ゲーム オブ スローン ズ スタニス。 ゲームオブスローンズで最後まで生き残ったキャラは?その後どうなった?|Y's BLOG

ゲームオブスローンズで最後まで生き残ったキャラは?その後どうなった?|Y's BLOG

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

バラシオン家 概要 バラシオン家はエイゴン征服王の分家から起こったため、諸名家の中でもっとも新しい一族です。 本拠地はストームズエンドです。 15年前、ロバート・バラシオンがターガリエン家に対して反乱を起こします。 結果、スターク家、タリー家、アリン家、最終的にラニスター家の協力を得てターガリエン家を滅ぼし、ターガリエン家が所有していた王都キングズ・ランディングとドラゴンストーン諸島を手に入れます。 ロバートは王都キングズランディングに拠点を移し、弟スタニスにはドラゴンストーンが、レンリーにはストームズエンドが与えられました。 しかし末子のレンリーにバラシオン家の本拠地が与えられたため、スタニスはロバートのことをよく思わなくなります。 ロバート王の死後、ジョフリー王子が王位を継ぎます。 しかし彼の出自を原因に、王位に異論を唱えたスタニスとレンリーが反乱を起こしました。 スタニスはドラゴンストーンのバラシオン家として分家を起こし、レンリーはストームズエンドのバラシオン本家の当主となります。 バラシオン家の紋章はもともとは金色地に王冠をかぶった牡鹿です。 ・バラシオン家 しかしジョフリー、スタニス、レンリーが対立したため、彼らはそれぞれ異なる紋章を使うようになります。 ジョフリーは、バラシオン家の金色と黒の牡鹿に、ラニスター家の赤と金色の獅子を組み合わせた紋章。 ・バラシオン-ラニスター家 スタニスは赤く燃える心臓と王冠を抱く牡鹿の紋章。 ・バラシオン-スタニス家 レンリーは緑地に金色の牡鹿の紋章です。 ・バラシオン-レンリー家 標語 氏神は復讐の女神 スポンサーリンク バラシオン家の人物 写真出典: サーセイ・バラシオン の双子の姉。 「ロバートの反乱」のあと、新王と結婚し、七王国の王妃となります。 しかしロバート王を愛することも尊敬することもなく、弟ジェイミーと近親相姦関係にあります。 3人の子どもはすべてジェイミーとの子どもです。 ロバート・バラシオン 若い頃は精悍な騎士でしたが、年を経てからは狩りと女遊びと酒が好きな太った男性として描かれています。 とともにアリン城で育ったため、エダードとは兄弟のような仲です。 しかし実の兄弟であるやとの関係はうまくいっていません。 15年前、婚約者のがレイガー・ターガリエンと失踪しました。 そのことがきっかけとなり、「ロバート」の反乱が起きます。 ロバートはターガリエン王家を打ち破り、新たな王国を築きました。 ラニスター家のを王妃に迎え、3人の子どもがいます。 ロバート王は自分の子どもだと信じていますが、実はサーセイとの間にできた子どもです。 王になってからは、実の父親のように尊敬していたを「王の手」に任命し、王国の統治を任せると享楽の日々を送っていました。 ジョン・アリンがなくなったため、次の王の手としてエダード・スタークを頼るところから物語が始まります。 スタニス・バラシオン の弟。 拠点はドラゴンストーン。 ロバート王の治世の海軍大臣です。 「ロバートの反乱」では、スタニス率いる艦隊によりドラゴンストーンが陥落しました。 この功績をたたえ、スタニスにはドラゴンストーン諸島が与えられます。 しかしバラシオン家本来の拠点であり、豊かなストームズエンドがレンリーに与えられたことはスタニスにとって不満でした。 ロバート王の死後、ジョフリーの出自を知ったスタニスは自ら王を名乗り、「五王の戦い」が起こります。 セリース・バラシオン の妻。 レンリー・バラシオン との弟。 拠点はストームズエンド。 ロバート王の治世の法務大臣です。 「ロバートの反乱」のときはまだ幼かったせいもあり特に功績はありません。 長兄ロバートが王としてキングズ・ランディングに拠点を移し、次兄スタニスにドラゴンストーン諸島が与えられたため、バラシオン家本来の拠点であるストームズエンドはレンリーが引き継ぎました。 ロバート王の死後、正当な後継を主張して「五王の戦い」に参戦します。 と結婚し、タイレル家の指示を得ますが、マージェリーの兄と愛人関係にあります。 メリサンドルの呪術によって殺されます。 ジョフリー・バラシオン バラシオン王家の第一子。 ロバート王の世継ぎ。 ロバート王は自分の子どもだと信じていますが、血は引いていません。 との子どもです。 この事実を知ったことが、の運命を変える原因の1つとなります。 暴力的でサディスティックな性格をしています。 ミアセラ・バラシオン バラシオン王家の第二子。 「五王の戦い」が起こると、マーテル家の支持を集めるためドーンへ送られます。 いずれマーテル家のトリスタンと結婚する予定です。 トメン・バラシオン バラシオン王家の第三子。 兄と対照的に優しい性格を持っています。 ジェンドリー ロバート王の落とし子(私生児)。 が儀式の生贄にしようとしますが、ダヴォスによって脱出させられます。 シリーン・バラシオン の娘。 体が次第に石化する「灰鱗病」にかかっています。 小評議会の人物 「小評議会」は、王国を統治するため、王によって任命され、王に助言する集団のことです。 ジョン・アリン 治世の「王の手」。 ロバート・バラシオンとの里親。 15年前、エイリス王がロバートとエダードの処刑を命じたため反乱を起こします。 そのとき、タリー家の協力を得るため、年の離れたと結婚しました。 パイセル 長い間、七王国に仕えてきたグランドメイスター。 高い知性を持っていますが、老齢による衰えは隠せません。 ピーター・ベイリッシュ 王治世の大蔵大臣。 通称「リトルフィンガー」。 キングズランディングにある売春宿を使って情報を操作します。 もともとの領地は「アリンの谷間」にある小さく貧しいフィンガーズ岬です。 里子としてタリー家に預けられていたとき、身長が低く、貧しい土地の出身であったことから、に「リトルフィンガー」と呼ばれるようになりました。 彼は次第にに恋するようになり、キャトリンの許嫁であったに決闘を申し込みますが敗れました。 また、に愛されるようになり、彼女を身ごもらせたため追放されました。 ライサは堕胎させられますが、以降もずっとピーターを愛し続けていたため、夫となったに頼んでピーターを王国の役職に就けさせました。 ヴァリス 王治世における諜報大臣。 通称「スパイダー」。 肥満体で禿頭の宦官。 「小鳥たち」と呼ぶスパイを各地に配し、王国はてはエッソスの情報をも集めます。 バラシオン家の関係者 ジェイミー・ラニスター の双子の弟。 15歳のとき、史上最年少でエイリス・ターガリエン王の「王の盾」に選ばれます。 「ロバートの反乱」が起こると、父がキングズランディングに侵攻してきました。 エイリス王が街を焼きつくす命令を下すと、ジェイミーは市民を助けるために王を殺します。 彼が王を殺した理由は人々に知られないまま、「王殺し(キングスレイヤー)」の蔑称のみが知られることになります。 父や姉と違って弟の知性を認め、敬意を払っています。 姉サーセイとは近親相関関係にあり、ロバート王の子とされている3人の子どもはすべてジェイミーとサーセイの子どもです。 サンダー・クレゲイン の弟でラニスター家の家臣。 主人の命令であれば人殺しも平気で行うため「ハウンド」と呼ばれています。 子どもの頃、兄グレガーに頭を火鉢に押し付けられて顔に火傷を負ったため、兄を憎み、火を恐れるようになりました。 ダヴォス・シーワース の家臣。 もともと密輸業者。 「ロバートの反乱」のとき、兵糧攻めにあっていたストームズエンドに食料を運び込み、スタニスを助けました。 その功績で騎士に叙任されます。 ダヴォスが運び込んだ食料の多くが玉葱だったため、「玉葱の騎士」とも呼ばれます。 メリサンドル ウェスタロスでは少数派とされる「光の王」に仕える祭司。 数年前、布教のためエッソスからドラゴンストーンにやってきました。 を勝利に導くため、奇怪な呪術を使います。 ロラス・タイレル の息子。 馬上試合の名手で、「花の騎士」と呼ばれます。 男色家でと愛人関係にあります。 ブライエニー・タース の家臣。 ストームズエンドの東に浮かぶタース島の出身。 バラシオン家に仕えていますが、スターク家のとを護衛することになります。 ハイスパロー ウェスタロスで広く信仰されている「七神正教」の狂信者集団「雀」の指導者です。 「雀聖下」と書いて「ハイスパロー」と読みます。 のち七神正教最高位のハイセプトンになります。 その他の勢力 当ブログでは、「ゲーム・オブ・スローンズ」の地図や歴史、宗教などについて紹介しています。 「ゲーム・オブ・スローンズ」が好きな方にはこちらのドラマもおすすめです。

次の

ウェスタロス大陸&人物紹介

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

バラシオン家 概要 バラシオン家はエイゴン征服王の分家から起こったため、諸名家の中でもっとも新しい一族です。 本拠地はストームズエンドです。 15年前、ロバート・バラシオンがターガリエン家に対して反乱を起こします。 結果、スターク家、タリー家、アリン家、最終的にラニスター家の協力を得てターガリエン家を滅ぼし、ターガリエン家が所有していた王都キングズ・ランディングとドラゴンストーン諸島を手に入れます。 ロバートは王都キングズランディングに拠点を移し、弟スタニスにはドラゴンストーンが、レンリーにはストームズエンドが与えられました。 しかし末子のレンリーにバラシオン家の本拠地が与えられたため、スタニスはロバートのことをよく思わなくなります。 ロバート王の死後、ジョフリー王子が王位を継ぎます。 しかし彼の出自を原因に、王位に異論を唱えたスタニスとレンリーが反乱を起こしました。 スタニスはドラゴンストーンのバラシオン家として分家を起こし、レンリーはストームズエンドのバラシオン本家の当主となります。 バラシオン家の紋章はもともとは金色地に王冠をかぶった牡鹿です。 ・バラシオン家 しかしジョフリー、スタニス、レンリーが対立したため、彼らはそれぞれ異なる紋章を使うようになります。 ジョフリーは、バラシオン家の金色と黒の牡鹿に、ラニスター家の赤と金色の獅子を組み合わせた紋章。 ・バラシオン-ラニスター家 スタニスは赤く燃える心臓と王冠を抱く牡鹿の紋章。 ・バラシオン-スタニス家 レンリーは緑地に金色の牡鹿の紋章です。 ・バラシオン-レンリー家 標語 氏神は復讐の女神 スポンサーリンク バラシオン家の人物 写真出典: サーセイ・バラシオン の双子の姉。 「ロバートの反乱」のあと、新王と結婚し、七王国の王妃となります。 しかしロバート王を愛することも尊敬することもなく、弟ジェイミーと近親相姦関係にあります。 3人の子どもはすべてジェイミーとの子どもです。 ロバート・バラシオン 若い頃は精悍な騎士でしたが、年を経てからは狩りと女遊びと酒が好きな太った男性として描かれています。 とともにアリン城で育ったため、エダードとは兄弟のような仲です。 しかし実の兄弟であるやとの関係はうまくいっていません。 15年前、婚約者のがレイガー・ターガリエンと失踪しました。 そのことがきっかけとなり、「ロバート」の反乱が起きます。 ロバートはターガリエン王家を打ち破り、新たな王国を築きました。 ラニスター家のを王妃に迎え、3人の子どもがいます。 ロバート王は自分の子どもだと信じていますが、実はサーセイとの間にできた子どもです。 王になってからは、実の父親のように尊敬していたを「王の手」に任命し、王国の統治を任せると享楽の日々を送っていました。 ジョン・アリンがなくなったため、次の王の手としてエダード・スタークを頼るところから物語が始まります。 スタニス・バラシオン の弟。 拠点はドラゴンストーン。 ロバート王の治世の海軍大臣です。 「ロバートの反乱」では、スタニス率いる艦隊によりドラゴンストーンが陥落しました。 この功績をたたえ、スタニスにはドラゴンストーン諸島が与えられます。 しかしバラシオン家本来の拠点であり、豊かなストームズエンドがレンリーに与えられたことはスタニスにとって不満でした。 ロバート王の死後、ジョフリーの出自を知ったスタニスは自ら王を名乗り、「五王の戦い」が起こります。 セリース・バラシオン の妻。 レンリー・バラシオン との弟。 拠点はストームズエンド。 ロバート王の治世の法務大臣です。 「ロバートの反乱」のときはまだ幼かったせいもあり特に功績はありません。 長兄ロバートが王としてキングズ・ランディングに拠点を移し、次兄スタニスにドラゴンストーン諸島が与えられたため、バラシオン家本来の拠点であるストームズエンドはレンリーが引き継ぎました。 ロバート王の死後、正当な後継を主張して「五王の戦い」に参戦します。 と結婚し、タイレル家の指示を得ますが、マージェリーの兄と愛人関係にあります。 メリサンドルの呪術によって殺されます。 ジョフリー・バラシオン バラシオン王家の第一子。 ロバート王の世継ぎ。 ロバート王は自分の子どもだと信じていますが、血は引いていません。 との子どもです。 この事実を知ったことが、の運命を変える原因の1つとなります。 暴力的でサディスティックな性格をしています。 ミアセラ・バラシオン バラシオン王家の第二子。 「五王の戦い」が起こると、マーテル家の支持を集めるためドーンへ送られます。 いずれマーテル家のトリスタンと結婚する予定です。 トメン・バラシオン バラシオン王家の第三子。 兄と対照的に優しい性格を持っています。 ジェンドリー ロバート王の落とし子(私生児)。 が儀式の生贄にしようとしますが、ダヴォスによって脱出させられます。 シリーン・バラシオン の娘。 体が次第に石化する「灰鱗病」にかかっています。 小評議会の人物 「小評議会」は、王国を統治するため、王によって任命され、王に助言する集団のことです。 ジョン・アリン 治世の「王の手」。 ロバート・バラシオンとの里親。 15年前、エイリス王がロバートとエダードの処刑を命じたため反乱を起こします。 そのとき、タリー家の協力を得るため、年の離れたと結婚しました。 パイセル 長い間、七王国に仕えてきたグランドメイスター。 高い知性を持っていますが、老齢による衰えは隠せません。 ピーター・ベイリッシュ 王治世の大蔵大臣。 通称「リトルフィンガー」。 キングズランディングにある売春宿を使って情報を操作します。 もともとの領地は「アリンの谷間」にある小さく貧しいフィンガーズ岬です。 里子としてタリー家に預けられていたとき、身長が低く、貧しい土地の出身であったことから、に「リトルフィンガー」と呼ばれるようになりました。 彼は次第にに恋するようになり、キャトリンの許嫁であったに決闘を申し込みますが敗れました。 また、に愛されるようになり、彼女を身ごもらせたため追放されました。 ライサは堕胎させられますが、以降もずっとピーターを愛し続けていたため、夫となったに頼んでピーターを王国の役職に就けさせました。 ヴァリス 王治世における諜報大臣。 通称「スパイダー」。 肥満体で禿頭の宦官。 「小鳥たち」と呼ぶスパイを各地に配し、王国はてはエッソスの情報をも集めます。 バラシオン家の関係者 ジェイミー・ラニスター の双子の弟。 15歳のとき、史上最年少でエイリス・ターガリエン王の「王の盾」に選ばれます。 「ロバートの反乱」が起こると、父がキングズランディングに侵攻してきました。 エイリス王が街を焼きつくす命令を下すと、ジェイミーは市民を助けるために王を殺します。 彼が王を殺した理由は人々に知られないまま、「王殺し(キングスレイヤー)」の蔑称のみが知られることになります。 父や姉と違って弟の知性を認め、敬意を払っています。 姉サーセイとは近親相関関係にあり、ロバート王の子とされている3人の子どもはすべてジェイミーとサーセイの子どもです。 サンダー・クレゲイン の弟でラニスター家の家臣。 主人の命令であれば人殺しも平気で行うため「ハウンド」と呼ばれています。 子どもの頃、兄グレガーに頭を火鉢に押し付けられて顔に火傷を負ったため、兄を憎み、火を恐れるようになりました。 ダヴォス・シーワース の家臣。 もともと密輸業者。 「ロバートの反乱」のとき、兵糧攻めにあっていたストームズエンドに食料を運び込み、スタニスを助けました。 その功績で騎士に叙任されます。 ダヴォスが運び込んだ食料の多くが玉葱だったため、「玉葱の騎士」とも呼ばれます。 メリサンドル ウェスタロスでは少数派とされる「光の王」に仕える祭司。 数年前、布教のためエッソスからドラゴンストーンにやってきました。 を勝利に導くため、奇怪な呪術を使います。 ロラス・タイレル の息子。 馬上試合の名手で、「花の騎士」と呼ばれます。 男色家でと愛人関係にあります。 ブライエニー・タース の家臣。 ストームズエンドの東に浮かぶタース島の出身。 バラシオン家に仕えていますが、スターク家のとを護衛することになります。 ハイスパロー ウェスタロスで広く信仰されている「七神正教」の狂信者集団「雀」の指導者です。 「雀聖下」と書いて「ハイスパロー」と読みます。 のち七神正教最高位のハイセプトンになります。 その他の勢力 当ブログでは、「ゲーム・オブ・スローンズ」の地図や歴史、宗教などについて紹介しています。 「ゲーム・オブ・スローンズ」が好きな方にはこちらのドラマもおすすめです。

次の

スタニス・バラシオン

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

のーーーー! S5を最後まで見た。 ショックが大きい。 S4のラストでは猛烈にテンションが上がって原作を買い求めたが、S5のラストはしばし茫然としてしまった。 この記事タイトルがネタバレな気もするが、もはややぶれかぶれである。 以下ネタバレ。 【ゲームオブスローンズ記事目次はこちら】 スタニス・バラシオンの破滅 ここまでスタニスが玉座につくと予想していた人は少ないと思われる。 少なくとも視聴者から見てカリスマ性や魅力にあふれるキャラではなかった。 何をするにも迷い、なかなか決断も下せない。 しかも 下す決断は大抵視聴者を失望させる。 カリスマ性という意味ならメリサンドルの方がまだ上である。 だから彼の戦いがどこかで挫折するという結末自体はそこまで意外ではなかった。 弟レンリーを殺した時点で、スタニスの将来はほぼ決まってしまったのだろう。 あの後はたとえ途中で悩んだりためらったりしたとしても、結局すべてなし崩し的にメリサンドルの指示に従って進んできた。 家族をすべて失い、兵からの信頼を失い、メリサンドルを失い、そして自分自身も死ぬという結末に向かって。 しかし。 しかし、である。 まさかここまで悲惨な結末になるとは。 鉄の玉座を目指して敵も身内も大勢犠牲にして、というだけならデナーリスだって変わらないのに。 バラシオン家滅亡のおしらせ スタニスもシリーンも死んだことで、バラシオン家は公的には滅亡扱いになると思われる。 前にも書いた気がするが、王家が一代限りで滅亡なんてあの世界は波乱万丈すぎないか。 ジェンドリーが生きていれば再興の可能性はあるが、スタニスのところから逃げ出して以来再登場していない。 メリサンドルがその気になればジェンドリーを見つけ出せるかもしれないが、今後彼がストーリーの本筋に絡んでくるかどうかも不明である(今後も一切登場無しとは思えないが)。 ……と、ここまで 素で書いてしまったが、よく考えたらジョフリー、ミアセラ、トメンの三兄弟は 公式にはバラシオン扱いなのだった。 外見的にもストーリーの流れ上でもほとんどラニスターとしてしか見ていなかった。 とはいえ現時点でトメンしか生きていない上に、トメンが死ぬ前に子供を残せるかも不明だし(すでにできている可能性はある)、トメンにバラシオンの血が流れていないということが完全に公になる可能性もあるわけで、やはりバラシオン家は風前の灯であった。 大人になった玉ねぎの騎士と大人になれなかった少女 つらい。 もうこのタイトルを書いただけでつらい。 「 ゲームオブスローンズ 玉ねぎ」で検索しただけで名前が出てくるダヴォスさん。 彼は人気キャラの一人ではないかと思われる。 ブラックウォーターの戦いで を回避した彼はしばらくは安泰だろうと思って見ていたわけだが、今回も彼は生き残った。 「彼は」生き残った。 ダヴォスとシリーンの交流はこのドラマの中でも指折りの、心温まるシーンだった。 特にシリーンがダヴォスに文字を教えるようになってから、わたしは彼らのパートを心待ちにするようになった。 密輸業者だったダヴォスには、時流を読む力も武勇もあるが、学がない。 一方シリーンはほとんど城に幽閉された状態で、学はあるがそれを活かす機会がない。 シリーンの知がダヴォスに吸収され、ダヴォスは成長する。 ダヴォスがシリーンに会いに行く理由のひとつに、ブラックウォーターの戦いで失った 息子への喪失感、罪悪感もあったのだろう。 ダヴォスの息子は彼に読み書きを学ぶよう言っていたらしい。 しかしそれを拒み続けるうちに息子は死んでしまった。 ダヴォスはシリーンを大切にし、文字を学ぶことを通して、 今は亡き息子と精神的な対話をしていたのだと思われる。 シリーンに対して「息子が正しかった」と言うダヴォスの表情に悲壮感はないが、それでも今も読み書きを学びながら息子のことを思いだしていることがうかがえる。 またダヴォスは幼い少女から文字を習うことに対して(習うことを決めてからは)ほとんど抵抗を見せなかった。 彼は自分に学がないことを認めており、シリーンが自分にはない知を持っていることを認めており、自分にはない知を持つ者に対する敬意を持っている。 このブログで繰り返し書いていることだが、今のところ「ゲームオブスローンズ」において 「」はおおむね生存フラグである。 自分に欠けているものを知り、学び続ける姿勢を見せたダヴォスは、さらにしばらく安泰であろう。 「王の手」としてカースル・ブラックに向かうダヴォスは、直前にシリーンを尋ねる。 ダヴォスが彼女に渡したのは鹿の木彫りだった。 バラシオンの象徴、牡鹿。 シリーンは、つがいになる牝鹿もほしがった。 しかし彼女がそれを手にすることはなかった。 ここにバラシオン家の運命を見いだすのは難しいことではあるまい。 牡鹿の木彫りを渡したときのダヴォスの台詞はこうだ。 This is my own poor way of saying thank you for teaching me to be a grown up. 字幕では「それは感謝の印です。 私を大人にしてくれた」と訳されていた(to be a grown up を「大人にして」と訳したのは素晴らしいと思う)。 今はこのシーンを見直すだけで泣けてくる。 これまでショックなシーンは多々あったものの、ここまで胸にくるシーンはこのドラマの中では初めてだ。 文字、すなわち知に至る道を獲得することで、ダヴォスはようやく「大人」になった。 息子の意見にも素直に耳を傾けることができるようになった。 過去を知り、他者を慮り、未来を想うことができるようになった。 シリーンのかわりに。 本当はシリーンもそうしたかっただろうに。 彼女が無事成人し、政治に携わることができればきっと良い統治者になっただろうに。 それらのすべての未来は灰になり、おそらく ダヴォスは息子の未来とともにシリーンの未来をも背負うことになる。 彼はますます死ねないキャラになってしまった。 もっといろいろ書きたいところなのだが、気力が尽きつつあるのを感じる。 S5についてはもう少し整理してからもっと語りたい。 最後に、スタニスのエピソードに似た神話を紹介しておく。 戦争の勝利のために子供を犠牲にするという話は探せば世界中にいろいろとありそうだが、とりあえずピンときたのがの。 の悲劇三部作の一つの主人公だ。 彼は 戦争の勝利のため、予言に従って娘を殺して出陣する。 結局、は戦争には勝つが、娘の死を忘れられなかった妻(とその情夫)によって殺される。 シリーンが殺されたとき、最初はスタニスもこのパターンかと思った。 が、スタニスの妻セリースはそれほど強くはなく、スタニスもまたそれほど強くなかった(というか 強い……)。 カースル・ブラックで ダヴォスさんがシリーンのことを思いながら牝鹿の木彫りをせっせと作っているところを想像しただけでつらい。 彼が大切なものを何もかも失ったと知ったときのことを想像しただけでつらい。 ssayu.

次の