コーセー 株価。 【コーセー】[4922] 株主優待情報

(株)コーセー【4922】:時系列の株価推移

コーセー 株価

みんかぶ予想株価は「13,999円で【売り】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

(株)コーセー【4922】:時系列の株価推移

コーセー 株価

コーセーのみんかぶ目標株価は「13,999円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 16,874円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 13,094円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 11,949円 と判断されています。 コーセーは、【スキンケア、インバウンド、アンチエイジング】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

(株)コーセー【4922】:時系列の株価推移

コーセー 株価

今回の記事の内容 ・コーセー(4922)の株価の状況は? ・コーセーの株価の推移(チャート)は? ・コーセーの配当と株主優待は? ・なぜ?コーセーの株価が下落する理由とは? ・コーセーの株は買い時? 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。 コーセーの株価が下落していることに関して以下のツイートをしました。 ブログ新規更新! コーセーの銘柄分析です。 インバウンド需要で業績が潤いましたが ・米中貿易戦争による中国経済減速懸念 ・消費増税による売上の反動減 ・新型肺炎の影響 で業績予想を下方修正。 自分は当面は様子見ですが、下値を探って買いのタイミングを検討します。 インバウンド需要で業績が潤いましたが ・米中貿易戦争による中国経済減速懸念 ・消費増税による売上の反動減 ・新型肺炎の影響 で業績予想を下方修正。 自分は当面は様子見ですが、下値を探って買いのタイミングを検討します。。 上記を深掘りします。 コーセーは、日本の化粧品業界で第3位の大手化粧品メーカーですね。 創業当初から美容部員により店舗での対面販売形式を取っていますが、現在では多様な販売方式を取っていますね。 メークアップおよびスキンケア、ヘアケア商品などの化粧品を販売していて、日本だけでなく、香港、中国、シンガポール、マレーシアを中心に販売。 様々なブランドがありますが、雪肌精が有名ですかね。 中国の爆買いで話題になりました。 株式としては100株の購入に100万円以上必要である値がさ株ですが、コーセー製品がもらえる優待が充実していることもあり、個人投資家からは人気のある銘柄の一つです。 他方、 インバウンド需要が落ち着いてきたことや、米中貿易戦争による中国経済の減速懸念、新型肺炎の影響もあり2020年3月期の業績予想を下方修正するなど、苦しい状況となっています。 今回は、そんなコーセーについて銘柄分析です。 コーセーの株価データ• 株 価: 14730円• P E R : 22. 6倍(予想)• P B R : 3. 81倍(実績)• R O E : 16. 90%(予想)• 配当利回り: 1. 配当利回りは1. PERのは13~15倍ぐらいですから22. 6倍というのは結構な割高水準ですね。 ただ同業他者のPERと比較してみると、• 資生堂:35. ポーラHD:29. ノエビアHD:20. 2倍 となっていて、コーセーのPERは他の競合する化粧品企業と比較すると、PERは同じぐらいの水準ですね。 必ずしも割高とは言えないです。 「」にも書きましたが、化粧品はインバウンド需要やアンチエイジング、男性化粧品、高齢者向けの化粧品などの売り上げが伸びており、人口減少している日本において今後も成長が期待できる分野。 成長期待からPERが高くなっていますね。 コーセーの株価の推移(チャート)は? 続いてチャートを確認していきましょう。 化粧品業界最大手の一つコーセー。 これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 コーセーの長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 10年の長期で見ると株価はしっかりと伸びていますね。 2012年ごろのアベノミクス相場の時に株価は大きく上昇していますが、2018年の米中貿易摩擦の影響懸念のあった2018年中頃から株価は下落傾向ですね。 コーセーの1年チャート 以下が直近1年間のチャートです。 2019年の4月ごろまでは株価が大きく上昇していましたが、その後失速。 ・2019年4月:22000円 ・2020年1月:14600円 となっていて9ヶ月程度で30%以上と、結構な下げ幅になっています。 チャート的には、過去1年の安値である14500円あたりがサポートラインとなっているので、この水準を大きく下にブレイクするともう一段株価は下落しそうですね。 当面はこのラインを維持できるかですね。 コーセーの配当実績と株主優待は? 続いて配当実績と株主優待を見ていきますね。 配当金の推移 以下がコーセーの配当金の推移です。 過去5年の配当金は増配傾向となっていますね。 過去10年を見ても一度も減配がありません。 配当性向も20%台と全く無理のない範囲。 減配される可能性は低いと考えます。 株主優待は自社製品の化粧品 過去10年間一度も減配のないコーセー。 優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 関連記事: コーセーは、所有株式数に応じて以下のような自社製品が送られてくる株主優待制度となっています。 化粧品などの製品数種類から株主が選ぶ形式ですね。 さらに、 株式を継続して3年以上保有すると、製品のグレードが高くなる長期保有制度も採用しています。 コーセーは「中国銘柄」• 2020年3月期業績予想の下方修正 ということ。 クイックに見ていきます。 コーセーは中国銘柄 米中の貿易摩擦の影響で中国経済に減速懸念が広がったことが株価下落の要因の一つです。 化粧品株は景気が悪くなると訪日客の減少や購買数や単価が落ちることになるため、株価はどうしても景気に敏感になるんですよね。 実際、中国人の訪日観光客によるインバウンド需要で潤っていました。 それが米中貿易戦争の激化で、2018年9月の訪日外国人客数が5年ぶりに減少に転じるなど、インバウンド需要が落ち着いてきました。 中国経済の失速懸念の中で、中国人観光客や中国での売り上げの高い「中国銘柄」であるコーセーの株が売られたということです。 2020年3月期業績予想の下方修正 コーセーの2020年3月期の業績が振るわないのも株価が下落する要因の一つ。 以下が3Q決算短信の関連部分抜粋。 アジアなどの海外事業が引き続き好調に推移しているため売上高は堅調も、利益が対前年比でマイナスになっています。 要因としては、やはり中国人観光客によるインバウンド需要が減少していることですね。 さらに、コーセーは国内事業は消費増税に伴う駆け込み需要の反動減や、中国での新型肺炎感染拡大によるインバウンド・免税チャネルへの影響、および円高による影響が出るとして業績予想を下方修正しました。 下方修正の発表は1月31日。 コロナウイルスの影響懸念もあり、2月以降の株価はさらに下落する可能性が高いです。 参考記事:(日経新聞) コーセーの株は買い時? インバウンド需要の減少や新型肺炎の影響もあり業績悪化しているコーセー。 株は買い時でしょうか? 自分はコーセー株の購入は少し待った方が良いと考えます。 理由を端的に言えば、 ・新型肺炎による中国経済への影響が表面化するのはこれから ・インバウンド需要が落ち着いている ということですね。 コーセーはインバウンド需要の減少により国内事業の売り上げは減っているものの、海外事業は堅調そのもの。 ただ、新型肺炎の中国経済への影響というのはこれから出てくることは間違いないですよね。 コーセーは中国銘柄と見られていて、中国経済の悪い指標が出てくると売り圧力が強くなる傾向があるので、当面は様子見ということで良いかと考えます。 ただ 国内の化粧品市場自体は拡大していることもあり、コーセーの国内事業もいずれ下げ止まるだろうし、海外事業は堅調そのもの。 2020年は厳しいかもですが、いずれ株価は上昇に転じると予想します。 なので、コーセー株への投資は、株価の下値を探りつつ購入時期を検討していくというスタンスかなと。 「コーセーの株価が下落する理由」まとめ 今回はコーセーの銘柄分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、株価が下落する理由、今後の株は買いかなどについて述べてきました。 インバウンド需要により業績が堅調に推移していたコーセー。 しかし、その需要も落ち着いてきたことから業績が悪化しつつあり、株価も下落傾向です。 加えて新型肺炎の影響や消費増税の反動減から、2020年3月期の業績予想も下方修正しており、当面は株価の下落圧力が強くなりそうです。 ただ国内の化粧品市場自体は伸びていることから、いずれは業績や株価は回復すると予想しており、コーセー株の購入は下値を探りつつ検討するのが良いと考えます。 それでは。 関連記事です。 この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。 化粧品株についてまとめました。 化粧品市場は訪日外国人のインバウンド需要に強く支えられており、関連の銘柄は2020年の東京オリンピックによってさらに売り上げが伸びることが期待。 おすすめの銘柄とは? 化粧品業界最大手の資生堂の銘柄分析です。 特徴を一言で言えば海外の売り上げ比率が5割りを超えていることでしょう。 世界市場でも存在感を示していることは将来的な成長の面からも非常に期待できます。 景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。 こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。 マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか? おすすめ記事です。 Tポイントによる投資を売りにした SBIネオモバイル証券。 ネオモバなら値がさ株のコーセーも1株単位で投資可能。 自分も投資しました。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 しかも 期待利回りは 3. 5%〜7. 5%!詳細は以下の記事へ。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の