アダムス ミス 道徳 感情 論。 『道徳感情論』(アダム・スミス,高 哲男):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部

アダム・スミスとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や名言、国富論、逸話について紹介】

アダムス ミス 道徳 感情 論

Introduction:アダムスミス「道徳感情論」とは? アダム・スミスの「 道徳感情論」(The Theory of Moral Sentiments)とは、 1759年に出版された、理性に頼らずに、法・社会秩序が形成されていく過程を分析し、道徳の一般規則をどのように感情から導くかを書いた著作。 つまり、 道徳の法則・ 社会秩序が 感情によって形成されていく過程を書いたものです。 スミスは、「 共感」や「 公平なる観察者」などの概念を用いて説明しました。 スミスの書物といえば経済学書の「 国富論」の方が有名ですが、倫理学書の「 道徳感情論」にも非常に有益な情報が書かれています。 スミスは 経済学者のイメージが強いですが、 哲学者・ 倫理学者でもあります。 「国富論」とセットで学ぶことで、スミスの思想をより深く理解することができます。 また、社会の秩序形成について述べたスミスは、社会契約論を唱えたトマス・ホッブズを批判しています。 ・人々の共感と社会経験によって道徳の一般法則が形成 それでは詳しく解説していきます。 Keywords:共感・公平なる観察者・予定調和・自己欺瞞 2-1 共感 スミスは、人間は、共感されると嬉しいから共感を得ようとする生き物であるという前提を述べました。 極端な意見は共感を得にくいため、元の感情を抑えて共感を得ようとします。 このような感情・感覚は社会の調和が保たれるよう予定調和的につくられたと考えられています。 ここからどうやって道徳の法則を導くのでしょうか。 2-2 公平なる観察者の共感 スミスは、公平なる観察者という概念を用いました。 公平なる観察者とは、 利害関係がなく公平に行為の妥当性を判断してくれる人 公平なる観察者の共感を得るということは、すなわち 良心の声に耳を傾けるということを意味します。 ここでスミスは、公平なる観察者の共感を重視する 賢人と重視しない 弱者を分けて考えました。 賢人は、自身の考えや行動を客観的に観察し、良心に従って生きようとします。 それに対して 弱者は、公平なる観察者の共感を軽視し、良心の声に耳を傾けません。 それによって、 弱者は 自己欺瞞に陥ります。 自己欺瞞とは、 良心に反した行動をしながらも、無理に正当化し、自分を騙している状態です。 スミスは、こうした弱者の 自己欺瞞を解決するために、道徳の一般法則が作られると考えました。 2-3 道徳の一般規則 道徳の一般法則は、賢人達の共感の中で自然と作られると考えました。 そして、良心に従わない弱者は、 道徳の一般規則によって「正義」を強制される必要があるとしました。 この一般規則に従わない人は処罰の対象となりました。 公平なる観察者が非難する行為は、 社会秩序を破壊すると考えました。 そのため、厳格な一般法則が形成されると仮定しました。 反対に、公平なる観察者が称賛する行為は、秩序維持のためには不可欠ではないため、強制されることはありません。 各人の自主性に依存すると主張しました。 こうした一般規則は、人々の 共感と 社会的経験の蓄積によって形成されると考えました。 この社会秩序では、人々の 利己心が適度に抑制されると考えました。 共感への欲求と一般法則による規制によって利己心の無限の解放が抑制されるとしました。 このようにして、共感を得たいという感情から道徳の一般法則を導くことができると主張しました。 このような一般法則に基づいて、社会の秩序・法が形成されていく過程を示しました。

次の

アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)

アダムス ミス 道徳 感情 論

道徳感情論とは? 道徳感情論は1759年に発行された、アダム・スミスの処女作です。 この本では、人間は利己的で自分勝手な生き物のはずなのに「なぜ社会は秩序を保ち道徳的に振る舞えるのか?」を研究した学問です。 法律的に裁かれるから、秩序が維持されているのだ、という議論ではありません。 人間の根源的な部分で「道徳でいよう」とするこの感情は何なのか?をスミスは考えました。 人間には「共感」という感情がある 道徳感情論では、次の一文が記載されています。 いかに利己的であるように見えようと、人間本性のなかには、他人の運命に関心をもち、他人の幸福をかけがえのないものにするいくつかの推進力が含まれている。 人間がそれから受け取るものは、それを眺めることによって得られる喜びの他に何もない。 哀れみや同情がこの種のもので、他人の苦悩を目の当たりにし、事態をくっきりと認識したときに感じる情動に他ならない。 つまり人間は、他者という存在と「共感」し、哀れみや同情を抱ける能力があると述べています。 この能力を人間は持ち合わせているからこそ、道徳的な行動をとることができ社会秩序が維持されるのだと説きました。 他者の目による基準で行動する また、共感や同感は、「自分の中にある基準」によって起こるのではなく、「他社の中にある基準」によって起きると述べます。 自分にとっての価値基準ではなく、「他人ならどう思うか?」「他人ならどうされたいから?」というように他者の基準を内在化することによって、人は道徳的振る舞いを取れるのだと述べました。 富者の富は公平に分配される 終始、道徳的な話が多くされていたこの書籍ですが、アダム・スミスは富の分配についても触れています。 このあたりの考えが「国富論」に続いていきます。 以下のような一文があります。 つまり、富者の富は、貧しい人へも公平に分配されるはずだと説きました。 しかも見えざる手によって行われるとしています。 ここで述べられていることは、土地から生活必需品の食料を収穫するにあたり、いくら富者であっても、食べる量には限界がある。 そのため結局その余った分は、貧者に分配されるはずだろうということです。 さらには土地の改良を行い、より多く収穫することができるようになれば、貧者にさらに多くを分配されると考えました。 この考え方は、あきらかにまだ粗があります。 実際には、より深く富の分配については考える必要があります。 アダム・スミスは「国富論」で、富の分配についてより深く考察するに至っています。 まとめ アダム・スミスの道徳感情論について、まとめました。 経済学者と思われがちなアダムスミスですが、実際には哲学者でした。 「人間とはどうあるべきか?」「社会とはどうあるべきか?」というより大きなテーマを扱う中で現代の経済学に通じるような考え方が生まれてきました。 この本に続く国富論は、人間は利己的に動いているのに、どうして社会では最適な資源分配がされるのであろう?というより経済に近いテーマを扱っています。 道徳感情論を理解することで、国富論をより深く理解することができるかと思います。

次の

アダム・スミスの道徳感情論と経済的思想

アダムス ミス 道徳 感情 論

Part 2:教育論 スミスは、「国富論」のなかで教育についても述べました。 スミスは、経済活動の自由放任を推進しましたが、 教育は国が責任を負うべきであり、市場に任せてはならないと主張しました。 スミスが主張した「分業」は生産性を改善するが、 人間の尊厳を奪ってしまうと考えました。 つまり人々は、分業による単純作業を繰り返すことで人間らしさが奪われてしまうということです。 それを改善するために、国によって保証された教育が必要であると説きました。 国が行うべき教育は、 読み(Reading)・書き(Writing)・計算(arithmetic)の基礎的教育だと述べました。 スミスは、教育が役に立つかわからないが、役に立たなくても、 教育を受けること自体に意味があると考え、以上のような教育論を展開しました。 Part 3:古典派経済学の父 スミスは、 古典派経済学の父と呼ばれました。 古典派経済学とは、 労働価値説に基づいた経済学の総称 です。 労働価値説とは、 労働が価値を生み出すものであり、分業などによって生産性を高めることにより富を増やすことができるという考え。 つまり、スミスは最初に労働価値説を経済学の基本理論として唱えたため、古典派経済学の父と呼ばれました 古典派経済学はスミスの後、 マルサス、 リカード、 ベンサム、 JSミルなどに受け継がれて発展しました。 Part 4:おすすめ本 もっとアダム・スミスを学びたいという人は、以下の書籍がおすすめです。

次の