同志社 女子 大学 履修 登録。 在学生ページ|在学生の方へ|同志社大学 理工学部/大学院理工学研究科

春学期・春秋通年・集中講義科目の履修中止について|2020年度のニュース一覧(在学生の方へ)|同志社大学 政策学部

同志社 女子 大学 履修 登録

また、4月14日付で「一般登録日程表」のタイトルを「一般登録、登録エラー修正等日程表」に変更し、あわせて当該ファイルのエラー修正に関する記載を更新(受付方法を変更)しています。 必ず確認するようにしてください。 主な科目登録日程について 科目の登録は すべて授業開始前に終えなければなりません。 登録には、外国語や保健体育科目、演習等、定員が設定されている科目や一定の学力水準が要求されるために抽選や選考を行う科目の登録(「 先行登録」)と、それ以外の科目の登録(「 一般登録」)があります。 「先行登録」は「一般登録」に先駆けて行います。 そのような危惧のある科目については、検討の結果、開講を取り消したり、開講期間を春学期から秋学期に変更したりする措置を取る場合があります。 これらの状況を受け、 開講取消しや開講期間の変更(以下、開講取消し等という)措置を取った科目を履修されている学生の皆さんに、代替科目の追加登録の機会を設けます。 開講取消し等の措置を取った科目を履修されている学生の皆さんへ、4月27日(月)までに大学付与のメールアドレス宛に追加登録の手続き方法や注意点を記載したE-mailを送信しますので、必ず確認してください。 自身の履修計画を見直し、必要があれば手続きを進めてください。 開講取消し等に伴う代替科目の追加登録の受付期間は4月27日(月)10時 ~ 4月28日(火)13時です。 履修中止制度について 授業開始後1か月程度授業を受講し、望ましい評価が得られないと判断した科目については、各学部・研究科が定める科目を除き、 履修の中止を認めます。 履修中止の日程や履修の中止ができない科目については、履修要項、登録要領、掲示板を参照してください。 なお、履修中止期間は履修中止のみの受付となり、 追加登録はできません。 以下のをご覧ください。 また、4月17日付教務部長名文書「」のとおり、履修中止日程を迎えるまでにシラバスの内容に変更が発生する場合があります。 シラバスの内容に変更が発生したことにより、履修を取り止めたい場合も、履修中止制度を利用してください。 申請手続期間中に、大学側のシステムに重大なトラブルが発生し、手続が正常に行えなかった場合には、受付時間の延長や教室での受付に変更(システムの復旧に時間を要する場合)することもありますので、予めご注意ください。 なお、これらの臨時の対応については、DUETのお知らせにてご案内しますが、DUETが障害により稼動していない場合については、 の重要なお知らせにてお知らせします。

次の

ユーザID・パスワード|ご利用にあたって|同志社大学 ITサポートオフィス 情報教育環境ナビゲーション

同志社 女子 大学 履修 登録

満足していること:新しい施設が多く綺麗 大学全体のデザインがとてもオシャレで綺麗です。 建物によって築年数が異なるため若干の違いはありますが、お手洗いが綺麗なのが特に嬉しいです。 1年前にラーニングコモンズが開設され、学生達の学びの場や憩いの場になっています。 授業でも積極的に使われ、オープンな雰囲気で講義が行われている雰囲気がとても好きです。 大学内で食事ができる場所が多いのも便利です。 食堂、カフェテリア、かりん食堂、ラーニングコモンズカフェの4つがあるので、その日の気分で利用できます。 また、同志社大学の授業を履修したり、違うキャンパスの授業を受けることも可能で、自分に必要だと思う授業はどんどん受けることができます。 ちなみに京田辺キャンパスと今出川キャンパスを往復する無料シャトルバスを利用することができます。 私の知り合いでは音楽学科に在籍しながら図書館司書、博物館の学芸員関連の授業を履修して資格を取った人もいます。 不満に感じていること:都心から離れている 最寄りの駅に急行が止まらないためとても不便です。 京都市内に行くにも大阪に出るにも小一時間かかります。 下宿の学生は敢えて1駅隣の急行が止まる地域に住む人もかなり多いです。 近くに飲食店や買い物ができるようなお店もほとんどなく、かなり不便です。 下宿生は引越しの際に必要な家具家電を近くで揃えることができません。 京都市内のようにバスや地下鉄もないので、交通機関は近鉄とJRのみです。 バイト代を貯めて車か原付を購入する人も多いです。 音大のようにホールがいくつもあったり、練習室が大量にあるということはないです。 演奏用のホールは1つのみで、練習室は常にほぼ満室なので、試験前などは取り合いです。 専攻もあまり種類がなく、指揮科やミュージカル科などがありません。 ポピュラーミュージックを学ぶ機会もあまりないので、実践的な技術を身につけられるのかというと微妙です。 女子大なので男声がおらず、オペラや合唱の勉強も満足にできないと言わざるを得ません。 同志社女子大学のおすすめ学部:学芸学部 近年音楽を学ぶ人が減っているため、正直試験の難易度がかなり下がっています。 しかし先生方はとても良心的で充実した講義をして下さるので、やる気さえあればそれなりのものを身につけられると思います。 私立の音大や芸大に比べると学費もかなり安いです。 同志社女子大学に通って良かった?• 大学:同志社女子大学 現代社会学部 社会システム学科• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:女性• また、叔母の母校であったため、年に一度開かれるホームカミングデー 大学のOGが母校に招待される日 に叔母… 学んでいること 私の通っていた学科は将来の進路に合わせて色んなコースに分かれており、その中でも私は「京都学、観光学コース」を選んで勉強していました。 最初の2年間はコース別に分かれておら… 満足している点 大学にはビッグシスター制度という60年以上続く独自の制度があります。 入学前に申し込むと大学の先輩 ビッグシスター に新入生 リトルシスター を紹介してもらえるシステムが… 不満に感じている点 山を切り開いて建てられた大学なので仕方ない部分ではありますが、暖かい季節になると毛虫やムカデなど害虫がたくさん出るところです。 大学:同志社女子大学 学芸学部 音楽学科• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:女性• 又、楽器が専門でなくても必修のピアノと声… 不満に感じている点 練習室が少なくいつも争奪戦です。 一度部屋を取ると荷物を置いて他の場所へ行く学生も多く、その間練習したくても出来ない生徒が溢れかえっていることも少なくありません。 校内アン… おすすめ学部:表象文化学部 英語英文学科 演劇や音楽を専門としていませんが、シェイクスピアプロダクションというカリキュラムがあり、本格的な英語劇に取り組むチャンスがあります。 大学:同志社女子大学 学芸学部 国際教養学科• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:女性• 1年次はTOEFL対策が主なカリキュラムであり、留学先で必要になる英語力を身につけるべく、ネイ… 不満に感じている点 キャンパスが、都会の今出川と田舎の京田辺と2つありますが、今出川キャンパスは女子大の敷地内に女子中高と幼稚園が併設されており、大変狭く感じます。 また、立ち入り制限が看板… おすすめ学部:学芸学部 国際教養学科 グローバル化やインバウンド経済と言われている中、英語力や国際理解力など、これからの社会で必要になってくる能力が、授業や留学での経験で身につくからです。 大学:同志社女子大学 表象文化学部 英語英文学科• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:女性• 各大学にあるような軽音サークルやボランティアサークルはあります。 しかし、伝統がある・良い成績を残し… おすすめ学部:学芸学部 国際教養学科 この学科に所属する学生全員に対して「英語圏への1年間の留学」が必須となっており、より実用的な英語を学ぶことができます。 大学:同志社女子大学 学芸学部• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:女性• パイプオルガンの美しい音色が響き渡ります。 入学式や卒業式、毎日の礼拝においてそのパイプオルガンの音色を聞… 不満に感じている点 大学といえば部活やサークルが活発なイメージがあるかもしれませんが、同志社女子大学においてはあまり活気が感じられませんでした。

次の

大学の履修登録のコツと絶対に知っておくべき基本

同志社 女子 大学 履修 登録

概観 [ ] 大学全体 [ ] 1876年に設立されたを起源とする。 に、それまでのを母体に設置された系ので、6学部11学科4研究科の構成である。 キャンパスは、郊外の関西学研都市エリア内に広大な敷地を持つキャンパスと、の中心部に位置する今出川キャンパスの2ヶ所ある。 今出川キャンパスの敷地はの北どなりに位置し、初期までは()と(の一つ)の邸宅が建っていた由緒ある土地柄である。 建学の精神 [ ] 制定の『同志社女子大学学則』では、「キリスト教主義」を基本に、「国際主義」、「リベラル・アーツ」を教育理念として定めている。 教育および研究 [ ] を教育の柱に据えており、大学の英称も「Doshisha Women's College of Liberal Arts(略称:D. )」とした。 専門分野の研究はもちろん、他学科科目も履修可能な柔軟なカリキュラム構成をとっており、幅広い教養を身につけ社会で活躍できる女性の育成をめざしている。 近年では管理栄養士、薬剤師、小学校教員採用試験においても、全国トップクラスの合格率を誇っている。 2009年度から学芸学部英語英文学科と日本語日本文学科を表象文化学部として改組し、に隣接する今出川キャンパスに移転した。 今出川キャンパスの周囲にはの一つである本邸(は別邸)跡やである・・光照院など数多くの旧跡が残り、気軽にに触れることが出来る環境である。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 開校当初の同志社女学校正門 によって(明治9年)に内の元公家屋敷(の生母の実家の)内に設立された女子塾(後の同志社女学校)を前身とする。 新島は女子教育の重要性を当時より認識しており、これが女子大設立の理由となった(当時の同志社英学校は男子学生のみを対象としていた)。 新島襄、妻 、米国人宣教師らが設立に関わったとされる。 柳原家(設立当時の学舎) [ ] 室町時代に特に栄えたのの分流で、公家の名門である。 幕末には、柳原光愛の次女が明治天皇のとなり、を出産した。 愛子は和歌の名手としても知られている。 またの妹のも大正時代の有名なである。 現在その敷地は、の中にあるの敷地の一部となっており、今出川キャンパスから程近い場所にある。 年表 [ ]• がを開設する。 内のに女子塾を設立。 女子塾を母体に同志社分校を開設。 同年9月に同志社女学校に改称(校長 新島襄)。 同志社女学校を同志社女学院と改称、2年制の師範・文学・神学の専門科を設置。 同志社女学院を同志社女学校と改称。 1930年(昭和5年)洋裁の授業の様子• 専門学部を設置。 専門学部を高等学部と改称。 高等学部を廃し、による専門学部(英文科・家政科)を設立。 専門学部卒業生4名がに進学。 同志社女子専門学校と改称。 女子専門学校を廃止し、同志社女子大学学芸学部(英文学専攻・音楽専攻・食物学専攻)を設立。 家政学部家政学科・食物学科設置。 田辺キャンパス(現・京田辺キャンパス)を開設。 (英米語科・日本語日本文学科)を設立。 学芸学部日本語日本文学科開設。 現代社会学部社会システム学科開設。 学芸学部情報メディア学科開設。 短期大学部を廃止。 現代社会学部現代こども学科開設。 薬学部医療薬学科開設。 薬学教育6年制移行により、薬学部医療薬学科を6年制に移行。 学芸学部国際教養学科開設。 学芸学部英語英文学科、日本語日本文学科を今出川に移転、表象文化学部英語英文学科・日本語日本文学科開設• 看護学部看護学科開設。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 今出川キャンパス(今出川通寺町西入、 )• 京田辺キャンパス(興戸、 ) 象徴 [ ] 徽章 [ ] 同志社女子大学の徽章 は、同志社の徽章である正三角形を3つ寄せたものの下に、「D W C L A」(「Doshisha Women's College of Liberal Arts」の略)の文字を入れたマークである。 スクールカラー [ ] (古代紫と江戸紫の中間色)と白の2色。 創立者の母校、のスクールカラーと同色。 校歌 [ ] 作詞、作曲。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ]• 演奏専攻• 音楽文化専攻• 社会システム学科• 現代こども学科• 医療薬学科• 表象文化学部• 人間生活学科• 食物栄養科学科• 食物科学専攻• 研究科 [ ]• 英語英文学専攻• 日本語日本文化専攻• 情報文化専攻• 国際社会システム研究科• 国際社会システム専攻• (2012年開設)• 医療薬学専攻• 食物栄養科学専攻• 生活デザイン専攻 附属機関 [ ]• 同志社女子大学図書館• 教育・研究推進センター 学生生活 [ ] 大学祭 [ ] は同志社大学と同様に、の創立記念日であるを前に3日間の前夜祭「同志社EVE」が今出川キャンパスで開かれる。 かつては同志社全学校でEVEを開催してきたが、頃より独自のEVEを開催するようになり、から正式の大学祭として位置づけられるようになった。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ] 同志社女子大学には、卒業生全員が加入している同志社女子大学《Vine(ヴァイン)の会》がある。 Vineとは、で「」や「葡萄の蔓」を意味し、大学と卒業生を結ぶ「蔓」となることを希望して名付けられた。 大学関係者一覧 [ ]• 施設 [ ] キャンパス [ ] 京田辺キャンパス [ ]• 使用学部:学芸学部・現代社会学部・薬学部・看護学部(2015年開設)• 使用研究科:文学研究科情報文化専攻・国際社会システム研究科国際社会システム専攻、薬学研究科医療薬学専攻• 使用附属施設:京田辺図書館• 交通アクセス:(学研都市線)・、・ 、の一部に田辺キャンパスとして開設され、に現名称に改称された。 やに隣接しており、広大な敷地を有している。 今出川キャンパス [ ] 純正館• 使用学部:表象文化学部・生活科学部• 使用研究科:・文学研究科英語英文学専攻・日本語日本文化専攻、生活科学研究科生活デザイン専攻・食物栄養科学専攻• 使用附属施設:今出川図書館• 交通アクセス:・、・ 今出川キャンパスは、同志社大学今出川キャンパスや、、、、に隣接している。 キャンパス内の 栄光館と ジェームズ館は国のに登録されている。 ジェームズ館はの設計で、に建てられた。 また、このキャンパスはとの一つであるの跡地であり、キャンパス東端には二条家屋敷の築地塀の一部が残り、東門の前には出土した礎石のひとつが展示されている。 2008年に新築された 純正館1階ロビーにも、二条家屋敷跡出土品展示コーナーがある。 対外関係 [ ] 地方自治体との協定 [ ]• との協定 京田辺市の地学連携事業の一環として、やとともに広範な分野での連携を目的とした協定。 教育委員会との協定 企業との協定 [ ]• 株式会社ANA総合研究所 医療機関との協定 [ ]• 国立病院機構 南京都病院 他大学との協定 [ ] 単位互換制度 [ ]• 2回生以上を対象に実施。 国内留学制度 [ ]• 学術交流に関する包括協定 [ ]• 海外協定大学 [ ] アメリカ合衆国(18校)• Bemidji, Minnesota• Castleton, Vermont• Pittsburgh, Pennsylvania• Emporia, Kansas• Corvallis, Oregon• Staunton, Virginia• Decatur, Illinois• Northampton, Massachusetts• Sweet Briar, Virginia• Fort Smith, Arkansas• Irvine, California• Riverside, California• Amherst, Massachusetts• Kearney, Nebraska• Eugene, Oregon• Los Angeles, California• Aurora, New York• Youngstown, Ohio カナダ(12校)• Wolfville, Nova Scotia• Sault Ste. Marie, Ontario• Sackville, New Brunswick• Halifax, Nova Scotia• Fredericton, New Brunswick• Peterborough, Ontario• Edmonton, Alberta• Guelph, Ontario• Winnipeg, Manitoba• Victoria, British Columbia• Winnipeg, Manitoba• Nanaimo, British Columbia イギリス(11校)• Lancaster, England• Newcastle upon Tyne, England• Oxford, England• Belfast, Northern Ireland• Surrey, England• Bradford, England• Norwich, England• Colchester, England• Exeter, England• Leeds, England• Coventry, England オーストラリア(6校)• Melbourne, Victoria• Sydney, New South Wales• Wollongong, New South Wales ニュージーランド(1校)• Wellington ドイツ(2校)• Saarlandes 中国(2校)• (北京)• (西安) 台湾[中華民国](6校)• (台北)• (新北)• (高雄)• (高雄)• (台中)• (台北) 韓国(2校)• (ソウル)• (ソウル) フィリピン(3校)• (ケソン)• (マニラ)• (ケソン) ベトナム(2校)• (ハノイ)• (ハノイ) タイ(2校)• (バンコク)• (バンコク) マレーシア(1校)• (クアラルンプール) 高校との協定 [ ]• 系列校 [ ] 学校法人同志社が設置する諸学校は、大学を頂点とした大学の形態を取らず、独立の学校群として位置づけられている。 なお、、に限り、同志社大学の付属校である。 中高一貫校• 小学校• 幼稚園• 各種学校• 関係校 [ ]• 学校法人新島学園• 社会との関わり [ ] 文化財 [ ] 国登録有形文化財 [ ]• 建築物• 同志社女子大学ジェームズ館• 同志社女子大学栄光館 国連グローバルコンパクト [ ] 2009年、日本の大学としては3大学目、西日本の大学としては初めて参加した。 系列学校 [ ] 等は附属学校ではなく、学校法人の系列学校として位置づけられているため、附属学校は存在しない。 脚注 [ ] []• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の