こう もん せん 絞り 犬。 「おしりが破裂!」よっし~♪のブログ | 人生山ナシ谷アリ……谷ばっか

犬のこうもん腺しぼり方法。こうもん腺しぼりの必要性と、たまると怖い理由

こう もん せん 絞り 犬

犬の「肛門腺」という器官をご存知ですか? 肛門の両脇にある、ニオイを発する分泌腺のことで、愛犬にずっと健康でいてもらうためには、この肛門腺のケアが必要です。 今回は、肛門腺がどんな器官であるか、またそのお手入れ方法についてご紹介します。 犬の肛門腺って? 「肛門腺(こうもんせん)」とは、犬の体の中にある小さな器官で、肛門の両脇にひとつずつある分泌腺のことです。 肛門腺から出るニオイの強い分泌物は、肛門嚢という小さな袋に溜まり、その袋に溜まった分泌物を外に出してあげるお手入れのことを「肛門腺絞り」といいます。 大型犬の場合は、排泄時に肛門嚢の分泌物がいっしょに出る場合がありますが、小型犬や中型犬は、定期的に肛門腺絞りを行う必要があります。 ケアしないとどうなる? 定期的な肛門腺のお手入れを忘れて、肛門の周囲に便や尿が付着したまま放置すると、病気の原因になることがあるので注意が必要です。 注意したい肛門の病気には、肛門嚢に細菌が感染して、肛門が炎症を起こして腫れる「肛門嚢炎」などがあります。 これらの病気を防ぐためにも、定期的に肛門腺絞りを行い、肛門周りを清潔に保つよう注意することが大切です。 肛門腺の適切なお手入れ方法とは? どれくらいの頻度で行うの? 基本的には、月に1回を目安に肛門腺絞りを行いましょう。 ただし、犬がお尻を床に擦りつけるしぐさが見られた場合は、肛門腺に分泌液が溜まっている可能性があります。 また、分泌物を溜めやすい犬もいますので、様子を見ながらケアしてあげるとよいですね。 肛門腺絞りの方法は? 肛門腺絞りは次のような手順で行います。 片手でやさしくしっぽを持ち上げます。 肛門を時計に見立て、5時と7時の位置に親指と人差し指を置いてつまみ、前方に押し上げるように絞ります。 終わったら、シャワーでおしりをきれいに流すか、またはウェットティッシュなどで、おしりをきれいに拭き取って完了です。 注意点や上手に行うコツは? 分泌液が勢いよく飛び出して、お部屋が汚れる場合があるので、すぐ洗い流せるようにお風呂場などで行ってあげるのがおすすめです。 また、ティッシュを肛門に被せて、飛び散りを抑えることもできます。 お手入れのコツは、手早く作業をしてあげること。 時間をかけすぎると愛犬が嫌がってしまいますので、短時間で行うよう心がけましょう。 慣れるまでは、うまくできないこともあるかもしれませんが、肛門腺絞りはトリミングサロンや動物病院でも行ってくれます。 難しい場合は無理をせず、困ったときはプロに任せようという気持ちでお手入れをしてあげてくださいね。

次の

犬の肛門嚢炎~症状・原因から治療・予防法まで

こう もん せん 絞り 犬

年末年始バタバタしていた理由のひとつに、ワールの不調がありまして…。 で、ワールの肛門腺が腫れてしまった話をチラッと書きましたが、その前後日譚を少々報告させて戴きます。 そもそもは昨年夏前頃、右側肛門腺に直径1cm程のしこりが発見されたのが事の発端でした。 肛門腺 『犬の肛門の左右には肛門腺と呼ばれる退化した臭腺が一対あります。 この臭腺は袋状になっていて、肛門嚢を形成しています。 臭腺から続く管が肛門括約筋の左右につながって開いているので肛門を左右から押してやると独特の悪臭を持つ分泌物が出てきます。 大型犬の中には、自分で便をする時に肛門腺を一緒に排泄することが出来る子もいますが、小型犬や中型犬など現在の犬は、肛門腺を絞り出して排泄する力を持っていません。 (中略)犬によっては、肛門腺が貯まりやすい子もいるし、あまり貯まらない子もいますが、1ヶ月に1回くらい肛門腺を絞り出してあげれば大丈夫だと思います』(より) という事で、ワールの場合、月イチのシャンプーでトリミング屋さんに行った時に一緒に肛門腺しぼりをやってもらっています。 で、夏前にそこのトリマーさんから『右側肛門腺にしこりのようなものがあり、肛門腺が右側からあまり出ません』という報告をもらったので、すぐに主治医の動物病院に連れて行く事に。 診察の結果、『確かに、直径1cm位のしこりがあり、絞ろうとしても出てこない。 おそらく肛門腺が溜まっていて、悪性腫瘍の可能性は低いと思うが経過観察』と言う事になりました。 その後、数ヶ月に渡って経過観察のために診察に通いました(そもそも心臓の三尖弁・僧帽弁閉鎖不全症のために月イチで通院しています)が、しこりが大きくなる事はなく、経過観察が続いていました(その間も、トリミング屋さんでの月イチの肛門腺しぼりは継続)。 が、年も押し迫った12月22日に訪院した際、しこりが若干大きくなっていると言う事で、改めて肛門腺導管閉塞との診断が出て、右側肛門嚢に注射して肛門腺を抜き出す事に。 結果、かなりの量の肛門腺を吸い出す事に成功しました。 ワールは抗生剤の薬剤が大嫌いで、ジャーキーなどと一緒に与えても食べてくれないので、この時は2週間効果のある抗生剤を注射投与(注射は平気)w これで安心して年を越せると思っていた所、24日のクリスマス・イブの夜頃から、右側肛門腺辺りが腫れ出したので、と合わせて、25日にまたも動物病院へ向かいました。 肛門腺や膿が溜まって膨れているのではなく、肛門嚢周辺の炎症と診察され、ステロイド剤を注射投与。 4日分のステロイド剤を処方されました。 その後、炎症も治まって来て一安心…というのが、27日のブログの頃です。 一応様子見という事で、29日にも診察を受け、炎症も治まり、肛門嚢の中の肛門腺も以前の量程度という事で、今度こそ安心して年を越せると思っていました…。 ところが、大晦日の夜頃から、またも右側肛門腺辺りが腫れ上がり始めました。 今度は、炎症というより、中から膨れている様な感じに見えます。 年明けの元日、2日となるに従って、腫れは大きく、赤黒く膨れて来ました。 出るかどうかは判りませんでしたが、少しでも絞れば楽になるかと思い、肛門腺を絞ろうと触ると、ワールは激しく痛がるため、絞ってあげる事も出来ません。 おしりの違和感が激しいのか、ワールは殆ど出ないにもかかわらず、何度もトイレを繰り返していました。 後は、床や椅子に飛び散った内容物の洗浄をして、2時過ぎにヘトヘトになってベッドに入りました。 人間用の滅菌ガーゼでは、もふもふのワールのおしりに当て続けるのは難しかったので、近所のペットのコジマで犬用のオムツを購入して、ガーゼ代わりにすることに。 このオムツをした姿が、タイトル画像ですw 4日は、奥さんの仕事始めの日でしたが、どうせ挨拶くらいだからとの事で有給を取り、主治医の動物病院にワールを連れて行きました。 破裂孔の状態をチェックして、再度の消毒作業。 直後は綿棒がそのまま入りそうな位ぽっかり開いていた破裂孔も、単なる傷に見える程度にはふさがり、膿や炎症は無い様です。 なので、オムツもしていませんw …て書いてたら、おしりをベッドにこすりつけていました。 こんな感じで、しばらくはあまり目が離せないですね。 体力的にはかなり落ちていると思いますので、あまり連れ回すことも出来そうもありませんから、しばらくは僕もいつも以上にヒキコモリになりそうですw ワールも13歳を過ぎ、普段は元気そうに見えても、色々と衰えて来ている事を今回は痛感させられました。 他にも、最近は、以前ほどはおしっこを我慢できなくなったりしてもいますね。 こんな所にも、老いの徴候が…? が、クッションを外して洗濯する事が出来てホントに良かったwww 今回の肛門嚢破裂から完全回復したら、肛門嚢除去手術の検討を主治医からは示唆されています。 こんな状況を繰り返す様なら手術をした方が良いとは思いつつ、軽度とは言え心臓に病を抱える高齢犬ですので、全身麻酔による死亡リスクを考えると、両手を挙げてと言えないのが難しい所です。 こんばんは~^^ ワール君大変でしたね。 よっし~さんも奥様もご心痛のこととお察しします。 私ごとで恐縮ですが、タロウも昨年、シャンプーの際に肛門腺を絞ってもらったときに出血し、3回通院しました。 フローリングに血だまりができるほど出血が多量で驚きました。 よほど痛かったのでしょう、普段噛むことなどないタロウが、お尻におむつを当てようとした私に対して歯をむき出して襲い掛かってきました・・・。 幸い抗生物質を投与し事なきを得ましたが、かさぶたが完全に乾くまでは安心できませんでした。 うちのも5月で11歳になります。 以前より眠っている時間も多くなりました。 お気持ちよくわかります。 ワール君が1日も早く回復するよう、心よりお祈りしております。

次の

犬の肛門腺の絞り方【獣医師が解説!】

こう もん せん 絞り 犬

Contents• 犬のこうもん腺とは? 肛門腺は元来、犬にとっては情報交換の手段です。 自分のテリトリーを守るための器官でもあります。 お散歩などで、初めて会った犬同士が、お尻の匂いを嗅ぎ合いっこしてますよね。 正しくは【肛門腺絞り】が正しい名称となります。 こうもん腺の分泌液 肛門の下あたりの左右に、肛門腺と呼ばれる臭腺があり、 ふたつの小さい袋状の肛門嚢が形成されています。 その袋の中には分泌液が溜まるようになっていて。 この分泌液が匂いを発します。 分泌液の量・色・匂いは、個体差により大きく異なります。 液体も、ドロッとしてたりサラサラだったりと個体差があります。 ただ、詰まりすぎていると液体ではなく固形に近づいていきます。 かなり絞りだすのに大変になるので、注意が必要です。 こうもん腺は、なぜ臭いの? 『僕のお尻、匂う?』 こうもん腺からする、あの匂い。。 可愛いく愛らしいお尻から、プ~ンとするあの臭い!! 臭いにはちゃんと!理由があった! スカンクは、危険を感じると、お尻から悪臭のする液体を噴出して撃退するのは皆さんご存知だと思います。 犬も同様に野生時代は、 肛門腺を噴射し外敵から身を守ったり、テリトリーを示したりしていました。 なので! 犬も自分の身を守るために!強い臭いを発する大切な機能なのです! いつも、『どうして、あんなに臭いんだろ~!強烈な匂い~!』 と思っていた方が多いと思いますが、 でも!理由が分かると、『なるほど~。 あの匂いも可愛く感じてしまいます(笑) 犬の、こうもん腺しぼりは、必要! 通常はうんちをする際に、こうもん腺に詰まった分泌液を一緒に排出できるのですが、 現在は、人と共に暮らす様になり、外敵から身を守る目的であった、 こうもん腺の役割をする必要がなくなり、 肛門嚢を押し出す肛門括約筋が発達しなくなりました。 そのため自力で排出できない犬が多くなっています。 放置された結果、細菌が繁殖し炎症を起こしさまざまな病気を招きます。 こうもん腺の炎症症状• 肛門をしきりに舐める• 床や地面に、お尻をこする• 肛門周辺が赤く腫れる• 肛門周辺が出血する こうもん周辺の病気• こうもん腺破裂• こうもん腺周囲腫瘍• 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 病気を招かない為にも、こうもん腺絞りは重要ですね。 自宅でも、こうもん絞りができたら安心ですよね。 次は、方法をお話しします。 こうもん腺しぼり方法 この、こうもん腺しぼりが、できない!というのが悩みの飼主さんが多いですよね。 コツを掴んでしまえば、できるお手入れです。 その後シャワーで洗い流してシャンプーとの流れが理想です。 上手にできるようになると、シャンプーのタイミングではなくても、 肛門にティッシュをあてながら、飛ばない様にできるようになります! では、こうもん腺絞り方法です。 絞り方法 肛門を時計に見立てて「4時」と「8時」の位置に親指と人差し指をあてます。 分泌液が出てくれば成功です! 注意点 絞る力加減ですが、さほど力を入れなくても絞れるのが通常です。 力を入れ過ぎると痛いので、 優しく『下からゆっくり袋を押し上げる』感覚でしてあげてください。 力を入れずに!優しく押し上げるがポイントです! 二つの袋どちらにも、分泌液が入っているので、しっかり両方から出ているか確認しましょう。 肛門周りの皮膚はデリケートなので、力を入れすぎると、 肛門嚢を傷めたり、 わんこも嫌がりますので、無理にはせず、一旦は諦めましょう。 焦らずゆっくり、出来るようになるまで練習の気持ちでチャレンジ! 絞る頻度 2週間~1か月に、1度は必要です! 毎日、分泌液が少しずつ溜まっていきます。 1か月に1度は必ず絞ってあげてください。 こうもん腺絞りの分泌液の確認 うまく出せたら、この時出た分泌液の色をチェックしましょう。 正常な分泌液の色• 白っぽい灰色 この色なら、問題なく正常な分泌液です。 あまり溜まっていない場合は、無色だったりもしますので、この色も心配ありません。 異常な分泌液の色• 濃い黄色 この色の場合は、炎症や膿んでる可能性があります。 早めに動物病院の受診を受けましょう。 液体の状態ですが、ドロッとした液からサラッと水状の液と種類は個体差によってさまざまですので、ドロッとしていても心配はありません。 色の確認で、何か問題が起きていないか判断してあげてくださいね。 こうもん腺絞りのまとめ 犬のお手入れの中で、ハードルが高いのが『こうもん腺絞り』だと思います。 無理に頑張らず、優しく回数を重ねながらコツを掴んでいけば!大丈夫です! 簡単ではありますが、なかなか難しかったりもするこうもん腺絞り。 自宅で頑張ったけど、やっぱり難しいなぁ。。 となったら、無理して愛犬との絆にヒビが入らない為にも、サロンや動物病院にてお願いして見るのも良いと思います。 最低でも1月に1回は、定期的に絞るようにしましょう! いつでも清潔で、可愛いお尻を守ってあげましょうね。 大切な家族の笑顔のために。 たかはしあゆみ.

次の