桜川 六花。 『虚構推理』桜川六花(さくらがわりっか)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

【祝アニメ化】謎をもって謎を制す!恋愛×伝奇×ミステリ『虚構推理』の魅力

桜川 六花

青白い肌と薄い体をした美人で、九郎と同じ能力と肉体を持っています。 紗季いわく、九郎の好きな女性のタイプは六花だとか。 2019年10月下旬段階では声優さんは未発表。 待て、続報! ミステリの新境地!? そこで、それぞれの要素に分けて、本作の魅力を探ってみましょう。 かたや頭脳派、かたや武闘派と役割分担もバッチリです。 登場時の九郎は紗季と付き合っていましたが……。 また、ビスクドールのような琴子が見た目とは裏腹に押せ押せの積極派でオヤジくさいところがあるのに対し、九郎の態度は冷静そのもので、セクハラオヤジをあしらうクール美女のようです。 このあたりのデコボコ感も、頭を使うミステリ的な展開の中にほっこりとした空気をもたらしています。 しかし、一見琴子に冷たい九郎が、実は彼女を大事に思っていることがわかり……。 とてもいいです、とてもいい。 また、6巻の終わりには、琴子の名字である「岩永」をきっかけに、日本神話に登場する「イワナガヒメ」に関する二人の会話が描かれます。 現代の有名な作品では半村良先生の『石の血脈』といった伝奇ロマン小説、菊地秀行先生の『夜叉姫伝』といった伝奇バイオレンス小説があり、ほかにも「伝奇SF」「伝奇ホラー」「伝奇ファンタジー」「伝奇ミステリー」など複数のカテゴリが存在する人気のジャンル。 知れば知るほどワクワクゾクゾクする怪異たちを、ピックアップしてご紹介。 しかし、今作に登場する日本の人魚は、うねる黒髪から角を生やし、おどろおどろしい雰囲気に満ちあふれています。 九郎のセリフにもある「八百比丘尼」は人魚の肉を食べて何百年も生きたという伝説を持ち、手塚治虫大先生の傑作『火の鳥』(手塚プロダクション)などにも登場。 また、大人気の『名探偵コナン』(小学館)28巻にも、不老不死の人魚伝説が絡んだ「そして人魚はいなくなった」という回が収録されていますので、読むとさらに理解が深まるはずです。 人間の頭部と牛の体を持つ逆ケンタウロスのような妖怪で、災害や凶事が起こる際に現れ、未来を予言し必ず的中させると言われています。 妖怪漫画の金字塔『地獄先生ぬ〜べ〜』(集英社)第93話(ビッグボリューム版第7巻)にも登場し、ぬ〜べ〜が担任するクラスの女子・法子の死を予言しました。 その正体は鉄骨の下敷きになって死んだアイドル・七瀬かりんの亡霊と「噂」されています。 なお、七瀬かりんの声は上坂すみれさんが担当することが決まっています。 わくわく。 ここで注目したいのが「噂」というキーワード。 どんな関わり方をするのかは……ご自分の目でご確認ください! 上記で紹介したほかにも、カッパや水神(大蛇)など、個性的な(?)怪異たちが多数登場。 しかし、それはあくまで今作の特徴なだけで、本質は論理、反駁、それに対する反論……とあくまでロジカル。 特に鋼人七瀬編の推理パートにおける論理と論理の壮絶なぶつかり合いは、数種類の謎を雪だるま式に解き明かすミステリ的な面白さがあります。 ミステリとは何か、考える前にまずは一度読んでみてほしいです。 終わりに 恋愛漫画=面白い。 伝奇漫画=面白い。 推理漫画=面白い。 つまり、全ての要素が絶妙なバランスで絡まり合った本作が、面白くないわけがないのです!!(証明終了) アニメ版も放映が始まりました。 ジャンルの垣根を飛び越える独特の世界をあなたもぜひ体験してください!.

次の

鋼人七瀬の正体ネタバレ!桜川六花や七瀬かりんと怪異の関係も【虚構推理アニメ考察】

桜川 六花

Japanese English Rikka Sakuragawa 桜川 六花, Sakuragawa Rikka is 's older cousin and the reason he visited the hospital as regularly as he did. Just like Kuro, she also has the powers of immortality and precognition, although she wants them to be removed and has tried medical science and suicide to no avail. Due to this, she later switches her plan on creating imaginary monsters such as with god-like powers, hoping that they would eventually be able to turn her back to normal. Contents [] Appearance Rikka is a tall woman, with short dark hair that fans out from her face, and a thin, malnourished frame. Despite her sickly appearance, she is still seen as beautiful. Personality She is a seemingly calm woman with an ethereal presence. In truth, however, she is a determined and ruthless woman with no regard for her own safety, much less anyone else's. Background As a child of the Sakuragawa family, she ate and meat as part of the family's goal of creating someone who could predict the future without dying. She was one of the survivors along with Kuro. Later on in life, she is admitted to the same hospital that Kotoko Iwanaga goes to for her checkups. Kuro regularly visits her during her time there, later accompanied by Saki, his girlfriend at the time. She later gets into painting during her stay at the hospital. Eventually, she wants to move out and live with Kuro, but instead moves in with the Iwanaga family after he calls Kotoko to explain the situation. Her residence there doesn't last long before she mysteriously disappears. Rikka was the one who created the monster the. Using her abilities she is able to create the Steel Lady Nanase wiki and redirect the thoughts and fears of the people online so that the supposed phantom can retain her power. Plot After the steel lady arc it is concluded that Rikka is actively using her powers in an attempt to go back to being a normal human being. She creates these monsters of the imagination, a being with god-like powers, for her sole purpose of being normal. It was also concluded that the reason why she was at the hospital for so long to see if medical science would help. Abilities Ghost Creation: Through strange means, Rikka is able to create spiritual beings based on the untimely death of famous people. In 's case whose model is based on the idol , she firstly creates an online forum called "Steel Lady Nanase Wiki. " Then, from a picture she painted, Rikka begins spreading the rumours to the public, from person to person until eventually it took on a life of its own. Additionally, the creature she created is immortal, since their life lies not within the body but within the countless desires that have given their form its flesh. Immortality: Just like Kuro, since she had been fed both and meat, she possesses the same abilities as her cousin. During the Steel Lady Nanase's Arc, she was frequently seen committing 'suicide', only to recover and wake up from her sofa right after. She demonstrates her healing ability again in , after getting hit by a truck, she quickly heals herself. Precognition: Rikka has also the power to determine the future just like Kuro. However, when she tries to use this power during "Dueling Fictions", she is being interupted by her cousin who used the exact same ability as her. As a result, she is unable to grab the future she wants. Relationships : As her younger cousin and someone with the same abilities as her, they have an understanding of each other but not necessarily a good relationship. : When they first meet, Rikka tells Kuro that Kotoko "isn't a good one," only for him to say that he agrees. After the awkward situation, Rikka tries to take back her statement. Rikka later resides at Kotoko's home and the two had good times before the former disappeared mysteriously, starting her agenda for the 's plot. : Saki had hard times to visit Rikka when going to the hospital with Kuro, although eventually asked him to make a visit once. During that meeting, in contrast to when she met Kotoko, Rikka was very cordial to Saki and told Kuro that she was "a good one". Upon their meeting, Saki recognizes that she slightly resembles Rikka, stating that Kuro's type "can't be more obvious" and asks if it was also the reason he wants to go out with her. Kuro later admitted his feelings for Rikka but states that he also wants her out of this world. Saki had mistaken Rikka for being dead, only for Kuro clarifies that she is not dead and never will. Realizing the elder is also immortal, Saki was left fazed.

次の

「虚構推理」桜川六花の正体は?鋼人七瀬との関係や再登場についても

桜川 六花

虚構推理 ジャンル 小説 著者 イラスト 、 出版社 レーベル 刊行期間 - 巻数 既刊3巻(2019年6月21日現在) 漫画 原作・原案など 城平京 作画 片瀬茶柴 出版社 講談社 その他の出版社 掲載誌 レーベル 発表号 2015年1号 - 発表期間 - 巻数 既刊12巻(2020年3月17日現在) アニメ 原作 城平京、片瀬茶柴 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 本多孝敏 音楽 眞鍋昭大 アニメーション制作 製作 虚構推理製作委員会 放送局 ほか 放送期間 1月 - 3月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・・ 『 虚構推理』(きょこうすいり)は、によるのシリーズ。 怪異たちの知恵を司る神となった少女と不死身の男性の2人を中心に繰り広げられるである。 より、から刊行されている。 2012年にで小説部門を受賞。 2012年版で4位に選出された。 また、以降からは、講談社の『』でのや制作によるなどのメディアミックスが行われている。 制作背景 [ ] 本シリーズの第1作は、『 虚構推理 鋼人七瀬』(きょこうすいり こうじんななせ)である。 この小説は、2011年にから刊行された。 その後、2015年に講談社が『少年マガジンR』を創刊するにあたり、同誌でコミカライズが掲載されることが発表され 、創刊号から連載がスタートした。 コミカライズはが担当しており、片瀬は本作で漫画家デビューを果たした。 、『虚構推理 鋼人七瀬』のコミカライズが完結する。 しかし、その後も「城平が続編小説を執筆し、それを片瀬がコミカライズする」という形で連載が続けられており、加えて、城平が執筆した続編小説もから書籍化されている。 なお、『虚構推理 鋼人七瀬』ではがカバーイラストを手掛けているが 、講談社タイガから刊行された書籍では片瀬がイラストを担当している。 あらすじ [ ] 虚構推理 鋼人七瀬 [ ] 本シリーズの主人公・ 岩永琴子は、怪異絡みのトラブルを解決する日々を送っていた。 ある日、琴子のもとに、怪異から相談が持ち込まれる。 それは、真倉坂市という地方都市で「鋼人七瀬」と呼ばれる怪異が暴れているので対処してほしい、というものだった。 琴子は真倉坂市に赴き、現地で出会った 弓原紗季という警官に協力を要請する。 同じころ、琴子の恋人・ 桜川九郎は、突如消息を絶った従姉の 六花を探す途中、真倉坂市に立ち寄り、そこで鋼人七瀬と遭遇する。 九郎は鋼人七瀬と戦うが、鋼人七瀬を退治することはできなかった。 その現場を目撃した琴子と紗季は九郎と合流し、3人で鋼人七瀬を退治する策を練り始める。 一方、鋼人七瀬は力を増していき、紗季の同僚を殺害するに至る。 インターネット上には鋼人七瀬のがあり、殺人事件を受けて書き込みが多数寄せられていた。 琴子は、六花がこのサイトを管理しており、サイトの閲覧者の想像力を膨らませることで鋼人七瀬を実体化させたのだと気づく。 そして、4つの「虚構の推理」をまとめサイトで披露し、「鋼人七瀬は実在しない」と閲覧者に思わせることで鋼人七瀬を消滅に導く。 登場人物 [ ] 声の項はテレビアニメ版における。 岩永 琴子(いわなが ことこ) 声 - 本シリーズの主人公。 作中世界の名家・岩永家の令嬢で、大学生。 一人称は「私」。 人間だが、11歳のときに怪異たちの知恵の神になるという契約を交わしており、それ以来、社会の秩序を守るため怪異に関するトラブルの解決に尽力している。 怪異が関係している事件・事故を人間社会において受け入れられる表向きの答えの必要性や、また人智を超えた価値観である怪異に真相を詳らかにすることが必ずしも適格ではないことから詭弁や架空のストーリーの構築に長けている。 可愛らしい容姿の美少女だが 、小柄で、作中ではしばしば中学生に間違われる。 また、怪異たちの知恵の神になることと引き換えに片目と片足を失っており、右目には義眼、左足には義足をはめている。 風貌はお嬢様然としているが、しばしばその風貌にそぐわない言動を見せる。 特にを言うことが多く 、この点については複数の作中人物から「品がない」と指摘されている。 桜川 九郎(さくらがわ くろう) 声 - 、(少年) 琴子と同じ大学に通う大学院生。 琴子の彼氏。 一人称は「僕」。 人間だが、幼いころに祖母(声 - )からとの肉を食べさせられた影響で、不死身の身体と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を有している。 ただし、未来を決定する能力を使う際はその都度死ぬ必要がある。 好きな女性のタイプは従姉の六花であり、六花と似ている紗季と長期にわたって交際していたが、婚前旅行先で発生したトラブルが遠因となり別れる。 その後、琴子から告白され、琴子が高校3年のときに恋人として正式に付き合うようになり、現在に至る。 琴子のことをぞんざいに扱うが、彼なりに琴子の身を案じており、特に六花の魔の手が琴子に及ばないよう苦心している。 弓原 紗季(ゆみはら さき) 声 - 真倉坂市の警察署の交通課に勤める女性警官。 琴子が通う大学のであり、九郎の元彼女。 九郎とは結婚も視野に入れていたが、婚前旅行先で発生したトラブルが原因で九郎の体質を知り、恐怖から彼との別れを選ぶ。 真倉坂市で鋼人七瀬と遭遇したところを琴子に救われ、琴子や九郎と協力して鋼人七瀬への対処に当たる。 九郎と別れた後も彼のことを引きずっており、琴子とはいがみ合うこともあったが、鋼人七瀬消滅後、九郎のことを吹っ切る。 桜川 六花(さくらがわ りっか) 声 - 九郎の従姉。 人間だが、従弟の九郎と同じく不死身の身体と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を有している。 琴子も通院していた病院に裏取引による長期の検査入院をしていたが院長の退任により退院させられ、一時岩永家に居候していたが現在は失踪中。 人間の想像力が怪異を生み出す力を持つことに注目しており、そのことを利用して、自身の身体を普通に戻せる怪異を生み出そうと企んでいる。 自身の能力で状況を絶えず操作しており、生活費もそれを利用してギャンブル等で稼いでいる模様。 寺田 徳之助(てらだ とくのすけ) 声 - 真倉坂警察署の刑事課に勤務する。 紗季に好意を寄せる。 鋼人七瀬の事件を追っている最中に鋼人七瀬に出くわし、七瀬かりんと同じく鉄骨で顔を潰され死亡する。 登場用語 [ ] 鋼人七瀬(こうじんななせ) 『虚構推理 鋼人七瀬』に登場した怪異。 真倉坂市で事故死したアイドル・七瀬かりん(声 - )の姿をしているが、顔は黒く塗り潰されている。 夜間、真倉坂市に出没し、所持している鉄骨で人間を襲う。 その正体は、かりんのことを知った六花が、まとめサイトを駆使することで生み出した怪物である。 作中では殺人を犯すまでに凶暴化するが、琴子の策により消滅させられる。 作風 [ ] 本シリーズは「」をテーマとしており 、事件の真実よりも「どうやって人々を納得させるか」に重きが置かれている。 城平は、『』の「」を読んで「価値観や理屈がねじれて歪んでいても、なぜか全てがおさまるべき所におさまって世界がうまく成立していると見える、けれど何かおかしい」と感じたといい、そこから本シリーズの着想を得たと述べている。 しかし、シリーズ第1作の『虚構推理 鋼人七瀬』は、「妖怪や幽霊が当たり前に実在し、まごうことなき事件の真相をすっかり明らかにした後で、四種類の『嘘の解決』をあらかじめ嘘とことわった上で並べる」という内容から 、果たしてミステリと呼べるのかという議論を巻き起こすことになった。 既刊一覧 [ ] 小説 [ ]• (著)・(カバーイラスト)『虚構推理 鋼人七瀬』、〈〉、2011年5月11日発売 、• 城平京(著)『虚構推理』 、講談社〈〉、2015年12月15日第1刷発行(同日発売 )、• 城平京(著)・(イラスト)『虚構推理』、講談社〈〉、既刊3冊(2019年6月21日現在)• 『虚構推理』 、2019年1月23日発売 、• 『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』、2018年12月20日第1刷発行(同日発売 )、• 第一話 ヌシの大蛇は聞いていた(初出:『』2017 VOL. 第二話 うなぎ屋の幸運日• 第三話 電撃のピノッキオ、あるいは星に願いを(初出:『メフィスト』2017 VOL. 第四話 ギロチン三四郎• 第五話 幻の自販機• 『虚構推理 スリーピング・マーダー』、2019年6月19日第1刷発行(2019年6月21日発売 )、 漫画 [ ] 2015年から、『 虚構推理』 Invented inference のタイトルで『少年マガジンR』でによるコミカライズが連載されている。 物語の流れは原作と基本的には同じだが、アレンジも加えられている。 特に、漫画版では読者が琴子を好いてくれるよう、彼女の魅力を可能な限り引き上げるようなキャラクターメイキングが行われている。 2020年1月号掲載の第30話「雪女のジレンマ 1 」より『少年マガジンR』が電子雑誌移行したことに伴い、講談社のマンガアプリ「」と『』を加えた3媒体での同時連載(内容は同一)が開始となった。 なお、第8巻から第10巻にかけて通常版に加えて特装版・限定版がリリースされている。 第8巻の特装版にはカラー画集 、第9巻の限定版には2019年のカレンダー、第10巻の限定版には「YES NO枕」がそれぞれ同梱されている。 (原作)・(漫画) 『虚構推理』 〈〉、既刊12巻(2020年3月17日現在)• 2015年10月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2015年11月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2016年4月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2016年8月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2016年12月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年6月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年12月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年4月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年10月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年4月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年10月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年3月17日第1刷発行(同日発売 )、 テレビアニメ [ ] 2019年1月に漫画版のテレビアニメ化が発表された。 原作の長編『虚構推理 鋼人七瀬』をメインに、プロローグ(琴子と九郎の出会い)と本編の間に短編集より『ヌシの大蛇は聞いていた』を挿入した構成となっている。 スタッフ [ ]• 原作 -• 漫画 - 片瀬茶柴• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 本多孝敏• デザインワークス - 梶野靖弘• 美術監督 - 諸熊倫子• 美術設定 - 藤瀬智康• 色彩設計 - 大塚奈津子• 撮影監督・3DCG - 織田頼信• 編集 - 池田康隆• 音響監督 -• 音楽 - 眞鍋昭大• 音楽制作 -• プロデューサー - 、黒須信彦、鈴木廉太、日高功、内海五月、山岡勇輝、相島豪太、田口由香子、小澤文啓• アニメーションプロデューサー - 高田伸治、小沢十光• アニメーション制作 -• 制作 -• 製作 - 虚構推理製作委員会 主題歌 [ ] 「モノノケ・イン・ザ・フィクション」 によるオープニングテーマ。 作詞はチャム. 「LAST DANCE」 によるエンディングテーマ。 作詞は由潮、作曲・編曲は。 「火炎放射器とわたし」 七瀬かりん()による第4話劇中歌。 作詞は桑原永江と漫画版作者の片瀬茶紫、作曲・編曲は。 生前の七瀬かりんがレギュラー出演した深夜連続ドラマ『青春!火吹き娘!』の主題歌という設定であり、漫画版『虚構推理』に分散して出てくる歌詞を基に制作された。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 (EX・MBS) 第1話 一眼一足 本多孝敏 2020年 1月12日 第2話 ヌシの大蛇は聞いていた 吉永亜矢• 松本健太郎• 山川拓己• 渋谷一彦• 齊藤美旺• 若月愛子• ナターシャ 2015年4月20日. 2018年7月13日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年12月15日. 2018年1月31日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 本格ミステリ作家クラブ公式サイト. 2017年7月8日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 『本格ミステリ・ベスト10』ランクイン作品一覧. 2020年5月30日閲覧。 oricon ME 2015年2月13日. 2018年12月15日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2015年10月16日. 2017年9月18日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 このマンガがすごい!WEB. 2018年9月27日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年4月20日. 2018年8月11日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 2019年4月9日. 2019年4月9日閲覧。 MANTANWEB. 2015年12月19日. 2018年12月15日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 赤星秀一 2016年1月10日. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2018年4月12日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2019年10月17日. 2019年10月17日閲覧。 アニメハック. 2019年10月19日. 2020年4月2日閲覧。 webメフィスト. あとがきのあとがき. 講談社. 2018年9月30日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 2 2018年3月2日. 2018年12月23日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 城平京、片瀬茶柴『虚構推理 3』講談社、2016年、170-171頁。 中川凌 2018年6月9日. 2018年12月23日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 三木美波. コミックナタリー. ナターシャ. 2018年12月23日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年4月17日. 2018年12月22日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年10月17日. 2018年10月18日時点のよりアーカイブ。 2018年12月24日閲覧。 ORICON NEWS. oricon ME 2019年1月15日. 2019年1月15日閲覧。 2019年1月15日. 2019年1月15日閲覧。 宮野真守 OFFICIAL WEB SITE 2019年11月17日. 2019年11月17日閲覧。 アニメ!アニメ! 2020年2月5日. 2020年2月5日閲覧。 アニメ「虚構推理」公式サイト. 2020年3月17日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 AT-X. 2019年12月12日閲覧。 アニメ「虚構推理」公式サイト. 2020年1月6日閲覧。 講談社BOOK倶楽部 [ ] 以下の出典は『』(講談社)内のページ。 小説の発売日の出典としている。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2019年4月20日閲覧。 2019年10月17日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 外部リンク [ ]• - webメフィスト(講談社BOOK倶楽部)• - 少年マガジンR公式サイト•

次の