スピリチュアル 宇宙の法則。 スピリチュアルとは? 本質を知ると引き寄せが加速する

宇宙の法則とは神様そのものであり、その神様は常に私たちを見ている存在

スピリチュアル 宇宙の法則

人生で一回も人の悪口を言ったことが無い、そんな人ははたして居るでしょうか?きっといないでしょう。 悪口とは、「人の事を悪く言う事」で、古来より「悪口」は人間の争いの原因でした。 その為、悪口を規制するような国や集落も少なくなかったようです。 日本の古い時代も然りです。 悪口を言うことのカルマの法則の作用は、いずれ自分自身が同じように悪口を言われることです。 行いが自分に還るというシンプルな構造ですが、実は人に悪口を言うことで起こりえるカルマに関わる恐ろしいリスクは他にもあります。 もっと言えば、目に見えないエネルギー、スピリチュアル的な作用においてもです。 悪口とカルマの法則とスピリチュアル的な作用について、いろいろとお話ししたいと思います。 【目次】• 悪口を言うとカルマの法則はいかに作用するか 人に悪口を言うと、まず言える事は、カルマの法則の作用で、いずれ自分も人に悪口を言われるという事です。 例えば、小さな子供同士が面と向かって悪口を言い合っていたとしたら、自分が悪口を言って、その場で自分も悪口を言われるので、カルマ的な作用は小さいでしょうし、もっと言えば、カルマの法則は行為そのものよりも動機により大きく作用しますから、小さな子供が人の悪口を言うときの「悪意」なんてカルマの法則の作用としたら無いに等しいぐらいかもしれません。 例えば、通勤電車で足を踏まれて、反射的に「痛いなばかやろう!」と言ってしまった場合も、カルマの法則の作用としたらごく小さいものだと思います。 カルマの法則は動機により大きく作用する、つまり悪口をいう時に最も良くない事は、「悪意を持って言うこと」です。 意識的にと言うのは、「衝動」や「ついカッとなって」みたいなものではなく、「相手を傷付けよう」「相手を貶めよう」など、相手が不利益やマイナスを被るようなケースや、それを目的として言う場合です。 これは面と向かって言わない場合、つまり「陰口」なども同じです。 カルマの法則は神の調和のシンボルである円に例えることができます。 すべてはもともと一つで、神のもとに愛によって一つに繋がっています。 もしあなたが人を攻撃すれば、その力は円環の法則(カルマの法則)によってぐるっとまわって自分の戻ってきます。 誰かを悪口で傷付ければ、いずれ自分も誰かに悪口で傷付けられるでしょうし、誰かを陰口で孤立させれば、いずれ自分も誰かの陰口で孤立させられます。 カルマの法則において、言葉のいじめはもっとも注意すべき事柄の一つだと思います。 なぜなら、言霊、なんて言葉がありますが、言葉には霊が宿っていますから、言葉はエネルギーです。 言葉はハサミやナイフと同じように扱いを注意すべきものなのです。 言葉は人を生かしも殺しもするからです。 カルマの法則は動機に強く作用しますから、もし悪口で人を死に追いやれば、それは殺人のカルマとなります。 そしてそのカルマはいずれ自分自身にぐるっと回って舞い戻ってきます。 言葉の力に関してはこちらの記事からはじまるシリーズが参考になります。 真実によって報いを受ける、それが真理です。 人間の言い訳は、神と法則には通用しませんから、言葉の使い方には注意してください。 もし言葉を、人への励ましや思いやりある言葉として使えたなら、いつか自分自身が励ましや思いやりを受けられます。 あなたが人にすることをあなた自身がうけとるのです。 カルマの詳しい話はこちらに書きました。 悪口ばかり言う人 言葉はエネルギーと説明しましたが、実は口に出さなくても悪口のもとになる「悪意」とは悪想念、つまりマイナスのエネルギーなのです。 カルマの法則は「動機」に大きく作用すると説明しましたが、それはつまり、「悪口」を口に出して言わなくても、「悪意(悪想念)」を持った時点でカルマの法則は想いへと作用します。 例え言葉として口に出さなくても、強く思えばそれは「呪い」と同じだからです。 人を呪わば穴二つです。 つまり、相手を落とす穴を掘ると、自分が落ちる穴も同時に掘られるのです。 そして、人間の想念は具現化します。 人間には「想いを実現させる」ちからが誰しにも備わっています。 これは人間の性ですが、人間は自分が愛する人間を、同時に恨んだり憎むことができるいきものです。 心に悪い気持ちを持ち続けることで、愛する人や愛する家族を不幸にしてしまうことはままあります。 人を不幸にするような悪口を言わないで済むように、心に悪い気持ちを持たないで生きていけるように、日頃から「心を清めて愛を持って生きる」ように心がけてください。 人間の想いのエネルギーである想念についてはこちらの記事に詳しく書きました。 悪口の仕組みと悪口を言わない方法 悪口は人間の「衝動」と関わり深いです。 衝動とは に対応した性質のエネルギーです。 前世から持ち越したカルマが原因である場合もあります。 悪口を飲み込めずに、ついつい口に出してしまう人は、「衝動」を抑える術を学ぶ必要があるでしょう。 そして、悪口を言い続けてしまう人、一週間でも一ヶ月でも言い続けてしまう人は、「感情」のエネルギーを制御する事を学ばなければなりません。 衝動を抑えるのは忍耐、感情を解放するのは許しです。 悪口を言いたい対象に自分物に対して、愛を持ち、許すことで自分の心の中から「衝動の源」と「悪意」を消し去る事ができます。 心の成長、魂の成長とは、日々の小さな葛藤の積み重ねのなかで勝ち取った勝利の積み重ねであると理解してください。

次の

宇宙の法則とは神様そのものであり、その神様は常に私たちを見ている存在

スピリチュアル 宇宙の法則

私たちは宇宙に住んでますから、宇宙を司る法則を知っておいた方がいいに決まってます。 宇宙の12の法則とは スピリチュアルな宇宙の法則について考えると、引き寄せの法則が最も有名ですが、それは宇宙の12の法則の中のひとつです。 この宇宙の12の法則を理解することは、あらゆるレベルで人生をマスターする方法であり、自分の目的を達成するためにどうすればいいかを教えてくれます。 言い換えれば、宇宙の法則は、私たちがどのように私たちの最高の人生を生きることができるかについてのロードマップなのです。 それぞれの法則はとてもシンプルで、少しずつ重なりながら、ひとつの宇宙を形作ります。 1.神聖なるワンネスの法則 The Law of Divine Oneness 宇宙の12の法則の一番目は、神聖なるワンネスの法則と呼ばれ、宇宙に存在するあらゆるものは、互いに結びつき、つながりあって一つになっているというものです。 私たちの思考や感情、行動の一つ一つが全体に影響を与え、全体は個人に影響を与える。 何かを変えたいと思うなら、自分を変えることで可能となる。 他人は自分のミラーであり、自分もまたそうである。 2.バイブレーションの法則 The Law of Vibration 宇宙にある全ては振動し、目に見えないバイブレーションを作り出しているという法則です。 一見、振動しているようには見えない実体を持つ物質も、バイブレーションを持つ。 形を持たない思考や感情も独自のバイブレーションを持つ。 似たバイブレーションは同調し、拡大するため、自分の放つバイブレーションに注意する必要がある。 3.行動の法則 The Law of Action 物理的な実体を持つ3次元の世界では、自分から働きかけ、行動することで、直接の変化をもたらすことができます。 願いを現実化したいなら、そのバイブレーションを行動にして表す必要がある。 行動がダイレクトな結果をもたらす。 4.呼応の法則 The Law of Correspondence マクロとミクロは相似形であり、外界は内面の反映です。 大きな宇宙は、人体の中にも小さな宇宙として存在する。 自分の周りに起きることは、自分の思考の反映である。 エネルギーやバイブレーションは、物理世界だけではなく、エーテル界にも存在する。 スピリチュアルの世界は、現実世界のアナロジーである。 自分を愛することは、宇宙に愛を伝えることに等しい。 5.原因と結果の法則 The Law of Cause and Effect 宇宙では、偶然に起きることは一つもありません。 受け取る結果には、必ずその原因があります。 自分の経験することは、自分が引き寄せている。 蒔いた種は、刈り取ることになる。 6.お供え物の法則 The Law of Compensation これは原因と結果の法則の、豊かさバージョンです。 直訳すると「犠牲の法則」であり、これはキリスト教から来た発想だと思われますが、豊かさや祝福を受け取りたいなら、まず自分から与えるべき、つまりお供え物はいいことだという法則です。 よい結果を受け取りたいなら、健全なエネルギーを注ぐべきである。 7.引き寄せの法則 これはお馴染みの法則ですが、似たもの同士は引き寄せ合うという法則です。 フォーカスしたものが、自分に引き寄せられる。 人生にポジティブなものを引き寄せたいなら、自分がポジティブなバイブレーションを保つ必要がある。 人生にネガティブなものをカットしたいなら、自分の中のネガティブなバイブレーションを変容させる必要がある。 8.永遠に変化し続けるエネルギーの法則 The Law of Perpetual Transmutation of Energy エネルギーは決して消滅することなく、それは性質を変えて永遠に変化し続けるという法則です。 高いエネルギーは、低いエネルギーを変容させることが出来る。 自分のバイブレーションを上昇させるにつれ、低いバイブレーションもどんどん変容していく。 私たちには等しく力があり、どんな状況でも、人生にポジティブな変化を起こすことが出来る。 9.相対性の法則 The Law of Relativity 相対性とは、他との関係の中にあるという意味です。 人生とは互いに結びついた関係性の中で起きているものであり、自分だけのものではないということです。 起きたことは、視点を変えれば意味も変わる。 主観的になり過ぎずに、客観的な視点も持つことで、全体の大きなヴィジョンを眺めることが出来る。 10.二極性の法則 The Law of Polarity 宇宙にあるものは、全て二極性を持つ。 全ては光と闇、明と暗、喜びと悲しみなどのコントラストからなる。 コントラストがあることで、より深い経験を味わえる。 11.リズムの法則 The Law of Rhythm 宇宙にある全ては振動し、一定のリズムやサイクルを持つ。 自分の精神的、肉体的なリズムを知ることで、自分をうまくコントロールすることが出来る。 人生にもリズムやサイクルがある。 リズムやサイクル、フロウに抵抗するより、それに従った方がスムーズに行く。 12.陰陽の法則 The Law of Gender 全て物は、陰陽のエネルギーを持ち、それが宇宙の創造の根本ともなっています。 陰と陽は、それぞれ女性性、男性性とも呼ばれることもありますが、簡単に言えば、内側に引き込む力と、外側に押し出す力のことです。 その組み合わせが、エネルギーのフロウを作ります。 陰と陽のバランスが取れ、ニュートラルになった時、無限の創造のエネルギーが生まれる。 創造とは、インプットとアウトプットの絶え間ないフロウから作られる。 さあこれで、私たちも宇宙マスターです。 これもおすすめ:.

次の

宇宙の法則

スピリチュアル 宇宙の法則

人生で一回も人の悪口を言ったことが無い、そんな人ははたして居るでしょうか?きっといないでしょう。 悪口とは、「人の事を悪く言う事」で、古来より「悪口」は人間の争いの原因でした。 その為、悪口を規制するような国や集落も少なくなかったようです。 日本の古い時代も然りです。 悪口を言うことのカルマの法則の作用は、いずれ自分自身が同じように悪口を言われることです。 行いが自分に還るというシンプルな構造ですが、実は人に悪口を言うことで起こりえるカルマに関わる恐ろしいリスクは他にもあります。 もっと言えば、目に見えないエネルギー、スピリチュアル的な作用においてもです。 悪口とカルマの法則とスピリチュアル的な作用について、いろいろとお話ししたいと思います。 【目次】• 悪口を言うとカルマの法則はいかに作用するか 人に悪口を言うと、まず言える事は、カルマの法則の作用で、いずれ自分も人に悪口を言われるという事です。 例えば、小さな子供同士が面と向かって悪口を言い合っていたとしたら、自分が悪口を言って、その場で自分も悪口を言われるので、カルマ的な作用は小さいでしょうし、もっと言えば、カルマの法則は行為そのものよりも動機により大きく作用しますから、小さな子供が人の悪口を言うときの「悪意」なんてカルマの法則の作用としたら無いに等しいぐらいかもしれません。 例えば、通勤電車で足を踏まれて、反射的に「痛いなばかやろう!」と言ってしまった場合も、カルマの法則の作用としたらごく小さいものだと思います。 カルマの法則は動機により大きく作用する、つまり悪口をいう時に最も良くない事は、「悪意を持って言うこと」です。 意識的にと言うのは、「衝動」や「ついカッとなって」みたいなものではなく、「相手を傷付けよう」「相手を貶めよう」など、相手が不利益やマイナスを被るようなケースや、それを目的として言う場合です。 これは面と向かって言わない場合、つまり「陰口」なども同じです。 カルマの法則は神の調和のシンボルである円に例えることができます。 すべてはもともと一つで、神のもとに愛によって一つに繋がっています。 もしあなたが人を攻撃すれば、その力は円環の法則(カルマの法則)によってぐるっとまわって自分の戻ってきます。 誰かを悪口で傷付ければ、いずれ自分も誰かに悪口で傷付けられるでしょうし、誰かを陰口で孤立させれば、いずれ自分も誰かの陰口で孤立させられます。 カルマの法則において、言葉のいじめはもっとも注意すべき事柄の一つだと思います。 なぜなら、言霊、なんて言葉がありますが、言葉には霊が宿っていますから、言葉はエネルギーです。 言葉はハサミやナイフと同じように扱いを注意すべきものなのです。 言葉は人を生かしも殺しもするからです。 カルマの法則は動機に強く作用しますから、もし悪口で人を死に追いやれば、それは殺人のカルマとなります。 そしてそのカルマはいずれ自分自身にぐるっと回って舞い戻ってきます。 言葉の力に関してはこちらの記事からはじまるシリーズが参考になります。 真実によって報いを受ける、それが真理です。 人間の言い訳は、神と法則には通用しませんから、言葉の使い方には注意してください。 もし言葉を、人への励ましや思いやりある言葉として使えたなら、いつか自分自身が励ましや思いやりを受けられます。 あなたが人にすることをあなた自身がうけとるのです。 カルマの詳しい話はこちらに書きました。 悪口ばかり言う人 言葉はエネルギーと説明しましたが、実は口に出さなくても悪口のもとになる「悪意」とは悪想念、つまりマイナスのエネルギーなのです。 カルマの法則は「動機」に大きく作用すると説明しましたが、それはつまり、「悪口」を口に出して言わなくても、「悪意(悪想念)」を持った時点でカルマの法則は想いへと作用します。 例え言葉として口に出さなくても、強く思えばそれは「呪い」と同じだからです。 人を呪わば穴二つです。 つまり、相手を落とす穴を掘ると、自分が落ちる穴も同時に掘られるのです。 そして、人間の想念は具現化します。 人間には「想いを実現させる」ちからが誰しにも備わっています。 これは人間の性ですが、人間は自分が愛する人間を、同時に恨んだり憎むことができるいきものです。 心に悪い気持ちを持ち続けることで、愛する人や愛する家族を不幸にしてしまうことはままあります。 人を不幸にするような悪口を言わないで済むように、心に悪い気持ちを持たないで生きていけるように、日頃から「心を清めて愛を持って生きる」ように心がけてください。 人間の想いのエネルギーである想念についてはこちらの記事に詳しく書きました。 悪口の仕組みと悪口を言わない方法 悪口は人間の「衝動」と関わり深いです。 衝動とは に対応した性質のエネルギーです。 前世から持ち越したカルマが原因である場合もあります。 悪口を飲み込めずに、ついつい口に出してしまう人は、「衝動」を抑える術を学ぶ必要があるでしょう。 そして、悪口を言い続けてしまう人、一週間でも一ヶ月でも言い続けてしまう人は、「感情」のエネルギーを制御する事を学ばなければなりません。 衝動を抑えるのは忍耐、感情を解放するのは許しです。 悪口を言いたい対象に自分物に対して、愛を持ち、許すことで自分の心の中から「衝動の源」と「悪意」を消し去る事ができます。 心の成長、魂の成長とは、日々の小さな葛藤の積み重ねのなかで勝ち取った勝利の積み重ねであると理解してください。

次の