ハイリー センシティブ。 HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の内向型と外向型の特徴について

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)との付き合い方

ハイリー センシティブ

「ひといちばい敏感」な子も、子ども時代の接し方によって、社会で生き生きと力を発揮できる大人に育ちます。 よく知らない人の前では、下を向くなどしてほとんど話さない。 周りの子どもが楽しそうに遊んでいても、慣れない場ではなかなか親から離れない。 初めての体験や変化に適応するのが苦手。 少しのことでもスグに泣いたり興奮したりと気持ちが高まりやすい。 服のタグが気になったり、光や音や匂いにも敏感。 相手の声のトーンや表情や仕草も敏感に感じ取る。 外では「聞き分けがよい子」とみなされることもあるけれど、家族の前では驚くほど我がままになることがある。 こうした特徴を持つ子どもを、心理学者のエレイン・N・アーロン氏は、 「ハイリーセンシティブチャイルド(ひといちばい敏感な子)」と呼びます。 一見「発達障害」とも特徴が重なりますが、「自閉症スペクトラム」と異なるのは、相手の気持ちがよく分かり、共感力が高いこと。 また「注意欠陥症」とも異なるのは、周りへの敏感さゆえに気がそれやすくとも、目の前の物事にも敏感であるため、取り組む課題なども最後までやり通せることにあるといいます。 こうして日常生活では表立った「困難さ」が見られないため、「ハイリーセンシティブチャイルド(ひといちばい敏感な子)」とは、「発達障害」のような医学的な診断ではなく、「個性のひとつ」としてとらえられています。 そしてこうした「ひといちばい敏感な個性」を持つ子とは、5-6人に1人近くの割合でみられるといいます。 「ひといちばい敏感」なのは生まれつきの性質? 冒頭のような特徴は、赤ちゃん時代から予想できるという説もあります。 例えば心理学者のジャローム・ケーガン氏は、生後数ヵ月の時点で、周りからの刺激に敏感に反応する 「高反応児」と、比較的鈍感に反応する 「低反応児」が見られるといいます。 そして「高反応児」は、年齢を経るにつれ「内気」「シャイ」「引きこもりがち」となり、「低反応児」は、「社交的」で「大胆」となる傾向にあるというのです。 そして多くの研究者が、「大きくなるにつれ、こうした違いが生まれるのは、周りがその子にどう接してきたかが大きい」と一致しています。 では、「ひといちばい敏感な子」が、年を経るにつれ引きこもってしまわないために、どんなことを気をつけたらいいのでしょうか?人一倍敏感な子・ハイリーセンシティブチャイルドが健やかに育つために気を付けたいことを5つ紹介します。 1:人一倍敏感な子には、時間をかけ慣れさせる 波打つ海に入ることを恐がるようならば、時間をかけ少しずつ慣れていきましょう。 「敏感な子」を、ますます内気で引きこもりがちにしてしまう接し方には、「2つ」あるとされます。 例えば、海水浴場で水の中に入るのが恐いという子に対しての、以下のような接し方です。 無理やり引っ張って水につからせる• 「恐いのなら止めておきなさい」と一切水に入らせない では、どうしたらよいのかというと、無理やり水の中に投げ入れるのでも、一切水に入る機会を与えないのでもなく、 「少しずつでも慣れさせる」とのこと。 例えば、海を恐がる子とは、初めはビーチで砂山を作ったりして遊びます。 遊びに夢中になる中で、砂山にかける水を汲むために、次第に波際に近寄るようになるかもしれません。 足の先を水につけられるようになったら、次は一緒に浅瀬に座って波の動きを感じてみましょう。 このように、「少しずつ慣れていく」ようにするというわけです。 周りの子より慣れるのに何倍も時間がかかります。 「なぜ他の子は初めから嬉しそうに水に入って遊んでいるのにうちの子だけ……」とやきもきすることもあるかもしれません。 それでも長い目で見たら、必ず、時間をかけ少しずつでも慣らしてやってよかったと思う日がくるでしょう。 2:人一倍敏感な子へ頭ごなしの「厳しいしつけ」は禁物 ひといちばい敏感な子(ハイリーセンシティブチャイルド)への「厳しいしつけ」は、ますます自分の殻に閉じこもることを助長してしまいます。 大声で怒鳴りつけても平気な子もいますが、「ひといちばい敏感な子」にとっては、何倍ものストレスになるものです。 ますます自分の殻に閉じこもってしまいかねません。 また厳しいしつけは、元々「周りのルール」にも敏感な子にとっては、過度な心配を引き起こすだけです。 「好ましくない行為」を目にしたら、まずは親自身の気持ちを落ち着け、なるべく穏やかなトーンで、諭すように向き合ってやりましょう。 そう心がけることで、「敏感な子」が恐怖心や心配で心を硬直させることなく、こちらの伝えたいことも、その子の心に届きます。 3:人一倍敏感な子には「~したら恥ずかしいでしょ」と言わない 「お友達は皆楽しそうに遊んでいるのに、あなただけママの足にくっついて恥ずかしい!」「目に水が入ったくらいでそんなに騒ぐなんて、恥ずかしいわよ!」などの言葉は、避けましょう。 「恥ずかしい」という気持ちは、周りの様子にも「敏感な子」をますます引きこもりがちにしてしまうと分かっています。 4:敏感な子にシャイ・内気・神経質といったレッテルを貼らない 周りの物事や、自身の感情などにも「ひといちばい敏感」であることと、「シャイ」や「内気」や「神経質」であることとは同じではありません。 後者は、社会的に作られれていくものとされています。 例えば、初めての場で、すぐにお友達の輪に入ることができないのも、周りが気にも留めない細部や深部に渡って、観察しているからかもしれません。 そこへ、周りの大人が「この子は本当にシャイなんだから」と声をかけ続けることで、「シャイ」や「内気」な子になっていくというわけです。 子どもの前では、「シャイ」・「内気」・「神経質」といった言葉を用いないようにしましょう。 5:敏感さのよい面を励まし、自己肯定感を高める 「敏感な子」が持つ「繊細さ」や「共感力の高さ」を、長所として励ましてやりましょう。 例えば、「いちいちそんな小さなことで動揺しないの!」ではなく、「皆が気がつかないようなことまで感じられるのね!」と声をかけてやります。 人見知りをしたり、新しい物事にすぐには足を踏み出せないのも、周りの物事や刺激を敏感に感じ取っているため。 それはまた、感受性がとても豊かであるという証です。 大胆に動き回ったりお友達とはきはきと交流するといった活発さが見られなくとも、「敏感な子」の内面世界とは、それはそれは豊かで活発なもの。 文章や絵や楽器など、豊かな内面世界を「表現する手段」を与え培うのも、その子の自信に繋がるかもしれません。

次の

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 (シリーズ こころの教科書)

ハイリー センシティブ

HPS(Highly Sensitive Person) ハイリー・センシティブ・パーソン HSPとは、生まれつき「 非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。 HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、即生まれ持った性質であることがわかっています。 5人に1人があてはまる『性質』であり、稀ではありませんが、裏を返せば、約8割の人はこの性質にはあてはまらないため、HPSの特性は共感を得ることが難しく、HPSでない人たちとの差に自己嫌悪を感じることや、まわりに合わせようと無理をして生きづらさを感じやすくなる性質といえます。 HSPの生まれつきの特性 HSPの人は以下のような特徴があります。 さらに、相手の感情や周りの雰囲気、気候の変化や電波(電磁波)、目に見えないエネルギー(人が発するものも含む)に対しても敏感に反応しやすいとされています。 また小説やドラマなどで、作品に強く感情移入することもあります。 HSPの人はこの心の境界線が薄くてもろいため、容易に相手からの影響を受けてしまいます。 その性質は、人の気持ちを敏感に感じ取り、深く共感する一方、相手に対して過剰に同調したり、相手の気分や考えに引きずられるなど、本音がわからずに自分を見失ってしまいことがあります。 いつも周りに気を遣っているため、楽しいことであっても疲れてしまう傾向があります。 疲れやすいのは「何かをしている」時に限りません。 HSPの人は普段から無意識に周りの刺激をアンテナのように拾い集めているため、人混みにいる時や、周りの人のネガティブな感情に巻き込まれている時にも大きく消耗してしまいます。 良心的で優しく、相手のことを優先する傾向があります。 その半面、相手のことを気にするあまりに些細なことでも「自分が悪いのではないか」と自分を責め悪い方向に考えてしまう傾向もあります。 ネガティブ思考で自分に自信がないため、周りからの怒りの標的にされることも多く、自分の本音を隠してしまうことから人との関わりが苦手という特徴があります。 つまり、HSPとは人よりも感度の高いアンテナを常に張っている状態なのです。 そしてこの感度のいいアンテナは、小さな仕草や言動で相手の気持ちを汲み取ることができたり、色々なものに深く感動できたりしますが、反面様々なことを敏感に感じ取り過ぎてストレスの要因になるのです。 日本人は国民性から、HSPの割合が海外の人より比較的高いと言われています。 HSPセルフチェック HSPはセルフチェックで、自分がその傾向にあるかどうかをある程度、確認することができます。 少しでも当てはまるのなら「はい」と答えてください。 まったく当てはまらないか、 あまり当てはまらない場合に「いいえ」と答えてください。 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ• 他人の気分に左右される• 痛みにとても敏感である• 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる• カフェインに敏感に反応する• 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい• 豊かな想像力を持ち、空想に耽 ふけ りやすい• 騒音に悩まされやすい• 美術や音楽に深く心動かされる• とても良心的である• すぐにびっくりする(仰天する)• 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう• 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく (たとえば電灯の明るさを調節する、席を替えるなど)• 一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ• ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける• 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている• あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる• 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる• 生活に変化があると混乱する• デリケートな香りや味、音、音楽などを好む• 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している• 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる• 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた 質問のうち12個以上に該当した場合は、HSPの気質があるとされます。 また当てはまるものが多いほど、HPSの度合いも高いとされます。 ただし、逆に「はい」がひとつかふたつしかなくても、その度合いが極端に強い場合は、HPSの気質があるとされます。 引用: ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 日本は典型的な右利き社会で、道具や設備は右利きの人に合わせて作られています。 駅の自動改札や、自動販売機、ハサミなど、右利きに合わせざるを得ないものがありますし、カウンターなどでごはんを食べると、右利きの人の右手と左利きの人の左手が当たりそうで窮屈になったりすることもあるなど、左利きの人からするとストレスを感じることは数多くあります。 中には小さい頃、左利きを矯正させられた経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。 このように多数派・少数派に分かれた場合は多数派の方に合わせざるを得ないため、少数派の人は苦しい思いをすることになります。 ただ、左利きの人は「左利きだ」と目に見えてわかるので、左利きの本人もストレスがかかるのを理解できますし、周りからも理解してもらえることもあります。 それに比べて、敏感で生きづらさを感じているHSPの人には、目に見えた特徴が見当たりません。 正確には既述のような特徴はありますが、本人の内面の感じ方の違いなので他者にはわからず、その程度や表れ方も人それぞれなので、周りも本人も認識するのが難しいのです。 HSPの人は例えていえば、自分が少数派の「左利き」であることを理解しておらず、頑張って「右利き」であろうとしているのです。 左利きの人が右利きの人と同じように右手をあつかおうとすることに無理がありますから、結果として自分に自信をなくし、生きづらさを感じてしまいます。 HSPへの向き合い方 先にお伝えしたように、HSPは非常に感受性が強く敏感な気質もった人の意味であり、生まれ持った性質で人口の約2割の方が、この特徴をもっているとされています。 すなわち、残り8割の方とはあてはまらない感覚を身に備えています。 それゆえに、生活のあらゆる場面で、苦しい思いや悲しい思いを感じることが多くあり、生きづらさを強く感じてしまうことになります。 例えば、いろいろなことに耐えられないのは努力が足りないからだと思うこと。 みんな同じ環境で頑張っているのに、耐えられない自分は劣っていると落ち込んでしまうこと。 その状況が長く続けば、さらに別の様々な症状が現れることも考えられるでしょう。 HSPと向き合うには、HSPを正しく知ること。 今まで耐えられなかったこと、受け入れられなかったことを正しく知る事により、自分を受け入れられ、豊かな人生へと変えていけると考えます。 例えば、そもそも感じていた刺激量にかなりの差があったことを知り、自分が甘えていたのでも、感覚が特別おかしかったのでもないと理解したことや、自分は人より劣っている、生きている価値のない存在なのだと自分を責め続けてきたけど、本当はそうではないことを理解し、考え方を前向きに変えていくことが出来るようになってきます。 まずは問診やカウンセリングにより詳しくお話をお伺いし、あなたがどんなことで困っているのか?それはHSPだからなのか?それとも生い立ちや、性格、環境等によるものなのか?など様々な観点から判断し、そのうえでHSPの何が引っ掛かりとなっているのか。 またそれ以外に、その他の体質や性格、病気や症状、思い癖、認知の偏りなど、あなたの人生の引っ掛かりとなる物は何があるのかを洗い出していき、それらの症状を改善していく道案内をしていきます。

次の

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?その特徴や症状|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

ハイリー センシティブ

スポンサーリンク(当サイトとは関係ありません) 最近、日本でもよく耳にするようになったHSP The Highly Sensitive Person。 エレイン・アーロン Elaine Aron が、1996年に出版した本で提唱したのが最初で、これがベストセラーとなり知られるようになった。 アーロンは、アメリカの心理学者で、サンフランシスコのユング研究所で研修を受けたこともある。 ハイリー・センシティブ・パーソンとは ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person, HSP)とは、生まれつき高い感受性を持つ人のこと。 生理的にも、大きな音、まぶしい光、強い匂いのような刺激に対して敏感であるが、心理的に、ささいな物事に対して過敏・過剰に反応してしまう。 豊かで複雑な内的生活を持っているのが特徴。 HSP診断テスト HSP提唱者のアーロンのウェブサイトに、具体的にどういう人がHSPなのかイメージのできるチェックリストの日本語版が公開されている。 「美術や音楽に深く心動かされる」、「時々神経が擦り切れたように感じ、一人になりたくなる。 」、「人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)」などの25項目。 以下の子供用のリストも、子供のためだけではなく、自分のために参考になる。 「親の気持ちをよく察する。 」、「優れたユーモアのセンスをもっている。 」「直感力が優れている。 」など、HSPの人には思い当たる項目が並んでいる。 HSPは病気ではない。 感受性の強さや過敏性により、周囲から「気にしすぎる」とか「神経質」などと言われることが多いので、HSPは、自分を普通とは違うと感じて低い自尊心を持ってしまいがちだが、アーロンは、これは、男女問わず人口の15〜20パーセントもの高確率で見られる特性であると言っている。 HSPは感覚データを深く、徹底的に処理する。 HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理する。 つまり、他の人より深く情報を処理し、それについてより深く考えるため、他の人たちよりも微妙なことによく気がつく。 これは長所とも言うべき性質である。 HSPは生きづらい。 がしかし、あらゆることによく気がつくHSPは、敏感なだけに周りに起こる出来事に圧倒されてしまう。 周囲の微妙な変化に気づいたり、他の人には気にならない程度の感覚刺激にもすぐ反応してしまうため、消費するエネルギーもそれだけ多く、疲れやすさや生きづらさも感じやすい。 またこの特徴をもつ子ども Higly Sensitive Child, HSC を持つと、親はその子どもを育てにくいと感じる。 過敏で傷つきやすい一方で、複雑で豊かな内的世界をもつHTPは、自身のその特性を自覚し、 人より高い感受性がより豊かな人生につながる要素だと肯定的に認識した上で、少しでも生きづらさを和らげていくことを目指す! HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)を持った親も、 その子の高い感受性を肯定的に捉え、理解することで、双方のストレスが軽減される。 今、パラパラめくってみると、前書きの「わたしのこと About Myself 」に、こう書いてある。 (以下、拙訳。 ) 心理学の研究者、大学の教授、サイコセラピスト、作家、という肩書きを持ったわたしですが、それよりもっと大切なのは、わたし自身が、あなたと同じHSPであるということです。 わたしは、決して、上から目線でこの本を書いたのではありません。 英語版オリジナルの翻訳本 「 」(翻訳がよくない、という声も多いが、どれほどよくないかは不明。 ) 今までの生きづらかった人生の答えがありました。 読んでいる内に、感情が溢れて涙も出るので、一気に読み進めたりは出来ません。 ですが、出会いたかったものに出会って、苦しいけれど、安堵感でいっぱいです。 気にしすぎだ、クヨクヨしすぎだ、自意識過剰だとどれだけ言われて育ったか、言われる度にひどく突き刺さり、血へどを吐くように傷付いていたけど、じっと堪えて生きて来たし、あらゆるモノに今もなお我慢しているし 生きてるだけで辛いなんて、考えた事ない人ばっかりなのは、うすうす感じてましたが、言ったところで理解してはもらえません ずっと自分を責めて来ました そう言われて来ましたから それを悪くないと書いてあるんです 救いの本です (アマゾンレビューより) アーロンがHSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)について書いた本の翻訳本 「 」は、HSCの教科書的な本。 子どもが該当すると思って購入しました。 これを読んで、今まで途方にくれていたこと子供の言動が理解できるようになり、 以前より良い関係に慣れたと思います。 定期的に読み返して、日々の子育てに役立てています。 非常におすすめです。 (アマゾンレビューより) HPS提唱者アーロンの本ではないが・・・ 著者はアーロンではないが、タイトルがいいし、この本が参考になったという人が多いようなので紹介。 「 」(原題:Highly Sensitive People in an Insensitive World: How to Create a Happy Life) 小さい時から生きにくい自分。 でも、厳しい母の下、泣き言は許されず55までずっと人知れず悩んでいました。 それが! これだ!これだから生きにくかったんだ、と納得。 心の整理がつき、生きる気力がでてきました。 状況はかわらないけど、気持ちは別人になりました。 (アマゾンレビューより).

次の