ファーガス 神聖 王国。 ファイアーエムブレム 風花雪月

ファーガス(FE)

ファーガス 神聖 王国

前回に引き続き、 風花雪月 という、将棋みたいなが合間合間にあるノベルゲームをやっているので、その感想を書く。 第一回: あらすじ 色々あってアドラステア帝国(赤チーム)をぶっ壊すことになった旧ファーガス神聖王国軍(青チーム)一行は、大陸を東廻りに進軍し、帝国領と同盟領を分かつ要所、ミルディン大橋で、レスター諸侯同盟軍(黄チーム)と協力して帝国軍を撃退。 そのまま帝国領へ向けて前線を押し込もうとする。 その矢先、同盟領に送り込んでいた使者が死体となって帰ってくる。 同盟からの意思表示か、あるいは帝国の妨害か、いずれにせよこれで同盟軍とは連携が取れなくなってしまった。 そして、軍を進める先にあるのはグロンダーズ平原。 5年前、三学級が鎬を削ったグロンダーズ鷲獅子戦が行われたこの地でいま、再び三つ巴の戦いが始まろうとしている……。 時系列 第一部二月 深遠の 聖墓の戦い ベレト(主人公)の緑髪同盟参入に合わせて、「地下にある聖墓に行くといいよ」とレア様から告げられた青組一同は、言われたとおりに聖廟へと向かうことにした。 何やら隠し事がありそうなレア様、いったい何を知っているんだろう? などと思いつつ、言われたとおり地下に行き、そこにあった見覚えのある(幼女神が座ってたりオープニングで写っていたりした)でかい椅子にベレトが腰掛けた瞬間、どこから入ったのか、一同は(ちょくちょく邪魔をしてくるとダサ兜の人)とその仲間たちに襲われてしまう。 敵が紋章石を奪うからそれをできるだけ阻止してください、とレア様から開始直後に言われる。 なんでそれを、あともう少し早く言えなかったんだ? だと知ってたらこんな配置にはしなかったよ。 そして、頑張ったけど一人だけ殺し損ねてしまった敵が、紋章石を奪った後も消えたりせず、ゆっくりと後ろに向かって歩き出す(奪われても後で殺せれば取り返せる)システムであることが、奪われてから判明する。 なんでそれをもっと早く教えてくれなかったんだ? 即失われるわけじゃない、と知っていたらこんな戦術は採らなかったよ。 ディミトリの仇敵、ジェラルト(主人公のパッパ)の間接的な死因、その他諸々の雑な敵役であるところのが、実は赤組委員長のエーデルガルトだったことが判明した回。 これには温厚なディミトリもブチ切れ。 何かと話題に上がる「ダスカーの悲劇」についてが弁明したときに、ディミトリが発した「畜生と言葉を交わそうと一度でも考えた俺が馬鹿だった」というセリフが彼のキレ具合を端的に表している。 そして、久しぶりにキレたディミトリを見て、フェリクスくんはすごく嬉しそうだった。 なんだこいつ。 そして多くの諸侯が帝国の味方についたらしい。 いや、そんな馬鹿な話があるか。 一体どんな汚い手を使ったんだ? どうも闇の魔術とか呪術とか禁術とか、そういうのがまかり通る世界観のようなので、そういったアレコレを施せば人心くらい簡単に掌握できる設定なのかもしれない。 宣戦から2週間後、ついに教会に帝国軍がやってきたが、軍の規模がめちゃめちゃ貧弱だったので生徒たちだけで難なく撃退(いつものようにを介護しながらの戦いだった)。 教会に雪崩れ込んでくる帝国軍を前に、決意の表情で前に立ったレア様が一瞬光ると、なんかでかいドラゴンが現れ、ブレスを吐きながら敵を一掃。 何事? そしてそれを補佐しようと飛び出したベレトは、敵の攻撃一発であっけなく崖から落ちてしまう。 何しに来たんだ? そしてそのまま5年の月日が流れるのであった……。 第一部完。 第二部オープニング (唐突に戦闘が始まって唐突に節が終わったので、章のタイトルをメモし損ねてしまった。 ) 急に5年が経過した聖暦1185年。 麓の村で目を覚ましたベレトは、とりあえず第一村人にお約束の「いまって聖暦何年?」をやってのける。 焼け落ちたでベレトが出会ったのは、ボロボロのマントに身を包み、落ち窪んだ瞳で虚空を見つめるディミトリだった。 5年間で何があったのか、殺すと死ねとぶっ殺す以外の語彙を失ったディミトリだったが、ベレトの顔を見ると元気になり、に巣食うごろつき共をぶっ殺そうと提案してくる(というか勝手に殺しに行く)。 2人対34人というどう見ても負けイベな戦力差のごろつき共と、計略を駆使しつつなんだかんだで2ターンほど渡り合っていると、マップ外からかつての仲間がつぎつぎと参戦。 「5年前の約束、覚えていたんだね」と感動的な再会を一通り済ませ(ベレトとの会話コマンドがあった)、5年の間に若干上がったレベルでごろつき共をゴリ押して戦闘終了。 成長してかっこよくなったり綺麗になったりする皆の顔ぶれを眺めて……あれ? ドゥドゥーは? 「ドゥドゥーは死んだ。 処刑されそうになった俺の身代わりとして。 みんな口々に「まだボロボロだけど」みたいなこと言うけど、聖堂以外は5年前と何も変わっていないように見える。 めちゃめちゃ小規模だった上に戦力()が逐次投入されるので秒でこれを撃退した。 帝国には馬鹿しかいないのか? その10体のを同時に出せばそれだけで突破できるのに。 その馬鹿の代表であるところの敵軍将をディミトリが愉しそうに拷問しようとしていた。 それを見てドン引きする青組一同。 ディミトリ、お前変わっちまったよ。 どうやらディミトリはこの5年間、ひたすら帝国軍の要人を暗殺する趣味に耽っていたようで、ディミトリは帝国軍からすっかり恐れられていた。 復讐に狂うディミトリが元に戻れる日は来るのか? そして、誰も話題にしないけど、ドゥドゥーは無事帰ってくるのか? (がまだ残っているから死んだってことはないはず、というメタ推理がある。 ) 第二部二月 煉獄の谷 アリル奇襲戦 無事帝国軍を撃退した旧ファーガス神聖王国軍だったが、帝国をぶっ飛ばして戦争を終わらせる、という目的に対し、食料も兵力も何もかもが足りなかった。 そこで彼らは、フェリクスの家でありまだ帝国に隷属していない、フラルダリウス家に援助を求めることに。 ところが、王国軍の内部にいたスパイによって、その情報は漏洩。 一行は帝国軍の奇襲を受けてしまう。 タイトルに奇襲戦とある割に、布陣も敵兵も普通だし、戦場もちょっと溶岩があるだけで普通。 何も奇襲じゃないじゃんか、とゆっくり進軍していたところ、マップの遥か右上から急にロドリグ(フェリクスのお父さん)一行が登場。 敗北条件にロドリグの敗走が加わり、そして当然のように2ターン後に敗走。 無事天刻(回数制限付きの時間巻き戻し)となった。 奇襲って、敵が突然襲ってくるんじゃなくて、敗北条件が突然やってくるってことだったのか。 地味にロドリグとベレトの間に会話コマンドがあり、選択すると「これはほんの手土産ですが」とかいって英雄の遺産をくれた。 英雄の遺産って、そんな手土産みたいにくれるもんなの? いやまあ要らないんだけどさ。 (を介護しながらきちんと敵を全滅させて経験値を稼ぐのが)厳しい奇襲戦を無事突破し、兵糧と兵力の問題が無事に解決。 いよいよ帝国に攻め入ろう、ということになるのだった。 一応王国を取り戻すという選択肢もあり、ギルベルト(第二部になってからやたら目立っている寡黙な老騎士)が「ベレト殿、あなたはどちらが良いと思われますか」とか聞いてきたからちゃんと「まず王国を取り戻そう」って言ったのに、ディミトリくんったら「嫌だ嫌だ俺は一日も早くエーデルガルトをぶっ殺してその首晒して両親に報いるんだうわーん」って言って聞かなかったので、結局無理やりで帝国をぶっ壊すことになった。 マジ、死にたいなら一人で死んでくれ……。 第二部三月 薔薇色の大河 ミルディン大橋の戦い 食料が底をつく前に帝国をぶっ壊す、というシンプル極まりない作戦がディミトリによって発令されたことで、一行はいよいよ帝国領に向けて攻め入ることに。 東に広がる同盟領を安全に抜けるべく、レスター諸侯同盟の二大勢力の片方であるクロード(黄組委員長)に話を通し、同盟領と帝国領の境にあるミルディン大橋まで進軍した。 当然そこには帝国軍が待ち受けていて、それを撃退することになるのだが、いざ戦闘が始まってみるとそこには見知った顔が。 かつての学友、赤組のお茶好き貴族フェルディナントと、黄組のお茶好き貴族の姿がそこにはあった。 そして、そのことに思いを馳せる間もなく、開始1ターン後にさらにもう一人の知り合いがやってくる。 「殿下!」その声は……ドゥドゥー! ドゥドゥーじゃないか! やっぱり生きていたのか! (などと叫んだりは誰もせず、ベレトは無言だし、ディミトリは少し驚いただけだった。 みんなドゥドゥーに冷たくないか?)。 初代FEの知識で、ベレトが二人に近寄れば勧誘会話が出るのかなと思っていたが、実際に近づいてみてもそんなものは出ず、ただ攻撃コマンドが出るだけ。 なんとか仲間になってくれないかと、うまく囲んで定常状態に持ち込んだが(Fig. 1)、勝利条件に彼らの死が入っていることもあり、殺すしかなかった。 ところが、フェルディナントはそのまま死んでいったものの、は倒したあと「起き上がりこちらを見ている」状態になり、そのまま仲間になってくれた。 は支援B、フェルディナントは支援Cだったので、どうやらフェルディナントの方は支援値が足りなかったらしい。 フェルディナントの支援B会話は5年前の時点でロックされていたので、これはどうしようもなかった気もするが……。 Fig. 1 囲んだけどダメだった とにかくドゥドゥーが無事に帰ってきてくれてよかった。 レベルが全然上がっていなくてかなり悲しい気持ちになったけど、まあ無事で良かった。 そして今に至る。 について この 風花雪月 というゲームには、というものが存在する。 要は仲間同士の会話が見られるというイベントなのだが、ただクリアするだけではこのゲームは簡単すぎるということがわかってきたので、このをできるだけ読みたいという目標を定めてそれを最大化することにした。 そこで、まずキャター間のの有無を表にまとめ、まだ埋まっていないペアの支援値をできるだけ上げられるように行動した。 具体的には、毎節戦闘に赴きまくり、できるだけハートマークがたくさん出るように慎重に用兵を行った。 この表を Fig. 2 に示す。 Fig. 2 表。 こんな感じで楽しんでます。 肌色が最大支援値を達成したペア、薄桃色が「最大支援値を達成したはずなのに謎のハートマーク(ちょっと光ってる)が出る」または支援S会話が存在し「絆はもう十分深まっている これ以上は誰と生きるかを決めたあとになりそうだ」と言われるペア、赤色が「絆を深められるのはまだ先になりそうだ」または「今は絆を深められないようだ」と言われるペア、濃い灰色が「絆を深める機会を逃してしまったようだ」と言われるペア。 見て分かる通り、青獅子の学級と関わる部分はほとんど見終わっており、教職員間の会話も少しずつ埋まり始めていることがわかる。 こんな感じで楽しんでいるので、以前に比べて他のクラスの子にも多少愛着が湧いているし、全体のレベルも上がってきている。 どうせなら最後は全キャター選出可能みたいになってほしい(初代FEの最終面がたしかそんな感じで、その時点での生存者が全員出撃できるマップだった)。 5年間ずっと眠り続け、川をどんぶらこして麓の村に流れ着いた。 システムの都合で一人だけ自習ができず、いつまでも剣術Aになれずにいる。 ベレト自身を鍛える術はたくさんあるのだが、どれも行動力を消費する激よわムーブなので、ベレトくんはいつまでも弱いまま放置されている。 が、チート兵種とチート紋章、そしてチート級の成長があるので、それでも割となんとかなっている。 指導レベルが最大になったことで1節に最大12回フリー戦闘に赴けるようになり、最近は経験値1. 2倍のありがたみが相対的に落ちているため、フリー戦闘では選出すらされていない。 ので、近年非常に影が薄い。 誰だっけこいつ? 5年経ったが見た目は一切変わっておらず、緑髪一族長命説の根拠の一つになっている。 ついでにセリフもあまり変わっておらず、5年経ったありがたみが一番少ないキャターでもある。 5年間で闇堕ちしてしまい、未だに戻れていない。 闇堕ち中は食事も歌も誘えないし、も見れないので、もったいないからベンチで寝ててもらっている。 5年の間に勝手に兵種が「ハイロード」というものに変わっており、さらに最近「マスターロード」という上位の兵種に変わった。 闇落ち中は自習すらしてくれないため技能経験値も碌に貰えず、マスターロードっていうかマスターロードくらいしかなれる兵種がないのだが(ベレトくんと同じだ)、服のセンスを見る限り、こういうかっこいい名前の兵種のほうが好みなのかなって思う。 その胸のあたりにあるダッッッッさいバッテンマーク、もうちょっとなんとかならなかったの? 中を青く塗ってる暇があるなら一人でも多く敵を殺しなよ。 一度もロック解除されていないがまだ残っているので、今後闇落ち解除イベントがあることはわかっているのだが、それがいつ来るかで埋めの難易度が変わってくるので、いつ来るかいつ来るかとかなりやきもきしている。 てっきりドゥドゥーが帰ってきたタイミングで元に戻るものとばかり思っていたが……。 5年の間にディミトリをかばって大怪我を負ったが、同胞(他のダスカー人)の手当のおかげで回復し、ディミトリを追いかけてここまでやってきた。 を地道に上げていたのが幸いし、復帰直後にグレートナイトに就任。 圧倒的な移動力と物理防御力で前線を押し上げる。 どうもこのゲームには隠しパラメータとしてヘイトの概念があるらしく(アサシンという兵種の固有スキルに「敵から狙われにくくなる」というスキルがある)、そして重装職はやたらとヘイトを集めてくれるので、とりあえず前に出しておくと敵の攻撃が集まってくる。 正直こういうのあまり好きではないのだけど(どうせなら真面目な完全情報ゲームとして敵には最適解を取り続けてほしい)、ぬるいゲームがさらにぬるくなってプレイ時間の短縮に一役買っている。 実はこれは嘘で、最近はダメージを受けないことより支援値を上げることの方を優先しているので、ドゥドゥーなどというあまりのないキャラに攻撃、すなわち支援値上げチャンスが吸われるのは嬉しくない。 後ろで寝ててほしい。 5年の間地元フラルダリウス領で戦いを続け、5年前の約束を律儀に守って帰ってきた。 エピタフとは「墓銘碑」を意味する単語らしい。 それがどうしてこうなったのかはわからないが、エピタフはおでこからビームが出る忍者だった。 何を言っているかわからないと思うが、俺もエピタフがなんなのかさっぱりわからない。 エピタフになったフェリクスはおでこに両手を当ててトロンを出し、サムライよろしく剣を大上段に構え、ニンジャめいた印を結んで神妙にオジギをするようになってしまった。 なんか……なんか思っていた最上級職と違う……。 しかし黒魔法のトロンは強力で、何が強力かといえば射程が3マスあるのでどこからでも支援が出せるようになった。 フェリクスくんは他クラスの女の子とたくさん支援A会話を持っているので、女の子に囲まれながらで相手の攻撃を受け止め、手にトロンを持って行動放棄、みたいなムーブをたくさんするようになってしまった。 やっぱり、なんか思っていたのと違う……。 5年間で性格がすっかりまるくなってしまったようで、復讐に狂うディミトリを見て呆れたり、女の子とキャッキャウフフしたり、5年前の寡黙な狂犬とは全然違う姿がそこにはあった。 のデレ部分だけを圧縮して見せられているようで、なんだかあまり気分のいいものではないが(特にアネットとのがキツかった。 お前絶対そんなヤツじゃなかっただろ。 思春期か??)、そのうち慣れてくると思うので長い目で見ている。 第二部デビューできてよかったね、フェリクスくん。 故郷に戻っていたが故郷が帝国に臣従したため下野、各地を転々としたあと、5年前の約束を守るために帰ってきた。 ロングボウと合わせて5マス先から2回攻撃ができるので、大体の敵は近づく前に落とすことができる。 その上再移動もついているので、敵の中に突っ込んで一番居ると困るやつ(だいたい空を飛んでいる)をピンポイントに落として再び帰ってくる、という離れ業を一人でやってのける。 本当に優秀。 赤組の異国っ子ペトラとのが重く(ペトラはアッシュ以外の青組生徒とを持っていない)、だいたいいつも副官にペトラをつけて行動している。 アッシュ的には、いつも隣に過激な服を着た他クラス女子が居るのはどういう気持ちなんだろう。 アッシュくんの照れ顔差分は申し訳ないがめちゃめちゃキモいので、あんまりニヤニヤしないでいるといいな、と思う。 5年の間地元ゴーティエ領で戦いを続け、5年前の約束を律儀に守って帰ってきた。 あくまで剣がメインなフェリクスとは異なり、シルヴァンはもう完全に黒魔法しか使っていない。 フェリクスと違って黒魔法の回数が多いからというのが主な理由だが、単に槍という武器が剣に比べて弱いからというのもある(攻速が遅い)。 を見る限り、どうもシルヴァンは女の子と軽く遊ぶのが好きなだけで、女の子が好きなわけではないようだ。 というかむしろ紋章目当てに群がってくる女性を嫌ってさえいるらしい。 いや、それは嘘でしょ。 だったら女遊びなんかやめなよ。 5年間実家の仕事を手伝っていたが、5年前の約束を思い出して帰ってきた。 魔力36から放たれるリブローが非常に優秀で、がいれば一撃死以外の死因は起こり得ない。 平均レベルの上昇に伴ってHPが増えていて、相対的な回復量が落ちているのも原因の一端を担っている。 どうせ黒魔法は撃たないし(に経験値を渡すのは損なので)、兵種マスタースキルを貰ったらビショップに戻してもいいかもしれない。 リザイア以外の攻撃白魔法を覚えるなら即ビショップに戻すんだけどなあ……。 イングリットと似たような境遇で、親から「家のために結婚しろ」と急かされているらしい。 一人だけ28歳で他は皆22歳とかなので、まあせやなあという気持ちにもなるが(これはの世界観に照らし合わせたときの話であって現実とは一切関係ないことを一応断っておく)、親の圧をのらりくらりと躱し続けているらしい。 強い人だ。 5年間地元で政務を手伝っていたが、5年前の約束を果たすべく帰ってきた。 アホみたいに高い魔攻に加えて、馬による再移動を獲得。 ヒット&アウェイがやりやすくなってさらに強くなった。 地味に最近白魔法も勉強していて、適宜回復役として働いたりもできる。 勝利セリフの「馬鹿にしないで!」がかっこかわいくて好き。 魔攻56を馬鹿にする人はどこにも居ないと思います。 お気に入りキャラだったのだが、ベレトとのキラキラハートマークが出ず、がっかりしている。 おそらくこのハートがあるペアは隠しとか個別エンディングとかそういうのがあると思うので、それがないということはつまり攻略不可ということなのだろう。 知らんけど。 5年間地元で父の政務を補佐していたが、5年前の約束を守るためにへと帰ってきた。 5年前は(文字通り)力が足りず火力不足に悲しむことが多かったが、5年経った今でもその状況はあまり変わっていない。 とはいえ再び空を飛べるようになったので、宝箱を開けたり他の人を邪魔しないようにしながら進軍したり、といった飛行職にしかできない仕事をしてもらっている。 一応速さが高いので、回避盾としての仕事がなくはないが、その面ではフェリクスの方が優秀。 氷槍(技依存の魔法攻撃スキル)で重装兵を突破する仕事もあるにはあるが、そもそも最上級職にもなって未だに魔法が使えないのはアッシュ(射程が長いので他の仕事がたくさんある)とディミトリ(力が高いので重装兵もゴリ押しで殺せる)とイングリットだけ。 いまいち力不足感が否めない。 セテス先生とじっくりお話して、将来について父親と話し合うことにしたらしい。 イングリットはもともと経営の傾いた実家の再建と自身の騎士になる夢、どちらを取るかで延々悩んでいたので、話し合いをする気になったのは良いことだと思う。 正直、騎士は向いていないからやめといたほうがいいと思うよ。 経歴に一人だけ「1181 領地に戻り、惰眠を貪る。 」とか書かれていて好感が持てる。 男性はグレモリィになれない、と気づいたのは信仰と理学をここまで上げた後だったので、もう最上級職は諦めてこの2つに絞って伸ばしている。 あまり戦わせたことはないが、優秀なリブローに加えてワープを覚えているので、戦場で腐ることはなさそう。 帝国に臣従した実家と絶縁し、帝国との戦いに明け暮れていた。 うちのチームで唯一格闘術をメインで使っているキャター。 格闘術は攻撃の低い4回攻撃なので、一撃で沈められるか1ダメージも与えられないかのどちらか、というかなりな性能で、正直支援上げに向いていない。 が、キャラ的にはやっぱり格闘術が合ってる気がするので、一人だけ篭手をはめて戦っている。 「1181 領地に戻り、引き篭もる。 」こんな経歴があってたまるか。 の才能開花で得たスキル「すり抜け」が優秀……などということはなく、耐久が低いのでだいたい後ろで狙撃を連打するしかできることがない。 うまく使えば槍スキル「復讐」が優秀なように見えるが、パーティアタックのないこのゲームでHP減少依存のスキルがどれだけ使えるかと考えると微妙。 5年経ってちょっと大人びた風貌にはなったが、おどおどした性格は相変わらず。 でも意外と身長高いんだよね。 5年の間はとして人々を救って回っていたらしい。 黒魔法「メティオ」が面白く、ぜひ使ってみたいと思っているのだが、雑メティオを投げていいほど表に余裕があるわけではないので(支援値の観点から言えば戦闘は長引くほど良い)、まだ一度もお目にかかれていない。 興味あり。 2周目以降赤組でプレイするときはぜひメティオを投げまくりたい。 一応5年の間もフォドラにいたらしい。 その割には相変わらず助詞の抜けた(しかし発音は完璧な)話し方で、フォドラの言語が助詞だけ非常に難しい体系を成していることがわかる。 性や活用が間違っているとか、そういうのを訳している気持ちなんだろうか。 発音の微妙な差異で活用を表す言語とかかな。 一応ドラゴンマスターを目指して育成してはいるが、戦闘にはほとんど出したことがない。 倒したら起き上がりこちらを見てきたので仲間にした。 経歴にもそのことがきちんと明記されており、本当に細かいゲームだなあと思う。 を目指して理学を鍛えているが、黒魔法を撃ったことはない。 正直として戦うには力が低すぎて使い物にならないので、はやく理学とを上げなければならないと思っている。 が、そもそももう前線に出ることはないかもしれない……。 に「あなたが女神そのものです、描かせてください!」と言ってみたり、フレンに「あなたは聖セスリーンの生き写しです、描かせてください!」と言ってみたり、意外と節操なしな一面があることが最近の調査で判明した。 本当はエピタフを目指すつもりだったのだが、思いの外エピタフが剣寄りな性能だったので、最上級職をどうしようかかなり迷っている。 そうこうしているうちに弓術も上がってしまって、かなりどっちつかずな技能になってしまった。 このままアサシンという微妙な職で一生を終えることになりそう。 非人道的な実験の結果、寿命と引き換えに望まぬ2つの紋章をその身に宿すことになった。 5年経っても子供っぽいところは全然変わっておらず、だいたいどのも「わたしもう子供じゃありませんし。 ふっふーん。 どや」みたいな感じ(実際はもうちょっとクールかもしれない)。 可愛い。 剣術に才能開花を持っていたので、エピタフを目指して修行中。 ドラゴンはだいぶ可愛くない見た目をしていると思うのだが、それはいいんだろうか。 ドラゴンマスターを目指して飛行をせっせと上げる毎日だが、ドラゴンマスターになっても戦場に出ることはないと思う。 もともと戦いたくないとしきりに言っていたので、本人もそのほうが幸せかもしれない。 いわゆる男勝りな性格だが、先日はシルヴァンに女の子扱いされて嬉しそうにしていた。 悪い男に引っかかりそう。 一応ボウナイトを目指して訓練を続けているが、それ以前の上級職であるにすらまだなれていない(チーム内で唯一上級職になったことがない)。 「おいおい、嘘だよなー」。 いや、こっちのセリフですが……。 その正体は1000年前の伝説に現れる聖キッホルその人。 だと思う。 学級外で唯一最上級職に足を踏み入れているキャター。 強すぎるので最近はあまり戦わせないようにしている(敵を倒してしまうとそれ以上支援値を上げられないので)。 その正体は1000年前の伝説に現れる聖セスリーンその人。 だと思う。 踊り子の役職が非常に優秀で、レベルが面白いくらいどんどん上がっていく。 FEにも踊り子は居たが、当時は敵を倒したとき・攻撃したときにもらえる経験値とレベルアップに必要な経験値が一律で、高レベルで低レベルの敵を倒したときに経験値が減衰する、ということはなかった。 ので、踊り子も経験値が貰えてはいたが、他のキャターに比べて貰える経験値が多いということはなかった。 ところが今作では攻防それぞれのレベルに応じて取得経験値が変わるため、攻撃しかできないキャターはある程度のレベルで頭打ちになってしまい、それ以上はストーリーを進めないとレベルを上げることができない。 しかし踊り子や白魔法使いは敵に依存しない経験値稼ぎができるので、戦闘を重ねるたびにどんどんレベルが上がっていく。 それでフレンはこんなレベルになってしまったのだ。 バランス調整下手か? この少女、5年間で一切成長していないのだが、誰もそれを会話で指摘したりはしないようだ。 みんな人間ができているのか、誰もフレンちゃんに興味を持っていないのか、あるいは5年も会っていなかったために元の顔を忘れてしまったのか……。 見た目と違って意外と気さくな人物で、特に紋章学の研究に協力してくれる人物には非常に優しい。 ギルベルトとの会話が仲良しおじさんって感じで良かったが、「君とは仲良くなれそうだ」と支援B会話で言っておきながら支援A会話が存在しないあたり、もしかすると社交辞令だったのかもしれない。 リンハルトと同様、男性はグレモリィになれない、と気づいたのは信仰と理学をここまで上げた後だったのだが、せっかくなので槍術とを伸ばしてを目指している。 とはいえリンハルトと違って応援持ちなので、最上級職になれなくても最低限の仕事はあると思う。 私生活がめちゃめちゃにだらしない。 をいくら見ても「歌姫だった、苦労した」と「私生活がだらしない」以外の情報が出てこず、マジで生活力低いんだなと感じる。 槍術とを上げてナイトを目指している。 チーム内で唯一ナイトを目指しているキャターなので、ナイトがどういう役職なのか確認するためにもマヌエラ先生にはぜひ頑張ってほしい。 の性能からだいたい想像はつくけれど。 かつてはファーガス神聖王国で陛下の騎士として仕えていたが、ダスカーの悲劇で陛下を守れなかった自責の念に耐えかねて、国も家族もほっぽりだしてセイロス騎士団に転職、今に至る。 実の娘であるアネットと最近やっと仲直りした。 を上げてグレートナイトを目指しているところ。 ドゥドゥーが居ない間はその代用として前で槍を振るっていたが、ドゥドゥーが帰ってきたので用済みになった。 とはいえはまだ残っているし、実はディミトリとのがわんさか残っているので、ディミトリの闇落ちが終わったらまた戦線に復帰することになると思う。 優秀な応援持ちなのであまり心配していない。 団長(ジェラルト)の多くを知る人物であり、にもよくその話が出てくる。 妻と娘が遠くにいるが、あまりにもセンスがないので娘の誕生日に古代の貨幣を送っているらしい。 技能値的にはいつでもウォーマスターになれるが、ケチなので最上級試験パスを留学生が1割引で売ってくれるのを待っている。 ウォーマスターになれば学級外でセテスに次ぐ二人目の最上級職で、最前線でバリバリ活躍してくれることが期待される。 今のところ、いまいち耐久も力も低くて使い勝手の悪いキャターなのだが……。 なにか経歴を隠しているらしく、実はいいとこの貴族(もしかして王家の血筋?)のようだが、本人的には剣士として生きている方が気楽なようだ。 剣術を扱う最上級職がエピタフしかなく、彼女に理学は明らかに向いていないので、最上級職は諦めてソードマスターの道を極めようとしている。 が少ないので全然経歴がわからない上、5年後に帰ってきてみたらドゥドゥーとの会話が期限切れになっていた。 会話コンプリートを妨げる不届き者。 許しがたい。 もうちょっと最上級職増えないかなあ、ほんと。 お隣の蛮族国家の捕虜らしく、に居たころより贅沢な暮らしをさせてくれるセイロス聖教会とレア様に絶対を誓っている。 ドラゴンマスターを目指して飛行と槍術を上げているが、道のりは遠そう。 固有スキル「良成長」が非常に優秀なので、今後に期待といった感じ。 今後もゆったり進めていきます。 kriver2135.

次の

【FE風花雪月】作中に登場する歴代FE用語について

ファーガス 神聖 王国

終戦から三年あまりも過ぎると、ファーガス神聖王国に統一されたフォドラはようやく安定した時代を迎えようとしていた。 若き王は聡明かつ公正で、旧き時代に地位と財力だけで大きな顔をしていた者達は役目を追われ、それまで誠実かつ実直に務めを果たしていた者達は適正な地位に就きその才を遺憾なく発揮する場を与えられている。 それまで「ダスカーの悲劇」の一件より虐げられていたダスカー族を始めとした諸部族との関係も改善し、現在では各地の国境を窓口に、広く交易も行われていた。 結婚から一年あまり後には国王夫妻に待望の第一子が生まれ、一昨年からは王と王妃が出会ったというガルグ=マクの士官学校も学びたい者達により広く門扉を開いた学び舎として再開した。 五年に渡る戦乱によって荒れ果てたフォドラの大地は、ようやく此処に至り安定を見たのである。 そうして迎えた終戦から四度目の春。 ガルグ=マクの学院もいよいよ入学者の選定が終わり、大修道院では新たな生徒達を受け入れるために慌ただしい日々が続いていた。 大司教にしてファーガス王妃たるベレスも例外ではなく、入学してくる少年少女だけではなく新たにセイロス騎士団に入隊する新兵達の確認をしなければならない。 大司教が下々の事を一人一人覚えなくてもいいのでは、などと言う者もいるが、学生も新兵もベレスの名の下に預かるのだ。 どんな者達が来るのか毎年楽しみにしているし、彼らの顔と名前くらいは覚えていてやりたかった。 (ディミトリはこういうの、得意なんだけどな) 彼女の夫は、とにかく物覚えがいい。 人の名前と顔とが一致するまでに数回は会わなければ覚えきらないベレスと違って、一目会った相手は大体覚えてしまっている。 王としては素晴らしい素質だが、戦場にあっては自分が殺した相手すら一人一人顔を覚えてしまうものだから、もう少し融通の利く才能だといいのだけれど、と常々ベレスは思っていた。 そんなディミトリの才能を借りて、彼に覚えてもらえればどんなにか楽だろう。 だが彼は今遠くフェルディアの王城で今も執務に当たっており、普通の夫婦のように四六時中傍にいて互いの執務を支え合うということは出来ない。 そうしてベレスが積まれた書類の半分ほどをようやく覚えた頃。 王都フェルディアから、ディミトリがやってきた。 腕にやんちゃな息子を抱いて馬車を降りてきたディミトリに、ベレスは飛びつかんばかりに駆け寄っていく。 「ディミトリ!」 「ベレス! ……ああ、久しぶりだな。 元気にしていたか?」 「勿論。 君は?」 「おかげさまでな。 俺もこの子も、元気にしていた。 ほら、母上だぞ」 ディミトリの腕の中から下りたそうにしていた息子は、母の顔を見るとぱあっと笑った。 まるでそこで大陽が輝いているような笑顔にベレスも破顔し、息子を抱きしめる。 「ん……またおっきくなったね。 いい子、いい子。 いつも一緒にいられなくてごめんね」 大司教としてガルグ=マク大修道院に住まうベレスが、我が子と一緒に過ごせる時間は少ない。 節に一度は必ず彼女が王都を訪れるか、今回のようにディミトリがガルグ=マクへやってきて家族揃って過ごすようにはしているが、一般の家庭のように毎日一緒にとは行かないのが寂しいところだ。 ファーガスの正統な世継ぎである二人の子は現在フェルディアで乳母がついて忙しいベレスやディミトリの代わりに育ててくれている。 もう三人も子供を産んでいるという乳母は頼もしいし大変に助かってはいるがやはり自分の手で我が子を育てたい気持ちも強い。 そんなベレスの意を汲んで、ディミトリは少しずつガルグ=マクへの遷都の話を進めてくれていた。 「この子が俺達の事を父上、母上、と呼べるようになる頃には遷都を決めたいものだな」 「ふふ、そんなに焦らなくてもいいよ。 まずはみんなが安心して暮らせるようになってから、ゆっくり計画すればいいんだし」 「だが、お前だって子供と一緒にいたいだろう?子育ては時間勝負だとも言う」 「大丈夫だよ、ディミトリ。 だって」 「?」 たっぷりと間を持たせるベレスに、ディミトリは目を瞬かせた。 もう立派な王様で父親だというのに、そういう仕草をする時のディミトリはやけに幼くて可愛らしい。 愛おしさはこみ上げるばかりで、ベレスは子供ごと彼を抱きしめた。 「きっと、この子がもう少し大きくなる頃には二人目だって……ね」 「ふたりめ」 ディミトリの白い頬が一気に赤くなる様は、何度見ても鮮やかだ。 ベレスがくすくすと笑うと、二人の腕の中で我が子も楽しそうにキャッキャと笑い出した。 「ああ……うん、そう、だな。 そうだ。 俺だって、いつかは……欲しいと思っている」 「でしょう? だから、今は出来る事から一つずつやろう」 「さしあたっては、入隊式、だな」 「……そういうこと」 ディミトリがガルグ=マクへやってきたのは勿論ベレスと家族の時間を過ごすためなのだが、その他にも王としての務めがある。 明日にはセイロス騎士団の新兵達を集めた入隊式があり、立場上は国王もまた騎士の一人であるとして、この式でディミトリは新兵達に訓示を行う事になっていた。 ディミトリは弁の立つ方ではあるが、偉そうに話をするのは得意ではないと言う。 今まで多くの過ちを犯してきた男が何を言うのか、と自分で自分が嫌になるのだと。 そんなことはないし、彼が即位してからまだたった三年だというのに既に名君と名高い自分をもう少し誇ってもいいのではないかとベレスは思うのだが、その奥ゆかしさこそディミトリらしさでもあるのだと知っていたから、彼女は敢えて口に出してそう言ったことはなかった。 「新兵達の方も随分緊張しているだろうな」 「そうだね。 アロイスなんて自分の事みたいに緊張してるよ」 「ははは、彼らしい」 偉くなっても賑やかな騎士団長の姿をディミトリも容易く思い浮かべたのか、白い歯を見せて笑う。 そうして彼と笑ってこの建物群を一緒に歩いて行ける事がベレスには幸せで、彼女がそっと彼の腕に自分の腕を絡めるとディミトリもまた空いている方の手でベレスの手を握ってきた。 「入隊式が終わったら、今日の執務はもうないから」 「……そうか」 「だから……その、家族水入らずというか。 この子が寝たら、二人きり、だし」 「……そうだな」 およそ一節の間、会いたい気持ちを堪えに堪えての逢瀬だ。 言いたい事は山ほどあるのに、上手に言葉になってくれない。 だが言葉にならずともディミトリはちゃんとわかってくれて、互いに握り合う手にほんの少しだけ力を込めた。 ベレスは笑って自分からも唇を差し出し、ちゅ、と触れるだけの口付けに自分からも同じような口付けを返した。 「……ん」 「ふふ、よくできました」 本当はもっと深く、長く、互いを味わうような口付けがしたいけれどそれは夜までお預けだろう。 ただ触れるだけでも、一緒にいるという実感があるだけで幸せで。 ベレスと腕を組み手を繋いで歩くディミトリの腕の中で、赤子がまた楽しそうに声を上げるのだった。 [newpage] そうして視察がてら、二人が修道院内を歩いていると訓練場から勇ましいかけ声が聞こえてきた。 少し見てみる? とベレスが目顔で問えば、ディミトリもまた頷いて訓練場の中へと足を向ける。 そこでは、ちょうど新兵達が居残って訓練をしているところだった。 既に正規の訓練は終わっている筈だが、熱心な者達はこうして自主的に稽古をしているとはベレスも聞いている。 まだたどたどしさの残る剣捌きを微笑ましく眺めていると、ディミトリが一人の少年に微かな驚きの声を上げた。 いや、お前は覚えていないかもしれないな。 だが、あの太刀筋を見れば想像がつくんじゃないか?」 促され、その少年の動きに注視する。 洗練されているとは言いがたいが、少年の動きは他の新兵達よりも鋭かった。 踏み込み、剣を薙ぐその動きにベレスも小さく声を上げる。 「あの太刀筋……君のじゃないか」 「そうだな。 お前の癖も少し入っている」 貴族らしい正統派な動きをするディミトリと、傭兵らしい型破りの動きをするベレスの剣捌きは習おうと思ってどこかで習えるものではない。 だが、その機会が一つだけあったことを、ベレスも覚えていた。 「そこの新兵、少しいいだろうか」 ディミトリに声をかけられ、新兵達はようやくそこにいるのが国王と大司教だと気付いたらしい。 慌てて居住まいを正す彼らに鷹揚に手を挙げて見せ、ディミトリは少年を自分達の元へ呼び寄せた。 駆けつけた少年は利発そうな瞳を輝かせて、憧れと尊敬の眼差しでディミトリを見上げている。 その眼差しには、ベレスもほんの少しだけ覚えがあるような気がした。 「久しぶりだな。 俺を覚えているか」 「勿論です、殿下……いえ、陛下! 僕は、あなたの騎士になりたくてこうして兵士になったのですから」 「ええと、ディミトリ。 もしかしてこの子」 「ああ。 昔俺がまだお前の生徒だった頃、一緒に剣を教えてやって欲しいと頼んだだろう? その中の一人だ」 「覚えていて下さって光栄です、陛下」 「覚えているさ。 お前は不器用だったが人一倍努力する子だったからな」 ディミトリの大きな手が、少年の頭を撫でる。 そうして彼が少年の頭を撫でたのは、もう十年近くも前の事だ。 確かに、孤児となり当時の大司教レアによって教団に引き取られた子供達へディミトリは剣を教えていて、彼に乞われてベレスもその稽古を手伝っていた。 その中にこんな面差しの子供がいたかと問われると正直なところ自信はないが、自分達に剣を教わったのなら少年の太刀筋にも納得がいく。 「……大きくなったんだね、君達も」 「あれからもう八年ですから。 その……僕達の仲間には、陛下に無礼を働いた者もいましたが。 僕達の大半は、陛下に恩を感じて国の為に働こうと思っているんです」 「年は幾つになった?」 「今年で十六です。 僕の他にも教団の修道士になった者や、修道院の再建の為に建築を学んだ者もいます」 「どうして兵士になったんだ。 お前は確か、剣よりも学問の方が得意だったよな」 本当にディミトリはよく覚えている。 覚えてもらっていたことが嬉しいのか、少年はくしゃりと笑顔を浮かべた。 「ここで一年頑張って成果を出せば、来年ガルグ=マク学院に入学させてくれるそうなんです。 出来たらそこで一年学んで、それからフェルディアの騎士団に入団希望を出すつもりです。 どうしても、僕は陛下のお力になりたかったから」 「……そうか。 お前の気持ちは、とても嬉しい。 そこまで言うのなら、是非頑張ってフェルディアに来てくれ。 お前のようなやる気に溢れる若者が来れば、王都の騎士達もより一層気を引き締めるだろう」 少年の眩しいまでの希望に目を眇め、ディミトリは深く頷いた。 「将来の夢は獅子王隊として陛下にお仕えするか……そうでなければ」 「そうでなければ?」 「陛下や猊下に教えて頂いた剣術を磨いて、王子様の近衛騎士になりたいです。 昔お二人が僕にそうしてくれたように、僕も誰かに剣を教えながら、ちっちゃな王子様を守れたらなって……あっ、も、申し訳ございません。 僕ばかり沢山喋って」 「いや、いいんだ。 久しぶりにお前の元気な姿を見られて俺も嬉しい。 頑張って、稽古に励めよ」 「はい!」 ディミトリに背を叩いて励まされ、少年はぺこりと頭を下げて仲間の新兵達の所へと駆け戻っていった。 その背を眺めるディミトリの眼差しは嬉しそうで、ベレスも嬉しくなってくる。 その一人はディミトリに刃を向けたが、こうしてディミトリの為にと剣を取り続ける者もいる。 八年前、そうしてディミトリが差し伸べた手は決して傷つけるだけではなく、無駄ではなかったのだと知ってベレスは言葉に詰まるディミトリの背をそっと叩いた。 「泣いちゃ駄目だよ?」 「……泣いてない。 全く、お前はな」 「ふふ、冗談だよ。 でも……良かったね。 私達のしたことは、無駄じゃなかった。 蒔いた種は、ちゃんと芽を出してくれた」 「ああ。 折角芽を出してくれたのだから、俺達が大事に育ててやらないといけないな」 我が子の近衛騎士になるのだと目を輝かせて語ってくれた少年の夢は、きっといつか叶うだろう。 そんな予感が二人にはあった。 そうならなければならない。 そう、してみせる。 静かなベレスの決意を察したディミトリは彼女の肩を抱き、ベレスもまたそっと彼に身を寄せて。 未だ見ぬ未来へと、想いを馳せるのだった。 [newpage] 本当ならこの時間、大阪でEXPO2を楽しんでいる筈だったのですが……オノレコロナ……! 少しでもイベント気分を盛り上げて、虚無の三連休を乗り切ろうということで書き始めたエアペーパーでした。 子供の日なので、二人が剣を教えていた少年達のその後みたいなものに想いを馳せてみたんですが、 結局ディミトリを刺した子はどうなったんでしょうね? きっとディミトリは許すんでしょうけど、許された方は逆にいたたまれないかも、とか思ってしまいます。 何年か後に、もっと大人になったら会いに来てくれるといいなあ、とか。 そんな気持ちを込めて二人の数年後をお届けしました。 次のイベントが開催される頃には病魔も落ち着いていますように!.

次の

会話集/支援会話/ドゥドゥー(ファーガス神聖王国)

ファーガス 神聖 王国

フォドラの大地はアドラステア帝国・ファーガス神聖王国・レスター諸侯同盟の3か国が分割し危うい均衡を保っていた。 それぞれの次代を担う人材はフォドラの中心部にあるガルグ=マク大ので教育を受けていた。 3つの国のいずれかの学級の担任になるかを選択し、最強の学級を決定するグロンダーズ鷲獅子戦を頂点とする学園生活を送る第1部、3か国が入り乱れ嘗ての学友が主たる将として殺し合う戦争編の第2部を戦い抜いていくことになります。 プレイする前は学園FEねえとやや斜に構えていましたが、杞憂も杞憂、頭硬いのもいいところ。 もう、めっさ嵌まりました。 主人公女固定で3ルート・すべて百合エンドで123時間を費やしました。 の実戦の戦闘パートはシリーズで既にほぼ完成を見られているいつものでしたが、キャラ・シナリオ・システムなどなど全てをひっくるめたゲーム世界での生の魅せ方が極めて巧み。 結果として半端なく強く感情移入させられました。 そして、それぞれの国の目標は平和的に融合することがなく、達成するためには戦争の勝者になる必要があります。 それぞれの学級には最低限8人程は付き従うキャラいて、彼らもまた担任になった自キャラと教導と戦闘を通して絆を強くしていき、先生と慕うようになってくれます。 つまり自明ですが、ある周では味方だったキャラが、別の周では敵対することになります。 そしてFEでは当たり前のようにネームドキャラもHP0になれば死に、蘇ることはありません。 味方でも、敵でも。 作戦指示で下手を打てば教え子を無為に死なせますし、敵対した教え子には断末魔の叫びをもたらすことになります。 これが、プレイしていて本当に辛い。 教え子が教え子を殺すのを避けるために、主人公/先生で教え子を極力斃すようにしていましたが、敵対する前まで慕われたり、或いは前の周で笑い合い、いっそ伴侶として添い遂げることを誓った人々を斃していくのは心にくるものがありました。 スカウトである程度敵対するのを避けることが出来るのですが、その敵対した姿と断末魔の台詞によって、そのキャタの立つ度合いが強くなってより愛着が増すというおっそろしい愛憎の機微もあるので、見ないのも勿体ないのが、えい、もうと身勝手に憤慨さえしてしまいます。 そこらへんの学園編でのスカウトするかどうかは、実に悩ましく、あるいはロールプレイとして感情に色を乗せて言ってしまえば楽しいと思う取捨でした。 味方にすれば何より殺さなくて済みますし、しかも他学級のキャラ同士の相性が思わぬ向上を見せることでエンド後に思わぬ未来に着地するのを見ることが出来ます。 でも、敵対すればより歯応えのある戦闘になりますし、極限でのやりとりで見えるもまた一興なんですよねえ。 何はともあれ、それぞれのルートでの学園・戦時下の生活だけでも面白いのに、交差する感情の類まれなる莫大さによってちょっと信じられないぐらいゲーム世界へと嵌り込んだという訳で。 とんでもないゲームを作りだしてくれたなあと製作者への感謝の念で一杯です。 さて、まだまだ全然この作品に関して語り尽くせていません。 それぞれのキャラ・シナリオ、あるいはBGMに関しても言いたいことが多過ぎます。 しかしキリがないので、メインヒロインたるエーデガルドに関して最後に触れてこの雑文を終わりたい。 皇女にして、未来の皇帝。 エーデルガルトと共に在ることを選択した帝国ルートでも、結局は彼女と敵対することを選んだその他のルートでも抜群の存在感を放ちました。 単体で美しく、格好良く、可愛く、綺麗でと造形だけでも見事。 ただ彼女が主人公/先生(師と書いてせんせいと呼ばせる呼称の素晴らしさよ!)どう思っているかを帝国ルートのエーデガルドエンドで知ってしまうのがプレイヤの運のつき。 敵対した時の内面に思いを馳せた時に走る心痛はちょっと尋常じゃありません。 まだ王国ルートはマシです。 ディミトリくんが殴られ役になってくれます。 同盟ルートはダメです。 ほんと、あれはダメ。 この旗を掲げられて攻め込まれる、彼女の想いは言葉に出来るものでは、ないでしょう。 エーデルガルトの在り方を生み出しただけでも、この作品は一生残るものとなりました。 繰り返しますが素晴らしいゲームでした。 キャラエンドは兎も角、エンド後の後日談コンプするのは流石に無理がありますし、全てを網羅した公式設定資料集は是非是非出版して欲しいですねー• Link OHP- エロゲ• 同人/フリゲ• ノクターンノベルズお薦め• 今この漫画が熱い(自分の中で)• 2007年ベスト• 2008年ベスト• 2009年ベスト• 2010年ベスト• 2011年ベスト• 2012年ベスト• 2013年ベスト• 2016年ベスト• 2017年• 2018年ベスト• 2019年ベスト コンシューマ/全年齢• アクタージュ• 安達としまむら• 淡島百景• 上野さんは不器用• 裏世界ピクニック• 織田信奈の野望• 可愛いだけじゃない式守さん• 鬼滅の刃• 筺底のエルピス• 古見さんは、コミュ症です。 少女終末旅行• 20世紀SF• 日本SF短篇50• バーナード嬢曰く。 はねバド!• ふたりべや• やがて君になる• やがて君になる 佐伯沙弥香について• よふかしのうた• レビウス• 野崎まど作品• 十二国記• アニメ•

次の