国民 健康 保険 払え ない。 国民健康保険が払えない時はどうすればいい?

国民健康保険料が高い!払えない人も続出中の仕組みとは?

国民 健康 保険 払え ない

会社勤めをしている場合には社会保険への加入が会社によって行われ、保険料の支払いに関しても給与からの天引きとなるため、働いている場合には保険料に関してそれほど意識して確認はしないでしょう。 しかし失業したり退職した場合には今までの社会保険からの脱退と、新たに国民健康保険への切り替えが必要になります。 無職となっても国民健康保険への加入は義務 これは無職であっても必ず加入が必要で、何らかの健康保険への加入は国民の義務となっているため、無職だから加入しなくても大丈夫ということはありません。 加入手続きを行わなかったとしても、国民健康保険の保険料が発生しており、保険料は未払いのままどんどん溜まっていきます。 まずは、無職だからといって国民健康保険に入らなくて良いのではない点を押さえましょう。 国民健康保険の保険料は前年の所得から計算される 無職で収入が無い場合の国民健康保険の保険料は、通常の場合と同じように昨年の収入に対して保険料が発生ます。 現在無職で収入が無いと言うこととは関係なく、国民健康保険の保険料は、昨年の収入に対して発生するため、保険料自体に、無職かどうかは関係ありません。 たとえば、現在無職の場合でも昨年の収入が非常に多ければ、それに応じた保険料の請求が行われます。 現在無職で保険料の支払いが難しい場合は対策を ですからこのケースのように、前年に所得があったけれど今年は無職で収入がない、という場合には、国民健康保険の保険料の支払いは、家計を大きく圧迫するでしょう。 しかし、保険料を滞納してしまうと、後々延滞金なども課されますし、最悪の場合財産の差し押さえとなってしまいます。 保険料の納付が難しい場合は、対策を講じねばなりません。 保険料が納付できない事情によっては軽減・減免措置が受けられる 国民健康保険には軽減や減免という制度があり、生活状況などが大きく変化して収入が著しく低下した場合や、天変地異などで生活が困難になった場合など、国民健康保険の保険料を減額してもらえる制度となります。 ただ、この減免制度は無職で収入が無い場合でも自分で申請を行わない限り自動的に減免されるわけではありません。 軽減・減免を受けるためには滞納する前に役所で相談 こういった軽減・減免措置を受けるための申請は、各自治体の役所で行いましょう。 国民健康保険は、各自治体が運営しています。 そのため、こういった軽減・減免措置についても、対応に地域による差があるため注意が必要です。 とはいえ、まずは自分の住む自治体の役所へ、滞納になるまえに相談しにいくことが肝要です。 無職でも国民健康保険への加入は必要!保険料が苦しいときは役所で相談 無職でも国民健康保険への加入は必須となりますし、国民健康保険の保険料の支払いも必要となります。 そのため無職を理由にした滞納も未加入もできませんので、必ず加入を行ないましょう。 無職の場合、保険料の軽減や減免を受けられる可能性は高いといえますから、役所で相談しましょう。

次の

国民健康保険料が高い!払えない人も続出中の仕組みとは?

国民 健康 保険 払え ない

国民年金保険料を払わないデメリットや、新型コロナウイルスで年金保険料を払えなくなった人について解説します。 国民年金保険料っていくら?令和2年度の国民年金保険料は月額1万6540円です。 翌月末日までに支払わなければなりません。 この15年間で月額約3000円も上がっています。 会社員と公務員は給料からの天引きになるので、実際に月額1万6540円を支払わなくてはならないのは20歳以上60歳未満の自営業者や退職者、所得の高い主婦(夫)、配偶者が会社員・公務員以外の主婦(夫)等です。 失業中等支払うのが大変な場合は、国民健康保険や住民税の支払いが優先されがちで、国民年金保険料は後回しになることが多いようです。 国民年金保険料を支払わない期間が長期間あるとどうなる?国民年金保険料を支払わない(滞納)期間が長いと、デメリットは10年の期間を満たせず将来老齢年金がもらえないだけではありません。 障害年金でも保険料納付要件を満たせず、請求もできない事態や家族が遺族年金を受けられない事態もあります。 年金保険料を支払うのが大変に感じるときでも「支払わない」だけではダメなのです。 年金保険料免除・猶予、学生特例納付の申請をしましょう。 多種多様な国民年金保険料免除・猶予制度、基準の所得は?年金保険料申請免除や猶予は所得の基準や失業や被災に対しての考慮もあります。 まずは所得による基準を確認してみましょう。 市区町村役場の国民年金課で手続きをしてみましょう。 法定免除生活保護の生活扶助を受けている場合、障害年金1、2級の受給権者は市区町村役場へ「国民年金保険料免除理由該当届」を届け出ると、「全額免除」扱いになります。 申請月から2年1カ月前までの期間について、さかのぼって申請することができます。 前年所得の基準の目安を挙げます。 全額免除が単身で所得57万円以下、妻子1人扶養で所得127万円以下。 半額免除が単身で所得118万円以下、妻子1人扶養で所得188万円以下。 若年者猶予50歳未満で経済的な理由(低所得等)や離職、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 所得の基準は全額免除と同じです。 学生特例納付20歳以上の学生のための制度です。 経済的な理由(学生本人の所得が118万円以下)、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 申請免除や若年者猶予よりこちらの手続きが優先です。 国民年金保険料免除や若年者猶予、学生特例納付の申請は原則、毎年行うこと!住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請を毎年行い、「保険料滞納期間」を無くするようにしましょう。 今年度(7月から来年6月)年金保険料の免除・猶予が認められても、来年度(来年7月以降)はわからないので忘れずに毎年7月に、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けましょう。 ただし「全額免除」「納付猶予」は申請書に翌年度も同じ申請をする旨を書くと、「全額免除」「納付猶予」が認められた人に対して、翌年度は申請書の提出を省略することができます。 学生は毎年4月に学校が窓口で手続きを行っているので、20歳になったら誕生月に、その後は必ず毎年4月に学生特例納付の手続きを行いましょう。 もちろん市区町村役場でも手続きができます。 今年は新型コロナ拡大防止のため、多くの大学等で休校していることでしょう。 入学直後で学生証が発行されてない等の事情がある場合は、更新前の学生証や仮の学生証を添付すれば市区町村役場で申請手続きができます。 学生証や在学証明書等が添付できなくても学生の身分が確認できれば、添付書類なしでも受付してもらえるとのことです。 新型コロナウイルスによる雇止めや失業、廃業などは所得ゼロとして審査今年に入り、新型コロナ感染拡大を防ぐため、休業をやむなくされた事業所や、雇止めにあったり、失業したりした方も多いことでしょう。 国民年金保険料の支払いですが、通常の状態だと免除申請は、申請者本人、配偶者および世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が審査の対象になります。 ただし、新型コロナ感染拡大により、失業、事業の廃止(廃業)または休業の届出を行っている場合の免除申請は、失業した方・事業を廃止等された方の所得は、「ゼロ」として審査されるのです。

次の

国民健康保険料が高い理由は?安くする方法・高額な自治体などを紹介

国民 健康 保険 払え ない

新型コロナ感染拡大で社員からパートになってしまった人や失業した人のケース 新型コロナウイルスの感染拡大で様々な職業に影響がでています。 給与収入が減ってしまい年金保険料が支払えなくなるケースとはどのようなものでしょうか? 例えば会社が業績悪化で従業員の社会保険料(会社負担分)を支払えない状態になり、社員にパートへの変更を打診してきたとします。 その社員は整理解雇よりはマシなので、仕方なくパートに契約を変更。 労働時間が週20時間未満になったので、厚生年金・健康保険からは外れ、国民年金にして健保を任意継続にしたら、自分で支払う保険料が高いことに驚いた、というケースです。 この人が給与月額18万円なら厚生年金保険料は月額約1万6500円、健康保険料は月額約8800円(40歳未満の場合)(令和2年度・東京都協会けんぽ保険料額表より)です。 もし労働時間が減って会社の社会保険から外れて給与が月10万円に下がっても、社会保険料は国民年金保険料だけで月額1万6540円、健保任意継続は倍額の月額1万7600円(国民健康保険料と比較してどちらか)を支払う必要があります。 失業してしまった場合も同じことで失業等手当は給与の約6割ですが、会社員時代より社会保険料がたくさんかかってしまうので、手取りが減り生活が苦しくなります。 国民年金・健康保険、イザという時に、どちらも欠かせないものです もしかして、コロナ? 給与が下がった、失業中などお財布が大変な時でも健康保険は重要です。 万一、新型コロナに感染して有休を使い切ってしまった場合は、加入している健康保険に傷病手当金を請求することができるからです。 コロナが心配なこのご時世には、健康保険証は手放せません。 年金保険料についても、年金受給ができるのは、年を取ったときばかりとは限りません。 万が一のときに役立つ遺族年金や障害年金を受けることができます。 年金保険料を未納(滞納)のままにしておくと受給できなくなるので、免除制度や猶予制度を活用してみましょう。 保険料免除制度とは、所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を支払うことが経済的に難しい場合、申請により、支払いが全額免除または 一部免除(4分の1、半額、4分の3免除)される制度です。 保険料納付猶予制度とは、50歳未満の方(学生特例納付猶予がある学生を除く)で、本人、配偶者(別世帯の配偶者を含む)それぞれの前年等の所得が一定額以下(全額免除の所得基準と同じ)の場合に、申請により保険料の納付が猶予される制度です。 免除や納付猶予で基準となる一定額とは以下の通りです。 を取り寄せ郵送で手続きすることも可能です。 会社にとっても大変な社会保険料の支払い、どんな対策がある? 会社にとっても、従業員の社会保険の会社負担分は、荷が重いものです。 新型コロナ感染拡大を怖れて客足が遠のき、売り上げが下がっているご時世では、社会保険料の支払いによる倒産も考えられるでしょう。 会社が厚生年金保険料等を支払うことにより、事業の継続等が難しくなる場合、厚生年金保険料等を分割納付できる制度が「換価の猶予」です。 会社は、厚生年金保険料等の納期限から6カ月以内なら「換価の猶予」の申請ができ、認められた場合、厚生年金保険料等を一定の期間(猶予期間)内に分割して支払うことができます。 「納付の猶予」とは、災害、病気、事業の休廃業などによって厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合や、本来の法定納期限から1年以上過ぎた厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合に、申請により支払いが猶予される制度です。 新型コロナ感染拡大の影響で厚生年金保険料等を支払うことが難しい場合、「換価の猶予」「納付の猶予」ともに申請するときに「会社の財産状況」「今後の収支状況」などを確認するための必要書類は、準備が困難な場合、「年金事務所で聞き取りを行う」「担保は不要にする」などの柔軟な対応をしているとのことです。 原則的に1年間支払いを猶予されるとのことなので、社会保険の支払いが厳しい会社担当者の方は、ぜひ年金事務所でご相談くださいね。 【関連記事をチェック】• 【参考】•

次の