リンク ライフ 請求。 NEXT mobile(ネクストモバイル)って怪しい!? 危険?代理店=運営会社のリンクライフをチェックしてみた

リンクライフから8,938円請求されたので調べたら、どんなときもWiFiの料金だった

リンク ライフ 請求

リンクライフのサービスについて リンクライフは多くの事業を行なっていて「モバイルインターネット業務・スマートフォン業務・光回線業務・カスタマーセンター業務」と4つに分けられています。 その中でもモバイルインターネット業務の「Broad WiMAX」の解約方法に焦点を当てていきます。 取り扱いサービスの内容 リンクライフが運営するサービスは、Broad WiMAX以外にも取り扱いがあり、全部で6つあります。 3WiMAX auのスマートフォンを利用している人用のサービス• Broad LTE 大容量のファイルでも高速で送信できる次世代通信サービス• UQ mobile 高品質の格安SIM• Broad光 リンクライフが提携している光回線サービス• Broad one リンクライフが提携しているプロバイダサービス WiMAXとUQモバイルの代理店 リンクライフは、すでにあるサービス会社から営業許可をとって代理販売しています。 そのため、Broad WiMAXはWiMAX回線を持っているUQ WiMAXから許可を取り、代理販売をしているということなのです。 リンクライフのBroad WiMAX解約方法 リンクライフのBroad WiMAXを購入するためには、店舗販売を行なっていないのでWEBサイトが窓口となります。 解約を決めたときは、どのような方法を取らなくてはならないのかを見ていきます。 方法1. 電話で解約する 解約はWEBか電話のどちらでも可能です。 電話でBroad WiMAXを解約するための大きな流れは以下の通りになります。 お客様サポートのサイトから「8日以降の方」という項目をクリック• 「Broad WiMAX・3WiMAX・Broad LET」のサービスの中から選択をする• 必須項目に入力をし内容を確認して「解約の同意」をクリックする 解約をしたら取り消せないため、十分に確認してから進めてください。 2台以上持っている人 2台以上端末を所有している人は、オペレーターから確認の電話がかかってきます。 そのため、WEBではなく電話での受付をおすすめしています。 電話が面倒という人はWEBからでも解約ができますが、違約金のことなどを知るためにもコールセンターに電話して確認するのが良いと言えます。 リンクライフBroad WiMAXに違約金はある? モバイル系のほとんどが、解約時に違約金が発生する場合があります。 リンクライフもそのうちの1つですが、どのような場合に違約金が発生してしまうのかを事前に知っておきましょう。 違約金が発生するケース リンクライフのBroad WiMAXの契約は「2年契約プラン・3年契約プラン・一年一括プラン・シングル回線プラン」などがあります。 それぞれ違約金が発生するケースを見ていきましょう。 2年契約プラン 24カ月の契約となり、2年以内に解約をすると契約解除料として最大19,000円の違約金がかかります。 契約開始月から0~12カ月目は19,000円• 13〜24カ月目は14,000円• 更新月の25カ月目は0円• 26〜48カ月目は9,500円• 更新月の49カ月目は0円• 50〜72カ月目は9,500円 (全て税抜) 例えば、契約開始日が2019年6月15日の場合、2年後の2021年7月、4年後の2023年7月が更新月となります。 それ以外に解約をすると、違約金が発生するので注意してください。 3年契約プラン 36カ月の契約となり、3年以内に解約をすると最大19,000円の違約金がかかります。 契約開始月から0~12カ月目は19,000円• 13〜24カ月目は14,000円• 25〜36カ月目は9,500円• 更新月の37カ月目は0円• 38〜72カ月目は9,500円• 更新月の73カ月目は0円 (全て税抜) 一年一括プラン 契約内容は24カ月となり、25カ月目以降は24カ月毎の自動更新となります。 1年分の月額料金をまとめて支払うため、途中解約ができません。 契約開始月から0~12カ月目は19,000円• 13〜24カ月目は14,000円• 更新月の25カ月目は0円• 26〜48カ月目は9,500円• 更新月の49カ月目は0円• 50〜72カ月目は9,500円 (全て税抜) シングル回線プラン 契約は6カ月ごとの自動更新で、更新月以外に解約をすると19,800円の違約金がかります。 ただし、25カ月目以降はいつ解約をしても違約金が発生しません。 0~6カ月目は19,800円• 更新月の7カ月目は0円• 8〜12カ月目は19,800円• 更新月の13カ月目は0円• 14〜18カ月目は19,800円• 更新月の19カ月目は0円• 19〜24カ月目は19,800円• 25カ月目以降いつ解約しても0円 (全て税抜) 解約のタイミングが面倒な人は、このプランを利用している人も多いです。 更新月を確認する方法 契約をしたときの月をわざわざ覚えておくことは難しいという人は、サポートサイトで契約月やその他の契約内容なども確認ができます。 契約月を過ぎてしまうと、また次の契約月まで待つことになるため、忘れないようにメモをしておきましょう。 リンクライフBroad WiMAX解約時の注意点 リンクライフを解約するときは違約金のこともありますが、そのほかにも注意しなくてはならないことがあります。 解約するときは自分に不利がないようにもう一度確認してください。 Broadメールのメールアドレスが使えなくなる Broadメールのオプションサービスを利用している人は、設定したメールアドレスが使えなくなります。 解約をしたあとは、全てのオプションサービスが利用できないので気をつけてください。 Broadメールをメインで使用していた人は、解約前に違うメールサービスに移行しておきましょう。 キャンペーンの違約金に注意 初期費用割引キャンペーンの時に契約をした人は、解約時にキャンペーン違約金が発生します。 2年以内に解約をしてしまうと、解約料プラスキャンペーン違約金がかかります。 キャンペーン適用で18,857円が割引されているため、その分もプラスされます。 例えば、違約金が9,500円だとしたら、約28,000円もの違約金がかかってしますのです。 そのため、2年以上経ち、更新月に解約をすれば0円で済みます。 (事務手数料別途あり) auスマートバリューmineが適応外になる auスマホ割プランを契約している人は、解約すると適応されなくなり最大1,000円(税抜)の割引が効かなくなります。 毎月1,000円が引かれなくなるとかなり大きいため、いま一度解約をしたほうが良いのかを考えてみてください。 リンクライフBroad WiMAX解約のタイミング 違約金を発生させないためにも、解約をするタイミングも重要となってきます。 日にちなどをしっかり押さえ、余裕を持って解約しましょう。 解約受付日 解約の受付毎月25日までとなります。 25日が営業していない場合は、翌日の受付が可能です。 解約をしたい月があれば、毎月25日までに申請するようにしなくてはなりません。 万が一日付を忘れてしまって26日になってしまった場合でも、システム上解約を受け付けることができなくなっています。 そのため、翌月の1日以降に申請しなくてはなりません。 混雑する日時を避ける 解約をするときに多くの人が電話からの解約を行うため、混雑が予想されます。 特に働いている人は、同じような時間帯に電話をかけることが多いのです。 25日に解約をしようと思ったのに、電話がつながらなかったというようなことがないようにしなくてはなりません。 混雑になりやすい日時 混雑する日は毎月1〜3日、20〜25日となっています。 曜日は月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)が混雑しやすく、電話がつながらないことが多いです。 また、平日でもお昼の時間帯の11〜13時、仕事終わりの16〜17時が混雑しています。 そのほかの時間帯で、月曜日以外は比較的空いています。 乗り換えにおすすめのWiMAX リンクライフのBroad WiMAXから乗り換えたい、おすすめのWiMAXプロバイダをまとめました。 プロバイダごとに料金が安い・口座振替できる等の特徴があるため、ぜひ参考にして乗り換えてみてください。 カシモWiMAX 出典:• 業界最安級の月額料金• 通信容量無制限で使用可能• 最新機種が利用可能 の特徴は、なんといっても月額料金の安さです。 1ヶ月目の 月額料金が1,380円~と設定されており、 月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。 WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、はそのサービスの販売代理店を担っています。 これを「プロバイダ」と呼びます。 販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。 契約が増えると販売代理店として報酬も増えるため、契約数が多ければ多いほど1,380円という金額を維持しやすく、お得なキャンペーンも実施ができるのです。 WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。 通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。 「最安値プラン」の場合は、無制限のギガ放題プランで初月無料、2ヶ月目~1,380円のとってもお得なキャンペーンも実施しているので、要チェックです。 キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なので WiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。 S BoJuSbnnxdbgPx3 やはりユーザーからは「キャッシュバックがない代わりに月額料金が抑えられている」という点が支持されているようです。 他にも契約年数やポケットWiFiならではの利便性をメリットと考えている方が多いようですね。 UQ WiMAX 出典:• キャッシュバックキャンペーンを実施• auのスマホを使っていればお得• ギガ放題プランあり! テレビCMでもお馴染みのも、auの回線を使ったWiMAXサービスです。 カシモWiMAXと同じようにギガ放題プランがありますが、料金は月々4,380円かかります。 auのスマホを契約していれば、 スマホ代が月額最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンがあります。 様々なキャッシュバックキャンペーンを時期に応じて行っているため、お得なタイミングで契約するのがよいでしょう。 UQ WiMAXの口コミ・評判 おすすめの組み合わせは電話だけのプランがあるIIJmioとWiMAXですね。 IIJmioが920円で、WiMAXはUQ WiMAXなら4369円だけど、とくとくBBとか安いところを利用すればインターネットし放題で速度も早いのに合算して5000円切るとか行けそうなんで、めちゃおすすめっすよ。 でも2つのデバイス持ち歩くのが— タオタオ taotao1974 YmobileWiFiは本当に駄目だ。 つなぎ放題のアドバンスモードの説明が足りない。 通信制限あるやん。 UQWiMAXをおすすめするよ。 本当に。 — KIYONO kiyono0108 UQ WiMAXも 通信速度や月額料金といった面での評価が高いようです。 また、プラン変更が自由にできたり、月380円で盗難・紛失時の保障、端末修理サービスもつけることができる、CMを多く打っているのでユーザー認知度が高いといった「安心感」も高評価の理由といえるでしょう。 そもそも他社にも回線・端末を提供しているUQ WiMAXはドコモやY! mobileといった他社回線よりも速度が速く、料金が抑えられています。 ぜひUQ WiMAXを利用してお得にインターネットを楽しんでくださいね。 自動更新なしの1年契約がある• 口座振替が選べる• そのため、初めてWiMAXを契約する方や短期間だけWiFiを使いたい方でも安心して契約可能です。 さらにキャンペーン期間中は、 15,000円のキャッシュバックをもらうことができます。 サービス開始翌月という短い期間で現金キャッシュバックが受け取れるので、引越し等で現金が欲しい方にもおすすめのWiMAXプロバイダです。 GMOとくとくBB WiMAX 出典:• 高額キャッシュバックが人気• オリコン顧客満足度No. 1獲得 は、 高額キャッシュバックが人気のWiMAXです。 月によってキャッシュバック金額が異なりますが、 3万円以上のキャッシュバックキャンペーンも実施しています。 WiMAXで月々の負担額が増える分、キャッシュバックでまとまった金額が手に入るのは嬉しいですね。 ただし、 キャッシュバックは受け取りまでに数ヶ月~数十ヶ月かかるので、受け取り忘れに注意しましょう。 高額キャッシュバック以外にも、端末代・専用クレードル代・送料全て無料で使える等のサービスも行き届いています。 「オリコン顧客満足度」でNo. 1を獲得したのも頷けます。 So-netならではの充実サポート• au・UQモバイルとのセット割引がある So-netは、SONYの子会社が運営する老舗プロバイダです。 老舗プロバイダのため信頼性は高く、多くの人が利用している人気のWiMAXプロバイダです。 人気の秘密は、「So-netならではの充実したサポート」と「au・UQモバイルとのセット割引」の2つに分けられます。 So-netでは、WiFiの設定を行ってくれる「So-net 安心サポート」といったサポート体制がかなり整っています。 そのため、インターネットやWiMAX初心者の方でも相談しながら安心して使えます。 また、auスマホやUQモバイルのスマホを契約していると、月額料金が割引になるサービスもあります。 auスマホの場合は月額最大1,000円、UQモバイルのスマホの場合は月額最大500円の割引です。 割引は毎月続くので、通信料金を抑えたい方にもSo-netモバイルWiMAXはおすすすめできます。 nifty WiMAX 出典: 2019年4月から始まったのキャンペーンでは、30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 初回の端末購入なら端末代金は1円で、送料は無料です。 また、これはギガ放題の3年プランを契約したときの料金です。 そして、3年間の平均月額料金は、約3,508円になります。 キャッシュバックもほかのプロバイダよりも早く、契約後9カ月目に行われるのが特徴です。 この2カ月無料キャンペーンはギガ放題3年契約のときに適用されます。 DTIでは2年契約も行っています。 多くのプロバイダが3年契約であるのに対して、2年契約なため契約期間が短い方がよいという人にはおすすめです。 また、3年経過後も月額料金が上がることがないことから、1つのプロバイダを長く利用したい人にはおすすめです。 3年間の平均月額料金は、約3,518円です。 WiMAXから固定回線に乗り換えたい方は、した記事もぜひ読んでみてください。

次の

「リンクライフ」に関するQ&A

リンク ライフ 請求

だから身に覚えのない会社から、引き落としがあったりするんですね。 抜群のコスパで人気のポケットwi-fi でも 似たようなことを体験したって人がいるようです。 ネクストモバイルはリンクライフという会社から請求がいきます。 しかも最初の請求では 初月(日割り)と翌月分、事務手数料 が 合算されて請求されるので、 余計に身に覚えのない金額となります。 そこへもってきて、聞いたことない会社名が明細に載ってたら、確かに焦るし、 「なんやねん、これ!? 」 ってなりますよね。 でも、契約前にそのあたりのことを理解していたら焦ることはありません。 詳しく見ていきましょう。 \20GB 2,760円~の最強コスパ!/ そこに、翌月分の請求も加算されるから、余計に戸惑うことが多いんだよね。 最初の請求日や請求金額に関する詳細については、下の記事を参考にしてください。 参考>> \20GB2,760円~の最強コスパ!/ さいごに カードの明細見たら リンクライフ というとこから10334円請求されてて全く身に覚え無いから少し憤慨しながら色々ぐぐったら、どうやらネクストモバイルのWi-Fi利用料金収納代行してるっぽく、しかも2ヶ月分合算で来てやがってホッとするやらイラッとするやら。 — 安倍川餅 patanosuke この方のように、リンクライフからの請求に「なんじゃ、こりゃ!? 」と慌てる方も少なくないようです。 \20GB 2,760円~の最強コスパ!/.

次の

料金・請求について

リンク ライフ 請求

モバイルインターネット事業 近年、スマートフォン、タブレットの急速な普及により、モバイルインターネットの需要が著しく高まっております。 今後益々、普及が見込まれるモバイルインターネットサービスをより便利に快適にご利用いただくため、お客様の視点でご提案させていただきます。 スマートフォン事業 人気の格安スマホを中心に、最新のスマートフォンをWEB販売しております。 スマホの契約は混雑する店舗ではなく、WEBで完結する時代になっています。 光回線事業 安心、快適な固定インターネットサービスも人気があります。 自社オリジナルの光インターネット、ISPを提供しております。 カスタマーセンター事業 当社サービスはWEBサイトを窓口としてお申込みをいただいております。 自宅にいながらお申込みができる、面倒な申込書の記入が不要など、便利なインターネット通販。 しかしながら顔が見えない不安もあります。 そんな不安を取り除くことがカスタマーセンターの使命です。 商品の説明はもちろん、お客様に合わせた使い方、お申込後のサポートまで当社コールセンタースタッフが丁寧にご案内させていただきます。

次の