化する、謝罪を公表する、テレビで謝罪するなど種々の方法がある。 また、金銭や物品によって謝罪の意を示し、解決を図ることもある。 しかしこれらの行為のみでは根本的な問題の解決には至らず、相手の悪感情を軽減するに留まる。 場合によっては、自らの頭を丸刈りにしたり、謹慎したり、極端な場合、職を辞することもある。 謝罪の本態 [ ] 謝罪する事の本態は、詫びた方、または詫びられた方、または双方の再出発 reset の為の手続きや、セレモニー(儀式)である。 通常はどちらかであり、問題の解決でない場合が普通である。 不祥事における謝罪 [ ] などのの場合はより誠意ある謝罪が求められる。 この対応が不十分であれば不祥事以上に批判を浴びることになりかねない。 しかしながら謝罪一辺倒でや賠償が不十分な場合や、対象に実質的なが与えられない場合も批判を浴びることがある。 歴史問題における謝罪 [ ] 歴史問題における謝罪は主に国家が行ったや、によるとされる側への謝罪である。 不祥事等と較べ謝罪の必要性や加害者、被害者の定義が曖昧である為、加害者とされる側が謝罪を示したとしても被害者とされる側からは「謝罪ではない、謝罪が十分ではない」と批判されることがある。 逆に加害者とされる側は謝罪すること自体を「弱腰、自虐的なこと」と批判することがある。 過度の謝罪要求 [ ] 加害者の周囲を取り囲むなど、をかけて謝罪させた場合には、のに抵触する恐れがある。 誠意ある謝罪 [ ] 一般的には真心が込められた謝罪のことをさすが、それ以上のものを要求している場合がある。 反社会的組織が「誠意を示せ」などと言う場合は金銭や物品を要求している場合がある。 実際に金銭等を言葉に出して要求すると「恐喝」になってしまうため「誠意」という言葉で代用している。 ただし「誠意」を使えば法に抵触しないわけではなく、恐喝(未遂)の容疑で逮捕される事例もある。 文献 [ ]• 吉田脩二『ヒトとサルのあいだ 精神(こころ)はいつ生まれたのか』2008年 脚注 [ ]• 吉田[2008:195-196]には弱者のする謝罪とは劣勢を一時的に解消する手続きや儀式にすぎないとある• 産経新聞 2020年5月25日. 2020年5月26日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

戦争謝罪、なぜ日本だけが・・・

謝罪 を しない という こと 自体 が 謝罪 で ある と

絶対にやってはいけない行為の2つ目は「謝らせる」ことです。 中国人は基本的に謝るという行為をしません。 自分から「すみません」とは決して言わないのです。 一方、日本人はミスを犯したときに、まず、「すみません」と言います。 この「すみません」は、本当に自分に非があることを謝罪するというより、その後のコミュニケーションを円滑にするための一言です。 同時に、日本人は謝った人に対してはたいへん寛容です。 日本では、弱者や一度敗北を認めた人に対して、世間からの同情や、救いの手が差し伸べられます。 つまり、弱者や敗者を暖かく見守ることが美徳という文化なのです。 しかし、中国は弱者や敗者に厳しい文化です。 そこで、謝るという罪を認める行為に対して、中国人は寛大ではありません。 謝る本人だけでなく、自分が属するコミュニティにまで影響がおよび、たいせつな仲間や家族まで巻き込んでしまうことを、中国人は本能的に知っているのです。 そこで、中国人は、問題の原因やその背景、物事の本質を見極めるまでは謝りません。 つまり、中国人に対して必要以上に謝罪を要求することは無意味なことです。 謝罪をさせる以前に、謝罪を要求するに至った原因を整理して、なぜ、彼らが謝らないのかを考えてみたほうがよいでしょう。

次の

謝罪広告事件メモ

謝罪 を しない という こと 自体 が 謝罪 で ある と

事件大法廷判決は、裁判所が723条にいう「名誉を回復するのに適当な処分」としてを命じ、法733条(現行法では171条)による代替執行をすることが、「意思決定の自至良心の自由」との関係で許容されるかを問題にした。 そして、「単に事態の真相を告白し陳謝の意を表明するに止まる程度のもの」である場合には、許容されるとした。 本判決には、5件の個別意見が付されている。 田中耕太郎補足意見および栗山茂補足意見は、命令とのいずれも許されるとする。 入江俊郎意見は、命令は許されるが、は許されないとする。 藤田八郎反対意見および垂水克己反対意見は、命令自体が許されないとする。 意見・反対意見も、何らかの広告を命じ、することまで許されないと主張しているわけではない。 問題は、単に誤りを認める広告をさせる、あるいは裁判所によって誤りと認められたことの広告をさせることを超えて、謝罪までさせることが許されるかである。 ただ、個人的には、思想・良心の侵害と言うまでもなく、13条の比例原則の問題として、しかも、相当性ではなく必要性の問題として片付けられるような気がしている。 思っていないことを思っているかのように表明させられることは、少なくとも、名誉権または人格権を侵害する。 意見・補足意見は、この点を問題にしている(なお、蟻川恒正・メディア百選3版143頁、同「署名と主体」法時74巻11号83頁も参照)。 そうすると、その「思っていないこと」が思想・良心の自由にいう思想あるいは良心として保護されるかはさておくとしても、少なくとも13条から、そのような命令をするには、比例性が要求される。 では、まず、を命じる必要があるのか。 田中補足意見は「謝罪する意思が伴わないといえども、法の世界においては被害者にとつて意味がある。 というのは名誉は対社会的の観念であり、そうしてかようなは被害者の名誉回復のために有効な方法と常識上認められるからである。 」と言う。 内心に立ちいたつてまで要求することは法の力を以てするも不可能である。 」ともいう。 田中補足意見が述べるとおり、法で保護される名誉とは社会的評価である。 したがって、名誉回復のための処分は、低下した社会的評価を回復させる上で役立つものでなければならない。 しかし、は、田中補足意見の述べるとおり、必ずしも加害者(=を行った者)が謝罪の意思を持っていることを表示するものではない。 そうであるとすれば、被害者の周囲の人々(=被害者の社会的評価の付与主体)にとって、は、被害者の評価を回復させるものとならないはずである。 そうすると、相当性を検討するまでもなく、は723条にいう「名誉を回復するのに適当な処分」に該当し得ないのではないか。 Haruwas.

次の